《病気が治る!》病魔を追い払い健康になる白魔術のおまじない5選!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回はブログ読者の皆さんからご報告頂いた、実際試して病魔を追い払う事に効果があった、病魔を追い払い健康になる白魔術のおまじないをシェアさせて頂きます。

人が幸せな生活を送る為には、何よりも健康である事が一番大切だと言えるでしょう。
「お金を沢山持っている事が幸せだ!!」「愛する人と一緒にいられる事が幸せだ!!」「趣味や自分の好きな事に時間を自由に費やせる事が幸せだ!!」という人もいるかもしれませんが、健康体でなければお金を沢山持っていても持っているお金を自由に使えませんし、愛する人とデートをして楽しむ事も出来ませんし、趣味や自分の好きな事に時間を自由に使う事も出来ません。
各々の人が幸せだと感じる事は、全て健康体である事が大前提なのです。
しかし、病魔は突然襲ってくる事もありますし、思いがけない事で体調を崩してしまう事もありますよね。
風邪を引いてしまったり、インフルエンザの季節になればインフルエンザにかかってしまう事もあると思います。
風邪やインフルエンザの他にも、様々な病気がありますし、中には命を脅かす深刻な病気も存在しますので、酷い場合には入院生活を強いられてしまう事もあるでしょう。
病気の深刻さには差があるといっても、病気を患ってしまうと殆どの人が「早く病気を治して健康になりたい・・・」と思いますよね。
ただ、病院に通っていても、なかなか体調が良くならなくて病気が長引いてしまう事もあると思います。
そんな時は、ぜひ病魔を追い払い健康になる白魔術のおまじないに頼ってみてください。
実際に、ブログ読者の方々からも「夏風邪にかかってしまって、長い間、体調不良が続いていたの。だけど、病魔を追い払い健康になる白魔術のおまじないを試してみたら、みるみるうちに体調が良くなって健康な身体に戻れたわ。」「病気を患ってしまって健康な生活を送る事が出来ない状態だったんだけど、知り合いから教えてもらった病魔を追い払い健康になる白魔術のおまじないのおかげで、病院に通っていてもなかなか良くならなかった病気が嘘のように治って健康な生活を送る事が出来るようになった!!」という体験談や報告を沢山頂いています。
そこで今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、病魔を追い払い健康になる白魔術のおまじないを紹介していきたいと思いますので、病気を患ってしまっている人や病魔に苦しめられている人はぜひ今回紹介するおまじないを試してみてください。
ただ、おまじないの効果には相性があります。
今回、いくつか病魔を追い払い健康になる白魔術のおまじないをご紹介しますので、試してみたおまじないの効果を実感出来なかった場合でも諦めずに、掲載されている他のおまじないも試してみましょう。

【病魔を追い払い健康になろう!!コースターを使った効果抜群なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)コースター(はさみやカッターナイフでカット出来る素材のもの)

(2)はさみorカッターナイフ

(3)緑色のマジック

(4)弁当箱

(5)冷蔵庫

(6)緑色の紐

★おまじないの方法★

(1)まず、コースターとはさみorカッターナイフを用意しましょう。

(2)コースターとはさみorカッターナイフを用意したら、コースターをはさみorカッターナイフでハートの形に切ってください。
出来るだけ大きく、そして丁寧にハートの形に切りましょう。

(3)コースターをはさみorカッターナイフでハートの形に切り終えたら、緑色のマジックを用意してください。

(4)緑色のマジックを用意したら、コースターの裏面に緑色のマジックであなたの名前と生年月日を書きましょう。
名前はフルネームで書いて、生年月日は西暦から書いてください。

(5)コースターの裏面にあなたの名前と生年月日を書き終えたら、そのコースターを胸の辺りで両手で包み込むように持って、目を閉じましょう。

(6)コースターを胸の辺りで両手で包み込むように持って、目を閉じたら、「ウーベルキュア・ジュティーヌ・ヒール・ポト、〇〇(あなたの名前)の病気を癒やしたまえ、ウーベルキュア・ジュティーヌ・ヒール・ポト!!」という呪文を唱えてください。

(7)呪文を唱え終えたら、目を開いて、弁当箱を用意しましょう。

(8)弁当箱を用意したら、弁当箱の中にハートの形に切ったコースターを入れてください。

(9)弁当箱の中にハートの形に切ったコースターを入れたら、弁当箱に蓋をしましょう。

(10)弁当箱に蓋をしたら、緑色の紐を用意して、弁当箱を緑色の紐でぐるぐる巻きにしてください。

(11)緑色の紐で弁当箱をぐるぐる巻きにしたら、その弁当箱を冷蔵庫の一番上の段に入れましょう。

(12)あとは、弁当箱を冷蔵庫の中に入れたままにしておくだけです。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用するコースターはどんなものでも構いませんが、出来るだけ大きめのコースターを選ぶようにしましょう。
また、硬めの素材のコースターでも構いませんが、はさみorカッターナイフでハートの形に切る事が出来ない素材のコースターではおまじないを行えませんので、はさみorカッターナイフで切る事が出来る素材のものを必ず選んでください。

(2)ハートの形に切ったコースターの裏面に緑色のマジックであなたの名前と生年月日を書く時は、丁寧に書いてください。
また、名前は漢字を使ってフルネームで書き、生年月日は〇〇年〇月〇日といったように必ず西暦から正しく書きましょう。
雑に書いていたり、正しく書けていないとおまじないの効果が正常に現れませんので気を付けてください。

(3)ハートの形に切ったコースターを胸の辺りで両手で包み込むように持って、目を閉じ、「ウーベルキュア・ジュティーヌ・ヒール・ポト、〇〇(あなたの名前)の病気を癒やしたまえ、ウーベルキュア・ジュティーヌ・ヒール・ポト!!」という呪文を唱える時は、病魔を追い払って健康になりたいという気持ちを強く込めて唱えましょう。
ここでしっかりとあなたの念をコースターに込める事が重要なポイントになります。

(4)弁当箱は、どのようなものでも構いません。
ただし、もしも二段の弁当箱をおまじないに使用する場合は、上の段にコースターを入れるようにしてください。

(5)コースターを入れた弁当箱を冷蔵庫に入れてから、2週間ほど経っても体調が回復しないと感じた場合は、一度弁当箱を冷蔵庫から出して、中のコースターを取り出し、別のコースターで再度おまじないを行いましょう。
別のコースターで再度おまじないを行う時も、ハートの形に切って、裏面に名前と生年月日を書き、呪文を唱えてから弁当箱の中に入れて、緑色の紐をぐるぐる巻きにしてから冷蔵庫に入れてください。

【寝る前と朝起きた時に行う!!病魔を追い払う強力なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)白色の紙

(2)緑色のペン

(3)ライターorマッチ

(4)灰皿

(5)スコップ

(6)新品の枕と枕カバー

★おまじないの方法★

(1)まず、就寝前にお風呂に入って身体や髪の毛を綺麗に洗って、身を清めてください。
湯舟には浸かる必要はありません。

(2)お風呂に入って身体や髪の毛を綺麗に洗って身を清めたら、白色の紙と緑色のペンを用意しましょう。

(3)白色の紙と緑色のペンを用意したら、白色の紙に緑色のペンであなたの名前と病名を書いてください。
病名が分からなければ、不調を感じている内容を出来るだけ具体的に書きましょう。
また、病名を書く場合は正しく書いてください。

(4)白色の紙に緑色のペンであなたの名前と病名を書き終えたら、枕と枕カバーを新品のものに交換して、名前と病名を書いた紙を枕カバーの中に入れましょう。

(5)枕と枕カバーを新品のものに交換して、名前と病名を書いた紙を枕カバーの中に入れたら、利き手の方の腕で枕をギュッと抱き締めて、利き手と逆の方の手を患部に当ててください。

(6)利き手の方の腕で枕をギュッと抱き締めて、利き手と逆の方の手を患部に当てたら、目を閉じ、「エリオハトラ・デリュ・オル・オーランキュア!!私の身体を蝕む病魔よ、消え去れ!!エリオハトラ・デリュ・オル・オーランキュア!!」という呪文を声に出して唱えましょう。

(7)呪文を唱え終わったら、その枕を使用してその日は就寝してください。

(8)翌朝、目が覚めたら枕カバーの中からあなたの名前と病名を書いた紙を取り出しましょう。

(9)あなたの名前と病名を書いた紙を取り出したら、ライターorマッチと灰皿を用意してください。

(10)ライターorマッチと灰皿を用意したら、あなたの名前と病名を書いた紙に火をつけて、燃やし、紙を灰にしましょう。

(11)紙を燃やして灰にしたら、近所の公園など土が掘れる場所にスコップで穴を掘り、灰を埋めましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)このおまじないは、身を清めてから行う必要がありますので、必ずお風呂に入って身体や髪の毛を綺麗に洗ってから行うようにしましょう。
朝にお風呂に入る習慣の人でも、おまじないを行う日は就寝前にお風呂に入ってください。

(2)おまじないには、必ず新品の枕と枕カバーを使用してください。
これまで使用していた枕と枕カバーを使っておまじないを行っても効果が正常に現れませんので気を付けましょう。

(3)白色の紙に緑色のペンであなたの名前と病名を書く時は、名前はフルネームで書き、病名は正しく書いてください。
病院で診察してもらった場合は、病院の医師に言われた病名を書いて頂ければ問題ありません。

(4)「エリオハトラ・デリュ・オル・オーランキュア!!私の身体を蝕む病魔よ、消え去れ!!エリオハトラ・デリュ・オル・オーランキュア!!」という呪文を声に出して唱える時は、病魔を追い払って健康になりたいという気持ちを強く持って唱えましょう。
また、枕を利き手でギュッと抱き締めるように持って、利き手とは逆の方の手で患部に手を当てながら唱えるという事も忘れないようにしてください。
きちんと正しく呪文を唱える事が出来ていないと、おまじないの効果が正常に現れませんので気を付けましょう。

(5)翌朝、紙を燃やした灰を近所の公園など土が掘れる場所に埋める時は、誰にも見られないようにしましょう。
誰かに見られてしまうとおまじないの効果が弱まってしまいますので気を付けてください。

【病魔を打ち消し健康を手に入れる事が出来る!!白色の布と絆創膏を使った即効性のあるおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)白色の布

(2)絆創膏

(3)安全ピン数個

(4)はさみ

(5)黒色のペン

(6)カッターナイフ

★おまじないの方法★

(1)このおまじないは、朝起きたタイミングで行うようにしてください。

(2)朝起きたら、まず、白色の布とはさみを用意しましょう。

(3)白色の布とはさみを用意したら、白色の布を出来るだけ小さくはさみで切ってください。
大きさは、用意した絆創膏のガーゼの部分と同じくらいの大きさに切りましょう。

(4)白色の布をはさみで切ったら、その布に黒色のペンであなたが患っている病名を正式名称で書いてください。

(5)白色の布にあなたが患っている病名を正式名称で書いたら、次に絆創膏とカッターナイフを用意して、絆創膏のガーゼの部分をカッターナイフで丁寧に切り抜きましょう。

(6)絆創膏のガーゼの部分をカッターナイフで切り抜いたら、先ほどあなたが患っている病名を書いた白色の布を切り抜いたガーゼの部分に当てはめて、安全ピンで固定してください。

(7)切り抜いたガーゼの部分に白色の布を当てはめたら、その絆創膏を安全ピンであなたがその日に着る服に貼り付けましょう。
貼り付ける箇所は、あなたが病気を患っている箇所に貼り付けてください。
絆創膏を貼り付けた服を着て1日過ごす事になりますので、人目につかないように服の内側に貼り付けて頂いて構いません。

(8)あなたがその日に着る服に絆創膏を貼り付けたら、その服を着て、目を閉じ、「私は病魔に打ち勝ち、必ず健康を手に入れる!!」と心の中で強く念じましょう。

(9)念じ終えたら、あとはその服を着たまま1日過ごしてください。

(10)夜になったら、絆創膏を服から取って、ゴミ箱に絆創膏を捨てましょう。

(11)ここまでの工程を、3日間連続で行うようにしてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)このおまじないは、朝に行う必要がありますので、朝におまじないを行う時間を確保するようにしましょう。
30分もあれば十分なので、少し早めに起床するなど朝の時間に余裕を持たせるようにしてください。

(2)絆創膏の大きさは、お好きなサイズの絆創膏を用意して頂いて構いません。
指に貼る用の絆創膏でも構いませんし、膝や肘などに貼る用の少し大きめの絆創膏でも構いません。
白色の布を切る時に、絆創膏のガーゼの部分の大きさに切り抜けば問題ありませんので、絆創膏のサイズはお好きなサイズのものを選びましょう。

(3)白色の布にあなたが患っている病名を書く時は、必ず正式名称で書いてください。
略称で書いてしまうとおまじないの効果が正常に現れませんので気を付けましょう。
正式名称か略称かが分からない場合は、Googleなどで検索して調べてから、正式名称を書いてください。

(4)絆創膏を貼り付けた服を着て、目を閉じ、「私は病魔に打ち勝ち、必ず健康を手に入れる!!」と心の中で強く念じる時は、健康になりたいと心から強く願って、あなたの強い気持ちを込めて念じるようにしましょう。
ここであなたの念をしっかりと込める事が重要なポイントになります。

(5)このおまじないは、3日間連続して行わないとおまじないの効果が正常に現れませんので、必ず3日間連続して行いましょう。
また、絆創膏を服に貼り付けて過ごす間は、出来るだけ他人に絆創膏を服に貼り付けている事を悟られないようにしてください。
あまりにも多くの人に絆創膏を服に貼り付けている事を悟られてしまうと、おまじないの効果が弱まってしまいます。

【折り鶴の力で体調を復活させる!!病魔を追い払い健康な身体を取り戻す事に効果抜群なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)白色の和紙

(2)はさみ

(3)四つ葉のクローバー(写真でも構いません。写真の場合は、はさみで四つ葉のクローバーの部分だけを切り抜いてください。)

(4)セロハンテープ

★おまじないの方法★

(1)まず、白色の和紙とはさみを用意しましょう。

(2)白色の和紙とはさみを用意したら、白色の和紙をはさみで折り紙と同じくらいの大きさの正方形に切ってください。

(3)白色の和紙を折り紙と同じくらいの大きさの正方形に切ったら、その和紙を手に持って、あなたが患っている病気の事を頭に思い浮かべて、その病気が完治する未来をしっかりとイメージしましょう。

(4)あなたが患っている病気が完治する未来をイメージ出来たら、白色の和紙にセロハンテープで四つ葉のクローバーを貼り付けてください。

(5)白色の和紙にセロハンテープで四つ葉のクローバーを貼り付けたら、その和紙で折り鶴を折りましょう。
折り鶴を折っている時は、「病魔を追い払いたい」「病気を治して健康な身体を取り戻したい」という気持ちを込めて、折り鶴を折ってください。

(6)白色の和紙で折り鶴を完成させたら、その折り鶴を自宅の中で北東の方角に飾りましょう。

(7)折り鶴を北東の方角に飾ったら、この日から1日に1度、毎日折り鶴に向かって「アギ・オギ・グーフェン・リーブ、私の身に宿る病魔を追い払いたまえ!!」という呪文を声に出して唱えてください。
必ず毎日続けるようにしましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)白色の和紙は、もともと折り紙と同じくらいの大きさの正方形の和紙を用意すれば、はさみで切る必要はありません。
白色の和紙が大きいサイズだった場合のみ、折り紙と同じ大きさくらいの正方形のサイズにはさみで切りましょう。

(2)おまじないに使用する四つ葉のクローバーに関しては、ネットにある画像をプリントアウトしたものでも構いません。
病気を患っている状態では、実際に外に出掛けて四つ葉のクローバーを探すのは大変だと思いますので、自分自身の体調と相談しましょう。
無理をして体調を悪化させてしまうくらいなら、無理をせずにネットの画像をプリントアウトして使用してください。
ただし、ネットの画像をプリントアウトして使用する場合は、イラストではなく写真を使いましょう。

(3)白色の和紙で折り鶴を折る前に、あなたが患っている病気の事を頭に思い浮かべて、その病気が完治する未来をしっかりとイメージする事は重要なポイントです。
また、折り鶴を折っている最中も「病魔を追い払いたい」「病気を治して健康な身体を取り戻したい」という気持ちを込めて、折り鶴を折りましょう。

(4)和紙で折った折り鶴は、必ず自宅の中で北東の方角に飾ってください。
他の方角に飾ってしまうとおまじないの効果が正常に現れませんので、気を付けましょう。

(5)折り鶴に向かって「アギ・オギ・グーフェン・リーブ、私の身に宿る病魔を追い払いたまえ!!」という呪文を声に出して唱えるのは、1日のうちのどの時間帯に行って頂いても構いませんので、毎日忘れないように行いましょう。

【ニンニクに病魔を吸い取ってもらう!!簡単に出来る強力なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)大きめのニンニク

(2)ジップロック

(3)包丁

(4)塩

★おまじないの方法★

(1)まず、大きめのニンニクを用意しましょう。

(2)大きめのニンニクを用意したら、ニンニクをテーブルなどの上に置いて、ニンニクの上にあなたの利き手を置いてください。

(3)テーブルなどの上に置いたニンニクの上に、あなたの利き手を置いたら、あなたの身体を蝕む病魔をニンニクに流すイメージを持って、「ポイドール・ビューネ・リーブス・ワン・オルデッセン・ダ・ビル・ネイザール!!」という呪文を声に出して唱えましょう。

(4)呪文を唱え終わったら、ニンニクから手を離し、そのニンニクを包丁で細かく切ってください。

(5)ニンニクを包丁で細かく切ったら、細かく切ったニンニクと小さじ一杯分程度の塩をジップロックに入れましょう。

(6)細かく切ったニンニクと小さじ一杯分程度の塩をジップロックに入れたら、ジップロックを密閉してください。

(7)ジップロックを密閉したら、その日のうちにゴミ袋に捨てて、そのゴミ袋をゴミ捨て場に捨てましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用するニンニクはなるべく新鮮なニンニクが好ましいです。
おまじないを行う当日か、前日にスーパーなどで購入して新鮮なニンニクをおまじないに使用しましょう。

(2)ニンニクの上に手を置いて、「ポイドール・ビューネ・リーブス・ワン・オルデッセン・ダ・ビル・ネイザール!!」という呪文を声に出して唱える時は、必ずあなたの身体を蝕む病魔をニンニクに流すイメージを持ちながら唱えてください。
しっかりとイメージ出来ていないとおまじないの効果が弱まってしまいますので、気を付けましょう。

(3)包丁でニンニクを細かく切る時は、病魔を切り刻むイメージを持って切りましょう。
そうする事によって、おまじないの効果が高まります。

(4)細かく切ったニンニクと塩をジップロックに入れて、密閉したものは当日のうちに捨てましょう。
いつまでも自宅に置いておくとおまじないの効果が正常に現れなくなってしまいますので、気を付けてください。

★まとめ★

 

 

今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、病魔を追い払い健康になる白魔術のおまじないを紹介してきましたがいかがでしたか?
病気を患ってしまったら、殆どの人が「早く病気を治したい」と思うはずです。
病院に行って医師に診てもらうのが、病気を治す上で有効な手段である事は間違いありませんが、病院に通うだけでなくおまじないに頼ってみる事によって、より早く病気を治す事が出来る場合もあります。
今回紹介してきた病魔を追い払い健康になる白魔術のおまじないは、どれも簡単に出来て、強力な効果を期待出来るものばかりなので、「早く病気を治したい」と思った時はぜひ試してみてくださいね。

関連記事