【的中率95%】パートナーの心理が分かる究極の浮気度チェック診断!

チェックシート

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回は皆さんから寄せられた体験談や報告を基に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

「浮気をしていた彼氏のことが許せない・・・」「まさか彼女が浮気をしていたなんて・・・」といったように、パートナーの浮気に悩まされてしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。
浮気は男性がするものだと思われがちですが、女性であっても浮気をする人はいますし、浮気をする人に男性や女性という性別の垣根はありません。
浮気をする人は浮気をしますし、浮気をしない人は浮気をしないのです。
では、どんな人が浮気をしやすい人に分類されるのでしょうか。
「私が付き合っている彼氏は浮気をしやすい人なのかな・・・」「彼女に限って浮気をするとは思えないけど、もし彼女が浮気をしやすい人だったらどうしよう・・・」といったように、パートナーが浮気をしやすい人に分類されているのかどうかが気になる人も多いかもしれません。
実は、浮気をする人には共通の特徴が見られる場合が多いので、パートナーが浮気をする人の特徴に当てはまっているかどうかを考えてみることで、浮気をしやすい人なのか浮気をしない人なのかをチェックすることが可能なケースが多いのです。
そこで今回は、浮気チェック度診断として、浮気をする人の特徴や、浮気をする人の心理を紹介していきたいと思います。
パートナーが浮気をする人かもしれないという不安がある人は、この記事で紹介する浮気をする人の特徴とパートナーを照らし合わせてみて、当てはまっている部分があるかどうかをチェックしてみましょう。
また、浮気をする人を一途に改善させる方法も紹介したいと思いますので、そちらも併せて参考にしてみてください。

【1】浮気をする人の8つの心理

不倫と浮気

まずは、浮気をする人の心理を紹介していきたいと思います。
浮気をする人がどのような心理を抱いているのかを把握しておけば、パートナーにその傾向が見られた時に、浮気を未然に防ぐことが出来る場合もあるでしょう。
浮気をする人は、さまざまな心理を抱いているため、どの心理によって浮気に走ってしまうのかは人それぞれですが、以下の8つの心理を抱いて浮気に走るケースが多いので、ここで紹介する浮気をする人の心理をしっかりと把握しておきましょう。

(1)自分の性欲に勝てないから

浮気をする人の心理その1は、「自分の性欲に勝てないから」という心理が考えられます。
浮気をする人は、自分の性欲に勝てずに浮気に走ってしまうケースが多いです。
これは、もともと性欲が強い人に多く見られる心理でしょう。
性欲が強い人は、パートナーとのセックスだけでは満足出来ないこともありますし、セックスをしたいと考える頻度も高くなってしまいます。
特に、パートナーがセックスに対して消極的で、満足出来るセックスをさせてもらえない場合は、他の人と浮気をすることで自分の性欲を発散しようと考えて、浮気に走るケースが多くなってしまうのです。
こういった心理のもと、浮気に走る場合は、性欲を満たすことが目的なので、心の浮気は少ないと言えます。

(2)他の異性と関係を持つことで、パートナーに対する不満を発散したいから

浮気をする人の心理その2は、「他の異性と関係を持つことで、パートナーに対する不満を発散したいから」という心理が考えられます。
パートナーに対する不満を浮気によって発散する人もいます。
付き合っていたら、考え方の違いやケンカによる不満が溜まっていきますので、パートナーに対する不満の蓄積は避けられないでしょう。
パートナーに対して全く不満を抱かずに交際を続けていける人はほとんどいません。
しかし、パートナーに対して不満を抱いた場合でも、多くの人は直接パートナー本人と話し合って解決し、不満を解消しようとします。
それが出来ない人が、浮気に走ってしまう傾向が強いと言えるでしょう。
他の異性と関係を持つことで、いわゆる現実逃避をして、パートナーに対する不満を発散しようとしているのです。

(3)将来性を感じられないから

浮気をする人の心理その3は、「将来性を感じられないから」という心理が考えられます。
パートナーとの将来性を感じられない場合に浮気をする人もいるでしょう。
こういった心理は、特に女性に多く見られる心理です。
付き合っているパートナーとの将来を思い描けなくなったり、パートナーとの将来に不安を覚えたりした時に、魅力的な異性が現れると、その異性に気持ちがなびいてしまって、簡単に浮気をしてしまうのです。
また、この心理をもとに浮気をする人は、刺激を求める傾向が強いです。
なので、パートナーよりも刺激的な異性が現れて、その時にパートナーに対して将来性を感じられていなければ、浮気に走る危険性が飛躍的に高くなってしまうと言えるでしょう。

(4)パートナーにときめかなくなった時にステキな異性が現れたから

浮気をする人の心理その4は、「パートナーにときめかなくなった時にステキな異性が現れたから」という心理が考えられます。
浮気をする人の中には、パートナーにときめかなくなった時にステキな異性が現れたら浮気をしてしまう人もいます。
お互いに好き同士で付き合い始めたのに、付き合いが長くなるにつれて、ドキドキしなくなったり、ときめかなくなってしまうのは、よくある事だと思います。
そんな時に、パートナーよりもステキな異性が現れたら、思わずその異性に気持ちが傾いてしまって、出来心で浮気をしてしまうのです。
こういった心理で浮気をする人は、最初のうちは出来心かもしれませんが、パートナーに対してときめかなくなってしまったことが浮気の原因でもありますので、徐々に浮気相手に本気になってしまうケースもあるでしょう。

(5)パートナーとマンネリ化してきたから

浮気をする人の心理その5は、「パートナーとマンネリ化してきたから」という心理が考えられます。
パートナーとマンネリ化してきた時に、浮気に走ってしまう人も多いと言えます。
「いつも同じようなデートばかりでつまらない・・・」「最近、なんだか刺激が足りないな・・・」といったように、付き合いが長くなるにつれて、パートナーとの関係がマンネリ化してくることは、よくある事だと思いますが、マンネリ化した時に浮気に走る人も多いので気を付けた方が良いでしょう。
マンネリ化している時は、大抵の場合が刺激不足に陥っているので、刺激を求めて他の異性との浮気に走ってしまうのです。
特に、浮気には背徳感やスリルがありますので、思った以上の刺激を感じられます。
そして、その刺激が癖になって、浮気をやめられなくなってしまう人もいるのです。

(6)優越感に浸りたいから

浮気をする人の心理その6は、「優越感に浸りたいから」という心理が考えられます。
浮気をする人の中には、優越感に浸りたいからという心理を抱いて浮気をする人もいます。
優越感に浸りたいからという心理で浮気をする人の多くは、浮気をすることで「自分は誰かに必要とされているんだ。」という気持ちになるのです。
他にも、「俺は浮気をするほどモテるんだぜ!」「私は男からチヤホヤされる女なのよ!」といったような気持ちを抱ける場合もあるでしょう。
そういった気持ちを抱いて、優越感に浸りたいという裏側には、寂しさが隠されていますので、寂しがり屋な人によく見られる心理だと言えます。

(7)今が楽しければ良いと思っているから

浮気をする人の心理その7は、「今が楽しければ良いと思っているから」という心理が考えられます。
浮気をする人の中には、今が楽しければ良いという心理で浮気をする人もいます。
こういった心理で浮気をする人のほとんどは、本能に忠実で後先のことを考えられない傾向にあります。
そして、浮気をすることに対する罪悪感も少ないでしょう。
少しは罪悪感を感じるでしょうが、「楽しいことを我慢する必要はないよね!」といった気持ちが勝ってしまい、いい感じの異性がいたら簡単に浮気をしてしまうのです。
また、こういった心理で浮気をする人は、浮気が常習化する人も多いと言えます。

(8)そもそも浮気をすることを悪いと思っていないから

浮気をする人の心理その8は、「そもそも浮気をすることを悪いと思っていないから」という心理が考えられます。
浮気をする人の中には、そもそも浮気をすることを悪いと思っていなくて、平気な顔をして浮気をする人もいるでしょう。
こういった心理で浮気をする人の多くは、「浮気がバレても謝ればきっと許してもらえる。」「バレたらバレたで、その時に考えればいいし、何とかなる。」という考えを持っています。
そして、浮気がパートナーにバレて問い詰められたとしても、もともと悪いことをしたとは思っていないので、その場では謝罪して反省したそぶりを見せるかもしれませんが、内心では反省していない場合が多いです。
なので、浮気がバレたとしても、その後も繰り返す人が多いと言えるでしょう。

【2】浮気度チェック診断!!浮気をする人の特徴10個

次に、浮気をする人の特徴を紹介していきたいと思います。
パートナーの浮気度チェック診断を行いたいなら、浮気をする人の特徴にいくつ当てはまる部分があるのかを確認するのが最適だと言えます。
半分以上当てはまっているようであれば、浮気をしやすい人だと考えられますし、全ての特徴に当てはまっていたなら、浮気する可能性が非常に高いと言えるので注意が必要でしょう。
反対に、当てはまる部分が1つや2つ程度であれば、浮気をする可能性は低いと考えられます。
ご自身のパートナーのことを考えながら、浮気をする人の特徴に当てはまる部分がどのくらいあるのかを確認していってみてください。

(1)周囲の人間に浮気性な人がいる

浮気をする人の特徴その1は、「周囲の人間に浮気性な人がいる」という特徴です。
浮気をする人は、周囲の人間に浮気性な人がいる場合があります。
周囲にいる浮気性な人によって、浮気に対する考え方に影響を受けてしまうのです。
周囲に浮気性な人がいることで、「友達も浮気しているから、自分も浮気しても大丈夫だよね。」「みんな浮気しているから自分だって・・・」といったような考えを抱きやすくなってしまうので、浮気をしてしまうのです。
中には、自分の意志をしっかりと持っていて、周囲の人間に流されない人もいるでしょうが、周囲の人間に浮気性な人がいる人は、浮気をしやすい傾向にあると覚えておきましょう。

(2)同性の友人よりも異性の友人が多い

浮気をする人の特徴その2は、「同性の友人よりも異性の友人が多い」という特徴です。
浮気をする人は、同性の友人よりも異性の友人が多い場合があります。
パートナーの友人が、同性よりも異性の方が多い場合は気を付けた方が良いでしょう。
異性の友人が多いことによって、ふとした瞬間に浮気に発展しやすくなってしまうのです。
友達として相談に乗っていたはずなのに、気付いたら恋心を抱いていたり、相手から好意を持たれていて浮気に発展したりするケースが非常に多いです。
友人とはいえ、男と女なので、ささいなキッカケで男女の関係になってしまう可能性も十分にあります。
異性の友人が多いと、そこには多数の浮気の種が転がっていると考えた方が良いでしょう。

(3)容姿端麗で異性からモテる

浮気をする人の特徴その3は、「容姿端麗で異性からモテる」という特徴です。
容姿端麗で異性からモテる人も、浮気をする人が多いと言えます。
付き合い始めた時は、パートナーに対して一途な気持ちを持っていたとしても、容姿端麗で異性からモテる人は、異性から声をかけられる率が自然と高くなってしまいますので、誘惑が多いのです。
普段は、「僕には大切な彼女がいるから・・・」「彼氏のことが大好き・・・」という気持ちを持っていても、パートナーよりも魅力的な異性から声をかけられたり、パートナーと不仲になっているタイミングで声をかけられたりしたら、その異性に気持ちがなびいてしまって、浮気に走りやすくなってしまいます。
中には、「モテるんだから浮気してしまうのは仕方ないよね!」と開き直っている人もいるでしょう。

(4)飽きっぽい性格

浮気をする人の特徴その4は、「飽きっぽい性格」という特徴です。
浮気をする人は、飽きっぽい性格である場合があります。
飽きっぽい性格の人は、彼氏や彼女と付き合い始めた頃は彼氏や彼女に夢中になるかもしれませんが、ある程度の交際期間が過ぎると、彼氏や彼女に対して飽きてしまうケースが多いです。
彼氏や彼女に飽きてしまった人は、他の異性に刺激を求めるようになってしまうのです。
そして、浮気に走ってしまいます。
彼氏や彼女に飽きた時点で別れを選択する人もいるでしょうが、別れずに他の異性と遊んで浮気をしながら交際だけは続けていく人もいるので、パートナーが飽きっぽい性格だった場合は、浮気を気を付けた方が良いかもしれません。

(5)友人が多く、人当りが良い

浮気をする人の特徴その5は、「友人が多く、人当りが良い」という特徴です。
浮気をする人は、友人が多く、人当りが良い場合があります。
友人が多いと遊びに出掛ける機会が増えますし、人当りが良い事で、遊びに出掛けた先で新しい出会いに恵まれるケースが多くなります。
つまり、浮気相手となり得る人と出会う確率が高くなってしまうのです。
友人と遊びに出掛ける時点では、浮気をするつもりがなかったとしても、「あの人、魅力的だな~。」という人が現れたら、出来心から浮気をしてしまうケースもあるでしょう。
また、人当りが良い人は断ることが苦手な人も多いので、言い寄られてしまったら流されて浮気をしてしまうケースもあると言えます。

(6)寂しがり屋で恋人に依存しやすい性格

浮気をする人の特徴その6は、「寂しがり屋で恋人に依存しやすい性格」という特徴です。
浮気をする人は、寂しがり屋で恋人に依存しやすい性格である場合があります。
寂しがり屋の人は、恋人に構ってもらえないとすぐに寂しさを感じるでしょうし、依存してしまいやすいです。
なので、不満を溜めやすいのです。
そして、寂しがり屋の人は1人でいることを極端に嫌いますので、恋人から構ってもらえなくて寂しさを感じた時に、別の異性に目を向けてしまいがちです。
恋人が満たしてくれない寂しさを、別の異性に埋めてもらおうとして、浮気に走ってしまうのです。
場合によっては、浮気相手に依存してしまうケースや、浮気という行為自体に依存してしまうケースもあるでしょう。

(7)異性の目を気にしている

浮気をする人の特徴その7は、「異性の目を気にしている」という特徴です。
異性の目を気にしている人は、浮気をしやすいと言えるでしょう。
異性の目を気にするという事は、異性から良く思われたいという気持ちの表れです。
自分には大切なパートナーがいるはずなのに、他の異性からも良く思われたいという気持ちがあるという事は、あわよくば他の異性と親しい仲になりたいと考えている証拠なのです。
こういった人は、キッカケがあれば簡単に浮気をしてしまうでしょう。

(8)性欲が強い

浮気をする人の特徴その8は、「性欲が強い」という特徴です。
性欲が強い人も、浮気をしてしまう可能性が非常に高いです。
パートナーとのセックスで性欲を満たせていれば、浮気心を抱かない人もいるでしょうが、パートナーとのセックスで性欲を満たせていなければ、浮気心を抱いてしまう人が多いと言えます。
「体の相性がイマイチな場合」「パートナーがセックスを拒む場合」など、性欲を満たせないケースには、さまざまなケースがあるでしょうが、性欲が強い人に浮気をさせないようにするためには、性欲を満たしてあげることが最善です。
ただし、パートナーとのセックスで性欲を満たせている場合でも、強い性欲によって他の異性とのセックスを味見したくなる人もいますので、パートナーの性欲が強い場合は浮気を気を付けた方が良いでしょう。

(9)好奇心旺盛で刺激を求める性格

浮気をする人の特徴その9は、「好奇心旺盛で刺激を求める性格」という特徴です。
好奇心旺盛で刺激を求める性格の人も、浮気をしやすいと言えます。
こういったタイプの人が浮気をする時は、大抵の場合が、パートナーとマンネリ化した時です。
マンネリ化して、刺激を感じられなくなった時に、新しい刺激を求めて浮気に走ってしまうのです。
そして、他の異性と浮気をしたらどんな刺激が得られるのだろうという好奇心もあいまって、浮気へのハードルが下がってしまい、簡単に浮気をしてしまう人が多いと言えるでしょう。

(10)誰にでも優しい性格

浮気をする人の特徴その10は、「誰にでも優しい性格」という特徴です。
誰にでも優しい性格の人も、浮気をしやすいと言えます。
男女問わず、優しい人が好きだという人が多いので、誰にでも優しい人は、異性からモテやすいです。
つまり、他の異性を勘違いさせて、惚れさせやすいタイプの人なのです。
本人としては、惚れさせるつもりなんてなく、ただ単に優しくしていただけだとしても、惚れられてアプローチされてしまったら、その優しさからうまく断れずに流されて、浮気をしてしまうケースが多いと言えるでしょう。

【3】浮気をする人を一途に改善させる3つの方法

最後に、浮気をする人を一途に改善させる方法を紹介していきたいと思います。
浮気度チェック診断を行った時、もしもパートナーが浮気をしやすい人だった場合は、ショックを受けてしまう人も多いかもしれません。
しかし、こちらの努力次第でパートナーの浮気を阻止することも可能なので、パートナーが浮気をしやすい人だった場合は以下の方法を試してみてください。
うまくいけば、パートナーの浮気を防いで、一途に変えられる場合もありますよ。

(1)恋愛以外に夢中になれるものを見つけてあげる

浮気をする人を一途に改善させる方法その1は、「恋愛以外に夢中になれるものを見つけてあげる」という方法です。
浮気をする人の多くは、恋愛体質なので、恋愛以外に夢中になれるものを見つけてあげることによって、浮気心を抱かせないように出来る場合があります。
特に、共通の趣味であれば、2人の仲を深めることも出来ますので、オススメだと言えるでしょう。

(2)マメに連絡を取り合って寂しさを感じさせないようにしてあげる

浮気をする人を一途に改善させる方法その2は、「マメに連絡を取り合って寂しさを感じさせないようにしてあげる」という方法です。
寂しさによって浮気をしてしまう可能性がある人の場合は、できるだけマメに連絡を取り合ってあげたり、一緒にいる時間を増やしてあげたりして、寂しさを感じさせないような努力をすれば、浮気心を抱かせないように出来る場合があります。
どうしても忙しい時は、相手が納得出来るように事情を説明して、愛しているという気持ちをたっぷりと伝えてあげましょう。

(3)浮気をしたらどうするのかを事前に話してルールを決めておく

浮気をする人を一途に改善させる方法その3は、「浮気をしたらどうするのかを事前に話してルールを決めておく」という方法です。
浮気をしたらどうするのかを事前に話してルールを決めておく事も有効な方法だと言えるでしょう。
浮気をする人の中には、「謝れば許してもらえる」と考えている人もいますので、そういった人には「浮気をしたら容赦なく別れる」「浮気をしたら〇〇という復讐をする」といったようなルールを決めておけば、決めておいたルールが抑止力になる場合もあります。

【まとめ】

 

 

今回は、浮気チェック度診断として、浮気をする人の特徴や、浮気をする人の心理を紹介してきました。
また、浮気をする人を一途に改善させる方法も紹介してきましたがいかがでしたか?
浮気をする人の特徴や心理は把握してもらえたと思いますので、もしもパートナーが浮気をする人の特徴に当てはまっていたら、パートナーの心理をよく考えて、浮気心を抱かせないように努力してみましょう。
こちらがいくら努力をしても、浮気をしてしまう人はいますが、努力をすることによって浮気を阻止出来る場合も十分にあります。
何もせずに浮気をされるよりも、努力によって浮気を阻止出来るなら、その方が絶対に良いはずだと思いますので、浮気をする人を一途に改善させる方法含め、できるだけの努力をしてみてくださいね。

関連記事