• HOME
  • BLOG
  • 体験談
  • 【嫁が浮気してた!】ヤバイ復讐を果たした旦那5人の実話体験談!

【嫁が浮気してた!】ヤバイ復讐を果たした旦那5人の実話体験談!

捨てられる女性

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回は皆さんから寄せられた体験談や報告を基に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

「俺が家族のために仕事を頑張っている間に、嫁が浮気をしていた・・・」「僕の知らないところで嫁が浮気をしていた・・・」といったように、嫁の浮気の事実を知って、ショックを受けた事がある旦那もいるでしょう。
浮気は男性がするものだと思われがちですが、浮気をするのは男性だけではありません。
女性の中にも浮気をする人はいますし、浮気をされてしまうとショックを受けたり、心に深い傷を負ったりするのは、男性であっても同じです。
そして、嫁に浮気をされた旦那の中には、「浮気をした嫁のことが許せないから、なんとかして復讐をしたい・・・!!」という考えを抱く人もいるでしょう。
しかし、浮気をした嫁に復讐をしたいと考えたとしても、「どのような復讐をしたら、浮気をした嫁を苦しめることが出来るだろうか・・・」「良い復讐方法がなかなか思い付かない・・・」といったように、復讐方法を考える時に悩んでしまって、頭を抱えてしまう男性もいると思います。
たとえ、相手が浮気という最低な裏切り行為を働いた事が復讐の理由だとしても、いき過ぎた復讐をしてしまうと、一転してこちらが加害者になって罪に問われてしまうケースもありますので、復讐の方法を考える時に慎重になってしまうのは、当然と言えば当然でしょう。
もし、浮気をした嫁に復讐したいと考えているけれど復讐方法に悩んでいるという方がいたら、ぜひこの記事で紹介する内容を参考にしてみてください。
今回は、嫁が浮気をしていてヤバイ復讐を果たした旦那の方々にお話を聞くことが出来ましたので、彼らが嫁に復讐を果たした時の実話体験談を紹介していきたいと思います。
浮気をしていた嫁に対して、実際に復讐を果たした旦那の実話体験談は、復讐の方法を考える上での参考になると思いますので、ぜひ役に立ててみてくださいね。
「こんな復讐の方法もあったのか!」「この復讐方法、僕の場合にも使えるかもしれない!」といったように、新しい発見や復讐方法の答えが見つかる場合もあるはずですよ。

【1】パート先の同僚と浮気をしていた嫁に復讐を果たしたJ.Oさんの実話体験談

僕は、パート先の同僚と浮気をしていた嫁に復讐を果たしました。
嫁とは、結婚する前も結婚してからも特に大きなケンカやトラブルはなかったので、仲睦まじく結婚生活を営めていると思っていたんです。
子宝にも恵まれて、嫁は2人の子供を出産して、僕は嫁と子供たちの生活を守るために必死で働いていました。
しかし、2人の子供と嫁を養うためには僕1人の稼ぎではギリギリでしたし、子供たちの将来のことを考えると不安があったので、嫁にもパートに出てもらって家計を助けてもらう事にしたんです。
嫁も、パートに出て家計を助ける事には前向きな姿勢を見せてくれていましたし、僕は嫁に感謝しながら、これまで同様、必死になって働いていました。
ただ、嫁がパートで働くようになって半年くらい経った頃から、徐々に嫁の様子がおかしくなっていったんです。
お風呂に入る時やトイレに行く時にはスマホを持ってお風呂やトイレに行くようになりましたし、ロックもかけるようになりました。
これまではそんな事をするような嫁じゃなかったので、明らかに様子が変わった嫁を見て僕は、「もしかして、僕に見られたくない隠し事でもあるのかな・・・」と考えるようになったんです。
そして、だんだんと「嫁は浮気をしているのでは!?」と思うようになっていきました。
嫁の浮気を疑うようになったのは、スマホにロックをかけたり、肌身離さずスマホを持ち歩くようになった事も疑惑の理由ですが、それだけではなく、嫁はピルを飲むようになったので、僕はおかしいと感じ始めたんです。
ピルを飲む理由について、嫁は「3人目ができちゃうと大変でしょ?だから、あなたとセックスしても妊娠しないようにピルを飲むようにしたの。」と言っていましたが、コンドームで避妊はしていましたし、僕は「ピルを飲む必要なんてないんじゃないかな・・・」という疑念を抱かずにはいられませんでした。
日に日に、嫁が浮気しているかもしれないという疑惑が強くなっていった僕は、思い切って嫁の浮気調査をしようと考えたんです。
そう考えた僕は、仕事の合間を縫って時間を見つけ、探偵に嫁の浮気調査を依頼しました。
結果が出るまでは少し時間がかかりましたが、探偵はしっかりと仕事をしてくれたので、シロクロはっきりしたんです。
結論から言うと、嫁はクロでパート先の同僚と浮気をしていました。
その事実を知った僕は、信じていた嫁に裏切られたショックで凹みましたが、同時に、嫁に対する怒りも覚えたんです。
普通なら、嫁が浮気をしていたら離婚をする人が多いと思いますが、僕の家庭には2人の幼い子供がいましたので、簡単に離婚出来る状況ではありませんでした。
離婚する事で子供たちにショックを与えてしまう事だけは避けなければいけないと考えましたが、だからといって、嫁の浮気を見過ごす事も出来ませんし、放置するなんてもっての他だったので、僕は浮気をしていた嫁に復讐をする事にしたんです。
具体的にどのような復讐をしたのかと言うと、探偵に集めてもらった嫁の浮気の証拠を嫁に突きつけました。
そして、「子供がいるから離婚はしないけど、君のした事を僕は許さない。とりあえず今、この場で浮気相手には関係を終わらせる連絡を入れ、パートも辞めてもらう。」と告げ、さらに「今後は君のことを嫁とは思わない。離婚しないのはあくまでも子供のためであって、君のためではないから、子供が成人したら離婚する。それまでは子供たちの母親として、子供たちのためだけに暮らして。僕が稼いだお金を君に預けることはないし、お金は全て僕が管理するから。」と言って、嫁の自由を奪いました。
嫁は、泣いて謝っていましたが、泣いて謝っても嫁がした浮気行為が消えるわけではありませんし、僕の心の傷も消えません。
今もまだ離婚はしていませんが、嫁と普通に接するのは子供たちの前だけで、それ以外では嫁のことを居ない者として扱っています。
復讐の完了は、子供たちが成人して離婚する時ですが、今でも嫁は苦しそうにしながら日々を送っていますので、復讐の効果は抜群だったと思っています。

【2】同級生と浮気をしていた嫁に復讐を果たしたA.Tさんの実話体験談

僕は、同級生と浮気をしていた嫁に復讐を果たしました。
僕と嫁は、同じ会社に勤めている同僚で、社内恋愛の末に結婚をしたんです。
僕としては、結婚する時に嫁には会社を辞めて家庭に入ってもらいたかったのですが、嫁は「将来のためにも、子供を出産するまでは私も働いていた方が良いと思うから、妊娠するまでは私も仕事を続けるわ。」と言っていて、「確かにその通りだ。」と僕も思ったので、子供が産まれるまでは嫁にも仕事を続けてもらう事にしました。
しかし、僕たち夫婦は子宝に恵まれず、嫁はなかなか妊娠しなかったんです。
そして、子宝に恵まれないまま、嫁との結婚生活は2年目に突入しました。
結婚生活が2年目に突入した頃、嫁から「今度、高校の同窓会があるから、参加してきても良い?」と相談されたので、僕は気分転換にもなるだろうからと、「どうぞー。楽しんできてね!」と言って、嫁の同窓会への参加を快く了承したんです。
この頃の僕は、まさか同窓会への参加がキッカケになって嫁が浮気するとは思っていませんでした。
しかし、同窓会を終えてから嫁の様子が少しずつおかしくなっていったんです。
これまではお互いに仕事が休みの日は、必ず一緒に過ごしてデートもしていたんですけど、同窓会以降は仕事の休みが被った日も「今日はごめん、友達との用事があるから出掛けてくるね!」と言って、嫁は一人で出掛けるようになりました。
嫁の様子がおかしくなったのはそれだけではなく、家では僕にスマホを見られないようにする行動が目立つようになったんです。
そんな嫁の様子を不審に思った僕は、「もしかして嫁は僕に何か隠し事をしていて、その隠し事っていうのは浮気なのでは!?」と思うようになっていきました。
一度、嫁の浮気を疑ってしまってからは、嫁の一挙一動が全て怪しく思えるようになってしまって、嫁のことを信じることが出来なくなっていったので、このままでは夫婦関係が破綻してしまうと考えた僕は、嫁が浮気をしているかどうか、その真実を確かめることにしたんです。
どうやって確かめたのかと言うと、僕にスマホを見られないようにしているという事は、スマホの中に見られたくないものがあるはずだと考えたので、嫁が寝ている隙にこっそり嫁のスマホの中を見てみる事にしました。
ロックの解除には時間がかかりましたが、何日かかけて嫁のスマホのロックを解き、嫁のスマホの中を見てみたんです。
そしたら、僕の嫌な予感は的中していて、同窓会で再会した同級生と嫁は浮気をしていました。
嫁が浮気しているという事実を知った僕は、ショックよりも怒りの感情の方が強く芽生えたので、浮気をしていた嫁に復讐を決行する事にしたんです。
幸い、子供はいなかったので、離婚は大前提として、他にどんな復讐をすれば嫁にダメージを与えられるかという事を考えていきました。
そして、僕が出した結論は、会社で嫁の悪評を流す事にしたんです。
そうすれば、嫁は会社での居場所を無くして、働けなくなるだろうから、嫁にとっては大きなダメージになると考えました。
自分が浮気されたという事を会社の同僚に知られるのは恥ずかしいという気持ちもありましたが、それ以上に浮気をしてのうのうと同じ会社で働いている嫁に制裁を与えたいという気持ちの方が強かったんです。
噂を流し始めるのとほぼ同時に、僕は離婚の手続きを行い、嫁との離婚を済ませました。
そして、結果的に僕が広めた嫁の噂は瞬く間に会社中に広まって、嫁は会社での居場所を無くし、会社を辞めていったんです。
今は嫁がどこでどんな生活をしているのかは知りませんが、離婚する時や会社を辞める時に、嫁は自分が軽率にしてしまった浮気を反省していたので、良い復讐になったと思っています。

【3】ママ友の旦那と浮気をしていた嫁に復讐を果たしたY.Eさんの実話体験談

僕は、ママ友の旦那と浮気をしていた嫁に復讐を果たしました。
嫁とは大学生の頃から付き合っていて、大学を卒業してからも交際は続き、5年の恋愛期間を経て、結婚したんです。
結婚してからは、1人の子供を授かりましたし、僕は家族3人で幸せな生活を送れていると思っていました。
嫁は専業主婦でしたが、近所のママ友と仲良くしていたみたいですし、家のことはしっかりとやってくれていたので、僕は外で稼いでくる事に専念出来ていたんです。
しかし、子供が小学生になる頃、徐々に異変が起こり始めました。
僕が仕事から帰った時に、嫁が家にいないという出来事が時々起こるようになったんです。
それまでは、僕が仕事から帰った時には、ほぼ確実に嫁は家にいましたし、晩御飯も用意してくれていました。
ところが、嫁が家にいないという出来事が起こるようになってから、嫁が家にいなかった時は、晩御飯も用意していませんでしたし、家事も中途半端な事が多々あったんです。
最初、嫁が家にいなかった時には、「どこ行っていたの?」と嫁に聞きましたが、嫁は「友達と出掛けていて、帰りが遅くなってしまったの。ごめんなさい。」と言っていたので、僕はその言葉を信じていましたし、「たまには息抜きで遊びに出掛けるのも大事だよね!」と思って、嫁を責める事はしませんでした。
しかし、実は、僕の知らないところでママ友の旦那と親密な関係になっていて、嫁は浮気を繰り返していたんです。
なぜ、その事実に気付いたのかと言うと、徐々に嫁の行動がおかしくなっていったからでした。
スマホにロックをかけたり、お風呂やトイレなど、どこに行くにもスマホを肌身離さず持ち込むようになったりしたので、僕はその事に対して不信感を覚えたんです。
そして、その不信感は徐々に、「もしかして嫁は浮気をしているのでは!?」という疑念に変わっていきました。
だから、僕は有給を取り、嫁にはいつも通り仕事に行ってくると告げて出掛け、外出する嫁の後をつける事にしたんです。
最初に嫁が家にいなかった日以来、嫁は出掛ける日をあらかじめ僕に伝えてくれていましたし、「この日は帰りが遅くなるかも・・・」と教えてくれていたので、いつ嫁が外出するのかは簡単に特定出来ました。
そして、外出した嫁の後をつけてみると、なんとママ友の旦那さんと嫁がホテルに入っていく瞬間を目の当たりにしてしまったんです。
その光景を目撃した僕は、嫁が浮気をしていた事にショックを受けましたが、それ以上に、僕に嘘をついて浮気をしていた事に怒りを覚えました。
ただ、離婚したら子供に悪影響を及ぼしてしまうのではないかと考えたので、浮気していた嫁とは離婚したくても出来ない状況だったんです。
とはいえ、浮気していた嫁のことを許すことも出来なかったので、僕は嫁とママ友の旦那に対して、復讐をする事にしました。
被害者は僕とママ友だったので、まずはママ友にこっそりと連絡を取り、僕の嫁とあなたの旦那が浮気をしているという事実をママ友に告げたんです。
僕の話を聞いたママ友は、怒りをあらわにしていましたが、「こちらは子供のために離婚するつもりはないから大事にはしたくないという事」「そちらのご家庭のことは、そちらで決めて欲しいという事」「一度、4人で集まって、この事に関して、話し合いをする場を設けたいという事」の3点を僕が伝えると、ママ友も冷静になってくれたのか、2人で協力して、浮気をしていた本人たちに制裁を与えようという事に話がまとまりました。
そして、浮気していた本人たちを呼び出し、浮気の証拠を突きつけたんです。
僕の嫁も、ママ友の旦那も、僕とママ友に対して土下座をして謝っていましたが、僕とママ友はその場で2人に今後一切近づかないという事を約束させました。
さらに話し合いの結果、離婚はしない代わりに、嫁は嫁の財産からママ友に、ママ友の旦那はママ友の旦那の財産から僕に、浮気の慰謝料を支払うという約束をさせたんです。
話し合いはこれで終わりましたが、僕は自宅に戻ってから嫁に対して、「完全に許したわけじゃないから。子供の前では今までのように接するけど、それ以外でも元どおりの夫婦生活に戻りたいなら、今後の態度で示して。」と告げ、後悔の念を嫁に抱かせました。
今でもまだ嫁に対する僕の態度は冷たいままですし、嫁はその事を苦しそうにしているので、僕の復讐は大成功だったと思っています。

【4】SNSで知り合った男性と浮気をしていた嫁に復讐を果たしたT.Nさんの実話体験談

SNS いいね!

僕は、SNSで知り合った男性と浮気をしていた嫁に復讐を果たしました。
SNSと言えば聞こえはいいかもしれませんが、嫁はほぼ出会い系のようなSNSを利用していて、そこで浮気相手の男性と知り合ったみたいでした。
嫁は、「結婚したら専業主婦になりたい。」と言っていたので、僕は嫁のその理想を叶えてあげるために、朝早くから夜遅くまで毎日のように必死になって働いていたんです。
だから、嫁との時間を大切に出来なかった僕にも少しは責任があるのかもしれませんが、嫁との生活を守り、僕1人の稼ぎで嫁を養っていくためには、働く以外の選択肢がありませんでした。
そんな僕が嫁の浮気を疑い始めたキッカケは、「寂しい・・・」「もっと一緒にいる時間を作ってほしい・・・」と言っていた嫁が、そういった事を全く言わなくなったからでした。
最初のうちは、「嫁も分かってくれたのかな。」と思っていましたが、寂しいなどの発言をしなくなった以外にも、家事を疎かにしたり、スマホを隠すようになったりと、おかしい行動が目立つようになったんです。
嫁の浮気を疑い始めた僕は、しきりに隠すスマホに僕の知らない秘密があると睨んだので、嫁が寝ている隙にこっそりスマホのロックを解除し、嫁のスマホの中身を覗いてみました。
そしたら、出会い系のようなSNSアプリがスマホに入っていて、そのアプリで嫁は複数の男性とやり取りをし、会う約束を取り付けていたんです。
それだけではまだ浮気の証拠にはならないと思ったので、LINEを見てみました。
そして、LINEではSNSで連絡先を交換したと思われる男性とやり取りをしていて、翌週、待ち合わせをするという事を知ったので、その日に嫁の後をつけて、浮気の証拠を掴もうと考えたんです。
案の定、嫁はその日、男性と待ち合わせをして、ホテルに入っていきました。
僕はその瞬間をしっかりと写真に押さえたので、今後どうするかを考えた時に、ただ離婚するだけじゃなく、嫁に復讐してから離婚しようと思ったんです。
僕が必死になって嫁との生活のために働いていたのに、その間に嫁は外で浮気をしていたという事を考えると、どうしても許せませんでした。
具体的にどのような復讐をしたのかと言うと、嫁の両親や嫁の周囲の人たちに浮気の事実を告げて、嫁の信頼を地の底まで落としてやりました。
浮気の事実を言いふらした結果を知る前に、嫁とは離婚したので、嫁のその後は風の噂で聞いただけですが、最終的に嫁は両親から勘当され、友達もほとんど失って、孤独になったそうです。
仕事もしていなかったので、新しく仕事を探すのも大変だったでしょうが、全て嫁自身がした事の報いだと思っています。

【5】何度も浮気を繰り返していた嫁に復讐を果たしたK.Hさんの実話体験談

謝る女性

僕は、何度も浮気を繰り返していた嫁に復讐を果たしました。
僕が結婚した女性は、とんでもない浮気性の女性だったんです。
付き合っている時にその事を見抜けないまま結婚してしまった僕は、嫁の浮気癖に頭を悩ませていました。
1度目の浮気が発覚した時に離婚すれば良かったのかもしれませんが、結婚してすぐに産まれた子供のことを考えると、離婚するのは得策じゃないと考えたので、僕は嫁の浮気を許して離婚はしなかったんです。
嫁自身も、「もう浮気は絶対にしないから・・・」と言っていたので、その言葉を信じたというのもあります。
しかし、嫁が浮気をやめる事はありませんでした。
僕が気付いていない浮気もあるかもしれませんが、気付いた分だけでも合計4人の男性と浮気を繰り返していたんです。
とはいえ、まだ子供も幼かったので、子供のためにも離婚するわけにはいきませんでした。
だから、僕は浮気を繰り返す嫁に復讐する事を決意したんです。
具体的にどのような復讐をしたのかと言うと、嫁は僕の両親と同居する事を嫌がっていたので、半ば強引に子供と嫁を連れて、実家に引っ越しました。
実家は近くにあったので、僕自身が仕事の通勤に支障をきたすわけでもなかったですし、実家に連れていけば両親に嫁の浮気を見張ってもらいつつ、嫁のことを親にしごいてもらえると考えたんです。
効果はテキメンで、実家に引っ越してからの嫁は、とてもツラそうにしていましたし、浮気をする暇もなく、みっちりと僕の両親にしごかれていました。
実家に引っ越す事情を両親に話した時は、「離婚しろ!!」と言われましたが、「子供のためにも離婚は出来ない。」と僕は反対し、実家で一緒に暮らせるように両親を説得して本当に良かったと思っています。
嫁は今も窮屈な思いをしながら、僕の実家で肩身の狭い生活を送っているので、僕の復讐は大成功を収めました。

【まとめ】

 

 

今回は、嫁が浮気をしていてヤバイ復讐を果たした旦那5人の実話体験談を紹介してきましたがいかがでしたか?
家族のために一生懸命働いている男性ほど、嫁に浮気をされていたら、「俺は何のために頑張っていたんだろう・・・」という気持ちを抱いてしまうでしょうし、ショックを受けてしまうと思います。
当然、浮気をした嫁に対して怒りも込み上げてくるでしょう。
離婚出来る場合は離婚した方が良いかもしれませんが、子供が幼かったり、その他の事情があったりして、簡単に離婚出来ない場合もありますよね。
そんな時は、浮気をした嫁に復讐をするのもひとつの手段です。
いき過ぎた復讐はいけませんが、もしも嫁に浮気されて許せないという気持ちが強く芽生えた時は、この記事で紹介してきた体験談も参考にしながら、復讐方法を考えてみてください。
復讐する事によって、気持ちが晴れる場合もありますし、浮気をした嫁が反省して心を入れ替えてくれる可能性もありますよ。

関連記事