1. HOME
  2. ブログ
  3. 《強力》面接や試験前にオススメ!緊張をほぐし心が落ち着くおまじない!

《強力》面接や試験前にオススメ!緊張をほぐし心が落ち着くおまじない!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回はブログ読者の皆さんからご報告頂いた、実際試して緊張をほぐして心を落ち着かせる事に効果があった、緊張をほぐし心が落ち着くおまじないをシェアさせて頂きます。

大切な面接や試験の前だと、殆どの人が緊張してしまいますよね。
大切な面接や試験の前で緊張してしまうのは、「絶対に失敗出来ない・・・!!」という気持ちの表れだと思いますが、緊張してしまっている状態では自分自身が持つ本来の力を出せない場合も多いと思います。
「緊張していたせいで、面接で失敗してしまった・・・」「緊張のせいで頭が回らなくて、大切な試験だったのに最悪な結果になってしまった・・・」という経験をした事がある人もいるのではないでしょうか。
面接や試験で良い結果を出して合格する為に、事前にしっかりと対策をしたり、必死に勉強をして入念な準備をしたりする人が殆どだと思いますが、本番で緊張してしまって本来の力を発揮出来なければこれまでの努力が水の泡になってしまいますよね。
しかし、面接や試験が自分自身にとって大切であれば大切であるほど、「失敗出来ない・・・」という気持ちが強く働いて、緊張してしまう事が多いと思います。
大切な面接や試験で緊張してしまうのは仕方ない事かもしれませんが、出来る事ならば緊張をほぐして心を落ち着かせた状態で大切な面接や試験の本番に挑みたいですよね。
大切な面接や試験で良い結果を残せるかどうかは、対策や準備も大切だと言えますが、本番で緊張せずに自分自身が本来持っている力を存分に発揮出来るかどうかだと言えます。
そうはいっても、「失敗出来ないからこそ緊張してしまう・・・」という人も多いと思いますので、そんな人は、ぜひ緊張をほぐし心が落ち着くおまじないに頼ってみてください。
実際に、ブログ読者の方々からも「絶対に失敗出来ない第一志望の就職先の面接の日が近づいてくるにつれて、すごく緊張してきたんです。そこで、緊張をほぐし心が落ち着くおまじないを試してみたんですけど、これまで感じていた緊張が嘘のようにすぅーっとほぐれて、心を落ち着かせた状態で本番の面接に挑めました!!」「私、昔からすごく緊張するタイプだったの。大切な資格試験があったんだけど、絶対に合格しなきゃと思えば思うほど、緊張してしまって・・・だけど、緊張をほぐし心が落ち着くおまじないのおかげで、緊張がほぐれて心を落ち着かせた状態で資格試験に挑めたから無事合格出来たわ。」という体験談や報告を沢山頂いています。
そこで今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、緊張をほぐし心が落ち着くおまじないを紹介していきたいと思いますので、大切な面接や試験が控えている人や緊張しやすいタイプの人は、ぜひ今回紹介するおまじないを試してみてください。
ただ、おまじないの効果には相性があります。
今回、いくつか緊張をほぐし心が落ち着くおまじないをご紹介しますので、試してみたおまじないの効果を実感出来なかった場合でも諦めずに、掲載されている他のおまじないも試してみましょう。

【面接や試験の前日になって緊張してきたらコレ!!アロマオイルを使った即効性のあるおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)水色のキャンドル

(2)ローズマリーのアロマオイル

(3)ライターorマッチ

(4)黒色の折り紙

(5)黒色のペン

(6)灰皿

★おまじないの方法★

(1)まず、黒色の折り紙と黒色のペンを用意しましょう。

(2)黒色の折り紙と黒色のペンを用意したら、黒色の折り紙に黒色のペンであなたの名前をフルネームで書いてください。

(3)黒色の折り紙に黒色のペンで、あなたの名前をフルネームで書いたら、次に、あなたが緊張している原因を書きましょう。
資格試験で緊張しているなら「〇〇(資格の名前)の試験」、就職面接で緊張しているなら「〇〇(面接を受ける企業名)の就職面接」、大学受験や高校受験で緊張しているなら「〇〇(受験する大学or高校の名前)の受験」と書いてください。

(4)黒色の折り紙にあなたの名前と、緊張している原因を書き終わったら、水色のキャンドルとローズマリーのアロマオイルを用意しましょう。

(5)水色のキャンドルとローズマリーのアロマオイルを用意したら、水色のキャンドルにローズマリーのアロマオイルをたっぷりと垂らしてください。

(6)水色のキャンドルにローズマリーのアロマオイルをたっぷりと垂らしたら、ライターorマッチを用意しましょう。

(7)ライターorマッチを用意したら、水色のキャンドルにライターorマッチで火を灯してください。

(8)水色のキャンドルに火を灯したら、まずはしっかりとローズマリーのアロマの香りを感じましょう。

(9)ローズマリーのアロマの香りをしっかりと感じたら、キャンドルの火を見つめながら、「私の心に巣食う邪なる気を聖なる炎で焼き払ってください。」と声に出して唱えてください。

(10)唱え終わったら、あなたの名前と緊張している原因を書いた折り紙を用意しましょう。

(11)あなたの名前と緊張している原因を書いた折り紙を用意したら、キャンドルの火でその折り紙を燃やしてください。

(12)燃やしている間は灰皿の上に置いておき、完全に燃え切ったら、灰皿の中の灰を捨てましょう。
灰皿の灰を捨てたら、キャンドルの火に優しく息を吹きかけて、キャンドルの火を消してください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)ローズマリーのアロマオイルには、緊張をほぐして心を落ち着かせる効果があります。
緊張をほぐす事において、絶大な効果を期待出来ますので、このおまじないには他のアロマオイルではなく、ローズマリーのアロマオイルを使用してください。

(2)黒色の折り紙に黒色のペンで、あなたの名前をフルネームで書く時は、漢字を使って正確に書いてください。
そして、緊張している原因を書く時は、何に対して緊張しているのかを具体的に書きましょう。
面接なら面接を受ける企業名、受験なら学校名、資格試験なら何の資格なのか資格の名前を書いてください。

(3)水色のキャンドルにローズマリーのアロマオイルを垂らす量は、好きなだけ垂らして頂いて構いません。
たっぷりと垂らしましょう。
最低でも、キャンドルに火を灯した時に、アロマオイルの香りがたつ程度にはアロマオイルをキャンドルに垂らしてください。

(4)キャンドルの火を見つめながら、「私の心に巣食う邪なる気を聖なる炎で焼き払ってください。」と声に出して唱える時は、緊張している心を消し去りたいという気持ちを込めて唱えてください。
ここでしっかりとあなたの念を込める事が重要なポイントです。

(5)あなたの名前と緊張している原因を書いた折り紙をキャンドルの火で燃やして、灰を処分した後、キャンドルの火に優しく息を吹きかけて火を消すのを忘れないようにしましょう。
また、キャンドルの火を消すのは必ず灰を処分してからにしてください。
灰を処分する前にキャンドルの火を消してしまうと、おまじないの効果が正常に現れなくなってしまいますので、順番に気を付けましょう。

【面接や試験の当日に緊張しなくなる!!ノートを使った強力なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)新品のノート

(2)黒色のマジック

(3)黒色のペン

(4)赤色のマジック

(5)白色の布

★おまじないの方法★

(1)まず、新品のノートと黒色のマジックを用意しましょう。

(2)新品のノートと黒色のマジックを用意したら、黒色のマジックで新品のノートの表紙に、あなたの名前をフルネームで書いてください。

(3)新品のノートの表紙に黒色のマジックであなたの名前をフルネームで書き終えたら、おまじないを行っている日付から面接や試験の日付までの日数を計算しましょう。
おまじないを行っている日付が1月25日で、面接や試験の日付が2月8日だとしたら、「25」「26」「27」「28」「29」「30」「31」「1」「2」「3」「4」「5」「6」「7」「8」で、15日です。

(4)おまじないを行っている日付から、面接や試験の日付までの日数を計算したら、黒色のペンを用意しましょう。

(5)そして、ノートの1ページ目をおまじないを行っている日付だと考えて、面接や試験の日付までの日数分、ページをめくってください。
例で挙げた15日だと、15ページめくって頂ければ問題ありません。

(6)面接や試験の日付までの日数分のページをめくったら、そのページに「〇〇(面接を受ける企業名)の面接日」「〇〇(受ける試験の名前)の試験日」と黒色のペンで書きましょう。

(7)書き終えたら、最初のページに戻ってください。

(8)そして、最初のページ(1ページ目)におまじないを行っている日付を書いて、面接や試験のことを考えた時に緊張してしまうという素直なあなたの気持ちを書きましょう。

(9)日付と、面接や試験のことを考えた時に緊張してしまうという素直なあなたの気持ちを書き終えたら、赤色のマジックを用意して、そのページに大きく「×」の印をつけてください。

(10)赤色のマジックで大きく「×」の印をつけたら、ノートを白色の布に包んで、保管しておき、その日は就寝しましょう。

(11)そして、翌日になったら、白色の布を解き、ノートの次のページ(2ページ目)に日付と、面接や試験のことを考えた時に緊張してしまうという素直なあなたの気持ちを黒色のペンで書いて、赤色のマジックで大きく「×」の印をつけ、白色の布でノートを包んでください。

(12)面接や試験の前日まで、1日に1ページずつ先に進めていきましょう。

(13)そして、面接や試験の当日になったら、これまでに書き進めてきたノートのページを全て破いて処分してください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)このおまじないは、面接や試験の当日まで毎日行う必要があります。
毎日行う必要があるので大変かもしれませんが、それだけ高い効果を期待出来る強力なおまじないになっていますので、根気よく続けられる人はぜひ試してみてください。
また、前もって行えば行うほど、おまじないの効果が高まっていきます。
最低でも当日から数えて1週間以上前から行うようにしましょう。

(2)ノートのページは正確に数えてください。
面接や試験の当日のページがズレてしまっていると、おまじないの効果が正常に現れなくなってしまいますので気を付けましょう。
心配であれば、カレンダーと照らし合わせながら1ページずつノートのページをめくっていって頂いても構いません。

(3)ノートの各ページに、面接や試験のことを考えた時に緊張してしまうという素直なあなたの気持ちを書く時は、その日に感じている素直な気持ちを書き出しましょう。
前日と気持ちが変わっていたとしても問題ありません。
必ず、その日に感じている気持ちを書き出してください。

(4)ノートは必ず毎日白色の布で包んで保管してください。
裸のままで保管しないように気を付けましょう。

(5)面接や試験の当日になって、これまでのノートのページを破く時は、緊張している気持ちを消し去るという強い気持ちを込めて、各ページを破いてください。
そして、破いた各ページは必ず面接や試験に出掛ける前にゴミ箱に処分しましょう。
処分せずに出掛けてしまうと、おまじないの効果が弱まってしまいますので気を付けてください。

【毎日数分祈るだけ!!緊張をほぐして心を落ち着かせる事に効果抜群なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)観葉植物

(2)短冊

(3)短冊と観葉植物を結びつける紐or糸

(4)緑色のペン

(5)面接や試験当日に持参するもの(当日持参するものであれば、何でも構いません。)

★おまじないの方法★

(1)まず、観葉植物を用意しましょう。
観葉植物の種類は、基本的に何でも構いませんが、短冊に紐を通して結び付ける必要があるので、枝がある観葉植物であったり、短冊を結び付ける事が出来るものを用意してください。

(2)観葉植物を用意したら、その観葉植物を玄関に飾りましょう。

(3)観葉植物を玄関に飾ったら、次に短冊と緑色のペンを用意してください。

(4)短冊と緑色のペンを用意したら、短冊に緑色のペンで、あなたの願いを書きましょう。
願いに関しては、ありのままの願いを書いて頂ければ構いません。
「試験に合格したい!!」「面接に受かりたい!!」といったように、正直に願いを書きましょう。

(5)短冊に願いを書き終わったら、短冊に紐or糸を通して、観葉植物に結び付けてください。
結び付ける位置はどこでも構いません。

(6)観葉植物に願いを書いた短冊を結び付けたら、面接や試験当日に持参するものを用意しましょう。

(7)そして、面接や試験当日に持参するものを観葉植物の傍に置いてください。

(8)面接や試験当日に持参するものを観葉植物の傍に置いたら、観葉植物に向かって、「私の心に安らぎを・・・私の心に落ち着きを・・・焦りや緊張感を消し去りたまえ・・・!!」と心の中で強く念じましょう。

(9)この日から、1日に1度、観葉植物に向かって、「私の心に安らぎを・・・私の心に落ち着きを・・・焦りや緊張感を消し去りたまえ・・・!!」と念じ続けてください。

(10)観葉植物の傍に置いた面接や試験当日に持参するものは、当日までそのままにしておきましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用する観葉植物は、短冊を結び付ける事が出来る観葉植物であれば、どんなものでも構いませんので、あなたの好みでお好きな観葉植物を選びましょう。
直感で「この観葉植物、かわいい」と思ったものを選んで頂いても構いません。

(2)観葉植物を飾る場所は、必ず玄関にしてください。
他の場所に飾っていてもおまじないの効果を期待出来ませんので、必ず玄関に飾りましょう。

(3)短冊に緑色のペンであなたの願いを書く時ですが、願いであればどんな事を書いても良いというわけではありません。
あくまでもこのおまじないは緊張をほぐし心を落ち着かせるおまじないなので、それに関連した願いでないと効果を期待出来ませんので、願いだからといって好き勝手に書かないよう気を付けましょう。
緊張している事に関連した願いを書いてください。

(4)観葉植物に向かって、「私の心に安らぎを・・・私の心に落ち着きを・・・焦りや緊張感を消し去りたまえ・・・!!」と念じる時は、強い気持ちを込めて念じてください。
そして、必ず毎日、続けるようにしましょう。
1日でも欠かしてしまうと、その分だけおまじないの効果が弱まってしまいますので注意してください。

(5)観葉植物の傍に置いた面接や試験当日に持参するものは、当日までは観葉植物の傍に置いたままにしておいてください。
また、面接や試験当日には必ず持参しましょう。
持って行くのを忘れてしまうとおまじないの効果が現れませんので、忘れないようにしてください。

【面接や試験の当日でも大丈夫!!緊張をほぐし心を落ち着かせる事が出来る即効性のあるおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)コップ

(2)白湯

(3)塩

(4)ハンドソープ

★おまじないの方法★

(1)このおまじないは面接や試験の当日に行って頂いても効果を期待出来る即効性のあるおまじないです。
面接や試験の当日に行う場合は、朝、いつもより早く起きておまじないを行う時間を確保しましょう。

(2)朝起きたら、まず、ハンドソープで手を綺麗に洗ってください。

(3)手を綺麗に洗ったら、コップに白湯を注ぎましょう。

(4)コップに白湯を注いだら、白湯の中に塩をひとつまみ入れてください。

(5)白湯の中に塩をひとつまみ入れたら、利き手の人差し指を使って、白湯と塩を良く混ぜ合わせましょう。

(6)白湯と塩を良く混ぜ合わせたら、白湯と塩を混ぜ合わせた指で、利き手とは逆の掌に「心」という文字を書いてください。

(7)利き手の逆の掌に「心」という文字を、白湯と塩を混ぜた人差し指で書いたら、その掌をぐっと握り締めましょう。

(8)掌をぐっと握り締めたら、その状態のまま、白湯を飲み干してください。

(9)白湯を飲み干したら、「私なら大丈夫!!出来る!!」と声に出して、自分に言い聞かせましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)このおまじないは、即効性の高いおまじないになっていますので、出来るだけ面接や試験などの前日や当日に行うようにしましょう。
あまりにも前もって行ってしまうと、おまじないの効果が消えてしまいますので、当日に効果を期待出来なくなってしまいます。

(2)一般的な白湯の温度は40度から70度ですが、おまじないで使用する白湯はなるべく低めの温度にしましょう。
指を入れて塩と混ぜ合わせる事になりますので、熱すぎると火傷してしまいかねません。
40度あれば十分なので、火傷しない温度で白湯を作りましょう。

(3)白湯と塩を指で混ぜ合わせる時は、緊張をほぐしたいという気持ちを込めながら混ぜ合わせてください。

(4)白湯と塩を混ぜ合わせた指で、掌に「心」と書く時は、指を拭かずに濡れたままの状態で書きましょう。

(5)白湯を飲み干した後に、「私なら大丈夫!!出来る!!」と声に出して、自分に言い聞かせる工程も大事なポイントです。
しっかりと自分に言い聞かせましょう。

【お守りの力で緊張をほぐし心を落ち着かせる!!強力なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)赤色の折り紙

(2)白色の封筒

(3)赤色のペン

(4)のり

(5)あなたの髪の毛1本

★おまじないの方法★

(1)まず、赤色の折り紙と赤色のペンを用意しましょう。

(2)赤色の折り紙と赤色のペンを用意したら、赤色の折り紙の裏面に赤色のペンで、「〇〇(あなたの名前)は、〇月〇日(面接や試験の日付)の面接or試験に合格します。」と書いてください。

(3)書き終わったら、あなたの髪の毛を1本用意しましょう。

(4)あなたの髪の毛を1本用意したら、折り紙の中心に髪の毛を置いてください。

(5)折り紙の中心に髪の毛を置いたら、その折り紙を三つ折りにして、髪の毛を包みましょう。

(6)折り紙を三つ折りにして髪の毛を包んだら、白色の封筒を用意して、三つ折りにして髪の毛を包んだ折り紙を白色の封筒に入れてください。

(7)三つ折りにして髪の毛を包んだ折り紙を白色の封筒に入れたら、のりを用意して、封筒に封をしましょう。

(8)封筒に封をしたら、その封筒をカバンなどの中に入れて、普段から持ち歩いてください。
面接や試験の当日もカバンの中に入れて、面接や試験会場に持参しましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)赤色の折り紙の裏面に赤色のペンで、「〇〇(あなたの名前)は、〇月〇日(面接や試験の日付)の面接or試験に合格します。」と書く時は、合格出来る未来をイメージしながら書いてください。
そうする事によって、おまじないの効果が更に高まります。

(2)髪の毛は、おまじないを行っている最中に1本抜いて、抜いたばかりの髪の毛を使用しましょう。
その方が、髪の毛にあなたの念が強く込められていますので、おまじないの効果が高まります。

(3)三つ折りにして髪の毛を包んだ折り紙を入れた封筒は、必ず持ち歩いてください。
また、面接や試験当日には、面接や試験会場に忘れずに持参しましょう。
普段から持ち歩いていなかったり、当日に忘れてしまうとおまじないの効果が消えてしまいますので気を付けてください。

★まとめ★

 

 

今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、緊張をほぐし心が落ち着くおまじないを紹介してきましたがいかがでしたか?
面接や試験は、何の面接や試験かにもよりますが、多くの場合は自分の人生や将来に大きく影響を及ぼす重要なターニングポイントでもありますよね。
だからこそ、面接や試験に挑む時は、緊張してしまう人が多いと思います。
何度も受け直す事が出来るような試験であれば、1度や2度失敗してもやり直す事は出来ますが、就職の面接などを筆頭に基本的に1度しか受ける事が出来ない面接や試験であれば、普段は緊張しないようなタイプの人でも緊張してしまう事もあるかもしれません。
自分にとって大切な面接や試験を目前にして緊張してしまった時は、ぜひ今回紹介してきた緊張をほぐし心が落ち着くおまじないを試してみてください。
緊張したまま面接や試験に挑めば本来の力を出せずに終わってしまう場合もありますが、おまじないの効果によって緊張をほぐす事が出来れば、普段通りの力を発揮出来て、面接や試験の合格に結びつく可能性が飛躍的に伸びるはずですよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事