1. HOME
  2. ブログ
  3. 【ストーカー診断】ストーカーになりやすい人の性格(気質)と特徴【男性編】

【ストーカー診断】ストーカーになりやすい人の性格(気質)と特徴【男性編】

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

「別れた元彼がストーカーになって困っている・・・」「振った男性がストーカーになって付け回されている・・・」という状況に悩まされている女性もいるのではないでしょうか。
ストーカーは立派な犯罪ですが、ストーカー行為をしている男性は相手の女性のことを困らせようと思ってストーカーをしているわけではないので、質が悪いとも言えます。
純粋に相手の女性のことが好きで好きでたまらなくて、異質な愛情によってストーカー行為をしてしまっている場合が殆どです。
そうは言っても、ストーカー被害に遭うと怖い思いをしてしまいますし、迷惑にも感じる事が殆どだと思います。
また、相手のストーカー行為がエスカレートすると身の危険の心配もあります。
出来る事なら、ストーカーになる可能性がある男性とは関わりを持ちたくないと思うのが普通の感情ですよね。
そこで今回は、ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴を紹介していきたいと思います。
この記事を目にしている男性は、ストーカー行為は犯罪だという事を自覚して、紹介する性格や特徴に当てはまる箇所があればストーカーにならないように気を付けるようにしてください。
そして女性の方々は、紹介する性格や特徴に当てはまる男性はストーカーになりやすい傾向があるので、出来る限り関りを持たないようにしましょう。
また、ストーカー男のタイプやストーカー男への対処方法も併せて紹介したいと思いますので、そちらも参考にしてみてください。

【1】どんなタイプのストーカー男がいるの?ストーカー男のタイプ

ストーカーと一括りにされる事が多いですが、ストーカー行為には様々なタイプがあります。
「あの人の行動を迷惑に感じているけれど、ストーカーなのかな?」と考えているうちに、相手の行動がエスカレートして手遅れになる可能性もあるでしょう。
しかし、ストーカーのタイプを把握しておけば、「彼の行動はストーカー行為だから周りに相談しよう!」とすぐに行動に移す事が出来るようになるはずです。
まずはストーカー男のタイプを紹介していきたいと思いますので、しっかりと把握しておきましょう。

(1)SNS監視タイプ

ストーカー男のタイプその1は、SNS監視タイプのストーカーです。
近年、SNSが普及した事もあってSNS監視タイプのストーカーも増えてきています。
TwitterやInstagramなどのSNSで知り合った女性に対して、しつこくダイレクトメッセージを送ったり、女性の投稿に対して必ずリプライをして付きまとうのです。
この手のタイプのストーカーは、SNS上ではしつこく付きまとうのに現実世界では姿を見せない事が多いと言えます。
なので、警察にも相談しにくくて実際に被害に遭うまでは手が出せない事も多々あります。
メッセージや投稿のやり取りから、こちらの個人情報(住所など)を探ろうとしている気配が感じ取れたら、SNS監視タイプのストーカーである可能性が考えられますので注意が必要でしょう。
また、SNS上で知り合った男性だけでなく、現実世界での知り合いがSNSを介して監視しているというケースもあります。

(2)待ち伏せタイプ

ストーカー男のタイプその2は、待ち伏せタイプのストーカーです。
待ち伏せタイプは昔から良くいるタイプのストーカーだと言えます。
待ち伏せしている事を悟られないように付きまとい、偶然を装って会おうとしてくるのです。
あなたの行く先々で、何度も何度も偶然会うような事があれば、この手のタイプのストーカーである可能性が考えられますので、注意が必要でしょう。
お互いに話をするような間柄であれば、話しかけてくる事もあるでしょうが、まだ接点がない状態であれば遠くから見つめているだけの可能性もあります。
職場や学校の近くで会う頻度が多ければ、そのうち自宅近辺でも会う頻度が高くなる可能性を秘めていますので、自宅を知られる前に対処した方が良いと言えます。

(3)外堀タイプ

ストーカー男のタイプその3は、外堀タイプのストーカーです。
外堀タイプのストーカーは、外堀から固めていって徐々にこちらの生活範囲に侵入してくるタイプだと言えます。
意図的にこちらの友人と知り合って共通の友人になろうとしたり、知り合いを増やしていって外堀を固めていくのです。
そして、こちらの友人や知り合いには良い印象を持ってもらえるように振る舞って、こちらとの仲の後押しをしてもらおうと考えているケースが多いと言えます。
外堀が固まって状況が整うと実際にストーカー行為に及ぶ場合が多いので、ストーカー行為をされるまで気付かないという事も多々あります。
最近知り合った男性が、急激に共通の友人を増やしているなら、外堀タイプのストーカーである事が考えられますので、気を付けた方が良いでしょう。

【2】ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴15選

追いかける男性

ストーカーになりやすい男性は、一体どのような性格(気質)や特徴を持ち合わせているのでしょうか。
ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴を把握しておけば、ストーカーになる可能性のある男性のことを警戒する事が出来るようになるはずです。
それは、最悪の事態を免れる事に直結しますので、ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴を知りたいと思う女性は多いと思います。
ここではストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴を紹介していきますので、以下の性格や特徴を持ち合わせている男性はストーカーになる可能性があるという事を念頭に置いておきましょう。

(1)思い込みが激しい男性

ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴その1は、思い込みが激しい男性です。
思い込みが激しい男性は、ストーカーになりやすいと言えます。
この手のタイプの男性は、「俺は彼女のことが好き!彼女ももしかしたら俺のことが好きなのかもしれない!」「彼女は俺に優しくしてくれたから、きっと俺のことが好きに違いない!」といったように、自分自身の中で相手の好意まで決めつけてしまう傾向にあります。
このような思い込みがキッカケになって、暴走してしまい、相手の女性に付きまとってしまうのです。
思い込みや自分勝手な解釈によっていきすぎた行動をしてしまい、相手の迷惑も考えない行動がストーカー行為に発展してしまっていると言えるでしょう。

(2)人の意見に聞く耳を持たない男性

ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴その2は、人の意見に聞く耳を持たない男性です。
人の意見に聞く耳を持たない男性も、ストーカーになりやすいと言えます。
この手のタイプの男性も自分の思い込みが激しく、人の話に耳を傾けようとはしません。
なので、相手の女性が「あなたの事は好きじゃない!」と拒否するような態度を示して、言葉で伝えたとしても「恥ずかしがってそんな風に言っているだけだろう?」と自己解釈をしてしまって、相手の女性にしつこく迫ってしまうのです。
周りが「それ、ストーカー行為だからやめた方がいいよ!」と注意したとしても、その話にも聞く耳を持たず「そんなわけない!」「余計なお世話!」という感情しか抱けずに、ストーカー行為を辞める事が出来ない人が殆どです。

(3)自信がない男性

ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴その3は、自信がない男性です。
自信がない男性もストーカーになってしまう可能性を秘めていると言えるでしょう。
自分に自信がないから、自分のことを少しでも受け入れてくれた女性に対して執着してしまい、ストーカー行為をしてしまうのです。
「彼女はこんな自分にも優しくしてくれたから・・・」「優しい彼女なら俺のことを受け入れてくれるかもしれない・・・」という気持ちから、ストーカー化してしまいます。
また、自分に自信がないからこそ、相手の気持ちが離れてしまうかもしれないという不安に襲われて、粘着して付きまとったり監視してしまうケースの男性もいるでしょう。
どちらにしてもそういった行動は自信のなさからきているものだと言えます。

(4)独占欲が強い男性

ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴その4は、独占欲が強い男性です。
独占欲が強い男性もストーカーになってしまう可能性があります。
強い独占欲から、「他の男性と仲良さそうに話すなんて許せない!」「俺だけを見ているべきなんだ!」といったように女性を束縛したいと思う男性がいます。
そういった男性は、自分の束縛がうまくいかないと途端にストーカー行為に走ってしまうのです。
独占したいけど自分の思うように女性が行動してくれなくて、悔しくて嫉妬してしまって、付きまとってしまうのでしょう。
この手のタイプの男性は、好きになった女性のことを自分の檻の中に閉じ込めておきたいという考えを持っている場合もあります。
強い独占欲からくる捻じ曲がった愛情だと言えるでしょう。

(5)女々しい性格の男性

ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴その5は、女々しい性格の男性です。
女々しい性格の男性もストーカーになりやすいと言えるでしょう。
この手のタイプの男性は、好きな人から振られたり、彼女と別れた時に、未練を絶ち切れない人が多いです。
未練があるから、振られたのに相手の女性のことを付け回したり、別れた彼女のことを付け回してしまうのです。
そして、それがストーカー行為になっているという自覚はありません。
本人にしてみれば、あくまでも好きな人にどうにかして振り向いてもらいたいという気持ちだけで行動しているのです。
しかし、未練タラタラだからこそ、相手の迷惑を考えられない精神状態になっていて、自分の気持ちしか考えていないからストーカーになってしまっているという場合が殆どでしょう。
こういった状況に陥るのは、女々しくて気持ちの切り替えが出来ないからなのです。

(6)執着心の強い男性

ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴その6は、執着心の強い男性です。
執着心が強い男性もストーカーになってしまう可能性があります。
一つの事に必要以上に執着してしまう男性は、恋愛においても好きになった人に執着する可能性が高いです。
相手の女性に自分の好意を受け入れてもらえなければ何とかして自分の好意を受け入れてもらおうと執着してしまい、その行動がストーカーへと発展してしまうのです。
好きになった人が自分のものになるまで諦める事が出来ずに、しつこく付け回してしまいます。
この手のタイプの男性は「絶対に好きな人を手に入れる!」という強い気持ちを抱いているので、相手の気持ちは考えない場合が多いですし、しつこく迫る事で相手の女性が迷惑に感じている事を考えられなくなっているのです。

(7)モテない男性

ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴その7は、モテない男性です。
モテない男性もストーカーになってしまう可能性を秘めています。
この手のタイプの男性がストーカーになってしまうのは、付き合っていた彼女と別れた後、元カノに対してストーカーになる事が多いと言えます。
普段からモテないから、彼女と別れた事によって「この先、ずっと独り身かもしれない・・・」「彼女を手放したくない・・・」という気持ちが強く芽生えて、ストーカー行為をしてしまうのです。
当然、別れを選択した元カノからしてみれば、振った男性にしつこく迫られる事は迷惑以外の何物でもありません。
また、モテないからこそ女性へのアプローチの仕方が分からなくて、相手との距離感や相手が嫌がっているという感情が読み取れずに間違ったアプローチをしてしまって、それがストーカー行為になっている場合もあるでしょう。

(8)寂しがり屋の男性

ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴その8は、寂しがり屋の男性です。
寂しがり屋の男性もストーカーになってしまう可能性があります。
寂しがり屋の男性は、同時にかまってちゃんでもあるのです。
好きになった女性にかまって欲しくて、ストーカー行為をしてしまう男性もいる事を頭に入れておきましょう。
「好きな人から振り向いてもらえないし、相手にもされない・・・それは寂しいから、どうにかして自分の存在を意識してもらいたい!」という気持ちから、好きになった女性にかまって欲しくて、相手が嫌がっているにも関わらずしつこく迫ってしまうのです。
相手の女性から「もうやめてよ!」と怒られたとしても、「やっとかまってくれた!嬉しい!」という思考になる男性は立派なストーカーだと言えるでしょう。

(9)頑固な性格の男性

ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴その9は、頑固な性格の男性です。
頑固な性格の男性もストーカーになってしまう可能性があります。
ストーカーになってしまう男性は、柔軟な考え方が出来ない人が多いと言えます。
つまり、柔軟な考え方が出来ない頑固な性格の男性は、「こんな事をしたら相手が嫌がるかな?」「こんな事をしたら迷惑行為になってしまうかな?」という考えが出来なくて、視野が狭くなってしまっているのです。
だからこそ、相手が嫌がっていたとしても「俺のアプローチは間違っていないはずだ!」と頑なに自分の考えを改める事が出来ずに、結果的にストーカー行為をしてしまいます。
頑固な性格の男性は、人の意見も聞き入れる事が出来ないので余計にストーカー行為を助長してしまうと言えるでしょう。

(10)愛情に飢えている男性

ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴その10は、愛情に飢えている男性です。
愛情に飢えている男性もストーカーになる可能性を秘めています。
愛情に飢えている男性は、モテない男性と同じで女性から優しくされる事に慣れていません。
なので、ちょっとでも女性から優しくされるとそれを相手からの愛だと勘違いしてしまって、好きになってしまう場合があります。
そして、好きになった根本が「相手の女性も俺のことを好きだと思っている!」という勘違いからきているので、相手が嫌がるような態度や反応を見せても「照れ隠しかな?」「本当は俺のこと好きなんでしょ?」といったように、勘違いしたまま相手の女性に迫ってしまって、ストーカー行為をしてしまうのです。

(11)プライドが高い男性

ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴その11は、プライドが高い男性です。
プライドが高い男性も、ストーカーになる可能性を秘めていると言えるでしょう。
プライドが高いから、自分のアプローチが女性に受け入れてもらえない事が許せないのでしょうし、彼女に振られた現実を受け止められないのです。
「俺が女から振り向いてもらえないなんて事は有り得ない!」「振られてしまったのを認めたくない!」という捻じ曲がった考え方が、ストーカー行為に発展してしまうのでしょう。
そして、周囲の人からストーカー行為を指摘されたとしても、プライドが邪魔をして聞き入れません。
「そんなプライドなんて捨ててしまえばいいのに・・・」と思うでしょうが、本人にとっては譲れない部分なのでしょう。
自分のことをストーカーだと認められないのもこの手のタイプのストーカーの特徴だと言えます。

(12)人のせいにする男性

ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴その12は、人のせいにする男性です。
人のせいにする男性もストーカーになる可能性を秘めていると言えるでしょう。
何でもかんでも人のせいにする男性は、自分の非を認められません。
「俺は悪くない!〇〇のせいだ!」「こんな事をしてしまったのは〇〇が原因だから俺のせいじゃない!」といったように自分の非を認められず、人のせいにする男性はストーカー行為に関しても同じような発想をしてしまいます。
「あの子が振り向いてくれないから仕方ないんだ!」「俺のこと好きになってくれたら付きまとったりしない!」といったように、自分のストーカー行為を棚に上げて、相手の女性のせいにしてしまいます。
だから平気でストーカーという卑劣な行為が出来るのです。

(13)嫉妬心が強い男性

ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴その13は、嫉妬心が強い男性です。
嫉妬心が強い男性もストーカーになってしまう可能性があります。
相手の女性が嫌がっているのに付きまとってしまうのは、嫉妬心からきている可能性があるのです。
「他の男にあの子を取られたくない・・・!」「俺はあの子と付き合っていたんだぞ!」といったように、好きな人や元カノが他の男性と関りを持つ事に嫉妬してしまって、相手の女性が嫌がっていたとしてもしつこく迫ってしまうのです。
自分の嫉妬心を優先して行動している為、相手の女性が嫌がっているという事は考えられなくなっています。
そして、好きな子を自分のそばに置いておきたいという嫉妬心から相手の女性にしつこく迫ってしまい、その行為が悪いことだという自覚がない男性も多いと言えます。

(14)友達が少ない男性

ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴その14は、友達が少ない男性です。
友達が少ない男性もストーカーになってしまう可能性を秘めています。
友達が多ければ、自分自身のいきすぎた行動を友達の誰かが止めてくれるはずですが、友達が少なければ止めてくれる人がいない場合もあります。
なので、自分自身の行動がいきすぎていて、ストーカーになっている事に気付けずに突っ走ってしまうのです。
また、友達が多ければ、失恋したとしても慰めてくれたり気晴らしに付き合ってもらえる可能性も高いので、失恋相手の女性に対して粘着せずに未練を捨てる事も出来ます。
友達が少なくて、失恋の傷を上手に癒せないから未練を抱えてしまってストーカーになってしまう男性もいるのです。

(15)精神的に幼い男性

ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴その15は、精神的に幼い男性です。
精神的に幼い男性もストーカーになる可能性があります。
精神的に成熟していて、大人な考え方が出来るようになっていればストーカー行為はしないのです。
それは分別をつける事が出来て、善悪の区別をつける事が出来るからです。
しかし、精神的に幼い男性の場合はそれが出来ません。
だからストーカー行為をしてしまうのです。
また、精神的に幼いから一つのものに執着して、それが手に入らない状況にイライラしたり嫉妬したりして、手段を選ばず意地でも手に入れたいと自己中心的な考え方をしてしまいます。
精神的に幼い男性はストーカーになる可能性が高いので、アプローチしてきた男性や付き合う男性の見極めはしっかりと行うようにしましょう。

【3】ストーカー男への対処方法8つ

友達に話を聞く女性

ストーカーの被害に遭わないように、事前にストーカーになる可能性がある男性との関りを極力避けていたとしてもストーカーされてしまう事もあるでしょう。
実際にストーカーの被害に遭った時には、どのような対処をするのがベストなのかをここでは見ていきたいと思います。
間違った対処をしてしまうと、ストーカー行為がエスカレートしてしまう可能性がありますし、身の危険に繋がってしまう事もあるので気を付けなければいけません。
以下の対処方法を取る事によって、少しは状況が改善される場合がありますので、「ストーカーされているかも!?」と思った時は以下の対処方法を取るようにしてみてください。

(1)まだ付き合いが浅い状態ならすぐに関係を終わらせる

ストーカー男への対処方法その1は、まだ付き合いが浅い状態ならすぐに関係を終わらせるという方法です。
付き合いが浅い状態でストーカーをされてしまっているなら、すぐに関係を終わらせる事が理想だと言えます。
関係を終わらせようと思っても、しつこく付きまとわれてしまうかもしれませんが、断固として拒否する姿勢を示して冷たい態度を取り続ければ、自然とフェードアウト出来る可能性もあります。
ストーカーとは関わらない事が一番なので、まだ付き合いが浅い状態ならすぐに相手との関係を終わらせるようにしましょう。

(2)一人で行動しないようにする

ストーカー男への対処方法その2は、一人で行動しないようにするという方法です。
一人で行動しないようにするという事も非常に大切です。
一人で行動していると、ストーカーが接触しやすくなってしまいます。
何かされてもすぐに助けを呼べませんし、身の危険に繋がる場合もあるので、ストーカーされているかもしれないという状況であれば、絶対に一人で行動しないようにしましょう。
親といたり、友達や知り合いと常に一緒に行動するようにすれば、ストーカーは接触してくる隙がなくなるので、実際に被害に遭うリスクを減らせるでしょう。

(3)嫌だという気持ちを伝えれば分かってくれるとは思わないようにする

ストーカー男への対処方法その3は、嫌だという気持ちを伝えれば分かってくれるとは思わないようにするという方法です。
万が一、ストーカー本人に付きまとわれるのが嫌だという気持ちを伝えてしまったら、逆上させてしまう可能性もあります。
逆上はしなくても、自分勝手な解釈をされてしまう可能性もありますし、プラスに働く事はほぼ皆無です。
ストーカーは人の意見を聞かない人や、思い込みが激しい人が多いので、嫌だという気持ちを伝えたとしても相手には分かってもらえないのです。
気持ちを伝えれば分かってもらえるという考えは捨てて、断固拒否するという態度を取っていくべきだと言えます。

(4)勘違いさせるような言動はしないようにする

ストーカー男への対処方法その4は、勘違いさせるような言動はしないようにするという方法です。
ストーカーは思い込みが激しくて、すぐに勘違いしてしまう人が多いので、勘違いさせるような言動はしないようにするという事も大切でしょう。
勘違いさせるような言動をしてしまうと、ストーカー行為がエスカレートしてしまう可能性が高まるのです。
この人ストーカーかも!?と思い当たる節があれば、勘違いさせないようにする事も大切です。

(5)証拠を集めておくようにする

ストーカー男への対処方法その5は、証拠を集めておくようにするという方法です。
ストーカーされていると感じた時は、証拠を集めておく事も非常に大切になってきます。
証拠があれば、警察が動いてくれる場合もあるのでストーカーを罪に問う事が出来るのです。
ストーカーの証拠を集めるなんて心苦しいかもしれませんが、証拠がないと警察は動いてくれない事もありますので、ストーカーされているという証拠はしっかりと集めておきましょう。

(6)周囲に状況を話しておくようにする

ストーカー男への対処方法その6は、周囲に状況を話しておくようにするという方法です。
周囲に状況を話しておけば、万が一何かあったとしてもすぐに助けてくれる可能性が高くなるのです。
また、ストーカーされているという状況を周囲の人に知ってもらう事によって、ストーカー本人に対する抑止力になる場合もあります。
言いづらい事かもしれませんが一人で抱え込まずに周囲の人に状況を話しておく事も大切な事なのだと頭に入れておきましょう。

(7)友人や家族に相談する

ストーカー男への対処方法その7は、友人や家族に相談するという方法です。
友人や家族に相談する事によって、ストーカーからあなたの事を守ってくれる場合が殆どでしょう。
友人であれば出来る限り一緒にいるようにしてくれるでしょうし、親であればストーカーの被害を警察に相談してくれる場合もあります。
相談せずに自分一人で抱え込んでいても状況が悪化する事の方が多いので、ストーカーされているなら友人や家族には、いの一番に相談しましょう。

(8)警察に相談する

ストーカー男への対処方法その8は、警察に相談するという方法です。
実際にストーカー被害を受けたり、ストーカーの証拠が集まっているなら警察に相談しましょう。
被害を受けていない状態や証拠がない状態で警察に相談しても動いてもらえないかもしれませんが、実際にストーカー被害を受けていたり証拠が集まっているなら警察も動いてくれる場合が多いです。
また、被害や証拠がなかったとしても警察に相談したという事をストーカー本人が知れば、「やばい・・・」と感じてストーカー行為を辞めてくれる可能性もありますので、抑止力になる場合もあります。

【まとめ】

 

 

今回は、ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴、そしてストーカー男のタイプやストーカー男への対処方法を紹介してきましたがいかがでしたか?
実際にストーカー被害に遭うと怖い思いをするでしょうし、周りにも相談しにくい内容だとは思います。
しかし、一人で抱え込んでしまっていても状況が改善される可能性は低いですし、ストーカー相手に何を言っても無駄である場合が殆どです。
しっかりと周りに相談したり、誰かの助けを求める事でストーカーから自分自身を守る事が出来るので、もしストーカーの被害に遭った場合は迷わず誰か周囲の人を頼りましょう。
また、ストーカーになりやすい男性の性格(気質)や特徴は今回紹介してきた通りなので、ストーカーになる可能性を秘めている男性とは出来るだけ関わらないようにするという事も大切になってきます。
そして今回の記事を目にした男性は、自分自身を振り返ってみてストーカーになる可能性があるかどうかを今一度確認してみてください。
ストーカー行為は犯罪なので、相手だけでなく自分自身を苦しめる結果にもなるのです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事