《復讐・仕返し》許せない相手に自分が望む天罰を与えるおまじない5選!

復讐

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回はブログ読者の皆さんからご報告頂いた、実際試して復讐や仕返しに効果があった、許せない相手に天罰を与えるおまじないをシェアさせて頂きます。

「浮気をされた挙句、捨てられてしまった元恋人」「セクハラの酷い上司や同僚」「パワハラをしてくる上司」「裏切り行為をした元友人」「過干渉の姑」などなど、心の奥底で憎く感じていて許せないと思っている相手がいる人も多いのではないでしょうか。
周囲の殆どの人と仲良く出来ていたり、人間関係を円滑に築き上げる事が出来ている人でも、思い返してみれば1人や2人、許せない相手が心の中にいる人も多いと思います。
そして、相手に対する憎しみが増せば増すほど、「許せない相手に復讐したい!!」「あの人のこと許せないから仕返ししたい!!」という感情が芽生えてくる事もありますよね。
しかし、許せない相手が上司や同僚など日常生活で頻繁に関わりを持つ人であったり、姑などの関わりが深い人であれば、直接復讐したり仕返ししてしまうと、トラブルに発展してしまうケースの方が多いと思います。
また、元恋人や元友人など、既に関わりが無くなってしまっている相手に対しては、復讐や仕返しをしたくても、復讐や仕返しの手段がないという場合も多いでしょう。
どちらの場合であっても、許せない相手に復讐や仕返しをしようと思っても、直接復讐や仕返しが出来なくて、泣き寝入りしたり我慢したりするしかないケースも多々ありますよね。
そんな時は、ぜひ、おまじないの力に頼ってみましょう。
許せない相手に天罰を与えるおまじないを試す事によって、憎くて許せないと思っていた相手に間接的に復讐や仕返しが出来る事もあるのです。
実際に、ブログ読者の方々からも「勤めていた会社にセクハラが酷い上司がいたんです。最初は我慢していたんですけど、段々と許せなくなってきてしまって・・・かといって、直接私が復讐や仕返しをしたら、大問題に発展する事は目に見えていましたから、何も出来ずにいました。そんな時、許せない相手に天罰を与えるおまじないの存在を知ったので、試してみたんです。そしたら、セクハラが酷い上司が他の人へのセクハラがバレて左遷されたので、きっとおまじないの力で天罰が下ったんだと思います。」「私、結婚を意識していた彼氏に浮気をされて、酷い捨てられ方をしてしまったんです。当時は悲しかったし、落ち込みましたけど、段々とその元彼に対して怒りが込み上げてきて、復讐しようと決心しました。だけど、連絡先を消してしまっていて復讐するにも連絡手段が無くて八方塞がりだったんです。そんな時、友達から許せない相手に天罰を与えるおまじないを教えてもらったので試してみたら、数ヶ月経ってから風の噂で元彼が酷い目に遭ったと聞いたので、きっとおまじないで天罰が下ったんだと思います。」という体験談や報告を沢山頂いています。
そこで今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、許せない相手に天罰を与えるおまじないを紹介していきたいと思いますので、許せない相手がいる人は、ぜひこの記事で紹介するおまじないを試してみてください。
ただ、おまじないの効果には相性があります。
いくつか許せない相手に天罰を与えるおまじないをご紹介しますので、試してみたおまじないの効果を実感出来なかった場合でも諦めずに、掲載されている他のおまじないも試してみましょう。

【許せない相手に自分が望む天罰を与える事が出来る!!人形を使った強力なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)許せない相手と同じ性別の人形(出来れば布製の人形)

(2)紫色の折り紙

(3)黒色のペン

(4)針or釘

(5)黒色のビニール袋

(6)黒色の紐

★おまじないの方法★

(1)まず、紫色の折り紙と黒色のペンを用意しましょう。

(2)紫色の折り紙と黒色のペンを用意したら、紫色の折り紙の裏面に黒色のペンで、あなたが許せない相手に与えたい天罰を書いてください。
どんな事を書いて頂いても構いませんが、命に関わるような内容を書いてしまうと取り返しがつかない事態になってしまう可能性もありますので、命に関わるような内容は避けましょう。

(3)紫色の折り紙の裏面に黒色のペンで、あなたが許せない相手に与えたい天罰を書き終えたら、その折り紙は一旦横に置いておき、許せない相手と同じ性別の人形を用意してください。

(4)許せない相手と同じ性別の人形を用意したら、その人形を両手でギュッと握り締めましょう。

(5)許せない相手と同じ性別の人形を両手でギュッと握り締めたら、人形のことを許せない相手本人だというイメージをしっかりと持ち、あなたの憎しみを人形に込めてください。

(6)許せない相手に対するあなたの憎しみを人形に込めたら、針or釘を用意しましょう。

(7)針or釘を用意したら、先ほどあなたが許せない相手に与えたい天罰を書いた折り紙を針or釘で人形に刺してください。
この時も、許せない相手に対するあなたの憎しみを込めながら針or釘を人形に刺しましょう。

(8)針or釘を使って、与えたい天罰を書いた折り紙を人形に刺し終えたら、黒色のビニール袋を用意してください。

(9)黒色のビニール袋を用意したら、その中に人形を入れましょう。

(10)黒色のビニール袋の中に人形を入れたら、黒色の紐を用意して、黒色の紐でビニール袋の口をしっかりと縛ってください。

(11)黒色のビニール袋の口を黒色の紐でしっかりと縛ったら、そのビニール袋を自宅の中で北東の方角に置いておきましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用する人形は、許せない相手と同じ性別の人形を用意しましょう。
許せない相手が男性だった場合は男性の人形を、許せない相手が女性だった場合は女性の人形を用意してください。
また、針or釘を刺す必要がありますので、布製の人形が理想的です。
プラスチック製の人形でも針or釘を刺せれば問題ありませんが、針or釘が刺せない人形だった場合、おまじないを最後まで行えませんので、出来れば布製の人形を用意しましょう。

(2)紫色の紙に黒色のペンで、あなたが許せない相手に与えたい天罰を書く時は、許せない相手に対する憎しみを込めながら書きましょう。
ただし、あまりにも酷い内容は書かないように気を付けてください。
「車に轢かれる」「通り魔の被害に遭う」といったような命に関わるような内容を書いてしまうと、それが現実になった時に取り返しのつかない事になってしまいますので、命に関わる内容は書かないようにしましょう。

(3)人形を両手でギュッと握り締めて、許せない相手本人だというイメージを持ちながら、あなたの憎しみを込める時は、しっかりとあなたの憎しみを込めるようにしましょう。
ここで強い気持ちを込めれば込めるほど、おまじないの効果が高まります。

(4)針or釘で、与えたい天罰を書いた折り紙を人形に刺す時も、許せない相手に対するあなたの憎しみをしっかりと込めるようにしましょう。

(5)人形を入れた黒色のビニール袋は、必ず自宅の中で北東の方角に置いてください。
北東の方角は、風水で鬼門と言われる方角になり、鬼の通り道だと言われています。
その方角に置く事によって、人形、つまり許せない相手本人に悪い事が起こりやすくなり、天罰が下るようになりますので、必ず北東の方角に置きましょう。

【白色のろうそくを使って許せない相手に天罰を与える!!復讐や仕返しに効果抜群なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)白色のろうそく

(2)ライターorマッチ

(3)ろうそく立て

(4)灰皿

(5)黒色の折り紙2枚

(6)黒色のペン

(7)はさみ

★おまじないの方法★

(1)まず、黒色の折り紙1枚とはさみを用意しましょう。

(2)黒色の折り紙1枚とはさみを用意したら、黒色の折り紙をはさみで人の形に切ってください。

(3)黒色の折り紙をはさみで人の形に切ったら、黒色のペンを用意しましょう。

(4)黒色のペンを用意したら、人の形に切った折り紙の表の面(色がついている方)に黒色のペンで許せない相手の名前を書いてください。

(5)人の形に切った折り紙の表の面に黒色のペンで許せない相手の名前を書き終えたら、今度は裏面にどんな天罰を与えたいのかを書きましょう。

(6)人の形に切った折り紙の表の面に許せない相手の名前を書いて、裏面にどんな天罰を与えたいのかを書き終えたら、もう1枚の黒色の折り紙を用意して、その折り紙の裏面に黒色のペンで円を書き、円の中に五芒星を書いてください。

(7)ここまでの工程を終えたら、白色のろうそくとろうそく立てを用意して、ろうそく立てに白色のろうそくを立てましょう。

(8)白色のろうそくをろうそく立てに立てたら、先ほど円の中に五芒星を書いた折り紙の中心に、ろうそく立てを置いてください。

(9)円で囲った五芒星の中心にろうそく立てを立てたら、ライターorマッチを用意して、ろうそくに火を灯しましょう。

(10)ろうそくに火を灯したら、「〇〇(許せない相手の名前)よ、地獄の業火でその身を焼かれ、天罰を受けよ!!」と声に出して唱えてから、人の形に切った折り紙をろうそくの火で燃やしてください。

(11)人の形に切った折り紙にろうそくの火が燃え移ったら、灰皿の上に置いておき、完全に燃え尽きるまで待ちましょう。

(12)人の形に切った折り紙が完全に燃え尽きたら、その灰をゴミ箱に処分してください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)黒色の折り紙をはさみで人の形に切る時は、許せない相手の体型に出来るだけ似せて切りましょう。
そうする事によって、おまじないの効果が高まります。
太っている相手であれば胴体を太く、身長の高い相手であれば胴体を長く、といったように特徴を捉えて切って頂ければ問題ありません。

(2)人の形に切った折り紙に黒色のペンで、許せない相手の名前を書く時や与えたい天罰を書く時は、許せない相手のことをイメージしながら、憎いという気持ちを込めて書きましょう。
また、許せない相手の名前はフルネームで書いてください。

(3)もう1枚の折り紙に黒色のペンで、円を書いて円の中に五芒星を書く時は、折り紙一面に大きく書いてください。
そして、出来るだけ丁寧に書きましょう。
雑に書いてしまうと、おまじないの効果が弱まってしまいますので、気を付けてください。

(4)ろうそくの火で、人の形に切った折り紙を燃やす時は、許せない相手に天罰を与えたいという気持ちを強く込めながら、人の形に切った折り紙を燃やしましょう。
また、「〇〇(許せない相手の名前)よ、地獄の業火でその身を焼かれ、天罰を受けよ!!」と声に出して唱える時も、気持ちを込めて唱えてください。
強い気持ちを込めれば込めるほど、おまじないの効果が高まります。

(5)折り紙を燃やした灰は、出来るだけその日のうちにゴミ箱に捨てて処分してしまいましょう。
処分するまでに日数を掛けてしまうと、おまじないの効果が弱まってしまいますので、気を付けてください。

【出来るだけ早く許せない相手に天罰を与えたいならコレ!!写真を使った即効性のあるおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)許せない相手が写っている写真

(2)黒色のペン

(3)白色の紙

(4)ブラックペッパー

(5)黒色のビニール袋

★おまじないの方法★

(1)まず、許せない相手が写っている写真と黒色のペンを用意しましょう。

(2)許せない相手が写っている写真と黒色のペンを用意したら、許せない相手が写っている写真の裏面に黒色のペンで、許せない相手の名前や生年月日、血液型など分かっている個人情報を書き出してください。
生年月日や血液型を把握していなければ、名前だけ書いて頂ければ問題ありませんが、生年月日や血液型を書いた方がおまじないの効果が高まりますので、把握しているなら書きましょう。

(3)許せない相手が写っている写真の裏面に黒色のペンで、許せない相手の名前や生年月日、血液型を書き終えたら、その写真は一旦横に置いておいてください。

(4)次に、白色の紙を用意しましょう。

(5)白色の紙を用意したら、黒色のペンを使って白色の紙に、許せない相手に対してどんな天罰を与えたいのかを書き出してください。

(6)許せない相手に対してどんな天罰を与えたいのかを白色の紙に書き出したら、黒色のビニール袋を用意して、そのビニール袋の中に紙を入れましょう。

(7)黒色のビニール袋の中に、許せない相手に対してどんな天罰を与えたいのかを書き出した紙を入れたら、先ほどの写真を手元に用意して、その写真を手でビリビリに破り、破った写真を黒色のビニール袋の中に入れてください。
写真を破る時は、許せない相手に対する憎しみを込めて、破りましょう。

(8)ここまでの工程を終えたら、黒色のビニール袋の中にブラックペッパーを適量入れてください。
量は、お好きなだけ入れて頂ければ構いません。

(9)黒色のビニール袋の中に、どんな天罰を与えたいのかを書き出した紙とビリビリに破った写真、そしてブラックペッパーを入れ終えたら、ビニール袋の口をしっかりと縛りましょう。

(10)ビニール袋の口をしっかりと縛ったら、両手でギュッと押しつぶすくらいの力を込めて、ビニール袋を握り締めてください。

(11)そして、「〇〇(許せない相手の名前)に天罰を与えたまえ・・・〇〇(許せない相手の名前)に天罰を与えたまえ・・・〇〇(許せない相手の名前)に天罰を与えたまえ・・・」と3回、声に出して唱えましょう。

(12)唱え終わったら、黒色のビニール袋をゴミとしてその日のうちに処分してください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)このおまじないには、許せない相手が写っている写真が必要になりますので、何とかして手に入れましょう。
同僚や上司であれば飲み会などの時に写真を撮ったり、姑であれば機会を作って写真を撮ってください。
元恋人や元友人であれば、過去の写真から元恋人や元友人が写っている写真を探してみましょう。

(2)写真の裏面に黒色のペンで、許せない相手の名前や生年月日、血液型などを書く時は、分かっている情報は全て書き出しましょう。
住所や電話番号なども書いて頂いて構いません。
許せない相手の情報を細かく書けば書くほど、おまじないの効果が高まりますので、把握している情報は全て書き出しましょう。

(3)写真をビリビリに破る時は、必ずあなたの手で破りましょう。
手で破る事によって、あなたの念を破いた写真に込める事が出来ますので、おまじないの効果が高まります。
手を使わずにはさみなどで写真を破ってしまうと、おまじないの効果を期待出来ない可能性がありますので、必ず手を使って破いてください。

(4)どんな天罰を与えたいのかを書いた紙と、破った写真、そしてブラックペッパーを入れた黒色のビニール袋を両手で握り締めるように持つ時は、力を込めてギュッと握り締めましょう。
また、「〇〇(許せない相手の名前)に天罰を与えたまえ・・・〇〇(許せない相手の名前)に天罰を与えたまえ・・・〇〇(許せない相手の名前)に天罰を与えたまえ・・・」と3回、声に出して唱える時は、許せない相手に対する憎しみをしっかりと込めながら唱えてください。

(5)おまじないで使用したビニール袋は、必ずその日のうちにゴミとして処分しましょう。
その日のうちに処分しないと、おまじないの効果が正常に現れませんので、気を付けてください。

【水溶紙を使って簡単に出来る!!許せない相手に天罰を与える事に効果抜群なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)水溶紙

(2)黒色の水性ペン

(3)コップ

(4)ミネラルウォーター

(5)塩

(6)お酢

★おまじないの方法★

(1)まず、水溶紙と黒色のペンを用意しましょう。

(2)水溶紙と黒色のペンを用意したら、水溶紙に黒色のペンで許せない相手の名前をフルネームで書いてください。

(3)水溶紙に黒色のペンで許せない相手の名前をフルネームで書き終えたら、コップにミネラルウォーターを注ぎましょう。

(4)コップにミネラルウォーターを注いだら、その中にお酢と塩をそれぞれ大さじ一杯程度入れてください。

(5)コップに注いだミネラルウォーターの中にお酢と塩をそれぞれ大さじ一杯程度入れたら、良くかき混ぜましょう。

(6)ここまでの工程を終えたら、コップの口に両手を添えて、目を閉じ、「〇〇(許せない相手の名前)に天罰を与える毒と変貌せよ・・・!!」と念じてください。

(7)念じ終わったら、コップの中に許せない相手の名前を書いた水溶紙を入れましょう。

(8)そして、コップの中で水溶紙が完全に溶けたら、コップを持って外へ出て、外でコップの水を撒いて処分してください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)水溶紙には、許せない相手の名前をフルネームで書きましょう。
フルネームで書かないとおまじないの効果が正常に現れませんので、気を付けてください。

(2)このおまじないの最大のポイントは、コップの口に両手を添えて、目を閉じ、「〇〇(許せない相手の名前)に天罰を与える毒と変貌せよ・・・!!」と念じる工程です。
ここで強く念じれば念じるほど、おまじないの効果が高まりますので、強い気持ちを込めて念じましょう。

(3)コップの水を処分する時は、必ず外に出て、外に水を撒いて処分してください。
自宅の中のシンクやお風呂場、トイレには流さないようにしましょう。

【許せない相手に天罰を与える事が出来る!!生肉を使った強力なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)生肉

(2)肉たたき

(3)ストックバッグ

(4)紙

(5)ペン

★おまじないの方法★

(1)まず、紙とペンを用意して、紙にペンで許せない相手の名前を書きましょう。

(2)紙に許せない相手の名前を書き終えたら、生肉と肉たたきを用意してください。

(3)生肉と肉たたきを用意したら、許せない相手の名前を書いた紙の上に生肉を置いて、肉たたきで何度も叩きましょう。
許せない相手に対する憎しみを込めながら、力強く叩いてください。

(4)生肉を肉たたきで叩き終わったら、紙と一緒にストックバッグの中に入れて密閉しましょう。

(5)生肉と紙をストックバッグに入れて、密閉したら、ストックバッグに手を添えながら、許せない相手に与えたい天罰をイメージしてください。

(6)与えたい天罰をイメージし終えたら、ストックバッグを数日常温で放置して、生肉を腐らせましょう。

(7)生肉が腐ったら、生ごみとして処分してください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用する生肉は、ステーキ用などの大き目の肉を用意してください。
肉たたきで叩く事が出来る大きさの生肉を用意しましょう。

(2)生肉を肉たたきで叩く時は、力強く憎しみを込めながら叩きましょう。
そして、叩いた生肉をストックバッグに入れた後に、ストックバッグに手を添えて与えたい天罰をイメージする時は、出来るだけ具体的に天罰の内容をイメージしてください。
具体的にイメージすればするほど、おまじないの効果が高まります。

(3)ストックバッグに入れた生肉は、必ず腐るまでは常温保存しておきましょう。
匂いが気になる人は、ストックバッグを何重にも重ねて頂いても構いません。
腐らせてから処分しないと、おまじないの効果が期待出来ませんので、腐る前に処分してしまわないように気を付けましょう。

★まとめ★

 

 

今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、許せない相手に天罰を与えるおまじないを紹介してきましたがいかがでしたか?
許せないほど憎い相手がいるなら、その相手に復讐や仕返しをしたいという気持ちを抱いても仕方がないと言えるでしょう。
しかし、相手に直接復讐や仕返しをしてしまうと、大抵の場合がトラブルに発展しますし、逆恨みされた相手から更なる復讐や仕返しをされてしまうリスクもあります。
だからこそ、許せない相手に復讐や仕返ししたいと考えた時は、おまじないの力に頼ってみてください。
おまじないの力で天罰を与えれば、相手にはあなたが手を加えたという事もバレませんし、穏便に復讐や仕返しを成功させる事が出来ます。
この記事で紹介してきた許せない相手に天罰を与えるおまじないは、どれも強力な効果を期待出来るものになっていますので、許せない相手に復讐や仕返ししたいと思った時は、ぜひ試してみましょう。
ただし、どれも強力な効果を期待出来るからこそ、安易な気持ちや冗談半分では行わないように気を付けてくださいね。

関連記事