1. HOME
  2. ブログ
  3. 【好きな人が冷たい】男性が塩対応する理由&良くある原因7つと対処方法!

【好きな人が冷たい】男性が塩対応する理由&良くある原因7つと対処方法!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

好きな人とこれまでは普通に接していたのに急に態度が冷たくなった・・・なんて事を経験した女性は多いかもしれません。
こちらからしてみれば、「どうして急に冷たくなったの?」「嫌われた?」「嫌われるような事はしていないつもりだけれど・・・」と思って、モヤモヤした気持ちを抱いてしまうでしょう。
今までは仲良くしていたのに、急に男性が冷たい態度になって塩対応をしてしまうのには原因や理由が必ずあります。
しかし、その理由は必ずしも嫌いになったからというものではありません。
むしろ逆のパターンもあり得るのです。
今までは普通に接してくれていたのに男性が急に塩対応になって態度が冷たくなる理由や原因っていったい何なのでしょうか。
今回は、男性が急に塩対応になって態度が冷たくなる理由や原因、そして急に態度が冷たくなった時の対処方法を紹介していきたいと思います。
また、好きな人が冷たい態度を取っている時にやってはいけない事も併せて紹介していきますので、そちらも参考にしてみてください。

目次

【1】好きな人が急に冷たい態度を取って塩対応をする理由や原因

好きな人が急に冷たい態度になったら、不安になってしまう女性の方が多いと思います。
嫌われたと考えてしまって、今までのように接する事が出来なくなってしまう場合も多いのではないでしょうか。
しかし、男性が急に冷たい態度を取って塩対応をする理由や原因は、相手の事が嫌いになったからというものだけではありません。
むしろその逆で、相手に好意を持っている事に自分で気付いてしまったからあえて塩対応をしている男性もいるのです。
もちろん、その他にも理由や原因はありますので、男性が急に冷たい態度を取って塩対応をしてしまう理由や原因をここで見ていきたいと思います。
彼がどのタイプの男性なのか、よく原因を考えてみてくださいね。

(1)自分の気持ちを悟られたくないから

男性が急に冷たい態度になって塩対応をする理由や原因の一つ目は、自分の気持ちを悟られたくないからだと考えられます。
これまでは普通に接していたのに、急に冷たい態度になったのは、彼があなたに対する自分の好意に気付いた可能性があります。
好きという感情に気付く前は普通に接していたかもしれませんが、いざ好きという自分の感情に気付いてしまったらその気持ちを周りの人や、あなたに悟られたくなくてわざと冷たい態度を取ってしまっている事が考えられるのです。
こちらからしてみれば、「好きになってくれたなら冷たくしなくても良いのに・・・」と思うかもしれませんが、男性は自分の好意を相手に悟られたり周囲の人間に知られることをはずかしく思う人が多いので、悟られないように冷たい態度を取ってしまうのでしょう。
冷たい態度を取って、塩対応をしてしまうのは男性の好意の裏返しなのです。
このパターンは嫌われたのとは正反対なので、心配する必要は一切ありません。

(2)相手の女性のことが好きで気を引きたいから

男性が急に冷たい態度になって塩対応をする理由や原因の二つ目は、相手の女性のことが好きで気を引きたいからだと考えられます。
好きな人の気を引きたくて、わざと冷たい態度を取っている可能性があるのです。
これまでは普通に接してくれていたり、優しくしてくれていたのは好意を持っていたからかもしれません。
しかし、これまで普通に接していても優しくしていても、あなたからの好意を感じられなくて、押してもダメなら引いてみようという心理の元、冷たい態度を取って塩対応をしている可能性が考えられるのです。
いわゆる、男性なりの駆け引きだと言えるでしょう。
また、「これだけ必死にアピールしていたのに、その気持ちに気付いてくれないなら他の人に行っちゃうよ?」という気持ちが隠されていたりもします。
この場合は、あなたも鈍感であった可能性が考えられます。
彼が必死になってあなたにアプローチを掛けていたのに、そのアプローチにあなたが気付けず、彼に対する好意を示してあげていなかったからこのような態度を彼が取っているのです。

(3)嫉妬してしまっているから

男性が急に冷たい態度になって塩対応をする理由や原因の三つ目は、嫉妬してしまっているからだと考えられます。
突然冷たい態度を取って、塩対応になった背景には彼の嫉妬心が隠されている場合があるのです。
あなたは、好きな彼以外にも他の男性と仲良くしていたりしませんか?
もし他の男性とも仲良くしていて、彼の前で仲良さそうに話をしている機会が多いようでしたら、嫉妬されてしまっている可能性も考えられるでしょう。
この場合は、彼もあなたに対して好意を持っている可能性が高いですし、「俺とだけ仲良くしていて欲しいのに・・・」という嫉妬心から、冷たい態度を取ってしまうようになったのだと考えられます。
「他の男性と仲良くしているのは、あくまでも友達としてだから」とあなたは思うかもしれませんが、彼からしてみればあなたのその気持ちまで把握しているわけではないので、他の男性と仲良くしている事に嫉妬してしまうのでしょう。

(4)彼のプライドが高いから

男性が急に冷たい態度になって塩対応をする理由や原因の四つ目は、彼のプライドが高いからだという事が考えられます。
プライドが高い男性は、好きな人が出来たとしても自分の相手に対する好きという感情をなかなか受け入れようとしない人が多いです。
そして好きになってしまったら負けだと思っている人が多いと言えます。
自分が好きになるよりも、相手に好きになってもらいたいと思っているのです。
要するに恋愛において自分で主導権を握りたいと考えているのがプライドの高い男性です。
それ故に、必死に自分の相手に対する好意を隠そうとして冷たい態度を取ってしまうのでしょう。
また、冷たい態度を取って塩対応をする事によって、相手から追ってもらいたいと考えている場合もあります。
もしもあなたの好きになった男性が、プライドの高い男性であればこのタイプである可能性が高いと言えるでしょう。

(5)怒っているから

男性が急に冷たい態度になって塩対応をする理由や原因の五つ目は、怒っているからという理由が考えられます。
冷たい態度を取るようになって、塩対応するようになったキッカケにあなたに対する怒りを覚えている可能性もあるのです。
何が原因であなたに対する怒りを覚えたのかは、あなたと彼との間の問題なので自分で考える必要がありますが、相手が怒っている可能性がある以上は、誠心誠意を持って謝罪する必要があるでしょう。
また、難しい問題として相手が怒っている場合だと、相手に理由を聞いても話してくれないという事が考えられます。
こちらとしては「怒っているならその理由をきちんと話して欲しい・・・」「話してくれなきゃ分からない・・・」と思うかもしれませんが、怒っている側からしてみれば「察して欲しい。」と思っている場合が多いのです。
もしも、相手を怒らせてしまったかもしれないと思い当たる節があるなら、まずは真剣に謝って彼の機嫌を直してもらう事から考えた方が良いでしょう。

(6)嫌いになったから

男性が急に冷たい態度になって塩対応をする理由や原因の六つ目は、嫌いになったからという理由が考えられます。
嫌いになったからという理由は受け入れたくないかもしれませんが、可能性としては十分あり得るので、楽観視はしない方が良いでしょう。
「今までは優しかったのに・・・」「普通に接してくれていたのに・・・」と思うかもしれませんが、何をキッカケに嫌われてしまうかは分かりません。
彼が許せないと思う行動を知らない間にあなたが取ってしまった可能性はありますし、嫌いになられてしまったら関係を修復していくのは困難でしょう。
また、「嫌いではないけれど好きにはなれないから・・・」という理由も同時に考えられます。
相手が、あなたの好意に気付いてしまった場合、嫌いではないけれど好きにはなれないから冷たくしようと思う男性も中にはいるでしょう。
曖昧な態度を取ってしまって、期待されるよりも冷たくして諦めてもらおうという男性なりの優しさの可能性もあります。

(7)他に好きな人や恋人が出来たから

男性が急に冷たい態度になって塩対応をする理由や原因の七つ目は、他に好きな人や恋人が出来たからという理由が考えられます。
こちらも悲しい理由ですが、他に好きな人や恋人が出来た途端に冷たい態度を取ってしまう男性はいます。
これまで優しく接してくれていたのは、好きな人もいないし恋人もいなくてフリーの状態だったからだという可能性も大いにあるでしょう。
一途な男性は、好きな人や恋人が出来ると「好きな人に誤解されたくない・・・」「恋人を裏切りたくない・・・」という気持ちを強く持って、他の女性には冷たい態度を取り始める可能性が高いです。
これまではあなたを含め誰にでも優しかった彼が、あなたや他の人には冷たい態度を取っているけれど、ある一人の女性に対しては優しく接しているようであれば、彼はその女性のことを好きになったか恋人関係になった可能性が考えられます。

【2】好きな人が冷たい態度になって塩対応をする時の対処方法

好きな人が急に冷たい態度を取り始めて塩対応になってしまった時、どんな対処方法を取れば良いのか悩む人も多いかもしれません。
理由や原因を考えて、適切な対処方法を取らないと嫌われてしまったわけでないのに嫌われてしまう可能性もありますので、好きな人が冷たい態度になった時は慎重に対処をしなければいけません。
対処方法を試す前に、まずは好きな人が何故冷たい態度になったのか原因や理由をしっかりと考えてみましょう。
その上で、ここで紹介する対処方法を試してみてください。

(1)普段通りに接する

好きな人が冷たい態度になって塩対応をする時の対処方法その1は、普段通りに接する事です。
これまでは普通に接してくれていたり、優しかった彼が急に冷たい態度を取るようになって塩対応をするようになった時は、これまでのように普段通りに接してみましょう。
仕事でうまくいっていなかったり、あなたとは関係ない所でイライラしてしまっていて、ついあなたに対して当たってしまい冷たい態度を取ってしまっている可能性もあります。
そういう時には、普段通りにこちらが接してあげる事で、その内、彼の気持ちも落ち着いてきますし、元通りの態度に戻ってくれる場合もあるのです。
あなたに対して彼が好意を持っていて、好意の裏返しで冷たい態度を取っている場合も、普段通りにあなたが接する事であなたのその態度に安心して、彼の態度が元通りになる可能性もあります。
下手に詮索したりせずに、普段通りに接する事で彼の態度が元通りになる可能性は十分ありますよ。

(2)冷たい態度を取る理由を直接聞いてみる

好きな人が冷たい態度になって塩対応をする時の対処方法その2は、冷たい態度を取る理由を直接聞いてみる事です。
ストレートな方法ですが、一番問題が解決するのが早い対処方法だと言えます。
しかし、場合によっては彼が素直に理由を答えてくれない可能性もあるので、それは予め念頭に置いておきましょう。
また、冷たい態度を取る理由を聞く時もあからさまに聞くのではなく、あくまでもさりげなく聞いてみてください。
あからさまに聞くと警戒されてしまう事がありますし、理由を偽られたり、冷たくなんてしていないと誤魔化されたりしてしまう可能性もあります。
神妙な面持ちで「どうして冷たくするの?」と聞くよりも、明るい表情や態度で「最近冷たく感じるけど、何かあったの?」とあっけらかんとして聞いてみましょう。
その方が彼の本音を聞き出しやすいです。
あと、なかなか理由を言ってくれないからといってしつこく問いただすような事はしないように気を付けましょう。
しつこくすると嫌われてしまう可能性の方が高くなってしまいます。

(3)自分の今の気持ちを正直に伝える

好きな人が冷たい態度になって塩対応をする時の対処方法その3は、自分の今の気持ちを正直に伝える事です。
好きな人から冷たい態度を取られて塩対応されてしまったら、悲しくて辛いですよね?
その気持ちを相手に正直に伝えてみましょう。
そうする事で、改善される可能性があります。
しかし、この対処方法を試みる際には遠回しな言い方をしてしまうと相手に伝わらない可能性があるので、思っている事はきちんと伝えるようにしましょう。
そして、相手からどんな事を言われても受け止める覚悟を持って自分の気持ちを伝えるようにしてください。
場合によっては、あなたに非があって相手が冷たい態度を取っていたなら、その事を指摘されてしまうかもしれません。
また、想像もしていない酷い言葉を言われてしまう事もあるでしょう。
しかし、逆に言えばそれで相手の気持ちを知る事が出来ますし、酷い言葉を投げかけられずに元通りの優しい彼に戻ってくれたなら、あなたに対する好意の裏返しで冷たくしていたという裏付けにもなります。

(4)告白する(相手が好意を持っている場合限定)

好きな人が冷たい態度になって塩対応をする時の対処方法その4は、告白する事です。
ただし、この方法は相手があなたに対して好意を持っている事がハッキリと分かっている場合のみにした方が良いでしょう。
相手が好意を持っているかどうか分からないという状況で告白をしても、成功する可能性はありますが失敗する可能性もあります。
失敗しても想いを伝えたいという場合は、玉砕覚悟で告白をするのも一つの手段ですが、振られた場合の事はしっかりと考えておきましょう。
ただ、相手の好意がハッキリとしている場合は、告白する事によって交際に発展させる事が出来ますし、冷たい態度はその瞬間に改善されるはずです。

(5)落ち込んでいる様子を見せる

好きな人が冷たい態度になって塩対応をする時の対処方法その5は、落ち込んでいる様子を見せる事です。
好きな人から冷たい態度を取られてしまったら、誰しも落ち込みますよね?
落ち込んでいる様子を彼に見せる事によって、態度が改善される場合があります。
あなたの事が嫌いになったり、あなたに対して怒っている場合は落ち込んだ様子を見せても態度は変わらないかもしれませんが、それ以外の理由で冷たい態度を取っている場合は彼の態度が変わる可能性があります。
彼の態度の変化によって、原因を憶測する事も出来ますし、冷たい態度が改善されたら嫌われたり、怒っていたわけではないという事が分かるのです。
優しい態度に戻ってくれたなら問題は解決したでしょうし、態度が変わらないなら嫌われたか怒っているかのどちらかの可能性が高いので、謝罪をきちんとしないといけないという事が分かるでしょう。

【3】会うと普通なのに何故かLINEでは冷たい・・・その理由と対処方法

LINE

会っている時は普通の態度なのに、LINEだけは態度が冷たいという男性もいるでしょう。
たとえ会っている時は優しくて普通の態度を取ってくれていたとしても、LINEで冷たい態度を取られてしまうと悲しくなりますし、不安にもなりますよね。
しかし、会っている時は普通の態度でもLINEでは冷たい態度になってしまう男性は一定数いるのが現実です。
何故、LINEでは冷たい態度になってしまう男性がいるのでしょうか。
その理由と対処方法をここで紹介していきたいと思いますので、彼がLINEでは冷たいという場合は以下を参考にしてみてください。

(1)忙しいから

会うと普通なのにLINEの態度が冷たい理由の一つ目は、忙しいからという理由が考えられます。
基本的に男性は忙しいと、LINEやメールなどの連絡ツールでの対応は疎かになります。
仕事などの連絡にはきちんと返す男性は多いですが、プライベートの連絡では適当になってしまう男性が多いのです。
忙しいから適当になってしまっていて、冷たい態度に感じるだけであって、決して彼はあなたに対して冷たい態度を取ろうと思っているわけではありません。
この理由でLINEの態度が冷たい場合の対処方法は、彼も意図的に冷たくしようとしているわけではないので、問い詰めたり冷たいという事に極力触れないようにしましょう。
そんなつもりがないのに、「態度が冷たい・・・」なんて言われたら、疎ましく感じてしまう男性もいます。
また、LINEを送りすぎるのも避けた方が良いでしょう。
忙しい時に何度も何度もLINEをされたら鬱陶しく感じられてしまっても仕方ありません。

(2)疲れているから

会うと普通なのにLINEの態度が冷たい理由の二つ目は、疲れているからという理由が考えられます。
疲れている時にLINEで些細な話をされても真面目に返信する気持ちにはなれない男性が多いです。
LINEの返信を後回しにされてしまう事だってあるでしょう。
それを冷たいと感じてしまう気持ちは分からなくもないですが、相手が疲れているのだという事をしっかりと理解してあげるようにしましょう。
この場合の対処方法は、「疲れてるならゆっくり休んでね。」「大丈夫?」と気遣ってあげるのがオススメです。
気遣ってあげる事によって、彼もあなたの優しさに癒されるでしょうし、好感度も上がるはずです。
間違っても相手が疲れている時に「何で返事くれないの?」といったように急かしたり、問い詰めたりするのは避けましょう。

(3)LINEが苦手で好きではないから

会うと普通なのにLINEの態度が冷たい理由の三つ目は、LINEが苦手で好きではないからという理由が考えられます。
男性の中には、LINEが好きではないと思っている人もいたり、LINEが苦手だと感じている人もいる事を覚えておきましょう。
意図的に冷たくしようとしているのではなく、そもそもLINEが苦手であったり、LINEが好きではないのです。
だから、返信をしたとしてもそっけなくなってしまったり、愛想のない態度になってしまうのでしょう。
この場合の対処方法は、相手のスタンスに合わせるのがベストです。
LINEが苦手であったり、好きではない人に無理矢理LINEを好きになってもらおうとしても、相手にとっては苦痛なだけです。
強要するのではなく、相手はLINEが苦手で好きではないのだという事を理解して、相応の接し方をしていくのがベストだと言えます。

(4)LINEが面倒だから

会うと普通なのにLINEの態度が冷たい理由の四つ目は、LINEが面倒だからという理由が考えられます。
LINEが苦手な男性と近しいものがありますが、LINEでやり取りを重ねることを面倒だと思う男性も多いのです。
LINEでやり取りを重ねるよりも電話した方が早いと考えていたり、会った時に話せば良いと思っている場合があります。
好きな人とはなるべく連絡を取り合っていたいと思うのが女心かもしれませんが、男性はそうではないという事をしっかりと理解しておいた方が良いでしょう。
この場合の対処方法は、相手が面倒だと思うような話題をしない事であったり、相手のLINEに対する考え方を理解する事がベストだと言えます。
無理強いしても相手に嫌われてしまう可能性があるので、気を付けましょう。

(5)興味がないから

会うと普通なのにLINEの態度が冷たい理由の五つ目は、興味がないからという理由が考えられます。
これは悲しい理由ですが、基本的に男性はLINEでのやり取りを好まない人が多いので、興味がない相手に対してだとどうしても冷たい態度になってしまう場合が多いのです。
相手が好きな女性であれば、少しでも気を引きたくて冷たい態度を取らないように気を付けるでしょうが、興味のない相手にまで同じような態度でLINEをする男性は少ないでしょう。
この場合の対処方法は、彼に興味を持ってもらう事が一番だと言えますが、LINEのやり取りで振り向かせようと思ってもなかなか困難な場合が多いので、実際に会った時に彼にもっと興味を持ってもらえるようにしていくべきだと言えます。
興味を持ってもらえたら態度が変わってくるはずですよ。

【4】好きな人が冷たい態度を取っている時にやってはいけない事

好きな人が自分に対して冷たい態度を取っていると悲しくなる人が殆どですよね。
そんな時に、同じような態度を取っては絶対にいけません。
相手の男性が冷たい態度を取るのには理由がありますし、原因があります。
それを無視して、こちらが同じような態度を取ってしまうと関係が悪化してしまう場合が殆どでしょう。
ここでは、好きな人が冷たい態度を取っている時にやってはいけない事をまとめていきますので、以下の行動や態度は取らないように注意してみてください。

(1)自分も相手と同じ土俵に立って冷たい態度を取ってしまう事

好きな人が冷たい態度を取っている時にやってはいけない事の一つ目は、自分も相手と同じ土俵に立って冷たい態度を取ってしまう事です。
相手が冷たい態度を取っているのだから、こちらも冷たい態度を取るというのは完全に悪手だと言えます。
同じようにやり返してしまうと関係は悪化してしまう事の方が殆どなのです。
嫌われていたり、怒っている場合だとより関係は悪くなりますし、好意の裏返しで冷たくしていたならあなたに冷たくされた事によって彼は身を引いてしまう可能性もあります。
百害あって一利なしなので、相手と同様に冷たい態度を取るのは絶対にやらないようにしましょう。

(2)自分に都合の良いように考える事

好きな人が冷たい態度を取っている時にやってはいけない事の二つ目は、自分に都合の良いように考える事です。
相手があなたの事を嫌いになったり、怒っていて冷たい態度を取っているのにも関わらず、あなたが勝手に都合の良いように解釈してしまい「好意の裏返しで冷たくしてるんでしょー?」と考えて相手に接してしまうと、「この子、空気読めないのかな?」と思われてしまう可能性が高いです。
ポジティブに考える事は良い事ですが、自分に都合の良いようには考えずにきちんと相手の気持ちも考えた上で、ポジティブに考えるようにしましょう。

 

(3)相手の気を引こうとする事

好きな人が冷たい態度を取っている時にやってはいけない事の三つ目は、相手の気を引こうとする事です。
冷たい態度を改善して欲しくて、無理に相手の気を引こうとするのは良くありません。
相手からしてみれば、鬱陶しいだけの場合もあります。
ちょっかいをかけたり、他の男性と仲良くして嫉妬心を煽ったりして、彼の気を引こうとするのは、冷たい態度を取られている時は控えましょう。
彼があなたに対して冷たくしている理由が何であれ、気を引こうとする行動がプラスに働く事は殆どありません。

(4)相手を問い詰める事

好きな人が冷たい態度を取っている時にやってはいけない事の四つ目は、相手を問い詰める事です。
「どうして冷たくするの?」「私が何かした?」「冷たくしないで元通り普通に接してよ!」といったように、相手に詰め寄って問い詰めるような行動もNGです。
対処方法の一つに、相手に理由を聞くと述べましたが、理由を聞く事と問い詰める事は違います。
問い詰められた事によって、相手は「何でそこまで言われなきゃいけないんだ?」という感情を持ちやすいですし、関係が悪化してしまう場合の方が殆どです。
冷たい態度を取る理由が知りたいなら、問い詰めるのではなく、下手に出て質問をするという形を取りましょう。

(5)周囲の人に言いふらす事

好きな人が冷たい態度を取っている時にやってはいけない事の五つ目は、周囲の人に言いふらす事です。
「最近、〇〇(相手)が私に対して冷たいんだよね・・・」といったような事を友達に相談したくなる気持ちは分かります。
相談する分にはもちろん構いませんが、複数の友達に言いふらすような事は絶対にしないようにしましょう。
言いふらされた方は良い気持ちになりませんし、悪者にされている気持ちを抱いてしまいます。
そんな感情を持たれてしまったら、嫌いになったり怒っているから冷たくしていたわけでなかったにしろ、言いふらしたあなたの事を嫌いになってしまうでしょう。
友達に相談をする時は、周りに言わないように友達にもお願いした上で相談をするのがベストです。

【まとめ】

 

 

今回は、男性が急に塩対応になって態度が冷たくなる理由&原因、そして急に態度が冷たくなった時の対処方法や、好きな人が冷たい態度を取っている時にやってはいけない事を紹介してきましたがいかがでしたか?
男性が急に冷たい態度を取ったり、塩対応になるのには必ず理由や原因があります。
その理由や原因をしっかりと把握する事が、彼の態度が急に冷たくなった時の対処方法を取る上でも一番重要なので、理由や原因に目を背ける事だけはしないようにしてください。
彼が冷たい態度を取り始めた理由や原因をきちんと把握して、適切な対処方法を取れば、彼の態度が改善される可能性が高いのです。
もし好きな人の態度が急に冷たくなったと感じる事があれば、今回紹介してきた内容と照らし合わせてみて、まずは原因究明に力を注いでみてください。
冷たい態度を取り始めた理由や原因さえ分かれば、自ずと対処方法も見えてくるはずですよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事