1. HOME
  2. ブログ
  3. 【好きな人に嫌われたかも】と思ったら嫌われ度診断シートで今すぐチェック!

【好きな人に嫌われたかも】と思ったら嫌われ度診断シートで今すぐチェック!

落ち込む女性

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

好きな人が出来るとその人が自分のことをどう思っているのか気になる人が多いですよね。
好感触だったら嬉しくなるでしょうし、好きな人の態度やLINEなどの返事で一喜一憂してしまう場合が殆どではないでしょうか。
しかし、好きな人にアプローチをしている時に、態度が冷たいとか話をしていてもあまり楽しそうにしていないと「もしかして嫌われた?」「私、嫌われてる?」と不安になってしまう女性が多いと思います。
そんな時こそ特に好きな人が自分のことをどう思っているのか気になって気になって仕方ないという心境になると思います。
そこで今回は、好きな人に嫌われたかも!?と思った時に活用できる嫌われ度診断のチェックポイントを紹介させて頂きたいと思います。
「嫌われているかも!?」と思っている状態で、好きな人が自分のことをどう思っているのか確かめるのは勇気のいる事かもしれませんが、一歩踏み出す勇気を持てたらぜひチェックポイントで相手の気持ちを確認してみてください。

【1】「好きな人に嫌われているかも!?」と思ったら確認してみよう!嫌われ度診断のチェックポイント20選

絶望的な状況

嫌いだと思っている人に対しては、態度や行動が如実に現れる可能性が高いです。
あなた自身も嫌いな人に対しては冷たくしたり、避けたりするようにあなたが好きな人もあなたに対して嫌いという感情を持っていたら、同じように避けたり冷たくしたりする場合が殆どでしょう。
ここで紹介するチェックポイントに彼の態度や言動がいくつ当てはまるか確認してみてください。
ただし、男性の場合は好き避けをしてしまう可能性も考えられますので、思い込みや勘違いの可能性もあります。
その点は予め念頭に置いておいてくださいね。

≪言動編≫

(1)こちらを見てため息を吐く事がある

好きな人からの嫌われ度診断チェックポイント、その1はこちらを見てため息を吐く事があるかどうかです。
あなた自身がため息を吐く時を思い返してみてください。
どういった時にため息を吐くでしょうか。
楽しい時間を過ごしている時や、好きな人と一緒にいる前ではため息は吐かないと思います。
大抵の場合が、つまらない時間を過ごしている時であったり、嫌気がさした時であったり、嫌いな人と話をしている時である場合が多いはずです。
それはため息が出る多くの場合がストレスが溜まった時に出ているからなのです。
あなたが好きな人も同様に、つまらない時間を過ごしている時であったり、嫌気がさした時であったり、嫌いな人と話をしている時はため息を吐く事もあるでしょう。
その頻度に注目してみてください。
一度や二度であれば、偶然の可能性やたまたま彼が興味のない話題であった可能性もありますが、頻度が多いようであれば嫌われている可能性があると言えるでしょう。

(2)適当な対応しかしてくれない

好きな人からの嫌われ度診断チェックポイント、その2は適当な対応しかしてくれないかどうかです。
ここでもあなた自身のことを振り返ってみてください。
嫌いな人との会話では適当な対応をしてしまいませんか?
嫌いな人に対して真剣に対応するのはバカバカしくて、対応が適当になってしまう事が殆どだと思います。
相手が真剣に話をしていたとしても「そうなんだー。」とか「へー。」とか適当に話半分で聞いている事が多いのではないでしょうか。
嫌いな人に対して、このような適当な対応になってしまうのは嫌いという感情があるので仕方のない事でしょう。
あなたがそうであるように、あなたが好きな人も同様なのです。
好きな相手が忙しい時に話しかけてしまうと返事や対応が適当になってしまう場合もあるので、状況は考えた方が良いですが、特に忙しくしていない時に話しかけたとしても返事や対応が適当な場合は嫌われている可能性があると言えるでしょう。

(3)会話を早く終わらせようとする

好きな人からの嫌われ度診断チェックポイント、その3は会話を早く終わらせようとするかどうかです。
あなたが好きな人に積極的に話しかけたとしても、その相手が早く会話を終わらせようとしていたら、嫌われている可能性が考えられます。
普通は、嫌いという感情を持っていない相手に話しかけられた時、特に用事がなかったり忙しくしていなければ、ある程度は相手との会話に付き合うはずです。
これはあなたに置き換えても同じ事が言えるでしょう。
あなたも嫌いだという感情を抱いている相手から話しかけられたら話を早めに終わらせようとするはずですが、嫌いという感情を抱いていない相手の場合だとある程度は話に付き合うはずです。
ましてや、好きな相手だとなるべく長く話をしていたいと思うはずです。
用事が迫っていたり、忙しくしていたらゆっくり話をしている時間はないかもしれませんので状況にもよりますが、基本的に嫌いと思っていない相手であれば、相手から話しかけられた時に早めに会話を終わらせようとはしないでしょう。
あなたが好きな相手に積極的に話しかけた時に、相手が特に忙しくしていたり用事がある場合でないにも関わらず、早めに会話を終わらせようとしているなら「あなたとは話をしたくない」と考えている可能性が高いですし、それは嫌いという感情から来ているものだと考えられます。

(4)「単なる友達」という関係性を強く主張してくる

好きな人からの嫌われ度診断チェックポイント、その4は「単なる友達」という関係性を強く主張してくるかどうかです。
あなた自身に置き換えて考えてみてください。
もしもあなたに想いを寄せている男性がいて、その彼の好意にあなたが気付いていたとします。
そして彼が積極的にアプローチをかけてきていたとします。
そんな彼に対してあなたは恋愛感情を持っていなかった場合、どうしますか?
避けたり、本人に対して「単なる友達」という関係性を強く主張すると思います。
場合によっては「誰か良い人紹介してよ。」と言って、暗に「あなたは恋愛対象じゃないよ。」と伝える事もあるでしょう。
それはあなたの好きな人も同じだと言えます。
「単なる友達」だという関係性を強く主張されるようならば、恋愛対象として見られていない可能性が高いのです。
嫌われているかどうかはこの事だけでは分かりませんが、あなたの好意を彼が受け入れてくれる可能性は低いでしょう。
ただし、好き避けをしたりあなたの反応を見る為にこのような事を言う男性も中にはいますので、他のチェックポイントと併せて確認してみてください。

(5)傷つくような悪口を平気で投げかけてくる

好きな人からの嫌われ度診断チェックポイント、その5は傷つくような悪口を平気で投げかけてくるかどうかです。
普通は、相手が傷つくような悪口を言うような事はしないはずです。
しかし、生理的に無理だと感じていたり、嫌いという感情が溢れてしまった時は相手に対して、相手が傷つくような悪口を投げかけてしまう事もあるでしょう。
「そういう行動やめた方がいいよ。軽蔑する。」「そういう発言、キモいよ。」といったような相手を傷つけると分かっている悪口を投げかけてくるようなら、相手から嫌われている可能性が高いと言えます。
「ちょっと好きになれない一面があるな」とか「嫌いではないんだけれど・・・」というレベルの感情ならば、相手が傷つくと分かっているような悪口は言わないはずです。
こちらが傷つくと分かっているような悪口を平気で投げかけてくるという事は、そのレベルの感情を通り越して嫌いという感情を強く持っているからだと言えるのです。
悪口を投げかける事によって嫌われるかもしれないという事は考えていません。
むしろ嫌われたいとすら考えている可能性もあります。
ただし、相手の表情にはよく注目してみてください。
笑顔で悪口を言っているようなら、愛のある悪口でじゃれ合っているだけの可能性もあります。
しかし真顔で悪口を投げかけてくるようなら、嫌われている可能性が高いと言えるでしょう。

(6)誘っても断られるか予定をハッキリしてくれずに約束を確定させてくれない

好きな人からの嫌われ度診断チェックポイント、その6は誘っても断られるか予定をハッキリしてくれずに約束を確定させてくれないかどうかです。
ここでもあなた自身に置き換えてみてください。
嫌いだという感情を抱いている人から誘われた時、あなたはどうしますか?
断るか、何度も誘われているなら「ちょっとまだ予定が分からないからハッキリしたら言うね。」「行けたら行くね。」といったように濁す事が殆どではないでしょうか。
もしも相手に対して嫌いという感情を抱いていなくて、単純に都合がつかなかった場合、あなたの方から改めて別の日程を提案したり、誘い直すと思います。
そうしないのは、相手の誘いを断りたいからなのです。
これはあなたが好きな人にも同じ事が言えます。
あなたからの誘いを断ったり、予定をハッキリしてくれずに約束を確定させてくれないのは、あなたと出掛けたくないという気持ちの表れなのです。
一度や二度誘って断られたり、予定が合わないのはたまたま相手の都合が悪かった場合もありますが、何度誘っても断られたり予定をハッキリしてくれない場合は彼はあなたと二人で出掛けたくないと思っている可能性が考えられます。
それは嫌われている可能性が高いからだと言えるでしょう。

(7)こちらが話したことを覚えていない

好きな人からの嫌われ度診断チェックポイント、その7はこちらが話したことを覚えていないかどうかです。
基本的に男性は、自分の興味ある事以外は記憶に残らない人が多いと言えます。
興味がある事なら記憶に残りますが、興味のない事なら数日したら記憶から消えている事が殆どです。
それは人の話であっても同様です。
興味ある人の話なら、真剣に話を聞いているでしょうし、記憶にも残ります。
しかし、興味のない人だったり、嫌いな人の話であれば、記憶に残らない場合が殆どなのです。
それは興味がなかったり、嫌いな人の話だから真剣に話を聞いていなくて、適当に話を聞いているからだと言えます。
こちらが一生懸命話した内容を彼が覚えていないようなら、それはその話が彼にとって興味のない話であったかあなた自身に対して興味がなかったり、嫌いという感情を持っているかのどちらかである場合が考えられます。
ある話は覚えているけれど、ある話は覚えていないという場合は覚えていない話に対して興味がなかった可能性が考えられますが、どの話も基本的に覚えていないような場合はあなたに対しての興味がない可能性の方が高いと言えるでしょう。

≪態度編≫

(8)あなたが近づくと何処かに行ったり距離を置く

好きな人からの嫌われ度診断チェックポイント、その8はあなたが近づくと何処かに行ったり距離を置くかどうかです。
近づいた時に何処かに行ったり距離を置かれるのは、あなたに対して彼が良い印象を持っていない事が考えられますし、近くにいたくないと思っている証拠でもあります。
あなた自身に置き換えて考えてみてください。
嫌いな人が近づいてきたら、自然と距離を取ったり離れたりしませんか?
それは人は、他人に対してパーソナルスペースを持っているからなのです。
パーソナルスペースとは、それ以上近づいて欲しくない距離です。
個人差はありますが、恋人同士であったり好意を持っている相手に対してはそのパーソナルスペースは極端に近くなります。
しかし、嫌いな相手であったり好意を持っていない相手であれば、ある程度の距離まで近づいてくると距離を置いてしまう心理を持っているのです。
あなたが近づく事によって、好きな人が何処かへ行ったり距離を置くようであれば、それはパーソナルスペースが狭いことを意味していますし、嫌われている可能性が考えられるでしょう。

(9)明らかに楽しくなさそうな表情をする

好きな人からの嫌われ度診断チェックポイント、その9は明らかに楽しくなさそうな表情をするかどうかです。
好きな人とあなたが会話をしていたり、一緒の空間にいる時に、好きな人はどんな表情をしているかチェックしてみてください。
表情の訓練をしていない人ならば、嫌いな人と一緒にいたり会話をしていたりする時に、嫌悪感が表情に出てしまう場合が殆どです。
男性の場合、特にそれは如実に現れるでしょう。
つまらなさそうな表情をしていたり、明らかに楽しくなさそうな表情をしていたら、あなたの話がつまらないか嫌いだという感情を持っているかのどちらかである可能性が高いと言えます。
あなた自身に置き換えてみても同じ事が言えるはずです。
好きでもない相手であったり嫌いだという感情を抱いている男性と会話をしたり、一緒にいる時に笑顔を絶やさずに楽しそうにしている事は殆どありませんよね。
つまらなそうな表情をしたり、楽しくなさそうな表情になっているはずです。
それはあなたが好きな人にも同じ事が言えますので、一緒にいたり会話をしている時につまらなそうな表情をしていたり、楽しくなさそうにしていたら、嫌いという感情を持たれている可能性が高いでしょう。

(10)何があっても目を合わせようとしてくれない

好きな人からの嫌われ度診断チェックポイント、その10は何があっても目を合わせようとしてくれないかどうかです。
人と会話をする時は目を合わせて会話をするのが礼儀でありマナーだと小さい頃に親から言われた事のある人も多いかもしれません。
それは当たり前の事で、人と話す時はきちんとその相手の目を見て話をするのが普通です。
しかし、嫌いな人とは目を合わせたくないと思うのが人間としての普通の心理なのです。
会話をしている時、彼がなかなか目を合わせてくれなかったり、ずっと目を逸らしているような態度を取っているならば、それはあなたに対して嫌いという感情を抱いている可能性が考えられます。
嫌いな人だから「見たくない」という感情が大きく働いているのです。
会話の最中以外にも、こちらが視線を送っていても一向に目線を合わせようとしてくれない場合も同様のことが言えるでしょう。
しかし、好きな相手だからこそ見ていた事を悟られたくなくて目が合ったら目を逸らす男性もいるので、目が合った時に逸らされた時の彼の態度には注目するようにしてみてください。
照れ隠しで目を逸らしている可能性も考えられます。
ただ、頑なに目を合わせようとしてくれないのは嫌われている可能性の方が高いと言えるでしょう。

(11)二人きりで会ったり二人きりになることを極端に避ける

好きな人からの嫌われ度診断チェックポイント、その11は二人きりで会ったり二人きりになることを極端に避けるかどうかです。
二人きりで会うことを極端に避けられる場合は、嫌われている可能性が考えられます。
例えば、遊びの誘いを断らないとしても必ず誰か別の友人を連れてきて複数で遊ぼうとしたり、グループや友人などと一緒にいて皆が何処かへ行った時に二人きりになりそうになった途端に彼も何処かに行こうとするなら、二人きりになることを避けられていると言えるでしょう。
二人きりになることを避けるのは、一緒に居たくないからという理由が一番濃厚です。
他の誰かが居ればその中にあなた一人が紛れていても気にならないと思っていたとしても、二人きりになるのは嫌だと感じているのです。
それは嫌いという感情があるからでしょう。
ただし、二人きりになるのを避けるのは逆のパターンも考えられます。
好意を持っていて意識しているからこそ、二人きりになって何を話したら良いか分からなくて、照れてしまったり恥ずかしさから二人きりになるのを避けてしまうパターンです。
どちらの可能性も考えられるので、彼の性格であったり、他のチェックポイントと併せて確認してみてください。

(12)他の人に対する態度と悪い意味で違う

好きな人からの嫌われ度診断チェックポイント、その12は他の人に対する態度と悪い意味で違うかどうかです。
あなた以外の他の人に対して、普通の態度を取っているのにも関わらず、あなたに対しての態度が非常に冷たかったり、距離を感じるようであれば、それは嫌われている可能性が考えられます。
他の人にも同様に冷たい態度を取っていたり、距離を感じさせるような接し方をしているならば、それはもともとの彼の性格だと言えますが、他の人には普通に接しているのにあなたには冷たくしたり距離を感じさせるような態度を取っているのは、あなたに対して嫌いという感情を抱いているからだと言えるでしょう。
この態度の差は、意図的にそのようにしている場合もありますが、無意識の場合もあります。
意図的であっても、無意識であっても嫌いという感情からきている可能性が高いのは間違いないでしょう。

(13)会話をする時に腕を組んでいることが多い

好きな人からの嫌われ度診断チェックポイント、その13は会話をする時に腕を組んでいる事が多いかどうかです。
腕を組むという行為には、自己防衛の心理が込められています。
会話をする時や、あなたと一緒にいる時に好きな人が腕を組んでいるようなら、嫌われている可能性が考えられます。
腕を組む事によって自分を守ろうとしているのです。
そして、これ以上こちらには近づかないで欲しいという気持ちの表れでもあったりします。
あなたの好きな人が腕を組むのが癖になっている可能性も考えられますので、彼の普段の生活を考えてみて腕を頻繁に組んでいるなら嫌われていると安直な考えをしなくても良いですが、普段から腕を組む癖がないのにあなたの前でだけ腕を組むようなら嫌われている可能性が高いと言えるでしょう。

≪LINE・メール編≫

LINE

(14)LINEやメールの返信が過度に短文の場合が多い

好きな人からの嫌われ度診断チェックポイント、その14はLINEやメールの返信が過度に短文の場合が多いかどうかです。
好きな人とLINEやメールでやり取りをしているなら、彼からの返信を思い返してみてください。
もしも彼からの返信の殆どが過度に短文であったならば、嫌われている可能性が考えられます。
例えば、「了解。」「分かった。」「それは無理。」「そうなんだ。」といったように、あなたが何を言っても肯定か否定か、または興味を示していないような短文の返信ならば、あなたとのやり取りを早く終わらせようとしているのが見て取れます。
嫌いでなかったり、少しでも興味を持っている相手とのLINEやメールなら、基本的に会話を楽しもうとするはずですし、短文でやり取りを終わらせようとはしません。
短文で終わらせるのは、真面目に返信を考えるのが面倒くさかったり、相手にしたくないからなのです。
彼がLINEやメールのやり取りを苦手な場合は一概には言えませんが、基本的にLINEやメールの返信が過度に短文の場合は嫌われている可能性があると言えるでしょう。

(15)仕事の話や真面目な話をしているわけでもないのに絵文字や顔文字、スタンプがない

好きな人からの嫌われ度診断チェックポイント、その15は仕事の話や真面目な話をしていない時に絵文字や顔文字、スタンプがあるかないかです。
基本的に絵文字や顔文字、スタンプを使わないような男性の場合はこのチェックポイントから見分ける事は難しいかもしれませんが、気になる女性とのやり取りであれば気持ちを表現したくて絵文字や顔文字、スタンプを使う男性が多いと言えます。
しかし、その絵文字や顔文字、スタンプを一切使ってくれないならあなたとのやり取りを盛り上げたいとは思っていない可能性が考えられます。
言い換えてみれば、それはあなたに対して嫌いという感情を持っている可能性があるのです。
仕事の話や真面目な話をしている最中であれば、絵文字や顔文字等がないのは当然だと言えますが、普段の日常会話のやり取りでも絵文字や顔文字等がない場合は、嫌われている可能性を無視出来ないと言えるでしょう。

(16)既読スルーされる事が多い

好きな人からの嫌われ度診断チェックポイント、その16は既読スルーされる事が多いかどうかです。
好きな人であったり、興味がある人からのLINEであれば、既読をつけたら時間を見つけて返信する事の方が多いでしょう。
しかし、嫌いな人であったり、興味がない人からのLINEであれば既読をつける事はあっても返信しなければいけないような内容でなければ、読むだけで終わらせて返信せずに既読スルーしてしまう男性も多いです。
丁寧に返信してくれる人だとしても前述したように短文であったり、会話を終わらせるような内容の返信である可能性が高いと言えます。
返信をくれるだけまだマシかもしれませんが、既読スルーされるようであれば、嫌われている可能性が高いでしょう。

(17)既読スルーした事に対して一切の謝罪がない

好きな人からの嫌われ度診断チェックポイント、その17は既読スルーした事に対して謝罪があるかないかです。
相手のことを嫌いではなくても、性格によっては既読スルーしてしまう人も中にはいるでしょう。
それに対して、後ほど謝罪があるかどうかで嫌われているから既読スルーされたのか、彼の性格上既読スルーしてしまっていたのかが分かる場合があります。
謝罪してくれた場合だと、性格による問題で既読スルーしてしまった可能性が高いですが、謝罪もない場合だと意図的に既読スルーした事になるので嫌われている可能性が高いと言えます。

(18)いつも自分からの発信ばかりで相手から連絡きたことがない

好きな人からの嫌われ度診断チェックポイント、その18はいつも自分からの発信ばかりではなく相手から連絡がきたことがあるかどうかです。
いつも自分からの発信ばかりだと、彼はあなたに対して興味を持っていない可能性が高いですし、場合によっては嫌われている可能性もあります。
稀にシャイな男性の場合も考えられますが、それはあなたからの発信に対しての彼の返信の内容や態度から見極める事が出来るでしょう。
嫌いな人でなければ、自分から発信して距離を縮めようとするはずなので、相手発信の連絡があるかどうかもチェックしてみてください。

(19)質問をしてこない

好きな人からの嫌われ度診断チェックポイント、その19は質問してくるかどうかです。
嫌いな人に対しては、基本的に興味を持たないので質問をしてきません。
質問をしてきてくれるという事は、それだけあなたに対して彼が興味を持ってくれているという事にもなるのです。
質問をしてきてくれるかどうかで、彼があなたに対して好きという感情を持っているのかどちらでもないのか、嫌いという感情を持っているのかが分かる場合があります。
一度彼とのLINEやメールのやり取りを思い返してみてください。
彼の方から質問が一切ないようでしたら、あなたに対して興味を持っていない可能性が考えられますし、それはつまり嫌いという感情に繋がる可能性が濃厚でしょう。

(20)既読スルーはされないけれど返事がスタンプだけの場合が多い

好きな人からの嫌われ度診断チェックポイント、その20は返事がスタンプだけの場合が多いかどうかです。
既読スルーはされないけれど、返事がスタンプだけの場合が多いと嫌われている可能性が高いと言えます。
スタンプだけの場合、それで会話を終わらせようとしている意図が汲み取れるからです。
返事をちゃんとしてくれるからといって、安心は出来ません。
彼からの返信がスタンプだけの場合、会話を早く終わらせようとしている可能性が考えられますし、それは嫌いという感情を持っているからこそなので、無視は出来ない状況だと言えます。

【2】チェックポイントの数による嫌われ度診断の結果

前述したチェックポイントで当てはまった箇所はいくつあったでしょうか。
ここでは当てはまった数によって嫌われ度診断がどのような結果になるのかを見ていきたいと思います。

≪当てはまったチェックポイントが5個以下≫

当てはまったチェックポイントが5個以下の場合だと、あなたの勘違いや思い過ごしである可能性が高いと言えます。
彼がシャイというだけであったり、あなたのことを意識しているからチェックポイントのような行動を取ってしまっている場合も考えられますので、心配する必要はないでしょう。

≪当てはまったチェックポイントが6個以上10個以下≫

当てはまったチェックポイントが6個以上10個以下の場合は、何とも思われていない可能性が高いです。
好きとも思われていないですし、嫌いとも思われていないでしょう。
良く言えば、友達以上でも以下でもないと言えますし、悪く言えば、興味を持たれていないと言えるでしょう。
ただし、この段階なら興味を持ってもらって好きになってもらえる可能性は残されているので、努力次第で彼との距離を縮める事は十分可能です。

≪当てはまったチェックポイントが11個以上≫

当てはまったチェックポイントが11個以上の場合、嫌われている可能性が高いです。
興味がないを通り越して、嫌いという感情が強い可能性が大いに考えられます。
挽回する可能性はゼロではないでしょうが、無理に深追いしてしつこくしてしまうと、より嫌われてしまう可能性があるので注意してください。

【まとめ】

 

 

今回は、好きな人に嫌われたかも!?と思った時に活用できる嫌われ度診断のチェックポイントを紹介してきましたが、いかがでしたか?
あくまでも男性心理や人間の心理に基づいたチェックポイントなので、全ての男性に当てはまるとは言えません。
しかし、当てはまるチェックポイントの数が多ければ多いほど嫌われ度が高い可能性は否定出来ないでしょう。
好きな人から嫌われているのは辛いかもしれませんが、きちんと受け止めて適切なアプローチをしていく事で関係は改善される可能性がありますし、ネガティブにならずに前向きに行動していきましょう。
ネガティブになっていたら余計に嫌われてしまうだけなので気を付けてくださいね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事