1. HOME
  2. ブログ
  3. 【好きな人に彼女がいる】略奪愛を成功させた女性3人の成功例体験談!

【好きな人に彼女がいる】略奪愛を成功させた女性3人の成功例体験談!

不倫 略奪愛

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

好きになった人に彼女がいた場合、皆さんはどうしますか?
「彼女がいるならどうしようもないから諦めよう・・・」と好きな人への想いを絶ち切って諦める人もいれば、「彼女がいても関係ない!私の方が彼を幸せに出来るはず!」と思って略奪愛を考える人もいると思います。
相手が既婚者でないなら、略奪愛を狙ったとしても罰を受ける事はありませんし、好きな人に彼女がいても遠慮せずに振り向いてもらおうとアプローチをするのは自由です。
しかし、略奪愛は生半可な気持ちでは成し遂げられませんし、辛くなってしまう事もあるでしょう。
今回は実際に略奪愛を成功させた女性の方々からお話を聞く事が出来ましたので、彼女たちの体験談を基に略奪愛についてまとめていきたいと思います。
略奪愛を狙うリスクや略奪愛を成功させる為の秘訣、そして彼女たちの体験談を紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

【1】略奪愛を狙うリスク

 

略奪愛を成功させる事が出来たとしても、失ってしまうものもあります。
好きな人に彼女がいたけれど振り向いてもらえて付き合えたから幸せ・・・と、そう単純な話ではないのです。
実際にあなた自身が当事者でなかったとしたら、彼女から彼を奪おうとしている女性を見たらどう思うでしょうか?
「嫌な女だな・・・」「そこまで必死にならなくても・・・」「相手には彼女がいるんだから諦めたら良いのに・・・」「したたかな女だな・・・」といったようにネガティブな感情を抱くのではないでしょうか。
当事者であれば、「そんなこと言われても・・・好きになってしまったんだから仕方ないじゃん!」と思うかもしれませんが、周りの人にはそんな風に思ってもらえませんし、同情もしてもらえない事の方が多いのです。
仲の良い友達であれば相談に乗ってくれたり、恋が叶うように応援してくれたりする場合もありますが、そうでなければ非難の視線を向けられてしまう事もあります。
周りから非難の視線を向けられてしまうという事は、当然ですが日常生活にも支障をきたす場合もあるのです。
社会人の場合、学生の場合と状況を分けてどのようなリスクがあるのかを見ていきたいと思いますので、略奪愛を狙う時は以下のリスクをしっかりと考えるようにしましょう。

≪社会人の場合≫

(1)仕事に支障をきたす場合がある

社会人の場合だと略奪愛を狙った時、仕事に支障をきたす場合があります。
もちろん、略奪愛でなくても恋愛にどっぷりとハマってしまったら仕事に支障をきたす場合がありますが、略奪愛と普通の恋愛とでは自分自身にかかってくる負担が大きく変わってくるのです。
略奪愛の方が精神的に辛く感じる時も多いでしょうし、ちょっとした事でメンタルがやられてしまって落ち込んでしまう事もあるでしょう。
そういう状況では仕事に集中出来なくても仕方ありませんし、仕事でミスを繰り返したり、うまくいかない事も多々あると言えます。
仕事でミスを繰り返してしまうと当然上司からはお叱りを受けるでしょうから、そういった事も相まって余計に精神的にダメージを負ってしまい、恋愛もうまくいかないし仕事もうまくいかないという悪循環を招いてしまう場合があるのです。

(2)同僚だった場合はお互いの評価が下がる可能性がある

略奪愛を狙った時、相手の男性が同僚だった場合はお互いの評価が下がる可能性があります。
好きになった人が同僚だった場合、当然、会社内で略奪愛を狙う事になると思いますが、周囲の噂のネタになる場合が殆どです。
「あの人、〇〇さん(彼)に彼女がいるのを知っててアプローチしているんだって!」「略奪愛なんて信じられない・・・」といったような噂をたてられてしまっても仕方ないでしょう。
相手が既婚者でなければ自由恋愛なので略奪愛を狙っても何も問題はありませんが、それはあくまでも法律の話であって、会社の風紀で考えれば別問題でしょう。
社内恋愛が認められていたとしても、略奪愛は別物です。
社内の風紀を乱す事に繋がりますし、自身の評価を下げてしまっても仕方ないでしょう。
場合によっては略奪愛を狙ったこちらだけでなく、相手の男性の評価が下がってしまう可能性もあります。

(3)取引先だった場合は担当から外されたり評価が下がる可能性がある

略奪愛を狙った時、相手の男性が取引先だった場合は担当から外されてしまったり評価が下がる可能性があります。
取引先の彼女がいる男性を落とそうとする行為は、会社にとっては迷惑以外の何物でもありません。
仕事に私情を持ち込んで大事な取引を台無しにされてしまっては目も当てられませんし、ほぼ間違いなく仕事に私情を持ち込まないで欲しいと思われてしまうでしょう。
つまり、取引を台無しにされてしまう可能性がある以上、取引先の担当から外されてしまう場合が多いのです。
それは自分自身の評価を下げる事に繋がりますし、会社からの信用を失ってしまう事にもなってしまうでしょう。
次から同じような仕事は与えてもらえない可能性の方が高くなりますし、場合によっては窓際部署に異動させられてしまう可能性もあります。
完全にプライベートで略奪愛を成功させるなら、そういった心配はないかもしれませんが、略奪した彼の元彼女が怒りに任せて事情を公にしたら、後々でも大問題に発展してしまうリスクも考えられます。

≪学生の場合≫

(1)周りの女性から嫌われイジメにあう可能性がある

略奪愛を狙った時、学生の場合だと周りの女性から嫌われてしまう可能性が高いです。
「あの子、〇〇ちゃんの彼氏を狙ってるみたいだよ!最低!」「人の彼氏を奪おうなんて最低だよね!」といったように噂をされてしまうでしょうし、嫌われてしまって仲間外れにされてしまう事の方が多いでしょう。
当然、それがキッカケになってイジメに発展してしまう可能性もあります。
女性は集団意識が強いので、こういう時こそ徒党を組んで一丸となるのです。
略奪愛を狙ったこちらは加害者で、こちらが好きになった男性の彼女は被害者だと周りの人間は思うでしょう。
そこに集団心理が働いて、略奪愛を狙っているこちらの味方は誰もいなくなる可能性が高いです。
略奪愛が成功したとしても、彼も周りから「彼女を裏切った最低な男」と噂をたてられてしまう可能性もあります。

(2)男性からは軽い女だと思われて遊ばれてしまう可能性がある

略奪愛を狙った時、学生の場合だと男性からは軽い女だと思われてしまう可能性もあります。
人の男に手を出すのは軽い女だと思われてしまうのです。
こちらからしてみれば、「人の彼氏だと分かっていても奪いたくなるほど好きになってしまったのだと何で分かってくれないの?」と思うかもしれません。
しかし、そういった気持ちがあったとしても人の彼氏に手を出すということは、男性からは軽い女だと思われてしまっても仕方ない行為なのです。
普通であれば、彼女がいる男性を好きになってしまったら、好きになってしまった気持ちを抑えて諦めるというのが一般的な認識だと言えます。
男性から軽い女だと思われてしまうという事は、遊ばれてしまうリスクも高くなってしまいますし、必死に略奪愛をしようとしている相手の男性からも遊ばれてしまう場合もあるでしょう。

(3)学業に専念出来なくなる

略奪愛を狙った時、学生の場合だと学業に専念出来なくなる事が多いと言えます。
恋愛に夢中になってしまうと、学業に専念出来なくなってしまう人が多いと思います。
普通の恋愛であっても学業に専念出来なくなってしまう場合があるのに、略奪愛であれば余計に学業に専念出来なくなってしまっても仕方ないと言えるでしょう。
彼女がいない男性を好きになって恋愛をする時と、彼女がいる男性を好きになって略奪愛を狙う時とでは、精神的な苦痛に大きな差があるのです。
彼女と仲良さそうにしている所を見ただけで嫉妬してしまうでしょうし、アプローチがうまくいかないと落ち込んで凹んでしまう事の方が多いでしょう。
精神的に不安定になる事の方が多いので、学業に専念出来なくなり、成績が落ちてしまったり、親や先生から注意されてしまう事もあります。
場合によっては親に勉強を強要されて自由な時間を奪われてしまう可能性もあるでしょう。

【2】略奪愛を成功させる為の秘訣

略奪愛成功

 

略奪愛を成功させる為には、アプローチの仕方をしっかりと考えなければいけません。
相手には彼女がいるのです。
彼女がいる男性に振り向いてもらう為には、普通のアプローチをしていてもうまくいく可能性は低いと言えるでしょう。
具体的にどのようなアプローチの仕方をすれば良いのかや、略奪愛を成功させる為の秘訣を紹介していきたいと思いますので、彼女がいる男性に振り向いてもらいたいと考えた時は参考にしてみてください。

(1)交際状況の判断をする為にも情報を集める

略奪愛を成功させる為の秘訣その1は、交際状況の判断をする為にも情報を集めるという事です。
略奪愛を成功させる為にも、まずは相手の交際状況を判断する事は非常に大切だと言えます。
彼女と付き合い始めたばかりなのか、彼女とラブラブの状態なのか、彼女と付き合って長いのか、彼女との交際がうまくいっていないのか、マンネリ化しているのか・・・などなど、彼女との交際状況を知る事によって、アプローチの仕方を定めていけます。
付き合い始めたばかりであったり、ラブラブの状態で積極的にアプローチを仕掛けても成功する可能性は低いでしょうが、交際がうまくいっていなかったり、マンネリ化している状態であればアプローチがうまくいく可能性が高くなるのです。
そういった判断を正確に行えるようにする為にも、相手の彼女との交際状況を知る事は非常に重要になってきます。
直接本人に「最近彼女とどうなの?」と聞いても良いでしょうし、周りから探りを入れてみても構いません。
的確にアプローチを行えるようにする為にも、まずは相手の彼女との交際状況を把握しましょう。

(2)自分自身のポジションを確立する

略奪愛を成功させる為の秘訣その2は、自分自身のポジションを確立するという事です。
相手の彼女との交際状況が把握出来たら、次は自分自身のポジションを確立していきましょう。
理想は、彼から恋愛相談をされるポジションになれる事です。
恋愛相談をされるような仲になれば、距離を縮めていきやすくなりますし、恋愛相談をしているうちに好きになってもらえる可能性も高くなるのです。
同時に彼女から彼の気持ちを奪うチャンスを虎視眈々と狙いやすくもなります。
恋愛相談をされるポジションを確立する為には、相手との距離を縮めて、信頼を勝ち取る必要があります。
この段階では、まだ自分の気持ちは内に秘めたままで相手に伝わらないようにする方が無難でしょう。
好意を持っている事を相手の男性に知られてしまったら、相手は恋愛相談をしてこなくなるので、自分の気持ちを相手に悟られないように気を付けるべきです。

(3)自分の時間を大切にしてプライベートを充実させる

略奪愛を成功させる為の秘訣その3は、自分の時間を大切にしてプライベートを充実させるという事です。
略奪愛を狙うなら、自分の時間を大切にしてプライベートを充実させるという事も大切になってきます。
自分の時間を大切にしてプライベートを充実させる事によって、自分自身が魅力的になっていけるのです。
会話の幅も広がりますし、好きな人と話をした時に相手に楽しんでもらう事にも繋がるでしょう。
また、略奪愛を狙う以上、精神的に辛くなる事も多いと思いますので、その辛さを少しでも紛らわせる為にも自分の時間を大切にしてプライベートを充実させる事が重要になってくるのです。
自分の時間を大切にする事は、彼との恋愛に直接的には関係ないと思うかもしれませんが、総合的に考えればプライベートを充実させる事で略奪愛がうまくいく可能性が高くなるのは間違いありません。

(4)好きな人に依存しないようにする

略奪愛を成功させる為の秘訣その4は、好きな人に依存しないようにするという事です。
「彼じゃなきゃダメ!」といったように好きな人に依存してしまうと、略奪愛はうまくいかない可能性の方が高くなってしまいます。
それはちょっとした事で彼女に対して嫉妬してしまって、態度に出てしまうからという理由が考えられるのです。
好きな人のことばかり考えてしまって、依存してしまいたくなる気持ちは分かりますが、略奪愛を考えるなら依存しないように心がけましょう。
依存しない事によって、広い心を持てますし、機会を虎視眈々と狙う事が出来るようになるのです。
それは略奪愛を成功させる上で、非常に大切な事になってきますので、好きな人のことばかりで頭がいっぱいになりそうな時は少し距離を置くなど依存してしまわないように注意しましょう。

(5)自分の立場をしっかりと理解する

略奪愛を成功させる為の秘訣その5は、自分の立場をしっかりと理解するという事です。
自分の立場をしっかりと理解する事も大切になってきます。
自分の立場を理解出来ていないと、「私はこんなに好きなのにどうして彼女なの?」「彼女じゃなくて私のことを好きになってよ・・・!」といったような気持ちに襲われてしまう可能性が高くなってしまいます。
略奪愛を狙う上で、そのような感情を抱いてしまったら失敗してしまうケースの方が多いのです。
あなたが好きになった人には彼女がいて、彼が今大切にしているのは彼女なのだという事をしっかりと理解しましょう。
彼にとってあなたは彼女ではないのです。
その立場をしっかりと理解する事が出来ていれば、感情を抑える事も出来るようになりますし、アプローチの成功に繋がる可能性が高くなります。

(6)好きな人の彼女の話をしないようにする

略奪愛を成功させる為の秘訣その6は、好きな人の彼女の話をしないようにするという事です。
略奪愛を狙っている時、好きな人の彼女に対して嫉妬してしまう人もいるでしょうし、彼女の話をしたくなってしまう人も多いと思います。
しかし、好きな人の前で彼女の話をするのはやめた方が良いでしょう。
自分自身が嫉妬してしまうだけですし、彼も「何で彼女のことを聞いてくるんだろう?」と疑問に思ってしまい、警戒してしまう場合もあります。
「もしかして俺のこと好きで探りを入れている?」と相手に思われてしまったら、距離を置かれてしまう可能性もありますし、彼女を大事にしているなら面倒に思われてしまう可能性もあるのです。
彼女の話をしないようにする事は、自分自身の精神的な面でも、相手に警戒されない為にも大切な事なので、気になる気持ちは分かりますが彼女の話はしないようにしましょう。

(7)好きな人の彼女に会わないようにする

略奪愛を成功させる為の秘訣その7は、好きな人の彼女に会わないようにするという事です。
好きな人の彼女の話をしないという事と同様に、好きな人の彼女に会わないようにするという事も大切だと言えるでしょう。
会ってしまうと嫉妬心が芽生えてきますし、「彼の隣にふさわしいのは私なのに!」と対抗心が燃えてくる場合もあります。
そういう感情を持ってしまうと、略奪愛を狙う上で失敗に繋がってしまう場合があるのです。
心の奥底で対抗心を燃やすのは問題ありませんが、実際に好きな人の彼女に会ってしまって対抗心を燃やしてしまうと、その彼女に感付かれてしまう可能性もあるのです。
彼女があなたの気持ちに感付いてしまえば、彼氏であるあなたの好きな人に報告するかもしれませんし、間に入る隙が無くなってしまう可能性が高くなってしまいます。
職場や学校などで仕方なく顔を合わせてしまうのは避けようがありませんが、出来る限り彼女と二人きりで会うというシチュエーションは避けるべきでしょう。

(8)自分の気持ちをしっかり相手に伝える

略奪愛を成功させる為の秘訣その8は、自分の気持ちをしっかり相手に伝えるという事です。
好きな人が彼女と別れるまでは気持ちを伝えるのは辞めようと思っている人もいるかもしれませんが、別れるのを待っているだけではうまくいかない場合も多いと言えます。
自分の気持ちを相手に伝える事によって、別れを決断してもらえるというケースもあるのです。
当然、タイミングを考えずに気持ちを伝えても意味はありませんが、しっかりとタイミングを見計らって相手の男性がこちらのことを必要としてくれていて、彼女とうまくいっていないという状況なら、こちらの気持ちを伝える事によって彼女との別れを決断してくれる可能性もあります。
こちらの気持ちを伝えないとその決断をなかなかしてもらえないケースもありますので、状況やタイミングをしっかりと考えて、「自分の気持ちを伝える事によって彼女と別れる決断をしてくれるかもしれない」と思った時は、迷わず相手に自分の気持ちを伝えてみましょう。

(9)好きな人との関係を終わらせる覚悟をする

略奪愛を成功させる為の秘訣その9は、好きな人との関係を終わらせる覚悟をするという事です。
好きな人との関係を終わらせる覚悟も時には必要になってくる場合があります。
しかし、関係を終わりにする覚悟を持つ事が出来ると大胆な行動に移せる場合もあるのです。
大胆な行動に移せた事によって、略奪愛が成功する場合もありますし、関係を終わらせる事を相手に伝えた事で相手がこちらの存在の大切さに気付いてくれるケースもあります。
当然、そのまま関係が終わりになってしまう場合もありますが、相手に関係を終わりにするという気持ちを伝えた事によって彼女と別れて付き合ってくれる事を選んでくれる可能性もゼロではないのです。
相手に関係を終わりにしたいという気持ちを伝えなければ前進しなかった関係が、気持ちを伝えた事によって大きく変わる場合もありますので、相手の態度があまりにも煮え切らないようなら関係を終わらせる覚悟を持って、その気持ちを伝える事も大切だと言えるでしょう。

【3】好きな人に彼女がいる状態で略奪愛を成功させた女性3人の体験談

結ばれたカップル

≪会社の同僚から略奪愛を成功させたY.Kさんの体験談≫

私は会社の同僚のことを好きになりました。
でも、その人には同じ職場で付き合っている女性がいたんです。
最初は同じ職場に彼女もいるから諦めようと思っていました。
彼に対する自分の気持ちを抑えて、出来るだけ関りを持たずに仕事に集中していたら、自然と気持ちを消し去って前に進めると思っていたんです。
しかし、彼に対する気持ちは大きくなっていくばかりで、彼女と仲良さそうにしている瞬間を見ると嫉妬心も抱くようになっていきました。
一人で抱え込むのが辛くなってきたので、友達に相談してみたんです。
そしたら友達は「そんなに好きなら彼女から奪っちゃえば?相手、既婚者じゃないんでしょ?」と言いました。
友達のその言葉を聞いて、私の中で気持ちが吹っ切れたんです。
その日から、彼女から奪って彼と付き合いたいと思う気持ちがどんどん強くなっていったので、略奪愛しようと決心しました。
略奪愛を考えた時、まずは彼とも彼女とも職場が同じだという事が懸念事項になりました。
事を荒立ててしまったら面倒になってしまう事は明白だったので、自然と彼女と別れてくれるまで待とうと思ったんです。
ただし、待っているだけでは彼の気持ちは変わらないかもしれないので、当然私からもアプローチはしていきました。
会社内で分かるようにアプローチすると周りの目もありましたので、こっそり連絡先を交換して、仕事後に食事に誘ったり、彼の恋愛相談に乗ったりしていたんです。
そうしているうちに、彼との距離はどんどん縮まっていきました。
ちょうど私が彼にアプローチしようと決めた時に、彼と彼女の交際がマンネリ化していたのもタイミングが良かったのだと思います。
私にとってプラスな状況が重なったおかげで、彼は私に気を許してくれましたし、アプローチして数ヶ月経った頃には彼女よりも私を優先してくれるようになったんです。
今しかないと私は思ったので、彼に思い切って自分の気持ちを伝えてみました。
そしたら彼は彼女と別れる決意を固めてくれたんです。
そして私の気持ちを受け止めてくれて、略奪愛が成功しました。
彼が彼女と別れる時はいざこざなく別れてくれましたし、私と付き合った事も職場の同僚にはバレないようにしていたので、大きな問題に発展する事もなく今も交際は続いています。

≪友達の彼氏を好きになってしまって略奪愛をしたS.Tさんの体験談≫

私は友達の彼氏を好きになってしまいました。
友達の彼氏だから、好きになってはいけないという気持ちはあったんですけど、友達カップル含めて皆で遊ぶ機会が多くて次第に好きになってしまったんです。
しかし、友達の事も大事だったので彼に対する気持ちは封印しようと自分の中で決めて、彼の事を諦めようとしていました。
ただ、彼が私に「相談に乗って欲しい」と言ってきた事で気持ちに変化が生じたんです。
話を聞いてみると、彼女に対する不満を色々と相談されました。
彼のその話を聞いた時、彼のことを幸せに出来るのは友達じゃなくて私なのでは?という気持ちが強く芽生えたんです。
そういう気持ちになってからは、友達から彼のことを奪ってしまおうという気持ちになりました。
もともと彼は彼女に対して不満を持っていたので、その不満を私が埋めてあげられるように献身的に尽くしていきましたし、彼から相談される度にその都度相談には乗っていました。
そんな風に彼と接していたある日、彼の方から「彼女と別れるから俺と付き合って欲しい」と言ってきてくれたんです。
彼からその言葉を聞いた時は驚きましたが、私は嬉しくて彼のその告白を受け入れました。
当然、友達は私と彼が付き合った事を知って怒りましたが、彼から相談されていた事を友達に話したら友達は何も言わなくなりました。
残念ながら友達との関係は終わってしまいましたが、彼とは今も幸せな交際を続けられていますし、今が幸せなので私はこれで良かったと思っています。

≪彼女がいる男友達を好きになって略奪愛したM.Nさんの体験談≫

私は男友達のことを好きになってしまいましたが、その男友達には彼女がいました。
彼女がいる事は、私が好きになってアプローチをするまで知らなったんです。
彼に対する恋心を確信してからアプローチを開始した直後に、彼から彼女がいる事を告げられました。
つまり、私はその時点で一度失恋しているんです。
私のアプローチに気付いて、彼なりに「彼女がいるからごめん・・・」という断りだったのだと思います。
しかし私は一度振られたくらいでは諦めませんでした。
もちろん、しつこくアプローチしても成功率が低いことは分かっていたので、彼と友達関係を維持しながら虎視眈々と機会を狙っていたんです。
私が友達として接していくなら、彼も今まで通り普通に友達として接してくれたので、密かに私の魅力を彼に伝えていく事が出来たんです。
そして彼の恋愛相談にも乗るようにしました。
彼女の話を聞くのは辛かったですけど、恋愛相談をキッカケに相手のことを好きになったという経験談も良く耳にしていたので、彼女の話をされる事は我慢して親身に彼の相談に乗っていたんです。
そんな日々を送っているうちに、最大のチャンスが巡ってきたんです。
彼から「彼女と別れようか考えている・・・」と相談されました。
嬉しさや別れて欲しいという気持ちは押し殺して、親身に彼の話を聞いていたんですが、次第に「私なら彼にこんな思いをさせないのに・・・」という感情が強くなってきたんです。
そしてその感情をついつい口に出してしまいました。
彼は最初驚いていましたけど、私の気持ちが本気だという事を悟ったのか真剣な表情をして「もし彼女と別れたら俺と付き合ってくれる?」と言ってきたんです。
私は「私で良かったら・・・」と答えました。
その時は「分かった」としか彼は言ってくれませんでしたが、数日経ったある日、彼から「話があるから今から少し会える?」と言われたんです。
夜遅い時間でしたが、すぐに私は彼の元に向かいました。
そして彼は会った瞬間に「彼女と別れたから俺と付き合って欲しい」と言ってくれたんです。
こうして私の略奪愛は無事成功しました。
成功したのはずっと機会を狙って彼との友達関係を続けていたからだと思っていますし、彼女に嫉妬せずに我慢したからこそ幸せを手に入れる事が出来たのだと思っています。

【まとめ】

 

 

今回は実際に略奪愛を成功させた女性の方々からのお話を基に略奪愛を狙うリスクや略奪愛を成功させる為の秘訣、そして彼女たちの体験談を紹介してきましたがいかがでしたか?
略奪愛には相応のリスクが伴っていますが、好きになってしまった相手に彼女がいただけという風にも考えられます。
周囲の視線に耐える覚悟や人間関係が壊れてしまうリスクを覚悟出来るなら、彼女から好きになった人のことを奪っても問題はないと言えるでしょう。
結婚していなければあくまでも自由恋愛の範疇なのです。
好きになった人に彼女がいたら諦めてしまうという選択をする人も多いかもしれませんが、もし好きな人に対する気持ちを抑えられなくて略奪愛を考えた時は、ぜひ今回紹介してきた内容を参考にしてみてください。
タイミングさえ見誤らなければ、彼女から好きな人を奪える可能性も十分ありますよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事