1. HOME
  2. ブログ
  3. 【不倫】彼女がいる・奥さんがいる既婚者の男性との略奪愛を成功させる方法5選!

【不倫】彼女がいる・奥さんがいる既婚者の男性との略奪愛を成功させる方法5選!

略奪愛成功

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた不倫経験者さんの体験談を元にしたテクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

好きになってしまった男性にすでに彼女がいる、既婚者とわかっていたけれど好きになってしまった…。恋愛や結婚は、先着順なのでしょうか?

略奪愛、略奪婚と言われて世間から後ろ指を指さされても、愛を貫き通した経験者の皆さんの体験談から成功の秘訣5つを紹介します。今回の記事では基本を押さえた上での精神的な応用編とも言うべき「略奪愛の覚悟」についてもお話しするつもりです。

略奪愛の基本は既婚カップル側の家庭の事情を詳しく知ることから

事情を探る女性

不倫の始まりは、既婚者側の夫婦関係(W不倫であれば双方の夫婦関係)に何らかの問題があるのは確かです。有責配偶者と言われる不倫をした方の配偶者だけに問題がある場合も稀にはありますが、白黒つけられないのが男女の仲です。

彼を自分のものにしたいのなら、まず、相手の家庭の様子を探りましょう。もちろん「家のことは忘れたいんだ」と言って家庭内の話をしたがらないのが普通です。ですが、男性は弱いものなので、貴女に気を許すに従い、こちらから聞かなくても話すようになります。上手に誘導して彼の家庭内の様子を把握するのがまず第一の方法です。

略奪愛の難易度

以下は略奪愛の難易度を条件別に分かりやすくまとめたものです。略奪の難易度はD・C・B・Aの順になります。これはあくまでも経済的な条件を優先して客観的に判断した場合の予想図です。

夫婦の仲が良いか悪いかなどの事情は加味していません。普通、夫婦仲が悪いから離婚するものだ、と一般的に考えられます。

子どもあり 子どもなし
奥さんに経済力あり C A
奥さんに経済力なし D B

潜在的な問題をあぶり出して彼に自覚させるのが略奪愛のコツ

しかし、夫婦仲が良くなくても続く夫婦もあれば、おしどり夫婦と言われたカップルが突然離婚したりもします。ここに不倫相手の働きかける余地があるわけです。

上記のA〜Bという状況で、一見夫婦間に重大な不一致がない場合、以下のような潜在的な問題が生じる可能性があります。「妻にはそれほど不満はない」と言いながら既婚男性が不倫をしている場合、以下のような問題が心の中でくすぶっている場合は十分にあります。

潜在的な問題の可能性 主な対策
A 有能な妻へのコンプレックス 男性の自己価値を高める
B 仕事の悩みを癒せない妻 男性を癒やす・悩みを聞く
C 夫をかまってくれない妻への不満 男性を癒やす・悩みを聞く・手料理
D 女としての魅力を失った妻 男性を癒やす・性的魅力・手料理

これらを「妻にはそれほど不満はない」と言う彼に自覚させて問題として大きくすることで、実は脆い夫婦の仲に楔を打ち込むことになるでしょう。

これらの問題への一般的な対策は表の通りですが、彼の家の事情がわかればわかるほどきめ細かく対応することが可能になります。

一般の不倫対策には「彼の話を親身に聞く」「彼の心を癒やす」「悩みを聞いてあげる」「手料理で胃袋を掴む」「セックスで虜にする」などがよく挙げられていますね。これらは略奪愛の基本中の基本というべきものです。この基本を踏まえたうえで、略奪愛が成功したケースを紹介します。

略奪愛に成功するなら彼女や奥さんに負けない意地を持つ

負けない女性

T.Iさんはアルバイトで高級住宅地として有名な街の駅前の生花店で働いている時ボーイッシュな女性です。本業はフラワーデザイナーで、自分の職業にプライドを持っています。そんな彼女がその街でも有数の資産家令嬢と婚約していた男性を略奪愛できたのも「彼女には絶対負けない!」という女の意地でした。

「彼は私の働いている店で高価な花束を購入してくれるお客さんでした。私のアレンジが気に入ってくれて、いつも指名してくれるようになったのです。自然にアレンジしながらお話しするようになりました。素敵な人だな、と思ったけれど、この花束を贈る人がいるんだからお相手がいるのは確かですし。でも、指輪をしていなかったので、未婚じゃないかな、とちょっと希望は持っていました」

そう語るT.Iさんのハートに火がついたのは、仏花を配達したときです。

「生花店って、地域のお得意さんの家に定期的に仏花を配達するんですよ。その日、その辺りでもひときわ大きい資産家のお宅にお花をお届けした時にびっくりしたんです。玄関につい先日私がアレンジしたお花が活けてありました。それで、出てきた女性にピンときたんです。ダイヤの指輪をした若い太めの女性でした。私、すごくムカついたんです。あんな女に私が丹精込めてアレンジしたお花は似合わないって。もう、絶対、彼女に負けるものかと思いました」

燃え上がる愛の炎は、収まるとこを知らず、T.Iさんは大胆な行動に打ってでました。

「私、本業はフラワーデザイナーなんです。時々知り合いのレストランでパーティがある時にお店のお花のアレンジを任されたりしています。年に1度友達と個展もしているので、次に彼がお店に来た時に、個展の案内を渡したんです。来てくれるかどうか、賭けでしたね」

「会場に彼が来てくれた時には、涙が出そうでした。知らないうちに、こんなに彼が好きだったんだって気がついて。それから時々お茶をしたり食事をしたりするようになって、2〜3ヵ月で彼が私のアパートに泊まるようになりました」

「彼女のことは、彼の方から話してくれました。いくら素敵な花束を持っていってもあまり興味を示さないこととか。それに、彼も実は私のことが気になっていて、花束を口実にして来てくれていたらしいのです。嬉しかったですね。彼女のお父さんが彼の上司で、縁談を断れなかったと言ってました」

T.Iさんと彼との二股期間が半年ほど経った時、T.Iさんは彼から予想外のことを告げられます。

「ある日彼と会った時に、別れた、会社も辞めた、と言われました。それで、結婚してほしいと言われました。彼はその前から転職を考えていたらしいからタイミングも良かったんです。彼女と結婚しちゃったら辞められませんからね。彼言うには、目的を持って輝いている君を見ていると人生を仕切り直したくなった、って」

T.Iさんのケースでは、彼女の「絶対負けない」という気持ちが現実を動かしたように思います。婚約している場合は、裁判の判例で慰謝料請求された事例もあります。彼の場合、ダイヤの指輪の代金や転職というリスクも負いました。しかし、一度きりの人生を考えると誰も責めることもできないですね。

逆のケースとしてY.Oさんのように、押しかけてきた夫の不倫相手を追い返し、愛していない夫に20年間離婚に応じていない女性もいます。

「2人目の子どもを妊娠中に夫が不倫をしました。その女性が家に押しかけてきたんです。彼女、ものすごくブスだったので、こんな女と私を二股にかけた夫が許せなくて。もちろんその女性は追い返しました。夫のことは許していません。子どもが大学を卒業したら、家から追い出すつもりです」

略奪するのもされるのも、最終的には女性がどれだけ自分にプライドを持っているかにかかっているのかもしれません。

略奪愛を勝ち取るには日陰者のような気持ちではだめ

彼が未婚既婚問わず、これは「略奪愛の覚悟」で最も大切なことです。略奪愛が世間から憎まれるのは道徳的な問題が本質ではありません。世間の女性は男性の心を勝ち取った女性に嫉妬しているだけです。自分から日陰者のような気持ちになったら、その時点で勝ち目はありません。

夫に不倫をされた妻の立場の女性が夫に愛情が冷めていても離婚に応じないのも「女の意地」です。単純に金銭的な問題で割り切れない女性心理があるのです。

彼女や奥さんとの価値観のズレにつけこんで略奪する

価値観の合うカップル

M.Eさんは持病があって会社勤めは難しいのですが、書道の師範の資格を生かしてカルチャースクールで講座を持っています。小柄で細身の、大人しい感じのアラフォーです。このケースは未婚女性と既婚男性の不倫です。

「私は書道の師匠の紹介で小さなクラスを持たせていただいていました。彼は同じカルチャースクールで写真の撮影方法のクラスを持っている40代のカメラマンです。講師控室でお話するようになって、時々食事をするようになりました」

時々食事するような関係が徐々に深まっていったのは、彼と奥さんとの価値観がズレていることに気づいてからのようです。

「私は心臓の持病があるので、結婚は諦めていて、男性のお付き合いも自分がその気にならないように自重していました。ですから、わりと冷静に話を聞けるタイプだと思われたようです。始めは私も男性の友人という感で、不倫だなんて思っていませんでした。」

「彼の奥さんは有名な広告代理店で働くキャリアのある女性で、仕事優先を約束に結婚したらしいのです。『尊敬できる人だけど価値観がぜんぜん違う』と彼が話してくれたのですが、のんびり休暇をとったときにも職場からのメール1本で自分だけ帰ってしまうような仕事人間。当然子どももいません。『稼げないけどフリーの仕事を選んだのは人間らしい生活をしたいから』という彼の言葉に心底気の毒だと思いました。それから次第に関係が深まった気がします」

徐々に深まってきた二人の関係ですが、M.Eさんは持病を抱えていることから、生涯を独身で過ごす覚悟だったようです。

ですが、そんな二人の間は、M.Eさんが妊娠したことで様変わりします。

「独身のままでも良いと思っていたんですが、私が妊娠してしまいました。心臓が悪いので、子どもを生むのは命がけなんですが、彼のために生んであげたいと思いました。でも、流産してしまって。その時、彼も一緒に泣いてくれたんです。

それからしばらくして、彼は奥さんと離婚しました。私の存在を彼が奥さんに話したらしいのですが、経済力も奥さんの方があるので、大して揉めなかったようです。今は2人で慎ましく暮らしています。略奪婚と言われてもピンときません。泥沼化しなかったからでしょうか」

M.Eさんのケースは、彼と奥さんの価値観のズレが前提にあったこと、彼とM.Eさんが価値観を共有できる人だったことが決め手です。M.Eさんも無理に結婚を迫らず、一途に彼を愛していたことが感じられます。

男性は配偶者・恋人にない魅力に惹かれる

男性は一般的に面倒なことは嫌いです。既婚者は特にそうで、あえて人生を変えるような大勝負を選ぶ人は少ないでしょう。ですから、奥さんに不満を感じることがあっても「こんなものだろう」と諦める場合がほとんどです。

しかし、その「不満」がその人にとって譲れないような価値観の違いや生活感覚の違いだったら話は別です。

不倫をする男性の中には、一時的な癒やしや遊び気分の人もいますが、中には人生そのものに悩んでいる人も少なからずいるのです。そのような男性を「略奪」するには彼の悩みの核心にアプローチする必要があります。そしてその核心にある彼のニーズを貴女が充足してあげられるなら、彼を貴女のものにすることは十分可能です。

M.Eさんのケースは前掲した表では、最も略奪しやすいケースAで、有能な妻へのコンプレックス他、ほぼすべての悩みが該当していたようです。

W不倫はどちらにも辛抱が必要になってくる

カミラ夫人

W不倫の実例として、英国のチャールズ皇太子とカミラ夫人のケースが有名ですが、彼らは実に出会いから30年以上経って正式な夫婦となりました。

W不倫期間中はチャールズ皇太子とダイアナ妃の婚姻期間中の15年間。それ以前からカミラ夫人が結婚していたので、実に29年間の不倫の末です。こちらは流石に公然の秘密として英国民にまで知れ渡っていた関係ですが、特にカミラ夫人には風当たりが強く大変過酷な日々だったことでしょう。

チャールズ皇太子とカミラ夫人の場合、当初はカミラ夫人の家の格が王室に釣り合わないなど、貴族社会ならではの事情があったようですね。

また、30年以上も続いた禁断の関係は、単に「好きだったから」という理由だけでは割り切れない事情がありそうです。

ちなみにチャールス皇太子とカミラ夫人の場合はケースCに当たります。後に明らかになった情報から、ダイアナ妃が子育てに熱中していたことと、年齢差がありすぎて話が合わなかったという事情があったようです。カミラ夫人が手料理でもてなしたかどうかはともかく、悩みを聞いて相談相手になっていたのは確かですね。

長期戦を覚悟できないのであればW不倫はしない

関わる人が誰一人として幸せになれないと言われるW不倫。子どもがいる場合は、不倫愛を諦めるか、長期戦を覚悟して子どもの成人を待つかどちらかになるでしょう。もし、待つことを選ぶなら、その長い期間、「嘘をつき通す」あるいは、背徳者の烙印を押されてしまい人間としての重荷を背負うことになります。

不倫の始まりは、双方の夫婦関係に何らかの問題があるのは確かです。しかし、

W不倫は双方の夫婦の離婚の他に、子どもの養育問題、親戚、友人など、新しい夫婦として再婚するために超えなければならないハードルはいくつもあります。それを承知で愛し合っている2人であれば、結婚という形を超えた心の絆があることでしょう。昔だったら、心中や駆け落ちという手段を取る以外に結論をつけられないのがW不倫です。

もし、相手のために命を賭ける事ができないような火遊びならば早めに辞めるのが大人の判断と言えるかもしれません。

相手の子どもを妊娠して略奪愛を成就させる

妊娠を喜ぶカップル

M.Oさんは研究者を目指す大学院生で、15歳年上の指導教授と不倫関係でした。教授の奥さんは教授と同年の他大学の准教授。結婚当初から尻に敷かれているという噂が頷けるようなカップルでした。

「先生の家は旧家なので、跡取りが欲しかったんです。でも、奥さんには子どもができなくて。ですから、私の妊娠を知ったら、先生は即離婚を決意してくれました。」

教授は奥さんに多額の慰謝料を払ったそうですが、教授の両親が「孫のためなら」と大半を払ってくれたそうです。

このケースの場合、「既婚男性側が、子どもがほしいのに、子どもがいなかった」「夫婦仲も今ひとつであり、男性側の実家と元妻が折り合いが悪い」という好条件?が重なっています。略奪難易度もAです。

不倫相手の子どもを妊娠して決着をつけるのはハイリスク

これは、女性が使える最後の切り札です。相手の子どもを妊娠する……。不倫関係で妊娠が発覚した時、相手の取る態度によってその後の明暗が別れるでしょう。

たしかに、不倫相手に妊娠を告げた時にその関係に何らかの形で決着がつくことが多いとされます。決着の種類は3つ考えられます。

まず1つは、M.Oさんのように「子どもを出産して不倫相手と晴れて結婚する(略奪婚)」、2つ目は「出産するが、相手が離婚しないので不倫関係を解消し1人で子どもを育てる」、3つ目は「中絶して不倫相手と別れる」でしょう。

3つ目は一番不幸な終わり方で、このことからも妊娠を略奪愛の武器にするのはハイリスクと言えます。「略奪愛の覚悟」としても、子どもの命が関わることなので、最後の切り札としてもなるべくなら使いたくない方法です。

ちなみに、戦前の政治家やお金持ちにいた2号さん(お妾さん)は正妻も認めた不倫相手として別宅を構え、子どももいるケースがしばしばありました。現在でも、お金に余裕のある既婚男性ならば、不倫関係のまま出産、子育ても可能でしょう。

絶対に2人の仲を周囲に知られないこと

秘密の社内恋愛

S.Kさんは、上京して大学を卒業した後、就職活動がうまくいかず、アルバイト生活を送っていました。自分では地味な方というS.Kさんですが、そんな彼女も略奪愛に身を投じたのです。

「やりたいこともわからないまま、アルバイトをはじめて3年経った頃に、久々に高校時代の友達との女子会に参加したんです。周りは大学を卒業して、社会に疎い私でも知ってるような大手企業に就職して、『毎日大変だけど、仕事が評価されると報われた気持ちになる』って晴れやかな顔で語ってて…」

同級生たちの活躍を耳にしたS.Kさん。もう一度頑張ってみようと、とある商社の中途採用に合格して、晴れて入社しました。

「はじめての仕事、はじめての正社員だったので、右も左もわからず、あたふたした私に、優しく接してくれた上司がいたんですが、ここ数年恋愛という恋愛をしていなかったせいか、彼の左薬指に指輪がついていることも気にならないくらい舞い上がってしまいました」

S.Kさんと彼は、同じ部署ということもあり、社内の飲み会などで、親睦を深めていき、S.Kさんの猛アタックで交際するようになったようです。

しかし、ある日二人が職場近くを、手を繋ぎ歩いているところを同僚に目撃されてしまったそうです。

「悔やんでも悔やみきれませんが、本当に軽率な行動だったなと思います。仕事も、社内で陰口を叩かれ続けるから自己都合で退社たうえに、彼の奥さんにもバレてしまい、弁護士さんを通じて100万円の慰謝料を請求されてしまいました」

現在、S.Kさんは地元に戻り、家業を手伝いながら慰謝料の支払いを行なっているそうです。

略奪愛・略奪婚を成功させるには相手が離婚してから3年間は秘密に

日本は諸外国に比べて安全な国と言われていますが、施設や商店の中、繁華街を始め、駅や高速道路、いたるところにビデオカメラが設置されていて、犯罪が発生した時に犯人の検挙に役立っています。2人が一緒にいる場面はほぼ間違いなくどこかのカメラに収録されているはずです。

もちろんこれは刑事事件が発生した時にのみ詳しく分析されるので、慌てる必要はありませんが「壁に耳あり障子に目あり」という諺は大げさなものではありません。不倫関係は2人の仲を周囲に絶対に知られないことが鉄則です。略奪愛や略奪婚は、刺激的な恋愛ですから誰かに言いたくなるかもしれませんが、どんなに仲の良い友人にも伏せておきましょう。

略奪愛、略奪婚を成功させるには、既婚者の相手が離婚してからせめて3年間は交際を秘密にして置くことをお勧めします。

不倫慰謝料の時効

不倫に関して、既婚者側の配偶者は不倫していた自分の配偶者と、不倫相手に対して慰謝料を請求できます。しかし、その請求権には時効があり、「不倫があったことと、不倫相手が誰か」を知ってから3年間です。しかし、「時効の中断」という方手続きを取れば、最長20年間の延長が可能です。

配偶者に誰かが「実は……」と告げ口をされないためにも、用心に用心を重ねて交際する必要があります。

まとめ

 

 

不倫からの略奪愛、略奪婚は小手先のテクニックで彼の心を貴女に向ける事はできても、それだけではけして成就しません。本気で貴女との人生をやり直そうと決意するには、貴女にもそれ相応の精神的な覚悟が必要です。経済的、精神的な苦労、そして社会的制裁を受けてもひるまずに愛を貫くには、2人の強い愛の絆があることと、女性の方にも精神的経済的な自立が必要かもしれませんね。

今回は、「略奪愛の覚悟」を問うような少し厳し目のお話になりましたが、略奪婚を成功された方々はそれぞれの苦労を背負っていらっしゃいます。ぜひ、その真実を知っていただきたいと思ってご紹介いたしました。

参考になれば幸いです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事