1. HOME
  2. ブログ
  3. 【恋愛コラム】女性から食事に誘うのはアリ?ナシ?男性心理と本音9選!

【恋愛コラム】女性から食事に誘うのはアリ?ナシ?男性心理と本音9選!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

気になっている男性や、好意を寄せている男性がいるとその相手と少しでも距離を縮めていきたいと考える女性が殆どですよね。
相手の男性との距離を縮める為には挨拶や会話を繰り返すことも大切ですが、二人きりで食事やデートに出掛けるのが手っ取り早いと言えます。
しかし、「彼の方から食事やデートに誘ってくれたら良いのにな~」と思っていても、相手の男性がこちらに対して興味や好意を持っていなければ、何かしらキッカケがないとなかなか食事やデートには誘われないですよね。
だからこそ、こちらから勇気を出して相手の男性を食事に誘いたいと思う女性も多いと思います。
そうはいっても、「女性から食事に誘うのはアリ?ナシ?」「いきなり食事に誘ったら好意がバレてしまうかな・・・?」などと色々考えてしまって、誘う勇気を持てない女性も多いのではないでしょうか。
ただ、女性から食事に誘われた時の男性心理や本音を知ることが出来れば、相手の男性を食事に誘う勇気を持てる場合もあると思います。
そこで今回は、女性から食事に誘われた時の男性心理や本音をまとめて紹介していきたいと思いますので、ぜひこの機会に女性から食事に誘われた時の男性の気持ちや本音を知りましょう。
また、女性側から食事に誘う時に失敗しない為のコツや、気を付けるべき点も併せて紹介したいと思いますので、そちらも参考にしてみてください。

【1】女性から食事に誘われた時の男性心理と本音9選

早速、女性から食事に誘われた時の男性心理と本音を見ていきたいと思います。
基本的には食事に誘われて嫌な気持ちになる男性は少ないと言えますが、中には素直に喜べないという男性もいるので、相手の反応はしっかりと見るようにしましょう。
男性は感情が態度に出やすい傾向にありますので、「今度一緒に食事でもどうですか?」と誘った時の相手の男性の反応で、ある程度本音を見抜くことが出来るのです。
女性から食事に誘われた時、男性はどう思うのかを具体的に掘り下げて見ていきますので、男性側の気持ちや本音をしっかりと把握するようにしましょう。

(1)誘われて驚いた

女性から食事に誘われた時の男性心理と本音その1は、誘われて驚いたという本音があります。
単純に女性から食事に誘われると真っ先に驚くという感情を持つ男性が多いと言えます。
基本的にデートや食事の誘いは男性からするものだと思っている人が多い証拠でしょう。
誘いは男性からするものだと思っているにも関わらず、女性の方から食事に誘われたら驚いてしまっても当然です。
誘われた側の男性が誘ってきた女性に対して興味や好意を持っていたら嬉しくなって舞い上がるでしょうが、嬉しいという感情を抱く前にまず驚きが先にきてしまうのです。
食事に誘われたことに驚くという感情を抱く男性の多くは、驚いた後に様々な感情を抱くことが殆どです。
「食事に誘われたけどどうしよう?」という考えになるのは、気持ちが落ち着いた後に考えるようになります。
この手のタイプの男性は誘った時に驚いた素振りを見せるので、分かりやすいと言えます。

(2)誘われて嬉しい

女性から食事に誘われた時の男性心理と本音その2は、誘われて嬉しいという本音があります。
食事に誘ってきた女性に対して好意を持っていたり、興味を持っていたら誘われた事を嬉しく思う男性が殆どです。
誘われた事にまず驚く場合もありますが、すぐに嬉しいという感情を抱くはずです。
もちろん、好意を持っていなかったり、興味を持っていなくても女性から食事に誘われて嬉しいと思う男性もいます。
基本的に女性と二人きりで食事に出掛けるという行為に、男性は期待をしてしまうのです。
その女性に対して恋愛感情を持っていなくても、食事に出掛ける事によって恋愛感情を抱く可能性もありますし、何より「誘ってくれた」=「彼女は俺に興味や好意を持ってくれている」と考えて、嬉しくなる男性が多いと言えるでしょう。
この手のタイプの男性も、誘った時に表情が緩んだり嬉しそうな表情をする事が多いので、分かりやすいと言えます。

(3)女性から誘ってくるのは引いてしまう

女性から食事に誘われた時の男性心理と本音その3は、女性から誘ってくるのは引いてしまうという本音があります。
女性から誘われると引いてしまう男性もいます。
誘われると引いてしまう男性の中には、女性に慣れていない男性もいれば、女性からモテている男性もいるのが特徴だと言えるでしょう。
女性に慣れていない男性の場合であれば、「そんな急に誘われても・・・」「心の準備が出来ていない・・・」といったような感情を抱き、一歩引いてしまいます。
また、女性からモテている男性の場合であれば、「がっつきすぎ・・・」「興味があれば俺から誘ってるよ・・・」といったような感情を抱いて引いてしまうのです。
この手のタイプの男性は、表面上は嬉しそうな表情を見せる場合もありますが、内心では引いているケースもあります。
誘った時の反応では見分けづらいので、奥に潜んでいる本音を見分ける必要があるでしょう。
ただし、女性慣れしていない男性の場合であれば、態度に出る場合もありますので、そちらは分かりやすいと言えます。

(4)好みじゃない女性からの誘いは困る

女性から食事に誘われた時の男性心理と本音その4は、好みじゃない女性からの誘いは困るという本音があります。
好みの女性からの誘いであれば嬉しいと思う男性もいますが、好みじゃない女性からの誘いは困るという男性もいます。
食事に誘われた以上、きちんと対応しないと適当な断り方をしたら今後の関係に支障が出てしまうと考えて「どうしよう・・・」と困ってしまうのです。
好みじゃない女性との食事の時間を「無駄な時間」だとこの手のタイプの男性は捉えている傾向にあります。
好みじゃない女性との食事に時間を使うなら、自分の趣味に時間を使ったり、仲の良い友達と遊んだりしたいと思っているのです。
好みじゃない女性からの誘いであれば困ると思ってしまう男性の場合、誘った時に「んー、ちょっと待ってね?」といったように予定を確認する素振りを見せて断る口実を探したり、あからさまに困惑した態度を見せたりするので、誘った時の反応で見分けやすいでしょう。
嫌そうな表情をされたり、断る理由を探している様子が窺えたら無理強いせずに一度身を引いた方が良い場合もあります。

(5)面倒くさいと思う

女性から食事に誘われた時の男性心理と本音その5は、面倒くさいと思うという本音があります。
好みじゃない女性からの誘いは困るという男性と似たような心理ですが、単純に面倒くさいと感じる男性もいます。
食事に行くこと自体が面倒くさいと感じる男性もいれば、断り方を考えないといけないという事を面倒くさいと感じる男性もいます。
また、もともと面倒くさがり屋の男性であれば、少し興味を持っている程度の女性であれば、誘われて嬉しいと思う反面、面倒くさいと感じる場合もあるでしょう。
それは、自分のタイミングで誘っていないので予定を確認したり調整したりしないといけないのが面倒くさいと思ってしまうのです。
特に、忙しい男性であったり、予定が埋まっているような男性であれば「誘ってくれたのは嬉しいけど、今のタイミングはちょっと・・・」と思ってしまうケースもあります。
この手のタイプの男性も、誘った時の反応で嫌そうな表情をしたり、面倒くさそうな態度を示す場合があるので、意外と分かりやすいと言えるでしょう。

(6)積極的な女性なのかなと思う

女性から食事に誘われた時の男性心理と本音その6は、積極的な女性なのかなと思うという本音があります。
基本的に食事やデートの誘いは男性からするものだと思っている人が多いので、女性の方から食事に誘ってきたら「この子、積極的な女性なのかな?」と思う男性もいるでしょう。
それ以上でもそれ以下でもありません。
草食系の男性の場合だと、積極的な女性が好きな場合が多いので食事に誘ってくれた事を嬉しく思うでしょうし、肉食系の男性の場合だと積極的な女性とは馬が合わない場合も多いので引いてしまう可能性もあるでしょう。
積極的なことは悪い事ではありませんが、積極的な女性に対して抱く感情は人それぞれなので、相手によってプラスに働くこともあれば、マイナスに働くこともあります。
誘った時に相手の男性がちょっと引いたような素振りを見せた場合は、積極的になって誘うくらいあなたと仲良くなりたいという気持ちを素直にアピール出来ればうまくいく可能性が高まるでしょう。

(7)俺に好意があるのかなと思う

女性から食事に誘われた時の男性心理と本音その7は、俺に好意があるのかなと思うという本音があります。
女性から食事に誘われたら「俺に好意があるのかな?」と思う男性も多いと言えます。
基本的に食事に誘うという行為の背景には「相手の男性と距離を縮めたい!」という気持ちを持っている場合が殆どでしょう。
女性側のその気持ちを察している男性は多いのです。
「俺に興味や好意を持っていないのに食事に誘ってくるわけがないよね!?」と思っているのでしょう。
その考え方は間違いではありませんし、的を得ていると言えます。
誘ってきた女性に対して、誘われた側の男性も興味を持っていたり好意を持っていれば嬉しく思うでしょうし、興味や好意を持っていなければ「好意を持たれている事は嬉しいけど・・・」と困惑してしまう男性もいます。
ただし、女性からの好意に気付いた事によって、その女性に好意を持つケースもあるので、食事に誘った事によって恋愛感情を抱いてもらえるケースも大いにあるでしょう。

(8)もしかしたらエッチ出来るかもと期待する

女性から食事に誘われた時の男性心理と本音その8は、もしかしたらエッチ出来るかもと期待するという本音があります。
女性から食事に誘われる事によって、下心を抱く男性もいます。
好意があるのかなと思う男性の心理と似ていますが、この手のタイプの男性は下心に結び付けてしまうのです。
「食事に誘ってきたという事は、俺に好意があるはずだし押せばエッチ出来るかも!」と期待するのでしょう。
このように考える男性は、基本的に食事に誘われた女性がよっぽど自分のタイプじゃない場合を除き、誘われた事を喜びますし、前向きに食事の誘いに応じてくれる事が多いです。
しかし、それは下心からきているものなので喜んではいけません。
下心があるかどうかを見抜くには、実際に食事に行ってみないとなかなか見抜く事が出来ませんが、実際に食事に出掛けた時にボディタッチが多かったり、下心が見え隠れするような発言が多いようであれば、この手のケースの男性である可能性が高いので注意が必要です。

(9)奢らせようとしているのかなと勘ぐる

女性から食事に誘われた時の男性心理と本音その9は、奢らせようとしているのかなと勘繰るという本音があります。
中には「奢って欲しいから俺のことを食事に誘ってきたの?」と勘ぐる男性もいるのです。
最近は、男性側が奢るという風習もだいぶ落ち着きを見せていますが、それでもやはり食事やデートでは男性側が奢るのが普通だと考えている人も多いのが現実でしょう。
そういった考えを持っている男性であれば、たとえ女性の方から誘ってきたとしても「やっぱり男の俺が会計した方が良いよね・・・」という考えを持ってしまいます。
誘ってきた女性に対して好意を持っていれば、食事の会計を支払うことに抵抗はないかもしれませんし、男をアピールする機会だと前向きに捉えるかもしれませんが、好意を持っていなければ「俺に奢って欲しいの?」と邪推して警戒してしまう男性がいても不思議ではありません。
そんなつもりは一切なくて、相手の男性と仲良くなりたいと思って誘っているのであれば、「私が奢るから食事行きませんか?」という風に誘うと警戒心を解けるでしょう。

【2】女性側から食事に誘う時に失敗しない為のコツ

高嶺の花に告白

女性側から男性を食事に誘う時、失敗しない為のコツがあります。
食事に誘う時は、基本的に相手の男性に対して興味や好意を持っていて相手と仲良くなりたいと考えている場合が殆どだと思いますので、出来る事なら誘いを失敗したくはないですよね。
失敗しない為のコツをしっかりと把握しておく事によって、気になる男性や好意を寄せる男性を食事に誘う時に失敗してしまうリスクを軽減する事が出来ます。
どのようなコツがあるのかをここでは紹介していきたいと思いますので、以下のコツは頭に入れておき、食事の誘いを失敗させないようにしましょう。

(1)きちんと話題を作ってから誘う

女性側から食事に誘う時に失敗しない為のコツその1は、きちんと話題を作ってから誘うという事です。
女性から食事に誘われたら嬉しく思う男性がいるとは言っても、唐突に誘ったら驚かせてしまう場合の方が多いと言えるでしょう。
そして、場合によっては相手の男性に警戒心を抱かれてしまうケースもあります。
驚かせたり、警戒心を与えない為にも話題を作ってから誘うというのが非常に大切になってくるのです。
何かのお礼を口実にしても構いませんし、共通の話題があるならそれについて話をしたいからという口実でも構いません。
何かしら話題があるのとないのとでは、大きな差が生まれますので、食事の誘いを失敗しない為にはきちんと話題を作ってから誘うというのが大切だという事を頭に入れておきましょう。

(2)LINEやメールを上手に活用する

女性側から食事に誘う時に失敗しない為のコツその2は、LINEやメールを上手に活用するという事です。
LINEやメールを上手に活用するというのも大切だと言えます。
告白であればLINEやメールなどで告白するよりも面と向かって告白した方が絶対に良いですが、食事の誘いであればLINEやメールの方が良いというケースもあるのです。
面と向かって食事の誘いをする事がダメというわけではありませんが、口下手な男性だと面と向かっての誘いの場合は緊張してしまって良い返事をもらえない可能性もあります。
その反面、LINEやメールであれば文字上でのやり取りですし、しっかりと返事を考えた上で誘いに対して返答する事が出来ます。
誘った時の相手の反応を見れないというデメリットはありますが、LINEやメールで食事の誘いをする方が男性側も返答しやすいという事を覚えておきましょう。
誘った時の反応は見れませんが、誘いに応じてくれるかどうかで相手の男性の気持ちを推し量る事は十分可能です。

(3)相手の反応を見逃さないようにする

女性側から食事に誘う時に失敗しない為のコツその3は、相手の反応を見逃さないようにするという事です。
誘った時の相手の反応を見逃さないようにするという事も非常に大切だと言えるでしょう。
LINEやメールで誘った場合は、誘った時の反応は見れないので誘いに応じてくれたかどうかという点に注目してみてください。
面と向かって誘う場合は、相手が嫌そうな反応をしているか嬉しそうにしているかを見極めるようにしましょう。
もし、嫌そうな反応をしていたら、深追いするのは失敗の元になってしまいます。
嬉しそうにしていた場合は、そのまま突き進んでも問題ありませんが、嫌そうな反応をしていた場合は一度冷静になりましょう。
二人きりでの食事に誘う前にもう少し会話を重ねて、お互いの距離を縮める必要があるという事を自覚してください。
まだその時ではなかったのです。
きちんと会話を重ねて距離を縮めてからもう一度食事に誘ったら喜んでくれる可能性もありますので、相手の男性が嫌そうな反応をしていたら強引に突き進まないように気を付けましょう。

(4)もし断られたらその後の対応を大事にする

女性側から食事に誘う時に失敗しない為のコツその4は、もし断られたらその後の対応を大事にするという事です。
断られた場合、その後の対応も非常に重要だと言えます。
断る側の男性も、大抵の場合は「断ったら気まずくなるかな・・・?」といったような事を考えた上で断ってくる事が殆どです。
なので、断られた事によってこちらが気まずそうな雰囲気を出してしまうと、相手の男性は「やっぱり・・・」と思ってしまうのです。
断られたとしても気にしていないという素振りを見せるようにしましょう。
そして、相手の男性に対しても何もなかったかのように普通に接していくべきなのです。
そうすれば、相手の男性は「断ったことを気にしていないみたいで良かった・・・」と思います。
そんな風に思ってもらえたら、次のチャンスに繋がる可能性も出てきますので、断られたら辛いかもしれませんが気まずい雰囲気を出さないようにしましょう。

(5)気軽な雰囲気で誘う

女性側から食事に誘う時に失敗しない為のコツその5は、気軽な雰囲気で誘うという事です。
誘う時は、気軽な雰囲気で誘うのも断られない為のポイントだと言えるでしょう。
気軽に誘えば、相手の男性も気軽に誘いに応じやすいのです。
神妙な面持ちで重苦しい雰囲気を出して食事の誘いをすれば、相手の男性の警戒心は強くなってしまうでしょう。
しかし、気軽に「ご飯でもどうですか?」と誘えば、誘われた側の男性も「いいね!行こっか!」と気軽に答えやすいのです。
好意を寄せている男性のことを誘う時は、失敗しないように・・・と力が入ってしまうかもしれませんが、仲の良い女友達を誘うような感覚で気軽に誘ってみましょう。その方が誘いに応じてもらえる確率がアップしますよ。

(6)男を立てることを忘れないようにする

女性側から食事に誘う時に失敗しない為のコツその6は、男を立てることを忘れないようにするという事です。
食事の誘いをする時は、女性側からリードして積極的に誘ったとしても、食事の誘いに応じてくれた後はきちんと男を立ててあげるようにしましょう。
何から何までリードしてしまっていては、誘われた側の男性のプライドが傷ついてしまう可能性があるのです。
「〇〇くんが行きたいお店あればそこにしよ?」と男性側に行きたいお店を聞いて、お店選びを任せてみたり、食事中の会話では相手の男性主体で話をさせてあげるようにすると、相手の男性のプライドは守られます。
中には誘った側の女性に全てリードして欲しいと思っている男性もいますが、たとえそういったタイプの男性であっても男として立てる部分はきちんと男として立ててあげるという事を忘れないようにしましょう。

(7)女性らしく男性に甘える

女性側から食事に誘う時に失敗しない為のコツその7は、女性らしく男性に甘えるという事です。
食事の誘いに応じてもらえた後は、女性らしく男性に甘えるというのもコツの一つだと言えます。
「私、お酒弱いからお酒メインよりも食事メインの方が嬉しいかも!」「素敵なお店知ってたら案内して欲しいな?」といったように、甘えてみると男性側は喜びます。
そして、可愛いと思ってもらえる可能性も高まるのです。
こちらから誘ったのだから甘えてはいけないという決まりはありません。
男性は女性から甘えられることを喜びますし、食事の誘いに応じてくれたという事はその女性と仲良くなりたいという気持ちは少なからず持っているので、甘えるというテクニックを使ってみましょう。
ただし、あくまでも誘ったのはこちらなので甘えすぎは厳禁です。

(8)食事の会計は奢るか割り勘にする

女性側から食事に誘う時に失敗しない為のコツその8は、食事の会計は奢るか割り勘にするという事です。
食事の会計は基本的に奢る前提で誘いましょう。
誘った側が奢るのは礼儀です。
もちろん、男性側もプライドがあるでしょうから女性からは奢られたくないと思う人もいると思います。
そういった場合でも出来ることなら割り勘にするようにしましょう。
くれぐれも「私から誘ったけど、男性側が奢るのが普通だよね!」といったような雰囲気は出してはいけません。
心の中では「彼に奢って欲しい・・・」という気持ちがあったとしても、相手には伝わらないようにしましょう。
また、男性側が出してくれる素振りを見せたとしても「いいよ!私から誘ったんだから私が出すよー!」と言いましょう。
奢ろうとしてくれる男性でも心の中では「あっちから誘ってきたんだから・・・」という気持ちが少なからずあります。
そして、割り勘になった場合はきちんと相手の男性に「ありがとう!」とお礼を言うようにしてください。
出してくれて当たり前という気持ちは絶対に持たないようにしましょう。

(9)必ずお礼は忘れないようにする

女性側から食事に誘う時に失敗しない為のコツその9は、必ずお礼は忘れないようにするという事です。
お礼を忘れない事も非常に大切だと言えます。
食事の誘いに応じてくれた時、実際に食事に付き合ってくれた時、そして食事を終えた後にきちんとお礼を言うことを忘れないようにしましょう。
「誘いに応じてくれてありがとう!」「今日は時間を作ってくれてありがとう!」「楽しかった!ありがとう!」といったようにそれぞれでお礼の言葉を相手に伝えるべきです。
そうする事によって、相手の男性は「この子、きちんとしているんだな。」という印象を持ちやすくなります。
食事の誘いに応じてくれた事に浮かれてしまって、感謝の気持ちを伝えることを忘れてしまったら、せっかくのチャンスが台無しになってしまう可能性の方が高いので、お礼の気持ちはきちんと言葉にして相手に伝えるようにしましょう。

【3】男性を食事に誘う時に気を付けるべきこと3つ

ラインブロックされた女性

気になる男性や好意を寄せている男性を食事に誘う時に失敗しない為のコツがあるように、気を付けるべきこともあります。
どのような点に気を付ければ良いのかをここでは紹介していきたいと思います。
気を付けるべきことをしっかり守れば、気になる男性や好意を寄せている男性のことを食事に誘った時により高確率で成功させる事が出来るようになりますので、ぜひ参考にしてみてください。

(1)回りくどい理由付けはしないようにする

男性を食事に誘う時に気を付けるべきことその1は、回りくどい理由付けはしないようにするという事です。
食事に誘う時は、回りくどい理由付けはしないように気を付けるべきだと言えます。
「〇〇が××で△△だから食事に付き合って欲しいんだけど・・・」といったような回りくどい理由を付けて誘われるよりも、「良かったら食事に行きませんか?」と気軽に誘ってもらえる方が男性側も気軽な気持ちで応じやすいのです。
理由を付ける場合でも「この前のお礼がしたいから・・・」というくらいの軽い理由で誘う方が良いでしょう。
誘いを断られたくないという気持ちが強いと、回りくどい理由付けをしてしまうので気を付けるようにしましょう。

(2)しつこく誘わないようにする

男性を食事に誘う時に気を付けるべきことその2は、しつこく誘わないようにするという事です。
しつこく誘わないという事も気を付けるべき点だと言えます。
食事の誘いをした時に、「ごめん、その日は都合悪くて・・・」と断られてしまう場合もあると思います。
その場合に「じゃあ〇日は?いつなら大丈夫?空いてる日教えて?」といったようにこちらからしつこく聞かない方が無難です。
本当に都合が悪くて断られた場合、「〇日なら大丈夫なんだけど、そっちの都合はどう?」と相手から別の日程を提案してきてくれる場合もあります。
それがないという事は、相手は乗り気ではないという事です。
乗り気じゃない相手にしつこくしても嫌われてしまう可能性の方が高いので、気を付けましょう。

(3)食事に行く日程は出来るだけ早めに決める

男性を食事に誘う時に気を付けるべきことその3は、食事に行く日程は出来るだけ早めに決めるという事です。
食事の誘いに応じてくれたら、出来るだけ早めに日程は決めるようにしましょう。
「今度、一緒に食事でもどう?」と誘って、相手の男性も「いいね!行こっか!」と応じてくれたとしても、日程が決まっていなければ話が流れてしまうケースもあります。
がっつきすぎるのは良くありませんが、日程を有耶無耶にしたままも良くありません。
せっかく応じてくれた誘いを無かった事にしない為にも、日程は早めに決めてしまうべきなのです。
もし日程を決める事を渋るようであれば、相手の男性は乗り気でないという事が分かりますし、社交辞令で誘いに応じてくれたという事も分かります。

【まとめ】

 

 

今回は、女性から食事に誘われた時の男性心理や本音をまとめて紹介してきました。
また、女性側から食事に誘う時に失敗しない為のコツや、気を付けるべき点も併せて紹介してきましたがいかがでしたか?
食事やデートの誘いは男性からという考えを持っている人も多いかもしれませんが、女性から誘ったらいけないという事はありません。
気になる男性や好意を持っている男性がいるなら、勇気を出して積極的に誘ってみるべきなのです。
勇気を出して誘ってみる事によって、相手の男性にどんな風に思われているか分かりますし、相手との距離を縮める結果に繋がって恋愛成就に発展するケースもあります。
気になる男性や好意を持っている男性がいるなら、今回紹介してきた内容を参考にしてぜひ積極的に食事の誘いをしてみてください。
誘う時のコツや注意点さえしっかりと押さえておけば、勇気を持って行動したらうまくいく場合も大いにありますよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事