1. HOME
  2. ブログ
  3. 【恋愛コラム】女性向け!付き合う前のデートや食事の時の男性心理11選!!

【恋愛コラム】女性向け!付き合う前のデートや食事の時の男性心理11選!!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

男女が付き合う前には、殆どの場合、デートや食事を重ねると思います。
出会ったばかりでデートや食事に出掛けていないのにいきなり付き合って恋人関係になるというのは、かなり珍しいケースですよね。
中学生や高校生であれば、想いを寄せていた人にいきなり「好きです!」と想いを伝えるというケースも中にはあるでしょうが、大人になれば付き合う前にデートしたり食事に出掛けたりする男女が殆どだと思います。
そして、デートや食事を重ねて、相手のことを知ってから「この人となら付き合っても良いかも!」と思えたら告白したり、告白を承諾したりしますよね。
しかし、「デートの誘いには応じてくれたけど、相手の男性はどう思っているのかな?」「デートしたり食事に出掛けてくれるという事は、脈ありって事でいいのかな?」といったように、相手の男性がどう思っているのか気になる女性も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、付き合う前のデートや食事の時の男性心理を紹介していきたいと思います。
付き合う前のデートや食事の時、相手の男性がどんな事を考えているのかを知れば、相手の男性の気持ちを知る事にも繋がるはずだと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。
また、付き合う前のデートで男性が見せる脈ありサインと脈なしサイン、そしてデートを重ねても告白してこない男性心理と対処方法も併せて紹介したいと思います。

目次

【1】相手はどう思ってるの!?付き合う前のデートや食事の時の男性心理11選

早速、付き合う前のデートや食事の時の男性心理を見ていきたいと思います。
基本的にデートや食事に付き合ってくれるという事は、こちらに対して悪印象は持っていない場合が殆どです。
しかし、悪印象を持っていないとしてもどんな事を考えているのかは気になりますよね。
「好意を持ってくれているのかな?」「ただの友達だと思っているのかな?」などなど、期待と不安、両方の気持ちがあると思います。
付き合う前のデートや食事の時の男性心理を掘り下げて紹介していきますので、この機に男性心理を把握するようにしましょう。

(1)相手の女性がどんな女性なのか気になる

付き合う前のデートや食事の時の男性心理その1は、相手の女性がどんな女性なのか気になると考えています。
一目惚れで相手のことを良く知らないまま告白して付き合ったとしても、場合によっては「こんな人だと思わなかった・・・」と後悔するケースもありますよね。
それを防ぐ為にも女性はデートや食事を重ねて相手の男性のことを見極める人が多いと思います。
女性がデートや食事を重ねて相手の男性のことを知っていきたいと思っているように、男性側も同じように相手の女性のことを知っていきたいと思っている場合があるのです。
最初のデートや食事の時は、多くの男性がこのように考えていると言えるでしょう。
まだお互いのことを深く知らない状態だからこそ、相手のことを知っていき、付き合いたいと思える相手なのかどうかを品定めしている段階なのです。
この段階はまだ脈ありとも脈なしとも言えません。

(2)恋愛の駆け引きを楽しみたい

付き合う前のデートや食事の時の男性心理その2は、恋愛の駆け引きを楽しみたいと考えています。
女性とデートや食事に出掛ける事によって、恋愛の駆け引きを楽しんでいる男性もいます。
多くの女性は付き合ってからが一番楽しい時間だと考えていると思いますが、男性の中には付き合う前の期間が一番楽しいと考えている人もいるのです。
この手のタイプの男性は、恋愛をゲーム感覚で楽しんでいる傾向にあります。
女性を落とすまでの過程を楽しんでいるのです。
もちろん、過程を楽しむだけでなく機が熟せばきちんと告白してきてくれますし、付き合う事も意識はしています。
付き合えるか付き合えないか分からない状況の駆け引きを少しでも長く楽しんでドキドキした気分を味わいたいと考えているだけなのです。
相手の女性のことを落とそうという考えは持っているので、脈ありだと考えても良いでしょう。

(3)相手の女性にカッコイイ一面を見せたい

付き合う前のデートや食事の時の男性心理その3は、相手の女性にカッコイイ一面を見せたいと考えています。
デートや食事では、自分のカッコイイ一面を相手の女性に見せたいと考えている男性も多いと言えるでしょう。
女性も相手の男性に可愛いと思ってもらいたいと考えているように、男性も相手の女性にカッコイイと思ってもらいたいと考えているのです。
二人きりでデートや食事に出掛ける相手なら、尚更でしょう。
こんな風に考えている男性は、相手の女性に対して好意を持っている場合が殆どだと言えますが、中には好意を持っていなくてもカッコイイと思ってもらいたいと考えている男性もいます。
好意を持っていない相手からであっても、好意を向けられたら嬉しく思う男性もいるのです。
自慢話や過去の武勇伝を良く話してくる男性は、この手のタイプの考えを持っている男性だと言えるでしょう。

(4)相手の女性にどう思われているのか不安

付き合う前のデートや食事の時の男性心理その4は、相手の女性にどう思われているのか不安と考えています。
自分に自信のない男性は、相手の女性にどう思われているのか不安に感じる人もいます。
「デート中、あの子は楽しんでくれているのかな?」「俺の話、面白いと思って聞いてくれているのかな?」といったように、自分の行動のひとつひとつを必要以上に心配してしまう男性もいるのです。
こんな考えを持っている男性の殆どは、デートや食事に出掛ける相手の女性に対して好意を持っていると考えて間違いないでしょう。
好意を持っているから、相手の女性が自分のことをどう思っているのか不安に感じるのです。
また、二人きりのデートや食事に誘うことで相手の女性が自分に好意を持ってくれていて脈ありかどうかを探ってくる男性もいます。

(5)相手の女性に恋愛対象として見て欲しい

付き合う前のデートや食事の時の男性心理その5は、相手の女性に恋愛対象として見て欲しいと考えています。
デートや食事に出掛ける相手の女性に対して好意を持っているから、相手の女性に恋愛対象として見て欲しいと思っている男性も多いです。
こんな風に考える男性は、相手の女性からの好意を感じていないor気付けていない傾向にあります。
「自分のことは友達としか思われていないんだろうな・・・」と思っている場合、デートや食事を重ねることで何とかして相手の女性に自分のことを恋愛対象に見てもらいたいと考えているのです。
その為、デートや食事中の行動は相手の女性の気を引こうとするような行動が多く垣間見れるでしょう。
こちらも相手の男性に対して好意を持っているなら、思い切ってこちらから好意を伝えてあげればうまくいく可能性が高いと言えます。

(6)相手の女性との距離を縮めたい

付き合う前のデートや食事の時の男性心理その6は、相手の女性との距離を縮めたいと考えています。
お互いの距離を縮める為には、デートを重ねたり長時間一緒に過ごす必要があります。
知り合って間もない頃に、すぐに距離が縮まるといったケースは稀でしょう。
よっぽど気が合う場合はそういったケースもありますが、大抵の場合は長時間一緒の時間を過ごす必要があるのです。
その為、相手の女性との距離を縮めたくて、デートや食事を重ねる男性も割と多いと言えるでしょう。
この手のタイプの考えを持っている男性は、単純に相手の女性との距離を縮めたいと考えている人もいれば、好意を持っているから距離を縮めていきたいと考えている人もいます。
なので、脈ありかどうかは相手の男性によりますが、少なくとも仲良くなりたいと考えている事は間違いありません。

(7)自分自身の気持ちを確かめたい

付き合う前のデートや食事の時の男性心理その7は、自分自身の気持ちを確かめたいと考えています。
デートや食事に出掛ける事によって、自分自身の気持ちを確かめたいと考えている男性もいます。
まだ自分自身が相手の女性に対して好意を持っているのかどうか分かりかねている心境の男性は、デートや食事の中で自分の気持ちを確かめようとします。
デートや食事の中で「この子のこと守ってあげたい!」「俺にはこの子がいないとダメだ!」という感情を抱けるかどうか自分自身を試しているのです。
そして、自分の気持ちがハッキリして「この子のこと好きだ!」という気持ちを明確に抱けたら、デートの別れ際や後日に告白しようと考えています。
また、相手の女性のことを好きになれるかどうかを試しているケースもあります。
こちらが好意を持っているなら、相手の男性に好意を抱いてもらえるように上手に振る舞えれば告白される確率は格段にアップするでしょう。

(8)相手の女性の気持ちを確かめたい

付き合う前のデートや食事の時の男性心理その8は、相手の女性の気持ちを確かめたいと考えています。
自分自身の気持ちを確かめたいと考えている男性もいれば、相手の女性の気持ちを確かめたいと考えている男性もいます。
この手のタイプの考えを持つ男性は、恋愛に対して臆病だったり慎重な人が多いと言えるでしょう。
しかし、男性であっても告白して振られるとショックを受ける人は多いので、デートや食事の最中に相手の女性の気持ちを探る男性は割と多いと言えます。
相手の女性も自分に好意を持ってくれているという確信が持てないと告白する勇気を持てない男性は意外と多いのです。
この場合、デートや食事に出掛けている男性が相手の女性に対して好意を持っている事はほぼほぼ間違いないと言えるでしょう。

(9)自分の恋愛観を相手の女性に知ってもらいたい

付き合う前のデートや食事の時の男性心理その9は、自分の恋愛観を相手の女性に知ってもらいたいと考えています。
自分の恋愛観を相手の女性に知ってもらいたいと考えている男性は、高確率でその女性と付き合いたいと考えていると言えるでしょう。
相手の女性と付き合いたいと考えているから、自分の恋愛観を知ってもらって好きになって欲しいと考えているのです。
「俺は女性と付き合ったらこんな感じだよ!」といったように自分の恋愛観を相手の女性に伝える事によって、相手の女性に自分と付き合っても良いかどうかを判断して欲しいと思っているのです。
この手のタイプの考えを持っている男性は、デートや食事の中で積極的に自分の過去の恋愛の話をしたり、女性への接し方について話をする傾向にあります。

(10)純粋に相手の女性との時間を楽しみたい

付き合う前のデートや食事の時の男性心理その10は、純粋に相手の女性との時間を楽しみたいと考えています。
恋愛感情抜きにして、純粋に相手の女性との時間を楽しみたいと考えている男性もいます。
この手のタイプの考えを持っている男性は、デートや食事に出掛ける女性のことを友達として見ているケースが多いと言えるでしょう。
そこに恋愛感情は持っておらず、友達として楽しい時間を過ごしたいと考えているのです。
また、こちらが好意を持ってデートや食事に誘っているのに、その好意に気付いていないケースも多いです。
ただし、恋愛に関して深く考えていない男性は知り合って間もない段階であったり、初めてのデートや食事の時はこういった考え方をしている男性もいるので、恋愛対象だと思われていない事を悲観する必要はありません。
デートや食事を重ねる事によって、後々恋愛対象として見てもらえるケースもあります。

(11)あわよくば体の関係になりたい

付き合う前のデートや食事の時の男性心理その11は、あわよくば体の関係になりたいと考えています。
これは要注意なケースだと言えるでしょう。
相手の女性のことを性的な目で見ていて、あわよくば体の関係に持ち込みたいと考えている男性も一定数います。
こちらが相手の男性に対して好意を持っていたら、体の関係に誘われると「脈ありだった!嬉しい!」と思うかもしれませんが、この手のタイプの考えを持っている男性は恋愛感情を持って体の関係の誘いをしてくるわけではありません。
性欲の発散を優先して体の関係に誘ってくるのです。
体の関係に持ち込む為に、デートや食事に出掛けている女性に対して優しくしたり、如何にも紳士のような振る舞いをする男性も多いので、相手の男性の奥に隠された下心をしっかりと見抜くようにしましょう。
体の関係に持ち込めるかどうかを探る為に下ネタを言ってくるケースも多いので、デートや食事の最中に下ネタを頻繁に言ってくる男性には注意した方が良いでしょう。

【2】これって脈あり?付き合う前のデートや食事で男性が見せる脈ありサイン

 

好意を持っている男性と付き合う前にデートや食事に出掛けたら、相手の男性がこちらに対して好意を持っているのかどうかが一番気になる部分だと思います。
相手がどんな行動や態度を示してくれたら脈ありなのかを知りたいという女性は多いですよね。
ここでは付き合う前のデートや食事の時に男性がどんな行動や態度を示してくれたら脈ありなのかを見ていきたいと思います。
デートや食事中の男性の行動や態度に注目する事で、脈ありかどうかを推し量ることが出来ますのでぜひ参考にしてみてください。

(1)次回のデートや食事の話を積極的にしてくれる

付き合う前のデートや食事で男性が見せる脈ありサインその1は、次回のデートや食事の話を積極的にしてくれるという事です。
次回のデートや食事の話を積極的にしてくれるという事は、実際に今一緒に過ごしている時間が楽しいから「またこの子と遊びたい!」と思っている証拠だと言えるでしょう。
「次は〇〇に行ってみたいね!」「〇〇に美味しいお店あるらしいよ!次はそこ行ってみる?」といったように、デートや食事の最中に次回のデートや食事の話を積極的にしてくれるなら脈ありの可能性が高いです。

(2)目を合わせて会話してくれる

付き合う前のデートや食事で男性が見せる脈ありサインその2は、目を合わせて会話してくれるという事です。
人は、好意を持っている相手であったり興味がある相手であれば、自然と目を合わせて会話をしようとします。
デート中や食事の最中で頻繁に相手の男性と目が合うと感じるようであれば、それは脈ありの可能性が高いと言えます。
中には照れ隠しで目が合うと逸らす男性もいますが、その場合は照れたり恥ずかしそうにしている表情が窺えるはずなので、判断しやすいと言えるでしょう。
恥ずかしそうに目を逸らされたら高確率で脈ありだと思って間違いありません。

(3)スマホを触っている時間が少ない

付き合う前のデートや食事で男性が見せる脈ありサインその3は、スマホを触っている時間が少ないという事です。
スマホは現代生活において身近なものになって、手放せなくなってしまったものの一つだと思います。
人と一緒にいてもスマホを頻繁に見てしまう人も多いでしょう。
しかし、好意を持っている女性と一緒にいる時であれば、目の前にいる好意を持っている女性と真剣に向き合いたいと思っている男性が多いのです。
また、一緒にいるのにスマホばかり気にしてしまうのは相手に失礼だと思っている人もいるので、そういった理由から好意を持っている女性と一緒にいる時はスマホを触らないようにする男性が多いと言えます。
必要な時以外スマホに触らないようであれば、脈ありの可能性が高いです。

(4)きちんと気配りしてくれる

付き合う前のデートや食事で男性が見せる脈ありサインその4は、きちんと気配りしてくれるという事です。
好意を持っている女性に対しては、常に優しくして、相手の目線で物事を考える男性が多いと言えます。
そういった心理を持っているので、一緒にいる時にきちんと気配りをしてくれるようになるのです。
重い荷物を持ってくれようとしたり、さりげなく車道側を歩いてくれたり、お店ではソファ席に座らせてくれたり・・・細かい部分に気配りしてくれるようであれば、脈ありの可能性がかなり高いと言えます。

(5)男性自身の個人的な話をしてくれる

付き合う前のデートや食事で男性が見せる脈ありサインその5は、男性自身の個人的な話をしてくれるという事です。
好意を持っている女性には、自分のことをより深く知ってもらいたいと思っている男性は多いと言えます。
なので、デートや食事の際に自分自身のプライベートな話や個人的な情報を良く話してくるのです。
逆に好意を持っていない相手であれば、プライベートな話や個人的な情報はなるべく話さないようにして、共通の話題で無難に会話を進める場合が多いでしょう。
個人的な話を頻繁にしてくれるようであれば、脈ありの可能性が高いと言えます。

【3】もしかして脈なし?付き合う前のデートや食事で男性が見せる脈なしサイン

脈ありサインがあるように、逆に脈なしサインもあります。
ここではデートや食事中に男性がどんな行動や態度を示したら脈なしなのかを見ていきたいと思います。
こちらもデートや食事中の男性の行動や態度に注目する事で、脈なしかどうかを推し量ることが出来ますので参考にしてみてください。

(1)殆ど目が合わない

付き合う前のデートや食事で男性が見せる脈なしサインその1は、殆ど目が合わないという事です。
脈ありサインでも紹介しましたが、基本的に好意を持っていたり興味を持っている人とは自然と目を合わせて会話をしようとします。
つまり殆ど目が合う事がないなら、好意を持たれていないか興味を持たれていない可能性が高いのです。
殆ど目が合わないというのは、好き避けで恥ずかしそうに目線を逸らすのとは全く別物だと言えるでしょう。
目が合った時に恥ずかしそうに逸らす素振りもなく、ただ単に目が合わないという場合は、脈なしの可能性が高いと言えます。

(2)スキンシップが多い

付き合う前のデートや食事で男性が見せる脈なしサインその2は、スキンシップが多いという事です。
「スキンシップは好意の表れなのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、好意ではなく体目的でスキンシップを取っているケースの方が多いと言えます。
「スキンシップを嫌がらなければ体の関係に持ち込めるチャンスがあるかも!」と考えているのです。
適度なスキンシップだと好意を持っていて距離を縮めようとしている可能性もありますが、あまりにもスキンシップが多いようだと性的な目で見ている可能性が高いので、脈なしだと言えるでしょう。

(3)行動の殆どが自分主体

付き合う前のデートや食事で男性が見せる脈なしサインその3は、行動の殆どが自分主体という事です。
行動の殆どが自分主体という事は、相手の女性に対する気遣いが全く無いという事になります。
相手の女性に対して好意を持っていたら、相手のことを気遣いますし、気配りを忘れないようにするはずです。
しかし、自分主体の行動ばかりでこちらのことを気遣ったり気配りする素振りを見せてくれないなら、彼にとってはそういう対象の女性ではないのです。
つまり、友達としてしか見ていないか、恋愛対象ではないと思われている可能性が高いので、脈なしだと言えるでしょう。

【4】デートや食事を重ねても告白してこない時の男性心理と対処方法

 

 

何度デートや食事を重ねても告白してこない男性っていますよね。
「何回もデートしてるし、食事にも出掛けているから脈ありだと思うんだけどどうして告白してこないんだろう?」というケースに見舞われる事もあると思います。
デートや食事を重ねているのに告白してこない男性は、どんな心理を持っているのでしょうか。
ここではデートや食事を重ねても告白してこない時の男性心理を見ていきたいと思います。
対処方法も併せて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

(1)告白する勇気を持てない

デートや食事を重ねても告白してこない時の男性心理その1は、告白する勇気を持てないという理由が考えられます。
デートや食事の誘いをしてきたり、こちらからの誘いにも応じるけれど、告白する勇気を持てないという男性は一定数います。
それは相手の女性の気持ちに気付けていないからだと言えるでしょう。
相手の女性が自分に好意を持ってくれているか分からなくて、振られたら嫌だという気持ちが強くて告白する勇気を持てないのです。
目線を変えてみると、女性側がうまく自分の好意を相手の男性にアピール出来ていない可能性もあります。
また、中には何度もデートや食事を重ねた事によって、相手との関係性が出来上がってしまい、告白する事でその関係性が壊れてしまうことを懸念している男性もいるでしょう。

≪対処方法≫

告白する勇気が持てないケースの対処方法は、こちらから好意を伝えていくという方法です。
相手の男性が告白する勇気を持てないのは、こちらが相手の男性に対して好意を持っていると気付いていないからなので、積極的にこちらから好意を持っているという事を相手の男性に伝えてあげましょう。
相手の男性が、こちらが好意を持っているという事に気付いてくれたら、告白する勇気を持ってくれる可能性が大幅に高まります。
中にはそれでも告白する勇気を持てない男性もいますが、その場合はもういっその事こちらから告白してみても良いでしょう。
また、「あまりハッキリしない態度を長く続けるなら他にいくよ?」といった素振りを見せて駆け引きをしてみると相手の男性は焦って告白してくる場合もあります。

(2)恋愛対象だと思っていない

デートや食事を重ねても告白してこない時の男性心理その2は、恋愛対象だと思っていないという理由が考えられます。
何度もデートや食事を重ねていても、その相手の女性のことを恋愛対象として見ていないケースもあるのです。
単純に友達として見ているケースもあれば、何度もデートを重ねるうちに恋愛対象として見れなくなってしまったというケースもあるでしょう。
恋愛対象として見れなくなってしまったというケースなら、デートや食事の誘いは断られる場合が多いので稀だと言えますが、中には一定数います。
ただし、殆どの場合が恋愛対象ではなく友達の一人として見ている可能性が高いと言えるでしょう。

≪対処方法≫

恋愛対象だと思われていないケースの対処方法は、友達として付き合いを続けながら女性として見てもらえるように努力していくという方法です。
単なる友達だと思われていて、恋愛対象だと思われていないのは女性として意識してもらえていないという可能性が高いのです。
なので、女性として意識してもらえるように努力していきましょう。
友達としての関係は築けているのですから、デートや食事の中で時折女性らしい一面を見せれば良いのです。
「あれ?こんな女性らしい一面を持っていたんだ!」と相手の男性がドキドキしてくれれば、急激に恋に発展する可能性もあります。

(3)既に付き合っていると思っている

デートや食事を重ねても告白してこない時の男性心理その3は、既に付き合っていると思っているという理由が考えられます。
男性特有の考え方ですが、言葉にしなくても伝わるだろうと思っている場合もあるのです。
女性からしてみれば、きちんと告白されて交際をスタートさせたいと思うでしょうが、告白しなくても態度で分かるだろうと思っている男性もいる事を把握しておきましょう。
「こんなにも何度も二人きりでデートしたり食事に出掛けているんだから、好きに決まってるじゃん!」「言葉にしなくても彼女は俺の好意に気付いてくれているだろう。」と思っているのです。
デート中や食事中の相手の男性の行動や態度が彼女に対して行うような行動や態度であれば、このケースの可能性が高いと言えるでしょう。

≪対処方法≫

既に付き合っていると思われているケースの対処方法は、ストレートに気持ちを伝えてみるという方法です。
相手の男性が既に付き合っていると思っているようなら、ストレートにこちらの気持ちを伝えてみてください。
こちらから告白するという意味ではなく、「私たちって付き合っているの?」「私と付き合っても良いと思っているんだったらちゃんと告白して欲しいな?」といったような形で質問してみましょう。
そうすれば、相手の男性から「好きだよ!」「ちゃんと告白してなくてごめんね!付き合ってくれる?」と告白してきてくれる可能性もあります。
「告白していないけど付き合っているようなものだし、改まって告白しなくても別にいいか・・・」と男性は考えているので、女性から「ちゃんと告白して欲しい」と言われて初めて告白した方が良いという事に気付くのです。

【まとめ】

 

 

今回は、付き合う前のデートや食事の時の男性心理を紹介してきました。
また、付き合う前のデートで男性が見せる脈ありサインと脈なしサイン、そしてデートを重ねても告白してこない男性心理と対処方法も併せて紹介きましたがいかがでしたか?
デートや食事に出掛けてくれるという事は、基本的にはその相手の女性と仲良くしたいと思っている証拠です。
悪印象を持たれている可能性は殆どありませんし、嫌われている可能性も皆無だと言えるでしょう。
付き合う前に男性とデートや食事に出掛ける機会があれば、ぜひ今回紹介してきた内容を参考にして相手の動向に注目してみてください。
相手の男性がこちらに好意を抱いてくれていて脈ありなのか、それとも脈なしなのかを見分ける事が出来るはずですよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事