1. HOME
  2. ブログ
  3. 【恋愛コラム】女性向け!付き合ってないのに食事に誘う男性心理12選!

【恋愛コラム】女性向け!付き合ってないのに食事に誘う男性心理12選!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

男性から食事デートに誘われたら、「もしかして私のこと好きなのかな?」「私に興味を持ってくれているって事だよね?」と期待してドキドキする女性は多いと思います。
そして、こちらもその男性に対して好意を持っているなら「両想いなのかな?」と嬉しくなりますよね。
しかし、実際に食事デートに出掛けてみたら相手の男性からの好意をあまり感じられなくて、「あれ?私の勘違いだったのかな・・・?」と思ってしまうケースもあるのではないでしょうか。
そういう事態に見舞われてしまった時こそ、「付き合っていないのに食事デートに誘う男性の気持ちが知りたい!」と強く思うこともあると思います。
そこで今回は、付き合っていないのに食事デートに誘う男性心理を紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。
また、付き合っていない男性との食事デートで失敗しない為のポイントや、オススメの話題も併せて紹介したいと思います。

目次

【1】付き合っていないのに食事デートに誘う男性心理12選

お酒を飲む男女

 

早速、付き合っていないのに食事デートに誘う男性心理を見ていきたいと思います。
基本的に食事デートに誘ってきてくれるという事は、こちらと仲良くなりたいと考えている場合が多いですし、マイナスな印象を持たれている事は殆どないと言えるでしょう。
しかし、必ずしも相手の男性がこちらに対して好意を持っていたり、興味を持っているとは言い切れません。
好意を持っていたり、興味があるから食事デートに誘うとは限らないのです。
具体的にどのような心理を持って、付き合っていない女性のことを食事デートに誘うのかを掘り下げて見ていきますので、この機会に付き合っていないのに食事デートに誘う男性の心理を知りましょう。

(1)とりあえず様子見をしたいから

付き合っていないのに食事デートに誘う男性心理その1は、とりあえず様子見をしたいからという心理が考えられます。
付き合っていない状態で女性を食事デートに誘う時、とりあえず様子見をしたいという気持ちを持っている男性は割と多いと言えます。
相手の女性との仲がまだそこまで深まっていない状態だからこそ、今後、恋愛感情を抱けるかどうかを確かめたいと思って食事に誘うのでしょう。
食事デートの機会で、相手の女性に共感出来る部分を多く発見出来たら、今後も積極的にデートや食事に誘ってくるでしょうし、「なんか違うかも・・・!?」と思ったらそれっきりになる場合もあります。
食事デートに誘ってくれた男性に好意を持っているなら、この機会に相手に自分の良い所をアピールすると良いでしょう。
相手の男性が好印象を持ってくれたら、今後関係が発展する可能性が高まります。

(2)相手の女性の人柄をもっと知りたいから

付き合っていないのに食事デートに誘う男性心理その2は、相手の女性の人柄をもっと知りたいからという心理が考えられます。
様子見をしたいから食事デートに誘う男性よりは明確な意図を持っていると言えるでしょう。
相手の女性に対して興味を持っていて今後の関係に期待をしているからこそ、相手の女性の人柄をもっと知りたくて食事デートに誘う男性もいるのです。
このケースも、まだお互いの関係性は深い仲になっていない事が考えられますが、相手の男性は食事デートに誘う女性に対して興味を持っている事は間違いありません。
興味を持っているから、その人の人柄を深く知りたいと思うのです。
食事デートに誘ってくれた男性に対してこちらが好意を持っていれば、好印象を抱いてもらえるように振る舞うと距離を縮められますし、関係を発展させる事が出来るでしょう。

(3)何かのお礼をしたいから

付き合っていないのに食事デートに誘う男性心理その3は、何かのお礼をしたいからという心理が考えられます。
職場の上司であったり、同僚であれば、仕事の労いであったり一緒に仕事をやり遂げたお礼である可能性もあります。
仕事関係以外でも、男友達の悩みを解決してあげたり助けになってあげた場合もお礼として食事に誘われる事はあるでしょう。
この場合、基本的に「〇〇の時のお礼をしたいから食事でもどう?」「仕事お疲れさま!一緒にやり遂げることが出来たお礼に食事でもどう?」といったようにハッキリと誘われるケースが多いので、割と分かりやすいと言えます。
殆どの場合、お礼での食事デートに誘う時、他意はないので誘い文句をそのまま受け止めて問題ないでしょう。
ただし、稀にお礼という口実で気になる女性のことを食事デートに誘う男性もいます。
他意があるかどうかの判断は、相手の男性が普段こちらに接する態度からある程度は見極める事が出来るでしょう。

(4)職場や周囲との和を保ちたいから

付き合っていないのに食事デートに誘う男性心理その4は、職場や周囲との和を保ちたいからという心理が考えられます。
職場の同僚であったり、特定のグループに所属していてその中の誰かから食事デートに誘われるような事があれば、職場の仲間やグループの仲間として和を保ちたいという意図を持っている可能性があります。
同じ現場で仕事をする以上、仲を深める事はプラスに働く事が多いですし、趣味などの特定のグループに所属している場合でも同じ事が言えるでしょう。
この場合は、恋愛感情を持っていない事が多いですし、単純に職場やグループ内での雰囲気を良くする為のキッカケ作りとして食事に誘ってきている事が殆どです。
ただし、食事デートを機に恋愛感情を抱くケースもありますので、相手の男性に対して好意を持っているなら好印象を持ってもらえるように振る舞ってみましょう。

(5)相手の女性との距離を縮めたいから

付き合っていないのに食事デートに誘う男性心理その5は、相手の女性との距離を縮めたいからという心理が考えられます。
ある程度は親しく話をしたり、顔を合わせれば挨拶をする仲の状態で食事デートに誘われたら、その男性はこちらと距離をもっと縮めたいと考えている可能性があります。
もう少し仲良くなりたいという気持ちがあるので、食事デートをキッカケにして、距離を縮めようと考えているのです。
仲良くなりたいと思ってもらえている以上、相手の男性がこちらに対して好意や興味を持っている事は間違いありません。
こちらも相手の男性に対して好意や興味を持っていたら、良い機会ですから上手に距離を縮めていけるように努力してみましょう。
また、相手の男性も距離を縮めたいと思っているので、男性の方からリードしてくれるケースも多いと言えます。

(6)プライベートで親しい関係になりたいから

付き合っていないのに食事デートに誘う男性心理その6は、プライベートで親しい関係になりたいからという心理が考えられます。
距離を縮めたいと考えている男性と似たような心理ですが、プライベートで親しい関係になりたいと考えている男性もいます。
特に職場など仕事関係の人から、お礼や周囲との和を保ちたいからという理由が見受けられないような誘われ方をしたら、このケースである可能性が高いと言えます。
仕事では関わりがあって仲良く会話をするけど、プライベートでは全く関わりがないという場合、相手の女性に好意や興味を持っていたらプライベートでも親しい関係になりたいと思うのは普通の感情です。
お礼という口実を使って誘ってくる場合もありますが、食事デートの最中の態度でこのケースかどうかはある程度見分けることが出来るでしょう。
相手の男性がこちらとの距離を縮めようとしていたり、プライベートな話や質問を頻繁にしてくるようであれば、この手のケースだと考えられます。

(7)脈ありかどうかを知りたいから

付き合っていないのに食事デートに誘う男性心理その7は、脈ありかどうかを知りたいからという心理が考えられます。
食事デートに誘う事によって、脈ありかどうかを探ろうとしている男性もいます。
普段、グループで遊んでいたり、仕事で関わりを持っている女性に対して「あの子のこと好きなんだけど、相手の女性はどう思っているんだろう?」と考えて、食事デートに誘った時の反応や食事デートの最中の言動で、相手の女性の自分に対する好意を探ろうとしているのです。
食事デートの誘いに応じてくれたら第一段階クリアと考えていますし、食事デートの最中に楽しそうにしてくれていたら脈ありの可能性が高いと判断するのでしょう。
この手のケースで食事デートに誘ってくる男性は、ほぼ100%相手の女性に対して好意を抱いています。
こちらも相手の男性に好意を持っているなら、その事をアピール出来れば告白してきてくれる可能性が高まると言えるでしょう。

(8)彼氏がいるかどうかを探りたいから

付き合っていないのに食事デートに誘う男性心理その8は、彼氏がいるかどうかを探りたいからという心理が考えられます。
彼氏がいるかどうかを探る為に、食事デートに誘ってくる男性もいます。
気になっている女性を食事デートに誘ってみて、応じてくれたら彼氏がいる可能性が低いと判断しているのです。
実際、彼氏がいたら二人きりでの食事デートを断る女性も多いと思います。
中には彼氏がいても食事くらいなら・・・と食事デートに応じる女性もいますが、束縛の激しい彼氏と付き合っていたり彼氏のことを大切に思っているなら二人きりで食事デートに出掛けることを良しとは思わないはずです。
食事デートの最中に、彼氏に対する話題であったり、「好きな人いる?」などの質問をされるようであれば、このケースで食事デートに誘ってきた可能性が高いと言えるでしょう。

(9)一人で食事をするのが寂しいから

付き合っていないのに食事デートに誘う男性心理その9は、一人で食事をするのが寂しいからという心理が考えられます。
一人で食事をするのが寂しいから、身近にいる手ごろな女性を誘う男性もいます。
この手の理由で食事デートに誘ってくる場合、相手の男性はその女性のことを気心許せる友達のような関係だと思っているケースが殆どです。
変に女性として意識している相手であれば、一人で食事をするのが寂しいからという理由では誘ってきません。
もっと事前にお店をリサーチして準備をしたり、相手の女性に喜んでもらえるように計画する場合が殆どです。
一人で食事をするのが寂しいからという理由で誘われた場合は、お店も手ごろなお店であったり、気兼ねなく友達同士で入れるようなお店の場合が多いので、そこに注目してみれば相手の男性がこのケースの理由で食事デートに誘ってきたのかを見分ける事が出来るでしょう。

(10)気になっているお店に行きたいから

付き合っていないのに食事デートに誘う男性心理その10は、気になっているお店に行きたいからという心理が考えられます。
以前から気になっているお店があって、一人では行きづらいお店の場合だと身近にいる女性を誘う男性もいます。
男同士で入れるようなお店であれば、男友達を誘う場合もありますが、男同士で入りにくいようなお店もありますので、そういったお店に行きたいと思っていた場合は身近にいる誘いやすい女性を誘うのです。
この場合、その女性に対して恋愛感情はありませんし、単純にお店に同行して欲しかったという理由だけで誘っています。
また、こういった理由で食事に誘う女性は気の合う女性の場合が多いので、気を遣わずに食事を楽しめると考えている可能性もあるでしょう。

(11)誰か良い女性を紹介して欲しいから

付き合っていないのに食事デートに誘う男性心理その11は、誰か良い女性を紹介して欲しいからという心理が考えられます。
誰か良い女性を紹介して欲しいからという理由で、食事デートに誘ってくる男性もいる事を覚えておきましょう。
この理由で食事デートに誘ってくる場合、食事デートの最中に「誰か良い人いたら紹介してよ~!」といったような発言を男性の方からしてくる事が殆どなので、分かりやすいでしょう。
女性の紹介を頼むという事は、その相手に対して男性は気心を許していると考えられます。
気心許せる仲の良い女友達だと思っているから、他の女性を紹介して欲しいと頼むのです。
もし、こちらが相手の男性に対して好意を持っていたらショックを受けてしまうかもしれませんが、相手の男性からは友達だと思われているので、その壁を上手に壊していく事から始めると、場合によっては女性として意識してもらえるようになる可能性もあります。

(12)体の関係に持ち込みたいから

付き合っていないのに食事デートに誘う男性心理その12は、体の関係に持ち込みたいからという心理が考えられます。
一番悪質なケースですが、体の関係に持ち込みたいからという理由で食事デートに誘ってくる男性も一定数いるのです。
この手の心理を持って食事デートに誘ってくる場合、相手の女性の好意に気付いていて「あの子なら簡単にエッチさせてくれるかも!?」と考えている場合もあれば、「見た目がタイプだからあの子とエッチしたい!」という単純な理由で誘ってくる場合もあります。
そして、こういった理由で誘ってきた場合の多くが、お酒を飲める場、つまり居酒屋やBarなどに連れていかれる事が多いと言えるでしょう。
体の関係に持ち込む為にお酒の力も借りようとしているのです。
また、食事デートの最中に下ネタを言ってくるようであれば体の関係に持ち込めるかどうかの探りを入れていると考えられます。
下心しかありませんので、この手のタイプの男性には気を付けた方が良いでしょう。

【2】付き合っていない男性との食事デートで失敗しない為の6つのポイント

 

 

 

 

 

 

付き合っていない男性との食事デートでは、相手の男性に好意を持っていれば出来る限り失敗はしたくないですよね。
好意を持っていなければ軽い気持ちで食事デートに出掛けるかもしれませんが、相手の男性に対して好意を持っているなら、せっかくお互いの距離を縮めるチャンスだからこそ失敗は避けたいはずだと思います。
ここでは付き合っていない男性との食事デートで失敗しない為のポイントを紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

(1)馴れ馴れしい態度を取らないようにする

付き合っていない男性との食事デートで失敗しない為のポイントその1は、馴れ馴れしい態度を取らないようにするという事です。
付き合っていない段階での食事デートなので、ある程度相手との距離はあるでしょう。
好意を持っている男性から食事デートに誘われたという事に浮かれてしまって、馴れ馴れしい態度を取ってしまうと悪印象を持たれてしまう可能性が高くなってしまいます。
相手との距離を縮めたいという意図があったとしても、親しき仲にも礼儀ありという言葉があるように、節度を持って接するようにしましょう。
また、どのくらいの態度で接していけば良いのかは、相手の男性の態度で推し量ると良いです。
相手が砕けた態度でフランクに接してきてくれているなら、こちらも同じようにすれば良いのです。

(2)お酒や食事はほどほどにする

付き合っていない男性との食事デートで失敗しない為のポイントその2は、お酒や食事はほどほどにするという事です。
付き合っていない男性との食事デートで、相手に対して好意を持っているならお酒や食事はほどほどにするようにしましょう。
好意を持っている男性から食事デートに誘われた事が嬉しかったり、実際に二人で食事している場が楽しくて、ついついお酒を沢山飲んでしまったり食べ過ぎてしまう事もあるかもしれません。
しかし、お酒を飲み過ぎて悪酔いしてしまったり、食べ過ぎて気分が悪くなってしまったら、恥ずかしい姿を晒すだけでなく相手の男性にも迷惑をかけてしまいます。
「あの子、あんなに酒癖悪かったんだ・・・」と思われてしまったら悪印象を持たれてしまっても仕方ありません。
嬉しさや楽しさでついついお酒や食事が進んでしまうという気持ちは分かりますが、ほどほどにしましょう。

(3)食べやすいメニューを選ぶようにする

付き合っていない男性との食事デートで失敗しない為のポイントその3は、食べやすいメニューを選ぶようにするという事です。
食事デートに出掛けている相手の男性に対して好意を持っているなら、食べやすいメニューを選ぶという事も大切になってきます。
食べにくいメニューを選んでしまったら、食べる時に下品な姿を見せる事になってしまうので、それに対して悪印象を持つ男性もいるのです。
上品に食べれるようなメニューを選ぶ必要はありませんが、食べにくいメニューを選ぶのは悪手だと言えるでしょう。
食べにくいメニューの方が好物だったとしても、好意を持っている人との食事デートではグッと我慢して食べやすいメニューを頼む方が無難です。

(4)主導権は男性に握らせてあげるようにする

付き合っていない男性との食事デートで失敗しない為のポイントその4は、主導権は男性に握らせてあげるようにするという事です。
主導権は男性に握らせてあげましょう。
そうする事によって、相手を男性として立てる事が出来ます。
誘ってくれたという事は、相手の男性もある程度お店を調べてから誘ってきてくれた可能性があります。
それなのにこちら側から「美味しいお店知ってるからそこ行こうよ!」とリードしてしまうと、相手の男性は「せっかく調べたのに・・・」とガッカリしてしまうのです。
また、相手の男性が連れていってくれたお店のことを知っていたとしてもなるべくなら知らないふりをしましょう。
「ここ、何回か来た事あるよ!オススメのメニューは・・・」と言われるよりも、「こんな素敵なお店知ってたんだね!」と言われた方が男性側は嬉しいのです。
主導権を男性に握らせてあげて、しっかりと男を立ててあげると印象良く思ってもらえるでしょう。

(5)今後を考えるなら奢ってもらって当然と考えないようにする

付き合っていない男性との食事デートで失敗しない為のポイントその5は、今後を考えるなら奢ってもらって当然と考えないようにするという事です。
男性から誘ってきてくれたのなら、奢ってくれるケースも多いと思います。
しかし、必ずしも奢ってもらえるわけではありませんし、奢ってもらって当然だという考え方を持っている女性は男性から嫌われてしまいます。
男側が奢るのが普通だと思っている男性であっても、いかにも奢ってもらって当然という態度を示す女性を見たら「何?この子の態度・・・」と思って引いてしまうのです。
悪印象を持たれてしまう可能性の方が圧倒的に高いので、支払いの時は自分も支払うという素振りを見せるようにしましょう。
大抵の場合、「いいよ!俺が誘ったんだから俺が出すよ!」と男性は言ってくれますが、支払う素振りを見せる事によって好印象を持ってもらえるのです。

(6)きちんとお礼は言う

付き合っていない男性との食事デートで失敗しない為のポイントその6は、きちんとお礼は言うという事です。
当然ですが、食事デートに誘ってくれた事に関してお礼はきちんと言いましょう。
出来れば、食事デートが終わったその日のうちにLINEやメールでお礼の連絡を入れるのがオススメです。
「今日はありがとう!楽しかったです。また行きましょうね!」といったように、お礼の連絡を入れる事によって、相手の男性には楽しかったという事やお礼の気持ちをきちんと伝える事が出来ます。
自分が食事に誘った女性が楽しんでくれたという事が分かれば、誘った側の男性も嬉しく思うでしょう。
そして、次の約束も取り付けやすくなります。
もし、相手の男性が「この子は無いな・・・」と思ってしまったら、次の約束を取り付けてはくれない場合も多いので、次の約束を取り付けてくれるかどうかで相手の気持ちを推し量る事も出来ます。

【3】付き合っていない男性との食事デートでオススメの話題5つ

付き合っていない男性と食事デートする機会があれば、「どんな話をしよう・・・」「相手が喜ぶ話題を提供して会話を盛り上げたい!」と考える女性も多いと思います。
相手の男性に対して好意を持っていたら、尚更そう思いますよね。
食事デートの時の会話が盛り上がれば、それだけ相手の男性との距離を縮められますし、プラスに働くことは間違いありません。
具体的にどんな話題がオススメなのかをここで見ていきたいと思いますので、付き合っていない男性との食事デートの際に会話の話題に困ったらぜひ参考にしてみてください。

(1)相手の男性の趣味に関する話題

付き合っていない男性との食事デートでオススメの話題1つ目は、相手の男性の趣味に関する話題です。
相手の男性の趣味に関する話題であれば、話も盛り上がること間違いないでしょう。
相手の男性の趣味を知らなければ「どんな趣味があるんですか?」と聞けば良いですし、相手の男性の趣味を知っていたら「最近、〇〇(相手の男性の趣味)の調子はどうですか?」と話を振ってあげれば、相手は自分の趣味に関する事なので気持ち良く話をしてくれるはずです。
また、相手の趣味に関して共感してあげると、自分の趣味に共感してくれる女性に対して好意を持つ男性は多いのでオススメです。
趣味は誰でも一つや二つは持っているはずなので、話題に困った時にはまず趣味の話を持ち出せばその場の会話が盛り上がることは間違いありません。

(2)時事ネタやスポーツなどの話題

付き合っていない男性との食事デートでオススメの話題2つ目は、時事ネタやスポーツなどの話題です。
相手の男性の趣味に関する話題もオススメですが、時事ネタやスポーツなどの話題もオススメだと言えます。
スポーツが趣味の人なら趣味の話題の延長線上にある話ですが、野球であったりサッカーであったり、バレーであったり、そのタイミングで話題になっているスポーツの話をすると相手の男性も大抵の場合は話に乗っかってきてくれるでしょう。
また、スポーツの話題と同じで時事ネタもオススメです。
「芸能人の〇〇と〇〇って付き合っていたんだねー!」とか「〇〇のスキャンダルどう思う?」といったようにその時に話題になっている時事ネタを持ち出しても相手は話をしやすいでしょう。
ただし、政治ネタは意見が割れる可能性もありますし、言い合いになる場合もあるので避けた方が無難です。

(3)共通の知人に関する話題

付き合っていない男性との食事デートでオススメの話題3つ目は、共通の知人に関する話題です。
共通の知人がいるなら、共通の知人に関する話題もオススメだと言えるでしょう。
ただし、ネガティブな話題にはしない方が良いです。
出来るだけポジティブな話題を探して、共通の知人に関する話をしましょう。
ネガティブな話題を話してしまうと、共通の知人だからこそ、その場の空気も暗くなってしまう可能性があるのです。
その反面、ポジティブな話題であれば、その場の空気も明るくなりますし、「〇〇さん、もうすぐ結婚するらしいですよ!」といったようにおめでたい話であれば共通して祝福モードに入れるでしょう。
共通の知人の話題であれば、相手の男性も話しやすいのでオススメ出来る話題の一つです。

(4)相手や自分の出身地などの話題

付き合っていない男性との食事デートでオススメの話題4つ目は、相手や自分の出身地などの話題です。
出身地など、その人のルーツになっている話題もオススメだと言えるでしょう。
「出身地どこなんですか?」と気軽に質問出来ますし、行った事のある出身地であれば話題も広げていきやすいはずです。
また、行った事のない出身地だったとしても「どんな所なんですか?」といったように話を広げていく事も出来ます。
そして、自分の出身地についても話せば話題は無数に広げていけるでしょう。
ただし、あまりにも相手の出身地が田舎であったりマイナーな場所だったら、お酒の勢いに任せてディスるようなネガティブな発言はしないようにする方が良いです。
地元をけなされたら気分を悪くする人が殆どなので、田舎が事実であってもポジティブな意見を言うようにしましょう。

(5)旅行地の話題

付き合っていない男性との食事デートでオススメの話題5つ目は、旅行地の話題です。
旅行地の話題も話が広がるのでオススメだと言えるでしょう。
ここ最近旅行に出掛けたなら、その時の話でも構いませんし、興味があって行ってみたいと思っている旅行地に関する話題でも構いません。
相手の男性に行ってみたい旅行地を聞いてみても良いでしょう。
また、上手に会話の流れを持っていけば「今度一緒に行ってみたいね!」と旅行の約束を取り付ける事が出来る場合もあります。
旅行地の話をしていて、一緒に行く約束が出来たら高確率で脈ありだと言えるので、脈ありかどうかを調べる事が出来るという効果もありますよ。

【まとめ】

 

 

今回は、付き合っていないのに食事デートに誘う男性心理を紹介してきました。
また、付き合っていない男性との食事デートで失敗しない為のポイントや、オススメの話題も併せて紹介してきましたがいかがでしたか?
付き合っていないのに女性を食事デートに誘ってくる男性の心理の中には、下心がある場合もありますが、多くの場合は食事デートに誘う女性と仲良くなりたいと考えているケースが殆どです。
中には明確な好意を持って食事デートに誘ってくる場合もあります。
つまり、こちら側が食事デートの際にうまく立ち振る舞う事が出来ると相手の男性との距離をグッと縮める事が出来るのです。
食事デートに誘われた時点でチャンスがありますので、誘ってくれた男性に対して好意を持っているなら、今回紹介した内容を参考にしてぜひそのチャンスをうまく活用して恋の成就に繋げてくださいね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事