1. HOME
  2. ブログ
  3. 好きな人に電話したい人に!番号を聞く最適なタイミングや口実とマナー!

好きな人に電話したい人に!番号を聞く最適なタイミングや口実とマナー!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

好きな人の声が聞きたくて電話をしたいと思った時、「今電話かけたら迷惑かな?」「緊張して電話出来ない・・・」などと一歩踏み出す勇気を持てない人も多いのではないでしょうか。
そもそも好きな人の電話番号を知らないという人も中にはいるかもしれません。
好きな人の電話番号を聞き出したくても、「聞く勇気がない・・・」「聞き出すキッカケやタイミングが分からない・・・」という人もいると思います。
中には「電話番号や連絡先を女性から聞くなんてがっついていると思われる・・・」と考えている人もいるのではないでしょうか。
しかし、電話番号や連絡先を聞くのは何も男性からでないといけないというルールなんてありませんし、女性から聞いても良いのです。
男性側も女性から連絡先を聞かれた時に「この子がっついてるな・・・」とか「女性の方から連絡先を聞いてくるなんて・・・」と思うような人は殆どいないでしょう。
そこで今回は、好きな人に電話番号を聞くキッカケやタイミングを紹介していきたいと思います。
また、好きな人に電話をかける口実や話題、電話をかける時のマナーなども併せて紹介したいと思いますので、そちらも一緒に参考にしてみてください。

目次

【1】好きな人の電話番号が知りたい!番号を聞くキッカケやベストなタイミング

好きな人の電話番号が知りたいと思っていても、聞く勇気を持てなかったり聞き出すキッカケやタイミングを掴めなくて一歩を踏み出せない人もいると思います。
好きな人に電話番号を聞けない女性は、「キッカケさえ作れれば番号を聞けるのだけれど、キッカケの作り方が分からない・・・」「タイミングがうまく見つけられない・・・」といったような事に頭を悩ませる女性が殆どではないでしょうか。
ここでは、好きな人から電話番号を聞き出す為のキッカケの作り方やベストなタイミングを見ていきたいと思います。
好きな人の電話番号を知りたいのに聞き出せないと悩んでいる女性は参考にしてみてください。

(1)携帯電話を探してもらうフリをする

好きな人から電話番号を聞き出すキッカケの作り方その1は、携帯電話を探してもらうフリをするという事です。
好きな人の前で携帯電話が見当たらないフリをしましょう。
そして、自分の電話番号を好きな人に伝えて、電話をかけてもらうのです。
相手に電話をかけてもらって携帯を鳴らしてもらう事によって携帯電話がどこにあるのかを発見する事が出来ますし、自然なキッカケで電話番号を聞き出す事が出来ます。
もちろん見当たらないフリなので、実際に自分ではどこに携帯電話があるかは分かっていると思います。
なので、携帯電話を発見出来た時はわざとらしくならないように注意する必要はありますが、「あったあった!ありがとう。」と軽めに流せば相手も不自然には思わないでしょう。
携帯電話が見つかったら、きちんとお礼も言って「それ、私の番号だから良かったら登録しておいてね。私も登録しておいていい?」と一言付け加えれば自然と番号交換が出来るはずです。
「登録しておいていい?」と言われて、「やめて!」という人は殆ど居ないでしょう。
もしその時点で拒否されたら現時点では脈なしだと割り切った方が良いかもしれません。

(2)共通点に関する話をしている時に聞き出す

好きな人から電話番号を聞き出すキッカケの作り方その2は、共通点に関する話をしている時に聞き出すという事です。
人は共通点がある人に対して親近感を持ちますし、警戒心が解けるものです。
なので、好きな人が興味を持っている事であったり、好きなことを予めリサーチしておいて、自分もそれに関して興味を持って色々と調べたり知識をつける事から始めてみてください。
そして、好きな人と会話をしている時にさりげなく共通点に関して触れてみましょう。
きっと話は盛り上がるはずです。
話が盛り上がれば、あとは「もっと色々とお話したいので、良かったら番号交換しませんか?」と切り出せば、殆どの場合が拒否される事なく電話番号を交換出来るでしょう。
ただし、共通点に関する話題は相手の嫌いなもので共通点を見つけるのではなく、好きなもので共通点を見つけるようにしましょう。
嫌いなもので共通点を持つよりも、好きなもので共通点を持つ方が遥かに効果的です。

(3)相談事を持ち掛けたタイミングで聞き出す

好きな人から電話番号を聞き出すキッカケの作り方その3は、相談事を持ち掛けたタイミングで聞き出すという事です。
些細な事でも構いませんので、何かしら相談事を見つけてみましょう。
そして、好きな人にその悩みを相談するのです。
男性は基本的に女性から頼られたら喜ぶ生き物なので、相談事をされて嫌な顔をする男性は殆どいません。
相談事を持ち掛けて、好きな人があなたの話を真剣に聞いてくれている時に頃合いを見計らって、「ごめんなさい!ちょっとこの後用事があるから行かなきゃいけないんです。相談事の続きを話したいので、良かったら電話番号を交換しておきませんか?」と切り出しましょう。
そうすれば自然な流れで電話番号を交換出来るはずです。
ただし、こちらから相談を持ち掛けておいて話を途中で切り上げるわけですから、きちんと謝罪することを忘れないようにしましょう。
また、相談事があまりにも重たい内容だと好きな人を困らせてしまうので軽めの内容にするのがベストです。

(4)他の人と一緒になって聞き出す

好きな人から電話番号を聞き出すキッカケの作り方その4は、他の人と一緒になって聞き出すという事です。
自分一人では好きな人から電話番号を聞き出すキッカケを作れないなら、好きな人と接点があまりないあなたの友達や知人を頼ってみましょう。
友達や知人には予め事情を説明しておいて、その友達や知人を交えてあなたの好きな人と話をする機会をどうにか作ってください。
そして、友達や知人に「良かったら連絡先交換しませんか?」と切り出してもらうのです。
そのタイミングであなたも「良かったら私も・・・」と好きな人に切り出してみましょう。
友達や知人があなたの好きな人と連絡先を交換しているタイミングで、あなたも交換したいという旨を切り出せば大抵の場合は了承してくれるでしょう。
友達や知人とは交換したのに、あなたとだけ交換を拒否するという事はほぼありません。
一人では聞けないという奥手な女性だったとしても、友達や知人に同調してなら聞き出しやすくなるはずです。

(5)思い切って自分の電話番号を渡す

好きな人から電話番号を聞き出すキッカケの作り方その5は、思い切って自分の電話番号を渡すという事です。
聞き出す勇気が持てないなら、自分の電話番号を紙に書いて好きな人に渡すというのも一つの方法だと言えます。
この方法なら、紙に書いた自分の電話番号を渡すだけなので、交換する時に好きな人と言葉をしっかり交わす必要もありません。
「あとで見てください。」と手紙を渡すだけでも自分の連絡先を相手に伝える事が出来るのです。
しかし、この方法のデメリットは必ずしも相手からの連絡が来るとは限らないという事でしょう。
相手があなたに対して微塵も興味を持っていなければ、連絡を貰えないという事もあり得ます。
ただ、必ずしも連絡を貰えるとは限らないといっても、大抵の場合は連絡してきてくれるはずなので、奥手な女性にはオススメの方法だと言えます。
面と向かって直接聞く事が出来なくても、手紙を渡すくらいなら出来るはずです。

【2】好きな人と電話したい!電話をかける口実や話題10選

電話占い

好きな人と電話番号を交換した後でも、なかなか電話をかけられない人もいると思います。
「電話をかける口実が思いつかない・・・」「電話をかけたとしても何を話題に話そうかな?」と頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。
ここでは好きな人に電話をかける口実や話題を紹介していきたいと思います。
好きな人に電話をかけられないと悩んでいる人はぜひこちらを参考にしてみてください。

(1)業務連絡で

好きな人に電話をかける口実や話題その1は、業務連絡で電話をかけるという事です。
業務連絡であれば、連絡を取る必要がありますし、電話をかける口実として十分な理由になるでしょう。
業務連絡だからといって、何も堅苦しくなる必要はありませんし、仕事の内容に限定されるわけでもありません。
友達同士で集まる予定の話であったり、用事に関する連絡でも良いでしょう。
「次の日曜に皆で集まる時の話なんだけど、今いいかな?」「来週ある〇〇のことで連絡したい事があって電話したんだけど・・・」と切り出せば、相手も自然に話を聞いてくれるはずです。
業務連絡の話になってしまいますので、会話の内容はあまり楽しくないかもしれませんが、伝えるべき事を伝え終えた後に軽く世間話に発展させる事も可能だと思います。
電話口の相手の反応だったりテンションを見ながら、世間話に発展させても大丈夫そうなら、業務連絡で伝えなければならない事を伝え終えた後に会話を広げていっても良いでしょう。

(2)重くない軽めの悩み相談で

好きな人に電話をかける口実や話題その2は、重くない軽めの悩み相談で電話をかけるという事です。
軽めの悩み相談であれば、相手も気軽に話を聞きやすいですし、悩み相談をされた事によって頼られている事を実感出来るので、嫌な気分になる男性は少ないでしょう。
「ちょっと相談したい事があるんだけど、今平気?」「〇〇くんにしか相談出来ない事があって・・・話聞いてくれないかな?」と電話をかけた時に切り出せば、大抵の場合は「どうしたの?」と話を聞いてくれるはずです。
悩み相談をする事によって二人の距離感は縮まるはずですし、話題に関しても悩み事を相談すれば良いので新しい話題を見つける必要がないのもメリットだと言えます。
ただし、相談する悩み事は重くない内容にしましょう。
また、悩み事が解決したか解決しなかったかに関係なく、話を聞いてくれた事に対して相手にきちんとお礼を言うのを忘れないようにしてください。

(3)物の貸し借りで

好きな人に電話をかける口実や話題その3は、物の貸し借りで電話をかけるという事です。
好きな人と何かしら共通点を持っているなら、その共通点に関する事での貸し借りを話題に電話をかけるのもオススメだと言えます。
例えば、お互いに音楽が好きなら「〇〇くんがオススメのアーティストのCD貸して欲しいな。」とか「私が好きなアーティストのCD貸すから聞いてみて欲しいな。」といったように話題を作る事が出来ると思いますし、お互いに読書が好きならCDの部分を本に変えても話題として成り立つでしょう。
貸し借りを行うことによって、会う口実も作れますし、後ほど貸し借りしたものに関する感想を話し合う機会も作れます。
あまりに何度も同じことを繰り返すと「またか・・・」と思われてしまうリスクもありますが、一度や二度くらいなら「この前貸してくれたやつすごく良かった!他にも何かオススメない?」と一度貸し借りを行うことによって次にも繋げやすくなるでしょう。

(4)近況報告で

好きな人に電話をかける口実や話題その4は、近況報告で電話をかけるという事です。
近況報告は電話をかける口実として有効ですし、自然な会話の流れで話を広げていけるでしょう。
最近あまり話をしていなかったり、会っていない状況が続いている時に使える口実です。
「久しぶり!最近どう?」という風に電話をかけるだけで十分です。
そこから話を色々と広げていけますし、こちらも近況を話したり、相手の近況を聞いたりする事によって会話は無限に広がるでしょう。
ただし、タイミングが悪いと相手が落ち込んでいる可能性もあります。
その場合は、話を親身になって聞いてあげたり、相手が話したくないという態度を取っているならそっとしてあげるのがベストです。
話したくないという態度を取っている時に無理に「何かあったの?」としつこく聞き出そうとしてしまうと、相手の気分を害してしまう可能性の方が高いので、その点には注意してください。

(5)趣味に関する話題で

好きな人に電話をかける口実や話題その5は、趣味に関する話題で電話をかけるという事です。
趣味に関する話題であれば、相手も話をしやすいと言えます。
共通の趣味があるなら共通の趣味に関する話題で構いませんし、共通の趣味を持てていないなら相手の趣味に関する話題でも良いでしょう。
「〇〇くんが好きって言ってたこと、私も興味出てきたから教えてほしいな?」といった感じで、電話をかけると相手は自分が好きな事に興味を持ってもらえた事が嬉しくて、色々と教えてくれるはずです。
また、相手の趣味が分かっていてそれに関する新しい情報が手に入ったなら、それを教えてあげるのも喜ばれるでしょう。
趣味に関する話題は話を広げていきやすいので、電話をする口実や話題にオススメです。

(6)仕事に関する話題で

好きな人に電話をかける口実や話題その6は、仕事の話題で電話をかけるという事です。
仕事に関する話題であれば、男性は頼られている事を実感するので嫌な顔をする人は殆ど居ないでしょう。
同じ職場であれば、「仕事のことで相談したい事があるんだけれど・・・」と話を切り出せば、相手は親身になって話を聞いてくれるはずです。
職場が同じでなくても「仕事のことで悩んでいて、良かったら話聞いてくれないかな?」と言えば「ダメ!」という男性は殆ど居ないでしょう。
大抵の場合、話を聞いてくれるはずなので、親身になって話を聞いてくれた相手に対してはきちんとお礼を述べるようにしましょう。
また、仕事の悩みを解決してくれたお礼に食事などのデートに誘ってみるのもオススメです。

(7)共通の知人や友人の話題で

好きな人に電話をかける口実や話題その7は、共通の知人や友人の話題で電話をかけるという事です。
好きな人との間に共通の知人や友人がいるなら、その話題を口実に電話をかけるのもオススメだと言えます。
例えば、共通の知人や友人に何か事件が起きた時に「そういえば〇〇さん、この前大変なことがあったみたいだけど話聞いた?」といったように共通の知人や友人の出来事を話題にして電話出来るでしょう。
そこから話を広げていけば良いのです。
また、共通の知人や友人が遠方にいる場合、GWや年末などのタイミングでこちらに戻ってくるようならそのタイミングで電話も出来るでしょう。
共通の知人や友人の話題で電話をしていたら、話の流れで「今度皆で集まろっか!」という話にも発展しやすいので好きな人と会う機会を作れる場合もあります。

(8)その日の出来事についての話題で

好きな人に電話をかける口実や話題その8は、その日の出来事についての話題で電話をかけるという事です。
その日の出来事なんて興味ないんじゃないかな?と思うかもしれませんが、恋人関係だったらその日にあった出来事を話したりしますよね。
それと同じです。
関係は恋人同士ではないにしても、その日にあった出来事を話すのは普通の事なのです。
ただし、大した内容でもないのに毎日のように電話をしていたら嫌がられてしまうケースの方が多いので、一大事件が起こった時に電話するようにしましょう。
また、暗い話題ではなく明るい話題の方が話を聞いている相手も楽しい気持ちになれるので、出来るだけポジティブな話題を選んで話すようにしましょう。

(9)行ってみたいお店やデートスポットの話題で

好きな人に電話をかける口実や話題その9は、行ってみたいお店やデートスポットの話題で電話をかけるという事です。
新しいお店が出来たり、話題になっているデートスポットなどがあれば、それを話題にして電話をするとデートに発展させやすいと言えるでしょう。
例えば、「〇〇くんが好きそうなお店見つけたよー!」とか「新しく〇〇に出来たお店、美味しそうだよ!」といった内容の話を電話ですれば、「今度一緒に行ってみる?」と相手も誘いやすいです。
相手から誘いの言葉をかけられなければ、こちらから「今度一緒に行ってみない?」と誘ってみても良いでしょう。
ただし、あまりにも相手の趣味とかけ離れているお店や場所の話題だと彼に興味を持ってもらえない可能性もあるので、相手が好きそうなお店や場所の話題に厳選する方が良いです。

(10)前回遊んだ時の話題で

好きな人に電話をかける口実や話題その10は、前回遊んだ時の話題で電話をかけるという事です。
好きな人と以前二人で遊んだ事があったり、グループでどこかに出掛けた事があるなら、その時の話を話題に出しても良いでしょう。
「この前二人で行ったお店美味しかったよね!」とか「この前、皆で出掛けた所楽しかったよね!」といったように前回遊んだ時の話題を電話で話すことによって、相手もその時の楽しかった思い出を蘇らせる事が出来ます。
また、グループで遊んだ時の話なら「今度は二人で行ってみない?」という風に、二人きりのデートの誘いに発展させる事も出来るでしょう。
二人で遊んだ時の話なら、「またどこかに遊びに出掛けようね!」という風に次のデートの約束にも繋げる事が出来るはずです。
楽しかった思い出なら会話も弾むはずなので、前回遊んだ時の話題で電話をするのもオススメだと言えます。

【3】好きな人と電話する時はココに注意!電話をかける時のマナー9選

好きな人と電話をするという行為は、相手との距離を縮められますし、交際へと発展させる上でとても大切です。
しかし、マナーを守らないと電話という行為が裏目に出てしまって嫌われてしまう事もありますので注意が必要だと言えます。
好きな人に電話をかける時、どんな点に注意すれば良いのでしょうか。
ここでは好きな人と電話をする時に気を付けなければいけないマナーを紹介していきますので、以下のマナーは守るようにしましょう。

(1)電話をかけるのは週に1回から2回程度にする

好きな人に電話をする時のマナーその1は、電話をかけるのは週に1回から2回程度にするという事です。
あまりにも頻繁に電話をしていたら、相手にとっても負担になってしまいますし、相手のプライベートの時間を奪っている事にもなってしまいます。
あなたが頻繁に電話をかける事によって、彼が趣味に割く時間が減ったり、睡眠時間を妨害されたなんて事になってしまえば、あなたの電話は彼にとって邪魔以外の何物でもありません。
そう思われてしまったら、距離を縮めようと思って電話をかけている行為が逆効果になってしまいますので、週に1回から2回くらいの頻度に抑えて、彼のプライベートを邪魔しないように気を付けましょう。

(2)電話をかける時間帯は相手の都合に合わせる

好きな人に電話をする時のマナーその2は、電話をかける時間帯は相手の都合に合わせるという事です。
一般的には、夜の20時から22時くらいが迷惑になりにくい時間帯だと言われていますが、生活リズムは人それぞれ違いますので、迷惑にならない時間帯を好きな人から予め聞いておくのがベストでしょう。
「何時なら電話かけても迷惑じゃないかな?」とストレートに聞いても良いですが、唐突にそんな質問をしても聞かれた方は「何故?」と思う場合が多いと思いますので、「いつも仕事終わってから家でのんびりしてる時間帯って何時くらいなの?」といったように聞き方を少し変えるのがオススメです。
そうすれば相手も怪しんだりせずに「〇時くらいかな。」と答えやすいでしょう。

(3)電話をかける前にLINEなどで「今電話いい?」と確認する

好きな人に電話をする時のマナーその3は、電話をかける前にLINEなどで「今電話いい?」と確認するという事です。
LINEなどでワンクッションを入れる事によって、相手の都合が悪いタイミングで電話をかける事を未然に防ぐ事が出来ます。
こちらが電話をかけようとしたタイミングが、相手にとって都合が悪ければLINEの返信はこないでしょうし、電話かけても大丈夫なタイミングであれば「大丈夫だよ。」と返信がくるでしょう。
ただし、そのワンクッションを入れることを面倒に感じる男性もいるので、相手の性格を見極めるようにしましょう。
「都合悪い時は電話に出ないだけだからわざわざ確認しなくても良いよ。」という男性も中にはいるのです。
そういった男性にとってはLINEで「電話大丈夫だよ。」と返信をする事を面倒に感じる人もいるので、確認のしすぎには気を付けましょう。

(4)明るい印象を持ってもらえるように声のトーンを上げる

好きな人に電話をする時のマナーその4は、明るい印象を持ってもらえるように声のトーンを上げるという事です。
電話だと相手の顔が見えないので、表情が分かりません。
暗いテンションで電話をしていると、「つまらないのかな?」「機嫌悪いのかな?」と相手に余計な心配をさせてしまいますので、好きな人と電話で話す時は明るい印象を持ってもらえるように声のトーンを上げるのを忘れないようにしましょう。
楽しい雰囲気を作り出さないと、せっかく電話をしていても相手に楽しいと思ってもらえないばかりか、印象は下がってしまいますので逆効果です。

(5)相手が話している時は相槌を打つ

好きな人に電話をする時のマナーその5は、相手が話している時は相槌を打つという事です。
電話で顔が見えないからこそ、相手が話している時に無言でただ話を聞いているだけは良くありません。
無言で話を聞いていると相手は「ちゃんと聞いてる?」「話つまらないのかな?」と思ってしまう可能性が高くなってしまいます。
それを防ぐ為には、相手の話を聞きながらきちんと相槌を打ってあげるという事です。
相槌を打つ事によって、相手は「ちゃんと聞いてくれてるんだな。」と実感出来ますし、気分良く話が出来るのです。
気分良く相手に話をしてもらうという事は、会話を弾ませる上で大切な事なので相槌を打つという事は忘れないようにしましょう。

(6)自分ばかりが話さないようにする

好きな人に電話をする時のマナーその6は、自分ばかりが話さないようにするという事です。
好きな人と電話している事が嬉しくて、ついつい自分の話ばかりになってしまう人もいるかもしれませんが、それは良くありません。
自分ばかりが話をしていて、相手の話を聞く姿勢を見せないと相手には悪印象を与えてしまうでしょう。
また、こちらから話を振るなら相手が興味を持てるような話題をなるべく選択するようにするのが大切です。
自分が話したいことを話すというスタンスではなく、相手に楽しんでもらうというスタンスを持って好きな人との電話には臨みましょう。

(7)長電話にならないように気を付ける

好きな人に電話をする時のマナーその7は、長電話にならないように気を付けるという事です。
話が盛り上がってしまうとついつい長電話になってしまう事もあるかもしれません。
しかし、あまり長電話をしてしまっていると相手のプライベートの時間を奪っている事になります。
また、男性は要件だけを電話で話したいと思っている人も多いので、相手がそのタイプの男性であれば要件以外の話をして長電話になってしまうと「早く電話切りたい・・・」という感情を抱かせてしまいます。
好きな人とはなるべく長く電話をしていたいという気持ちは分かりますが、長電話にならないように気を付けましょう。
ただ、相手がノリノリで話をしている場合は無理に早く電話を切ろうとしなくても大丈夫です。

(8)周りがガヤガヤしている環境で電話しない

好きな人に電話をする時のマナーその8は、周りがガヤガヤしている環境で電話しないという事です。
外出先だったり、テレビの音がうるさかったり、雑音がうるさい環境で電話をかけてしまうと、お互いがお互いの声を聞き取りにくくなってストレスを感じさせてしまいます。
相手にとって迷惑になりますから、電話をかける時は静かで落ち着いて話せる環境で電話をかけるようにしましょう。

(9)電話を切る前にはきちんと挨拶や感謝の気持ちを伝える

好きな人に電話をする時のマナーその9は、電話を切る前にはきちんと挨拶や感謝の気持ちを伝えるという事です。
基本的に電話をかける時は夜が多いと思いますので、電話を切る時には「おやすみなさい。」と寝る前の挨拶を忘れないようにしましょう。
そして、貴重なプライベートの時間を自分との電話に割いてくれた相手に感謝して「遅くまで電話に付き合ってくれてありがとう。」「〇〇くんの声聞けて嬉しかった。ありがとう。」と感謝の気持ちをきちんと伝えるようにしましょう。
そうすれば好印象を持ってもらいやすくなります。

【まとめ】

 

 

今回は、好きな人に電話番号を聞くキッカケの作り方や、好きな人に電話をかける口実や話題、そして電話をかける時のマナーなどを紹介してきましたがいかがでしたか?
好きな人を目の前にすると緊張してしまって、なかなか電話番号を聞き出せなかったり、電話をかける前も躊躇してしまう事はあると思います。
そんな時には、今回紹介してきた内容を参考にして、一歩踏み出す勇気を持ってみてください。
行動する事によって、好きな人との距離感は縮まるはずですし、関係性は前に進みます。
相手の迷惑を考える事はとても大切ですが、相手の迷惑を考えた上で一歩踏み出す勇気を持つことはもっと大切だという事を忘れないでくださいね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事