1. HOME
  2. ブログ
  3. 【復縁】元彼と100%確実に復縁したい人へ贈る男性心理テクニック!

【復縁】元彼と100%確実に復縁したい人へ贈る男性心理テクニック!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

皆さんは、別れた元彼と復縁をしたいと考えた時、どのような方法を取りますか?
元彼と復縁出来るように自分磨きに精を出して別れた頃よりも綺麗になる努力をしたり、徐々にやり取りを復活させていって再度関係を築き上げていこうとしたり・・・様々な方法を活用して元彼との復縁を目指す人が殆どだと思います。
もちろん、自分磨きをして別れた頃よりも綺麗になる努力をしたり、再度関係を築き上げていこうとする事は復縁において必要な事ですし、非常に効果的な方法である事は間違いありません。
しかし、復縁の成功率をより高めて、確実に復縁を成功させる為には男性心理を知っておく必要もあるでしょう。
そして、心理学テクニックを活用すれば元彼と復縁出来る確率をほぼ100%まで引き上げる事も可能になるのです。
今回は、元彼と100%確実に復縁したい人に贈る心理学テクニックを紹介していきたいと思いますので、元彼との復縁を目指している女性はぜひ参考にしてみてください。
また、復縁を目指すなら知っておいた方が良い男性心理も併せて紹介していきたいと思います。

【1】復縁を目指すなら知っておいた方が良い3つの男性心理

男性がどのような考えを持っているのかを知っているのと知っていないのとでは、復縁を目指す上で大きな差が生まれてきます。
当然、男性の考えを深く理解している方が復縁にはプラスに働きますし、成功率がアップするのも間違いありません。
ここでは、復縁を目指すなら知っておいた方が良い男性心理を紹介していきたいと思いますので、しっかりと把握しておくようにしましょう。

(1)追われるよりも追いかけたい

復縁を目指すなら知っておいた方が良い男性心理その1は、追われるよりも追いかけたいという心理です。
男性は、追われるよりも追いかけたいという心理を本能的に持っている生き物なのです。
これは狩猟本能に起因していると言われていますが、恋愛に対しても同じことが言えます。
復縁を目指している時は、ついつい元彼のことを追いかけてしまっているケースも多いかもしれませんが、それは逆効果なのだという事を頭に入れておきましょう。
復縁を成功させる為には、こちらから元彼のことを追いかけるのではなく、元彼に追いかけさせるように上手に仕向けていく事が大切なのです。

(2)常に自由でいたいと思っている

復縁を目指すなら知っておいた方が良い男性心理その2は、常に自由でいたいと思っているという心理です。
男性は自由を好む生き物でもあります。
それは、恋愛をしていたり結婚をしていても同じです。
束縛される事を嫌って、自分の自由を確保しておきたいという心理を持っているのです。
女性側がこういった男性心理に理解を示してあげる事で、男性は「あの子は理解力がある!」と思うようになります。
そして、「自由を許してくれるなら付き合っても良いかな?」と思うようになるのです。
復縁を成功させる為には、男性の自由でいたいという心理に理解を示してあげる事も大切だと言えるでしょう。

(3)同時に複数のことは考えられない

復縁を目指すなら知っておいた方が良い男性心理その3は、同時に複数のことは考えられないという心理です。
女性は同時に複数のことを考える能力に長けていますが、男性は違います。
同時に複数のことは考えられない脳の構造をしているのです。
女性は恋愛と仕事を両立したり、別のことと同時進行で物事を進めることが出来ますが、男性は女性のように器用に同時進行で物事を進められません。
男性の仕事が忙しい時に恋愛に目を向けて欲しいと思っても無理なのです。
つまり、復縁を迫るなら男性の心に余裕があるタイミングを見計らう必要があります。
男性は、同時に複数のことは考えられないという心理を持っているという事も頭に入れておきましょう。

【2】復縁に効果絶大!!元彼との復縁に役立つ心理学テクニック8選

復縁

元彼との復縁に役立つ心理学テクニックとは一体どのようなテクニックがあるのか気になる女性も多いと思います。
復縁を目指している女性にとっては、復縁に役立つなら是が非でもそのテクニックを知りたいと思うはずですし、実践したいと思うはずですよね。
復縁に効果絶大の8つの心理学テクニックを紹介していきますので、自分に合ったテクニックを実践してみてください。
また、心理学に基づいていますので聞き慣れない名称のテクニックもあると思いますが、内容を知れば「あ~そういう事か!!」と理解出来るテクニックが殆どなので、難しく考えずに確認していってみてくださいね。

(1)ザイオンス効果を活用した復縁テクニック

ザイオンス効果というのは、同じ物や人に接していく回数が増えれば増えるほど、その物や人に対して好印象を抱くようになる効果のことです。
テレビのCMが良い例ではないでしょうか。
最初に見た時には何とも思わないかもしれませんが、何度も同じCMを目にする事によって、段々とそのCMの事が好きになっていくという経験をした人も多いと思います。
テレビのCMはそうなるように考えられて作られているものが殆どなのです。
何度もCMで目にする事によって、実際に商品を購入する時もCMで見た事のない商品よりもCMで見た事のある商品を自然と選んで購入する事があると思います。
このように何度も接する事によって、相手に好印象を抱いてもらえるようになるのです。
それは恋愛においても同じ事が言えますので、復縁にも有効に活用出来るでしょう。

≪実際の活用例≫

ザイオンス効果を復縁に活用する場合、相手と接する時間を濃くするよりも、接する回数を増やすという事に徹底すると良いでしょう。
相手と過ごす時間を濃くする事ももちろん大切だと言えますが、相手と過ごす時間を濃くしても過ごす回数がその1度きりであれば、ザイオンス効果を期待出来ないのです。
「元彼と会う機会があっても、あえて短い時間で解散して次に繋げる」「連絡をしても、少ないやり取りで終わらせて次に繋げる」「同じ職場や学校なら、何度も相手とすれ違いになるルートを選んで歩く」といったように、接する回数を意図的に増やせるように心がけていくと、ザイオンス効果を期待出来ます。

≪注意点≫

ザイオンス効果を復縁に活用したいからといって、接する時間を短くして回数を増やそうと思うあまり、対応が雑になってしまっては元も子もありません。
相手の要件が終わっていないのに無理矢理話を終わらせてその場を去ろうとすれば、相手はこちらに対してほぼ間違いなく悪い印象を抱くでしょう。
それでは意味がありませんので、短い時間を意識するあまり対応が雑になってしまわないように気を付けましょう。

(2)コミットメントと一貫性を活用した復縁テクニック

コミットメントとは「約束を果たす人でありたい」という心理で、一貫性とは「約束を守れる一貫性のある人でありたい」という心理の事です。
つまり、「一度約束した以上、その約束事は何があっても守ろうと一貫性のある行動を取らせる」というテクニックなのです。
簡単に例を挙げると、「人のことを外見で判断するような男性は嫌い。」という発言をした後に、自分好みの男性が目の前に現れたら「あの人カッコイイ・・・」とは言えなくなりますよね。
思わず口にしてしまう人もいるかもしれませんが、口にした後に「さっき言った事と真逆の発言をしてしまった・・・」と後悔する人も多いと思います。
この心理学テクニックを活用するのにオススメなのは、責任感が強い元彼であったり、嘘が嫌いなタイプの元彼です。
責任感が強い元彼であったり、嘘が嫌いなタイプの元彼だったら、このテクニックは絶大な効果を期待出来るでしょう。

≪実際の活用例≫

コミットメントと一貫性の心理学テクニックを活用する場合、別れ方が大事だと言えます。
別れる時に、「別れてもまた遊ぼうね。」「別れても普通に連絡取り合って友達のように接していこうね。」とこちらから告げたり、相手の方から言ってもらうのが大切になってきます。
こちらから告げるよりも、出来る事なら相手の方から言ってもらう方がより高い効果を期待出来るでしょう。
その為には、相手から「別れてもまた遊ぼうね。」「別れても普通に連絡取り合って友達のように接していこうね。」と言ってもらえるように上手に会話を誘導する事が大切です。
相手が優しい人なら、別れ際に「もう連絡したら迷惑かな・・・?」「もう会わない方がいいよね・・・?」と声をかけると「そんな事ないよ!今まで通り連絡は取ろう!」「普通に友達として遊ぼうよ!」と言ってもらえる事もあるでしょう。

≪注意点≫

注意点としては、無理矢理相手に言わせて約束をさせても意味がないという事です。
半分脅しのように「復縁するって言ってくれないなら死ぬ!!」と相手に迫って、「わかった・・・復縁するって言うよ。」と強引に言わせても、コミットメントと一貫性の心理は働きません。
むしろ逆効果になってしまうケースの方が殆どなので、自然な会話の中で約束させるようにしましょう。

(3)好意の返報性を活用した復縁テクニック

好意の返報性というのは、人は誰かから施しを受けた際に「〇〇してくれたからお返ししなきゃ。」という気持ちを抱く事が多いのを利用した心理学テクニックです。
返報性の中には、嫌なことをされた時に「仕返ししてやる!!」という感情も含まれていますが、それは嫌なことをされた場合のみに働く心理なので今回は関係ありません。
好意の返報性を活用する心理学テクニックは、好意を相手に与えることが重要になりますので、間違っても嫌悪感を相手に与えないようにしましょう。
人によって差はありますが、好意を送れば好意を返してもらえるのです。

≪実際の活用例≫

好意の返報性を活用して復縁を成功させる為には、積極的に元彼を褒めたり、特別扱いすると良いでしょう。
殆どの人が誰かから「〇〇さん(あなた)、最近綺麗になったね~」と褒められると、その褒めてくれた人に対して好印象を持ちますよね。
それは褒めてくれた相手があなたに対して好意を送ってくれたから、あなたも相手に対して好印象を持つのです。
復縁においても同じように、元彼のことを積極的に褒めたり、特別扱いする事によって、元彼はあなたに対して好印象を抱きやすくなります。
「ちょっと頼みたい事があるんだけど・・・」と言うよりも、「〇〇(元彼)にしか頼めないから頼みたい事があるんだけど・・・」と言う方が特別扱いしている事になりますし、言い方ひとつで好意を送ったり特別扱いする事は出来ますので、意識してみると良いでしょう。

≪注意点≫

好意の返報性を活用して復縁を成功に導く場合、好意を伝えるという事を「告白」だと勘違いしてはいけません。
もちろん、告白は好意を伝える行動ではありますが、復縁を目指している段階でタイミングを考えずに告白してしまうと、元彼がまだその気になっていなかったら「期待させないようにしよう・・・」という心理が働いて、完全に拒絶されてしまう事の方が多いです。
好意は伝えなければいけませんが、直接口に出して告白するのではなく「もしかしたら元カノはまだ俺のこと好きなのかな・・・?」と相手に思わせるくらいに留めておきましょう。
また、別れた直後や元彼の気持ちに整理がついていない状態の時に好意を送っても効果は期待出来ませんので、ある程度の冷却期間を設けてから好意を送るようにしましょう。

(4)オペラント条件付けを活用した復縁テクニック

オペラント条件付けというのは、相手の行動に応じた対応を取る事によって「自分がこんな行動をするとこういう結果になるんだ」というのを覚えさせて、行動をコントロールする心理学テクニックです。
簡単な例を挙げると、仕事を頑張ってボーナスが出たり昇給したら殆どの人は「もっと頑張ろう!!」と思うはずです。
しかし、どんなに仕事を頑張ってもボーナスも出なくて昇給もしなければ、仕事に対するやる気はどんどん削がれていってしまう人が殆どですよね。
このように相手の心理に刺激を与える事によって、行動をコントロールしていく事が出来るようになるのです。

≪実際の活用例≫

オペラント条件付けを復縁に活用する場合は、積極的に元彼を良い気分にさせるのが理想的です。
元彼から連絡がきたら「連絡くれてありがとう!」と言ったり、遊びに出掛けたり用事に付き合ってもらったら「今日はありがとう!楽しかった!」といったように感情を素直に表現すると良いでしょう。
お礼を言われたり、楽しかったと言われたら、殆どの人は良い気分になるはずです。

≪注意点≫

オペラント条件付けを復縁に活用する時に注意すべき事は、効果は1日や2日で現れるものではないということを予め理解しておくという事です。
なかなか効果が現れないと焦ってしまう気持ちは分かりますが、オペラント条件付けは子供のしつけと同じようなものなのです。
効果が現れるまでには時間がかかりますので、焦らないようにしましょう。

(5)ウィンザー効果を活用した復縁テクニック

ウィンザー効果というのは、第三者から与えられた情報の方が信憑性が増して、印象良く心に残るという心理効果です。
簡単な例を挙げると、引っ越しで不動産を回っている時に「当社は親切な対応がウリで、他よりも良い物件を揃えています!」と言われてもいきなりは信用出来ない人が多いのではないでしょうか。
しかし、友人や知人から「あの不動産、とても親切だったし良い物件も多かったよー!」と言われたら「ならあの不動産に行ってみようかな?」と思う人は多いはずです。
こういった心理学テクニックを復縁にも活用する事が出来るのです。

≪実際の活用例≫

ウィンザー効果を活用して復縁を成功に導く為には、様々な方法がありますが、効果的な方法は「元彼が見るであろうSNSにイメチェンした写真を投稿して、他の人から沢山いいねをもらう」といった方法や、「共通の友人や知人にあなたが(良い意味で)変わった事を話題にしてもらう」といった方法が一般的です。
ウィンザー効果は、あなた自身の評価や元彼からの評価ではなく、第三者からあなたのことを評価してもらう事が非常に重要なポイントになってくるのです。

≪注意点≫

ウィンザー効果を活用する時の注意点は、あなた自身が自主的にアピールしているのではないという事を前提にするのが大切です。
つまり、評価が欲しくてSNSに投稿したり、共通の知人や友人に頼んであなたの話題を出してもらった事を元彼に悟られないようにしましょう。
元彼に悟られてしまったら、「わざとらしい・・・」「回りくどい・・・」と思われてしまう確率の方が高いですし、逆効果になってしまいますので注意が必要です。

(6)ゲインロス効果を活用した復縁テクニック

ゲインロス効果というのは、ギャップを活用してこれまでのイメージを覆すという心理学テクニックです。
例えば、清廉潔白な弁護士や政治家が法律違反を犯したり、不倫などの倫理観が欠如したトラブルを起こすと世間は大騒ぎする事が多いと思います。
それはイメージとの違いやギャップが原因になっています。
ギャップが大きければ大きいほど、その事に対して人は関心や興味を持つという心理があるので、それを復縁に活用する事が出来るのです。

≪実際の活用例≫

ゲインロス効果を復縁に活用する際は、イメチェンして復縁したい元彼にアプローチを仕掛けるのが効果的です。
外見のイメチェンでも効果はありますが、内面のイメチェンも大きな効果を得る事が出来るでしょう。
例えば、元彼がうざいと思うくらいに毎日しつこく連絡を取り合うような愛情が重い女性だった場合は、別れた後の連絡をピタリと止める事によってこれまでとの違いやギャップを元彼に感じさせる事が出来ます。

≪注意点≫

ゲインロス効果を復縁に活用する場合に注意しなければいけない事は、「良いイメージから悪いイメージのギャップを作らないようにする」という事です。
「悪いイメージから良いイメージのギャップ」を作らなければ意味がありません。
良いイメージを持たれていた事はそのままで、悪いイメージを持たれていた事を変えていく努力をして、イメチェンするようにしましょう。

別れ話をする不倫カップル

(7)カタルシス効果を活用した復縁テクニック

カタルシス効果というのは、不満や不安、愚痴を相手に吐き出させる事によって安心感や信頼を抱いてもらい、好印象を持ってもらう心理学テクニックです。
あなたが不満や不安、愚痴をこぼす相手は、大抵が信頼出来る人ではないでしょうか。
もともと信頼していたという場合もあるでしょうが、不満や不安、愚痴を話しているうちに信頼出来るようになったという場合もあるでしょう。
信頼を勝ち取る事は復縁を成功させる上で重要になってきますので、カタルシス効果は有効な復縁テクニックなのです。

≪実際の活用例≫

カタルシス効果を活用して復縁を成功させる為には、まず元彼から相談をされるような関係を築く事が大切です。
また、積極的に不満や不安、愚痴を元彼に吐き出してもらえるように上手に会話の中で誘導していっても良いでしょう。
「元気なさそうに見えるけど、何かあったの?」「仕事忙しい?」といったように心配するテイで聞き出すと、元彼も自然に不満や不安、愚痴をこぼしてくれるようになるはずです。

≪注意点≫

人の不満や不安、愚痴を聞く時はあなた自身の心の余裕も必要になってきます。
自分から聞き出したのに話の途中であなたが疲れてしまって「もうその話やめよ・・・」と切り上げてしまっては、相手の不満は余計に溜まってしまいます。
また、自分から「〇〇さん(第三者の誰か)、うざくない?」といったようにネガティブな話題に誘導するのもやめましょう。
相手がそう思っていなければ、逆効果になってしまいます。

(8)ランチョンテクニック

ランチョンテクニックというのは、食事の席では心を開きやすいという心理を利用したテクニックです。
食事の席では、三大欲求の一つである食欲が満たされるので人はリラックスした状態になりやすいと言えます。
リラックス状態の時に一緒にいる相手には、親しみを持ちやすいので復縁にも効果を期待出来るのです。

≪実際の活用例≫

ランチョンテクニックを復縁に活用する場合、難しく考えなくても構いません。
単純に一緒に食事をすれば良いのです。
元彼とデートする機会があるなら食事を挟むようにしたり、別件で元彼と再会した時に「この後、時間あるからちょっとご飯でも一緒にどう?」と誘ってみても良いでしょう。
一緒に食事をするというのがポイントなのです。

≪注意点≫

ランチョンテクニックを活用する時の注意点は、元彼の好物であったり、美味しいものを食べに行くようにするという点です。
元彼の嫌いなものであったり、美味しくないものであれば元彼にとっては食事の時間が苦痛になってしまいます。
ランチョンテクニックは、「好きなものや美味しいものを食べて気分を良くする」という、人としてごく当たり前の反応を利用していますので、元彼の好物や美味しいものを食べに行くようにしましょう。
元彼に「何食べたい?」と聞いてみて、元彼が食べたいと言ったものを食べに行くのが確実ですし、失敗しない方法だと言えるでしょう。
くれぐれも自分の食べたいものを優先するのではなく、元彼の食べたいものを優先的に考えるようにしてください。

【まとめ】

 

 

今回は、元彼と100%確実に復縁したい人に贈る心理学テクニックを紹介してきました。
また、復縁を目指すなら知っておいた方が良い男性心理も併せて紹介してきましたが、いかがでしたか?
心理学テクニックという言葉だけ耳にすると、「難しいんじゃないの?」「私には出来ないと思う・・・」と考えてしまうかもしれません。
しかし、難しい事は何もないのです。
少し意識するだけで誰でも出来るような簡単なテクニックを紹介してきましたので、元彼との復縁を目指しているならぜひ今回紹介してきた心理学テクニックを活用してみてください。
きっと元彼との復縁が成功するはずですよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事