• HOME
  • BLOG
  • 未分類
  • 《効果絶大》職場や学校でイジメられない強力な結界のおまじない5選!

《効果絶大》職場や学校でイジメられない強力な結界のおまじない5選!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回はブログ読者の皆さんからご報告頂いた、実際試して職場や学校でイジメられない状況を作る事に効果があった、イジメを回避出来る結界のおまじないをシェアさせて頂きます。

「学生時代にクラスの皆から仲間外れにされて、イジメられていた・・・」「入社した会社でイジメの被害に遭ってしまった・・・」という人もいると思います。
イジメの被害に遭った事がある人なら、どれだけイジメがツライのかを身をもって理解していると思いますので、クラス替えや進学、転職などで新しく環境が変わった時に「今度こそイジメられないようにしよう!!」と思っている人が多いですよね。
しかし、「今度こそイジメられないようにしよう!!」と思っていても、イジメられてしまう時はイジメられてしまいますし、自分が何かをしたわけでもないのにイジメられてしまう事もあると思います。
そういった人たちは、イジメのターゲットにされやすい特徴を持っている可能性が考えられますので、目立たないように大人しくしていたつもりでもイジメの被害に遭ってしまう事があるのです。
イジメの被害に遭わないようにする為には、イジメの首謀者からターゲットにされないようにする事がベストですが、殆どの人が「イジメの首謀者からターゲットにされない為に何をしたら良いのかが分からない・・・」「そもそもイジメの首謀者なんて、実際にイジメられてからじゃないと分からないわ・・・」と思ってしまうかもしれません。
確かに、イジメの首謀者からターゲットにされないようにする為の対策は、イジメの首謀者によって変わりますし、事前に対策を立てるのは困難な場合が多いでしょう。
だからこそ、職場や学校でイジメられないようにしようと思った時は、おまじないの力に頼ってみてください。
おまじないの効果によって、イジメを回避する結界を張る事が出来れば、職場や学校でイジメられなくなる場合も多々あるのです。
実際に、ブログ読者の方々からも「私、イジメに遭いやすいタイプなのか、小中高とずっとイジメられていたんです。小中高は、イジメられている私のことを知っている人も周りに多かったので、仕方ない部分もあるのかなと半ば諦めていましたけど、大学に進学する時に、今度こそイジメられない学生生活を送りたいと考えました。だから、職場や学校でイジメられない状況を作る事に効果があるイジメを回避出来る結界のおまじないを試してみたんです。そしたら、大学ではイジメの被害に遭う事はありませんでしたし、楽しく学生生活を送る事が出来たので、おまじないを試して本当に良かったと思っています。」「私、職場でのイジメが原因で仕事を辞めたんです。だから、次に入社する会社では、絶対にイジメられないようにしようと決意を固めていたので、イジメられないようにする為に悪目立ちしない事と、イジメを回避出来る結界のおまじないを試してみました。そのおかげで、同僚からイジメられる事はありませんでしたし、無事、イジメの被害に遭わずに仕事が出来る環境を手に入れられたんです。」という体験談や報告を沢山頂いています。
そこで今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、職場や学校でイジメられない状況を作る事に効果があるイジメを回避出来る結界のおまじないを紹介していきたいと思いますので、イジメられやすくて困っている人や事前にイジメを回避したい人は、ぜひこの記事で紹介するおまじないを試してみてください。
ただ、おまじないの効果には相性があります。
いくつかイジメを回避出来る結界のおまじないをご紹介しますので、試してみたおまじないの効果を実感出来なかった場合でも諦めずに、掲載されている他のおまじないも試してみましょう。

【職場や学校でイジメられなくなる!!写真を使った効果抜群なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)あなたが写っている写真

(2)緑色のマジック

(3)緑色のペン

(4)白色の布

(5)白色の封筒

(6)のりorセロハンテープ

★おまじないの方法★

(1)まず、あなたが写っている写真と緑色のペンを用意しましょう。

(2)あなたが写っている写真と緑色のペンを用意したら、写真の裏面に緑色のペンで、あなたの名前と生年月日を書いてください。
名前はフルネームで書き、生年月日は西暦から書きましょう。

(3)あなたが写っている写真の裏面に緑色のペンで、あなたの名前と生年月日を書き終えたら、その写真は一旦横に置いておき、白色の布を用意してください。

(4)白色の布を用意したら、白色の布を両手で優しく包み込むように持ちましょう。

(5)白色の布を両手で優しく包み込むように持ったら、目を閉じ、「我をイジメの魔の手から守る力を宿したまえ・・・!!」と心の中で強く念じてください。

(6)念じ終えたら、その白色の布であなたが写っている写真を丁寧に包みましょう。

(7)白色の布であなたが写っている写真を丁寧に包み終えたら、緑色のマジックを用意してください。

(8)緑色のマジックを用意したら、写真を包んだ白色の布の表面に緑色のマジックで大きく円を書き、円の中に六芒星を書きましょう。

(9)写真を包んだ白色の布の表面に円を書いて、円の中に六芒星を書き終えたら、白色の封筒を用意して、白色の封筒に布で包んだ写真を入れてください。

(10)白色の封筒の中に布で包んだ写真を入れたら、のりorセロハンテープを用意しましょう。

(11)のりorセロハンテープを用意したら、のりorセロハンテープを使って白色の封筒に封をしてください。

(12)封筒に封をしたら、その封筒をカバンなどの中に入れて、普段から持ち歩くようにしましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用する写真は、あなたが写っているものであれば基本的にどんな写真でも構いません。
ただし、あなたがメインで写っている写真を使うようにしましょう。
他の人が写り込んでいても構いませんが、あくまでもあなたがメインになって写っている写真を使用しておまじないを行わなければ、おまじないの効果が正常に現れない可能性がありますので、気を付けましょう。

(2)写真の裏面に緑色のペンで、名前と生年月日を書く時は、丁寧に書いてください。
また、名前は必ずフルネームで書き、生年月日は西暦から正しく書きましょう。

(3)白色の布を両手で包み込むように優しく持って、「我をイジメの魔の手から守る力を宿したまえ・・・!!」と心の中で念じる時は、「イジメられたくない!!」という気持ちを強く込めて念じてください。
ここで強い気持ちを込めれば込めるほど、おまじないの効果が高まります。

(4)あなたが写っている写真を白色の布で包む時は、イジメから守るオーラを纏いたいという気持ちを込めて、丁寧に包みましょう。
そうする事によって、おまじないの効果が更に高まります。
そして、写真を包んだ布の表面に緑色のマジックで円を書いて、円の中に六芒星を書く時は、出来るだけ丁寧に書いてください。

(5)白色の布で包んだ写真を入れた白色の封筒は、必ず封をして、普段から持ち歩くようにしましょう。
持ち歩いていないと、おまじないの効果を期待出来ませんので、自宅に置いたままにしないように気を付けてください。

【パワーストーンの力でイジメの魔の手から身を守る!!職場や学校でイジメられなくなる強力なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)マラカイトのパワーストーン

(2)太陽の光

(3)小皿

(4)白色のハンカチ

(5)布製の巾着袋

★おまじないの方法★

(1)このおまじないには太陽の光が必要になりますので、晴れの日を選んでおまじないを行いましょう。
また、太陽の光が一番強いと言われている日中の時間帯におまじないを行うのがベストです。

(2)晴れの日になったら、マラカイトのパワーストーンと白色のハンカチを用意しましょう。

(3)マラカイトのパワーストーンと白色のハンカチを用意したら、白色のハンカチでマラカイトのパワーストーンを丁寧に拭いてください。
この時、「イジメの魔の手から守って欲しい・・・」という気持ちを込めて、丁寧に拭きましょう。

(4)マラカイトのパワーストーンを白色のハンカチで拭き終わったら、小皿を用意して、小皿の上にマラカイトのパワーストーンを置いてください。

(5)小皿の上にマラカイトのパワーストーンを置いたら、その小皿を太陽の光が当たる位置に暫く置いておきましょう。
日当たりの良い窓辺に置いて頂いても構いませんし、直接太陽の光が当たる外に置いて頂いても構いません。

(6)マラカイトのパワーストーンを置いた小皿を1時間ほど太陽の光が当たる位置に置いておいたら、小皿の上からマラカイトのパワーストーンを取ってください。

(7)小皿の上からマラカイトのパワーストーンを取ったら、両手で優しく包み込むように持ちましょう。

(8)マラカイトのパワーストーンを両手で優しく包み込むように持ったら、目を閉じて、心の中でイジメられたくないという気持ちを強く持ちながら、「どうか私(僕)をイジメの魔の手から守ってください・・・!!」と声に出して唱えてください。

(9)唱え終わったら、布製の巾着袋を用意しましょう。

(10)そして、布製の巾着袋の中にマラカイトのパワーストーンを入れてください。

(11)巾着袋の中にマラカイトのパワーストーンを入れたら、その巾着袋をお守りとして普段から持ち歩くようにしましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)マラカイトのパワーストーンは、イジメから身を守る上で非常に高い効果を期待出来るパワーストーンだと言われています。
マラカイトのパワーストーンを使用する事によって、イジメの魔の手から守ってもらえるようになるおまじないになっていますので、このおまじないには必ずマラカイトのパワーストーンを使用しましょう。
マラカイトのパワーストーンが施されているアクセサリーを使って頂いても構いません。

(2)マラカイトのパワーストーンを白色のハンカチで拭く時は、「イジメの魔の手から守って欲しい・・・」という気持ちを込めながら、丁寧に拭きましょう。
ここで強い気持ちを込めれば、おまじないの効果が高まります。

(3)マラカイトのパワーストーンを太陽の光が当たる位置に暫く置いておくのは、浄化の意味があります。
パワーストーンを浄化する事によって、より高い効果を期待出来るようになりますので、必ず太陽の光が当たる位置に1時間程度はマラカイトのパワーストーンを置いておくようにしましょう。
また、マラカイトのパワーストーンには、マイナスなエネルギーを吸収して毒素や穢れを綺麗にする力がありますので、定期的に浄化してあげる事が大切です。
1週間ほどの周期で構いませんので、定期的にマラカイトのパワーストーンを太陽の光が当たる位置に置いて、浄化してあげましょう。

(4)マラカイトのパワーストーンを両手で優しく包み込むように持って、目を閉じ、「どうか私(僕)をイジメの魔の手から守ってください・・・!!」と声に出して唱える時は、イジメられたくないという気持ちを強く込めながら唱えてください。
ここでイジメられたくないというあなたの気持ちをしっかりとパワーストーンに込める事が重要なポイントになります。

(5)マラカイトのパワーストーンを入れた巾着袋は、お守りとして普段から持ち歩いていないと、おまじないの効果を期待出来ません。
必ず普段から持ち歩くようにしましょう。

【すぐにイジメを回避したいならコレ!!画用紙を使った即効性のあるおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)白色の画用紙

(2)黒色のペン

(3)赤色のペン

(4)緑色の糸

(5)接着剤orセロハンテープ

(6)額縁

★おまじないの方法★

(1)まず、白色の画用紙と黒色のペンを用意しましょう。

(2)白色の画用紙と黒色のペンを用意したら、白色の画用紙の表の面に黒色のペンで、職場or学校周辺の地図を書いてください。
大雑把でも構いませんので、周辺の地図を書きましょう。
職場でのイジメを回避したい場合は職場周辺の地図を、学校でのイジメを回避したい場合は学校周辺の地図を書いて頂ければ問題ありません。

(3)白色の画用紙の表の面に黒色のペンで、職場or学校周辺の地図を書き終えたら、赤色のペンを用意しましょう。

(4)赤色のペンを用意したら、職場or学校の位置に赤色のペンで二重丸をつけてください。

(5)職場or学校の位置に赤色のペンで二重丸をつけたら、緑色の糸と接着剤orセロハンテープを用意しましょう。

(6)緑色の糸と接着剤orセロハンテープを用意したら、画用紙を裏返しにして、裏面に緑色の糸で五芒星を描いてください。

(7)画用紙の裏面に緑色の糸で五芒星を描いたら、緑色の糸がズレないように接着剤orセロハンテープでしっかりと糸を固定しましょう。

(8)緑色の糸で描いた五芒星を接着剤orセロハンテープで固定したら、五芒星のそれぞれの角を繋ぐように緑色の糸で円を描いて、その円も接着剤orセロハンテープで固定してください。

(9)画用紙の裏面に緑色の糸で、五芒星を描いて五芒星のそれぞれの角を繋ぐように円を描いたら、画用紙を表にしましょう。

(10)そして、職場or学校の位置に手を添えて、「私(僕)をイジメから守ってください・・・」と心の中で強く念じてください。

(11)ここまでの工程を終えたら、その画用紙を額縁に入れましょう。

(12)画用紙を額縁に入れたら、その額縁を自宅の中で、職場or学校の方角に飾ってください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用する黒色のペンや赤色のペン、緑色の糸や接着剤orセロハンテープは全て新品のものを用意しましょう。
使い古しのものを使っておまじないを行っても、おまじないの効果を期待出来ませんので、気を付けてください。

(2)画用紙の表の面に黒色のペンで、職場or学校の地図を書く時は、ある程度大雑把でも構いません。
職場or学校の位置がハッキリと分かって、誰が見ても周辺の地図だと分かるように書く事が出来ていれば問題ありませんので、周辺の地図を書いてください。

(3)画用紙の裏面に緑色の糸で五芒星を描いて、五芒星のそれぞれの角を繋ぐように円を描く時は、画用紙の裏一面に描くようにしましょう。
出来るだけ大きく、そして丁寧に描いてください。
描いた五芒星や円が小さすぎたり、雑に描いてしまっていると、おまじないの効果が弱まってしまいますので、気を付けましょう。
また、緑色の糸はズレないように必ずしっかりと固定してください。

(4)画用紙に書いた地図の職場or学校の位置に手を添えて、「私(僕)をイジメから守ってください・・・」と心の中で念じる時は、イジメられたくないという気持ちを強く込めるようにしましょう。
ここで強い気持ちを込めれば込めるほど、おまじないの効果が高まります。

(5)画用紙を入れた額縁は、必ず職場or学校の方角に飾ってください。
方角を間違えていると、おまじないの効果を期待出来なくなってしまいますので、方角を間違えないように気を付けましょう。

【人形と箱を使って簡単に出来る!!職場や学校でイジメられない状況を作る事に効果抜群なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)あなたと同じ性別の人形

(2)箱(用意した人形が入るサイズの箱)

(3)塩

★おまじないの方法★

(1)まず、あなたと同じ性別の人形を用意しましょう。

(2)あなたと同じ性別の人形を用意したら、その人形を胸の辺りで抱き締めるように両手で持って、人形をあなた自身だと思い込むようにしてください。

(3)人形をあなた自身だと思い込む事が出来たら、あなたの優しい気持ちを人形に込めましょう。

(4)次に、箱を用意して、その箱に両手で触れてください。

(5)箱に両手で触れたら、目を閉じて、「我をイジメの魔の手から守る結界となりたまえ!!」と心の中で強く念じましょう。
箱を、結界だとイメージしながら念じてください。

(6)ここまでの工程を終えたら、箱の蓋を開けて、四隅に塩を盛り、箱の中心に人形を入れましょう。

(7)箱の四隅に塩を盛って、中心に人形を入れたら、箱の蓋を閉めてください。

(8)そして、蓋を閉めた箱を自宅の中で大切に保管しておきましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用する人形は、あなたと同じ性別の人形であればどんな人形でも構いません。
ただし、人形のことをあなた自身だと思い込む必要がありますので、自分だと思い込む事が出来る人形を用意しましょう。
用意した人形を自分自身だと思い込む事が出来ていないと、おまじないの効果が正常に現れませんので、注意してください。

(2)用意した箱に両手で触れて、「我をイジメの魔の手から守る結界となりたまえ!!」と心の中で念じる時は、強い気持ちを込めて念じましょう。
強い気持ちを込めれば込めるほど、おまじないの効果が高まります。

(3)箱の四隅には、必ず塩を盛ってください。
塩を盛らずに人形だけ入れても、おまじないの効果は期待出来ませんので、必ず塩を箱の四隅に盛るようにしましょう。

(4)箱は必ず自宅の中で大切に保管しておいてください。
雑に保管してしまっていると、おまじないの効果が弱まってしまいますので、気を付けましょう。

【毎朝飲むだけ!!職場や学校でイジメられなくなる結界を張る事が出来る強力なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)冷蔵庫ポット

(2)ミネラルウォーター

(3)塩

(4)コップ

(5)黒色の油性マジック

★おまじないの方法★

(1)まず、冷蔵庫ポットと黒色の油性マジックを用意しましょう。

(2)冷蔵庫ポットと黒色の油性マジックを用意したら、冷蔵庫ポットの側面に黒色の油性マジックで五芒星を書いてください。

(3)冷蔵庫ポットの側面に黒色の油性マジックで五芒星を書き終えたら、冷蔵庫ポットにミネラルウォーターを注ぎましょう。

(4)冷蔵庫ポットにミネラルウォーターを注いだら、側面に書いた五芒星に手を触れて、「私(僕)をイジメから守る力を宿してください・・・」と強く念じてください。

(5)念じ終わったら、冷蔵庫ポットを冷蔵庫に入れて一晩寝かせておきましょう。

(6)翌朝、目が覚めたら、冷蔵庫ポットのミネラルウォーターをコップに半分くらい注いで、コップの中に塩をひとつまみ入れ、良くかき混ぜてからコップの中の水を一気に飲み干してください。

(7)そして、毎朝、(6)の工程を繰り返し行うようにしましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)このおまじないは、毎日続ける事が非常に大切です。
忘れないように、毎朝起きたら冷蔵庫ポットのミネラルウォーターをコップに注いで、塩をひとつまみ入れ、良くかき混ぜてから一気に飲みましょう。

(2)冷蔵庫ポットの中のミネラルウォーターが無くなりそうになったら、新しくミネラルウォーターを注ぎ足して頂ければ問題ありません。
その際は、再度、側面に書いた五芒星に手を触れて、「私(僕)をイジメから守る力を宿してください・・・」と強く念じましょう。
そして、冷蔵庫ポットにミネラルウォーターを注ぎ足したら、一晩は冷蔵庫の中で寝かせておいてください。

★まとめ★

 

 

今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、職場や学校でイジメられない状況を作る事に効果があるイジメを回避出来る結界のおまじないを紹介してきましたがいかがでしたか?
職場や学校でイジメられてしまうと、「仕事に行きたくない・・・」「学校に行きたくない・・・」という気持ちを抱いてしまっても仕方ありません。
イジメられるとツライでしょうし、悲しい気持ちを抱く人が殆どだと思いますので、当然といえば当然でしょう。
そして、1度イジメの被害に遭ってしまうとエスカレートしてしまう事が多いですし、イジメの連鎖は続いてしまいますので、イジメられたくないなら事前にしっかりとイジメを回避する事がベストなのです。
イジメを回避する方法として有効なのは、おまじないの力に頼る事だと言っても過言ではありませんので、職場や学校でイジメられたくない人は、ぜひこの記事で紹介してきたイジメを回避出来る結界のおまじないを試してみましょう。
おまじないの効果によって、きっとイジメを事前に回避出来るようになり、職場や学校でイジメられなくなるはずですよ。

関連記事