1. HOME
  2. ブログ
  3. 《仕事運200%アップ》同僚や上司との人間関係を良くするおまじない5選!

《仕事運200%アップ》同僚や上司との人間関係を良くするおまじない5選!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回はブログ読者の皆さんからご報告頂いた、実際試して同僚や上司との人間関係を良くする事に効果があった、同僚や上司との人間関係を良くするおまじないをシェアさせて頂きます。

企業や会社に勤めていたら、同じ企業や会社で働く同僚や上司と毎日のように関わりを持ちながら生活しなければいけません。
ほぼ毎日、仕事をしている時間は同僚や上司と関わりを持って生活する以上、同僚や上司との人間関係をうまく築けていなければ、ツライ思いをしながら仕事をする事になってしまいますよね。
「挨拶をしても素っ気ない態度を取られてしまう・・・」「話しかけても無視される事がある・・・」「相談しても親身になって相談を聞いてもらえない・・・」などなど、中には陰湿でイジメのような態度を取られてしまう事もあるかもしれません。
そんな状況が続いてしまうと、「仕事に行きたくない・・・」「辞めたい・・・」という感情を抱いてしまう人もいるでしょう。
同僚や上司との人間関係をうまく築けていなければ、働きにくい環境で仕事を続けなければいけなくなってしまいますので、自分自身が本来持っている力を仕事で発揮出来ない場合もあります。
たかが人間関係と思う人もいるかもしれませんが、同僚や上司との人間関係をうまく築き上げるという事は、仕事において非常に大切な事なのです。
そうはいっても、同僚や上司との人間関係をうまく築き上げる事が出来ていない人の中には、「私(僕)は同僚や上司と仲良くしたいと思っているのに、相手がそうは思っていない・・・」「どうすれば同僚や上司との人間関係を良くする事が出来るのか分からない・・・」といったような悩みを抱えている人もいると思います。
そんな人たちは、ぜひ、同僚や上司との人間関係を良くするおまじないに頼ってみてください。
おまじないの効果によって、同僚や上司との人間関係を修復したり、良くする事が出来る場合も多々あるのです。
実際に、ブログ読者の方々からも「入社して間もない頃、皆の前で挨拶する時に失敗してしまって・・・その後、同僚や上司と人間関係をうまく築き上げる事が出来なくなってしまっていたんです。ツライ中、仕事を続けていて何度か辞めたいと思う事もあったんですけど、同僚や上司との人間関係を良くするおまじないを知り合いから教えてもらったので試してみました。そしたら、徐々に同僚や上司との間にあった溝が埋まっていって、同僚や上司との人間関係を良くする事が出来たんです。」「私、前の会社を辞めた理由が、同僚や上司とうまく付き合う事が出来なかったからなんです。だから、今度は絶対に同僚や上司とうまく付き合っていこうと心に決めていたので、次の会社に入社したらすぐに同僚や上司との人間関係を良くするおまじないを試してみました。そのおかげで、同僚や上司との人間関係をうまく築き上げる事が出来ました。」という体験談や報告を沢山頂いています。
そこで今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、同僚や上司との人間関係を良くするおまじないを紹介していきたいと思いますので、同僚や上司との人間関係に悩んでいる人はぜひこの記事で紹介するおまじないを試してみてください。
ただ、おまじないの効果には相性があります。
いくつか同僚や上司との人間関係を良くするおまじないをご紹介しますので、試してみたおまじないの効果を実感出来なかった場合でも諦めずに、掲載されている他のおまじないも試してみましょう。

【名刺を使って簡単に出来る!!同僚や上司との人間関係を良くする事に効果抜群なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)あなたの名刺

(2)名刺入れ

(3)赤色のペン

(4)ピンク色の折り紙

(5)はさみ

(6)のり

★おまじないの方法★

(1)まず、ピンク色の折り紙とはさみを用意しましょう。

(2)ピンク色の折り紙とはさみを用意したら、ピンク色の折り紙をはさみで名刺と同じ大きさに切ってください。

(3)ピンク色の折り紙を名刺と同じ大きさにはさみで切ったら、赤色のペンを用意しましょう。

(4)赤色のペンを用意したら、名刺と同じ大きさに切ったピンク色の折り紙の裏面に、人間関係を良くしたいと思っている同僚や上司の名前をフルネームで書いてください。
人間関係を良くしたいと思っている同僚や上司が複数いる場合は、複数書いて頂いても構いません。

(5)名刺と同じ大きさに切ったピンク色の折り紙の裏面に、人間関係を良くしたいと思っている同僚や上司の名前を書き終えたら、あなたの名刺を用意しましょう。

(6)あなたの名刺を用意したら、名刺の裏面に赤色のペンでハートマークを書いてください。
この時、折り紙に名前を書いた同僚や上司との人間関係を良くしたいという気持ちを込めながらハートマークを書きましょう。

(7)あなたの名刺の裏面に赤色のペンで、ハートマークを書き終えたら、のりを用意してください。

(8)のりを用意したら、裏面にハートマークを書いたあなたの名刺と、人間関係を良くしたいと思っている同僚や上司の名前を書いた折り紙をのりで貼り合わせましょう。
それぞれの裏面同士を貼り合わせてください。

(9)名刺とピンク色の折り紙の裏面同士をのりで貼り合わせたら、名刺入れを用意しましょう。

(10)名刺入れを用意したら、ピンク色の折り紙と貼り合わせたあなたの名刺を名刺入れに入れてください。

(11)名刺入れに名刺を入れたら、その名刺入れを両手で包み込むように持って、目を閉じ、「〇〇さん(同僚や上司の名前)との人間関係が良くなりますように・・・」と心の中で強く念じましょう。
ピンク色の折り紙に書いた名前が複数だった場合は、1人ずつ念じるようにしてください。

(12)念じ終えたら、その名刺入れをカバンなどの中に入れて普段から持ち歩くようにしましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用する名刺入れや赤色のペンは新品のものを用意しましょう。
使い古しのものを使っておまじないを行っても、おまじないの効果を期待出来ませんので、気を付けてください。
また、普段使っている名刺入れと混同しないように、普段使っている名刺入れとは見た目が違う名刺入れを用意しましょう。

(2)ピンク色の折り紙をはさみで切る時は、名刺と同じ大きさに切るようにしてください。
多少大きさがズレている分には構いませんが、大幅に大きさがズレてしまっているとおまじないの効果が正常に現れなくなってしまいますので、気を付けましょう。
また、折り紙の裏面に赤色のペンで人間関係を良くしたいと思っている同僚や上司の名前を書く時は、仲良くしたいという気持ちを込めながら、丁寧に名前を書いてください。

(3)名刺の裏面に赤色のペンでハートマークを書く時は、折り紙に名前を書いた同僚や上司の姿を思い浮かべながら、その人との人間関係を良くしたいという気持ちを強く込めてハートマークを書いてください。
気持ちを強く込めれば込めるほど、おまじないの効果が高まります。

(4)あなたの名刺と、ピンク色の折り紙を貼り合わせる時は、ズレないようにピッタリと貼り合わせましょう。
また、貼り合わせる面を間違えないように気を付けてください。
裏面同士を貼り付けていなければ、おまじないの効果が正常に現れないので、注意しましょう。

(5)名刺を入れた名刺入れを両手で包み込むように持って、目を閉じ、「〇〇さん(同僚や上司の名前)との人間関係が良くなりますように・・・」と念じる時は、同僚や上司の姿を思い浮かべながら、人間関係を良くしたいという気持ちを強く込めてください。
ここでしっかりとあなたの気持ちを込める事が重要なポイントです。

【同僚や上司との人間関係を修復したり、良くする事が出来る!!割り箸を使った強力なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)割り箸(人間関係を修復したり、良くしたいと思っている同僚や上司の人数分を用意してください。)

(2)赤色のマジック(ペン先が細いもの)

(3)赤色の紐

(4)箱(蓋が出来るタイプのもの)

(5)赤色の布

★おまじないの方法★

(1)まず、割り箸と赤色のマジックを用意しましょう。
割り箸は、人間関係を修復したり、良くしたいと思っている同僚や上司の人数分を用意してください。

(2)割り箸と赤色のマジックを用意したら、割り箸を割りましょう。
用意した割り箸が複数ある場合は、割った割り箸がごちゃ混ぜになってしまわないように、1本ずつ割ってください。

(3)割り箸を割ったら、赤色のマジックで片方の割り箸にあなたの名前を書いて、もう片方の割り箸に人間関係を修復したり、良くしたいと思っている同僚や上司の名前を書きましょう。

(4)割り箸を割って、片方の割り箸にあなたの名前を書いて、もう片方の割り箸に同僚や上司の名前を書き終えたら、赤色の紐を用意してください。

(5)赤色の紐を用意したら、あなたの名前を書いた割り箸と同僚や上司の名前を書いた割り箸を重ね合わせて、赤色の紐で結びましょう。
赤色の紐で割り箸を結び合わせる時は、名前を書いた同僚や上司との人間関係を修復したり、良くしたいという気持ちを強く込めながら、赤色の紐で結んでください。

(6)人間関係を修復したり、良くしたいと思っている同僚や上司が1人だけの場合は、次の工程へ進んで頂いて問題ありませんが、複数いる場合はここまでの工程を1人1人気持ちを込めて行いましょう。

(7)用意した割り箸全てを割って、あなたと同僚や上司の名前を書き、赤色の紐で結び終えたら、箱を用意してください。

(8)箱を用意したら、赤色の紐で結んだ割り箸を全て箱の中に入れましょう。

(9)赤色の紐で結んだ割り箸を全て箱の中に入れたら、「同僚や上司との人間関係を良くしたい・・・」というあなたの気持ちを込めながら、箱の中にあなたの息を吹きこんで、箱の蓋を閉じてください。
息を吹き込む回数は、割り箸の数だけ息を吹き込みましょう。

(10)箱の蓋を閉じたら、赤色の布を用意して、赤色の布で箱を包んでください。

(11)そして、赤色の布で包んだ箱を自宅の中であなたの目線よりも高い位置に置いて、大切に保管しておきましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用する割り箸や赤色のマジック、赤色の紐や箱は全て新品のものを用意しましょう。
使い古しのものを使っておまじないを行っても、おまじないの効果を期待出来ませんので、気を付けてください。

(2)割り箸を割って、あなたの名前と同僚や上司の名前をそれぞれの割り箸に書く時は、人間関係を修復したり、良くしたいという気持ちを強く込めながら、丁寧に名前を書きましょう。
雑に書いてしまうと、おまじないの効果が弱まってしまいますので、注意してください。

(3)割った割り箸を、赤色の紐で結ぶ時も同様に、人間関係を修復したり、良くしたいという気持ちを強く込めながら結びましょう。
また、この時に、人間関係を修復したり、良くしたいと思っている同僚や上司の姿を思い浮かべながら結ぶと、さらにおまじないの効果が高まります。

(4)赤色の紐で結んだ割り箸を全て箱の中に入れて、息を吹き込む時は、「同僚や上司との人間関係を良くしたい・・・」というあなたの気持ちをしっかりと込めながら、息を吹き込みましょう。
そして、割り箸の数だけ息を吹き込む事を忘れないようにしてください。
ここでしっかりと気持ちを込める事が出来ていなかったり、割り箸の数だけ息を吹き込む事が出来ていないと、おまじないの効果が正常に現れませんので、注意しましょう。

(5)赤色の布で包んだ箱は、あなたの目線よりも高い位置に置いて保管してください。
目線よりも低い位置に置いて保管していても、おまじないの効果は期待出来ませんので、必ず目線より高い位置に置いて保管するようにしましょう。

【すぐに同僚や上司との人間関係を良くしたいならコレ!!色粘土を使った即効性のあるおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)グレーの色粘土

(2)ピンク色の色粘土

(3)粘土を成形する為に必要な水

(4)爪楊枝

(5)ピンク色の布

★おまじないの方法★

(1)まず、グレーの色粘土を用意しましょう。

(2)グレーの色粘土を用意したら、その色粘土を水で濡らして柔らかくし、四角く成形してください。

(3)グレーの色粘土を四角く成形したら、そこから「凹」という文字をイメージしながら、中央をくぼませて、溝を作りましょう。

(4)グレーの色粘土で「凹」という文字のような形を作る事が出来たら、爪楊枝を用意してください。

(5)爪楊枝を用意したら、「凹」という文字のような形に成形したグレーの色粘土の片方の壁面にあなたの名前を爪楊枝で彫って、もう片方の壁面に人間関係を良くしたいと思っている同僚や上司の名前を爪楊枝で彫りましょう。

(6)ここまでの工程を終えたら、粘土が固まるまで少し待ってください。

(7)グレーの色粘土が固まったら、今度はピンク色の色粘土を水で濡らして柔らかくしましょう。

(8)ピンク色の色粘土を柔らかくしたら、先ほど「凹」という文字のような形に成形したグレーの色粘土の溝をピンク色の色粘土で埋めていってください。
この時、同僚や上司との間にある溝を埋めて、人間関係を良くしたいという気持ちを強く込めながら、粘土の溝を埋めていきましょう。

(9)ピンク色の色粘土で、グレーの色粘土で作った「凹」という文字の溝を埋め終えたら、「これで私(僕)と〇〇さん(同僚や上司の名前)の間にある溝は埋まりました。今後は関係性が良くなるでしょう。」と声に出して唱えてください。

(10)唱え終わったら、粘土が固まるのを暫く待ちましょう。

(11)粘土が固まったら、ピンク色の布を用意して、ピンク色の布で粘土を包んでください。

(12)そして、ピンク色の布で包んだ粘土は、自宅の中で大切に保管しておきましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないで使用する色粘土は、グレーとピンク色の色粘土であればどんなものでも構いません。
100均に行けば、色粘土が売られている場合もありますので、100均や文具店などで色粘土を探して、グレーとピンク色の色粘土を用意しましょう。

(2)グレーの色粘土を「凹」という文字のような形に成形する時は、出来るだけ丁寧に成形していってください。
多少形がいびつでも問題ありませんが、雑に成形してしまうとおまじないの効果が弱まってしまいますので、気を付けましょう。
同僚や上司との人間関係を良くしたいという気持ちを込めながら、丁寧に成形していく事が重要なポイントです。

(3)グレーの色粘土を「凹」という文字のような形に成形した後、それぞれの壁面に爪楊枝であなたの名前と同僚や上司の名前を彫る時、人間関係を良くしたいと思っている同僚や上司が複数いる場合は、複数人の名前を彫って頂ければ問題ありません。
ただし、片方の壁面に収まるように彫りましょう。

(4)ピンク色の色粘土で「凹」という文字のような形に成形した粘土の溝を埋める時は、同僚や上司との間にある溝を埋めて人間関係を良くしたいという気持ちを強く込めながら、溝を埋めてください。
ここで、同僚や上司との溝を埋めて人間関係を良くしたいという気持ちを強く込めれば込めるほど、おまじないの効果が高まります。

(5)「これで私(僕)と〇〇さん(同僚や上司の名前)の間にある溝は埋まりました。今後は関係性が良くなるでしょう。」と声に出して唱える時は、同僚や上司との人間関係が良くなった未来をイメージしながら唱えましょう。
そうする事によって、おまじないの効果が更に高まります。

【同僚や上司との人間関係を良くする!!観葉植物を使った効果抜群なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)観葉植物

(2)植物用のネームプレート(土に挿すタイプのもの)

(3)赤色のマジック

(4)観葉植物用の栄養剤

★おまじないの方法★

(1)まず、植物用のネームプレートと赤色のマジックを用意しましょう。

(2)植物用のネームプレートと赤色のマジックを用意したら、赤色のマジックで植物用のネームプレートに人間関係を良くしたいと思っている同僚や上司の名前を書いてください。

(3)植物用のネームプレートに赤色のマジックで人間関係を良くしたいと思っている同僚や上司の名前を書き終えたら、観葉植物を用意しましょう。

(4)観葉植物を用意したら、リビングの中で南の方角に観葉植物を飾ってください。

(5)観葉植物をリビングの中で南の方角に飾ったら、先ほど人間関係を良くしたいと思っている同僚や上司の名前を書いた植物用のネームプレートを、観葉植物の土に挿しましょう。

(6)そして、観葉植物用の栄養剤を挿してください。

(7)ここまでの工程を終えたら、観葉植物に向かって、「〇〇さん(同僚や上司の名前)との人間関係を良くしてください・・・」と強く念じましょう。

(8)あとは、観葉植物用の栄養剤が無くなったら、新しい栄養剤に取り替えるくらいで、普段通りに生活して頂ければ問題ありません。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用する観葉植物は、どんなものでも構いません。
あなたが直感で可愛いと感じた観葉植物を用意して頂いても問題ありませんので、好みの観葉植物を用意しましょう。

(2)植物用のネームプレートは、人間関係を良くしたいと思っている同僚や上司の人数分だけ用意しましょう。
1人だけなら1つで構いませんが、2人、3人と人間関係を良くしたいと思っている同僚や上司がいるなら、その人数分だけネームプレートを用意してください。

(3)観葉植物は枯らしてしまわないように、しっかりと世話をしましょう。
雑に扱って、全く世話をしていない状態では、おまじないの効果は期待出来ませんので、しっかりと世話をするようにしてください。

【スマートフォン1つで簡単に出来る!!同僚や上司との人間関係を良くする強力なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)あなたが普段使用しているスマートフォン

★おまじないの方法★

(1)まず、あなたが普段使用しているスマートフォンを手元に用意しましょう。

(2)スマートフォンを手元に用意したら、メモ機能を開いてください。

(3)メモ機能を開いたら、メモの新規作成画面を開いて、「〇〇(あなたの名前)は、〇〇さん(同僚や上司の名前)との人間関係をうまく築き上げる事が出来ます。」と入力しましょう。
人間関係を良くしたいと思っている同僚や上司が複数いる場合は、1人1人、1文ずつ入力してください。

(4)入力し終えたら、そのメモ画面を見つめたまま、同僚や上司のことを思い浮かべながら、同僚や上司との人間関係を良くしたいと強く願いましょう。

(5)願い終えたら、メモにロックをかけて保護してください。

(6)そして、同僚や上司との人間関係を良くしたいと考える度に、そのメモの画面を見て、人間関係を良くしたいと願うようにしましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)このおまじないの最大のポイントは、メモの画面を見ながら、同僚や上司との人間関係を良くしたいと強く願う事です。
しっかりと強い気持ちを込めて、願うようにしましょう。

(2)メモは、決して消さないようにしてください。
また、同僚や上司本人に、メモを見られないように気を付けましょう。
メモを消してしまったり、同僚や上司本人に見られてしまうと、おまじないの効果が消えてしまいます。

★まとめ★

 

 

今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、同僚や上司との人間関係を良くするおまじないを紹介してきましたがいかがでしたか?
同じ職場で働く以上、関わりがある同僚や上司との人間関係をうまく築き上げる事は非常に大切です。
同僚や上司との人間関係をうまく築き上げる事が出来ているかどうかで、働きやすさが大きく変わってくるでしょうし、仕事の成績に影響を及ぼしてしまう事もあるでしょう。
「同僚との関係がうまくいっていない・・・」「上司に良く思われていない・・・」と感じている人は、ぜひこの記事で紹介してきた同僚や上司との人間関係を良くするおまじないを試してみてください。
おまじないの効果によって、同僚や上司との人間関係を良くする事が出来れば、きっと働きやすくなるはずですし、楽しく仕事が出来るようになるはずですよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事