《夫婦円満》冷めきった夫婦仲を修復&改善する強力なおまじない5選!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回はブログ読者の皆さんからご報告頂いた、実際試して夫婦円満に効果があった、冷めきった夫婦仲を修復&改善するおまじないをシェアさせて頂きます。

世の中の殆どの夫婦は結婚する時に、パートナーのことを一生大切にして幸せな家庭を築いていこうという決意の下で結婚すると思います。
しかし、現実はどうでしょうか。
結婚当初は大好きなパートナーと毎日一緒にいられる事を幸せだと感じている夫婦が多いかもしれませんが、結婚生活が長くなるにつれてパートナーの嫌な部分が目についてしまって喧嘩や言い合いが絶えない夫婦もいますよね。
もちろん、いつまでも仲の良い夫婦もいますが、夫婦仲が冷めきってしまった夫婦もいるのが現実だと思います。
夫婦仲が冷めきってしまっていると、パートナーが不倫してしまうリスクも生んでしまいますし、お子さんがいるならお子さんの教育にも悪影響を及ぼしてしまう可能性もあります。
最悪のケースだと、離婚問題に発展してしまう事もあるでしょう。
幸せになるつもりで結婚したはずなのに、夫婦仲が冷めきってしまって家庭内の空気が険悪なものになってしまっている状況は、お世辞にも幸せとは言えませんよね。
「このままでは良くない・・・」と思い立って、夫婦仲の修復や改善を試みる人もいるかもしれませんが、一度冷え切った夫婦仲を修復したり改善するのは簡単な事ではないと思います。
そうはいっても、冷めきった状態の夫婦仲は放置して良い問題ではありませんし、少しでも夫婦仲を修復したり改善する為に努力すべきだという事は間違いありません。
冷めきった夫婦仲を修復したり改善する方法が思いつかないという人は、ぜひ冷めきった夫婦仲を修復&改善するおまじないに頼ってみてください。
実際に、ブログ読者の方々からも「結婚当初は幸せだったけど、結婚生活が長くなるにつれて夫婦仲は最悪なものになっていったの。何とかして夫婦仲を修復したくて、冷めきった夫婦仲を修復&改善するおまじないを試してみたら、ものすごく効果があって夫婦仲が修復されたわ。」「顔を合わせれば喧嘩や言い争いをするくらい酷い夫婦仲だったんだけど、冷めきった夫婦仲を修復&改善するおまじないのおかげで結婚当初のような夫婦仲に戻れた!!」という体験談や報告を沢山頂いています。
そこで今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、冷めきった夫婦仲を修復&改善するおまじないを紹介していきたいと思いますので、冷めきってしまった夫婦仲に悩んでいる人はぜひ今回紹介するおまじないを試してみてください。
ただ、おまじないの効果には相性があります。
今回、いくつか冷めきった夫婦仲を修復&改善するおまじないをご紹介しますので、試してみたおまじないの効果を実感出来なかった場合でも諦めずに、掲載されている他のおまじないも試してみましょう。

【身近にあるもので簡単に出来る!!冷めきった夫婦仲を修復&改善させる事に効果抜群なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)10円玉

(2)お酢

(3)10円玉を磨く為の布

(4)結婚当初の幸せそうな写真

(5)セロハンテープ

(6)写真立て

(7)赤色のペン

★おまじないの方法★

(1)まず、10円玉とお酢、10円玉を磨く為の布を用意しましょう。

(2)10円玉とお酢、10円玉を磨く為の布を用意したら、お酢と布を使って10円玉をピカピカに磨いてください。
この時、幸せだった結婚当初の気持ちを思い出しながら磨きましょう。

(3)10円玉をピカピカに磨き終わったら、結婚当初の幸せそうな写真と赤色のペンを用意してください。

(4)結婚当初の幸せそうな写真と赤色のペンを用意したら、写真の裏面の中心に赤色のペンで小さくハートマークを書きましょう。
ハートマークの大きさは10円玉よりも小さく書いてください。

(5)結婚当初の幸せそうな写真の裏面に小さくハートマークを書いたら、先ほどの10円玉とセロハンテープを用意しましょう。

(6)先ほどの10円玉とセロハンテープを用意したら、写真の裏面に書いたハートマークの上に10円玉を置いて、その上からセロハンテープを貼って、固定させてください。

(7)結婚当初の幸せそうな写真の裏面に10円玉を貼り付けたら、写真立てを用意しましょう。

(8)写真立てを用意したら、先ほどの写真を写真立てに入れてください。

(9)ここまでの工程を終えたら、写真立てを胸の位置で抱き締めるように持って、目を閉じ、「〇〇(パートナーの名前)との夫婦仲が元通りに戻りますように・・・」と心の中で強く念じましょう。

(10)念じ終わったら、写真立てをパートナーの目の届かない場所に隠して、保管しておいてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用する10円玉は、出来るだけ汚れた10円玉を使うようにしましょう。
汚れた10円玉をピカピカに磨く方が、あなたの念をより強く込める事が出来ます。
また、もしも手持ちの10円玉に生まれた年に発行された10円玉があるなら、生まれた年の10円玉を使うようにしましょう。
生まれた年の10円玉でおまじないを行うのが一番高い効果を期待出来ます。
もちろん、生まれた年の10円玉でなくても効果は期待出来ますので、持っていない場合は気にせずに手持ちの10円玉でおまじないを行って頂いて構いません。

(2)10円玉を磨く時は、必ず幸せだった頃を思い出しながら磨きましょう。
ただ単に磨くだけではおまじないの効果を期待出来ませんので気を付けてください。

(3)このおまじないには、結婚当初の幸せそうな写真を使うのがベストですが、もしも結婚当初の幸せそうな写真が見当たらなければ、夫婦仲が悪くなる前の写真であればそちらで代用して頂いても構いません。
ただし、夫婦仲が悪くなってからの写真ではおまじないの効果を期待出来ませんので、このおまじないに使用する写真は必ず夫婦仲が悪くなる前の写真を使用してください。

(4)写真立てを胸の位置で抱き締めるように持って、目を閉じ、「〇〇(パートナーの名前)との夫婦仲が元通りに戻りますように・・・」と心の中で強く念じる時は、夫婦仲を修復&改善したいという気持ちを強く持ちながら念じてください。
そうする事によって、おまじないの効果が高まります。

(5)おまじないに使用した写真立ては、パートナーの目の届かない場所に隠しましょう。
パートナーに見つかってしまうとおまじないの効果が消えてしまいますので注意してください。

【冷めきった夫婦仲を修復&改善させよう!!赤色のキャンドルを使った強力なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)赤色のキャンドル

(2)ライターorマッチ

(3)ナイフ

(4)キャンドルを入れる為の箱

(5)赤色の紐

★おまじないの方法★

(1)このおまじないは、計7週間かけて行う必要があり、多少期間がかかるおまじないですが、その分、絶大な効果を期待出来る強力なおまじないになっています。
まず、満月になる日を調べましょう。

(2)満月になる日を調べたら、その日から逆算して7週間前の同じ曜日からおまじないをスタートさせましょう。
満月になる日が12月7日(土曜日)なら、10月26日(土曜日)からおまじないをスタートさせてください。

(3)おまじないをスタートさせる日にちになったら、赤色のキャンドルとナイフを用意しましょう。

(4)赤色のキャンドルとナイフを用意したら、ナイフで赤色のキャンドルに6つ、目盛りを刻んでください。
目盛りの間隔は、同じ間隔で刻みましょう。

(5)赤色のキャンドルに目盛りを6つ刻んだら、ライターorマッチで赤色のキャンドルに火を灯してください。

(6)赤色のキャンドルに火を灯したら、キャンドルの火を見つめた状態で、夫婦仲を修復&改善したいと強く願いながら「エラドール・ウパ・ニーチェリオ・ユーベンゲール、エラドール・ウパ・ニーチェリオ・ユーベンゲール、エラドール・ウパ・ニーチェリオ・ユーベンゲール!!」という呪文を唱えましょう。

(7)呪文を唱え終わったら、その後も夫婦仲を修復&改善したいと強く願い続けて、火がキャンドルに刻んだ1つ目の目盛りまで到達したら、息を吹きかけてキャンドルの火を消しましょう。

(8)火を消したキャンドルは、箱に入れて、蓋をし、箱には赤色の紐を巻き付けてください。

(9)1週間後、箱からキャンドルを取り出し、再度ライターorマッチで火をつけ、(6)から(8)の工程を行いましょう。
2回目は2つ目の目盛りまで、3回目は3つ目の目盛りまで・・・といったように、毎週同じ曜日に7回繰り返してください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)このおまじないは、7週間かけて行うおまじないになりますが、その間、パートナーにおまじないをしている事を見られないように気を付けてください。
もしも、パートナーに見られてしまったら、また最初から行う必要がありますので細心の注意を払っておまじないに取り組みましょう。

(2)7週目、つまり7回目のおまじないを行う日は必ず満月の日になるように調整しましょう。
おまじないをスタートさせる日をしっかりと計算する必要がありますので大変かもしれませんが、スタートしてしまえば毎週同じ曜日におまじないを行うだけです。
最初だけきちんと予定を組むようにしましょう。

(3)「エラドール・ウパ・ニーチェリオ・ユーベンゲール、エラドール・ウパ・ニーチェリオ・ユーベンゲール、エラドール・ウパ・ニーチェリオ・ユーベンゲール!!」という呪文を唱える時は、夫婦仲を修復&改善したいと強く願いながら唱えてください。
また、具体的にどういう風に修復したいのかや、現状はどういう部分が問題なのかを頭でイメージしながら唱えると、おまじないの効果が更に高まります。

(4)おまじないに使用中のキャンドルは、必ず箱に入れて保管するようにしましょう。
箱に入れるだけでなく、箱に赤色の紐を巻き付ける事も忘れないようにしてください。

(5)おまじないを行う時間帯は、出来れば夜が理想ですが、夜だとパートナーに見られてしまうという場合は昼間に行って頂いても構いません。

【冷めきった夫婦仲を修復&改善出来る!!指輪を使った即効性のあるおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)指輪(婚約指輪があるなら、婚約指輪をおまじないに使うのがベストです。)

(2)ミネラルウォーター

(3)ピンク色のハンカチ

(4)ピンク色の折り紙

(5)赤色のペン

(6)パートナーの髪の毛

(7)あなたの髪の毛

★おまじないの方法★

(1)まず、ピンク色の折り紙と赤色のペンを用意しましょう。

(2)ピンク色の折り紙と赤色のペンを用意したら、ピンク色の折り紙の裏面に赤色のペンで、今後夫婦仲をどういう風に修復していきたいのかや、改善すべき点を書き出してください。
思い付く限りの事を全て書き出しましょう。

(3)ピンク色の折り紙の裏面に、今後夫婦仲をどういう風に修復していきたいのかや、改善すべき点を書き出したら、一旦、その折り紙は横に置いておいてください。

(4)次に、指輪とミネラルウォーター、そしてピンク色のハンカチを用意しましょう。

(5)指輪とミネラルウォーター、ピンク色のハンカチを用意したら、ピンク色のハンカチをミネラルウォーターで濡らして、濡らしたハンカチで指輪を綺麗に拭いてください。
指輪を拭く時は、夫婦仲を修復&改善したいという気持ちを込めて拭きましょう。

(6)ハンカチで指輪を綺麗に拭いたら、先ほどの折り紙の上に指輪を置いてください。
文字を書いた方の面(裏面)に指輪を置きましょう。

(7)折り紙の裏面に指輪を置いたら、あなたの髪の毛とパートナーの髪の毛をそれぞれ1本ずつ用意して、お互いの髪の毛も折り紙の上に置いてください。

(8)折り紙の上に指輪とお互いの髪の毛を置いたら、指輪と髪の毛を包むように折り紙を折りたたみましょう。

(9)指輪とお互いの髪の毛を包むように折り紙を折りたたんだら、その折り紙を両手で包み込むように持って、「〇〇(パートナーの名前)との夫婦仲を修復してください。」と声に出して唱えてください。

(10)唱え終わったら、指輪と髪の毛を包んだ折り紙を財布の中に入れ、3日間持ち歩きましょう。

(11)3日経ったら、折り紙を開いて、指輪は元に戻し、髪の毛と折り紙は処分してください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用する指輪は、婚約指輪がベストです。
婚約指輪を貰っていないorあげていないという夫婦であれば、別の指輪を使用して頂いても構いませんが、婚約指輪がある夫婦は婚約指輪を使用しましょう。
無ければ仕方ありませんが、あるのに使わないとおまじないの効果が弱まってしまいます。

(2)ピンク色の折り紙の裏面に赤色のペンで、今後夫婦仲をどういう風に修復していきたいのかや、改善すべき点を書き出す時は、出来るだけ具体的に書き出しましょう。
具体的に書けば書くほど、おまじないの効果が高まります。
ただし、あなた自身が思っていない事は書かないようにしましょう。
思っている事を正直に書かないとおまじないの効果が正常に現れませんので気を付けてください。

(3)指輪を塗れたハンカチで拭く時は、出来るだけ丁寧に拭きましょう。
そして、夫婦仲を修復&改善したいというあなたの気持ちをしっかりと込めるようにしてください。
気持ちが込められていないとおまじないの効果が弱まってしまいます。

(4)「〇〇(パートナーの名前)との夫婦仲を修復してください。」と声に出して唱える時も、夫婦仲を修復&改善したいという気持ちを込めて唱えてください。
また、指輪と髪の毛を包んだ折り紙は両手で包み込むように持ちましょう。
そうする事によって、あなたの念をより強く込める事が出来ます。

(5)指輪と髪の毛を包んだ折り紙を財布の中に入れて、3日間持ち歩く時は、決して無くさないようにしてください。
無くしてしまうとおまじないの効果が消えてしまうだけでなく、夫婦仲が今よりも悪化してしまう可能性がありますので、無くさないように気を付けましょう。

【毎日祈るだけ!!花を使った夫婦仲を修復&改善する事に効果抜群なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)マーガレットの花

(2)花瓶

(3)水

(4)サードオニキスのパワーストーン

★おまじないの方法★

(1)まず、サードオニキスのパワーストーンを用意しましょう。

(2)サードオニキスのパワーストーンを用意したら、サードオニキスのパワーストーンを両手で包むように持って、目を閉じ、「夫婦仲を修復&改善して、夫婦円満な生活を取り戻したい」と心の中で強く念じてください。
パワーストーンにあなたの念を込める意識を持って、強く念じましょう。

(3)サードオニキスのパワーストーンを両手で包むように持って、「夫婦仲を修復&改善して、夫婦円満な生活を取り戻したい」と心の中で強く念じ終えたら、花瓶を用意してください。

(4)花瓶を用意したら、その中にパワーストーンを入れましょう。

(5)花瓶の中にサードオニキスのパワーストーンを入れたら、水を入れて、マーガレットの花を花瓶に挿してください。

(6)マーガレットの花を花瓶に挿したら、その花瓶をリビングに飾りましょう。

(7)そして、リビングに飾ったマーガレットの花を挿した花瓶に向かって、「〇〇(パートナーの名前)との夫婦仲を修復&改善する力を私に与えてください。」と毎日、1日のうちのお好きな時間に祈ってください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)マーガレットの花には、「真実の愛」や「信頼」といった花言葉があります。
冷めきった夫婦仲だと、信頼関係が破綻してしまっている可能性も考えられますし、真実の愛も消えてしまっている可能性が高いので、復活させる意味も込めてマーガレットの花をおまじないに使用しましょう。

(2)サードオニキスのパワーストーンは、夫婦円満の石だと言われています。
冷めきった夫婦仲を修復&改善させる事に効果を期待出来ますので、他のパワーストーンではなく必ずサードオニキスのパワーストーンをおまじないに使用してください。

(3)サードオニキスのパワーストーンを両手で包み込むように持って、目を閉じ、「夫婦仲を修復&改善して、夫婦円満な生活を取り戻したい」と心の中で強く念じる時は、夫婦仲が良好だった時のことを思い出しながら念じましょう。
そうする事によって、より強くあなたの念をパワーストーンに込める事が出来ますので、おまじないの効果が高まります。

(4)花瓶に挿したマーガレットの花が枯れたら、新しいマーガレットの花に取り替えてください。
また、普段から水を入れ替えたり、しっかりと手入れをするようにしましょう。
ただし、手入れをする際に花瓶の中に入れたパワーストーンを水と一緒に流してしまわないように気を付けてください。

(5)花瓶に挿したマーガレットの花に向かって、「〇〇(パートナーの名前)との夫婦仲を修復&改善する力を私に与えてください。」と祈る行為は、必ず毎日続けてください。
1日のうちのどの時間帯でも構いませんので、毎日続ける事を忘れないようにしましょう。

【毎日の料理に少し工夫するだけ!!冷めきった夫婦仲を修復&改善する強力なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)料理用の味噌

(2)ピンク色の折り紙

(3)ピンク色のペン

(4)セロハンテープ

★おまじないの方法★

(1)まず、ピンク色の折り紙とピンク色のペンを用意しましょう。

(2)ピンク色の折り紙とピンク色のペンを用意したら、ピンク色のペンで折り紙の裏面に、結婚記念日を書いてください。

(3)ピンク色の折り紙の裏面に結婚記念日を書いたら、夫婦仲が冷めきってしまった原因やお互いの反省点を書きましょう。

(4)夫婦仲が冷めきってしまった原因やお互いの反省点を書き出したら、文字を書いた面が内側になるように折り紙を細かく折りたたんでください。

(5)折り紙を折りたたんだら、セロハンテープを用意して、料理用の味噌を入れている容器の底に折り紙を貼り付けましょう。

(6)料理用の味噌の容器の底に折り紙を貼り付けたら、1週間、その味噌を料理には使わずに置いておいてください。

(7)1週間経ったら、毎日の献立にその味噌を使った料理を1品作るようにしましょう。
そして、作った料理をパートナーに食べてもらってください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)折り紙の裏面に、夫婦仲が冷めきってしまった原因やお互いの反省点を書く時は、素直になって書いてください。
あなたに非があるなら、その非を認めて、非がある内容を正しく書き出しましょう。

(2)味噌を入れている容器の底に折り紙を貼り付けたら、必ず1週間は料理に使わずに寝かせてください。
また、1週間後から作る味噌を使った料理は、何でも構いません。
定番の味噌汁でも構いませんので、毎日おまじないに使った味噌を使用して料理を1品作ってパートナーに食べてもらいましょう。

(3)おまじないに使用した味噌が無くなりそうになったら、予め次の味噌も用意しておきましょう。
折り紙を貼り付けてから、1週間寝かせる必要がありますので、その期間を考えて次の味噌を確保するようにしてください。

★まとめ★

 

 

今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、冷めきった夫婦仲を修復&改善するおまじないを紹介してきましたがいかがでしたか?
夫婦仲が冷めきった状態を放置してしまっていると、パートナーが不倫に走ってしまうリスクが高まりますし、その他にも色々と不都合が生じてしまう可能性が高くなってしまいます。
冷めきった夫婦仲に慣れてしまったり、冷めきった夫婦仲を受け入れてしまうのが一番良くありません。
「夫婦仲が冷めきってしまった・・・」と感じているなら、少しでも早くパートナーとの関係を修復&改善しようと試みるべきなのです。
しかし、「夫婦仲を修復&改善する方法が分からない・・・」という人も多いと思いますので、そんな人はぜひ今回紹介してきた冷めきった夫婦仲を修復&改善するおまじないを試してみてください。
おまじないの効果によって、夫婦仲が修復されたり、改善されたら、改めてパートナーの大切さに気付ける場合もありますし、前よりも深い絆が生まれる可能性も大いにありますよ。

関連記事