1. HOME
  2. ブログ
  3. 《強力》学校&職場でイジメられない!回避する白魔術のおまじない5選!

《強力》学校&職場でイジメられない!回避する白魔術のおまじない5選!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回はブログ読者の皆さんからご報告頂いた、実際試して学校&職場でイジメられない環境を作る事に効果があった、イジメを回避するおまじないをシェアさせて頂きます。

イジメの影はどこにでも潜んでいるものです。
イジメと言えば、学生生活を送っている学校で起こるものだというのが一般的な認識かもしれませんが、学校だけでなく社会に出てからでもイジメはあります。
過度なパワハラやモラハラもイジメの一種だと言えるでしょう。
そして、社会に出てから起こる大人によるイジメの方が悪質であったり、陰湿である場合が多いのも事実です。
イジメによって受けた心の傷は、イジメられた経験がある人にしか分かりません。
イジメている当人は、「冗談のつもりだった・・・」「イジメている自覚はなかった・・・」と言うかもしれませんが、イジメられた側がイジメだと判断すれば、それは立派なイジメなのです。
イジメの被害を受けていて「イジメを止めて欲しい・・・」と思っているなら、直接相手に「イジメを止めて欲しい」と言うのが解決策だと思うかもしれません。
しかし、直接相手に「イジメを止めて欲しい」と言った所で、イジメを止めてくれる人は殆どいないのが現実でしょう。
そればかりか、「イジメを止めて欲しい」と言った事によって、反ってイジメの被害が酷くなるケースも多々あります。
イジメの被害を受けてしまったなら、イジメてくる本人に抗議するのではなく、味方になってくれそうな周りの人間に相談するのが一つの解決策だと言えますが、そもそもイジメを回避出来るのがベストですよね。
「イジメを回避出来るのがベストなのは分かるけど、私、イジメられやすい体質だからイジメを回避する事なんて本当に出来るのかしら・・・」と思う人もいるかもしれません。
そんな人は、ぜひ学校&職場でイジメられない環境を作る事に効果的なイジメを回避する白魔術のおまじないに頼ってみてください。
実際に、ブログ読者の方々からも「私、イジメられやすい体質だから社会人になってから職場ではなるべく目立たないようにしてきたんです。けど、イジメられそうになって・・・そんな時、学校&職場でイジメられない環境を作る事に効果的なイジメを回避するおまじないを知って、試してみたら本当に効果があってイジメを回避出来ました!!」「私、イジメが原因で転校する事になったんですけど、学校&職場でイジメられない環境を作る事に効果的なイジメを回避するおまじないのおかげで、転校先の学校ではイジメられる事なく楽しい学校生活を過ごせています。」という体験談や報告を沢山頂いています。
そこで今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、学校&職場でイジメられない環境を作る事に効果的なイジメを回避するおまじないを紹介していきたいと思いますので、イジメの被害にあった経験がある人やイジメられやすい体質の人は、ぜひ今回紹介する白魔術のおまじないを試してみてください。
ただ、おまじないの効果には相性があります。
今回、いくつか学校&職場でイジメられない環境を作る事に効果的なイジメを回避するおまじないをご紹介しますので、試してみた白魔術のおまじないの効果を実感出来なかった場合でも諦めずに、掲載されている他のおまじないも試してみましょう。

【イジメを回避出来る!!ぬいぐるみを使った効果抜群な白魔術のおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)あなたと同じ性別の人の形のぬいぐるみ(女性なら女性のぬいぐるみ、男性なら男性のぬいぐるみ)

(2)白色の布(ぬいぐるみを包める大きさのもの)

(3)お気に入りの香りの香水

(4)画用紙

(5)黒色のペン

(6)赤色のマジック

★おまじないの方法★

(1)まず、画用紙と黒色のペンを用意しましょう。

(2)画用紙と黒色のペンを用意したら、画用紙に黒色のペンであなたがイジメられる原因だと自覚している特徴を書いてください。
思い当たる節があるものは全て書き出しましょう。

(3)画用紙に黒色のペンであなたがイジメられる原因だと自覚している特徴を書き終わったら、赤色のマジックを用意してください。

(4)赤色のマジックを用意したら、画用紙に大きく「×」の印をつけましょう。

(5)画用紙に黒色のペンであなたがイジメられる原因だと自覚している特徴を書き出して、赤色のマジックで大きく「×」の印をつけたら、あなたと同じ性別の人の形のぬいぐるみを用意してください。

(6)あなたと同じ性別の人の形のぬいぐるみを用意したら、そのぬいぐるみを自分自身だとイメージしましょう。

(7)イメージし終えたら、次に白色の布を用意してください。

(8)白色の布を用意したら、白色の布を両手で包み込むように持って、目を閉じ、「私をイジメの魔の手から守ってください。」と心の中で強く念じましょう。

(9)念じ終えたら、あなたの自室の西の方角に画用紙を置いて、その上にあなたと同じ性別の人の形のぬいぐるみを置き、そのぬいぐるみを白色の布で包んでください。

(10)ここまでの工程を終えたら、お気に入りの香りの香水を用意しましょう。

(11)そして、「私をイジメの魔の手から守り、平穏な生活を送らせてください。」と心の中で念じながら、白色の布で包んだぬいぐるみに向かって、香水をワンプッシュ吹きかけてください。

(12)3日に1回のペースで、「私をイジメの魔の手から守り、平穏な生活を送らせてください。」と心の中で念じながら、白色の布で包んだぬいぐるみに向かって、お気に入りの香水をワンプッシュ吹きかけましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないで使用するぬいぐるみは、あなたと同じ性別のぬいぐるみであれば、どんなぬいぐるみでも構いません。
アニメやマンガなどのキャラクターのぬいぐるみでも構いませんので、あなたと同じ性別のぬいぐるみを用意しましょう。

(2)画用紙に黒色のペンであなたがイジメられる原因だと自覚している特徴を書く時は、思い当たる節があるものは全て書き出しましょう。
「容姿が悪いから」「暗いから」「目立つから」などなど、イジメの対象になる原因は様々だと思いますが、あなたが自覚しているものを考えて、書いてください。
そして、赤色のマジックで大きく「×」の印をつける時は、その特徴を消し去りたいという気持ちを込めながら「×」の印をつけましょう。

(3)用意したぬいぐるみが、あなた自身だというイメージをしっかりと持ってください。
ぬいぐるみをあなた自身だと思い込む事が出来ていないと、おまじないの効果が正常に現れなくなってしまいますので気を付けましょう。

(4)白色の布を両手で包み込むように持って、目を閉じ、「私をイジメの魔の手から守ってください。」と心の中で念じる時は、「イジメられたくない」「イジメを回避したい」という強い気持ちを込めてください。
強い気持ちを込めれば込めるほど、おまじないの効果が高まります。

(5)白色の布で包んだぬいぐるみに向かって、「私をイジメの魔の手から守り、平穏な生活を送らせてください。」と心の中で念じながら、香水をワンプッシュ吹きかける工程は、3日に1回のペースで行いましょう。
続ける事によって、おまじないの効果が徐々に高まっていきますので、忘れないように香水を吹きかけてください。

【お守りの力でイジメを回避する!!学校&職場でイジメられなくなる強力な白魔術のおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)白色の封筒

(2)あなたが写っている写真

(3)はさみ

(4)赤色のペン

(5)シルバーの折り紙

(6)のりorセロハンテープ

★おまじないの方法★

(1)まず、あなたが写っている写真とはさみを用意しましょう。

(2)あなたが写っている写真とはさみを用意したら、写真に写っているあなたの部分だけをはさみで切り抜いてください。

(3)写真から、あなたが写っている部分だけをはさみで切り抜いたら、赤色のペンを用意しましょう。

(4)赤色のペンを用意したら、切り抜いた写真の裏面に赤色のペンで六芒星を書いてください。

(5)次に、シルバーの折り紙を用意しましょう。

(6)シルバーの折り紙を用意したら、シルバーの折り紙の裏面(中心部)に赤色のペンで、「〇〇(あなたの名前)をイジメの魔の手から守る鉄壁の盾となりたまえ」と書いてください。
あなたの名前の部分はフルネームで書きましょう。

(7)書き終えたら、先ほどあなたが写っている部分を切り抜いた写真を、シルバーの折り紙で丁寧に包んでください。
文字を書いた面が内側になるように包みましょう。

(8)切り抜いた写真をシルバーの折り紙で丁寧に包んだら、白色の封筒とのりorセロハンテープを用意してください。

(9)そして、白色の封筒にシルバーの折り紙で包んだあなたの写真を入れて、のりorセロハンテープで封をしましょう。

(10)封筒に封をしたら、その封筒を両手で持ち、目を閉じて、イジメられなくなった未来を想像しながら、「これで大丈夫・・・!!」と声に出してください。

(11)封筒はお守りとして、カバンなどの中に入れて普段から持ち歩くようにしましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用するあなたが写っている写真は、出来るだけあなたが笑顔で写っている写真を選ぶようにしましょう。
笑顔で楽しそうにしている写真を使う方がおまじないの効果が高まります。
反対に、暗い顔をしていたり、辛そうな顔をしている写真を使ってしまうとおまじないの効果が弱まってしまいますので気を付けましょう。

(2)写真を切り抜く時は、丁寧に切り抜いてください。
また、切り抜いた写真の裏面に六芒星を書く時は、「イジメられたくない」というあなたの気持ちを込めて書きましょう。
気持ちを込める事によって、おまじないの効果が高まります。

(3)シルバーの折り紙の裏面に、「〇〇(あなたの名前)をイジメの魔の手から守る鉄壁の盾となりたまえ」と書く時は、一字一句間違えないように書いてください。
また、名前は必ずフルネームで書きましょう。

(4)切り抜いた写真をシルバーの折り紙で包む時は、丁寧に包んでください。
そして、包む折り紙の事をあなたをイジメから守ってくれる壁だとイメージしながら包みましょう。
しっかりとイメージ出来ていると、おまじないの効果が更に高まります。

(5)封筒は、必ず普段から持ち歩くようにしてください。
持ち歩いていないとおまじないの効果を期待出来なくなってしまいますので、注意しましょう。
自宅に置いたままにしていたり、持ち歩いている時に無くしてしまったりすると、おまじないの効果が消えてしまいます。
無くさないように気を付けながら、普段から持ち歩くようにしてください。
カバンの中に入れておくだけでも効果は期待出来ます。

【学校&職場でイジメられなくなる!!入浴時に行う即効性のある白魔術のおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)入浴出来る環境

(2)バニラエッセンス

(3)小さじ一杯程度のお酒(未成年の場合は料理酒でも構いません。)

(4)ローリエの葉

(5)ボディーソープやシャンプーなど、入浴の際に使うもの

★おまじないの方法★

(1)このおまじないは入浴時に行うものなので、まずは入浴の準備を整えてください。
普段、シャワーだけの人もおまじないを行う日は湯舟にお湯を溜めて、湯舟に浸かりましょう。
また、入浴後は早めに就寝する必要があるので、その日のうちに済ませるべき事は先に済ませておいてください。

(2)湯舟にお湯を溜めて、入浴する準備を整えたら、バニラエッセンスと小さじ一杯程度のお酒(未成年の場合は料理酒)とローリエの葉を用意しましょう。

(3)そして、湯舟に溜めたお湯の中に、バニラエッセンスを数滴と、小さじ一杯程度のお酒(未成年の場合は料理酒)を入れて、湯舟のお湯を良くかき混ぜてください。

(4)バニラエッセンス数滴と小さじ一杯程度の日本酒(未成年の場合は料理酒)を入れて、湯舟のお湯を良くかき混ぜたら、ローリエの葉を湯舟のお湯に浮かべましょう。

(5)ここまでの工程を終えたら、まずは普段通りに体や髪の毛を洗ってください。
いつもよりも丁寧に洗いましょう。

(6)体や髪の毛を洗ったら、湯舟のお湯に浸かってください。

(7)湯舟のお湯に浸かったら、目を閉じて、イジメられなくなるオーラを体に纏わせる事をイメージをしましょう。

(8)イジメられなくなるオーラを体に纏わせる事をイメージ出来たら、次は、イジメられなくなった自分をイメージしてください。

(9)イジメられなくなるオーラを体に纏わせるイメージと、イジメられなくなった自分をイメージしたら、目を閉じたまま、「シェル・ダ・ポンジュ・オーラム・キュリオス」という呪文を3回連続で唱えましょう。

(10)呪文を唱え終わったら、目を開いて、湯舟から出てください。

(11)湯舟から出たら、シャワーで体を流さずにそのままお風呂を出ましょう。

(12)あとは、普段通りにタオルで体や髪の毛を拭いて、ドライヤーで髪の毛を乾かし、早めに就寝してください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)このおまじないは、あなたのイメージ力が大切になってきます。
湯舟に浸かって、イジメられなくなるオーラを体に纏わせる事をイメージする時とイジメられなくなった自分をイメージする時に、しっかりとイメージ出来ていないとおまじないの効果が正常に現れなくなってしまいますので、集中してイメージするようにしましょう。
また、イジメられなくなった自分をイメージする時は、出来るだけ具体的にイメージした方が、おまじないの効果が高まりますので、イジメられなくなった結果、どうなったのかまでイメージ出来るならイメージしてください。

(2)おまじないに使用するバニラエッセンスとお酒とローリエの葉は、スーパーなどで市販されているものを使用して頂いて構いません。
未成年の場合はお酒を購入出来ないと思いますので、お酒の代わりに家庭にある料理酒で代用してください。

(3)湯舟のお湯に浸かる前に、体や髪の毛を先に洗うようにしましょう。
身を清める意味も込められていますので、必ず体や髪の毛を洗ってから湯舟のお湯に浸かってください。
また、湯舟のお湯から出た時は、シャワーで体を流さずにお風呂から出るというポイントも重要な事なので、必ず守りましょう。

(4)「シェル・ダ・ポンジュ・オーラム・キュリオス」という呪文を3回連続で唱える時も、イジメられなくなるオーラを体に纏わせるイメージとイジメられなくなった自分のイメージを途切れさせないようにしましょう。

(5)お風呂から出て、おまじないを終えたら、この日は出来るだけ早く就寝してください。
どれだけ遅くてもおまじないを終えてから3時間以内には就寝するようにしましょう。
それ以上起きてしまっていると、おまじないの効果が弱まってしまいますので気を付けてください。

【学校&職場でのイジメを回避出来る!!白色の布を使った効果抜群な白魔術のおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)白色の布

(2)黒色のマジック

(3)赤色のマジック

(4)裁ちばさみ

★おまじないの方法★

(1)このおまじないは、就寝前に行うおまじないになっています。
就寝する準備を整えてからおまじないを行いましょう。

(2)就寝する準備を整えたら、まず、白色の布と裁ちばさみを用意してください。

(3)白色の布と裁ちばさみを用意したら、白色の布をあなたの手首に巻き付ける事が出来るサイズにカットしましょう。
布の幅は5センチほどの幅でカットして頂ければ問題ありません。
包帯をイメージして頂ければ、分かりやすいかと思います。

(4)白色の布を裁ちばさみでカットしたら、次に黒色のマジックと赤色のマジックを用意しましょう。

(5)黒色のマジックと赤色のマジックを用意したら、先ほど5センチほどの幅でカットした白色の布の中央部に、黒色のマジックで五芒星を書いてください。

(6)そして、その五芒星を赤色のマジックで丸く囲みましょう。

(7)ここまでの工程を終えたら、白色の布をあなたの利き手とは逆の手首に巻き付けてください。

(8)白色の布を手首に巻き付けたら、両手を合わせて神様に祈るポーズを取りながら、「他人の心の穢れが、私に降りかかりませんように・・・」と心の中で強く念じましょう。

(9)念じ終わったら、白色の布を手首に巻き付けたまま、その日はなるべく早めに就寝してください。

(10)翌朝、起きた時に手首に巻き付けていた白色の布は外して頂いて構いません。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)5センチほどの幅にカットした白色の布に五芒星を書く時は、「イジメを回避したい」という強い気持ちを込めて書いてください。
五芒星を赤色のマジックで丸く囲む時も同様です。

(2)「他人の心の穢れが、私に降りかかりませんように・・・」と心の中で強く念じる時は、神様に祈るポーズを取りながら念じましょう。
両手を組んで胸の辺りに持ってきて頂ければ、神様に祈る時のポーズになると思いますので、その状態で念じてください。
また、しっかりと強い気持ちを込めて念じるようにしましょう。

(3)もしも、寝ている間に手首に巻き付けた布が解けてしまったら、おまじないはやり直しになってしまいます。
解けないようにしっかりと巻き付けて、結びましょう。

【学校&職場でイジメられない環境を作ろう!!ごぼうを使った強力な白魔術のおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)ごぼう

(2)ごぼうを使った料理を作る為に必要な食材や調理器具

(3)お皿

(4)塩

★おまじないの方法★

(1)まず、ごぼうを用意しましょう。

(2)ごぼうを用意したら、ごぼうを手に持って、あなたをイジメそうな相手の姿をイメージしてください。
既に、イジメに発展しそうな過度なイジリをされている人は、その相手の姿をイメージして頂いても構いません。

(3)イメージし終えたら、目を閉じて、「イジメないで・・・イジメないで・・・イジメないで・・・」と何度も何度も心の中で強く念じましょう。

(4)しっかりと念じ終えたら、そのごぼうを使ってごぼう料理を作ってください。
何を作って頂いても構いません。

(5)ごぼう料理が完成したら、お皿に盛り付けましょう。

(6)そして、ごぼう料理を盛り付けたお皿の縁に沿うように塩を盛り付けてください。

(7)あとは、お皿の縁に沿うように盛り付けた塩を崩さないように、ごぼう料理を食べるだけです。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)ごぼうの花には、「私をイジメないで」という花言葉があります。
あなたをイジメそうな人のイメージをごぼうに刷り込む事によって、イジメを回避する事が出来るおまじないになっていますので、イメージする時は、出来るだけ相手のことを具体的にイメージしましょう。
そして、「イジメないで・・・イジメないで・・・イジメないで・・・」と強く念じる時は、イジメられたくないという強い気持ちを込めて念じてください。

(2)ごぼう料理は、何でも構いません。
好きなごぼう料理を作ってください。

(3)ごぼう料理を盛り付けたお皿の縁に沿うように盛った塩は、ごぼう料理を食べる時に崩さないように気を付けてください。
崩してしまうとおまじないの効果が弱まってしまいます。

★まとめ★

 

 

今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、学校&職場でイジメられない環境を作る事に効果的なイジメを回避する白魔術のおまじないを紹介してきましたがいかがでしたか?
イジメの被害にあってしまうと、とても辛くて苦しい想いをすると思いますし、酷い場合には鬱に発展してしまう可能性もあります。
イジメられてからの対処も大切な事は間違いありませんが、何よりもイジメを回避して、イジメられないようにする事が大切です。
しかし、イジメられてしまう人は、イジメの対象にされやすい特徴を持っている場合も多いので、気付いたらイジメられてしまっていたというケースもあるでしょう。
「イジメられやすい体質だ・・・」「過去にイジメられていた・・・」という人は、ぜひ今回紹介してきた学校&職場でイジメられない環境を作る事に効果的なイジメを回避する白魔術のおまじないを試してみてください。
未然にイジメを回避出来れば、イジメの被害にあって辛くて苦しい想いをする事も回避出来ますので、自分自身が身を置く環境も良くなるはずですよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事