《出世に効く》上司に認められ、気に入られるおまじないの方法5選!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回はブログ読者の皆さんからご報告頂いた、実際試して上司に気に入られる事に効果があった、上司に認められて気に入られるおまじないをシェアさせて頂きます。

社会に出て、会社に勤めるようになったら、ほぼ100%上司と関わりを持たなければいけませんよね。
一人で行う仕事であれば上司はいないでしょうし、関わりもないでしょうが、学生を終えて社会に出る時に、いきなり一人で仕事を行うような人は殆どいないでしょう。
殆どの人がどこかの企業や会社に勤める事になると思いますし、企業や会社に勤めれば、そこには必ず上司がいるので、上司と関わりを持たずに仕事をする事はほぼ不可能です。
そして、関わりのある上司に認められて、気に入られるかどうかは、出世において大きな意味を持ちます。
直属の上司に認められて気に入ってもらえたら、出世の後押しをしてもらえるケースもありますが、上司に嫌われてしまっていたら、実力があっても出世の後押しをしてもらえない場合もあるでしょう。
「実力や業績を無視して、上司のお気に入りの部下を出世させるのは悪習だ!!」と思う人もいるかもしれませんが、現代でもそういった事が多くの企業や会社で行われているのも否定は出来ません。
勤めている企業や会社で出世する為には、上司に気に入られるという事を疎かにしてはいけないのです。
もちろん、実力や業績も出世において重要な一面を持ちますが、上司に気に入られるという事も出世において重要な一面を持つので、決して軽視してはいけない問題だと言えるでしょう。
出世以外においても、上司に嫌われているよりも、上司に認められて気に入られている方が、上司との人間関係が良好で働きやすい環境で仕事が出来る事は間違いありません。
そうはいっても、「上司に気に入られる為に頑張っているけど、うまくいかない・・・」「気難しい上司だからどうすれば気に入ってもらえるのかが分からない・・・」という人もいますよね。
そんな人たちは、ぜひ上司に認められて気に入られるおまじないに頼ってみてください。
おまじないの効果によって、上司から認められて、気に入られる事も多々あるのです。
実際に、ブログ読者の方々からも「大学を卒業して就職した時、働きやすい環境で働く為に上司には気に入られなきゃいけないと思っていたんです。だから、上司のご機嫌取りや気に入られるように努力もしていたんですけど、気難しい上司だったのでなかなか私のことを認めてもらえませんでした。そんな時、上司に認められて気に入られるおまじないの存在を知ったから、試してみたんです。そしたら、徐々に上司に認められて気に入ってもらう事が出来ました。」「会社に勤める以上、その会社で出世したいと思っていました。そして、出世する為には上司に気に入られる事が大切だという事は知っていたので、上司に認められて気に入られるおまじないをやってみたんです。そのおかげで上司に気に入ってもらう事が出来て、出世の後押しをしてもらえましたし、無事出世する事が出来ました。」という体験談や報告を沢山頂いています。
そこで今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、上司に認められて気に入られるおまじないを紹介していきたいと思いますので、出世を目指している人や上司との人間関係に悩んでいる人は、ぜひこの記事で紹介するおまじないを試してみてください。
ただ、おまじないの効果には相性があります。
いくつか上司に認められて気に入られるおまじないをご紹介しますので、試してみたおまじないの効果を実感出来なかった場合でも諦めずに、掲載されている他のおまじないも試してみましょう。

【上司に認められて気に入られる!!めんこを使った強力なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)丸型のめんこ(2枚)

(2)あなたが好きな色の折り紙

(3)上司のイメージカラーの折り紙

(4)ペン

(5)のりor両面テープ

(6)はさみ

★おまじないの方法★

(1)まず、あなたが好きな色の折り紙と上司のイメージカラーの折り紙、はさみとめんこを用意しましょう。

(2)あなたが好きな色の折り紙と上司のイメージカラーの折り紙、はさみとめんこを用意したら、2枚の折り紙をはさみでめんこと同じ大きさの丸型に切ってください。
丸く切った折り紙とめんこを重ね合わせた時、折り紙とめんこがピッタリと重なるように丁寧に切りましょう。

(3)2枚の折り紙それぞれを丸く切り終えたら、ペンを用意して、あなたが好きな色の折り紙の裏面にあなたの名前を書き、上司のイメージカラーの折り紙の裏面に上司の名前を書いてください。
お互いの名前はそれぞれフルネームで書きましょう。

(4)2枚の折り紙それぞれの裏面に、あなたの名前と上司の名前をフルネームで書き終えたら、のりor両面テープを用意してください。

(5)のりor両面テープを用意したら、めんこを用意して、丸く切って裏面に名前を書いた折り紙をめんこの表面にのりor両面テープで貼り付けましょう。
折り紙の裏面(それぞれの名前を書いた方の面)をめんこに貼り付けてください。

(6)ここまでの工程を終えたら、あなたの名前を書いた折り紙を貼り付けためんこを右手に持ち、上司の名前を書いた折り紙を貼り付けためんこを左手に持ちましょう。

(7)そして、目を閉じ、「私、〇〇(あなたの名前)は、上司、〇〇さん(上司の名前)に気に入ってもらえます。そして、認められます。」と心の中で強く念じてください。

(8)念じ終えたら、めんこを持つ手を入れ替えて、左手であなたの名前を書いた折り紙を貼り付けためんこ、右手で上司の名前を書いた折り紙を貼り付けためんこを持って、目を閉じましょう。

(9)そして、先ほどと同じように「私、〇〇(あなたの名前)は、上司、〇〇さん(上司の名前)に気に入ってもらえます。そして、認められます。」と心の中で強く念じてください。

(10)念じ終えたら、目を開いて、2枚のめんこの裏面同士をのりor両面テープで貼り付けて、重ね合わせましょう。

(11)2枚のめんこを貼り付けたら、そのめんこを会社のデスクの引き出しなどの中に入れておいてください。
もし、会社に自分専用のデスクがない人は、仕事で使うカバンの中に入れて頂いても構いません。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないで使用する丸型のめんこは、どんなものでも構いません。
ただし、2枚のめんこは同じ大きさのものを用意するようにしましょう。
大きさが同じであれば、どんなめんこを使用して頂いても問題ありません。

(2)上司のイメージカラーの折り紙は、あなたが直感で「上司っぽい色」だと思う色の折り紙を使って頂いても構いませんし、上司の好きな色を聞いて知っていたならその色の折り紙を使用して頂いても問題ありません。
また、2枚の折り紙をはさみで丸く切る時は、用意しためんこと同じ大きさに切りましょう。
多少ズレている分には問題ありませんが、大幅にズレが生じてしまっていると、おまじないの効果が正常に現れなくなりますので、出来るだけ丁寧に切ってください。

(3)両手にめんこを持って、「私、〇〇(あなたの名前)は、上司、〇〇さん(上司の名前)に気に入ってもらえます。そして、認められます。」と念じる時は、上司から気に入られたいという気持ちを強く込めながら念じましょう。
ここでしっかりとあなたの強い気持ちを込める事が重要なポイントです。

(4)2枚のめんこをのりor両面テープで貼り合わせる時は、ズレないように2枚のめんこを貼り合わせてください。

(5)貼り合わせた2枚のめんこを会社のデスクの引き出しの中や、カバンの中に入れた後は、めんこの存在を上司に気付かれないようにしましょう。
気付かれてしまうと、おまじないの効果が弱まってしまいますので、気を付けてください。

【写真を使って簡単に出来る!!上司に認められて気に入ってもらう事に効果抜群なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)あなたが1人で写っている写真1枚

(2)写真立て

(3)黄色の紙(写真よりも大きいサイズのもの)

(4)黒色のペン

(5)はさみ

(6)のりor両面テープ

★おまじないの方法★

(1)まず、黄色の紙とはさみを用意しましょう。

(2)黄色の紙とはさみを用意したら、黄色の紙を写真と同じ大きさにはさみで切ってください。
写真と重ね合わせた時にピッタリと重なるように、丁寧に切りましょう。

(3)黄色の紙を写真と同じ大きさに切ったら、黒色のペンを用意してください。

(4)黒色のペンを用意したら、写真と同じ大きさに切った黄色の紙に黒色のペンで上司の名前をフルネームで書きましょう。

(5)写真と同じ大きさに切った黄色の紙に黒色のペンで上司の名前をフルネームで書き終えたら、一旦その紙は横に置いておいてください。

(6)次に、あなたが写っている写真を用意しましょう。

(7)あなたが写っている写真を用意したら、写真の裏面に黒色のペンで、上司に認められそうな仕事の成果や上司に気に入られそうな事柄を箇条書きで書いてください。
思い当たる節があるものは全て書き出しましょう。

(8)写真の裏面に、上司に認められそうな仕事の成果や上司に気に入られそうな事柄を書き終えたら、のりor両面テープを用意して、先ほどの黄色の紙を写真の裏面に貼り付けてください。
ズレないようにピッタリと貼り合わせましょう。

(9)写真と黄色の紙を貼り合わせたら、その写真を写真立てに入れてください。
通常通り、写真の表の面を飾るように写真立てに入れて頂ければ問題ありません。

(10)写真を写真立てに入れたら、その写真立てを玄関に飾りましょう。

(11)そして、毎日、仕事に行く前に写真立てに向かって、「今日も1日上司と良い関係を築き上げる事が出来ますように・・・」と祈ってから、出社するようにしてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用する写真は、あなたが1人で写っている写真を使うようにしましょう。
他の人が写り込んでいる写真を使ってしまうと、おまじないの効果が正常に現れなくなりますので、気を付けてください。

(2)黄色の紙に上司の名前をフルネームで書く時は、上司に対するあなたの好意や気に入られたいという気持ちを込めて書きましょう。
気持ちを込めて書く事によって、おまじないの効果が高まります。

(3)写真の裏面に、上司に認められそうな仕事の成果や上司に気に入られそうな事柄を書く時は、思い当たる節があるものは全て書き出しましょう。
箇条書きで構いませんので、漏れのないように書き出してください。
漏れがあると、おまじないの効果が弱まってしまいますので、気を付けましょう。
どんな些細な事でも構いませんので、「コレは上司から認めてもらえるような事かも!?」「コレをしたら上司に気に入られるかも!?」と思うものは全て書いてください。

(4)写真と黄色の紙を貼り合わせる時は、ズレないようにピッタリと貼り合わせてください。
ズレが生じてしまっていると、おまじないの効果が弱まってしまいますので、黄色の紙を写真に貼り付ける時は、丁寧に貼り付けましょう。

(5)写真立ては、必ず玄関に飾ってください。
そして、毎朝、仕事に行く前に「今日も1日上司と良い関係を築き上げる事が出来ますように・・・」と祈ってから、出社するという事を忘れないようにしましょう。

【すぐに上司に認められて気に入られたいならコレ!!水溶紙を使った即効性のあるおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)水溶紙(3枚)

(2)赤色の水性ペン

(3)底が深めのお皿

(4)熱湯

★おまじないの方法★

(1)まず、水溶紙1枚と赤色の水性ペンを用意しましょう。

(2)水溶紙1枚と赤色の水性ペンを用意したら、水溶紙に赤色の水性ペンで上司の名前をフルネームで書いてください。

(3)水溶紙に上司の名前をフルネームで書き終えたら、その水溶紙を両手で優しく包み込んで、上司に対する好意や「気に入られたい」「認められたい」という気持ちを強く込めましょう。

(4)上司の名前を書いた水溶紙を両手で優しく包み込んで、あなたの気持ちを込めたら、底が深めのお皿を用意してください。

(5)底が深めのお皿を用意したら、その中に水溶紙を入れましょう。

(6)底が深めのお皿に水溶紙を入れたら、熱湯を用意してください。

(7)熱湯を用意したら、上司に気に入られたいという気持ちを強く抱きながら、「上司、〇〇さん(上司の名前)の心を溶かしてください・・・!!」と声に出してからお皿の中に熱湯を注ぎましょう。

(8)そして、水溶紙が完全に溶けるまで上司のことを頭に思い浮かべながら、上司に認められて気に入られた未来を想像してください。

(9)水溶紙が完全に溶けたら、お皿の中の熱湯をシンクに流しましょう。

(10)ここまでの工程を1セットとして、(1)から(9)までの工程を3回繰り返してください。
3回繰り返し終えたら、このおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用する水溶紙や赤色の水性ペン、底が深めのお皿は全て新品のものを用意しましょう。
使い古しのものを使っておまじないを行っても、おまじないの効果を期待出来ませんので、気を付けてください。

(2)このおまじないは、3回行う必要がありますが、日を跨がなくても、その日のうちに連続で3回行って頂いて構いません。
ただし、1回1回、強い気持ちを込めて行うようにしましょう。
惰性で3回行ってもおまじないの効果を期待出来ませんので、1回1回、しっかりと上司に認められて気に入られたいという気持ちを強く込めながらおまじないを行ってください。

(3)上司の名前を書いた水溶紙を両手で優しく包み込んで、上司に対する好意や「気に入られたい」「認められたい」という気持ちを強く込める時は、上司の姿を頭に思い浮かべながら、あなたの気持ちを込めましょう。
そして、どんな風に気に入られたいのかや認められたいのかを具体的にイメージすると、おまじないの効果が更に高まります。

(4)水溶紙を入れたお皿に熱湯を注ぐ時は、上司に気に入られたいという気持ちを強く抱きながら、「上司、〇〇さん(上司の名前)の心を溶かしてください・・・!!」と声に出してから熱湯を注ぎましょう。
声に出す前に熱湯を注いだり、しっかりと気持ちを込める事が出来ていないと、おまじないの効果が弱まってしまいますので、気を付けてください。

【上司に認められて気に入ってもらえる!!メモ帳を使った効果抜群なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)メモ帳

(2)赤色のペン

(3)青色の布

★おまじないの方法★

(1)まず、メモ帳と赤色のペンを用意しましょう。

(2)メモ帳と赤色のペンを用意したら、メモ帳の最初のページを開いて、メモ帳の最初のページに赤色のペンであなたと上司の名前をフルネームで書いてください。

(3)メモ帳の最初のページに赤色のペンで、あなたと上司の名前をフルネームで書き終えたら、お互いの名前をひとつの丸印で囲いましょう。

(4)あなたの名前と上司の名前をひとつの丸印で囲ったら、メモ帳の2ページ目を開いてください。

(5)メモ帳の2ページ目を開いたら、そのページに「上司に認められたい」「上司に気に入られたい」といったあなたの気持ちを、ありのまま素直に書き出しましょう。

(6)メモ帳の2ページ目に「上司に認められたい」「上司に気に入られたい」といったあなたの気持ちを書き出したら、3ページ目以降にあなたの好きなもの、上司の好きなものを交互に1ページに1つずつ書いていってください。

(7)ここまでの工程を終えたら、メモ帳を閉じて、両手でメモ帳を持ちましょう。

(8)そして、目を閉じ、上司と仲良くなりたいという気持ちを強く抱きながら、「〇〇さん(上司の名前)に気に入ってもらえますように・・・」と心の中で強く念じてください。

(9)念じ終えたら、青色の布を用意して、メモ帳を青色の布で包み、そのメモ帳をカバンの中などに入れて普段から持ち歩きましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用するメモ帳と赤色のペンは、どちらも新品のものを用意して、新品のメモ帳と赤色のペンを使っておまじないを行うようにしましょう。
使い古しのものを使っておまじないを行っても、おまじないの効果が正常に現れませんので、気を付けてください。

(2)メモ帳の最初のページに、あなたの名前と上司の名前をフルネームで書く時は、縦書きでも横書きでもどちらでも構いません。
ただし、お互いの名前はなるべく近くに書くようにしましょう。
離れた位置にお互いの名前を書いてしまうと、その距離感がお互いの距離感を表してしまいますので、上司との距離が縮まるまでに時間が掛かってしまいます。

(3)メモ帳の2ページ目に「上司に認められたい」「上司に気に入られたい」といったあなたの気持ちを書き出す時は、自分の気持ちに素直になって思っている事を書いて頂ければ問題ありません。

(4)3ページ目以降にあなたの好きなもの、上司の好きなものを書いていく時は、1ページに1つずつ、そして交互に書いていきましょう。

(5)メモ帳を両手で持って、目を閉じ、「〇〇さん(上司の名前)に気に入ってもらえますように・・・」と念じる時は、上司と仲良くなりたいという気持ちを強く込めながら念じてください。
ここで強い気持ちを込めれば込めるほど、おまじないの効果が高まります。

【ハート型のシールを使って簡単に出来る!!上司に認められて気に入ってもらえる強力なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)青色のハート型のシール

(2)青色の折り紙

(3)赤色のペン

(4)はさみ

★おまじないの方法★

(1)まず、青色の折り紙とはさみを用意しましょう。

(2)青色の折り紙とはさみを用意したら、用意したハート型のシールよりも小さいサイズで青色の折り紙をはさみで切ってください。
どんな形に切って頂いても構いません。

(3)青色の折り紙をはさみで切ったら、赤色のペンを用意しましょう。

(4)赤色のペンを用意したら、先ほど切った青色の折り紙に赤色のペンで、上司の名前を書いてください。

(5)青色の折り紙に赤色のペンで上司の名前を書いたら、青色のハート型のシールを用意しましょう。

(6)そして、あなたが日常生活を送る中で、良く目にする物や場所を選んで、そこに青色の折り紙を青色のハート型のシールで貼り付けてください。

(7)貼り付けたら、そのハート型のシールに向かって、「〇〇さん(上司の名前)が私(僕)のことを気に入ってくれますように・・・」と祈りましょう。

(8)日常生活を送る中で、ハート型のシールを目にする度に祈るようにしてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)青色のハート型のシールは出来るだけ大きなものを用意しましょう。
大きなシールを使っておまじないを行う方が、おまじないの効果が高く現れます。

(2)青色の折り紙をはさみで切る時は、必ず用意したハート型のシールよりも小さく切ってください。
ハート型のシールを貼り付けた時に、青色の折り紙がシールからはみ出さないようにしましょう。

(3)日常生活を送る中で、良く目にする物や場所は何でも構いません。
好きな物や場所に貼り付けましょう。

(4)ハート型のシールに向かって、「〇〇さん(上司の名前)が私(僕)のことを気に入ってくれますように・・・」と祈る時は、上司に気に入られたいという気持ちを強く込めながら祈ってください。
また、シールを目にする度に祈るのを忘れないようにしましょう。

★まとめ★

 

 

今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、上司に認められて気に入られるおまじないを紹介してきましたがいかがでしたか?
上司からは嫌われるよりも、気に入られる方が良いに決まっています。
上司に認められて気に入られる事によって、出世においてプラスに働くでしょうし、出世を抜きにしても働きやすい環境で仕事が出来るようになる事は間違いありません。
出世を狙っている人はもちろんの事、出世を狙っていない人でも上司との人間関係に悩んでいる人は、ぜひこの記事で紹介してきた上司に認められて気に入られるおまじないを試してみましょう。
おまじないの効果によって、きっと上司との関係が良くなるはずですし、上司に気に入ってもらえたら働きやすい環境で仕事が出来るようになるはずですよ。

関連記事