1. HOME
  2. ブログ
  3. 《本当に効く!》双子を妊娠出来る超強力な効果抜群のおまじない7選!

《本当に効く!》双子を妊娠出来る超強力な効果抜群のおまじない7選!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回はブログ読者の皆さんからご報告頂いた、実際試して妊活に効果があった、双子を妊娠出来るおまじないをシェアさせて頂きます。

愛するパートナーと結婚したら、殆どの夫婦が妊活に励むと思います。
結婚する時に「しばらく子供は作らずに2人の時間を楽しみましょう?」とパートナーと話し合って決めていたとしても、結婚生活を共にするにつれて段々と子供が欲しくなってくる人が多いのではないでしょうか。
子供が欲しくなったら基礎体温をカレンダーにつけるようになったり、排卵日を把握して妊娠出来るように計画していく人が殆どだと思います。
そして、妊活に励んでいく過程で段々と「男の子の赤ちゃんが欲しいな。」「女の子の赤ちゃんが欲しいな。」といったように、産まれてくる赤ちゃんの性別に願望を抱くようになってくる人も多いですよね。
また、性別以外にも「双子の赤ちゃんが欲しい!!」と思う人もいると思います。
しかし、産まれてくる赤ちゃんの性別や双子であるかどうかは、自分たちで決める事が出来るものではありません。
特に双子に関しては、双子を妊娠する確率は100分の1だとも言われていますので、滅多なことがないと双子を妊娠することは出来ないのです。
そうはいっても、「双子を妊娠したい!!」と考える夫婦はいると思います。
そんな人は、ぜひ双子を妊娠出来るおまじないに頼ってみてください。
実際に、ブログ読者の方々からも「どうしても双子が欲しくておまじないを頼ってみたら、効果があって双子を妊娠出来た!!」「藁にも縋る思いでおまじないを試してみたら、妊娠した赤ちゃんが双子だった!!」という体験談や報告を沢山頂いています。
そこで今回は、ブログ読者の方々から頂いた報告や体験談を基に、双子を妊娠出来る超強力なおまじないを紹介していきたいと思いますので、「双子の赤ちゃんを妊娠したい!!」と考えている人はぜひ今回紹介するおまじないを試してみてください。
ただし、おまじないの効果には相性があります。
ブログ読者の方々に頂いたおまじないの中から、今回いくつか双子を妊娠出来るおまじないを厳選してご紹介しますので、試してみたおまじないの効果を実感出来なかった場合でも諦めずに、掲載されている他のおまじないも試してみましょう。

【双子を妊娠出来る!!二組の靴下を使ったおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)二組の靴下

(2)赤ちゃん用の粉ミルク

(3)赤色の折り紙2枚

(4)赤色のペン

(5)箱(蓋が出来るタイプのもの)

★おまじないの方法★

(1)まず、赤色の折り紙2枚と赤色のペンを用意しましょう。

(2)赤色の折り紙2枚と赤色のペンを用意したら、それぞれの折り紙の裏面に赤色のペンで大きく丸印を書いてください。

(3)それぞれの折り紙の裏面に大きく丸印を書いたら、その丸印の中にあなたの名前とパートナーの名前を書きましょう。
両方ともにお互いの名前を書いてください。

(4)それぞれの折り紙にお互いの名前を書き終わったら、折り紙の四つ角全てに五芒星を書きましょう。

(5)四つ角全てに五芒星を書いたら、折り紙の上に赤ちゃん用の粉ミルクを小さじ一杯分置いて、折り紙で包んでください。

(6)ここまでの工程を終えたら、二組の靴下を用意しましょう。

(7)二組の靴下を用意したら、赤ちゃん用の粉ミルクを包んだ折り紙を片方の靴下の中に入れてください。
右足でも左足でもどちらでも構いません。

(8)折り紙を入れた靴下2足、折り紙を入れていない靴下2足が手元にあると思いますので、折り紙を入れた靴下と折り紙を入れていない靴下をペアにして、靴下の履き口でそれぞれを結んでください。

(9)片方の足に折り紙が入った状態の二組の靴下が出来上がったら、その靴下を箱の中に入れましょう。

(10)そして、箱の中に入れた二組の靴下を見つめながら、胸の前で手を組んで神に祈る時のようなポーズを取りながら、心の中で「私たち夫婦に双子を恵んでください。」と祈ってください。

(11)祈り終えたら、箱に蓋をしましょう。

(12)蓋をした箱は、自宅に神棚があれば神棚に、神棚が無ければ自宅の中で高い場所に置いて保管しておいてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用する二組の靴下、赤色の折り紙、赤色のペン、赤ちゃん用の粉ミルク、箱、全て新品のものを用意しましょう。
使い古しのものを使用してしまうとおまじないの効果を期待出来なくなってしまいますので、注意してください。

(2)折り紙の裏面に大きく丸印を書く時や、夫婦それぞれの名前を書く時、そして四つ角に五芒星を書く時は、「双子の赤ちゃんを授かりたい」という気持ちを強く持って書きましょう。
あなたの念を込める事がポイントです。
また、可能であればパートナーの名前はパートナー自身に書いてもらいましょう。
あなた自身で書いても問題はありませんが、パートナー自身に書いてもらう事によってパートナーの念も込める事が出来るので、おまじないの効果が高まります。

(3)小さじ一杯分の粉ミルクを折り紙で包む時は、粉ミルクをこぼさないように気を付けましょう。
こぼしてしまって、包む粉ミルクの量が小さじ一杯分を下回ってしまうとおまじないの効果が薄まってしまいます。

(4)結んだ二組の靴下を箱に入れて、「私たち夫婦に双子を恵んでください。」と祈った後に箱に蓋をしたら、箱の蓋は開けないようにしましょう。
おまじないの効果が現れる前に箱の蓋を開けてしまうと、おまじないの効果が消えてしまいますので気を付けてください。

(5)自宅に神棚が無い場合、自宅の中で高い場所に箱を保管すると言いましたが、自分の腰よりも高い位置であれば問題ありません。
ただし、腰より低い位置であればおまじないの効果を期待出来なくなってしまいますので、必ず腰より高い位置に保管するようにしましょう。

【月の写真を使って双子を授かるおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)月の写真2枚(月の写真であればどんな形の月でも問題ありませんが、同じ形の月の写真を2枚用意しましょう。)

(2)オレンジ色のペン

(3)写真が入る大きさの封筒

(4)オレンジ色の折り紙2枚

(5)はさみ

(6)のりorセロハンテープ

★おまじないの方法★

(1)まず、月の写真2枚とオレンジ色のペンを用意しましょう。

(2)月の写真2枚とオレンジ色のペンを用意したら、片方の写真の裏面に「凸」と書いて、もう片方の写真の裏面に「凹」と書いてください。
書いている時は、「双子が欲しい」という気持ちを強く持ちながら書きましょう。

(3)片方の写真の裏面に「凸」、もう片方の写真の裏面に「凹」と書き終えたら、一旦月の写真は横に置いておいてください。

(4)次に、オレンジ色の折り紙2枚とはさみを用意しましょう。

(5)オレンジ色の折り紙2枚とはさみを用意したら、オレンジ色の折り紙を2枚ぴったりと重ね合わせてから、はさみでハートマークを切り抜いてください。
重ね合わせて切り抜くので、まったく同じ形のハートマークが出来上がるはずです。

(6)折り紙からハートマークを切り抜いたら、2枚の月の写真それぞれの表面に、切り抜いたハートマークの折り紙をのりorセロハンテープで貼り付けてください。

(7)ここまでの工程を終えたら、写真を2枚とも同じ封筒の中に入れましょう。

(8)そして、のりorセロハンテープで封筒に封をしてください。

(9)封筒は、寝室の枕元などに置いておきましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)月の写真は、自分で撮影したものでもネットにある画像をプリントアウトしたものでも、どちらでも構いません。
ただし、ネットにある画像をプリントアウトする際は本物の月の画像を選ぶようにしてください。
CGなどで書かれた月の画像を使用してもおまじないの効果を得られませんので、気を付けましょう。
また、必ず同じ形の月の写真を使用してください。
片方は満月、片方は三日月といったように月の形が違う写真を使用してもおまじないの効果を期待出来ません。

(2)写真の裏面に「凸」「凹」と書いている時や、ハートマークに切り抜いた折り紙を貼り付けている時は、「双子の赤ちゃんが欲しい」という気持ちを強く持ちながら作業をしてください。
強い気持ちを込めれば込めるほど、おまじないの効果が高まります。

(3)折り紙からハートマークを切り抜く時は、同じ形に切り抜く必要があるので、必ず2枚の折り紙を重ね合わせてから切り抜くようにしましょう。
切り抜いたハートマークにズレが生じていたら、おまじないの効果が薄まってしまいます。

(4)2枚の写真を入れて封をした封筒は、開封しないようにしましょう。
途中で開封してしまったら、おまじないの効果が消えてしまいます。
また、寝室に置く時は、出来るだけベッドに近い位置に置くようにしましょう。

【桃を使った双子を妊娠出来るおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)桃1つ

(2)包丁

(3)爪楊枝

(4)赤色の布製の袋

(5)白色の紙

(6)赤色のペン

★おまじないの方法★

(1)このおまじないには、パートナーの協力も必要になりますので、予めパートナーにも協力をお願いしておいてください。

(2)まず、白色の紙と赤色のペンを用意しましょう。

(3)白色の紙と赤色のペンを用意したら、あなたたち夫婦がどれだけ双子の赤ちゃんを授かりたいと思っているのかを紙に赤色のペンで書き出してください。

(4)双子の赤ちゃんが欲しいと思っている気持ちを紙に書き出したら、その紙と桃を赤色の布製の袋に一緒に入れましょう。

(5)そして、一晩冷蔵庫に入れて寝かせておいてください。

(6)翌日になったら、冷蔵庫の中から紙と桃を入れた赤色の布製の袋を取り出して、袋の中から桃を取り出しましょう。

(7)桃を取り出したら、爪楊枝で桃の表面に軽く穴を開けていき、「双」という文字を書いてください。

(8)爪楊枝で開けた穴で「双」という文字を桃に書いたら、桃の皮を剥いて、包丁で桃を二等分に切りましょう。

(9)そして、二等分にした桃の半分をあなたが、そしてもう半分をパートナーが食べてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)あなたたち夫婦がどれだけ双子の赤ちゃんを欲しがっているかを紙に書く時は、思いつく限りのことを紙に書き出してください。
漏れがあるとおまじないの効果が薄れてしまいます。

(2)用意する桃は出来るだけ新鮮な桃を用意しましょう。
新鮮な桃でおまじないを行う方が、おまじないの効果が高まります。

(3)爪楊枝で桃に穴を開けて、「双」という文字を書く時は、双子の赤ちゃんを授かりたいという気持ちを強く持ちながら穴を開けていきましょう。
「双」という文字の大きさは問いませんので、気持ちを込めて穴を開けていってください。

(4)桃を二等分する時は、出来る限り綺麗に二等分にしましょう。
完全に二等分でなくても構いませんが、明らかに二等分からはかけ離れていたらおまじないの効果を期待出来なくなってしまいます。

(5)二等分にした桃は、必ずその日のうちに食べきってください。
先にあなたが食べて、後にパートナーに半分を食べてもらっても構いませんが、可能なら同じタイミングで桃に被りついて一緒に食べるようにしましょう。
同じタイミングで一緒に食べた方がおまじないの効果が高まります。

【招き猫の力に頼った双子を妊娠出来るおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)招き猫の置物2つ

(2)招き猫の置物を飾る台座

(3)同じ色の折り紙2枚

(4)はさみ

(5)パール

★おまじないの方法★

(1)まず、同じ色の折り紙2枚とはさみを用意しましょう。

(2)同じ色の折り紙2枚とはさみを用意したら、折り紙を綺麗に重ねてから、はさみで人型に切ってください。
双子の赤ちゃんに模したものなので、出来る限り小さく切りましょう。
折り紙2枚を重ねて切るので、まったく同じ形で同じ大きさの人型が2枚出来ると思います。

(3)折り紙を切り終えたら、招き猫の置物を飾る為の台座を寝室にセッティングしましょう。
台座は東北か南西、どちらかの方角にセッティングしてください。

(4)招き猫の置物を飾る為の台座を寝室にセッティングしたら、その上に招き猫の置物を2つ向かい合わせにして置きましょう。
神社などにある狛犬の石像をイメージして頂ければ間違いありません。

(5)招き猫の置物を向かい合わせにして台座の上に置いたら、招き猫と招き猫の間に、先ほど人型に切った折り紙2枚を並べて置いてください。

(6)そして、並べて置いた人型に切った折り紙の上にパールを1つ置きましょう。

(7)あとは、毎晩眠る前に飾ってある招き猫の置物に向かって、「私たち夫婦に双子を運んできてください。」と心の中で唱えてから眠るようにしましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)招き猫の置物は、高価なものでなくても安価なもので十分です。
ただし、出来るだけ同じ大きさの招き猫の置物を用意しましょう。
片方は大きくて、片方は小さい置物だとおまじないの効果が正常に現れない場合があります。

(2)折り紙の色は何色でも構いませんが、必ず同じ色の折り紙を2枚使用するようにしましょう。
別々の色の折り紙2枚ではおまじないの効果は期待出来ません。

(3)台座をセッティングする東北か南西の方角は、風水において子宝に恵まれる方角だと言われています。
その方角に招き猫の置物を飾る事によって、妊娠の確率も上がりますので招き猫を飾る台座は東北か南西の方角にセッティングしましょう。

(4)毎晩眠る前に、飾ってある招き猫の置物に向かって、「私たち夫婦に双子を運んできてください。」と心の中で唱えてから眠るようにするという行動は、忘れないように毎日行ってください。
毎日継続して行う事によって、おまじないの効果が高まっていきますので、毎日唱えるのを忘れないようにしましょう。

【双子を授かる事が出来る人形を使ったおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)人形を作る為の布や綿

(2)裁縫セット

(3)同じサイズのビー玉2つ

(4)ビー玉を包む為の紙

★おまじないの方法★

(1)まずは、ビー玉を包む為の紙と、同じサイズのビー玉2つを用意しましょう。

(2)ビー玉を包む為の紙と、同じサイズのビー玉2つを用意したら、ビー玉2つを双子の赤ちゃんだというイメージを頭の中で持ってから、紙で包んでください。

(3)次に、人形を作る為の布や綿と裁縫セットを用意しましょう。

(4)そして、布や綿で人形を作っていってください。
この時、人形はあなた自身をイメージしながら作っていきましょう。

(5)布で人形の外枠を作り、中に綿を詰めるタイミングになったら、先ほど紙で包んだビー玉2つを綿と一緒に人形の中に詰めてください。
この時、人形のお腹のあたりにビー玉2つを詰めるようにしましょう。

(6)綿と紙に包んだビー玉2つを人形に詰めたら、縫い付けて人形を完成させましょう。

(7)人形が完成したら、その人形を寝室に飾って、毎日、朝と晩に「おはよう。」「おやすみ。」といったように声を掛けるようにしてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)作る人形は、出来る限りあなたに似せて作るようにしましょう。
フェルトなどで髪の毛を作るなら、あなたの髪の毛の長さと同じくらいの長さにしたり、似せる事が出来る部分は出来る限り似せて作ってください。

(2)人形は、双子の赤ちゃんをお腹に宿した未来のあなたをイメージしたものになります。
つまり、お腹の中にビー玉を詰める時に綿を多めに詰めて妊婦のようなお腹で人形を作るのがオススメです。
そうする事によって、一目で妊婦だと分かりますので、おまじないの効果が高まります。

(3)寝室に飾った人形に毎日、朝と晩、声を掛ける時は「早く双子の赤ちゃんを授かれますように・・・」と祈りながら声を掛けましょう。
また、飾った人形は丁寧に扱ってください。
埃が被ったら払ってあげたり、時々濡れたタオルで顔を拭いてあげたり、自分の分身のように丁寧に扱いましょう。

【ミサンガに願いを込める!!双子を妊娠出来るおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)あなたの好きな色の刺繍糸1組

(2)パートナーの好きな色の刺繍糸1組

(3)(1)(2)で用意した色とは違う色の刺繍糸2組

(4)封筒

★おまじないの方法★

(1)まず、あなたの好きな色の刺繍糸と、パートナーの好きな色の刺繍糸1組ずつ、そして、その2色とは違う色の刺繍糸2組を用意しましょう。

(2)刺繍糸を用意したら、封筒の中に全ての刺繍糸を入れてください。

(3)そして、1週間、封筒の封を開けずに保管しておきましょう。

(4)1週間後、封筒の中から刺繍糸を取り出してください。

(5)封筒の中から刺繍糸を取り出したら、その刺繍糸で四つ編みのミサンガを作っていきましょう。
色は3色ですが、刺繍糸は合計で4組あるので四つ編み出来るはずです。

(6)四つ編みでミサンガを作ったら、そのミサンガを手に持ってください。

(7)そして、「双子の赤ちゃんを授かりたいです。」と心の中で5回唱えましょう。

(8)唱え終わったら、ミサンガを利き手とは逆の手首に巻き付けて、そのまま日常生活を送ってください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)ミサンガは、必ず自分で作るようにしましょう。
市販のものを使用してもおまじないの効果は期待出来ませんので、自分で編んでください。

(2)パートナーの好きな色は事前に聞いておきましょう。
パートナーの好きな色の刺繍糸も使って編まないとおまじないの効果が薄まりますので、注意してください。

(3)最大のポイントは、ミサンガに「双子の赤ちゃんが欲しい」というあなたの気持ちを込める事です。
編んでいる時も含めて、あなたの念を込めるようにしましょう。

(4)ミサンガは自然と切れるまでは、利き手と逆の手首につけたままにしておいてください。

【ふたご座の待ち受け画像で双子を妊娠出来るおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)普段使用しているスマートフォン

(2)ふたご座の写真

★おまじないの方法★

(1)まず、あなたが普段使用しているスマートフォンの中にふたご座の写真を用意しましょう。

(2)ふたご座の写真を用意したら、スマートフォンの待ち受け画像に設定してください。
ホーム画面、ロック画面、両方ともに設定しましょう。

(3)設定したら、朝、昼、晩の1日3回、その画像を見ながら「私に双子の赤ちゃんを授けてください。」と心の中で強く唱えるようにしてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)ふたご座の写真は、実際に星空でふたご座を見つけて、自分自身で写真を撮る方がおまじないの効果が高まりますが、見つけられない場合も多いと思います。
そんな時は、ネットでふたご座の写真を探してきて、保存した画像でも構いません。
ただし、出来る限り鮮明に写っているふたご座の写真を探して使用しましょう。

(2)基本的にこのおまじないは、ふたご座の写真を待ち受け画像に設定するだけですが、重要なのはその先です。
毎日、朝、昼、晩の3回、画像を見ながら「私に双子の赤ちゃんを授けてください。」と心の中で強く唱える事が最大のポイントです。
毎日続ける事が重要なので、忘れないように行いましょう。

★まとめ★

 

 

今回は、ブログ読者の方々から頂いた報告や体験談を基に、双子を妊娠出来る超強力なおまじないを紹介してきましたがいかがでしたか?
双子を妊娠出来る確率は、相当低い確率である事は間違いありません。
しかし、世の中には双子の赤ちゃんを妊娠して、双子を産んでいる女性も沢山います。
そういった方々がおまじないに頼ったかどうかは分かりませんし、たまたま双子を妊娠しただけかもしれませんが、何もしなければ双子を妊娠出来る確率は変わらないままだという事は断言出来ます。
双子を妊娠出来る強力なおまじないを試してみた事によって、双子を妊娠出来る可能性はきっと上がりますので、「双子の赤ちゃんが欲しい!!」と考えている妊活中の女性は、ぜひ今回紹介してきたおまじないを試してみてくださいね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事