潜在意識で人間関係改善!効くアファメーションのやり方&例文20選!

人間関係

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回は皆さんから寄せられた体験談や報告を基に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

人は、一人では生きていけません。
沢山の人と関わりを持ち、支え合ったり、助け合ったりしながら日常生活を送っているはずです。
学生であればクラスメイトやゼミのメンバーなど、学校に沢山の友達や先輩、後輩がいて、その人たちと関わりを大切にしながら生活していると思いますし、社会人であれば会社の同僚や取引先のお得意様など、さまざまな人と関わりを持ちながら生活していると思います。
私たち人間は、沢山の人と関わりを持ちながら生活を送っているからこそ、関わりを持つ人たちとの人間関係の構築は非常に重要だと言えるでしょう。
人間関係を上手に築き上げることが出来ている人は何不自由なく日常生活を送れていると思いますが、必ずしも人間関係を上手に築き上げることが出来ている人ばかりではありませんよね。
「友達グループの中に馬の合わない人がいて、その人との人間関係に悩んでいる・・・」「サークルの先輩との人間関係を上手に築き上げることが出来ていないから、サークルに顔を出すのが気まずい・・・」「バイト先の先輩に良く思われていないから、バイトに行くのがツライ・・・」「上司に目の敵にされて、いつも怒られてばかりだから仕事を辞めようか悩んでいる・・・」などなど、人間関係における悩みを抱えている人も沢山いると思います。
そして、人間関係における悩みを抱えている人の多くが、「人間関係を改善して、より良い人間関係を築き上げていけるようになりたい!!」と考えているはずです。
しかし、人間関係を改善したいと考えていても、実際にどうすれば人間関係を改善出来るのかが分からない人も沢山いると思いますし、人間関係を改善しようと努力しても裏目に出てしまってさらに人間関係を悪化させてしまう人もいると思います。
そんな人たちは、人間関係改善に効くアファメーションを試してみて、潜在意識の力で人間関係の改善を目指してみてください。
アファメーションとは、自分自身に肯定的な言葉やポジティブな言葉を使って断言することで、潜在意識に植え付けられたネガティブな思考を、自分の望みや理想の姿、ポジティブな思考へと書き換えていく行為で、潜在意識の力で願いや理想を実現させる方法です。
このアファメーションや潜在意識を上手に活用することによって、人間関係をより良くしたり、改善したりすることが出来るのです。
ただ、これまで潜在意識と向き合う機会がなかった人や、アファメーションを試したことがない人は、「どうすればアファメーションを行えるの!?」「アファメーションのやり方が分からないわ・・・」といった考えを抱いてしまうと思います。
そこで今回は、人間関係改善に効くアファメーションのやり方&例文を紹介していきたいと思いますので、人間関係における悩みを抱えている人や、今よりももっと人間関係を良くしたいと考えている人は、ぜひこの記事でアファメーションや潜在意識についての理解を深めて、実際にアファメーションを試してみてください。

【1】アファメーションの文章を作成する上での7つの基本事項

引き寄せノートに書き込みする女性

アファメーションを行う為には、叶えたい願いや自分の理想に沿った内容の文章を作成しなければいけません。
アファメーションとは、自分自身に肯定的な言葉やポジティブな言葉を使って断言する行為ですが、ただ単に肯定的な言葉やポジティブな言葉を並べれば良いというわけではないのです。
正しいルールに基づいてアファメーションの文章を作ることが出来ていないと、いくらアファメーションを繰り返し行っていても効果は現れません。
ここではアファメーションの文章を作成する上での基本事項を紹介していきますので、アファメーションを行う前に、まずは基礎でもあるアファメーションの文章を作成する上での基本事項をしっかりと把握しておきましょう。

(1)一人称を入れた文章にする

アファメーションの文章を作成する上での基本事項その1は、「一人称を入れた文章にする」という事です。
アファメーションの文章には、必ず一人称を入れるようにしてください。
一人称を入れずにアファメーションの文章を作成してしまうと、いくらアファメーションを行っても潜在意識が誰のことを言っているのかを理解出来ないので、潜在意識を書き換えていくことが出来なくなってしまうのです。
「私は〇〇です。」「僕は〇〇だ。」といったように、必ず一人称を入れて、アファメーションの文章を作成しましょう。
一人称は、文章のどこに入れて頂いても構いませんが、基本的には、冒頭に一人称を入れて頂ければ間違いありません。
一人称を入れていない文章は、アファメーションの文章としては不適切だということを覚えておきましょう。

(2)ポジティブな言葉のみを使った文章にする

アファメーションの文章を作成する上での基本事項その2は、「ポジティブな言葉のみを使った文章にする」という事です。
アファメーションの文章には、ポジティブな言葉以外は使ってはいけません。
アファメーションを行う目的は、潜在意識にポジティブな思考や自分の願いを植え付けて、ネガティブな思考を取り除き、ポジティブな思考を上書きしていく事です。
ポジティブな思考を植え付けるというハッキリとした目的があるのに、ネガティブな言葉を使っていたら本末転倒なのです。
少しでもネガティブな要素やマイナスな要素を含む言葉は、アファメーションの文章には使用しないようにしましょう。

(3)現在進行形or完了形で文章を作る

アファメーションの文章を作成する上での基本事項その3は、「現在進行形or完了形で文章を作る」という事です。
アファメーションの文章を作る時は、現在進行形or完了形で文章を作りましょう。
潜在意識は、今現実で起きている事とそうではない事との区別をつけることが出来ません。
つまり、現在進行形や完了形でアファメーションの文章を作ることで、「今まさにそういった状態にある」という認識を潜在意識に植え付けていくことが出来ます。
反対に、未来形でアファメーションの文章を作ってしまうと、「まだそうなっていない自分」を潜在意識に植え付けてしまいます。
そして、「まだそうなっていない自分」を引き寄せてしまい、アファメーションの効果を得られないばかりか悪い影響を及ぼしてしまいますので、未来形ではなく、現在進行形or完了形でアファメーションの文章を作りましょう。

(4)自分自身を褒めたり、肯定してあげたりする内容で文章を作る

アファメーションの文章を作成する上での基本事項その4は、「自分自身を褒めたり、肯定してあげたりする内容で文章を作る」という事です。
アファメーションの文章を作る時は、自分を褒めたり、肯定してあげたりする内容で作ることも重要だと覚えておいてください。
普段、あまり自分を褒めない人や自分に対して否定的な人が、いきなり自分を褒めたり、肯定してあげたりする内容で文章を作ろうとしても難しいかもしれませんが、アファメーションの文章を作る上での重要なポイントになりますので、褒めたり、肯定してあげたりする内容で文章を作れるように努力してみましょう。
人間関係改善に効くアファメーションの文章の場合は、「人から好かれている」「周囲の人に一目置かれている」「魅力的な人間だ」といったような内容で文章を作って頂ければ問題ありません。

(5)他人と比較するような内容の文章にはしない

アファメーションの文章を作成する上での基本事項その5は、「他人と比較するような内容の文章にはしない」という事です。
アファメーションの文章を作る時は、他人と比較するような内容の文章にはしないように気を付けなければいけません。
アファメーションで実現させる願いは、あなた自身の願いです。
それなのに、「私は、〇〇さんよりも周りの人に恵まれている」「私は、〇〇さんよりも素敵な友人に囲まれている」といったような、他人と比較するような内容でアファメーションの文章を作ってしまうと、潜在意識を書き換える上で他人の存在が邪魔になってしまって、アファメーションが本来の力を発揮出来なくなってしまうのです。

(6)ポジティブな感情を表す言葉を入れた文章にすると効果的

アファメーションの文章を作成する上での基本事項その6は、「ポジティブな感情を表す言葉を入れた文章にすると効果的」という事です。
アファメーションの文章を作る時は、ポジティブな感情を表す言葉を入れた方が、アファメーションの効果が増します。
他の基本事項を守れているなら、無理にポジティブな感情を表す言葉を入れる必要はありませんが、「嬉しい」「楽しい」「幸せ」「最高」「充実している」などのポジティブな感情を表す言葉を入れることによって、潜在意識をネガティブからポジティブへ書き換える上でプラスの効果をもたらしてくれるということを覚えておきましょう。

(7)出来るだけシンプルな文章にする

アファメーションの文章を作成する上での基本事項その7は、「出来るだけシンプルな文章にする」という事です。
作成したアファメーションの文章は、毎日の習慣として繰り返し使用します。
なので、出来るだけシンプルな文章で作成しましょう。
複雑にしてしまうと、毎日の習慣としてアファメーションを行う時にミスしてしまう原因になりかねません。
また、シンプルな方が潜在意識の書き換えもスムーズになりますので、アファメーションの文章は出来るだけシンプルな文章で作りましょう。

【2】アファメーションの実践方法

次に、アファメーションの実践方法を紹介していきたいと思います。
アファメーションの実践方法は、大きく分けると4つあります。
どの方法を選択して、実践したとしてもアファメーションの効果は期待出来ますが、自分に合った方法を選択することがアファメーションを継続するコツだと言えるでしょう。
アファメーションは継続して行わなければ、効果が現れることはありませんし、全く意味がないものになってしまいますので、継続することが何よりも大切なのです。
紹介する4つの実践方法の中で、自分に合ったアファメーションの実践方法を選んで、アファメーションを行うようにしてください。
また、複数の方法を併用しても構いません。

(1)声に出して唱える

アファメーションの実践方法その1は、「声に出して唱える」という方法です。
作成したアファメーションの文章を声に出して唱えるという方法は、最も一般的なアファメーションの実践方法だと言えます。
人が発する言葉には、不思議な力が宿ると言われていますし、意図的にポジティブな言葉や肯定的な言葉で作成したアファメーションの文章を声に出して唱えることで、潜在意識をポジティブな思考へと書き換えていくことが出来るのです。
この方法は、お風呂に入っている時や、起床した時、就寝する前など、自分の好きなタイミングで作成したアファメーションの文章を声に出して唱えるだけなので、どこでも、そしてどんなタイミングでもアファメーションを実践出来るのが大きなメリットだと言えるでしょう。

(2)紙に書き出す

アファメーションの実践方法その2は、「紙に書き出す」という方法です。
アファメーションの実践方法には、声に出して唱えるという方法以外にも、紙に書き出すという実践方法もあります。
この方法を選択する時の注意点は、1度紙に書くだけではダメだという事です。
声に出して唱える方法と同様に、何度も繰り返し紙に書き出さなければ、アファメーションとしての効果を期待出来ません。
作成したアファメーションの文章を書き出す為の専用のノートを用意しても構いませんので、何度も繰り返しアファメーションの文章を書き出すようにしましょう。
1日に1度書くだけでも構いませんし、1日に何度も書いて頂いても構いません。

(3)目に付く場所にアファメーションの文章を書いた紙を貼っておく

アファメーションの実践方法その3は、「目に付く場所にアファメーションの文章を書いた紙を貼っておく」という方法です。
アファメーションの文章を書いた紙を目に付く場所に貼っておき、日常生活を送る中でその紙を頻繁に見るようにすれば、この方法も立派なアファメーションの実践方法です。
人は目にしたものを認識するたびに、自然とその情報が脳に刻み込まれますので、アファメーションの文章を書いた紙を目に付く場所に貼っておくことで、その紙を見るたびにアファメーションの文章が脳に刻み込まれていくのです。
ただし、この方法を選択する場合は、目に付く場所に紙を貼らないと意味がありません。
また、無意識に目に入ってくる場所を選ぶことも大切なポイントです。

(4)耳で聴く

アファメーションの実践方法その4は、「耳で聴く」という方法です。
耳で聴くという方法も、立派なアファメーションの実践方法のひとつだと言えます。
作成したアファメーションの文章を他人に打ち明けるのは良くありませんので、耳で聴くという方法を選択する場合は、自分で唱えたアファメーションの文章を録音しておき、録音したアファメーションの文章を聴くようにしてください。
また、この実践方法を選択する場合は、凹んでいて気持ちがマイナス思考になっている時よりも、リラックスしている時に聴く方が効果が高まります。
耳で聴くという方法は、自己催眠でもあるので、寝る前などの時間に行うのも効果的です。

【3】アファメーションの効果をより高める!!潜在意識の力で人間関係改善を実現させる為に変えるべき意識のポイント

アファメーションを行うのと同時に、自分自身でも意識の変革を行うと、アファメーションの効果をより高めることが出来ます。
潜在意識を書き換える為には、少しずつでも構いませんので、自分で認識出来る顕在意識を変えていくことが大切なのです。
潜在意識を書き換えようとしている内容と顕在意識が合致していれば、潜在意識が書き換えられるスピードが速くなります。
ここでは、人間関係改善に効くアファメーションを行うのと同時に、どのように意識を変革すれば良いのかを紹介していきたいと思いますので、アファメーションの効果をより高める為にも変えるべき意識のポイントをしっかりと把握しておきましょう。

(1)自信を持ち、自己評価を上げる

変えるべき意識のポイントその1は、「自信を持ち、自己評価を上げる」という事です。
人間関係を改善出来るように潜在意識を書き換えていく為には、自信を持ち、自己評価を上げるということが大切になってきます。
自信を持ち、自己評価を上げることによって、自信に満ち溢れたポジティブなオーラをまとうことが出来るのです。
ポジティブなオーラをまとっていれば、周囲からの評価アップにも繋がりますし、ポジティブなオーラに引き寄せられて、ポジティブな人が周りに集まってきます。
ポジティブな人に囲まれていたら、自然と自分もポジティブな気持ちを維持出来るようになりますので、好循環を呼び、潜在意識の書き換えが速くなるのです。

(2)常にポジティブ思考でいられるように心がける

変えるべき意識のポイントその2は、「常にポジティブ思考でいられるように心がける」という事です。
常にポジティブ思考でいられるように心がけるという事も、人間関係を改善出来るように潜在意識を書き換えていく上で非常に大切になってきます。
アファメーションを行う時だけポジティブ思考でいれば良いというわけではありません。
常日頃から、ネガティブ思考を取り除いて、ポジティブ思考でいられるように心がける事で、アファメーションを行う時以外でも潜在意識にポジティブな思考を植え付けていくことが出来ますので、早くアファメーションの効果を実感出来るようになるのです。
ネガティブ思考の人が、いきなり常にポジティブ思考でいられるようにするのは難しいかもしれませんが、少しずつでも構いませんので、ポジティブ思考でいられるように意識を変革していきましょう。

(3)自分だけでなく他人の幸せも願う

変えるべき意識のポイントその3は、「自分だけでなく他人の幸せも願う」という事です。
自分の幸せを願うことは当然だと思いますが、他人の幸せも願うことが出来るようになりましょう。
他人の幸せを願うことが出来るようになれば、自然と嫉妬心や虚栄心というネガティブな感情を手放せます。
そして、他人の幸せを願うことによって、周りの人間に「居心地の良い人」「敵意がない人」といったような印象を抱いてもらえます。
周りの人間にこういった印象を抱いてもらうことは、人間関係をより良い方向に改善していく上でも大切なことなので、自分だけでなく他人の幸せも願うことが出来るように意識を変革していきましょう。

【4】人間関係改善に効くアファメーションの例文20選

最後に、人間関係に効くアファメーションの例文をいくつか紹介していきたいと思います。
例文はそのまま使用して頂いても構いませんが、自分の望みや理想に沿った内容の文章でアファメーションを行うことが大切です。
なので、少しでも「ココは自分の願望や理想とは違う・・・」と感じる部分があれば、その部分は修正した上で使用してください。
また、例文を自分なりにアレンジしたり、例文を参考にしながら独自のアファメーションの文章を作成して頂いた方が、細かい部分まで自分の願望や理想に沿った文章に出来ますので、慣れてきたら自分だけのアファメーションの文章を作ってみましょう。

(1)「私は、常に温かい人たちに囲まれていて、とても充実した毎日を送れています。」

(2)「私は、私のやりたいことに対して心から協力してくれる人たちに囲まれているので、幸せです。」

(3)「私は、私の大切な人たちが大事にしているものを、同じように大事にします。」

(4)「私は、周りの人たちから大切にされていて、とても嬉しいです。」

(5)「私は、私の周りにいる人たちを大切にしているので、周りの人たちも私のことを大切にしてくれます。」

(6)「私は、優しく、そして素晴らしい人たちとの出会いに恵まれているので、幸せな日々を送れています。」

(7)「私は、周りの人たちととても良好な関係を築けています。」

(8)「私は、どんな時も幸せを感じていて、その幸せを周りの人たちに分け与えています。」

(9)「私は、素敵な人間関係に恵まれて、最高の人生を送れています。」

(10)「私は、人から好かれる魅力を常に磨いているので、好意的な人たちに囲まれていて幸せです。」

(11)「私は、私の発言や意見を尊重してくれる人たちに囲まれていて、とても素晴らしい人間関係を築けています。」

(12)「私は、人の話にきちんと耳を傾けて、理解する力を持っています。」

(13)「私は、周りの人たちから愛されていることに、とても感謝しています。」

(14)「私は、どんな人でも受け入れることが出来る器の大きな人間です。」

(15)「私は、私と同じ志を持つ意識の高い仲間に恵まれていて、幸せです。」

(16)「私は、どんな人に対しても優しく、親切に接することが出来る素晴らしい人間です。」

(17)「私は、過ちを犯した時はすぐに謝罪出来る素直な人間です。」

(18)「私は、周りの人たちから愛されていて、私も周りの人たちを愛しています。」

(19)「私は、私と関わりがある全ての人に感謝していて、良好な関係を築けている自分が大好きです。」

(20)「私は、自然体で接することが出来る素晴らしい仲間に恵まれているので、楽しい日々を送れています。」

【まとめ】

 

 

今回は、人間関係改善に効くアファメーションのやり方&例文を紹介してきましたがいかがでしたか?
関わりを持つ全ての人と良好な関係を築けている人は殆どいないでしょうし、人間関係における悩みを抱えている人はそれなりに多いと思います。
しかし、人間関係における悩みがどんな悩みであっても、潜在意識やアファメーションを上手に活用することが出来れば、人間関係を今よりもっと良くすることが出来ますし、改善していけるのです。
人間関係を改善したいと思っている人や、人間関係における悩みを抱えている人は、ぜひこの記事で紹介してきた内容をしっかりと把握した上で、人間関係改善に効くアファメーションを試してみてください。
関わりを持つ人との人間関係が、きっと良くなって、改善されるはずですよ。

関連記事