1. HOME
  2. ブログ
  3. 【本当に好きかどうか分からない】自分の気持ちがわからない恋愛が危険な理由6つ!

【本当に好きかどうか分からない】自分の気持ちがわからない恋愛が危険な理由6つ!

別れる意志固める女性

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

相手に対する自分の気持ちがわからない恋愛をしているとどうなるか考えた事はありますか?
「本当に好きかどうかわからない」「あの人のどこが好きなんだろう?」と悩んだら、それは危険信号です。
自分の気持ちがわからない恋愛をしていると、相手を不幸にするばかりか自分も幸せになれない事が多いのです。
付き合いが長くなって、「相手のことが本当に好きなのかどうかわからなくなってきた」という感情になってしまった経験をした事がある方は多いかもしれません。
しかし、「相手のことが好きかどうかわからないけど、告白されたからとりあえず付き合ってみよう」と考えて、付き合ってしまう女性も増えてきているようなのです。
そこで今回は、付き合う内に自分の気持ちがわからなくなってきた場合と、相手のことが好きかどうかわからないままとりあえずで付き合ってしまった場合、この両方の面から自分の気持ちがわからない恋愛について、フォーカスを当ててまとめていきたいと思います。
また、自分の気持ちがわからない時に本当に相手のことが好きなのかどうかを確かめる方法も紹介させて頂きますので、参考にしてみてください。

【1】そもそも好きってどんな感情?どんな「好き」にも共通する3つのポイント

好きには、「恋愛感情の好き」や「友情の好き」、「親族としての好き」など様々な種類があると思います。
今回注目するのは「恋愛感情の好き」ですが、どんな「好き」という感情にも共通するポイントはあります。
ここでは、その「好き」という感情にある共通のポイントを紹介していきますので、自分の気持ちがわからないという時には、以下のポイントが感じられるかどうかをまずは見てみてください。

(1)自分のことを好きになって欲しいと考えて、好かれるような行動を意図的に取る

「好き」という感情を抱いている相手には、自分の事も好きになってほしいと思うのは自然な感情です。
だから、相手から好かれるような行動を意図的に取るようになります。
具体的には相手の前では笑顔を絶やさないようにしたり、自分の良いポイントをアピールしたりといった事が挙げられるでしょう。
相手から好かれたいと思う気持ちがあれば、それは相手のことを好きだという気持ちがあると思って間違いありませんよ。

(2)相手の為になる事をしたい、力になりたい、役に立ちたいと考える

相手の為になる事をしたい、力になりたい、役に立ちたいと考えるようになるのは、その相手に対して「好き」という感情を抱いている証拠です。
相手に対して「好き」という感情を抱いているからこそ、相手の為になる事をしたいと考えたり、力になりたいと思ったり、役に立ちたいと考えるのです。
こんな風に相手の事を思うようであれば、その相手のことを好きだという気持ちがあると思って問題ないでしょう。

(3)連絡を取り合っていたり、会えたりするだけで嬉しくなる

連絡を取り合っていたり、会えたりするだけで嬉しくなるのも、その相手に対して「好き」という感情を抱いている証拠です。
「好き」という感情を抱いていない相手とは、連絡を取り合っている事で嬉しいとは思いませんし、会えたりするだけで嬉しいと思う事はないでしょう。
連絡を取り合ったり、会えたりするだけで嬉しいと思うのは、その相手のことを好きだからこそです。
連絡がきただけで嬉しくなったり、会えたりするだけで嬉しくなるような相手なら、その相手のことを好きだという気持ちがあると思って問題ないですよ。

【2】本当に好きなの?相手に対する自分の気持ちを確かめる方法

相手のことが本当に好きなのかわからなくなった時、確かめる方法があります。
それは、自分の行動や気持ちを振り返ってみる事です。
どのようなポイントに注目して、自分の行動や気持ちを振り返ってみれば良いのかを見ていきたいと思います。
相手に対する自分の気持ちがわからないという時は、以下のポイントに注目して、自分の行動や気持ちを振り返ってみてください。
半分以上当てはまる項目があれば、相手のことを好きだと思って問題ないですよ。

(1)気が付いたら目で追っている事がある

意識せずとも、その相手のことを目で追ってしまっている事はありませんか?
男女関係なく、相手に対して好きという感情があれば自然とその人のことを目で追ってしまうものなのです。
もしも意識していなくても気付いたら相手のことを目で追ってしまっているようなら、それはその相手に対して少なからず好意を抱いている可能性が高いと言えます。

(2)相手に触れたいと思う

相手に触れたいと思うかどうかも、その相手のことを好きかどうか見極める上で大きなポイントとなります。
好きな相手とは、手を繋いだり、キスしたり、抱き締め合ったりしたいと思うのが普通の感情でしょう。
逆に好きでもない相手だと、触れたいとは思わないはずです。
そういった感情を相手に対して抱くかどうかで、その相手のことが好きかどうかを確かめる事が出来るので、好きかどうかわからなくなった時は相手に触れたいと思うかどうかを考えてみましょう。

(3)相手のことを考えるだけで気持ちが高まる

相手のことを考えるだけで気持ちが高まったり、ドキドキしたりするかを考えてみてください。
もしも相手のことを考えるだけで気持ちが高まったり、ドキドキしたりするようなら、その相手のことを好きだという気持ちを抱いている可能性が高いと言えます。
好きでもない相手のことを考えても、気持ちが高まることはないでしょうし、ドキドキもしないはずですが、それが好きな人だと気持ちが高まったりドキドキしたりするのが人の感情なのです。
好きかどうかわからなくなったら、相手のことを考えるだけで気持ちが高まったりドキドキするかを見つめ直してみましょう。

(4)相手に恥ずかしさを感じてしまう

相手の事を考えるとドキドキしてしまうのと同じように、恥ずかしさを感じてしまうのも、その相手のことを好きだという感情を抱いている可能性が高いです。
好きでもない相手にも、恥ずかしいという気持ちを抱く場合はあるでしょうが、好きだという感情を抱いている相手だと他の人には恥ずかしいと思わないような事でも恥ずかしく感じたりします。
それは異性として意識しているからなので、相手に恥ずかしさを感じてしまうかどうか確認してみるのも、相手のことが好きかどうかを確かめる方法になります。

(5)他の異性と話していると嫉妬してしまう

他の異性と話をしていると嫉妬してしまうかどうかを考えてみるのも、相手のことを好きかどうか確かめる上で有効です。
他の異性と話をしている事を嫉妬してしまうという事は、その相手に対して好きだという感情を抱いている可能性が高いと言えます。
何とも思っていない相手なら、他の異性と話していたところで特に何も思わないはずです。
嫉妬してしまうという事は、他の異性と仲良くして欲しくないと思っている証拠ですし、それは好きという感情の表れでしょう。

(6)二人きりの時間を過ごしたいと思う

二人きりの時間を過ごしたいと思うかどうか考えてみるのも、自分の気持ちを確かめる上で有効でしょう。
二人きりの時間を過ごしたいと思うという事は、その相手のことを好きだと思っている可能性が高いと言えます。
好きでもない異性とは二人きりで過ごしたいと思わないはずなので、二人きりで過ごしたいと思うようであれば、その相手に対して好意を抱いている証拠だと言っても過言ではありません。

(7)会う時、自分の見た目を気にする

相手と会う時に、自分の見た目を気にするかどうか見つめ直してみてください。
もし自分の見た目を気にするようであれば、それはその相手に「綺麗に見られたい」「可愛いと思ってもらいたい」と考えている証拠です。
そのような事を思うのは、その相手に対して好意を抱いているからだと言えます。
相手と会う時に、自分の見た目を気にするようなら、その相手に対して好きだという気持ちを抱いている可能性が高いと言えるでしょう。

(8)相手のことを独り占めしたいと思う

相手のことを独り占めしたいと思うかどうか考えてみてください。
もしも独り占めしたいと思うようであれば、それはその相手に対して好きだという気持ちを抱いている可能性が高いと言えます。
独り占めしたいという気持ちは嫉妬からくるものですし、嫉妬するという事はその相手のことが好きだという証拠です。
自分の気持ちがわからなくなった時は、相手のことを独り占めしたいと思うかどうかも見つめ直してみましょう。

(9)相手に見せたくないと思う一面がある

相手に見せたくないと思う一面があるかどうかを考えてみましょう。
見せたくないと思う一面とは、自分が異性に見せたら恥ずかしいと思う部分であったり、知られたくないと思っている部分です。
もし相手に見せたくないと思う一面があるようなら、それはその相手のことを意識している証拠だと言えます。
それは好意である可能性が高いので、見せたくないと思う一面があるならその相手に対して好意を抱いている可能性が高いでしょう。

(10)LINEの返事が気になってしまう

LINEを送った時に、相手からの返事が来なかったりすると不安になったり、いつ返事が来るのかを気にしてしまいますか?
もし相手からのLINEの返事が気になってしまうようであれば、それはその相手に対して好意を抱いている可能性が高いです。
好意とまではいかなくても、その相手のことを意識していることは間違いないでしょう。
意識していない相手なら、LINEの返事が来ようが来なかろうが気にする事はないはずです。

【3】彼氏のことが本当に好きかどうかわからなくなる瞬間や理由

付き合っている内に、彼氏のことが本当に好きかどうかわからなくなってしまう時は必ず出てくるでしょう。
付き合い始めた時から最後まで、ずっと同じ気持ちを維持して交際していける人は殆どいません。
しかし、彼氏のことが好きかどうかわからなくなってしまう瞬間や理由は、ある程度の共通点が見られます。
どんな時に好きかどうかわからなくなってしまうのかをここでは紹介していきたいと思いますので、確認してみてください。

(1)彼氏に対してときめかない時

彼氏に対してときめかなくなった時、「この人のこと本当に好きなのかな?」と思う瞬間がやってくるでしょう。
付き合い始めた頃は、会うだけでドキドキしたりときめいたりしていたかもしれませんが、慣れてくるとドキドキしなくなったりときめかなくなってしまうのは当然のことだと言えます。
好きじゃなくなってしまった場合も考えられますが、彼氏との関係に慣れたという原因が殆どでしょう。

(2)彼氏と会いたくないと感じた時

彼氏と会いたくないと感じた時も、「この人のこと本当に好きなのかな?」と思う瞬間です。
気分的な問題で会いたくないと感じる時もあるでしょう。
それは単なる気分によるものなので、好きでなくなった可能性は低いですが、会いたくないと思うハッキリとした理由があるようなら、好きでなくなった可能性も考えられます。
会いたくないと感じた時は、彼氏に会いたくない理由が何なのかを考えると良いでしょう。

(3)彼氏の嫌な部分を知ってしまった時

彼氏の嫌な部分を知ってしまった時も、「この人のこと本当に好きなのかな?」と思う瞬間です。
嫌な部分を知ってしまった事によって、その瞬間に冷めてしまう事もあります。
ただ、それでも嫌な部分を受け入れられる場合もありますし、嫌な部分を知ったからといって、それが即座に彼氏のことが嫌いという感情に結びつくわけではありません。
本当に好きなのかどうかをじっくり考えるべき問題だと言えるでしょう。

(4)付き合っている期間が長くなった時

付き合っている期間が長くなった時も、「この人のこと本当に好きなのかな?」と思うようになってくる瞬間です。
彼氏がいる事が当たり前になって、付き合っているという事に慣れてくるから起こる現象です。
この場合は、単純に慣れであったり、マンネリが原因になっている事が多いので嫌いになったわけではない場合が殆どですが、付き合いが長くなる事によって彼氏の嫌な部分を多く見てきてしまっているようなら、好きという感情が薄れてしまっている事も考えられます。

(5)彼氏以外の男性が魅力的に見えた時

彼氏以外の男性が魅力的に見えた時も、「この人のこと本当に好きなのかな?」と思う瞬間です。
彼氏以外にも魅力的な男性がいる事は仕方ないことなので、付き合っている時に他の男性に目移りしてしまう事もあるでしょう。
それが彼氏に対してマンネリを感じていたり、付き合っている事に慣れてきているタイミングなら、なおさら他の男性に目移りしてしまう可能性が高いと言えます。
この場合は、一時的な気の迷いである事が多いでしょう。

(6)優しさや男らしさに物足りなさを感じた時

彼氏の優しさや男らしさに物足りなさを感じた時も、「この人のこと本当に好きなのかな?」と思う瞬間です。
ハッキリとした不満があるわけではないのに、何となく物足りなく感じる時は誰でもあると思います。
それは彼氏の優しさや男らしさに慣れてしまって、他の一面も求めるようになってしまっているからだと言えます。
求めている一面が彼氏が持ち合わせていない事によって、好きかどうかわからなくなってしまうのです。

(7)一緒にいてイライラしてしまった時

一緒にいてイライラしてしまった時も、「この人のこと本当に好きなのかな?」と思う瞬間です。
彼氏の嫌な部分を見た時にイライラしてしまう事もあるでしょう。
その時に、本当に好きなのかわからなくなってしまうのは仕方ない事だと言えます。
しかし、イライラしてしまう原因が彼氏にはなくて、単純に自分の気分による場合もあるので、その場合は彼氏のことが嫌いになったわけではないと言えるでしょう。

(8)一人の方が楽だと思った時

一人の方が楽だと思った時も、「この人のこと本当に好きなのかな?」と思う瞬間です。
一緒にいる時間が多くなればなるほど、一緒にいる事に疲れてしまって一人でいる方が楽だと感じる事もあるでしょう。
一緒にいる事がストレスに感じてしまうようなら、少し距離を置いて冷静に考える時間を作ってみると答えが見えてくる場合もあります。

(9)彼氏という存在の必要性を感じなくなった時

彼氏という存在の必要性を感じなくなった時も、「この人のこと本当に好きなのかな?」と思う瞬間です。
独り身の時は、彼氏が欲しいと強く思っていても、いざ彼氏が出来てしまって付き合っている事に慣れを感じてしまうと「別に彼氏がいなくても良いかな」と思う瞬間はあると思います。
その時に「この人のこと本当に好きなのかな?」と考えてしまうのは仕方のない事だと言えるでしょう。

(10)ケンカした時

ケンカした時も、「この人のこと本当に好きなのかな?」と思う瞬間です。
ケンカをした時はお互いが感情的になっている場合が多いですし、心にもない事を相手に言ってしまう場合もあるでしょう。
彼氏の発言がきっかけで「この人のこと本当に好きなのかな?」と考える事もあるでしょうし、自分自身の気持ちがわからなくなる事もあるでしょう。
ケンカした時は一度冷静になってみると自分の気持ちがハッキリしてくる場合がありますよ。

(11)彼氏の態度が冷たいと感じた時

彼氏の態度が冷たいと感じた時も、「この人のこと本当に好きなのかな?」と思う瞬間です。
相手からの愛を感じられなくなってしまうと、途端に不安になってしまって、自分も相手のことを好きなのかなと不安を抱いてしまう人もいるでしょう。
この場合は、相手の自分への気持ちを考えるよりも、自分自身は相手のことをどう思っているのかを考えると、答えが見えてくるはずですよ。

(12)結婚を意識して、悩んだ時

結婚を意識して、悩んだ時も「この人のこと本当に好きなのかな?」と思う瞬間です。
結婚を意識した瞬間に、途端に彼氏のことが好きなのかどうかわからなくなる人もいます。
それは将来に対する不安からきている感情なのです。
逆を言えば、彼氏との将来を真剣に考えている証拠だとも言えますよ。

【4】こんな時は別れた方が良い!彼別れた方が良い3つの状況&心境

付き合っている彼氏のことが好きかどうかわからなくなった時、それは恋から愛に切り替わっている場合もあるので、その場合は何も心配する必要はありません。
しかし、恋から愛に切り替わっていると思えないなら、別れた方が良い場合もあります。
どういう状況や心境なら別れた方が良いのでしょうか。
ここでは、彼氏のことが好きかわからなくなった時、別れた方が良い場合を紹介していきますので、以下に当てはまるようなら別れを決断した方が良いでしょう。

(1)彼氏の長所よりも短所が多く目につく場合

彼氏のことが好きかどうかわからなくなった時に、彼氏の長所よりも短所の方が多く目につく場合は、別れを決断した方が良いでしょう。
長所よりも短所の方が目につくという事は、それがあなたが彼氏に対して抱いている本音だと言えます。
いくら長所があっても、短所の方が多く目につくようならその先も短所を長所が上回る可能性は低いですし、付き合っていても彼氏のことをどんどん嫌いになっていくだけなので、早めに別れを決断した方が良いでしょう。

(2)スキンシップを取りたいと思わない場合

彼氏のことが好きかどうかわからなくなった時に、スキンシップを取りたいと思うかどうかを考えてみましょう。
具体的には、キスをしたいと思うか、ハグをしたいと思うか、セックスしたいと思うかどうかを考えてみてください。
スキンシップを取りたいと思わない場合は、好きという感情よりも嫌いという感情が強い証拠です。
彼氏のことが好きなら、スキンシップを取ることに対して嫌悪感を抱いたりはしないはずなのです。
嫌悪感を抱くという事は、彼氏に対して好きという感情が消えてしまった証拠なので、早めに別れを決断した方が良いでしょう。

(3)彼氏の周囲にいる女性に嫉妬しない場合

彼氏のことが好きかどうかわからなくなった時に、彼氏の周囲にいる女性に嫉妬するかどうかを考えてみましょう。
「あの子可愛い」「今度、〇〇さんと二人で飲みに行く事になった」「同僚の女性がアプローチかけてくる」などといった話を彼氏から聞いた時に、嫉妬せずに「そうなんだ」という感情しか芽生えてこなければ、あなたにとって彼氏がその程度の存在という証拠です。
好きな相手であれば、嫉妬するものです。
嫉妬しないという事は、そこまでの感情を彼氏に抱いていない証拠でしょう。
この場合も彼氏に対して好きという感情が殆どないと言えますので、早めの別れを決断した方が良いでしょう。

【5】自分の気持ちがわからない恋愛をしてはいけない6つの理由

自分の気持ちがわからない恋愛をしてはいけない理由をまとめていきたいと思います。
自分の気持ちがわからないまま恋愛を続けていたら、相手を不幸にしてしまったり、自分自身が不幸になったりしてしまう可能性が高くなってしまうのです。
相手に対する自分の気持ちがわからなくなってしまったら、早急に自分の気持ちを確認すべきでしょう。
恋人関係にあるなら、自分の気持ちを確認して別れるのかこのまま交際を続けるのか考えるべきですし、付き合う前であればまだ付き合わない方が良いです。
それは何故なのか、ここでその理由をまとめていきますので確認してみてください。

≪好きかわからないのに付き合った場合≫

(1)好きになれなかった場合、別れる時に苦労する

好きかわからないのに付き合って、その相手のことを好きになれなかった場合には別れるという事を決断する人は多いと思います。
しかし、付き合うのは簡単でも別れるのは大変なケースが多いのです。
別れを切り出す時には、少しでも相手を傷つけないようにするでしょうし、それには労力を使うはずです。
また、相手が素直に別れを受け入れてくれなければ、ドロドロの関係になってしまう事も考えられます。
付き合う時は告白をされて、OKを出せばすぐに付き合えますが、別れる時には苦労する場合が多いですし、場合によっては相手がストーカー化してしまう可能性もゼロではありません。
好きかわからないのに付き合って、好きになれたら問題ありませんが、好きになれなかった場合には付き合う時のように簡単にはいかないと予め頭に入れておくべきでしょう。

(2)好きになれなかった場合、貴重な時間を無駄にする

好きかわからないのに付き合って、好きになれなかった場合は貴重な時間を無駄にしてしまいます。
それはあなた自身もそうですし、付き合っている相手も同じです。
また、相手のことが好きでもないのに付き合っている時間は苦痛に感じる事もあるでしょう。
相手はあなたの事が好きで告白してきたわけですから、付き合っている間は幸せを感じられるでしょうが、好きになれなかったら最終的には別れる事になってしまうと思いますので、お互いにとって付き合っていた時間が無駄になってしまうのです。

(3)好きになれなかった場合、相手を傷つける

好きかわからないのに付き合って、好きになれなかった場合は絶対に相手を傷つける結果になってしまいます。
相手を傷つけることを平気だと思うような人であれば、何とも思わないかもしれませんが、殆どの人は相手を傷つけてしまった事に対して罪悪感を抱くでしょう。
付き合っても好きになれなかったら自然と態度に出てしまうでしょうし、その態度のひとつひとつが相手を傷つける場合もあります。
そして最終的に別れを決断した時は、相手に深い心の傷を与えてしまうでしょう。
別れる時に、「好きで付き合っていたわけじゃなかった」「結局好きになれなかった」などと真実を伝えてしまった場合には、相手から恨まれてしまう可能性も否定出来ません。

≪好きかわからなくなったのに恋人関係を続けた場合≫

(1)自分が浮気してしまうリスクが高まる

好きかわからなくなったのに恋人関係を続けた場合、あなた自身が浮気をしてしまうリスクが高まってしまいます。
恋人のことを好きかどうかわからないというタイミングで、魅力的な異性が現れたらそっちの方に気持ちがなびいてしまう事もあるでしょう。
そして浮気行為をしてしまって、その事が恋人にバレてしまったら揉める原因になってしまいます。
浮気は絶対にしないと思っていても、いざ自分がその状況になってしまったらどうなるかはその時になってみないと分かりません。
好きかわからなくなったのに恋人関係を続けていると、浮気してしまうリスクを高めてしまう事は覚えておきましょう。

(2)自分磨きをしなくなり、内面外見共に衰えてしまう

好きかわからなくなったのに恋人関係を続けた場合、自分磨きをしなくなってしまって、内面外見共に衰えてしまうケースもあります。
恋人に対して好意があるかどうかわからない時には、恋人に良く見られたいという意識が湧いてきません。
それはつまり、自分磨きを怠る事に繋がりますし、内面外見共に日々衰えていってしまうでしょう。
そして衰えていく魅力が原因になって、恋人が冷めてしまったら別れを告げられてしまう事もあるでしょう。
別れてしまった後、新しい恋を探そうとしても自分磨きを怠っていた期間が長ければ長いほど、あなた自身の魅力を取り戻すのに苦労してしまいます。

(3)結婚に結びつかない場合が多いので、時間を無駄にしてしまう

好きかわからなくなったのに恋人関係を続けた場合、結婚に結びつかない事が多いので時間を無駄にしてしまう事もあるでしょう。
好きかどうかわからなくなったというのが一時的なら問題ないかもしれませんが、その状況が長く続くようならいずれは別れがやってくる事が殆どです。
もしも結婚を意識するような年齢だったとしたら、その別れまでの時間が無駄になってしまいます。
場合によっては婚期を逃してしまう事も考えられるでしょう。
彼氏に対する気持ちが復活して、結婚に結びつくなら問題ありませんが、相手に対しての気持ちがわからないまま恋人関係を続けるという事は、こういったリスクもあるという事を頭に入れておいてください。

【まとめ】

 

 

今回は、自分の気持ちがわからない恋愛についてフォーカスを当ててまとめてきましたが、いかがでしたか?
自分の気持ちがわからないままの恋愛をしていると、相手を傷つけてしまう場合もありますし、自分自身の幸せも遠のいてしまう場合があります。
相手に対しての自分の気持ちがわからなくなる時はあるかもしれませんが、その場合は早めに自分の気持ちをハッキリとさせて、その先の関係を真剣に考えた方が良いでしょう。
今回自分の気持ちを確かめる方法も併せて紹介させて頂いていますので、自分の気持ちがわからなくなった時はぜひそちらを参考にしてみてくださいね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事