1. HOME
  2. ブログ
  3. 《不眠解消》3分で眠くなる!熟睡出来る強力な安眠のおまじない5選!

《不眠解消》3分で眠くなる!熟睡出来る強力な安眠のおまじない5選!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回はブログ読者の皆さんからご報告頂いた、実際試して不眠解消に効果があった、安眠のおまじないをシェアさせて頂きます。

現代社会には、5人に1人が不眠に悩んでいると言われています。
5人に1人と聞くとそこまで多いと感じないかもしれませんが、5人に1人というのは全体の20%を占める割合なので、決して少ない人数だとは言えないでしょう。
全体の約20%にも及ぶ人が不眠に悩んでいる世の中、いつ自分が不眠に悩まされてしまうかは分かりませんし、明日は我が身かもしれません。
現代社会には仕事のストレスや悩み、恋愛、人間関係などなど、悩みの種や問題が山ほどあるので、それが不眠の原因になっている場合が多々あります。
技術や科学が進歩して様々な事が便利になった反面、ストレスや人間関係の悩みが浮き彫りになってきて、多くの人を悩ませているのです。
ひと昔前のメールに取って代わって今はLINEでのやり取りが主流になっていると思いますが、そのLINEですら「既読がついたのに返信がこない・・・」「グループLINEのやり取りで無視される・・・」といったような事がストレスや人間関係の悩みの種になっている事も多々ありますので、良い例だと言えるでしょう。
そして、ストレスや人間関係の悩みを抱えていたら、「寝たいのに考え事をしてしまってなかなか寝付けない・・・」「やっと眠りにつけたのに夜中に何度も目が覚めてしまう・・・」といった症状に悩まされ、不眠症に陥ってしまう可能性が極めて高くなってしまいます。
不眠症に陥ってしまったら、睡眠不足によって体調を崩してしまうリスクも高くなってしまいますし、ホルモンバランスも乱れてしまうので美容の面においても良くありません。
場合によっては、睡眠不足による注意力散漫で、仕事で重大なミスをしてしまったり、車の運転中に事故を起こしてしまう危険もありますので、不眠に悩まされている状況は決して軽視出来る問題ではないのです。
そうはいっても、「眠りたいのに眠れないんだから、どうしようもない・・・」「不眠症で病院に通うのは抵抗がある・・・」「病院に通っても不眠症が改善されなかったわ・・・」という人もいるでしょう。
そんな人たちは、ぜひ不眠解消に効果がある安眠のおまじないに頼ってみてください。
実際に、ブログ読者の方々からも「仕事のストレスや悩みが多くて、眠れない夜が続いていたんです。もしかしてコレは不眠症になってしまったのかもしれないと危機感を覚えたので、不眠解消に効果がある安眠のおまじないを試してみました。そしたら、徐々に眠れるようになって自然と不眠の悩みを解消する事が出来ました。」「恋の悩みや友人関係の悩みを抱えていた時に、夜眠れなくなったの。寝てもすぐ目が覚めてしまうし、全く熟睡出来なくなっていたんだけど、不眠解消に効果がある安眠のおまじないのおかげで、ベッドに入ったらすぐに寝付けるようになって熟睡出来るようになったわ。」という体験談や報告を沢山頂いています。
そこで今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、不眠解消に効果がある安眠のおまじないを紹介していきたいと思いますので、眠れない夜に悩まされている人や不眠症に陥ってしまっている人は、ぜひこの記事で紹介するおまじないを試してみてください。
ただ、おまじないの効果には相性があります。
いくつか安眠のおまじないをご紹介しますので、試してみたおまじないの効果を実感出来なかった場合でも諦めずに、掲載されている他のおまじないも試してみましょう。

【日用品を使って簡単に出来る!!不眠解消に効果抜群なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)ティッシュ

(2)青色のマジック

(3)赤色のマジック

(4)ラップ

(5)ポケットがついているナイトウェア

★おまじないの方法★

(1)このおまじないは就寝する前に行うおまじないになっていますので、入浴を済ませ、就寝する準備を整えてからおまじないを行いましょう。

(2)入浴を済ませて就寝する準備を整えたら、まず、ポケットがついているナイトウェアを着てください。

(3)ポケットがついているナイトウェアを着たら、ティッシュと青色のマジック、赤色のマジックを用意しましょう。

(4)ティッシュと青色のマジック、赤色のマジックを用意したら、ティッシュを1枚取り出してください。

(5)ティッシュを1枚取り出したら、そのティッシュに青色のマジックで「zzz」と書きましょう。
アルファベットの「z」を3つ並べて書いて頂ければ問題ありません。

(6)次に、もう1枚ティッシュを取り出して、今度は赤色のマジックで二重丸を書いてください。

(7)ティッシュ2枚それぞれに、青色のマジックで「zzz」と書いて、赤色のマジックで二重丸を書いたら、その2枚のティッシュを重ね合わせましょう。

(8)2枚のティッシュを重ね合わせたら、そのティッシュをくしゃくしゃっと丸めてください。

(9)重ねた2枚のティッシュを丸めたら、丸めたティッシュを両手で包み込むように持って、「熟睡したい・・・」という気持ちを強く込めましょう。

(10)丸めたティッシュに「熟睡したい・・・」という気持ちを強く込めたら、そのティッシュをラップで包んでください。

(11)そしてラップで包んだティッシュをナイトウェアのポケットに入れて、そのまま就寝しましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用するティッシュや青色のマジック、赤色のマジックは新品のものを用意してください。
使い古しのティッシュやマジックを使っておまじないを行っても、おまじないの効果を期待出来ませんので、必ず新品のものを使っておまじないを行いましょう。

(2)ポケットがついているナイトウェアは、ポケットがついていれば何色のナイトウェアでも構いません。
普段、寝る時に着ている服にポケットがついているなら、その服をおまじないに使用して頂いても問題ありませんので、ポケットがついているナイトウェアを用意してください。

(3)2枚のティッシュに、青色のマジックで「zzz」と書く時や、赤色のマジックで二重丸を書く時は、「不眠を解消したい・・・」という気持ちや「熟睡したい・・・」という気持ちを強く込めながら書きましょう。
そして、出来るだけ丁寧に書いてください。
また、ティッシュを破かないように気を付けましょう。
マジックで書いている最中にティッシュが破れてしまったら、そのティッシュは破棄して、新しく別のティッシュに書き直してください。

(4)丸めた2枚のティッシュを両手で包み込むように持って、「熟睡したい・・・」という気持ちを込める時は、強く念じましょう。
ここでしっかりとあなたの気持ちを込める事が重要なポイントになります。
そして、ラップで包む時は、丸めたティッシュに込めたあなたの気持ちを包み込むようにラップで包んでください。

(5)1度でおまじないの効果を実感出来なかった場合は、何日か繰り返し行ってみましょう。
継続する事によって、徐々におまじないの効果が現れる場合もありますので、1度試して効果を実感出来なかったからといって即座に止めてしまうのではなく、何度か続けてみてください。
続けていれば効果を実感出来るようになるはずです。

【不眠を解消して熟睡出来るようになる!!ノートを使った強力なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)新品のノート1冊

(2)青色の折り紙(複数枚)

(3)のり

(4)黒色のマジック

(5)青色のペン

★おまじないの方法★

(1)まず、新品のノート1冊と黒色のマジックを用意しましょう。

(2)新品のノート1冊と黒色のマジックを用意したら、ノートの表紙に黒色のマジックで「卍」のマークを大きく書いてください。

(3)黒色のマジックでノートの表紙に大きく「卍」のマークを書いたら、青色の折り紙(複数枚)とのりを用意しましょう。

(4)青色の折り紙(複数枚)とのりを用意したら、青色の折り紙をノートの表紙に貼り付けて、ノートの表紙を青色の折り紙で覆ってください。
裏表紙の方にも青色の折り紙を貼り付けて、表裏、両方の面を青色にしましょう。

(5)青色の折り紙をノートに貼り付けたら、青色のペンを用意して、ノートの最初のページを開いてください。

(6)ノートの最初のページを開いたら、青色のペンでノートの最初のページにあなたの名前をフルネームで書きましょう。

(7)ノートの最初のページにあなたの名前をフルネームで書き終えたら、2ページ目に「不眠を解消したい・・・」という気持ちをありのまま書き連ねていってください。

(8)ノートの2ページ目に「不眠を解消したい・・・」という気持ちをありのまま書いたら、ノートの最後のページを開きましょう。

(9)ノートの最後のページを開いたら、そのページに青色のペンで「不眠を解消し、熟睡出来るようになりました。」と書いてください。

(10)ここまでの工程を終えたら、ノートを閉じ、胸の辺りでノートを両手で抱き締めるように持ちましょう。

(11)そして、「熟睡したい・・・」と心の中で強く念じてください。

(12)念じ終えたら、ノートを寝具の下に敷いて、就寝しましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用するノートや黒色のマジック、青色のペンは全て新品のものを用意してください。
使い古しのノートやペンを使っておまじないを行っても、おまじないの効果が正常に現れませんので、気を付けましょう。

(2)ノートの表紙に黒色のマジックで「卍」のマークを書く時は、出来るだけ大きく、そして丁寧に書いてください。
書く位置は、ノートの表紙の中心に書きましょう。

(3)ノートの表紙と裏表紙に青色の折り紙を貼り付ける時は、隙間のないように貼り付けてください。
何枚折り紙を使って頂いても構いませんので、ノートの裏表の面が青一色になるように折り紙を貼り付けていきましょう。

(4)ノートの2ページ目に「不眠を解消したい・・・」という気持ちを書く時は、あなたのありのままの気持ちを書き出しましょう。
そして、強い気持ちを込めながら書いていってください。
強い気持ちを込めれば込めるほど、おまじないの効果が高まります。

(5)胸の辺りでノートを両手で抱き締めるように持って、「熟睡したい・・・」と念じる時も、強い気持ちを込めましょう。
ここでしっかりとあなたの念を込める事が出来ていないと、おまじないの効果が弱まってしまいますので、精一杯強い気持ちを込めながら念じてください。

(6)ノートは必ず寝具の下に敷いて就寝するようにしましょう。
布団で寝ている人は布団の下に敷いて、ベッドで寝ている人はマットレスの下に敷いてください。
ベッドの場合は、ベッドの下ではなくマットレスの下に敷きましょう。
寝具と触れ合う場所にノートを敷いてください。

【すぐに不眠を解消して安眠出来るようにしたいならコレ!!入浴中に行う即効性のあるおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)入浴出来る環境

(2)日本酒(おちょこ一杯程度)

(3)お気に入りの香りのバスソルト

(4)新品のボディタオル

(5)黒色の水性ペン

★おまじないの方法★

(1)このおまじないは入浴後、出来るだけ早く就寝する必要がありますので、就寝する準備を整えてからおまじないを行いましょう。

(2)就寝する準備を整えたら、入浴する準備を整えてください。
このおまじないでは湯舟に浸かる必要がありますので、普段はシャワーだけの人も湯舟にお湯を溜めましょう。

(3)湯舟にお湯を溜めて、入浴する準備を整えたら、湯舟のお湯におちょこ一杯程度の日本酒と、お気に入りの香りのバスソルトを適量入れてください。

(4)湯舟のお湯に日本酒とバスソルトを入れたら、湯舟のお湯を良くかき混ぜましょう。

(5)湯舟のお湯を良くかき混ぜたら、黒色の水性ペンを用意して、服を脱ぎ、左の手首にあなたが不眠に悩んでいる原因を書いてください。
「仕事のストレス」「恋愛の悩み」「人間関係の悩み」といったように、原因を書き出しましょう。
複数ある場合は、全て書き出してください。

(6)ここまでの工程を終えたら、お風呂に入りましょう。

(7)そして、新品のボディタオルを使って、体を丁寧に洗ってください。
この時、「不眠の原因を消し去りたい」という気持ちを強く持ちながら体を洗いましょう。
そして、手首に書いた文字は体を洗っている時に綺麗に落としてください。

(8)体を綺麗に洗い終えたら、髪の毛を洗いましょう。
髪の毛はいつも通りに洗って頂いて問題ありません。

(9)体や髪の毛を洗い終わったら、湯舟に浸かりましょう。

(10)湯舟に浸かったら、目を閉じて、リラックスしながら疲れや悩みの種を全て落とすイメージをしてください。

(11)そして、満足出来るまで湯舟に浸かってリラックスしたひと時を過ごしましょう。

(12)疲れや悩みの種を全て落とす事が出来たと感じたら、湯舟から出て、湯舟のお湯を抜いてからシャワーを浴びて、お風呂から出てください。

(13)お風呂から出たら、髪の毛を乾かしたり、肌の保湿をしたり、最低限お風呂上りにすべき事だけを済ませて、出来る限り早く布団orベッドに入って就寝しましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用する日本酒は、銘柄などに決まりはありませんので、好きな日本酒を用意して頂ければ問題ありません。
ただし、飲みかけの日本酒ではなく、未開封の日本酒を用意しましょう。
飲みかけの日本酒を使っておまじないを行っても、おまじないの効果を期待出来ませんので、気を付けてください。

(2)左の手首にあなたが不眠に悩んでいる原因を書く時は、思い当たる節がある原因は全て書き出しましょう。
漏れのないように気を付けてください。
万が一漏れがあると、おまじないの効果が弱まってしまいますので、思い当たる節がある原因は必ず全て書き出しましょう。

(3)体を洗う時は、いつも以上に丁寧に洗ってください。
そして、「不眠の原因を消し去りたい」という気持ちを込めながら洗う事を意識しましょう。
強い気持ちを込めて、丁寧に体を洗う事によって、おまじないの効果が高まります。

(4)湯舟に浸かったら、リラックスする事を第一に考えましょう。
リラックス出来ていないと、おまじないの効果が正常に現れなくなってしまいますので、気を付けてください。

(5)入浴を終えたら、1時間以内には布団orベッドに入るようにしましょう。
入浴後、何か別のことをしていて、いつまでも布団orベッドに入らなければおまじないの効果を期待出来なくなってしまいますので、注意してください。

【観葉植物を使って簡単に不眠解消出来る!!安眠に効果抜群なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)観葉植物

(2)青色の布

(3)白色の紙

(4)黒色のペン

(5)赤色のマジック

★おまじないの方法★

(1)まず、白色の紙と黒色のペンを用意しましょう。

(2)白色の紙と黒色のペンを用意したら、白色の紙に黒色のペンで、不眠に悩まされている原因を書き出してください。
思い当たる節がある原因は全て書き出しましょう。

(3)白色の紙に黒色のペンで、不眠に悩まされている原因を書き出したら、赤色のマジックを用意して、書き出した原因の上から赤色のマジックで大きく「×」の印をつけてください。

(4)白色の紙に不眠に悩まされている原因を書き出して、「×」の印をつけたら、観葉植物と青色の布を持って、寝室に移動しましょう。

(5)寝室に移動したら、寝室に先ほどの紙を置き、その上から青色の布を被せて、青色の布の上に観葉植物を置いてください。

(6)そして、観葉植物に向かって、「不眠の原因を吸収して、私(僕)に安眠を与えてください・・・」と心の中で強く念じましょう。

(7)この日から、毎日就寝する前に観葉植物に向かって、「不眠の原因を吸収して、私(僕)に安眠を与えてください・・・」と念じるようにしてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用する観葉植物は、どんなものでも構いません。
あなたが気に入った観葉植物を用意して頂いて構いませんので、観葉植物を1つ用意しましょう。
見た目で選んで頂いて構いません。

(2)白色の紙に黒色のペンで、不眠に悩まされている原因を書く時は、思い当たる節がある原因は全て書き出してください。
漏れがあると、おまじないの効果が正常に現れなくなりますので、気を付けましょう。
そして、赤色のマジックで「×」の印をつける時は、不眠に悩まされている原因を消したいという気持ちを強く持ちながら、「×」の印をつけてください。

(3)寝室に観葉植物を飾る時は、不眠に悩まされている原因を書き出した紙を敷いて、その上に青色の布を被せ、青色の布の上に観葉植物を置きましょう。
青色の布や紙を敷かずに観葉植物を置いてしまうと、おまじないの効果が正常に現れませんので、注意してください。

(4)観葉植物に向かって、「不眠の原因を吸収して、私(僕)に安眠を与えてください・・・」と念じる時は、強い気持ちを込めて念じましょう。
そして、毎日就寝前に念じるようにしてください。
毎日続ける事によって、おまじないの効果が徐々に高まっていきます。

【寝具を取り替えるだけで安眠出来る!!簡単だけど強力なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)白色の寝具カバー(敷布団、掛け布団の両方とも)

(2)白色の枕カバー

(3)白色の紙3枚

(4)赤色のペン

★おまじないの方法★

(1)まず、白色の紙3枚と赤色のペンを用意しましょう。

(2)白色の紙3枚と赤色のペンを用意したら、3枚の白色の紙それぞれに赤色のペンで、「退邪寝安」という文字を書いてください。
3枚とも同じように書いて頂ければ問題ありません。

(3)白色の紙3枚に赤色のペンで「退邪寝安」と書き終えたら、白色の寝具カバーや枕カバーを用意しましょう。

(4)そして、これまでに使用していた寝具カバーや枕カバーを外して、新しく用意した白色の寝具カバーや枕カバーに取り替えてください。

(5)寝具カバーや枕カバーを取り替える時に、先ほど「退邪寝安」と書いた3枚の紙をそれぞれ、掛け布団カバーの中、敷布団カバーの中、枕カバーの中の3箇所に入れましょう。

(6)それぞれに紙を忍ばせて寝具カバーや枕カバーを取り替えたら、目を閉じ、「私(僕)を安眠させてください・・・」と心の中で念じてください。

(7)あとは、普段通り、布団orベッドに入り、就寝しましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)白色の寝具カバーや枕カバーは、必ず新品のものを用意してください。
過去に使用した事があるものと取り替えても、おまじないの効果は期待出来ませんので、必ず新品未使用のものを用意しましょう。
また、多少柄が入っている程度なら構いませんが、出来るだけ無地の寝具カバーや枕カバーを用意してください。

(2)赤色のペンで「退邪寝安」と書いた3枚の紙は、掛け布団、敷布団、枕の3箇所に必ず忍ばせてください。
カバーの中に入れて頂くだけで構いませんので、3箇所全てに「退邪寝安」と書いた紙を忍ばせましょう。

(3)取り替えた寝具カバーや枕カバーは、定期的に洗濯をして常に清潔な状態を保ちましょう。
洗濯をする際は、中に忍ばせていた紙を取り出して、再びカバーを取り付ける時に同じ紙を忍ばせて頂ければ問題ありません。

★まとめ★

 

 

今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、不眠解消に効果がある安眠のおまじないを紹介してきましたがいかがでしたか?
不眠に関する問題は、「眠れなくても生活出来ているから大丈夫!」「限界まで疲れたら自然と眠れるようになるはずだから平気でしょ!?」と思う人もいるかもしれませんが、決して安易に考えて良い問題ではありません。
体調を崩してしまうリスク、ホルモンバランスが乱れてしまうリスク、仕事でミスをするリスクなどなど、不眠によって様々なリスクが生まれてしまいますので、不眠に陥ってしまったら早急に改善すべきなのです。
きちんと熟睡出来る方が健康的な生活を送る事が出来るのは間違いありませんので、不眠に悩まされている人や「最近、寝付きが悪いな・・・」と感じている人は、ぜひこの記事で紹介してきた安眠のおまじないを試してみてください。
きっと不眠の悩みを解消出来るはずですし、しっかりと質の良い睡眠が取れるようになって、健康的な生活を送る事が出来るようになるはずですよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事