《疲れた時に効果抜群》やる気と元気が出る超強力なおまじない5選!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回はブログ読者の皆さんからご報告頂いた、実際試して疲れた時にやる気と元気を出す事に効果があった、やる気と元気が出るおまじないをシェアさせて頂きます。

仕事が忙しい時や勉強が大変な時は、体力的にも精神的にも疲れてしまう事があると思います。
人によっては、仕事や勉強が大変な時以外でも、恋愛がうまくいっていない時に疲れを感じてしまう事もあるでしょう。
そして、仕事や勉強、恋愛の事で疲れてしまうと、元気がなくなってしまう人が多いと思いますし、やる気が削がれてしまう人も沢山いますよね。
仕事が忙しい時期に元気ややる気がなくなってしまうのは致命的ですし、勉強を頑張らないといけない時にやる気が起きないとやらなければいけない勉強に身が入らず散々な結果になってしまう事もあると思います。
恋愛で疲れてしまう人は、努力すれば実ったかもしれない片想いを諦めてしまう事もあるでしょうし、落ち込んで何に対してもやる気が起きずに全ての事から逃げてしまう場合もあるでしょう。
やる気や元気は、仕事や勉強、恋愛を頑張る為の原動力になりますので、疲れてしまってやる気や元気がなくなった時は、何とかしてやる気や元気を回復させるべきなのです。
やる気や元気をなくしてしまったままの状態を放置するのは、自分自身の為になりません。
そうはいっても、「疲れてしまったから無理はしたくない・・・」「疲れている時にやる気や元気を回復させる事なんて無理だわ・・・」と思ってしまう人もいると思います。
そんな人たちは、ぜひやる気と元気が出るおまじないに頼ってみてください。
疲れて、なくしてしまったやる気や元気を、おまじないの効果によって回復させる事が出来る場合もあるのです。
実際に、ブログ読者の方々からも「毎日毎日、仕事に追われる日々で体力的にも精神的にも疲れてしまって、やる気も元気もなくしてしまっていた時があったんです。でも、やる気と元気が出るおまじないのおかげで、やる気と元気を回復させる事が出来て、仕事が大変だという状況を乗り越える事が出来ました。」「片想い中の相手とうまくいっていなくて、恋愛に疲れてしまっていた時があったの。どうせうまくいかないし・・・と投げやりになって、恋愛を頑張ろうという気持ちや元気も失ってしまっていたんだけど、やる気と元気が出るおまじないを試してみたら、自然と気持ちが高ぶってきて、やる気と元気を復活させる事が出来たわ。」という体験談や報告を沢山頂いています。
そこで今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、やる気と元気が出るおまじないを紹介していきたいと思いますので、様々な事で疲れてやる気や元気を失ってしまっている人は、ぜひこの記事で紹介するおまじないを試してみてください。
ただ、おまじないの効果には相性があります。
いくつかやる気と元気が出るおまじないをご紹介しますので、試してみたおまじないの効果を実感出来なかった場合でも諦めずに、掲載されている他のおまじないも試してみましょう。

【アロマオイルを使って、なくしてしまったやる気と元気を復活させる!!疲れた時に効果抜群なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)ベチバーのアロマオイル

(2)白色のハンカチ

(3)布製の巾着袋

(4)ビー玉(疲れている原因の数だけ)

(5)赤色の紐

★おまじないの方法★

(1)まず、あなたが疲れている原因の数だけビー玉を用意しましょう。
仕事と恋愛の2つで疲れているなら、ビー玉を2つ。
仕事だけで疲れているなら、ビー玉を1つ用意して頂ければ問題ありません。

(2)あなたが疲れている原因の数だけビー玉を用意したら、そのビー玉を両手で包み込むように持って、「疲れの原因を消し去りたい」と心の中で念じてください。
ビー玉の数が複数の場合は、1つずつ念じましょう。

(3)用意したビー玉を両手で包み込むように持って、「疲れの原因を消し去りたい」と心の中で念じ終えたら、白色のハンカチを用意してください。

(4)白色のハンカチを用意したら、そのハンカチでビー玉を包みましょう。

(5)白色のハンカチでビー玉を包んだら、赤色の紐を用意してください。

(6)赤色の紐を用意したら、ビー玉を包んだ白色のハンカチを赤色の紐で結びましょう。
ビー玉がこぼれ落ちないようにしっかりと結んでください。

(7)ビー玉を包んだ白色のハンカチを赤色の紐で結んだら、ベチバーのアロマオイルを用意しましょう。

(8)ベチバーのアロマオイルを用意したら、ビー玉を包んだ白色のハンカチにベチバーのアロマオイルを数滴垂らして、染み込ませてください。

(9)ビー玉を包んだ白色のハンカチにベチバーのアロマオイルを垂らして染み込ませたら、そのハンカチを両手で包み込むように持って、「やる気と元気が回復しますように・・・」と強く念じましょう。

(10)念じ終えたら、布製の巾着袋を用意して、ビー玉を包んだ白色のハンカチを巾着袋の中に入れてください。

(11)そして、その巾着袋をお守りとして普段から持ち歩きましょう。

(12)時々で構いませんので、巾着袋の中からビー玉を包んだハンカチを取り出して、ベチバーのアロマオイルをハンカチに染み込ませてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)ベチバーのアロマオイルには、「滋養、回復、やる気」という効能があります。
やる気と元気を回復させる上で非常に効果を期待出来るアロマオイルになっていますので、このおまじないにはベチバーのアロマオイルを使用しましょう。
ベチバーのアロマオイルは独特の香りなので、苦手な人もいるかもしれませんが、他のアロマオイルではおまじないの効果を期待出来ませんので、必ずベチバーのアロマオイルをおまじないに使用してください。

(2)用意するビー玉の数は、疲れの原因の数だけ用意してください。
正しい数を用意して、おまじないに使用しなければおまじないの効果が正常に現れませんので、気を付けましょう。

(3)ビー玉を両手で包み込むように持って、「疲れの原因を消し去りたい」と念じる時は、強い気持ちを込めて念じましょう。
また、ビー玉の数が複数の場合は、必ず1つ1つ念じてください。

(4)ビー玉を包んで赤色の紐で結んだ白色のハンカチに、ベチバーのアロマオイルを垂らす量は適当で構いません。
アロマオイルがハンカチに染み込んで、少し香りが漂うくらいの量を垂らして頂ければ問題ありません。
そして、ハンカチを両手で包み込んで、「やる気と元気が回復しますように・・・」と念じる時は、強い気持ちを込めてください。
ここでしっかりとあなたの念を込める事が重要なポイントになります。

(5)ビー玉を包んだハンカチを入れた巾着袋は、必ず普段から持ち歩きましょう。
お守りとして普段から持ち歩いていないと、おまじないの効果を期待出来ませんので、自宅に置いたままにしないように気を付けましょう。

【やる気と元気が湧いてくる!!画用紙とクレヨンで出来る強力なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)画用紙4枚

(2)赤色のクレヨン

(3)黒色のクレヨン

(4)画鋲or両面テープ

★おまじないの方法★

(1)まず、画用紙4枚と黒色のクレヨンを用意しましょう。

(2)画用紙4枚と黒色のクレヨンを用意したら、4枚の画用紙の裏面に黒色のクレヨンで「発」「頸」「纏」「元」という文字をそれぞれ書いてください。
画用紙1枚に1文字書きましょう。
また、文字を書く位置は、出来るだけ画用紙の中心に書いてください。

(3)4枚の画用紙の裏面に黒色のクレヨンで「発」「頸」「纏」「元」と書き終えたら、赤色のクレヨンを用意しましょう。

(4)赤色のクレヨンを用意したら、今度は画用紙の表の面に赤色のクレヨンで大きく六芒星を書いてください。
4枚ともに六芒星を書きましょう。

(5)赤色のクレヨンで4枚の画用紙それぞれの表の面に六芒星を書き終えたら、画鋲or両面テープを用意して、寝室に移動してください。

(6)寝室に移動したら、寝室の壁4面に画用紙を画鋲orセロハンテープで貼り付けていきましょう。
この時、貼り付ける画用紙の位置に気を付けてください。
裏面に「発」と書いた画用紙は北側の壁、「頸」と書いた画用紙は東側の壁、「纏」と書いた画用紙は南側の壁、「元」と書いた画用紙は西側の壁に貼り付けましょう。
そして、北と南の画用紙、東と西の画用紙は対角線で結べるように貼り付けてください。

(7)画用紙をそれぞれの壁に貼り付けたら、それぞれの画用紙を対角線で結んだ時に交わる中心に立ちましょう。
きちんと画用紙を貼り付ける事が出来ていれば、寝室の中心に立って頂ければ問題ありません。

(8)それぞれの画用紙を対角線で結んだ時に交わる位置に立ったら、深呼吸をして、心を落ち着かせてから目を閉じましょう。

(9)目を閉じたら、「我に元気を・・・我にやる気を・・・我に活力を与えたまえ・・・!!」と心の中で強く念じてください。

(10)念じ終わったら、壁に貼り付けた画用紙はそのままの状態で、就寝しましょう。

(11)壁に貼り付けた画用紙は貼り付けたままの状態で構いませんので、3日に1度のペースで、それぞれの画用紙を対角線で結んだ時に交わる位置に立って、「我に元気を・・・我にやる気を・・・我に活力を与えたまえ・・・!!」と心の中で強く念じるようにしてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用する黒色のクレヨンと赤色のクレヨンは、どちらも新品のものを用意しましょう。
使い古しのものを使っておまじないを行っても、おまじないの効果が正常に現れませんので、気を付けてください。

(2)4枚の画用紙の裏面に黒色のクレヨンで、「発」「頸」「纏」「元」と書く時は、どの画用紙にどの文字を書いて頂いても問題ありませんが、漢字を間違えないように気を付けましょう。
漢字を間違えてしまっていると、おまじないの効果が正常に現れませんので注意してください。

(3)赤色のクレヨンで4枚の画用紙の表の面に六芒星を書く時は、出来るだけ大きく、そして丁寧に書いてください。
書いた六芒星が小さかったり、雑に書いてしまっているとおまじないの効果が弱まってしまいます。

(4)4枚の画用紙を寝室に貼り付ける時、貼り付ける位置を間違えないようにしてください。
裏面に「発」と書いた画用紙は北側の壁、「頸」と書いた画用紙は東側の壁、「纏」と書いた画用紙は南側の壁、「元」と書いた画用紙は西側の壁に貼り付けなければいけません。
貼り付ける画用紙と方角を間違えていると、おまじないの効果が正常に現れなくなってしまいますので、注意しましょう。
また、寝室の壁が東西南北になっていないご自宅の人は、北寄りの壁、南寄りの壁・・・といったように寄っている方の壁に適した画用紙を貼り付けて頂ければ問題ありません。

(5)それぞれの画用紙を対角線で結んだ時に交わる位置に立って、「我に元気を・・・我にやる気を・・・我に活力を与えたまえ・・・!!」と念じる時は、強い気持ちを込めて念じましょう。
強く念じれば念じるほど、おまじないの効果が高まります。
また、3日に1度のペースで構いませんので、やる気と元気が回復するまでは念じる行為を続けましょう。

【すぐにやる気と元気を出したいならコレ!!ノートを使った即効性のあるおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)新品のノート1冊

(2)赤色のマジック

(3)赤色のペン

(4)黒色のペン

(5)赤色の布

(6)ゴミ袋

★おまじないの方法★

(1)まず、新品のノート1冊と赤色のマジックを用意しましょう。

(2)新品のノート1冊と赤色のマジックを用意したら、新品のノートの表紙に赤色のマジックであなたの名前をフルネームで書いてください。

(3)赤色のマジックでノートの表紙に名前をフルネームで書き終えたら、ノートの裏表紙に赤色のマジックであなたの生年月日を書きましょう。

(4)ノートの表紙に名前をフルネームで書き、裏表紙に生年月日を書き終えたら、黒色のペンを用意して、ノートの最初のページを開いてください。

(5)ノートの最初のページを開いたら、ノートの最初のページに黒色のペンであなたが疲れている原因を書き出しましょう。
思い当たる節がある原因は全て書き出してください。

(6)ノートの最初のページに黒色のペンで、あなたが疲れている原因を書き出したら、そのページを手で破きましょう。

(7)破いたページはゴミ袋に入れて、ゴミとして処分してください。

(8)次に、赤色のペンを用意しましょう。

(9)赤色のペンを用意したら、ノートの最後のページを開いて、赤色のペンで「〇〇(あなたの名前)のやる気と元気は回復しました。」と書いてください。

(10)ノートの最後のページに赤色のペンで、「〇〇(あなたの名前)のやる気と元気は回復しました。」と書き終えたら、ノートの全てのページに、あなたにとってやる気と元気が出るような出来事や物などを書いていきましょう。
あなた自身がやる気と元気が出るような事であれば、何を書いて頂いても構いません。
やる気と元気が出る歌や曲を書いて頂いても問題ありません。

(11)ノートの全てのページを、あなたにとってやる気と元気が出るような出来事や物などで埋めたら、ノートを閉じ、赤色の布で包みましょう。

(12)そして、赤色の布で包んだノートを、自宅で大切に保管しておいてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用するノートや赤色のマジック、赤色のペン、黒色のペンは全て新品のものを用意しましょう。
使い古しのものを使っておまじないを行っても、おまじないの効果が正常に現れませんので、気を付けてください。

(2)ノートの表紙に名前をフルネームで書く時は、漢字を使って正しく書いてください。
そして、ノートの裏表紙に生年月日を書く時は、西暦から生年月日を書きましょう。

(3)ノートの最初のページに黒色のペンで、あなたが疲れている原因を書き出す時は、思い当たる節がある原因は必ず全て書き出しましょう。
漏れがあると、おまじないの効果が弱まってしまいますので、漏れのないように書き出してください。

(4)ノートの最後のページに赤色のペンで「〇〇(あなたの名前)のやる気と元気は回復しました。」と書く時も、名前はフルネームで書きましょう。
そして、あなたにとってやる気と元気が出るような出来事や物などでノートのページを埋める時は、やる気と元気が出る事であればどんな事を書いて頂いても構いませんので、必ず全てのページを埋めてください。
1ページに1つ書いて頂ければ問題ありません。

(5)ノートを赤色の布で包む時は、「やる気と元気を取り戻したい」というあなたの気持ちも一緒に包み込むようにしましょう。
そして、赤色の布で包んだノートは、自宅で大切に保管しておいてください。
雑に扱ってしまうとおまじないの効果が弱まりますので、気を付けましょう。

【やる気と元気が湧き上がってくる!!ろうそくを使った効果抜群なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)白色のろうそく

(2)ライターorマッチ

(3)ろうそく立て

(4)青色の折り紙

(5)青色のペン

★おまじないの方法★

(1)まず、青色の折り紙と青色のペンを用意しましょう。

(2)青色の折り紙と青色のペンを用意したら、青色の折り紙の裏面に青色のペンで、あなたの名前と生年月日を書いてください。
名前はフルネームで書き、生年月日は西暦から書きましょう。

(3)青色の折り紙の裏面に青色のペンで、あなたの名前と生年月日を書き終えたら、青色の折り紙をテーブルや机の上に置いて、その上にろうそく立てを置いてください。
折り紙は、裏面を下にして置きましょう。

(4)折り紙を置いて、その上にろうそく立てを置いたら、ろうそく立てに白色のろうそくを立ててください。

(5)そして、ライターorマッチでろうそくに火を灯しましょう。

(6)ろうそくに火を灯したら、ろうそくの火を見つめながら、「私(僕)のやる気に火を灯してください・・・そして、元気の源に火を灯してください・・・!!」と心の中で強く念じてください。
ろうそくの火が完全に燃え尽きるまで、念じ続けましょう。

(7)ろうそくが完全に燃え尽きたら、ろうそく立てと青色の折り紙を、自宅の中で出来るだけ高い位置に置いて保管してください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用する白色のろうそくやろうそく立ては、新品のものを用意してください。
使い古しのものを使っておまじないを行わないように気を付けましょう。

(2)青色の折り紙の裏面に青色のペンで、あなたの名前と生年月日を書く時は、正しく書いてください。
名前は漢字を使ってフルネームで書いて、生年月日は西暦から書きましょう。
間違えているとおまじないの効果を期待出来なくなってしまいますので、気を付けてください。

(3)このおまじないの最大のポイントは、ろうそくが燃えている間、ろうそくの火を見つめながら、「私(僕)のやる気に火を灯してください・・・そして、元気の源に火を灯してください・・・!!」と念じ続ける事です。
ここで強い念を込めれば込めるほど、おまじないの効果が高まりますので、しっかりと強く念じましょう。

【毎朝飲むだけでやる気と元気が出てくる!!簡単だけど強力なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)コップ

(2)ミネラルウォーター

(3)はちみつ

(4)塩

(5)レモン

(6)包丁

★おまじないの方法★

(1)このおまじないは、朝に行う事で徐々にやる気と元気がみなぎってくるおまじないなので、朝におまじないを行う時間を確保しましょう。

(2)まず、コップとミネラルウォーターを用意して、コップの中にミネラルウォーターを注いでください。

(3)コップの中にミネラルウォーターを注いだら、レモンと包丁を用意して、レモンをスライスしましょう。
出来るだけ薄く切ってください。

(4)レモンを薄く切ったら、その薄く切ったレモンを1枚、コップのミネラルウォーターの中に入れましょう。

(5)次に、はちみつを小さじ1杯程度と、塩をひとつまみコップのミネラルウォーターの中に入れてください。

(6)以上のものをコップの中に入れたら、良くかき混ぜましょう。

(7)良くかき混ぜたら、コップを持って、「やる気と元気が湧いてきますように・・・」と心の中で念じてから、コップの中の水を飲み干してください。

(8)ここまでの工程を、出来るだけ毎朝続けるようにしましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)このおまじないの最大のポイントは、飲み物を作って、「やる気と元気が湧いてきますように・・・」と心の中で念じてからその飲み物を飲み干す事です。
しっかりとあなたの気持ちを込める事が出来ていないと、おまじないの効果が弱まってしまいますので、飲み物を作る時や飲む時、どちらも「やる気と元気を回復させたい」という気持ちを込めるようにしましょう。

(2)このおまじないは、継続する事によって効果が徐々に高まっていきますので、やる気と元気が回復したと感じるまでは出来る限り毎日続けるようにしましょう。

★まとめ★

 

 

今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、やる気と元気が出るおまじないを紹介してきましたがいかがでしたか?
仕事や勉強、恋愛に疲れてしまった時は、何もやる気が起きなかったり、元気が出なくなってしまうのは仕方のない事だと言えるでしょう。
しかし、そのまま放置していると更に気持ちが下降してしまう危険性もありますし、日常生活に支障をきたしてしまうリスクも生じてしまいます。
なので、疲れてやる気や元気がなくなってしまった時は、出来る限り早くやる気と元気を取り戻すべきなのです。
この記事で紹介してきたやる気と元気が出るおまじないは、どれも簡単に出来て、なおかつ強力な効果を期待出来るものばかりになっていますので、様々な事に疲れてやる気や元気がなくなってしまった時は、ぜひ気軽な気持ちでおまじないに頼ってみてください。
きっと役に立つはずですし、おまじないの効果によってやる気と元気を取り戻す事が出来たら、前向きになれるはずですよ。

関連記事