1. HOME
  2. ブログ
  3. 【別れて3ヶ月】元彼と復縁したい人がすべき行動&してはダメな行動!

【別れて3ヶ月】元彼と復縁したい人がすべき行動&してはダメな行動!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

「元彼と復縁したいなら別れた直後に復縁を迫るよりもある程度の期間を置いた方が復縁出来る確率が上がる」という話を耳にした事がある人も多いのではないでしょうか。
その話は間違いありませんし、正しい情報だと言えます。
別れた直後に復縁を迫っても、元彼自身も気持ちに整理が出来ていない場合が殆どですし、元彼の方から別れ話をしてきたなら彼女に対する不満や嫌悪感を消し去れていないのです。
元彼自身が気持ちに整理をつけたり、彼女に対する嫌悪感を消し去る為には時間が必要です。
別れた後に、冷却期間をしっかりと設ける事によって元彼も気持ちに整理をつける事が出来ますし、別れを決断した時の彼女に対する不満や嫌悪感も消し去る事が出来るようになります。
だからこそ、復縁は冷却期間を設けた後にアプローチをしていく方が効果的なのです。
別れ方によっても様々ですが、冷却期間は一般的には3ヶ月が理想だと言われています。
しかし、「冷却期間を設けたけどその後はどうアプローチをしたら良いの!?」「3ヶ月も元彼と連絡取り合っていなかったのに突然連絡したら変に思われてしまわないかな?」と考える女性も多いかもしれません。
そこで今回は、復縁成功に繋がる別れて3ヶ月後の正しい行動&アプローチの方法や、復縁を望むならしてはダメな行動を紹介していきたいと思います。
また、別れて3ヶ月経った後にアプローチした時の元彼の気持ちも併せて紹介していきたいと思いますので、そちらも参考にしてみてください。

【1】別れて3ヶ月経った後にアプローチした時の元彼の気持ち5つ

別れて3ヶ月経った後、「そろそろ復縁に向けてアプローチしたいけど突然連絡したら元彼はどう思うのかな?」と元彼の気持ちを考えて不安になってしまう人も多いかもしれません。
しかし、別れて3ヶ月後の男性心理を知っておけば不安な気持ちを少しは軽減出来るはずです。
元彼は3ヶ月ぶりに元カノから連絡が届いたらどう思うのか・・・その男性心理をここでは見ていきたいと思いますので、把握してアプローチする勇気を持てるようにしましょう。

(1)元カノからの久しぶりの連絡が嬉しい

別れて3ヶ月経った後にアプローチした時の元彼の気持ちその1は、元カノからの久しぶりの連絡が嬉しいと思う場合があります。
別れて3ヶ月間、連絡を取り合っていないと元カノの動向が気になっている男性もいます。
たとえ自分から振ったとしても、元カノの動向が気になってしまうのが男性心理というものなのです。
3ヶ月という期間は、別れた後に元カノの動向が気になり始めるちょうど良いタイミングだと言えるでしょう。
元カノの動向が気になっているタイミングで、元カノから連絡がきたら嬉しく思うのは当然の心理だと言えます。
全ての元彼が嬉しく思うとは限りませんが、久しぶりの連絡に嬉しく思う男性がいるという事を知っただけでも別れて3ヶ月後に久しぶりの連絡を入れる勇気が湧いてくるのではないでしょうか。

(2)元カノの変化に驚いた

別れて3ヶ月経った後にアプローチした時の元彼の気持ちその2は、元カノの変化に驚いたと思う場合があります。
別れてから3ヶ月後に元彼に連絡を入れて、「いきなりどうしたの!?」といったような返信がきた場合は、元彼は驚いている可能性が高いです。
突然連絡がきた事に驚いた場合もあれば、元カノの変化に気付いて「なんか元カノの雰囲気変わった!?」と驚いている場合もあります。
悪い意味での変化であれば復縁においてプラスにはなりませんが、良い意味での変化であれば復縁においてプラスになる事は間違いないでしょう。
連絡を入れた時に付き合っていた頃の連絡と少し変化を付けることで、久しぶりに連絡を受け取った元彼を驚かせる事が出来る場合もありますので、積極的に良い意味での変化をつけてみましょう。
ギャップが大きければ大きいほど、「久しぶりに会ってみたいかも?」と元彼に思わせる事が出来ます。

(3)未練がなさそうで寂しい

別れて3ヶ月経った後にアプローチした時の元彼の気持ちその3は、未練がなさそうで寂しいと思う場合があります。
別れた事を何とも思っていないような内容でLINEやメールを送ると、元彼は「俺と別れた事に対しての未練はもう完全に消えてしまったのかな?寂しいな・・・」と思う可能性が高くなります。
男性は、自分で振ったからこそ元カノは自分に未練を持っているものだと思い込んでしまっている場合が多いです。
それが男性心理なのです。
未練を感じさせないように3ヶ月ぶりの連絡を入れる事で、元彼が寂しいと感じたら少なからずあなたに対して意識を向ける事になるでしょう。
それは復縁において大きくプラスに働く可能性があります。

(4)まだ嫌われていなくて良かった

別れて3ヶ月経った後にアプローチした時の元彼の気持ちその4は、まだ嫌われていなくて良かったと思う場合があります。
別れて3ヶ月間、全く元彼と連絡を取っていなかったのなら「俺に対して怒っているのかな・・・?」「別れ話の時、ちょっと冷たく突き放しすぎたかな・・・?」と後悔している男性も中にはいます。
たとえ別れた相手であっても、女性から嫌われるのを恐れるのが男性心理なのです。
別れてから3ヶ月間全く連絡がなかった元カノから連絡が届いた事によって「まだ嫌われてなかったんだ・・・良かった。」と思う男性もいるという事を頭に入れておきましょう。

(5)まだ未練があるの!?

別れて3ヶ月経った後にアプローチした時の元彼の気持ちその5は、まだ未練があるの!?と思う場合があります。
元彼がこちらの未練を察知してしまったら、「まだ未練があるの!?」と思う可能性もあるでしょう。
また、自意識過剰な男性であれば「元カノから連絡が届いたって事は、俺に気があるって事だよな?」と思う場合もあります。
妙に馴れ馴れしい返信であったり、逆によそよそしい返信だった場合は、このように感じている可能性が高いと言えるでしょう。
前者の場合であればあわよくば体の関係に持ち込めるかもしれないと考えている可能性が高いでしょうし、後者の場合であれば復縁する気がないから期待させないようにしようと考えている可能性が高いです。
復縁を目指して距離を縮めていきたいと思っているなら、こちらにはその気がないという事をアピールして元彼の驕りや警戒心を解いてあげましょう。

【2】復縁成功に繋がる別れて3ヶ月後の正しい行動&アプローチの方法

友達カップル

最初から元彼との復縁を目指して冷却期間として3ヶ月連絡を取らないようにしていた女性もいれば、別れてから3ヶ月経っても元彼に対する気持ちが消えなくて「元彼と復縁出来るように頑張ろう!!」と決意を新たにする女性もいると思います。
どちらの場合でも、3ヶ月という冷却期間を設けた後なので復縁に向けてアプローチをしても問題ないでしょう。
しかし、元彼の気持ちをしっかりと考えて、正しい行動やアプローチの方法を取らなければ、せっかく設けた冷却期間が無駄になってしまう事もあります。
それを避ける為にも、復縁成功に繋がる別れて3ヶ月後の正しい行動やアプローチの方法をここでしっかりと把握しておきましょう。

(1)友達感を全面に出してアプローチしていく

復縁成功に繋がる別れて3ヶ月後の正しい行動&アプローチの方法その1は、友達感を全面に出してアプローチしていくという事です。
別れてから3ヶ月経った後に復縁を目指して元彼にアプローチをするなら、「私は元カノなのよ。」という事を一度頭の隅に追いやって、友達感覚でアプローチしていくようにしましょう。
元カノ感を出してアプローチをしてしまうと、元彼は一歩引いてしまいますし、元カノだという事を意識してしまいます。
元カノという事を元彼に意識されてしまったら、「久しぶりに連絡してきたのは何故?もしかして復縁を狙ってるから?」と警戒をされてしまう可能性が高くなってしまうのです。
そうなってしまってはせっかく冷却期間を設けた事が無駄になってしまいます。
逆に、友達感覚を全面に出してアプローチしていけば、元彼は単純に「久しぶりだな。元気にしていたのかな?」と素直にこちらの連絡を受け止める事が出来ますし、再び距離を縮めていきやすくなるのです。

(2)あえてそっけない態度で他人行儀に連絡を入れる

復縁成功に繋がる別れて3ヶ月後の正しい行動&アプローチの方法その2は、あえてそっけない態度で他人行儀に連絡を入れるという事です。
友達感覚を全面に出してアプローチしていく行動とは別パターンで、あえてそっけない態度で他人行儀に連絡を入れるという行動もオススメだと言えるでしょう。
他人行儀に連絡を入れる事によって、元彼は「知らない仲ではないんだから、そんなに距離感を出さなくても・・・」と寂しさを感じるのです。
また、他人行儀な態度を取られた事によって寂しさを感じた元彼は、以前のような関係に戻れるように率先的に距離を縮めようとしてくれる可能性もあります。
元彼の名前を苗字で呼んだり、LINEやメールの文面を敬語にする事によって、そっけなく他人行儀な態度を元彼に示す事が出来ますので、あえてそのような形で元彼に連絡を入れてみるのも復縁を目指す上では有効な方法だと言えるでしょう。
他人行儀にされて寂しいと元彼が感じてくれたなら、復縁出来る可能性が大幅にアップします。

(3)ミステリアスな雰囲気を醸し出す

復縁成功に繋がる別れて3ヶ月後の正しい行動&アプローチの方法その3は、ミステリアスな雰囲気を醸し出すという事です。
別れて3ヶ月経った後、復縁に向けて元彼にアプローチする際にはミステリアスな雰囲気を醸し出すと効果的だと言えるでしょう。
ミステリアスな雰囲気とは、付き合っていた頃では想像出来なかったようなあなたの変化を元彼にアピールしていけばミステリアスな雰囲気を上手に醸し出せます。
別れて3ヶ月間、連絡を取らずに冷却期間を設けていた事によって、ミステリアスな雰囲気を醸し出すと元彼は「別れた後の3ヶ月間で元カノに何があったの?」と思う可能性が高まるのです。
そのように元彼が思ったら、空白の3ヶ月間に元カノに何があったのか気になって仕方なくなるのが男性心理です。
久しぶりに連絡を入れた時に、付き合っていた頃のあなたでは絶対に言わなかったような発言や行動をする事によって、ミステリアスな雰囲気を醸し出す事が出来ますので、ぜひ実践してみてください。
ただし、マイナスな印象を与えてしまうような発言や行動はしないようにしましょう。

(4)別れて3ヶ月の間に他の出会いがあったようなニュアンスを醸し出す

復縁成功に繋がる別れて3ヶ月後の正しい行動&アプローチの方法その4は、別れて3ヶ月の間に他の出会いがあったようなニュアンスを醸し出すという事です。
別れてから3ヶ月間、元彼と連絡を取り合っていなかったならあなたは元彼がその3ヶ月間の間にどういった人と出会って、どういった事をしてきたのか全く見当がつかないと思います。
しかし、それは元彼にとっても同じです。
だからこそ、別れてから3ヶ月の間に他の出会いがあったようなニュアンスを醸し出す事によって、元彼の嫉妬心を煽る事が出来るのです。
男性は、たとえ自分から振った女性であったとしても元カノが別の男性と親しい仲になる事を快く思わない人が殆どです。
それが男性の心理なのです。
元カノが別れた後に別の男性と親しくしていたり、仲良さそうに話をしていたら嫉妬してしまう男性が殆どなので、その男性心理を上手に利用しましょう。
ただし、あからさまに別の男性と仲良くしている素振りを見せてしまうと、元彼が全く未練を持っていなければ「新しい男が見つかって良かった!」と思う場合もあります。
それを防ぐ為にも「別れてから知り合った人に良く食事に誘われるんだけど、これってその人は私に気があるのかな?」といったような形で話をするのがオススメです。

(5)別れた今でもあなたの理解者だという事をアピールする

復縁成功に繋がる別れて3ヶ月後の正しい行動&アプローチの方法その5は、別れた今でもあなたの理解者だという事をアピールするという事です。
最後は、別れて3ヶ月経ったけど今でも自分は元彼の理解者だという事をアピールしてみましょう。
「全く関わりがなくなるのは寂しいよ・・・私たち別れてしまったけど、また前みたいに色々と相談出来るような仲に戻りたいな」「私と似てるところがあるから、愚痴ならいくらでも聞くし別れた事は気にせずに頼ってくれていいからね」といったような事をさりげなく伝えてあげると、理解者だという事をアピール出来るでしょう。
特に、3ヶ月の冷却期間を設けた後でも元彼が冷たい態度で接してくるような場合に、このように理解者だという事をアピールするのがオススメです。
そうすれば元彼は「ちょっと冷たくし過ぎたかな・・・」と反省したり後悔したりするので、その反省や後悔をキッカケに再び距離を縮めていく事が出来る場合もあります。

【3】復縁失敗の可能性大!!復縁を望むならしてはダメな行動

元彼との復縁を成功させる為に冷却期間を設けたのに、してはダメな行動をしてしまったら全てが無駄になってしまいます。
それは避けたいと考える人が殆どだと思いますが、人は感情的になって冷静さを欠いてしまっているとついしてはダメな行動を平気でしてしまう生き物なのです。
せっかく設けた冷却期間を無駄にしない為にも、別れて3ヶ月後にしてはダメな行動をしっかりと把握して、以下の行動はしないように気を付けるようにしましょう。

(1)未読の状態や既読スルーされている時にしつこくLINEを送ってしまう

復縁を望むならしてはダメな行動その1は、未読の状態や既読スルーされている時にしつこくLINEを送ってしまうという事です。
3ヶ月の冷却期間を設けた後に元彼にLINEを送っても未読の状態が長く続いたり、既読スルーされる事もあると思います。
LINEを送った側の気持ちは、少しでも早く返信が欲しいと思うでしょうし、既読スルーされていたら「何で?私、何か変な事言ったかな・・・?」と不安にもなってしまうでしょう。
しかし、だからといって返信を催促するような内容のLINEであったり、しつこく何度もLINEを送り続けるのは良くありません。
未読の状態であったり、既読をつけても返信してこない元彼側にしてみれば、今は返信出来る状況ではない可能性もあるのです。
仕事で忙しくしていたり、趣味に没頭している可能性もあります。
そんな時に返信を催促する内容のLINEが届いたり、しつこく何度もLINEが届いたら元彼は鬱陶しく思ってしまうのです。
そんな風に元彼に思われてしまったら、冷却期間を設けた意味がなくなってしまいます。

(2)元彼が他の女性と仲良くしている事に対して嫉妬してしまう

復縁を望むならしてはダメな行動その2は、元彼が他の女性と仲良くしている事に対して嫉妬してしまうという事です。
あなたと元彼は別れているのですから、元彼は自由の身です。
当然、元彼が他の女性と仲良くしている事もあるでしょう。
その光景を目にした時に、嫉妬してしまう気持ちは理解出来ますが、態度や行動に出してしまってはいけません。
誰と仲良くしようが、誰と遊ぼうが元彼の自由なのです。
あなたはもう彼女ではありませんし、元彼があなた以外の女性と仲良くしていてもあなたにそれを止める権利はありません。
「復縁したいから連絡したのに・・・」「復縁出来るように3ヶ月連絡しないように我慢したのに・・・」と思ってしまう気持ちは分かりますが、あなたと復縁するか自由を満喫して他の女性と遊ぶかは元彼の自由なのです。
それに対して嫉妬してしまい、元彼の行動を束縛したり制限したりするような発言や行動をしてしまうと、元彼はほぼ100%「彼女でもないのにうざいな・・・」と思います。
嫉妬するよりも、元彼が親しくしている女性より魅力的になれるように自分磨きに精を出した方が建設的だと言えます。

(3)「元彼はまだ私のことを特別だと思ってくれているはず!!」と勘違いした態度を取ってしまう

復縁を望むならしてはダメな行動その3は、「元彼はまだ私のことを特別だと思ってくれているはず!!」と勘違いした態度を取ってしまうという事です。
あなたと元彼が一度交際していたという事実は確かにあります。
しかし、別れた以上、あなたと相手の男性は元カノと元彼という存在です。
特別な存在である事には変わりありませんが、特別な感情をいつまでも抱いてもらえていると思ってはいけません。
別れてから3ヶ月という冷却期間を設けたとしても、そういった勘違いを持ったまま復縁のアプローチをしてしまうと、それは態度や行動に現れてしまいます。
勘違いした態度や行動を取ってしまうと、元彼は「いつまでも彼女面しないで欲しい。」と思ったり、「何で元カノはいつまでも俺がお前のことを特別な存在だと思っているなんて勘違いをしているんだ?」といった感情を抱いてしまうのです。
そんな風に元彼に思われてしまったら、復縁のアプローチをした時点で元彼に復縁するつもりがなかったなら、距離を置かれてしまう事は目に見えているでしょう。

(4)いきなり復縁を求めてしまう

復縁を望むならしてはダメな行動その4は、いきなり復縁を求めてしまうという事です。
いきなり復縁を求めてしまうのも当然NGだと言えるでしょう。
別れてから3ヶ月という冷却期間を設けたとしても、復縁を成功させる為にはその後の行動やアプローチが重要になってきます。
冷却期間を設けて3ヶ月ぶりに連絡した時点で「元カノと復縁したい!!」と思っている男性は殆どいないと言えます。
これからの行動やアプローチが重要になってくるのに、復縁を焦ってしまっていきなり復縁を求めてしまったら、当然その気がない元彼は警戒して距離を置くでしょうし、場合によっては復縁出来る可能性が完全に閉ざされてしまう事もあります。
いきなり復縁を求めてしまうのは、元彼の気持ちを完全に無視した行動なのです。
復縁を成功させる為には、別れてから冷却期間を設けた後で徐々に元彼との距離を再度縮めていく事が重要だという事を頭に入れておきましょう。

(5)断られたのにしつこく復縁を求めてしまう

復縁を望むならしてはダメな行動その5は、断られたのにしつこく復縁を求めてしまうという事です。
別れて3ヶ月間、冷却期間を設けた後に復縁を目指して元彼にアプローチした時に、こちらが復縁したいと考えている事を元彼に悟られてしまって遠回しに断られてしまう事もあるかもしれません。
そのような状況になった時は、しつこくせずに素直に身を引くのが正解なのです。
復縁したいと考えている気持ちに元彼が気付いてしまって遠回しに断られたという事は、元彼はあなたと復縁したいとは思っていないという事が考えられます。
元彼がそのような気持ちを抱いているのに、しつこく復縁を求めてもうまくいくはずがありません。
「冷却期間を設けたから絶対に復縁を成功させたい!!」という気持ちは分かりますが、全ては元彼の気持ち次第なのです。
また、遠回しに断れた後もしつこく復縁を求めてしまうと元彼を追いかけてしまっている事になります。
追いかけられるよりも追いかけたいというのが男性心理なので、遠回しに断れた時は素直に身を引いた方が追いかけてもらえる可能性が生まれるのです。

【まとめ】

 

 

今回は、復縁成功に繋がる別れて3ヶ月後の正しい行動&アプローチの方法や、復縁を望むならしてはダメな行動を紹介してきました。
また、別れて3ヶ月経った後にアプローチした時の元彼の気持ちも併せて紹介してきましたが、いかがでしたか?
基本的に男性は、自分から振った元カノであっても「嫌われたくない。」と思っている場合が多いです。
そして、「振られた側の元カノはまだ俺に未練があるはずだ!!」と思っている場合も多いと言えます。
それは男性心理によるものなので、高確率で殆どの元彼がそのように考えていると言っても過言ではないでしょう。
ただし、それは復縁において有ます。
別れて3ヶ月という期間は程よい冷却期間になりますし、元彼との復縁を目指す上でもベストなタイミングだと言えますので、ぜひ今回紹介してきた内容を参考に元彼との復縁に向けた行動を起こしてみてください。
してはダメな行動をしないように気を付けながら、正しい行動を取る事が出来れば復縁の可能性は大きくアップするはずですよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事