1. HOME
  2. ブログ
  3. 復縁!元カノと100%確実に復縁したい人へ贈る女性心理テクニック

復縁!元カノと100%確実に復縁したい人へ贈る女性心理テクニック

復縁 成功

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

交際していれば男性側から彼女のことを振る事もあれば、彼女から突然別れを切り出される事もありますよね。
彼女から別れ話をされた時、すんなりと別れ話を受け入れて諦める事が出来る男性もいれば、彼女との別れを受け入れられずに「別れたくない・・・」と思う男性もいると思います。
「別れたくない・・・」と別れを受け入れられなかった場合、元カノに対する未練が残り、「復縁したい・・・」と思うようになる男性が殆どではないでしょうか。
しかし、女性が別れ話を切り出してくる際は、基本的に別れ話を切り出す前に色々と考えて悩み抜いた結果、別れ話を切り出してくる事が多いので復縁への道は困難を極める可能性が高いのが現実です。
ただ単に復縁を目指して行動するだけではうまくいかない場合が大半だと言えるでしょう。
困難を極める元カノとの復縁だからこそ、心理学テクニックを活用した方が元カノと復縁出来る確率をグンとアップさせる事が出来るのです。
今回は、元カノと100%確実に復縁したい人へ贈る心理学テクニックを紹介していきたいと思いますので、元カノとの復縁を目指している男性の方々はぜひ参考にしてみてください。
また、元カノが「元彼と復縁したいかも!?」と考えている時に出すサインも併せて紹介していきたいと思います。

【1】元カノが「元彼と復縁したいかも!?」と考えている時に出すサイン5つ

元カノと復縁する為には、心理学テクニックを活用する事や、その他の復縁テクニックを実践する事も大切ですが、元カノが「元彼と復縁してもいいかな~」と考えている時に出すサインを見逃さない事も非常に重要になってきます。
しかし、男性は鈍感な人が多いので、そのサインを見逃してしまう事も多々あるでしょう。
それでは復縁が失敗に終わってしまっても仕方ありません。
復縁を成功させる為には、タイミングも大切なのです。
元カノが「元彼と復縁してもいいかな」というサインを出しているタイミングで復縁を迫る方が、復縁の成功率が高くなる事は少し考えれば容易に理解出来るでしょう。
ここでは、元カノが「元彼と復縁したいかも!?」と考えている時に出すサインを紹介していきますので、しっかりと把握しておくようにしましょう。

(1)突然連絡の頻度が増える

元カノが「元彼と復縁したいかも!?」と考えている時に出すサインその1は、突然連絡の頻度が増えるというサインです。
これまで殆ど連絡を取り合っていなかったのに突然連絡の頻度が増えたり、これまでよりも明らかに連絡の頻度が増えた場合は、元カノが復縁のサインを出している可能性が考えられます。
業務的な連絡であればその限りではありませんが、主に「おはよう」などの挨拶や、他愛もない世間話の連絡を頻繁に送ってくるようになったら、復縁したいと考えている可能性大なのです。

(2)昔の思い出話が増える

元カノが「元彼と復縁したいかも!?」と考えている時に出すサインその2は、昔の思い出話が増えるというサインです。
昔の思い出話が増えた場合も、元カノが復縁したいと考えているサインだと言えるでしょう。
付き合っていた頃に戻りたいという気持ちが隠されているから昔話をしてくるのです。
ただし、ネガティブな内容の昔話であれば復縁したいと考えているとは限りません。
ネガティブな内容ではなく、ポジティブな内容の昔話の時だけ復縁したいと考えている場合が多いので、その点は勘違いをしないようにしましょう。

(3)誕生日やイベントのタイミングで連絡がくる

元カノが「元彼と復縁したいかも!?」と考えている時に出すサインその3は、誕生日やイベントのタイミングで連絡がくるというサインです。
誕生日やイベントのタイミングで連絡がきたら、元カノは復縁したいと考えている可能性が高いと言えます。
本当はもう少し前から復縁したいと考えていたかもしれませんが、自分から振った手前なかなか連絡しづらくて誕生日やイベントのタイミングを待っていた可能性が考えられるのです。
特に誕生日の日付が変わったタイミングで連絡がきたら、元カノは高確率で復縁したいと考えていると言えるでしょう。

(4)SNSの投稿にリプやいいねなどのアプローチがくる

元カノが「元彼と復縁したいかも!?」と考えている時に出すサインその4は、SNSの投稿にリプやいいねなどのアプローチがくるというサインです。
元カノからSNSの投稿にリプやいいねが増えてきたら、復縁を考えている可能性があります。
連絡を取りたいけどキッカケがなかなか見つからないからSNSの投稿に反応して、キッカケを作ろうとしているのです。

(5)共通の友人や知人から彼女の有無や恋愛事情を聞かれるようになる

元カノが「元彼と復縁したいかも!?」と考えている時に出すサインその5は、共通の友人や知人から彼女の有無や恋愛事情を聞かれるようになるというサインです。
共通の友人や知人から恋愛事情を聞かれた場合も、元カノが復縁を考えている可能性があります。
直接自分では聞きづらいから共通の友人や知人を介して、今の恋愛事情を探ろうとしているのです。
恋愛事情を探るのは、復縁をしたいと考えているからだと言えるでしょう。

【2】元カノとの復縁を成功させる上で役に立つ心理学テクニック8選

見つめ合う男女

女性は、男性とは違って別れた相手に対する愛情は完全に消え去ってしまう人が多いと言われていますが、100%復縁出来ないわけではありません。
女性心理を理解して、心理学テクニックを復縁に活用する事によって、元カノと復縁出来る確率はアップするのです。
どのような心理学テクニックが、元カノとの復縁に有効なのかを紹介していきたいと思います。
元カノとの現在の関係性によって、活用出来る心理学テクニックが変わってきますので、その点に関してはご自身と元カノとの関係性を鑑みて活用する心理学テクニックを選択するようにしてください。

(1)引き寄せの法則を活用した復縁テクニック

引き寄せの法則とは、「考えていることやものと同じものを引き寄せる」という効果があります。
科学的な根拠はありませんが、「思い込む事によって無意識に願いを叶える為の行動を取るようになる」という心理学的な効果は認められています。
これは復縁にも役立てる事が出来ますので、有効に活用しましょう。

≪実際の活用例≫

引き寄せの法則を復縁に活用する場合、復縁においてプラスに働く物事を考えてイメージするようにしましょう。
マイナスな事は考えてはいけません。
そして、漠然と「元カノと復縁したい」と思うだけでなく、なるべく具体的にイメージするようにしてみてください。
「頼り甲斐がある男だと思われるようになりたい」であったり、「元カノに指摘されたダメな部分を直せるようになりたい」といったように出来るだけ具体的なイメージをする事が非常に大切なポイントになってくるのです。
具体的なイメージであればあるほど、無意識のうちに取る行動が具体的な行動へと変わっていきます。

≪注意点≫

引き寄せの法則を復縁に活用する場合、必ずプラスに働くような物事をイメージしなければなりません。
そして、マイナスなイメージは持ってはいけないのです。
マイナスなイメージを持ってしまうと、無意識に起こす行動がマイナスなものへと変化していってしまいます。
マイナスな物事をイメージしていると、復縁に逆効果の行動をしてしまうようになりますので、「復縁出来るか分からない」という不安な気持ちがあったとしてもマイナスな事は考えないようにしましょう。

(2)バンドワゴン効果を活用した復縁テクニック

バンドワゴン効果とは、何かが大多数の人間から支持されていると自分もそれを支持したくなるという心理効果です。
簡単に言ってしまえば、「大多数の人が評価しているのだから、その評価は正解なのだろう」と感じるのです。
「お客様満足度NO1!!」「選ばれ続けてNO1!!」といったような商品プロモーションをするテレビのCMが多いのは、このバンドワゴン効果を狙っているという意図があります。
これは復縁にも有効に活用出来ます。
周りの人からの評価を得られるように行動していく事で、自然と元カノもあなたへの評価を改めてくれる可能性が生まれるのです。

≪実際の活用例≫

バンドワゴン効果を復縁に活用する場合、まずは自分自身が周りから評価されるように行動したり、変わっていかなければいけません。
元カノと別れてから何も努力をせずに自堕落に過ごしていたのでは、周りの評価は良くなるどころか悪くなる事の方が多いでしょう。
まずは自分自身が変わる努力をした上で、周りから評価をしてもらえるようにアピールする事が大切です。
体型が崩れかけていたならダイエットしたり、ファッションに無頓着だったならオシャレに興味を持って研究したり、仕事に一生懸命取り組んだり・・・前向きに行動していけば、自然と周りからの評価は得られるようになります。

≪注意点≫

バンドワゴン効果を復縁に活用する場合の注意点は、周りからの評価を得ることが目的にならないようにするという事です。
周りからの評価を得る事が目的になってしまうと、徐々に元カノとの復縁という本質を見失ってしまう可能性がありますし、周りからも「こいつは評価されたいからこんなに変わろうとしているのかな?」と思われてしまう場合もあります。
そんな風に周りの人が思ってしまったなら、純粋な気持ちで評価してもらえなくなってしまうのです。

(3)カリギュラ効果を活用した復縁テクニック

カリギュラ効果とは、「〇〇してはいけない!!」と禁止されたり制限を設けられてしまうと「逆に〇〇したくなる・・・」という心理です。
簡単に例を挙げると、「危険!!進入禁止!!」という警告を見たらその先に何があるのか気になって入ってみたくなってしまった経験はないでしょうか。
それがカリギュラ効果なのです。
それだけ聞くと、「恋愛や復縁にはあまり関係ないのでは?」と思うかもしれませんが、実はカリギュラ効果を上手に活用する事によって復縁に有利に働く場合もあります。
どうすれば良いかを活用例で紹介しますので、確認してみてください。

≪実際の活用例≫

カリギュラ効果を復縁に活用する場合、元カノに対して「これ以上、関係を持ってしまうといつまでも忘れられなくなるから気持ちに整理がつくまでは連絡取り合うのをやめよう・・・」と言う事によって、元カノはあなたと連絡を取りたくなる可能性があります。
「やめて欲しい」と禁止した事によって、その逆のことをしたくなってしまうのです。
連絡に関してだけでなく、会うという行為に関しても同じ事が言えますので、カリギュラ効果を上手に活用してみましょう。

≪注意点≫

カリギュラ効果を復縁に活用する場合、注意しなければいけないのはタイミングをしっかりと見極めるという事です。
タイミングを考えずに、元カノがあなたと「連絡取りたくない」「会いたくない」と思っている時に「もう連絡するのはやめよう」「会わないようにしよう」とあなたが言っても、元カノは「そうだね!」としか思いません。
禁止する発言をする時は、二人の関係性やタイミングなどを見極めなければ、うまくいかないという事を覚えておきましょう。

(4)ミラーリングを活用した復縁テクニック

ミラーリングとは、相手の言動などを真似して同じ言動をする事によって相手に親近感を持たせる心理学テクニックです。
人は、自分と共通点がある人に親近感を抱きますし、共通点が多いほど好意を抱きやすくなるのです。
片思い中の恋愛だと大きな効果を期待出来ますが、復縁においてもミラーリングの心理学テクニックを活用する事によってプラスに働く事があります。
共通点を感じて好意を抱いて付き合ったけど、別れたという事は共通点を忘れてしまった可能性があるのです。
そういった場合は、ミラーリングを活用する事で再度共通点を思い出してもらって、再度好意を持ってもらえる可能性もあるでしょう。

≪実際の活用例≫

ミラーリングを復縁に活用する場合、元カノに再度共通点を感じてもらえるように振る舞っていきましょう。
例えば、「元カノが起きる時間に起きてLINEやメールを送る」と元カノは「同じ時間に起きているんだ」と共通点を感じるでしょうし、単純に元カノと同じ趣味を始めてみても良いでしょう。
付き合っていた頃にあった共通点でも構いませんし、新しい共通点でも構いません。
積極的に元カノと同じ言動をするように意識していきましょう。

≪注意点≫

ミラーリングを復縁に活用する場合の注意点は、しつこくなりすぎない事とわざとらしくならない事です。
しつこくなってしまうと、「真似ばかりしてうざい・・・」と思われてしまう可能性が高くなってしまいますし、わざとらしくなってしまうと、「私の真似ばかりして何なの!?」と嫌悪感を抱かれてしまう可能性もあるのです。
あくまでも自然に元カノと同じ言動をするようにしましょう。

シンクロニシティ

(5)パーソナルスペースに意識を向けた復縁テクニック

パーソナルスペースとは、人それぞれが持っている「この関係性の人にはこれ以上近づいて欲しくない距離」です。
恋人とは手を繋いだり体に触れたいと思うでしょうが、知り合って間もない人とは手を繋げないと思いますし、体に触れられるのもやめて欲しいと思いますよね。
それがパーソナルスペースです。
このようにパーソナルスペースというのは、絶対に誰でも持っているものなので、意識を向ける事によって復縁にも大いに活用出来るのです。

≪実際の活用例≫

パーソナルスペースに意識を向けて復縁を目指す場合、元カノとの距離感をしっかりと見極めるようにしましょう。
元カノとの距離感は人それぞれだと思いますので、ここでは適切なアドバイスは出来ませんが、まがいなりにも一度付き合っていた関係なのである程度パーソナルスペースは近いと言えるでしょう。
ただ、一度別れた以上、恋人よりはパーソナルスペースは遠くなっています。
食事の時はカウンター席を利用したり、移動の時は車に乗ったりする事で、元カノとの距離感を計っていってから徐々に距離を縮めていくようにすると、復縁の可能性が大幅にアップしますよ。

≪注意点≫

パーソナルスペースに意識を向ける時の注意点は、間違っても付き合っていた頃と同じような距離感で接しないようにするという事です。
恋人同士だったとはいえ、現状は別れているのです。
別れているのに恋人同士の時と同じような距離感で接してもうまくいくはずがありません。
今は恋人ではないという事をしっかりと念頭に置いて距離感を計っていくようにしましょう。

(6)吊り橋効果を活用した復縁テクニック

吊り橋効果に関しては、耳にした事がある人も多いのではないでしょうか。
外的要因によるドキドキや興奮を、恋心と勘違いさせる効果を期待出来るのが吊り橋効果です。
特に、元カノの場合であれば一度付き合って別れた経緯があるので、ドキドキしてもらおうと思ってもなかなか難しいかもしれません。
そこで外的要因によってドキドキさせると「あれ?私、もしかして元彼にドキドキしてる?」と勘違いさせる事が出来る場合もあるので、復縁においてプラスに働くのです。

≪実際の活用例≫

吊り橋効果を活用して復縁を目指す場合、元カノをドキドキさせる事が出来るならどんな事でも構いません。
遊園地に行く機会があれば絶叫マシンに乗ったり、お化け屋敷に入ったりすると外的要因によってドキドキさせる事が出来るでしょう。
別れている状態で遊園地に行くのが難しければ、ホラー映画を見たり、心霊スポットに出掛けるのもオススメです。
元カノが怖がったり、ドキドキするような事は付き合っていたからこそ分かっているはずだと思いますので、付き合っていた時の経験を有効に活用しましょう。

≪注意点≫

吊り橋効果を活用して復縁を目指す場合の注意点は、元カノの嫌がるような事はしてはいけないという事です。
怖がらせてドキドキさせようと考えるあまり、元カノが嫌がっているのにホラー映画を見たり心霊スポットに出掛けたり、絶叫マシンに無理矢理乗せるのは良くありません。
あくまでも元カノが嫌がらない範囲でやるようにしましょう。
元カノが嫌がっているのに無理矢理付き合わせてしまうと余計に嫌われてしまう原因になってしまいます。

(7)ダブル・バインドを活用した復縁テクニック

ダブル・バインドとは、自分にとって不利益にならない選択肢を2つ作った質問を相手に投げかけてどちらかを答えてもらうという心理学テクニックです。
選択肢を2つ用意されて質問された方は、どちらかで答えないといけないという気持ちになりやすいのです。
もちろん、確実に答えてくれるわけではありませんが、選択肢を用意して質問した場合と選択肢を用意せずに質問した場合とでは、圧倒的に選択肢を用意して質問した方が答えてもらえる率が高まります。

≪実際の活用例≫

ダブル・バインドを活用して復縁を目指す場合、有効に使うなら食事やデートの誘いの時などが良いでしょう。
単純に「今度食事に行かない?」と誘うよりも、「今度の土曜か日曜で食事に行かない?」と誘う方が、「じゃあ土曜(日曜)にしよっか!」と答えてもらいやすくなるのです。
前者の場合は単なる食事への誘いですが、後者の場合は食事に行く事は前提として日にちに関しての質問をしている事になります。
こういった形で質問する事によって、答える側も「それなら〇〇の方がいいかな~」と安易に答えやすくなるのです。
食事やデートの誘い以外にも、色々なところで応用出来るでしょう。

≪注意点≫

ダブル・バインドを活用して復縁を目指す場合の注意点は、必ずしも用意した2つの選択肢を選んでもらえるとは限らないという認識を持っていなければいけません。
用意した選択肢のどちらかを必ず選んでもらえると思っていたら、無理難題の選択肢を元カノに投げかけてしまう事もあるでしょう。
そうなってしまってはうまくいかないばかりか、嫌われてしまう可能性の方が高くなってしまいます。

(8)フット・イン・ザ・ドアを活用した復縁テクニック

フット・イン・ザ・ドアとは、一度最初の要望を受け入れてしまうと次の要望も受け入れやすくなるという心理学テクニックです。
最初は断られないような軽い要望をして、徐々に要望の難易度を上げていけば、受け入れてもらえる可能性が高くなるのです。
これは復縁において、徐々に元カノとの距離を再度縮めていく上で非常に有効なテクニックなのでぜひ活用してみてください。

≪実際の活用例≫

フット・イン・ザ・ドアを活用して復縁を目指す場合、基本的には徐々に元カノに対する要望のレベルを上げていきましょう。
「相談したい事があるんだけど聞いてくれる?」といったような軽い内容の要望から入って、「〇〇について、LINEじゃなくて電話で話せるかな?」と要望のレベルをLINEから電話に引き上げて「この前の相談のお礼したいから会える?」といったように会う話に繋げていくのがベストです。
徐々に要望のレベルを上げていくのと同時に、距離も縮めていけるのでフット・イン・ザ・ドアを復縁に活用するのは非常にオススメ出来ます。

≪注意点≫

フット・イン・ザ・ドアを活用する際の注意点は、要望のレベルをいきなり上げ過ぎないという事です。
しっかりと徐々に距離を縮めていかなければ失敗してしまいますので、焦らずにゆっくりと要望のレベルを上げていくようにしましょう。
そして、必ず要望を受け入れてくれるとは思わないようにする事も大切です。
要望を受け入れてくれるかどうかは、元カノ次第なのです。

【まとめ】

 

 

今回は、元カノと100%確実に復縁したい人へ贈る心理学テクニックを紹介してきました。
また、元カノが「元彼と復縁したいかも!?」と考えている時に出すサインも併せて紹介してきましたが、いかがでしたか?
元カノと復縁をするのは女性側の気持ちの問題によって困難を極める場合が多いですが、必ずしも不可能というわけではありません。
今回紹介してきた元カノからのサインを見逃さなかったり、心理学テクニックを駆使する事によって元カノと復縁出来る可能性は大幅にアップするのです。
忘れられない元カノがいて、復縁したいと考えている方はぜひ今回紹介してきたテクニックを参考に復縁を目指してみてくださいね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事