1. HOME
  2. ブログ
  3. バツイチ子持ちでも再婚出来た!出会い、恋愛、結婚、2名の成功体験談!

バツイチ子持ちでも再婚出来た!出会い、恋愛、結婚、2名の成功体験談!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

バツイチで、しかも子供までいると恋愛や再婚は難しいと諦めてしまっている人もいるかもしれません。
確かにバツイチで子持ちの女性のことを敬遠する男性がいる事は間違いありません。
しかし、考え方や意識を少し変えるだけで恋愛しやすくなりますし、再婚も現実のものになります。
場合によっては、バツイチで子持ちの女性の方が独身の女性よりもモテることもありますし、結婚に有利な場合もあるのです。
今回は、バツイチ子持ちが恋愛や再婚出来る確率を上げる方法を紹介していきたいと思います。
また、バツイチ子持ちでも再婚出来た女性2名から成功体験談を聞くことが出来ましたので、そちらも併せて紹介させて頂きます。
「バツイチ子持ちだから・・・」と諦めてしまう前に、再婚に成功した女性の体験談を参考にして、あなた自身も恋愛や再婚に意識を向けてみてくださいね。

【1】バツイチ子持ちの女性が恋愛や再婚出来る確率を上げる方法10選

バツイチ子持ちの女性が恋愛や再婚出来る確率を上げる為には、いくつか方法があります。
どうすれば恋愛や再婚出来る確率が上がるのかをここでは紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

(1)夫婦や家族のありかたについて決めつけた考え方をしないようにする

バツイチ子持ちの女性が恋愛や再婚出来る確率を上げる為には、夫婦や家族のありかたについて決めつけた考え方をしないようにする事が大切です。
「夫婦だからこうあるべき」「家族のありかたはこうでないといけない」という風な固定概念を持っている方もいるかもしれませんが、そういった固定概念は捨ててしまいましょう。
子供がいるからこそ、「子供の為にも親はこうあって欲しい」とか「子供への接し方はこうでなければ教育に良くない」といったような考え方を持ってしまう気持ちも分かりますが、その考え方を相手の男性に押し付けてはいけません。
相手の男性は、これまでに子供に接する事すらなかったかもしれませんし、一方的に子供に対しての接し方を押し付けられてしまったら、嫌気がしてきてしまいます。
恋愛の末に再婚するとなると、相手の男性は子供の親になるわけですから、母親の立場としては父親はこうあって欲しいという考えがあるのは分かりますが、相手の男性も一人の人間だという事を忘れないようにしましょう。
自分の決めつけた考え方を押し付けるのではなく、きちんと相手の男性と話し合って、家族のありかたを考えていくようにしてこそ、恋愛や再婚が成功する確率が上がるのです。
あなたはこれまで子育てをしてきて親としてのスキルを培ってきたかもしれませんが、相手の男性は場合によっては親としてのスキルはゼロの可能性もあるので、きちんとそういったことへの配慮を忘れないようにしてください。

(2)前向きな考え方をするように心がける

バツイチ子持ちの女性が恋愛や再婚出来る確率を上げる為には、前向きな考え方をするように心がけましょう。
何事もポジティブに考えるようにしていれば、自然とポジティブな出来事が舞い込んでくるようになります。
バツイチ子持ちの女性は、自分に離婚歴があるからどうしても卑屈でネガティブな思考を持っている方が多いのが現実で、ネガティブな思考を持ってしまっていたら周りにもその負の感情は伝染してしまいます。
「私は幸せになれない・・・」「子供がいる私なんかが恋愛や再婚なんて出来るわけがない・・・」といったように、私なんかが・・・とネガティブな思考を持ってしまっていると、新しい出会いも探せませんし、恋愛や再婚に繋がるわけがありません。
逆に、ポジティブな思考を持って前向きな考え方が出来ていると、出会いも探しやすくなりますし、周りから見てもあなたの事が魅力的に見えたりもします。
バツイチ子持ちだからといって、ネガティブになる必要はありませんし、バツイチ子持ちだということを受け止めてポジティブな思考を持つ方が周りからも魅力的に見られる事は間違いありませんよ。
恋愛や結婚を考えるなら、魅力的な女性の方が良いという男性が殆どでしょうし、ネガティブな思考で自分自身の魅力を下げないように気を付けましょう。

(3)恋愛や再婚するんだという強い覚悟を持つ

バツイチ子持ちの女性が恋愛や再婚出来る確率を上げる為には、恋愛や再婚するんだという強い覚悟を持つことも大切です。
中途半端な気持ちで恋愛や再婚を考えていても、うまくいかない場合の方が多いと言えます。
それは、恋愛や再婚をするんだという強い覚悟を持っていない事によって、良い人がいたとしても一歩踏み出せないままでいる事が多いからです。
恋愛や再婚するんだという強い覚悟を持っていないと、「また傷つくような事になったらどうしよう・・・」「傷つくくらいなら何も行動しない方が良いかな・・・」といったような考えを持ってしまって、せっかく恋愛や再婚の可能性を秘めた出会いがあったとしても前向きに行動出来ないのです。
消極的になってしまっていては、せっかくの出会いのチャンスを棒に振ってしまいますし、無駄にしてしまいます。
過去を忘れる必要はありませんが、過去は過去と割り切って、恋愛や再婚するんだという強い覚悟を持つように心がけてみてください。
きっと素敵な出会いがあるはずですし、恋愛に発展させやすくなるはずです。

(4)相手の男性と安易な付き合い方をしないように心がける

バツイチ子持ちの女性が恋愛や再婚出来る確率を上げる為には、相手の男性と安易な付き合い方をしないように心がける事も大切です。
恋愛した時、ついつい子供の存在をないがしろにしてしまって相手の男性との恋に夢中になってしまう事もあるかもしれません。
ただ、それはバツイチ子持ちの女性がして良い恋愛ではないのです。
子供のことをないがしろにした安易な付き合い方をしてしまうと、最初はそれでも良いかもしれませんが、後々揉める原因になってしまいます。
子供との関係が悪化してしまったり、いざ子供と相手の男性を会わせようと思った時でもうまくいかなかったりします。
それを防ぐ為には、きちんと最初から自分がバツイチ子持ちである事を相手の男性に打ち明けて、受け入れてもらった上で交際を進めていく事が大切なのです。
きちんとこちらの事情を相手の男性が理解してくれた上での交際は、安易な付き合いとは言い難いでしょうし、交際がうまくいく秘訣でもあります。
バツイチ子持ちである事を打ち明けるのは勇気のいる事かもしれませんが、バツイチ子持ちであることを受け入れてくれる男性との付き合いが後々の自分の幸せにも繋がりますので、きちんと最初に打ち明けて安易な付き合い方はしないように心がけましょう。

(5)明るく振る舞うように心がける

バツイチ子持ちの女性が恋愛や再婚出来る確率を上げる為には、明るく振る舞うように心がける事も大切です。
バツイチ子持ちだと、ついつい暗くなってしまいがちですが、明るく振る舞うことを忘れないようにしましょう。
暗い女性よりも明るい女性の方が魅力的に見えるのは当然のことです。
魅力的な女性でいられるように意識していなければ、「あの人ちょっと良いかも!?」という男性が現れたとしても、恋に発展させにくくなってしまいます。
また、魅力的な女性のもとには、魅力的な男性が集まってくるものなので、自分自身が魅力的な女性でいる事を意識し続けていれば自然と魅力的な男性との出会いが舞い込んでくる確率も高まるでしょう。
そして、実際に男性と付き合えた時にも、明るく振る舞うことを心がけていたら、男性から見ても「彼女はバツイチ子持ちなのに明るくて魅力的だな」「この人となら将来を意識しても良いかも?」「何か大変な事があってもこんなに明るい人となら一緒に乗り越えていけるかも?」という風に思ってもらえる可能性も高まります。
バツイチ子持ちだからといって暗くならずに、普段から明るく振る舞うことを心がけてみてくださいね。

(6)身だしなみはきちんと整えるようにする

バツイチ子持ちの女性が恋愛や再婚出来る確率を上げる為には、身だしなみはきちんと整えるようにする事はとても大切です。
バツイチ子持ちだと、仕事や育児が忙しい場合が多いですし、経済面でもオシャレにお金を使う余裕がないかもしれません。
しかし、身だしなみは最低限整えるようにしましょう。
最低限のメイクをしたり、ヘアケアをしたりするくらいで良いのです。
ブランド物の服やアクセサリーを身に着ける必要はありませんし、メイクや髪型、清潔感のある洋服を選んだり等の最低限の身だしなみを整えるだけでも男性の印象は大きく変わってきます。
そもそも男性は女性のオシャレにそこまで敏感ではないので、最低限の身だしなみを整えているだけで十分なのです。
その最低限の身だしなみも怠ってしまっていると、男性からは恋愛対象に見られなくなってしまいますし、恋愛に発展させたり再婚に繋げたりするのは難しくなってしまうでしょう。
最低限の身だしなみを整えるだけでも、男性からの印象は大きく変わるという事を覚えておいてくださいね。

(7)離婚した事は一種の経験だと割り切るようにする

バツイチ子持ちの女性が恋愛や再婚出来る確率を上げる為には、離婚した事は一種の経験だと割り切るようにする事も大切でしょう。
離婚した事にいつまでも囚われてしまっていて、うじうじしていたり悩んでいたりするのは良くありません。
一種の経験だと割り切る事によって、過去の事に出来ますし、過去にこだわらない女性は男性から見ても魅力的なのです。
そして、過去の経験だと割り切る事が出来ていれば、独身の女性よりも一つ人生経験が多いという事にもなりますので、アドバンテージにもなるでしょう。
離婚は必要のない人生経験だと思う人もいるかもしれませんが、離婚を経験した事によって学べた事は少なからず何かあるはずです。
その経験を活かせるのは、離婚を一種の経験だと割り切れているからこそです。
いつまでも離婚した事に囚われていないで、一つの経験だと割り切るようにした方が次の恋愛に経験を活かせるので、次の恋愛や再婚が成功する確率は大きく上がりますよ。

(8)精神的にも経済的にも安定させられるように心がける

バツイチ子持ちの女性が恋愛や再婚出来る確率を上げる為には、精神的にも経済的にも安定させられるように心がける事が大切です。
バツイチ子持ちだと、精神的にも経済的にも不安定な人は多いのが現実だと思います。
育児や仕事に疲れてしまったり、女手ひとつで子供を育てている事によって収入面にも不安は残る場合が多いでしょう。
経済的に安定させるのは、仕事や環境にもよるので難しい事もあるかもしれませんが、努力は怠らないようにしましょう。
そして、精神的な面に関しては、気持ちの持ちよう一つで割とどうにでも出来る問題です。
育児に疲れてしまったら、少し親を頼って子供の面倒を見てもらうようにして、その間に友達と遊んだり自分の趣味を少しやってみたり息抜きをする事で、精神的に不安定になる事は少ないでしょう。
精神的に不安定になってしまっていると、男性からは「面倒くさい女」だと思われてしまうので、まずは精神的な部分だけでも安定させられるように心がけてみてください。

(9)余裕を持つようにする

バツイチ子持ちの女性が恋愛や再婚出来る確率を上げる為には、余裕を持つようにする事も大切です。
バツイチ子持ちだからこそ、独身女性にはない余裕を持てるはずなのです。
離婚や子育てを経験しているからこそ、相手の気持ちを考えられるようになっているはずですし、その経験を活かして相手の気持ちを考えて心に余裕を持つようにしましょう。
LINEの返信が遅い時や返信がこない時に「何で返信くれないの?」とか「返信遅かったけど何してたの?」といったように相手を問い詰めてしまうのは、余裕がない行為です。
独身女性の恋愛は、そういった余裕のない行動を起こしてしまいがちですが、バツイチ子持ちの女性ならきっと「今は忙しいのかな?」「落ち着いたら返信くるはずだから待とう」という風な考えを持つ事が出来るはず。
相手の気持ちを考えて、余裕を持つ事によって、男性は「大人な女性だな」という印象を持ってくれますし、男性にそのように思ってもらう事は恋愛や再婚を成功させる上で大切なことだと覚えておいてくださいね。

(10)自分には魅力があると自信を持つようにする

バツイチ子持ちの女性が恋愛や再婚出来る確率を上げる為には、自分には魅力があると自信を持つようにする事も大切です。
バツイチ子持ちだから、独身の女性よりも魅力がない・・・そんな風に思ってしまうバツイチ子持ちの女性は多いかもしれませんが、そんな事はありません。
バツイチ子持ちだからこそ持っている魅力は沢山あります。
独身の女性にはない魅力が、バツイチ子持ちの女性には沢山あるのです。
器の大きさであったり、相手の気持ちを考えられる事であったり、育児で培った包容力であったり、女性としての魅力は沢山あります。
決して、独身の女性に負けてはいませんし、むしろ男性からしてみれば、独身の女性よりも魅力的だと感じる部分も多いのです。
なので、自分の魅力に自信を持つようにしましょう。
自信を持てなかったら、せっかくの魅力が半減してしまいますし、自信のない女性よりも自信を持っている女性の方が魅力的に見えるのは当然なのです。

【2】バツイチ子持ちでも再婚出来た女性2名の成功体験談

(1)友人に紹介してもらった男性と再婚したY.Kさんの体験談

≪結婚から離婚まで≫

私は24歳の頃、大学時代から付き合っていた彼氏と結婚しました。
お互い社会人になっていましたし、生活も安定してきていたので、お互いにそろそろ結婚しようかという気持ちに自然となっていったんです。
結婚したその年に子供を授かって、結婚して最初の数年はすごく幸せな結婚生活を送れていました。
しかし、その幸せは一瞬にして崩れ去ったんです。
というのも、旦那が仕事で単身赴任になって家族別々の生活を強いられる事になった事が原因でした。
私は旦那が単身赴任中、旦那が安心して仕事に集中出来るように家事や育児を頑張っていたんですけど、旦那は違いました。
単身赴任先で知り合った女性と浮気をしていたんです。
それが発覚したのは、旦那が浮気相手の女性に送る内容のLINEを私宛に間違えて送信してきた事がきっかけでした。
明らかに浮気をしている内容だったので、旦那も言い逃れ出来ませんでしたし、単身赴任中でしたが次の休日にこっちに戻ってきてもらって話し合いの末、離婚する事を決めました。
弁護士を挟んで慰謝料に関してだったり、子供の養育費に関してだったり、色々と決めることを決めて、離婚が成立し、5年ほどで結婚生活に幕を閉じました。

≪離婚してから恋人が出来るまで≫

結婚していた間、私は仕事をやめてパート生活をしていたので、旦那との離婚が成立した直後から正社員としての仕事を探し始めました。
仕事が決まるまでは親の助けも借りて、子供の面倒を見てもらったり、住まいも実家に住まわせてもらったりしていました。
仕事は割とすぐに見つかりましたが、仕事をしながら新居を探したり、子供を預かってくれる保育園を探したり、離婚した直後はとにかく忙しかったのを覚えています。
忙しい日々はあっという間に過ぎると言いますが、気付いたら離婚して2年ほど経っていました。
そしてその頃には子供も小学生になっていましたし、育児にかかる負担も大きく軽減されていたんです。
仕事も慣れてきて落ち着いてきていましたし、自分の時間を持てるようになってきたので、昔仲良くしていた友人と再会して遊んだり、息抜きを出来るようになりました。
友人と遊ぶ機会が増えるようになると、自然と恋愛事情の話になっていき、近況を話し合ったりするようになったんです。
そんな日々を過ごしていると、ある日友人から「紹介したい男性がいるんだけど、今恋人いないよね?」って言われました。
友人の言う通り、恋人はいませんでしたが、紹介された所で私はバツイチの子持ちだという気持ちがあったんです。
ただ、正直な所、寂しいと思う時は度々ありましたし、せっかくの機会だから紹介を受けてみようと思って、友人からの紹介を受けてみる事にしました。
友人が紹介してくれた男性とは最初LINEでやり取りをしていたのですが、プライベートで男性とやり取りをするのは久しぶりだったのでドキドキして緊張したのを今でも覚えています。
バツイチ子持ちだという事は負い目に感じていましたけど、友人からは「事情は説明しておいたから離婚歴とか子供がいる事は気にしなくて良いよ」と言われていたので、気にしないように心がけて、紹介された男性と接するようにしていました。
何度か食事にも出掛けましたし、彼と会ったりLINEをするのは楽しいと思えるようになっていきました。
そして友人に紹介されてから半年くらい経った頃には、好きになっていました。
だから思い切って告白してみる事にしたんです。
彼も私と同じ気持ちを持ってくれていたみたいで、告白は成功して、晴れて友人が紹介してくれた男性と恋人関係になる事が出来ました。

≪恋人関係になってから再婚するまで≫

彼と恋人関係になった後は、再婚を意識した付き合い方をしていきました。
せっかく出来た彼氏でしたし、彼の優しさや素敵な一面は付き合う前に沢山見てきていたので、この人となら再婚したいと思える相手だったんです。
だから、付き合って暫くしたら、子供にも会わせてみました。
最初は緊張していたのか、子供は彼になかなか懐いてくれませんでしたが、彼の方から子供に歩み寄ってくれたのもあって何度か会わせたら、自然と打ち解けてくれました。
子供が彼に懐いてくれたタイミングで、彼に結婚の意志があるかどうかを確認してみようと思って、「私は〇〇(彼)と再婚出来たら良いなって思ってるけど、〇〇(彼)はどう思ってるの?」と彼に聞いてみたんです。
そしたら彼も「俺も〇〇(私)と結婚出来たら良いなって思ってたよ。子供も懐いてくれたから、良かったら本気で結婚を考えて、色々計画していかない?」って言ってくれました。
彼のその言葉は嬉しかったですし、その時から真剣に再婚を考えて話をしたり、計画を立てていきました。
そして、1年くらい経った頃、無事彼と入籍したんです。

≪再婚した後の現在≫

彼と再婚をする時、また浮気されたらどうしよう・・・という不安が込み上げてきましたが、彼は裏切るような人じゃないと信じる事にしました。
私自身のトラウマで彼のことを疑うのは失礼だとも思ったんです。
実際、結婚してからこれまでの間に彼は浮気をしていませんし、私と子供を心から愛してくれているのがすごく伝わってきています。
バツイチ子持ちだから色々と考える事はありましたけど、彼との再婚を前向きに考えて、行動してきたからこそ手に入れる事が出来た今の幸せだと思っています。

(2)職場の男性と恋人になり、再婚まで果たしたS.Nさんの体験談

≪結婚から離婚まで≫

私は20代前半で結婚しましたけど、その結婚は失敗でした。
彼の事は好きでしたけど、好きだけで結婚したのが大きな間違いだったんです。
彼はまともに仕事を続けられない性格で、嫌な事があるとすぐに辞めるような人でした。
結婚してすぐ子供は出来ましたが、彼がそんな性格でろくに仕事をしてくれない人だったので、出産した後は私が正社員として働きながら育児も頑張るしかありませんでした。
最初は「私が選んだ人なんだから仕方ない」「私が頑張れば何とかなる問題だから頑張ろう」という風に考えていました。
しかし彼は酒癖も悪くて、新しく始めた仕事で嫌なことがあるとお酒に逃げて、子供は私にまで当たるようになっていったんです。
私に当たる分には何とか我慢出来ましたが、子供に当たるのは我慢が出来ませんでした。
そんな生活が続いたので私も我慢の限界がきてしまい、置手紙と共に判子を押した離婚届けを残して、子供を連れて実家に逃げてしまいました。
その後、弁護士を介して旦那とは離婚したんです。

≪離婚してから恋人が出来るまで≫

旦那との離婚が成立してからは、育児と仕事を必死に頑張る毎日でした。
幸い、離婚する前の旦那があんな生活だったので、私は正社員として働いていましたし、子供は保育園に預けていたのでバツイチ子持ちになったからといってさほど環境に変化はありませんでした。
なので、離婚してバツイチ子持ちになったからといって、大変だと思う事は特にありませんでした。
子供をきちんと育てないと・・・という使命感を強く持って、日々を過ごしていたんです。
そんな私が恋愛をするきっかけになったのは、会社の同僚と食事に行く機会が増えたからでした。
結婚していた時は、早く家に帰らなければ・・・という風に考えていたんですけど、離婚してからは時々親が子供の面倒を見てくれていましたし、親も「またには息抜きしておいで」と言ってくれていたので、その言葉に甘えて仕事終わりに時々同僚とご飯に行くようになったんです。
一番食事に行く事が多かったのは、以前から旦那のことを相談していた同僚でした。
その後の報告であったり、離婚した後の現状であったり、相談を聞いてくれていた同僚だからこそ気兼ねなく話す事が出来ました。
そして、私の話をきちんと聞いてくれる彼に段々と惹かれていったんです。
ただ、彼に恋心を抱いても良いのかすごく悩みました。
私はバツイチで、しかも子持ちだったので独身の彼と付き合う事が出来たとしても釣り合うのかどうかで頭を悩ませるようになったんです。
しかし悩んでいても彼に対する気持ちはどんどん膨らんでいってしまったので、思い切って彼の気持ちを確かめてみる事にしました。
ストレートに聞くのは恥ずかしかったので、「〇〇さん(彼)って付き合うならやっぱり独身女性の方が良いですか?」と聞いてみました。
質問された彼からしたら、私が好意を持っている事がバレバレだったかもしれませんが、彼は「そんな事ないよ。バツイチでも気にしないし、現に仕事も育児も頑張ってる〇〇さん(私)は素敵だと思うな」と言ってくれました。
彼のその言葉を聞いて嬉しくなった私は「それじゃあ私が付き合って欲しいって言ったらどうしますか?」って勢いで言ってしまったんです。
突然の告白に彼はビックリしていましたけど、私の言葉を真摯に受け止めてくれて、彼は「〇〇(私)さえ良かったら、ぜひ」と言ってくれました。
告白は勢いでしたけど、その日から彼と恋人関係になったんです。

≪恋人関係になってから再婚するまで≫

彼と恋人関係になってからは、時々喧嘩する事はありましたが、順調に交際を続けていきました。
ただ、彼との交際は楽しかったんですけど、どこかで一線を引いてしまっていたというか・・・前向きに将来を考えていく事が出来ませんでした。
それは彼に問題があったというわけではなく、私自身が自分のことをバツイチで子持ちだという事に負い目を感じていたからです。
でも付き合って1年の記念日に、そんな負い目を感じていた事が彼に対してとても失礼な事をしてしまっていたんだと実感させられる事件が起きたんです。
付き合って1年の記念日に彼から想像もしていなかった一言を言われました。
それは、「〇〇(私)との結婚を真剣に考えていきたいから、子供にも一度会わせて欲しい」と彼は言ったんです。
彼がそこまで考えてくれていた事に驚きましたが、同時に嬉しくなって、今まで私が勝手に一人で負い目を感じていた事はとても失礼な事だったのだと実感させられました。
彼の気持ちが分かったので、私も決心がついて彼と真剣に再婚を考えていこうという気持ちになり、すぐに子供に彼を会わせる機会を作りました。
子供はすぐに彼に懐いてくれましたし、その事に私も彼も喜びました。
そして、子供が懐いてくれた事でより一層結婚を意識するようになっていったんです。
籍を入れる日取りであったり、新居であったり、二人で色々と話し合っていきましたし、そんな話をしている時はまさに幸せの真っ只中でした。
最終的に籍を入れる日取りは、付き合った記念日にしようという話にまとまって、付き合って2年目の記念日に入籍したんです。

≪再婚した後の現在≫

彼と付き合うまでは、バツイチ子持ちという事は恋愛において大きなマイナスだと思っていたんですけど、その考えは覆りましたし、再婚においても関係ないという事が身をもって分かる事が出来ました。
彼と再婚してからは幸せな日々を送れていますし、前の旦那のように仕事を辞めたりする事もなく、きちんと家族の為に働いてくれているので、私も安心して彼が帰ってくる家を守れるようになりました。
前の結婚生活が嘘のように幸せな結婚生活を送れているので、彼と再婚して本当に良かったと心から思えています。

【まとめ】

 

 

今回は、バツイチ子持ちが恋愛や再婚出来る確率を上げる方法と、再婚を成功させた女性2名の体験談を紹介してきましたがいかがでしたか?
バツイチ子持ちでも、意識の持ちようであったり行動力次第で、いくらでも恋愛出来ますし再婚だって出来ます。
大事なのは「私なんてどうせ・・・」「バツイチ子持ちだから・・・」といったようにネガティブにならずに、前向きな気持ちを持つ事です。
ポジティブな気持ちを持つ事で、幸せを呼び寄せる事が出来るようになりますので、バツイチ子持ちだからといって卑屈にならずに前向きな気持ちを持つように心がけてみてくださいね。
きっと素敵な恋愛が出来るようになるはずですし、再婚の道が開かれるかもしれませんよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事