1. HOME
  2. ブログ
  3. 好きな人との相性・タロット・電話占いは危険!占いジプシー(依存症)体験談3選

好きな人との相性・タロット・電話占いは危険!占いジプシー(依存症)体験談3選

悩む女性

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

好きな人との相性を知りたいと思った時、皆さんはどういった方法を選択するでしょうか。
相手と自分の性格を分析して現実的な目線で相性を考える人もいれば、タロットや占いに頼ってしまう人もいると思います。
しかし、占いに頼っても正確な答えは出ない場合もありますし、依存してしまう危険性もあるのです。
そして占いに依存してしまったら、本質を見失ってしまう可能性もあります。
今回は占いジプシーになってしまった方々からお話を聞く事が出来ましたので、彼女たちの体験談を紹介していきたいと思います。
また、占いジプシーの特徴や占いジプシーに陥ってしまう原因、そして占いジプシーから抜け出す方法も併せて紹介したいと思いますので、そちらも参考にしてみてください。

【1】そもそも占いジプシーって何?占いジプシーとは

 

占いジプシーとはどういった状態のことを指すのでしょうか。
「占いジプシーという言葉は耳にした事があるけれど、意味は良く分からない・・・」という方もいると思います。
ジプシーとは、ヨーロッパで生活をしている移動型民族のことを指します。
移動型民族は一つの場所に留まらず、移動し続ける民族で定住の地を持ちません。
一つの場所に留まらずに次から次に移動していくという意味でジプシーという言葉を使っているのです。
差別的な意味も込められている為、移動型民族に対して直接ジプシーと呼ぶことは少なくなりましたが、占いジプシーのジプシーという語源は移動型民族からきているものだという事を把握しておきましょう。
つまり、占いジプシーとは一人の占い師に留まらずに色々な占い師を頼って渡り歩く人のことを指しているのです。
「こんな結果は望んでいない!」「この占い師はダメな占い師だ!」「もっと良い結果を示してくれる占い師はきっといるはずだ!」といったように、自分の納得いく答えを示してくれるまで占い師を転々とする人のことを占いジプシーと言います。
要するに占いに依存してしまっているのです。
早い段階で自分の納得出来る答えを示してくれる占い師と巡り合う事が出来ればまだ救いはありますが、数人、数十人の占い師を渡り歩いても自分の納得出来る答えを示してくれる占い師に巡り合えない場合もあります。
そもそも占いはあくまでも占いでしかありません。
占いに頼り切ってしまって、依存してしまっていては、本質を見失ってしまうのです。
もしも周囲の人から「占いジプシーに陥ってしまっているんじゃない?」と心配されるような事があれば、占い依存症になってしまっている可能性を疑った方が良いでしょう。
当然、占い師は商売で占い業をしていますので、占い師本人から「占いジプシーに陥ってしまっている危険があります。」といったような助言をしてくれる事はあまりありません。

【2】占いジプシーの特徴

SNSアプリ

 

占いジプシーの人が持っている特徴とは一体どのようなものなのでしょうか。
占いジプシーの特徴を知っておけば、万が一自分が占いに依存してしまっているかもしれない・・・と危惧した時に、自分自身で気付く事が出来る場合もあると思います。
ここでは占いジプシーの人が持っている特徴を見ていきたいと思いますので、占いジプシーの特徴を把握しておきましょう。

(1)同じ内容の質問を複数の占い師にしている

占いジプシーの人が持っている特徴その1は、同じ内容の質問を複数の占い師にしているという事です。
占いジプシーの人は、一人の占い師の占い結果だけでは満足出来なくなっている傾向にあります。
なので、複数の占い師に同じ内容の質問を繰り返してしまうのです。
「この占い師はこんな結果を示してくれたけれど、あの占い師ならどんな結果を示してくれるのかな?」といったように次から次に同じ内容の質問を複数の占い師にしてしまうようだと、占いジプシーだと言えるでしょう。
言うなれば、占いに依存してしまっている状態です。
違う意見に耳を傾ける事が大切な時もありますが、占いにおいては一人か二人に絞るのがベストだと言えます。
複数の占い師の意見を聞いても正確な答えは分かりませんし、逆に混乱してしまう場合の方が多いのです。

(2)完璧な占い師を求めてしまっている

占いジプシーの人が持っている特徴その2は、完璧な占い師を求めてしまっているという事です。
占いジプシーの人は、完璧な占い師を求めてしまっているという事も考えられます。
占いは所詮占いでしかないので、100%当たるとは限りません。
当たるも八卦当たらぬも八卦という言葉があるように、当たるか当たらないかが分からないのが占いなのです。
しかし占いジプシーの人は、そうは思えなくなってしまっている場合があります。
「必ず当たる占いがあるはずだ!」と思い込んでしまっているので、「当たらなければ次!」「ダメなら別の占い師に・・・!」という風に次から次に複数の占い師を頼ってしまうようになってしまうのです。
つまり、完璧な占い師を求めてしまっている傾向があるのです。

(3)金銭的な面は気にせずに占いを利用してしまっている

占いジプシーの人が持っている特徴その3は、金銭的な面は気にせずに占いを利用してしまっているという事です。
占い師を頼る時に、金銭面を気にしなくなってしまったなら、それは占いジプシーに陥ってしまっている可能性が高いと言えるでしょう。
というよりも、ほぼ占いジプシーだと言えます。
普通の感覚であれば、占いに発生する料金のことは気になるはずですし、占い師を頼る時に自分が支払う金額を気にするものです。
しかし、占いジプシーの人は自分が支払う金銭よりも占いの結果で得られる答えの方を優先的に考えてしまうのです。
時には貯金を切り崩したり、借金をしてでも占いに頼ってしまっているようだと完全に依存していると言えますし、占いジプシーに陥ってしまっていると言えるでしょう。

(4)複数の電話占いのサイトに登録している

占いジプシーの人が持っている特徴その4は、複数の電話占いのサイトに登録しているという事です。
占いに頼る人の中には、電話占いのサイトに登録している人もいるでしょう。
登録している電話占いのサイトが一つや二つであれば、正常だと言えますが、複数の電話占いのサイトに登録していると占いジプシーに陥っている可能性が考えられます。
いつでも他の占い師を頼れるようにしておきたいという心理から、複数の電話占いのサイトに登録している事が考えられますし、そんな風に考えるのは占いジプシーだからこそです。
普通であれば、一人か多くても二人くらいの占い師にしか話は聞きません。
登録しているだけなら、まだ占いジプシー予備軍の可能性はありますが、実際に複数の電話占いサイトを利用してしまっている方は占いジプシーだと言えます。

(5)占いで良い結果が出ても納得出来なくなってしまっている

占いジプシーの人が持っている特徴その5は、占いで良い結果が出ても納得出来なくなってしまっているという事です。
占いジプシーの人は、占いの結果に満足出来なくなっている傾向にあります。
たとえどんなに良い結果が出たとしても、納得出来なくなってしまっているのです。
それが原因になって、複数の占い師を渡り歩いてしまうという行動を助長します。
また、複数の占い師を頼って様々な話を聞いているからこそ、占いの結果に納得出来なくなってしまっている場合もあるでしょう。
要するに、常に「もっと良い占い結果があるはずだ!」という感覚に陥ってしまっているのです。
このような感覚になってしまっていたら、どんなに良い占い結果が出たとしても納得する事はないでしょう。

【3】占いジプシーに陥ってしまう原因

電話占い

占いジプシーに陥ってしまう原因についても把握しておきましょう。
原因を把握しておけば、占いジプシーに陥ってしまわないように未然に防ぐ事が出来る場合もありますし、自分自身で気を付ける事が出来るようにもなります。
占いジプシーに陥ってしまう原因は、その人自身の性格の問題でもありますが、依存する傾向がなかった人でも気付いたら占いジプシーに陥ってしまっていたというケースもあるのです。
具体的に占いジプシーに陥ってしまう原因を見ていきたいと思いますので、目を通してしっかり把握しておくようにしましょう。

(1)自分にとって良い占い結果しか信じないから

占いジプシーに陥ってしまう原因の1つ目は、自分にとって良い占い結果しか信じないからという原因が考えられます。
自分にとって良い占い結果しか信じないという考えを持ってしまっていると、占いジプシーに陥ってしまいやすいと言えるでしょう。
占いに頼る人は、人の意見を聞いて参考にしようという考えを持っている人と、自分の考えに同調する意見を言ってもらって安心したいという気持ちを持っている人に大きく分類されると言えます。
後者の人の場合に起こりやすい現象ですが、自分にとって都合の良い結果しか信じなくなってしまう事があるのです。
自分にとって良い結果の占いなら信じるでしょうが、そうでなければ良い占い結果が出るまで次から次に占い師を渡り歩いてしまうようになってしまいます。
そうなってしまうと占いジプシーへの道をまっすぐ進んでしまいますので、まずは考え方を改めた方が良いでしょう。

(2)何度も同じ質問をしてしまうから

占いジプシーに陥ってしまう原因の2つ目は、何度も同じ質問をしてしまうからという原因が考えられます。
何度も同じ質問をしてしまう人も占いジプシーに陥りやすいと言えます。
一人の占い師にした質問の答えに納得が出来ない場合は、別の占い師に納得出来る答えを求めて同じ質問をしてしまう人もいるでしょう。
一人や二人であれば、別の視点からの意見という事で参考になる場合もありますが、さらに多くの占い師に意見を求めて同じ質問をしてしまうと占いジプシーに陥ってしまう原因になってしまいます。
自分が納得出来る答えと出会えるまで、複数の占い師に延々と同じ質問を繰り返してしまう事になってしまうのです。
それは占いジプシーに陥ってしまう原因ですので、気を付けましょう。

(3)浪費癖があるから

占いジプシーに陥ってしまう原因の3つ目は、浪費癖があるからという原因が考えられます。
浪費癖がある人も占いジプシーに陥ってしまう原因になってしまいます。
浪費癖がある人は、お金を使う事に躊躇がありません。
むしろもっとお金を使いたいと思っている場合もあります。
占いにハマっていない人であれば、自分の趣味であったり、ブランドの洋服や化粧品、ギャンブルなどにお金を使う可能性が高いですが、占いにハマっている人であればその矛先は占いに向かいます。
占い師に支払う金額に抵抗を感じない人が多いので、お金を使っているうちに気付いたら占いジプシーになってしまっていたというケースもあるのです。

【4】占いジプシーから抜け出す方法

 

もしも占いジプシーに陥ってしまって、後悔するような事があれば何とかして占いジプシーから抜け出したいと思う人が殆どだと思います。
しかし、依存してしまっているからこそ、なかなか抜け出す事が出来ないのも現実でしょう。
「もう占い依存症を卒業したいのに、どうしても占いを頼りたくなってしまう・・・」という人も多いと思います。
占いジプシーから抜け出す為には、強い意志が必要になってきますが、決して抜け出せないわけではありません。
具体的にどうすれば占いジプシーから抜け出す事が出来るのかをここで紹介していきたいと思いますので、占いジプシーに陥ってしまった事を後悔して抜け出したいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

(1)占い師に相談する前に自分自身で答えを探す努力をしてみる

占いジプシーから抜け出す方法その1は、占い師に相談する前に自分自身で答えを探す努力をしてみるという方法です。
占いジプシーに陥ってしまっている状態から抜け出す為には、考え方を変えなければいけません。
占いジプシーの人は、自分で考えることを放棄して占い師に頼り切ってしまっている傾向があるので、自分自身で答えを探す努力をしてみるようにしましょう。
実際に自分自身で答えを探す努力をしてみる事によって、徐々に考え方が変わってくる場合がありますし、「占いなんかに頼らなくても自分で答えを出した方が良い!」と思えるようになる場合もあります。
そういう考え方へと変わる事が出来れば、自然と占いジプシーから抜け出す事が出来るでしょう。

(2)占い師に頼った場合は占い結果をしっかりと受け止める

占いジプシーから抜け出す方法その2は、占い師に頼った場合は占い結果をしっかりと受け止めるという方法です。
占いジプシーの人は、自分にとって都合の良い占い結果しか信じない傾向にありますので、その考え方を変えてみましょう。
どんな結果であれ、占いで出た結果を受け止めるようにするのです。
最初は悪い結果なんて信じたくないという気持ちが強いでしょうが、占いは所詮占いなんだという考え方を持つようにしましょう。
そうすれば、悪い結果だったとしても一つの意見として受け止められるようになるはずですし、必ずしも悪い結果になるとは限らないとも思えるようになるはずです。
むしろ悪い結果が出たから、その悪い結果にならないようにする為にはどうすれば良いのかを考えるようになっていける場合もあります。
そこまで前向きに考えられるようになれば、占いジプシーから抜け出す事も出来るようになるはずです。

(3)占いに使う予算を決める

占いジプシーから抜け出す方法その3は、占いに使う予算を決めるという方法です。
浪費癖があるかもしれないと自覚がある人は、占いに使う予算を決めてみましょう。
そうすれば、決めた予算内で占いに頼る事が出来るようになってくるはずです。
また、予算が限られているからこそ、占いの結果を大切にするようになるはずですし、どんな結果であれ自分にとってプラスになるようにしようという思考に切り替えていけるはずです。
悪い結果を信じず、複数の占い師を頼ってしまうのは予算に制限を設けていないからという理由も考えられるので、予算に制限をかける事によって占いジプシーから抜け出せる場合も大いにあるでしょう。

【5】占いジプシーに陥ってしまった女性の体験談

音信不通

≪M.Aさん/20代後半の体験談≫

私が占いジプシーに陥ってしまったキッカケは、絶対に付き合いたいと思うくらいの好きな人が出来たからでした。
その彼との相性を占いで調べてみようと思って、占い師を頼ったのが間違いだったんです。
最初は軽い気持ちで占い師を頼ってみたんですが、その占い師は私と私が好きになった人との相性は最悪だという占い結果を示しました。
その結果に納得出来なくて、私は「この占い師は適当に言っているだけだ!他の占い師に聞いてみたら違う結果になるはず!」と考えたんです。
そして、別の占い師を頼ってみる事にしました。
それが私が占いジプシーに陥ってしまう入り口だったんです。
次に頼った占い師も私が納得いく占い結果を示してくれなくて、「この占い師もダメだった・・・次こそ!」という気持ちを抱きました。
そして納得いく占い結果を示してもらえるまで、次から次に色々な占い師に頼ってしまうようになっていったんです。
気付いた時は、数十人の占い師に同じ内容の質問を繰り返してしまっていて、掛かった費用も相当なものになっていました。
それでも当時の私は、自分の納得いく占い結果を示してくれる占い師と巡り合えるまで、転々と色々な占い師を渡り歩いていたんです。
お金遣いが荒くなった私を心配した友人からは、「最近どうしたの?」「何にそんなお金を使っているの?」と言われるようになっていました。
友人には「占いに使っているの・・・」と正直に言ったら、「それ、占いジプシーってやつになっているんじゃない?」と言われて、その時、ハッと我に返ったんです。
しかし、占いジプシーになってしまっているかもしれないという事に気付いても、占い師を頼ってしまう癖はなかなか治らなくてその後も占い師を頼り続けてしまっていました。
そして遂に借金までしてしまうようになったんです。
当然、そんな私のことを好きな人が振り向いてくれるはずもなく、好きになった人との恋愛が成就する事もありませんでした。
そんな最悪の状況だった私が占いジプシーから抜け出す事が出来たのは、友人のおかげです。
友人は占いにハマって借金までしてしまった私のことを心配して、本気で叱ってくれました。
そして、「このままだと人生がめちゃくちゃになるよ!〇〇(私)が好きになった彼も〇〇(私)がそんな様子だからきっと振り向いてくれなかったんだよ!もっと現実をちゃんと見ようよ!」と耳が痛くなるような現実を突きつけてくれたんです。
それがキッカケになって、「占いに頼るのはもうやめよう・・・」と思う事が出来ました。
もちろん、精神的に弱ってしまうと占いを頼りたくなってしまいましたし、何度か占い師に電話しそうになった事もありました。
しかし、ここで占い師を頼ってしまったら一生占いジプシーから抜け出す事が出来ないかもしれないと自分に言い聞かせて、我慢したんです。
占いを頼りたくなってしまう状況は数ヶ月続きましたが、我慢し続けた結果、半年後には占いに頼りたくなってしまう自分は消え去っていました。
当時の借金は全て返済しましたし、今では占いを頼ろうという気持ちも持っていませんが、あの時友人が叱って現実を突きつけてくれていなければ今でも占いジプシーを抜け出せずにもっと借金が膨れ上がっていたかもしれません。
そう考えると怖いですし、占いジプシーを抜け出せて本当に良かったと思っています。

≪Y.Oさん/30代前半の体験談≫

私は過去の恋愛で占いに助けられた事があったので、占いジプシーに陥ってしまいました。
好きな人が出来て、その人と交際出来るように過去の恋愛で助けてくれた占い師を頼ったんです。
しかし、過去の恋愛では私の理想の答えを示してくれて、助けてくれた占い師でしたが、今回好きになった人に関しては私が望む答えを示してくれませんでした。
最初は「あの占い師がこんな風に言うんだから、彼との恋愛は無理なのかな・・・?」と考えましたが、心のどこかで納得出来ない自分がいて、「他の占い師ならどういう答えを示してくれるんだろう?」という気持ちが芽生えたんです。
それが私が占いジプシーに陥ってしまうキッカケでした。
ものの試しで他の占い師を頼ってみたら、最初に頼った占い師よりもマシな答えを示してくれたんです。
その結果を聞いた私は、「もしかしたら希望を捨てなくても良いのでは?」「別の占い師ならもっと良い答えを示してくれるのでは?」と考えました。
そう考えた私は、次から次に別の占い師を頼るようになってしまったんです。
しかも同じ内容の質問で・・・。
後々考えれば、それが良くなかった事は明白なのですが、当時の私は自分が納得出来る占い結果を示してくれるまで複数の占い師を渡り歩くようになってしまっていました。
そして段々と、良い占い結果を示してくれる占い師がいても「他の占い師ならどんな答えを示してくれるんだろう?」「もしかしたらもっと良い答えを示してくれる占い師がいるかもしれない!」と思うようになっていったんです。
その時にはもう完全に泥沼にハマってしまっていて、占いジプシーに陥っていたんだと思います。
どんなに良い占い結果を示されたとしても、納得出来ないようになっていました。
当然、占い師に占いを頼む為にはお金がかかりますし、複数の占い師を頼っている状況は私が月に使える自由なお金を上回り、貯金を切り崩すようになっていったんです。
しかし、貯金が底を尽きても占いジプシーからは抜け出せずに借金に手を染めるようになってしまいました。
今思えば後悔しかありませんが、当時の私は冷静さを失うくらい占いジプシーに陥ってしまっていて、周りが見えなくなってしまっていたんです。
そんな私が我に返ったのは、好きになった人に恋人が出来た事がキッカケでした。
私が占いに費やして無駄な時間を過ごしていた間に、私が好きになった人は別の女性からアプローチされていてその女性と交際してしまったんです。
この時に「私はなんて無駄な事をしてきたんだろう・・・」ととても後悔しました。
占いに使ってきたお金も無駄になりましたし、占いに頼ってばかりで好きな人にきちんとアプローチしてこなかった自分を責めて後悔したんです。
しかし、もっとこうしていれば・・・ああしていれば・・・と後悔しても後の祭りでしたし、過ぎてしまった時間は戻せません。
好きな人に恋人が出来てしまった現実を受け止めなければいけませんでした。
私に残ったのは、好きな人と付き合えたという結果ではなく、借金だったんです。
そういう状況を痛感してやっと、占いに頼るのはもうやめようという気持ちになりました。
カウンセリングを受けたりして、今では占いジプシーから抜け出す事が出来て、当時の借金も後少しで返し終わるところですが、今でもあの時の自分自身の行いを後悔しています。
過去に戻れるなら、占いジプシーに陥ってしまう前に戻って「占いに頼るのは危険!」という事を過去の私に伝えたいです。

≪A.Iさん/20代半ばの体験談≫

私が占いジプシーに陥ってしまったのは、電話占いがキッカケでした。
当時、私には好きな人がいて、その人へのアプローチがあまりうまくいっていなかった事もあって占いを頼ってみようと思ったんです。
そして、インターネットで色々と調べていたら電話占いというものがある事を知りました。
試しにいくつかの電話占いのサイトに会員登録をしてみて、その中から良さそうな所を決めて電話占いを頼ってみたんです。
最初に選んだ占い師の方の話を聞いた時は、「そういう考え方もあるのか〜」と感心しました。
そして「他の占い師の方はどんな見解を持っているのだろう?」という考えが芽生えたんです。
それが大きな間違いでした。
次に頼った占い師の方は、私が期待するような答えを示してはくれませんでした。
それがキッカケになって「別の占い師の方の意見ももっと聞いてみよう!」と思うようになったんです。
電話占いは時間によってお金が発生するので、最初のうちは時間を気にしながら占い師から話を聞いていたんですが、その感覚は徐々に失われていってしまいました。
占いジプシーに陥ってしまった時には、電話占いをしている時間は気にしなくなってしまっていたんです。
そうなってくると当然、多大な料金が発生してしまいますので、私のお給料だけでは生活が困難になってしまいました。
生活が困難になった時、親に頼ろうか悩みましたが、大人なんだから親に頼るのは恥ずかしいという気持ちが強くて借金に手を染めてしまったんです。
借金に手を染めてからも電話占いをやめる事はありませんでした。
そんな生活をしていたので、借金はあっという間に膨れ上がって家計は火の車状態になってしまいました。
そして、借金を抱えているような女のことを好きになってくれる男性なんているわけがありませんし、好きな人との恋もうまくはいきませんでした。
失恋と借金の生活に苦しくなって、私はどんどんやつれていったんです。
そんな生活を変える為には占いしかない・・・と思って、悲惨な状況になっていたにも関わらず電話占いをやめる事が出来ませんでした。
しかし、日に日にやつれていく私を見た友人が心配をして、事情を聞いてくれた事で私は現実に戻ってくる事が出来たんです。
話を聞いた友人は、「今すぐ占いはやめた方がいい!」「このままだと取り返しがつかない事になるよ!」と真剣に私のことを怒ってくれました。
そして支えにもなってくれました。
心のどこかで私も「このままじゃいけない・・・」と思っていた部分があったので、友人の言葉をキッカケに「もう電話占いはやめよう!」と思えたんです。
精神的に弱った時にまた電話占いに頼ってしまわないように、友人の目の前で電話占いのサイトからは退会をしました。
それが功を奏して、自然と占いジプシーから抜け出す事が出来たんです。
借金は抱えてしまいましたが、今では占いに頼らず自分で物事を考える事が出来るようになりましたし、後悔していないと言えばウソになりますがこれも一つの経験だと思っています。
もちろんやり直せるならやり直したいですが、過去には戻れないのでしっかりと受け入れて、今は借金の返済を頑張っています。

【まとめ】

 

 

今回は占いジプシーになってしまった方々の体験談を紹介してきました。
また、占いジプシーの特徴や占いジプシーに陥ってしまう原因、そして占いジプシーから抜け出す方法も併せて紹介してきましたが、いかがでしたか?
占いは時として人を助ける事がありますが、占いに頼り切ってしまうのは良くありません。
占いジプシーに陥ってしまえば後悔する事の方が多いですし、自分自身を不幸にしてしまう場合が殆どなのです。
今回紹介してきた内容で、占いジプシーに陥ってしまう事の危険性は十分理解出来たはずだと思いますので、くれぐれも好きな人との恋愛を占いに頼り切ってしまって占いジプシーに陥ってしまわないように気を付けてくださいね。
占いはあくまでも占いであって、気休めなのだという事を忘れないでおきましょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事