1. HOME
  2. ブログ
  3. 【失恋を忘れる!】不倫相手(既婚者)や片思いの相手を好きだけど忘れる方法16個!

【失恋を忘れる!】不倫相手(既婚者)や片思いの相手を好きだけど忘れる方法16個!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

失恋は誰が経験しても辛くて、悲しいものですよね。
想いを伝えてフラれて失恋をする人もいれば、想いすら伝えられない人もいると思います。
失恋とは、想いを伝えてフラれるだけではありません。
好きになった相手が既婚者で叶わぬ恋をしている人や、相手に別の好きな人や彼女がいて振り向いてもらえない辛い片思いをしている人もいるでしょう。
好きだという想いを伝えなくても、相手に奥さんや恋人がいる事を知った時に失恋を味わう人もいます。
また、相手の事が好きであればあるほど、忘れるのに時間もかかってしまいますよね。
しかしいつまでも相手に想いを寄せていても前には進めません。
そこで、今回は片思いの相手の事をまだ好きだけど忘れる方法を紹介させて頂きます。
少しでも早く好きな人への気持ちを忘れて前へ進める事が理想だと思いますので、失恋に悲しんでいる人は今回紹介する方法を参考にしてみてくださいね。

目次

【1】男女別で比較!失恋を忘れる為に必要な期間

失恋を忘れる為に必要な期間ってどの位が一般的なのでしょうか?
他の方の意見が気になる方も多いですよね。
そこで、失恋を忘れる為に必要な期間はどの位なのかアンケートを取ってみましたので、男女別に紹介したいと思います。

≪男性が失恋を忘れる為に必要な期間≫

・第一位「一週間未満」(22.9%)
・第二位「一ヶ月以上〜三ヶ月未満」(21.5%)
・第三位「半年以上〜一年未満」(15.1%)
・第四位「三年以上」(13.8%)
・第五位「一週間以上〜一ヶ月未満」(12.7%)

≪女性が失恋を忘れる為に必要な期間≫

・第一位「一ヶ月以上〜三ヶ月未満」(29.8%)
・第二位「半年以上〜一年未満」(14.5%)
・第三位「一週間以上〜一ヶ月未満」(14.1%)
・第四位「三ヶ月以上〜半年未満」(12.9%)
・第五位「一週間未満」(11.2%)

アンケートを取ってみた結果、このような結果になりました。
やはり、男性と女性では失恋を忘れる為に必要な期間は違うという結果が出てきましたね。
女性の多くは、一ヶ月から三ヶ月くらいで失恋を忘れる事が出来ると考えているのに対して、男性は一週間未満で忘れる事が出来るという意見が一番多かったです。
その反面、三年以上も忘れられないと答えた男性も中にはいました。
そんなに長期間、失恋を忘れられないという意見は女性の方から聞く事が出来なかったのも事実です。
男性がこれほど長期間、失恋を忘れられない原因として挙げられるのは、男性は別れた女性の事を心の中でフォルダ別に分けて保存する傾向が強い為だと言えるでしょう。
これに対して女性は次の恋に進む時に、別れた男性の事を上書き保存する傾向が強いので、長期間失恋を引きずらないと言えます。

しかし、このアンケート結果はあくまでも一般的な意見を基にしていますので、女性の中にも長期間失恋を忘れられない人もいるでしょう。
相手の事が好きであればあるほど、失恋を忘れる期間が長くなってしまうのは当然の事だと思います。
ただ、これから紹介する忘れる方法を実行すれば、ほんの少しだけだとしても失恋を早く忘れる事が出来る可能性が高まるはずです。
何もせずに辛い日々を過ごすよりも少しでも早く失恋から立ち直れるように行動に移してみてくださいね。

【2】相手の事はまだ好き!だけど早く忘れたい!失恋を忘れる為の方法16選

相手の事はまだ好き・・・でも早く忘れて、失恋から立ち直りたいと考えている人は多いと思います。
失恋を忘れる為の方法は様々ありますが、状況や相手によって少し方法が違ってきたりしますので、自分にあった方法を取ってみてください。
ケースに応じて、失恋を忘れる為の方法を紹介していきたいと思います。

≪好きになった人に奥さんや彼女がいた場合の方法≫

(1)連絡を一切取らないようにする

好きな人を忘れる為には、まず連絡を一切取らないようにしましょう。
好きな相手とは常に連絡を取り合っていたいという気持ちは理解出来ますし、一時的に連絡を取らないようにしていたとしても何か嬉しい事があったり、悲しい事があったりしたら連絡を入れたくなってしまう気持ちも分かります。
しかし連絡を取り続けていたのでは、いつまで経っても彼への気持ちを断ち切る事が出来ませんし、失恋を忘れるのに時間が掛かってしまいます。
彼への気持ちを断ち切って失恋を忘れると決めたなら、絶対に連絡を取らないようにしましょう。
最初はふとした時に連絡を取りたくなってしまうと思いますが、グッと堪えて我慢してください。
また、相手から連絡がきた場合も出来る限り、返信しないようにしましょう。
相手からの連絡に対して返信してしまったら、あなたから連絡を取らないと決めた決意が揺らいでしまいますし、ずるずると連絡を取り続けてしまう事にもなりかねません。
どうしても返信しなければならないような内容であれば、あくまでも業務的な態度で対応するように心がけるようにしましょう。

(2)相手の連絡先を削除する

好きな人を忘れる為に、連絡を取らないと決めたなら相手の連絡先を削除するのも有効です。
仕事上で繋がりがある場合は、連絡先を削除してしまう事で仕事に支障をきたしてしまうと思うので削除までは難しいかもしれませんが、仕事上での繋がりがない場合はいっその事連絡先を削除してしまうのも一つの方法だと覚えておいてください。
物理的に連絡を取れなくしてしまえば、連絡したいという誘惑に負けそうになった時でも連絡を取る手段がありません。
また、好きな人と連絡を取る手段を消し去ってしまう事で、自然と気持ちは次の恋愛へと向かうでしょう。
次の恋愛へと気持ちが向かえば、失恋を忘れるのも時間の問題です。
連絡先を削除する瞬間はものすごく躊躇するでしょうし、削除した直後は消してしまった事に後悔してしまうかもしれません。
ですが、その感情も時間が経つ事によって無かった事に出来るはずです。
失恋は時間が解決してくれるものですが、相手の連絡先を消す事によって解決までに掛かる時間が大幅に短縮される可能性がある事を覚えておきましょう。
もう一つ。連絡先を削除する時に忘れてはいけないものはSNSです。
TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSで繋がりがある場合はフォローを解除したり、友達登録を削除する事も忘れないようにしましょう。
連絡先を削除したとしても、SNSのタイムラインで彼の近況を目にする事が出来る状況を残してしまっていたのでは、連絡先を削除した効果は半減すると思ってください。

(3)彼と会わないようにする

好きな人と気軽に会う事が出来る環境にある場合は、会いたくなってしまう気持ちも理解出来ます。
しかし、会ってしまう事で失恋を忘れるまでの期間はどうしても長引いてしまいます。
会わないと心に決めていても、彼から会おうと誘われたら気持ちもなびいてしまうでしょうが、そこはグッと堪えて失恋を忘れると決意した気持ちを思い出してください。
一度でも会ってしまうと、彼を好きだという気持ちが再燃してしまいますし、今まで忘れようとしてきた努力が水の泡になってしまいます。
彼に対する好きという感情が完全に消えて、次の恋愛に目を向ける事が出来ているなら会っても問題ありませんが、彼に対する好きという感情が完全に消えるまでは何が何でも会わないようにしましょう。
好きという気持ちがある内は、彼が良く行くと言っていたお店などに行く事もやめた方が良いです。
偶然であれ会ってしまえば同じ事なので、彼と遭遇する可能性がある場所にも行かないようにしましょう。

(4)彼との思い出が詰まった物があるなら、全て処分する

忘れようとしている相手との間に、特別な思い出があるなら思い出が詰まった物が残されている可能性があるでしょう。
例えば、誕生日の時にもらったプレゼントであったり、旅行のお土産であったり、何かのイベントに一緒に参加した時の写真であったり・・・彼との思い出が詰まった物は、失恋を忘れる上での妨げになってしまいます。
彼との思い出が詰まった品は思い切って全部処分してしまいましょう。
「誕生日プレゼントを捨てるのは気が引ける・・・」「思い出が詰まっているだけで品物に罪はない・・・」と思うかもしれませんが、そこは心を鬼にしてでも処分してしまうべきです。
手元に彼との思い出が詰まった物があると、目にする度に彼の事を思い出してしまいます。
彼との思い出が素敵なものであればあるほど、思い出が蘇ってくると辛い気持ちになってしまうでしょう。
そして、思い出に浸る事でいつまで経っても彼への気持ちを断ち切る事が出来なくなってしまいます。
逆に、思い出の品を目にしなければ思い出は蘇ってこない場合が多いのも事実です。
どうしても処分する事が出来ないなら、思い出の品は普段生活をしているだけでは絶対に目のつかない場所に封印してしまいましょう。
本来なら処分する方が良いので、処分出来ない人にとっての最終手段ですが、目につかないようにするだけでも効果は期待出来ます。

(5)予定を埋めて、常に忙しい状態を保つようにする

失恋を忘れようとしている時に有効な方法は、予定を埋めて常に忙しい状態を保つようにしておくと良いです。
忙しければ好きな人の事を考える余裕もなくなります。
そして、日中忙しく動き回っていれば疲れも溜まっているはずなので、夜、家に帰ってからも割と早く眠れるでしょう。
夜に一人で過ごす時間が長いと、どうしても好きな人の事を考えてしまいます。
しかし疲れが溜まっていて、家に帰ったら早めに眠れる状態にしておくと必然的に好きな人の事を考えてしまう一人の時間を減らす事が出来るのです。
注意する点は、忙しくしすぎて体調を崩してしまわないようにするという事。
忙しくするあまり、体調を崩してしまったら精神的にも弱ってしまいます。
精神的に弱った時は、どうしても好きな人の事を考えてしまって縋りたくなってしまうので、体調を崩してしまうほど忙しくしてしまうのは逆効果です。
自分自身のキャパシティーを超えてしまわないように適度に忙しくなるように予定をやり繰りしましょう。
もちろん、いつまでも忙しくする必要はありません。
彼への気持ちを断ち切る事が出来て、失恋を忘れるまでという期間限定で良いので予定を埋めて忙しくしてみてください。

≪告白してフラれた場合の方法≫

(1)合コンなど、出会いの場へ出かけてみる

告白してフラれた場合、相手の事がまだ好きで諦められないという気持ちを抱く人も多いでしょう。
しかしフラれた相手に執着していても、前には進みませんし、失恋を忘れるのも時間が掛かってしまいます。
そういう時は思い切って合コンなどの新しい出会いの場へ出かけてみると良いでしょう。
新しく素敵な人と出会う事が出来れば、失恋を忘れる事が出来るはずです。
新しい恋を探すという事は失恋を忘れる上でもとても有効な方法なのです。
フラれた相手に執着して、いつまでも想いを寄せているよりも前を向いて新しい出会いを探してみてください。
仮に、合コンの場で素敵な人と出会えなかったとしても、お酒を飲んで楽しい時間を過ごす事で失恋の傷を少しは癒せるはずです。

(2)習い事などを始めてみる

新しく習い事を始めてみるのも、失恋を忘れる上では効果的です。
習い事を始める事によって、新しい出会いも期待出来ますし、予定が埋まるので忙しくなって好きな人の事を考える時間が減ります。
そして、忙しくなるのは習い事をしている時間だけではありません。
習い事の時間以外でも復習や予習といったようにプライベートの空き時間も忙しくする事が出来るので、習い事に夢中になればなるほど、好きな相手の事を考える時間は減っていくでしょう。
そうしている内に次第に好きな人の事を考えなくなり、気付いた頃には失恋を忘れられているはずです。
また、習い事を始める事で自分自身のステップアップにも繋がります。
自分自身の魅力が一つ増える事で、次の恋愛においてもプラスになります。

(3)旅行に出かけてみる

告白してフラれた傷を癒やす為に、旅行に出かけてみるのも良いでしょう。
旅行に出かける事できっと楽しい思い出を作れるはずです。
一人旅でも良いですし、仲の良い友達同士で出かけるのも良いでしょう。
旅行に出かけて、楽しい思い出を作る事が出来れば辛い失恋の傷をきっと癒せるはずです。
また、旅行で楽しむという行為は新しい恋をする事と同じ効果をもたらす場合があります。
見知らぬ土地での楽しい出来事は、まだ見ぬ新しい恋と同じ楽しさを感じられるのです。
そして、運が良ければ旅行先で新しい出会いもあるかもしれません。
告白してフラれて辛い時ほど、そういった辛い気持ちは楽しい思い出で上書きしてしまいましょう。

≪職場に好きな人がいる場合の方法≫

(1)視界に入れないように努力する

職場に好きな人がいる場合は、会わないようにする事が難しいので忘れるまでに時間がかかってしまう場合があります。
しかし、同じ職場であっても早く忘れられるように努める事は出来るので頑張ってみてください。
その為の方法の一つとして挙げられるのは、まずは相手の事を視界に入れないようにする事です。
好きな人の事はついつい目で追ってしまうものだと思います。
彼の声が聞こえたら目線をそっちに向けてしまったりする事もあるかもしれませんが、意識的に彼の事を目で追わないようにしましょう。
視界に入れてしまうと、好きだという気持ちをなかなか消し去る事が出来ません。
まして、視線を送った時に偶然でも目があってしまうと「もしかして彼も私の事を見てくれていた?」と期待を持ってしまうでしょう。
失恋を忘れようと心に決めていたとしても、そのような感情を定期的に抱いてしまっていては忘れられるものも忘れられません。
職場が同じで、失恋を忘れたいと思うのであれば、出来る限り好きな相手の事を目で追わないようにしましょう。
意識的に視界に入れないようにする事が、失恋を忘れる第一歩だと思ってください。

(2)仕事の業務以外でのプライベートな連絡はしないようにする

職場が同じだと、相手の男性の連絡先を消したくても消す事は難しいと思います。
仕事に支障をきたしてしまいますし、どうしても仕事の時間外で業務的な連絡を取り合う事もあるでしょう。
しかし、連絡先を消せないという状況に甘えて、プライベートな連絡をしてしまっていては失恋を忘れる事が出来なくなってしまいます。
仕事の業務的な連絡を取り合う事は仕方ありませんが、それ以外のプライベートな連絡は一切取らないようにしましょう。
相手の男性が、プライベートな連絡をしてくるようであれば「あなたの事を忘れたいので、プライベートな連絡はしてこないでください。プライベートな連絡には返信しません。」と宣言しても良いでしょう。
職場が同じだからこそ、プライベートな連絡は徹底的にシャットダウンして絶つべきなのです。
失恋を忘れる為には、出来る限り相手との接点を無くすべきなので、失恋した後にいつまでもずるずると連絡を取り合う事はご法度だと思ってください。

(3)転職して職場を変える

職場で毎日のように顔を合わせていたのでは、いつまで経っても忘れられないという人は思い切って転職するのも一つの手段です。
転職をしてしまえば、当然職場も変わりますし、好きな相手と顔を合わせる事もなくなるでしょう。
転職を機に、彼の連絡先を消してしまっても何も問題ありません。
そして新しい職場では、新しい出会いもあるので次の恋に踏み出せる可能性もあるでしょう。
しかし、転職するとなれば、相応のリスクはついて回ります。
次の就職先がすぐに見つからない場合もありますし、今勤めている職場が働きやすい環境だったなら転職する事によって働きにくい環境になってしまう可能性もあります。
今の職場が働きにくい環境だった場合は、転職する事で好きな人と離れられて失恋を忘れられるだけでなく、次の職場が今よりも働きやすい職場になる可能性もありますが、その点は転職してみない事には分かりません。
あくまでも転職は最終手段くらいで考えて、決断する前に慎重に様々なケースを考えてみましょう。

≪心理学を用いて失恋を忘れる方法≫

心理学を用いた失恋を忘れる方法は、失恋のケースがどの場合であっても有効に働く事が多いです。
これまでに様々なケースに応じた失恋を忘れる方法を紹介してきましたが、そちらと併せて試してみてください。
きっと相乗効果を得られるはずです。

(1)好きな人の嫌だった部分を思い出す

相手の全てが好きだという人は、殆どいないと思います。
どこかしら嫌な部分は目についているはずなので、好きな人の嫌だった部分を思い出してみましょう。
まずは頭の中で思い浮かべるだけで良いです。
相手の事が好きだから嫌われたくなくて、指摘出来なかった嫌だと感じていた部分を出来る限り思い出しましょう。
例えば「時間にルーズだったな」とか「酔ったら酒癖が悪かったな」といったような、本人には直接言えないような失礼な事をどんどん思い出してみましょう。
そうする事によって、相手を好きだと思う部分よりも嫌いな部分に意識が傾きます。
嫌だったと感じる部分の数にもよりますが、「冷静になって考えれば、こんなに嫌だと感じる部分があったんだ・・・」と思う事が出来る場合があります。
そこまで気持ちが傾けば、「こんな相手の事が好きだったんだ・・・付き合わなくて良かった」と自然に思うようになれるはずです。
そして意外とすんなり失恋を忘れる事が出来て、彼の事が好きという気持ちを断ち切る事が出来る場合があるので、まずは一度相手の嫌だと感じた部分を思い出すようにしてみてください。

(2)好きな人の嫌だった部分を紙に書き出して、ビリビリに破いて捨てる

好きな人の嫌だった部分を思い出すだけでは、好きだという気持ちを消し去れないようであれば、次はもっと事細かく嫌だった部分を考えてみて、紙に書き出してみましょう。
頭で思い浮かべた時よりも、もっと細かい部分まで思い返すようにしてみてください。
悪口のようになっても構いません。
例えば「優しくされたから勘違いして好きになってしまった。思い返せば誰にでも優しくて八方美人なだけだった」とか「私の気持ちに気付いていたのに、告白するまで程よい距離感を保って私の気持ちを弄んで最低・・・」といったような事を思い付く限り、紙に書き出してみてください。
もちろん、頭で思い浮かべた時に嫌だと感じた部分・・・「時間にルーズだったな」とか「酔ったら酒癖が悪かったな」といったような事も書き出すようにしてください。
そして、全部書き終わったらその紙を読み返してみましょう。
紙に羅列した彼の嫌な部分を読み返す事で、「私にはふさわしくない男性だった」ときっと思えるようになるはずです。
そのような気持ちになる事が出来れば、きっと相手の事を好きだった気持ちを無かった事にしたいと思えるようになっているはずでしょう。
最後にその紙をビリビリに破いて、ごみ箱に捨ててしまいましょう。
そうする事で、気持ちはスッキリとして晴れやかな気分になれるはずですよ。

(3)辛い気持ちを我慢せずに思い切り泣く

失恋した時に辛くて悲しいという気持ちを我慢して、外に出さず内に溜め込んでしまっていてはいつまでも失恋を忘れられない要因になってしまいます。
失恋した時は、辛くて悲しいという感情を我慢せずに思い切り泣くと良いでしょう。
泣くという行為で、辛くて悲しいという感情を外に全部出してしまうのです。
マイナスな感情を外に全て吐き出してしまえば、それだけで気持ちはスッキリします。
一人でうまく泣けない時は、失恋ソングを聞いたり、恋愛映画の力を借りても良いでしょう。
また、泣く時は感情を抑えてはいけません。
悲しい気持ちを全て外に吐き出す勢いで、思い切り泣きましょう。
大人になって思い切り泣くなんて恥ずかしいという気持ちはこの際捨ててしまって構いません。
泣く時は一人でしょうから、誰かの目を気にする事なく思い切り泣いて良いのです。
泣いた事を知っているのは自分自身だけですし、誰もあなたが思い切り泣いたという事実を知らないので遠慮する必要はありません。
泣く事でストレス発散にも繋がりますので、ひとしきり泣いて泣き疲れた頃には片思いで抱えていたストレスも吐き出す事が出来ているでしょうし、スッキリした気持ちになれているはずですよ。

(4)友達に話を聞いてもらったり、派手に遊ぶ

失恋を忘れたい時は、友達を頼るのも一つの手です。
話を聞いてもらうだけでも辛い気持ちは晴れるでしょうし、派手に遊ぶ事でその瞬間は辛い気持ちを忘れる事が出来るでしょう。
もちろん、一度遊ぶだけでは完全に失恋を忘れる事は出来ないかもしれません。
ですが、友達だからこそ失恋を完全に忘れるまでは何度も付き合ってもらえるはずです。
そして、何度も友達に付き合ってもらっている内に「好きな人とは付き合えなかったけど、私には友達がいる」と思えるようになってくるでしょう。
そこまで自分自身の気持ちが傾けば、失恋を忘れるのも後一歩のはずです。
ただし、友達を頼る時には注意をしなければいけない事もあります。
それは話を聞いてもらう友達であったり、派手に遊ぶ友達はしっかりと選ぶようにするという事です。
中途半端な仲の友達にそのようなお願いをしても、相手にとっては迷惑になってしまう可能性があります。
失恋を忘れるまで話に付き合ってもらったり、派手に遊ぶ事に付き合ってもらうのを友達が迷惑に感じてしまったら、友情さえも壊してしまいかねません。
話を聞いてもらったり、派手に遊ぶ友達を選ぶ時は、あなたが失恋を忘れる事が出来るまできちんと付き合ってくれる本当に仲の良い友達を選ぶようにしましょう。

(5)好きな人以外の異性と遊ぶ

辛い失恋を忘れる為に、新しい恋を探す事はとても有効な方法だと言えます。
失恋してすぐ、無理をして新しく好きな人を作る必要はありません。
ですが、失恋した相手への想いに縛られて他の異性との交流を完全にシャットダウンしてしまっていては、いつまで経っても失恋した相手への想いを断ち切る事は出来ないでしょう。
好きな人以外の異性と遊ぶ時に、無理矢理その人の事を好きになろうとしなくても良いのです。
もっと軽い気持ちで、異性と遊んでみるようにしましょう。
遊ぶ相手を一人の異性に絞る必要もありませんし、複数の異性と遊んでみても良いでしょう。
遊ぶ異性の事を恋愛対象として考えるのではなく、友達として遊んでみてください。
そうする事で、変に意識する事なく楽しい時間を過ごせるでしょう。
楽しい時間を過ごしている内に、好きだった人への想いも薄れてくるはずです。
同時に、遊んでいる異性の魅力を深く知っていく事が出来れば、それが新しい恋に繋がる可能性もあります。
新しい恋に繋がれば、その時点で好きだった相手の事はきっとどうでも良い存在になっているはずです。
ただし、好きな人以外の別の異性と遊ぶ時に注意しなければならない事があります。
その人と好きな人を比べるような事は絶対にしないようにしましょう。
別の異性と遊び始めた頃は、きっとまだ好きな人への想いが残っているはずです。
そんな時に遊んでいる異性と好きな人を比べるような事をしてしまったら、遊んでいる異性の良い部分にも気付けなくなってしまいますし、好きな人への想いが膨らむ一方だと思いますので注意が必要です。
また、失恋で傷ついた心に付け込まれて、一夜だけの身体の関係になってしまわないようにも気を付けてください。
心が弱っている時に優しくされると、失恋の寂しさも相まって「この人となら・・・」と一夜だけの身体の関係になってしまいがちなので注意してください。
失恋の寂しさから一夜限りの身体の関係を許してしまったら後悔するのはあなた自身です。

【まとめ】

 

 

今回は、片思いの相手の事を好きだけど忘れる方法を紹介させて頂きましたがいかがでしたか?
失恋を忘れる為には、ある一定の期間が必要な事は当然です。
しかし、その期間を少しでも短く出来るかどうかは当の本人の意識の持ちようだと言えるでしょう。
無理をして失恋を早く忘れる必要はないのかもしれませんが、望みがない片思いをいつまでも続けていても辛いだけだと思います。
それにいつまでも失恋を引きずっていたら前に踏み出せないので、新しい恋のチャンスを逃してしまう場合があります。
好きな人と結ばれなかった事は悲しいですが、異性はその人だけではありません。
一度きりの人生なのですから、いつまでも失恋に囚われているのではなく新しい恋をして、別の人との幸せを掴み取れるようにする事も大事な事ですよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事