1. HOME
  2. ブログ
  3. 【失恋】吐き気、食欲不振、鬱、経験者が教える失恋の体調不良から立ち直る方法3選!

【失恋】吐き気、食欲不振、鬱、経験者が教える失恋の体調不良から立ち直る方法3選!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

失恋は、恋愛をする上で切っても切り離せないものですよね。
相手の事が好きであればあるほど、失恋の時のショックは大きくなってしまうでしょう。
失恋が辛くて吐き気がしたり、ご飯も喉を通らなくなったり・・・酷い場合だと鬱に近い症状が出る人もいると思います。
そんな体調不良が長く続くと、実生活にも支障をきたしかねませんし、出来る事なら少しでも早く立ち直って元気になりたいものですよね。
そこで今回は、失恋のショックで体調不良に陥ってしまった時に立ち直る方法を紹介させて頂きます。
失恋して毎日が辛いと感じている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

【1】失恋からくる食欲不振は危険信号!食欲不振がもたらす5つの悪い症状

辛い失恋を経験した直後は、悲しくて辛くてご飯も喉を通らない日々が続く事があるかと思います。
しかし、その食欲不振を放っておくと更に悪い症状が現れてしまう可能性があります。
では実際にどのような悪い症状が現れる可能性があるのか経験者の話を基に見ていきたいと思いますので、確認してみてください。

(1)吐き気をもよおす時がある

「3年付き合った彼氏と別れた時、人生の終わりだと思うくらいに落ち込んで食事もまともに出来なくなりました。結婚するつもりでしたし、まさか別れるとは思っていなかったので・・・。食欲がなくてまともに食事出来ない日々が続いていたんですけど、次第に吐き気までもよおしてきて、あの時は心身ともに疲弊しきっていたと思います。」(31歳・OL)

彼女のように食欲が無くなって、その後に吐き気をもよおす人もいるみたいなので、注意が必要です。
吐き気をもよおすという事は、体調が悪化している証拠ですし身体が危険信号を出しているサインなので場合によっては病院へ行った方が良いかもしれません。

(2)頭痛がする場合がある

「私の場合は、失恋したら食欲不振になるだけじゃなくて頭痛もします・・・。もともと偏頭痛持ちだからかもしれませんけど、色々と良くない事を頭で考えてしまって、色々考えている内に頭痛がしてくるという感じですね。相手の事が好きであればあるほど、頭痛が起こる頻度は高くなります。」(27歳・美容師)

吐き気以外にも、頭が痛くなって頭痛をもよおす人もいるようです。
偏頭痛持ちの人だけでなく、失恋した事で色々と考えてしまっている内に頭がパンクして頭痛をもよおす場合もあります。
吐き気同様、身体が発している危険信号なので頭痛の程度によっては薬を飲んだりしてみてください。
「病は気から」という言葉もあるように、考えすぎから頭痛が起こる事が多いと思いますので、あまり考えすぎないようにするのも良いかもしれません。

(3)下痢になる場合がある

「大好きだった彼と別れた時は、食欲がなくなってご飯が食べれない日々が続いた後、少しずつはご飯を食べれるようになったんですけど・・・その時に下痢になってしまいました。もしかしたら無理矢理食べるようにしたのが原因かもしれません。しばらくは下痢が続きましたし、あの時はとても辛かったです。」(29歳・会社員)

お腹をくだして下痢になってしまう人もいるようです。
食欲不振でご飯を食べれない日々が続いて、胃が弱っている時に食事を取る事でお腹を下す場合もあれば、ストレスによる場合も考えられるでしょう。
どちらにしても、身体が不調を訴えかけているサインである事は間違いないので、症状がひどい場合は薬を飲んだり病院に行った方が良いでしょう。

(4)不眠症になる事がある

「大失恋をした時は食欲が無くなるだけじゃなくて、夜も眠れなくなって不眠症になった事があります。ご飯をまともに食べれなくなって、体調が悪くなると余計に失恋の悲しさが込み上げてきて、夜眠れずに朝まで泣いて過ごした日もありましたね。失恋の傷が癒えるまでは本当に辛かったです。」(25歳・フリーター)

食欲不振でご飯を食べれない時ほど、体調を崩しやすいものです。
体調を崩したら、失恋のダメージと合わさって精神的にかなり疲弊してしまうでしょう。
辛ければ辛いほど、夜一人の時間になると失恋の事を考えてしまうでしょうし、色々な思考が頭をめぐって眠れなくなる人も多いみたいです。
不眠が続くと更に体調も悪化していくでしょうから、注意してください。

(5)暴飲暴食に走ってしまう事がある

「あくまでも私の場合ですけど、失恋して食欲がなくなった時にご飯を食べれない時期がある一定期間過ぎると暴飲暴食に走ってしまう事があります。食欲がなくてご飯を食べれない時は痩せるんですけど、その後の暴飲暴食で結局は痩せた分よりも太ってしまうので後悔しますね。」(28歳・会社員)

食欲不振の時期が終わると、その反動で暴飲暴食に走ってしまう人もいるようです。
「自分なんて・・・」という気持ちでヤケになって暴飲暴食する事は、健康にも良くありませんし、美容の面でも大敵なので気を付けてください。

【2】失恋で吐き気や頭痛、下痢などの症状が現れる原因&食欲不振の時の対処方法

落ち込む女性

失恋した事で吐き気や頭痛、下痢や不眠などの症状が現れる原因は一体何でしょうか?
ここではその原因について見ていきたいと思います。
また、吐き気や頭痛などの症状が現れる前に食欲不振を改善する事が出来ていれば、少しは症状が緩和される可能性もありますので、食欲不振の時の対処方法も紹介させて頂きますね。

≪失恋で吐き気や頭痛などの症状が現れる原因≫

原因の殆どはストレスからくるものだと言えるでしょう。
失恋は心に大きなストレスをもたらします。
「ストレスで吐き気や頭痛に悩まされる事なんてあるの?」と思うかもしれませんが、ストレスがもたらす吐き気や頭痛にはれっきとした名称もついているのです。
吐き気の場合は「心因性嘔気」と呼ばれていますし、頭痛の場合は「緊張型頭痛」と呼ばれています。
「心因性嘔気」は、胃の上の方がムカムカとしたり、吐き気が長く続く症状に悩まされるでしょう。
「緊張型頭痛」は、頭に重しを乗せられてグッと締め付けられているような持続的な痛みに悩まされる事になります。
どちらの場合も症状がひどい場合は、市販の薬を飲んだり病院へ行く事をオススメします。
下痢や不眠に関しても同じ事が言えますので、失恋によってそのような症状が現れた時は、ストレスが原因だと思って間違いないでしょう。
薬などで一時的に症状を緩和する事は出来るでしょうが、症状の根本的な改善はストレスを軽減する事がベストです。

≪食欲不振の時の対処方法≫

(1)自律神経を回復させる為に、何なら口に出来るか自己分析する

失恋で食欲不振になるという事は、自律神経によるダメージからもたされている場合が殆どです。
自律神経のダメージは、食事を取らない事には回復も難しいでしょう。
とは言っても、食欲がなくてご飯も喉を通らない時に無理矢理食事を取ろうとしても余計に辛くなるだけです。
そこで、まずは今の精神状況で何なら口に出来るかを考えてみましょう。
ご飯が食べれないのか、お菓子くらいなら食べられるとか・・・今の自分が何を食べれるかを自己分析する事で、少しでも早い自律神経の回復を望めるでしょう。

(2)食べやすい物を積極的に食べるようにしていく

何が食べれるか把握したら、食べれる物から積極的に食べるようにしていきましょう。
もしもご飯やお菓子など、固形物が喉を通らないという場合は、ドリンクだけでも構いません。
野菜ジュースやスムージー、栄養ドリンクでも良いので少しでも栄養を取って、自律神経を回復させられるようにしていきましょう。
お菓子くらいなら食べれるといった場合は、カロリーメイトや栄養バーのようなお菓子を選ぶと良いでしょう。
まともに食事が出来ない時に、必要なものは栄養なのでしっかりと栄養が取れるものを口にしていけるように心がけてみてください。
そうすれば徐々に食欲も戻ってくるはずです。

(3)タンパク質を出来るだけ摂取するように意識する

少しだけならご飯も食べられるようになってきたタイミングで、お肉や豆腐、豆乳を口にするようにして出来るだけタンパク質を多く摂取するように意識してみてください。
いきなりお肉は胃に負担がかかると思う場合は、豆腐や豆乳から胃を慣らしていけば良いでしょう。
タンパク質を多めに摂取していった後で、野菜の量も徐々に増やしていけば食欲は自然と元に戻っているはずです。

【3】失恋のショックで鬱に!?失恋鬱の症状と失恋鬱になりやすい人の特徴

鬱病は皆さんご存知だと思いますが、失恋鬱ってご存知でしょうか?
いじめ、就職活動、仕事のストレス、介護などなど・・・鬱病になってしまう原因は色々とありますが、失恋のショックで鬱になってしまう事もあるのです。
失恋によって気持ちが塞ぎこんでしまって憂鬱な気分になるのは当然ですが、一般的にはそういった憂鬱な気持ちは時間が解決してくれます。
しかし、いつまで経っても憂鬱な気持ちが晴れずに長期間続くようなら失恋鬱を患っている可能性があるかもしれません。
失恋鬱の場合、どのような症状が現れるのか具体的に見ていきたいと思いますので目を通してみてください。

≪失恋鬱の主な症状≫

(1)眠れなくなってしまう

一般的な鬱病では、不眠症状が現れる人もいれば、一日中眠ってばかりいるという症状が現れる人もいます。
しかし、失恋鬱の場合は、失恋してしまった相手の事が夢に出てくる事が多く、その夢を見るのが怖くなって眠れなくなってしまう人が殆どでしょう。
失恋した相手の夢は、振られた時の夢も辛く感じてしまいますし、幸せだった頃の夢でも夢から目覚めた時に現実を突きつけられて辛くなってしまいます。
また、眠ろうと目を閉じると失恋の相手の顔が浮かんできたり、楽しかった思い出が蘇ってきたりする事も多く、そのような事が続くと余計に眠れなくなってしまうでしょう。

(2)涙が止まらなくなってしまう

失恋鬱の症状の一つとして挙げられるのは、涙がとめどなくあふれてくる症状があります。
泣きたいと思っているわけでもないのに涙が流れたり、何でもない時でも涙が流れてしまう事が多いでしょう。
当然、失恋した直後は悲しくて辛いでしょうから、涙があふれてくるのは自然な事だと言えます。
しかし、涙があふれるという状態が長期間続くと失恋鬱である可能性が大いに考えられます。

(3)同じ事を何度も考えてしまう

一般的な鬱病では、思考能力が働かずに「何も考えたくない」「何も考えられない」といった症状が現れる場合が多いですが、失恋鬱の場合は逆です。
失恋した相手の事ばかり考えてしまうようになってしまいます。
幸せだった時間の事や、思い出を何度も何度もループして考えてしまうような状況に陥ってしまう場合が殆どです。
失恋した直後の時は、そのような状況になっても仕方ありませんが、いつまで経っても失恋した相手の事ばかり考えてしまっているようだと失恋鬱を疑った方が良いかもしれません。

(4)人に会いたくなくなる

失恋鬱になると、人と会いたくなくなるといった症状が現れてしまう場合があります。
自分だけが失恋で不幸だと思ってしまって、周りの人が全員幸せそうに見えてしまうのが原因だと言えるでしょう。
自分だけが不幸だなんて事は実際にはあり得ないのですが、失恋のショックでそのように考えてしまうようになってしまうのです。
症状が酷いと、仕事にも行きたくなくなって欠勤してしまったり、仲の良い友達とですら会いたくなくなってしまう事があります。
自分の世界に引きこもってしまうと、どんどん悪い方向に気持ちは沈んでいってしまう事が多いので、悪循環を招いてしまって、いつまでも失恋の傷が癒えずに失恋鬱状態が長引いてしまうでしょう。

(5)無気力になってやる気がなくなってしまう

この症状は一般的な鬱でも良く現れる症状です。
失恋鬱の場合は、無気力で全ての事にやる気を持てなくなってしまうだけでなく、失恋したという事実と向き合った時に自暴自棄になって自己否定してしまう場合も多いと言えるでしょう。
自分に自信を持てなくなり、「私が何をしても良い結果にならない」と自分に否定的になってしまって、どんどん無気力になってしまいます。
また、自己嫌悪の症状が酷くなると「この世から消えてしまいたい」なんて考えも抱くようになってしまう事があります。

≪失恋鬱になりやすい人の特徴≫

絶望的な状況

失恋して、傷つかない人は殆どいないでしょう。
どんな人でも失恋したらショックを受けて、心にダメージを負うはずです。
ただし、大抵の人はある一定の期間が経過すると失恋の傷が癒えて、失恋鬱になる前に元気になります。
ではどのような人が失恋鬱に陥ってしまう可能性があるのでしょうか?
失恋鬱になりやすい人の特徴をまとめましたので、自分に当てはまる部分がある人は注意してみてください。

(1)完璧主義の人

完璧主義の人は、恋愛においても完璧を求めてしまう傾向にあります。
また、完璧主義の人ほど挫折を感じた時に極度のストレスを感じてしまうでしょう。
失恋も当然挫折に入りますので、失恋で強いストレスを感じてしまい、失恋鬱に陥りやすいと言えます。
そして失恋した理由に納得が出来ないと気持ちを切り替える事が難しいという事も完璧主義の人に良く見られる傾向です。
失恋した理由に納得が出来ないといつまでも失恋を引きずってしまう原因になりますし、失恋鬱を引き起こす要因になってしまうでしょう。

(2)これまでに失恋を経験した事がない人

初めて異性と付き合った人や、これまでに自分が振る立場で失恋を経験した事がない人が大失恋をしてしまうと、失恋鬱に陥ってしまう場合があるでしょう。
過去に失恋を経験した事がないので、失恋で受けた傷の癒し方が分からなくて、いつまでも失恋の憂鬱な気持ちを引きずってしまう傾向にあり、失恋鬱になってしまうのです。
また、失恋のショックに免疫がないので、その分失恋で受ける心の傷は深く大きいものになってしまいます。
そして初恋だった場合は、辛い失恋を経験する事で恋愛恐怖症になってしまう場合もあるので、次の恋愛に踏み出す事も出来ずにずっと失恋した相手に囚われてしまって、失恋鬱から抜け出せないという悪循環を生んでしまう可能性もあるでしょう。

(3)気分屋の人

気分屋の人は、失恋鬱だけでなくもともと鬱病を発症しやすい傾向があります。
気分屋の人は、日によって気持ちにムラが出来やすく、テンションが高い日もあれば低い日もあり、その日の気分に左右されやすいです。
感情の起伏が激しいという事は、それだけ鬱を発症しやすいと言えるので、もしも大恋愛の末に失恋をしてしまったら気持ちは大きく下降するでしょう。
失恋の傷からなかなか立ち直れずにテンションの低い日々を過ごす中で、気付いたら失恋鬱になってしまっていたという場合があります。

(4)ネガティブな性格な人

ネガティブな性格の人が失恋すると、失恋鬱になりやすいと言えます。
もともとのネガティブな性格によって、失恋のショックから自己否定に走りやすく、自己否定でどんどん自分の価値を下げていく過程で鬱になってしまう傾向にあります。
もともとの性格に起因しているので、一長一短には改善しずらいのも厄介だと言えるでしょう。
失恋鬱にならないようにと気を付けてポジティブに考えようとしても、ふとした瞬間にネガティブに物事を考えてしまう場合が多いです。

(5)極度の潔癖症の人

潔癖症な人は、何事においても合理的に整理整頓されている状態に落ち着きを見出す人が多いです。
そういった人は、失恋によって起こる精神的に不安定な状態に耐え切れず、自分自身でマイナスな方へと気持ちを持っていってしまって、失恋鬱へと陥りやすいと言えます。
綺麗好きであったり、整理整頓が得意なくらいだと平気ですが、極度に潔癖症で整理整頓されていないと嫌だと思うような人は失恋した時に失恋鬱になりやすいので、気を付けた方が良いでしょう。

(6)趣味を持っていない人

趣味を持っていない人は、失恋した時に失恋鬱になりやすいと言えます。
失恋した時には、気分転換をする事が大事です。
趣味を持っている人は、趣味に没頭したりして気分転換をうまく出来ますが、趣味を持っていない人はうまく気分転換が出来ません。
気分転換が出来ない事で、失恋の憂鬱な気持ちが長く続き、失恋鬱になってしまう可能性が高くなってしまうのです。
趣味を持っていない人でも、何か新しく趣味を見つける事で失恋鬱になる可能性を軽減する事は出来ますが、もともと好奇心が薄く、新しい事にチャレンジする意欲が低い人は失恋のショックを気分転換で発散する事が出来ない場合が多いので注意が必要です。

(7)一途な人

一途な人ほど、失恋した時のショックは大きいと思います。
相手の事を好きであれば好きであるほど、失恋した時の心の傷は深く大きいものでしょう。
そして一途な人ほど、付き合っている時に「自分にはこの人しかいない」と思い込みやすいので、失恋した後もその気持ちをなかなか払拭する事が出来ずに失恋鬱になってしまいやすいです。
一途な人以外にも、何かに執着する人も同じく失恋した相手に執着してしまう可能性があるので、失恋鬱になりやすいと言えます。

(8)恋人に尽くす事が好きな人

恋人に尽くす事が好きな人は、尽くす事に喜びを感じているはずです。
交際している間は、尽くす相手がいるので幸福感に満たされているでしょうが、失恋して尽くす相手がいなくなってしまうと一気に虚無感に襲われる事になるでしょう。
失恋した後で、次の尽くす対象が見つかれば失恋鬱になる事を免れるでしょうが、次の尽くす対象が見つからなければいつまでも虚無感に苛まされて、失恋鬱に陥ってしまう可能性が高いです。
尽くす事が好きな人以外にも、自己満足と自己陶酔の世界に浸りやすい人は失恋鬱になってしまう可能性があるので、気を付けてください。

(9)適応能力の低い人

適応能力が低い人も、失恋した時に失恋鬱に陥りやすいです。
ある程度適応能力がある人は、失恋した時でも状況の変化に柔軟に対応しながら、失恋のショックと向き合って前向きになろうとしますが、適応能力がない人は失恋を受け止める事が出来ずに現実逃避してしまう場合があります。
現実逃避して、失恋と向き合わない事によっていつまでも失恋を引きずってしまい、そうしている内に失恋鬱になってしまうというケースが多いでしょう。

(10)恋愛第一主義の人

恋愛第一主義の人も、失恋をしたら失恋鬱になりやすい傾向があると言えます。
恋愛第一主義の人は、交際中に友情よりも恋人を優先してしまうので、恋人がいる間に仲の良かった友人と関係が希薄になってしまうケースがあります。
仲の良かった友人と関係が希薄になってしまっていると、いざ失恋して辛い状況になった時に、傍にいて元気づけてくれる人がいないので、孤独を味わってしまうでしょう。
また、友情よりも恋人を優先するほど、付き合っていた人に対して粘着してしまっているので、失恋した事による心の傷も相当大きいはずです。
そういった事から、恋愛第一主義の人が失恋をすると失恋鬱になりやすいと言えます。

(11)こだわりが強い人

こだわりが強い人は、頑固で融通が利かない人が多いです。
そういう人が失恋を経験すると、突然の出来事に臨機応変に対応する事が出来ずに、失恋のショックをダイレクトに受けやすいです。
頑固で融通が利かないから失恋を受け止める事がなかなか出来ずに、ストレスを感じやすい為、失恋鬱になってしまう可能性が高くなってしまいます。
こだわりがある事は良い事ですが、少しは柔軟な姿勢を持つと良いかもしれません。

【4】失恋の体調不良から立ち直る3つの方法

最後に、失恋の体調不良から立ち直る方法を紹介していきたいと思います。
失恋のショックで体調不良を感じている人は、紹介する方法をまずは試してみてください。
自分に合った方法を取る事で、少しは失恋の傷を癒やして体調不良から立ち直る事が出来るはずです。

(1)泣き疲れるまでひたすら泣き続ける

涙を流す事は、ストレス解消に効果があると脳科学において実証されています。
「病は気から」という言葉があるように、ストレスによって体調不良になっている場合がありますので、ストレスを解消する事によって失恋の体調不良は少なからず改善されるはずです。
泣き疲れるまで涙を流す事によって、きっと泣き終わった後は泣く前よりもスッキリとした気持ちになれているはずなので、一度思う存分に涙を流してみてください。
失恋を思い出して泣かなくても、感動する映画を見て涙を流したり、失恋ソングを聞いて涙を流しても構いません。
辛い気持ちを浸って、泣く事を我慢していると感情はどんどんマイナスな方向に向かっていってしまいますので、悪循環を招いてしまい、失恋によるストレスは溜まっていく一方です。
思い切り泣く事でストレスは解消されますし、失恋によって感じているストレスを解消する事で、悩まされている体調不良は改善されていくはずですよ。

(2)規則正しい生活をするように心がける

失恋した直後は、生活が不規則になる事が多いと思います。
朝まで失恋相手の事を考えてしまっていたり、一人で塞ぎこむ時間が増えて、睡眠不足になる人もいるでしょう。
失恋のショックで不規則になってしまった生活を規則正しいものへと変えていく事で、失恋による体調不良は改善されていくはずです。
失恋によるストレスに加え、不規則な生活によってホルモン分泌のバランスが崩れてしまっているといつまで経っても失恋の体調不良から立ち直れない場合があります。
生活リズムを整えるように心がけてみてください。
朝はしっかりと決まった時間に起きて、就寝時間も大体同じ時間に眠りにつけるように心がけてみましょう。
失恋してすぐに生活リズムを規則正しいものへと変えていく事は困難な場合もありますので、徐々にでも構いません。
少しずつでも規則正しい生活を送れるように心がけていく事で、失恋の体調不良から立ち直る事が出来るはずです。

(3)何か没頭出来るような趣味や習い事を見つける

失恋のショックを紛らわせる為に、何か没頭できるような趣味や習い事を見つける事は効果的だと言えるでしょう。
何かに没頭している瞬間は、失恋の辛さや悲しみを紛らわせる事が出来ます。
失恋の体調不良は往々にして、失恋を引きずっているから起こる現象です。
なので、少しでも早く失恋を忘れられるように違う事に没頭するのはとても効果があります。
もともと趣味があるなら、その趣味に没頭しても良いですし、没頭出来るような趣味がなければ新しい趣味を見つけるようにしてみましょう。
趣味に限らなくても、習い事を始めてみたりするのも効果的です。
また、趣味に没頭していたり習い事を始めてみる事で、新しい出会いもあるかもしれません。
新しい出会いから、次の恋愛に踏み出す事が出来れば一気に失恋の傷は癒えるでしょうし、失恋の体調不良からもすぐに立ち直れるはずです。
もちろん、新しい出会いが無かったとしても趣味や習い事に没頭している内に自然と失恋の傷は癒えているはずですし、失恋の体調不良からも立ち直っているはずですよ。
何かに没頭して失恋を考えないようにする時間を増やす事は、失恋の体調不良から立ち直る上でとても効果がある方法だと覚えておいてください。

【まとめ】

 

 

今回は、失恋の体調不良から立ち直る方法という点にフォーカスを当てて紹介してきましたが、いかがでしたか?
失恋によって負う傷は人それぞれ大きさが違います。
すぐに立ち直れる人もいれば、長期間立ち直れずに失恋を引きずってしまう人もいるでしょう。
しかし、紹介してきたように失恋を引きずりすぎてしまうと最悪の場合は鬱にまでなってしまう可能性もあるので、なるべくなら早く失恋から立ち直れるようにした方が良いと言えます。
失恋による体調不良から立ち直る為には
・感情を溜め込まずに吐き出して、失恋によるストレスを発散する事
・失恋によって生活リズムが崩れてしまわないように気を付ける事
・失恋のショックを考えなくても良いように、何か別の事に没頭する事
が効果的なので、自分に合った方法で少しでも早く失恋から立ち直れるように頑張ってみてください。
また、失恋=絶望的な事だと思わないようにしてみるのも良いでしょう。
失恋は辛くて悲しいものです。しかし辛く悲しい失恋を克服した先に待っているのは新しい出会いであったり、新しい恋愛です。
失恋は、人として一回り大きく成長出来るきっかけだと前向きに考えるようにしたら、少しは失恋のショックも軽くなるかもしれませんよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事