1. HOME
  2. ブログ
  3. 【復縁】元彼と復縁したいなら執着は絶対ダメ!経験者が教える執着を手放して復縁する方法!

【復縁】元彼と復縁したいなら執着は絶対ダメ!経験者が教える執着を手放して復縁する方法!

復縁

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元にテクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

大好きだった彼から突然別れを切り出されたら、気持ちの整理がつかずに元カレに執着してしまう場合も多いかと思います。
「別れを受け入れたくない」「復縁したい」という気持ちが先行してしまい、執着してしまう気持ちは痛いほど分かります。
しかし復縁を考えるなら、元カレには執着していては復縁は遠のくばかりなのです。
逆に元カレに執着しない場合の方が、結果的に復縁に繋がったりもします。
そこで今回は、元カレに執着しない為の秘訣と執着を手放して復縁に繋げていく方法を紹介させて頂きます。
また元カレへの執着を手放す事が難しい理由も併せて紹介させて頂きますので、理由をしっかりと把握して元カレへの執着を断ち切る参考にしてみてくださいね。

目次

【1】何故元カレへの執着を手放す事が難しいの?その理由を徹底解剖

まず、どうして元カレへの執着を手放す事が難しいのか・・・その理由を紹介します。
理由を把握する事で執着を手放す糸口が見えてくるはずですので、目を通してみてくださいね。

(1)別れてしまったという現実に向き合えていない

大好きだった人との別れは悲しいものです。
時として、なかなかその現実を受け止めたくないと思うでしょう。
しかし、元カレと別れてしまったという現実を向き合わないと元カレへの執着をなかなか手放す事は困難となってきます。
別れてしまったという現実をしっかりと受け止めて、向き合う事で元カレへの執着を手放す糸口が見えてきますし、別れてしまったという現実を受け入れて悲しむ事も時として必要だと言えます。

(2)独り身になってしまった寂しさを受け止められずにいる

独り身を寂しいと感じるのは当然の感情でしょう。
なおかつ、元カレと付き合っていた時が楽しくて充実していたなら尚更その思い出にしがみつきたいと思うでしょう。
しかしそれは元カレへの執着を手放す事が出来なくなる要因となってしまいます。
また、人はどうしても楽しかった思い出を美化してしまいがちです。
美化された思い出は元カレへの執着を断ち切る事を困難にしてしまいますので、思い出につがりつくのは避けた方がいいでしょう。
そして「元カレじゃないとダメ」だという決めつけも危険です。そのような決めつけは、元カレ以外の人との交際を選択肢から排除してしまいますし、別れた現実から逃げてしまっているので執着を手放せなくなってしまいます。

(3)元カレの代わりになる相手がいない事を執着する理由として正当化してしまっている

基本的に人は何かに依存や執着して生きている生き物です。
ある人は、お酒。ある人は、ゲーム。ある人は、恋人。
程度は違えども、基本的に何かしらに依存して生活しているはずです。
恋人に依存している人は、元カレと別れた事によって依存する相手がいなくなり、元カレの代わりとなる人がいない状況を理由に元カレへ執着してしまう傾向が強くなってしまいます。
そういう人は何かしら別の事に依存するようにする事で、元カレへの執着を断ち切る糸口が見えてくるでしょう。

【2】元カレに執着しない為の秘訣やその方法を公開

不倫や浮気の時効

元カレへの執着を手放す事が難しい理由は把握してもらえたと思います。
ここからは、実際にどのようにして元カレへの執着を手放していくのか・・・その方法と秘訣を紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

(1)元カレと別れた現実を受け止めて、悲しむ時は思い切り悲しむ

元カレへの執着を手放す上で、別れてしまったという現実を受け止める事はとても大切です。
その現実を受け止めきれないといつまでも執着してしまいます。
そして別れたという現実を受け止めると襲ってくるのは、大好きだった人と別れた悲しみだと思います。
ここで悲しみを我慢してはいけません。
泣きたい時は泣けば良いのです。
悲しみとしっかりと向き合って、悲しむ時に悲しむ事で気持ちは少しずつ晴れていきます。
この時に注意しなければいけない事は、悲しさを紛らわす為に元カレを使ってはいけません。
元カレとの思い出に頼ったり、連絡をして話をする事で悲しさを紛らわせようとするといつまでたっても元カレへの想いを断ち切る事が出来なくなってしまいます。
元カレには頼らずに悲しみにくれる事が大切です。
失恋ソングを聞いて泣いたり、泣ける恋愛映画を見て泣いたり・・・方法は人それぞれでしょうが、自分なりの悲しみ方は見つける事が元カレへの執着を手放す近道だと思ってくださいね。

(2)別れた悲しさを一人で抱え込まずに外に吐き出す

元カレと別れた直後はどうしても悲しさに打ちひしがれるでしょう。
それを一人で抱え込んで、泣いたりする事で発散出来るなら問題ありませんが、一人で発散出来ないならいっその事、外に吐き出してしまう方が良いです。
友達や会社の同僚との飲みなどで、話を聞いてもらえば気持ちも少しはスッキリする可能性があります。
また、友達などに話を聞いてもらう事で客観的な意見を聞けたり、自分自身でも元カレとの関係を客観的に見つめなおすキッカケも生まれます。
一人で悲しさを抱え込んでも元カレへの執着を断ち切れない場合は、人に話を聞いてもらったり気晴らしに楽しく飲む事も時には大切だと覚えておいてくださいね。
そして、友達と元カレが繋がっているなら話を聞いてもらう時に復縁したいという気持ちを友達に伝えておくと、友達経由で元カレにその意思を伝える事が出来る可能性もあります。
自分自身で復縁したい事を元カレに伝えるよりもまずは友達経由で伝えられる方が、元カレも冷静に復縁に向き合える可能性があるので、有効な手段だと覚えておいてください。

(3)恋愛から遠ざかって自分の趣味ややりたい事を見つけてそれに没頭する

元カレと別れた後も恋愛に向き合っていると、いつまでも元カレへの執着を手放す事が出来ない事も考えられます。
そういった場合は、一度恋愛から遠ざかってみるのも良いでしょう。
元カレと交際していた時には、元カレとの時間を優先していたでしょうが別れた状態だと時間もあるはずです。
別れた事で生まれたその時間を無駄にせずに、趣味に没頭するのも良いでしょうし、新たにやりたい事を見つけるのも良いでしょう。
そうして趣味に没頭したりしている内に、自然と元カレへの執着は薄れていくはずです。
気付いた時には「何であんなに元カレに執着していたんだろう?」って思う時が自然と訪れるはずですよ。
また、趣味に没頭している時間は楽しいはずですし、別れて悲しいという気持ちを和らげる効果も期待出来ます。

(4)別の男性と食事に行ったり、デートしてみる

元カレへの執着を手放す方法として、別の男性とデートしてみるというのは一つの手段です。
無理に別の男性を好きになる必要はありませんが、元カレと別れた事によって女性扱いしてくれる男性が周りにいない場合はいっそのこと別の男性とデートする事によって、その人はあなたの事を女性扱いしてくれるはずなので新鮮な気持ちを味わえるでしょう。
女性扱いされて嫌な気持ちになる女性はいないはずですし、新鮮な気持ちになる事で元カレと別れてツラいという気持ちを上書きしていく事が出来ます。
ただ、別の男性とデートする上で注意しなければいけない事があります。
それは、元カレとその男性を絶対に比べないようにする事。その為には元カレと行った事のある思い出の場所などは避けましょう。
「元カレならこうしてくれた」「元カレなら・・・」と比較しても執着を強めてしまうだけです。
元カレとその男性は別の人だから、比べても仕方ありませんし、違うのは当たり前。
ましてや、付き合った年月が長い元カレの方があなたの喜ぶ事を知っているのは当然ですし、デートしている相手の男性がいきなり元カレを超える存在になる事はまずないので、決して元カレと比べないように注意しましょう。

(5)元カレの良い点、悪い点を全て紙に書き記して思い出を美化させないようにする

別れた後の悲しさが勝ってしまうと、元カレと付き合っていた頃の思い出を美化してしまうものです。
美化してしまった思い出はなかなか廃れる事なく、執着を断ち切る上での障害となってしまいます。
そこで思い出を美化する事を防ぐ為に、元カレの良かった所だけを思い出さないように悪かった欠点も含めて紙に書き記していく事で、冷静な気持ちを保てます。
欠点も書く事によって、本当に復縁を望むべき相手なのかを今一度見つめなおす事が出来ますし、場合によっては良い点より悪い点の方が目立ってくる場合もあります。
また、時間を置いてその書き記した紙を読み返した時に
客観的な視点で元カレとの付き合いを判断出来るでしょう。

(6)元カレを思い出す要因のあるものを全て処分する

元カレとの思い出の品は残しておきたい気持ちも分かります。
しかし、事あるごとに目についてしまっては思い出の品をキッカケにして元カレとの思い出が蘇ってくるでしょうし、いつまで経っても元カレへの執着を手放す事が困難になってしまいます。
処分するのが一番理想的ですが、処分出来ない人はせめて普段から目のつかない場所にしまい込むようにしましょう。
そして元カレとの思い出の品を取り出すのは、完全に元カレへの執着を手放せるようになってからにしましょう。
兎にも角にも、元カレを連想させたり思い出させたりするような品物をあなたの視界から遠ざける事が執着を断ち切る上での第一歩だとも言えます。

(7)元カレへの執着を手放す為に、無理に元カレの事を嫌いになろうとしない

元カレへの執着を手放そうとして、無理矢理に元カレの事を嫌いになろうとする事は避けてください。
嫌いになろうと自己暗示をかけても、心底から嫌いになっていないのであれば、好きだという感情の方が勝ってしまいます。
元カレの事を嫌いになろうとすればするほど、やっぱり好きだという感情が芽生えてきてしまって、執着を断ち切れなくなってしまいます。
「元カレの事はもう考えないでおこう」と思った時にこそ、元カレの事を考えてしまっているなと思った事はありませんか?
元カレの事を考えないと思う事は、考えているのと同じ事なのです。
嫌いになろうとするという行為にも、これは当てはまりますので執着を手放す為に元カレの事を無理に嫌いになるような事はしてはいけないと覚えておいてくださいね。

【3】元カレへの執着を手放して、復縁に繋げていく方法

社内不倫カップル

ここまで読んで頂けたなら、自分なりの方法で元カレへの執着を手放す糸口が見えてきているかもしれません。
早速、執着を手放す為に動き出す事は大切な事ですが、大前提として復縁を望んで執着を手放そうとしている方にとっては、肝心の復縁に繋げられなければ意味がありませんよね?
そこでここからは元カレへの執着を手放した上で、どのように復縁に繋げていくのかを紹介していきます。
しっかりと手順を踏んで復縁に向けて行動していけば、復縁成功への近道となりますので、目を通して参考にしてみてくださいね。

(手順1)自分自身が元カレとの別れを受け入れて、冷静な判断が出来るようになるまでは必ず元カレと距離を置くようにする

元カレへの執着を手放す方法や秘訣で紹介したように
・自分の趣味ややりたい事に没頭したり
・他の男性とデートしてみたり
・友達と遊んだり
・元カレとの思い出の品を片付けたり
第一にすべき事は、元カレへの執着を断ち切って冷静な判断を出来るようにする事です。
当然ですが、その間は元カレと接触しないようにしてください。
あなたから元カレに連絡を取るのは絶対にNGです。
もしも元カレの方から連絡がきても、極力会話を続けないようにしましょう。
「せっかく元カレから連絡してくれているのに冷たくしたら、元カレの気持ちはもっと離れてしまうのでは?」って思うかもしれません。
しかし冷たくする事で、逆に元カレの気を惹く事も出来るのです。
「なんかそっけないな・・・」「俺の事まだ好きだと思ってたけど、もしかしてもう俺への気持ちはないのかな・・・」と思うと、男性は急に相手の事が気になったりする場合があります。
そうこうしている内に、あなたは冷静さを取り戻す事が出来るでしょうし、その上で次の手を打っていく事が出来るので効果的だと言えますよ。

(手順2)冷静さを取り戻す事が出来たら、次は元カレと友達として関係をやり直していく

別れてからある程度の期間を置いて、元カレへの執着を手放して冷静さを取り戻す事が出来たと思ったら、元カレに連絡してみましょう。
だたし、ここで注意して欲しいのはいきなり復縁を迫ってしまうのはいけません。
また復縁したいという気持ちを覗かせて、元カレに悟られるのも良くないです。
復縁したいと思う下心が元カレに伝わってしまうと、元カレが警戒する可能性があります。
場合によってはあなたが好意を持っている事を利用して、都合のいい女というポジションになってしまう可能性だってあります。
ですので、元カレに別れてから初めて連絡する時は「元気?最近どう?」くらいの軽い内容で近況を探る程度の内容にしましょう。
それくらい軽い内容の方が元カレも返信しやすいはずですし、元カレの近況を探る事も出来ます。
連絡を取り合えたら、こちらの近況も話ながら会話を広げていきましょう。
元カレへの執着を手放そうとしている間に、あなたは元カレの知らない体験や経験をしているはずです。
そういった話を織り交ぜていく事で、元カレに「俺の知らない〇〇(あなた)がいる」と思わせる事で男性の嫉妬心を駆り立てる可能性も望めるでしょう。
そしてある程度会話が弾んできたと思ったタイミングで、「久しぶりにご飯でも食べに行ってみようよ?」って軽いノリで会う約束を取り付けるようにしましょう。
会う約束を取り付けたら、次の段階です。

(手順3)元カレと会う約束を取り付けた後は、別れる原因になった問題点を再度認識しなおして、改善しておくように心がける

元カレと会う約束を取り付ける事が出来たからといって、まだ喜んではいけません。
別れる原因となった問題点をしっかりと認識しなおして、改善しておかないと再会しても復縁は難しいでしょうし、仮に復縁出来たとしてもまた同じように別れてしまうという結果になってしまう可能性が大いにあります。
何も理由なく、別れるなんて事は殆どないはずですし、一度別れる事になったのは何かしら原因があるはずです。
もしも、心当たりが思い浮かばないなら友達にでもあなた自身の欠点を客観的な視点で教えてもらって、その欠点を少しでも直せるようにしておきましょう。
友達が客観的な視点で教えてくれたあなたの欠点は、少なからず元カレも不満を持っていたはずですので直すべき点です。
別れた原因がハッキリしている場合は、その原因を改善出来るように全力を尽くしましょう。
そして、元カレと再会した時に別れる原因になった問題点は改善された事、もしくは改善する為に今も全力で努力しているという姿勢を感じてもらえるようにするとベストです。

(手順4)実際に再会した時には、元カレに「もうあなたに執着していないよ」という事を思わせる

再会した時に、元カレに対して「もうあなたに執着していないよ」という事を思わせる事も復縁を成功に近づける上で重要な事です。
執着を感じさせない方法として、態度や会話の内容でも執着していない事を感じさせる事は出来るでしょうが、イメージチェンジをする事によって一目で感じさせる事が可能なのでイメージチェンジをする事はオススメの方法です。
例えば、付き合っていた当時、元カレの女性の服装の好みがカジュアル系だった場合はキレイ目の服装にしてみるとか・・・元カレがロングヘアーが好きだと言っていたならヘアスタイルを短くしてみるとか・・・メイクの仕方一つとってもナチュラルメイクが好きだと言っていたらバッチリメイクに変えるとか、色々と方法はあります。
どこか一つイメージチェンジする事で、久しぶりに再会した時に元カレに付き合っていた当時と違った印象を与える事が出来ますし、「俺の為に付き合っていた時は好みに合わせてくれていたのかな」という感じさせる事も出来ます。
ただし、イメージチェンジするといっても前よりも綺麗にならなければ意味がありません。
ただ単にメイクや髪型や服装を変えるだけでなく、きちんと周りから見ても綺麗だと思ってもらえるようなイメージチェンジをしないと元カレに「前の方が良かった」と思われてしまっては復縁の道が閉ざされてしまう可能性があります。
しかし、イメージチェンジして付き合っていた時のあなたと違った印象を元カレに与える事に成功すると「もう俺の彼女だった頃の〇〇(あなた)は消えてしまったんだ」と思わせる事が出来るでしょうし、そう思わせる事が出来たら男性特有の独占欲の炎を燃え上がらせる事が出来て復縁への近道になるはずですよ。

(手順5)元カレと再会した後は、あなたが他の事に熱中して取り組んでいる姿を見せるようにしていく

元カレと再会して、実際に食事をしながらお話した後だと元カレとの距離感もだいぶ修復されてきているでしょう。
後は距離を縮めていきながら、復縁に繋げていくだけですが、その時の行動にも注意する必要があります。
あくまでも元カレに「あなたには執着していない」という事を感じさせないようにしなければなりません。
その方法として、何かに熱中して取り組んでいる姿を元カレに見せるのが効果的です。
何かに熱中している人は魅力的ですし、頑張っている姿は輝いて見えるものです。
元カレとの距離感がある程度縮まっているなら、熱中している事の相談をしてみるのも良いでしょう。
例えば、趣味の事を相談するなら「最近、カメラを買って写真を撮る事にハマっているんだけど、どこか良いスポット知らない?」とか「今、料理にハマっているんだけどお世辞のない率直な感想を聞きたいから今度試食してくれない?」とか言えば、誘う口実にもなります。
仕事に熱中していて、仕事の事を相談するなら「今仕事で大きなプロジェクトに携わっているんだけど、うまく進んでいないから相談乗ってほしいな」など困っている事を率直に相談するのが良いでしょう。
元カレに相談する事で、相手は頼られているという感覚になりますし、悪い気はしません。
そして元カレに対して「今はもうあなたの事よりも夢中になっている事があるの」というアピールにもなります。
このようにして、徐々に距離を縮めていけば自ずと元カレがあなたに恋心を抱く可能性も高まりますし、復縁の道を切り開く事が出来ると思いますよ。
後はタイミングを見計らって、復縁したいというあなたの意志を元カレに伝えるだけです。

【4】執着を手放して復縁を成功させた経験者の体験談

結ばれたカップル

元カレへの執着を手放して、復縁に繋げていく方法まで紹介してきました。
ここまで読んで頂けたなら、あとは実行に移すだけですが最後に元カレへの執着を手放して復縁を成功させた経験者の体験談を紹介させて頂きたいと思います。
経験者の体験談は貴重な意見ですし、元カレへの執着を手放す事が出来た未来のあなたの姿でもあると思って、目を通してみてくださいね。

≪Eさんの体験談≫

 

 

 

私が彼への執着心を捨てて、復縁を成功させた体験談を話しますね。
彼とは仕事関係で知り合って付き合っていました。
彼は取引先の営業マンで、私は受付嬢をしていたので上司に取り次ぐ機会が多くて段々と仲良くなってプライベートで食事に誘われた事から交際がスタートしたと思います。
最初は順風満帆に交際していたんですけど、実は私、すごくヤキモチ妬きで嫉妬心から彼の事を段々と束縛してしまうようになってしまったんですね。
彼は営業っていう仕事柄、付き合いで飲み会が入る事も多かったり、帰りが遅くなる事も多くて・・・。
仕事だっていうのは頭では分かっていたんですけど、感情がそれに追いつかなくて、飲み会で帰りが遅くなる彼の事を怒ってばかりでした。
最初は彼も「遅くなってごめんね、仕事だから仕方なくて・・・」って謝ってくれていたんですけど、段々とケンカに発展するようになって付き合って1年半くらい経った時に大ゲンカをしてしまい、そのまま別れてしまいました。

別れてすぐの頃は彼を縛り付けてしまって束縛した事をすごく後悔しましたし、好きだったから束縛していたので彼に対する気持ちを捨てきれませんでした。
だけど、後悔した所で彼が戻ってくるわけではありませんし、私の職場に彼が取引に来る事はありましたけど社内で会っても挨拶をするくらいで付き合っていた頃のような会話をする事は一度もなかったです。
復縁したいと思う気持ちは強かったですけど、いつまでも彼に囚われていたら私自身すごくダメな女になると思ったので、彼への執着心を断ち切る事を決めたんですね。
まず、彼との思い出の品は全部捨てました。
そして、付き合っている事は彼に依存していて全然手付かずだった私自身の趣味を再びやってみようと思ったんです。
彼との思い出の品を全部捨てた事で家に一人でいる時にその思い出の品が目について、彼の事を思い出してしまう事はなくなりましたし、趣味を再開した事で自然と日々の生活が楽しくなっていった実感はありました。
それに趣味に没頭している間は、彼の事を考えずにすみましたし、心から楽しむ事が出来ていたと思います。
次第に彼の事はどうでも良いというか、復縁したいと執着していた気持ちが薄れていったのを今でも覚えています。
そして彼への執着心を捨てきって日々趣味と仕事に励んでいたんですけど、別れて半年くらいたった時に付き合った記念日がきて「彼、元気にしてるかなぁ」って思って連絡してみようと思ったんです。
今なら彼への執着心も捨てきれているから連絡しても、彼に対する気持ちに振り回される事はないとも思ったので久しぶりに「元気?最近仕事どう?」って連絡してみたんです。
彼も普通に返事をくれて、そこからお互いの近況を話したり他愛のない話でやり取りを続けていました。
やり取りを続けている内に色々と思い出話に花が咲いて、久しぶりに食事に行ってみようという話になったんですね。
久しぶりに彼に会う事が決まって、すごく楽しみでした。
その時に「もしかしたら復縁のチャンスがあるかも?」って思ったので、彼への執着心はもう無かったですけどチャンスがあるなら好きって気持ちはまだあるから、出来るだけの事はしようと思ったんです。

 

会う事が決まった以上、会った時に昔の私とは違うという事を彼に感じて欲しかったから、ヘアスタイルを変えたりメイクも変えてみたり、ちょっとしたイメチェンをして当日会いに行こうと思ったんです。
あと、別れる原因になったのは私の束縛が原因だと分かっているから別れてからその欠点は直すように努力してきたつもりだし、もう束縛したり嫉妬したりしないように変われたという所も見せようと思いました。
実際に彼と再会して、話していると「やっぱり彼の事が大好き。復縁したい」と強く思ったんですけど、その場では復縁の話はしなかったですし、そんな素振りも見せないように努力したと思います。
焦って、せっかくのチャンスを台無しにはしたくなかったですからゆっくりまた距離を縮めていって時が来たら復縁したいって話を切り出そうと思いました。
再会した後も彼と連絡は取り続けましたけど、復縁したいと私が思っていると彼に気付かれて距離を置かれてしまうのは怖かったので、極力その気は見せないように仕事の悩みを相談したり、趣味で私がその時にハマっていた事の話をしていましたね。
そんな風に彼と接している内に、別れた事で一度は離れてしまった距離感が付き合っていた頃のように縮まってきた実感も得られるようになってきたので、復縁を迫るなら今しかないと思い切って彼を呼び出して告白したんです。
何て言ったか細かくは覚えていませんけど、別れる原因になった束縛はもうしない事と、彼をどれだけ好きなのかという気持ちを伝えたと思います。
彼も私の変化に気付いてくれていたみたいで、もう一度私の事を信じてくれて、無事にやり直す事が出来ました。
今でも思うのは、きっと彼への執着心を捨てなければずっとウジウジしていたと思いますし、彼に復縁を迫ってもうまくいかなかったと思います。
一度彼への想いを断ち切る事で、私自身も成長出来ましたし、それが復縁に繋がったんだと思いますよ。

【まとめ】

 

 

今回は元カレへの執着を手放す事で復縁に繋げていく方法を紹介してきましたが、いかがでしたか?
別れてすぐにでも元カレと復縁したいと思う気持ちはすごく分かります。
しかし、元カレに対する想いに執着していても復縁は夢のまた夢でしょう。
いっその事、元カレへの執着を手放した方が復縁の可能性が見込める事はここまで読んで頂けたあなたなら理解出来るはずだと思います。
もしも今、あなたが元カレに対して執着した気持ちを持っているのでしたら、騙されたと思ってここで紹介したような方法で執着心を手放してみてください。
きっと今よりも状況は良くなるはずですよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事