1. HOME
  2. ブログ
  3. 【男性心理】結婚を意識&考えている男性のサインや特徴はコレ!行動パターン6選!

【男性心理】結婚を意識&考えている男性のサインや特徴はコレ!行動パターン6選!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元にしたテクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

「今の彼氏は結婚を考えてくれているのかな?」って20代から30代で交際中の女性なら一度は考えた事あるのではないでしょうか。
男性と違って女性にとっての婚期は短いですし、婚期を逃してしまうと結婚のハードルが上がってしまうので誰しも婚期を逃したくないと考えていると思います。
結婚はタイミングとも言いますが、そもそも結婚する意志のない男性と交際を続けていても未来はありません。
ただ、男性にとっても結婚となると責任が生まれてきますし、慎重になったりするものです。
そこで今回は、既婚者の意見や体験談を基に、結婚を考えている男性の特徴や男性が出すサインを紹介させて頂きます。
タイミングを逃さず結婚する為には、彼が出している結婚しても良いと考えているサインを見逃さない事も大切になってきますので、参考にしてみてくださいね。

目次

【1】男性が結婚したいと考える女性のタイプ9つ

交際している彼に、結婚したいと思ってもらえるような女性になる事が一番大切ですよね。
彼が結婚したいと思えるような女性に近づかない事には、いつまで経っても彼はあなたとの結婚を考えてはくれません。
男性はどんなタイプの女性となら結婚したいと思っているのか・・・
ここでは男性が結婚したいと考える女性のタイプを紹介していきますので、参考にしてみてください。

自分の意見をきちんと持っていて、周りに流されないタイプの女性

自分の意見を持っていないタイプの女性だと、優柔不断で肝心な時にも夫である自分に頼りきりになってしまう可能性がある・・・そう考えてしまう男性は多いようです。
夫婦関係は二人が協力してしっかりと歩幅を合わせて営んでいくもの。そのような関係において、片一方に頼りきりになってしまうような関係を男性は望まないのです。
片一方に頼りきりの関係だと、何かトラブルが起こった時にも自分一人の力で何とかしなくてはならないですし、それだと夫婦になる意味があるのかと考えてしまうみたいですね。
このような事から、自分の意見をきちんと持っていて周りに流されないタイプの女性と結婚したいと思うようです。

いつでも明るくて、ツラい時でも笑顔を絶やさないタイプの女性

ツラい時は生きていれば誰でもあるものです。そのツラい時を支えるのがパートナーとしての役目。
男性はツラい時に、女性の明るさや笑顔に癒されたりするものです。
自分がツラい時に結婚相手の女性まで一緒になって落ち込んだり、ネガティブ思考になっていたのでは元気になるキッカケももらえません。
また、男性はパートナーである女性の笑顔を守ろうと必死に頑張ったりもします。
守りたい笑顔をあまり見せない女性だと、結婚生活をうまく続けられる自信を見出せない男性は多いようです。
結婚したいと思う男性の前では、なるべく笑顔でいる事を心がけてネガティブ発言をしないようにすると良いでしょう。

家事全般をしっかり出来るタイプの女性

結婚するなら家事をきちんと出来る女性が良いと思う男性はやっぱり多いようです。
共働きの夫婦が増えてきている今、夫である男性も家事をして家事分担制の夫婦も多いでしょうが、家事をきちんと出来る女性である事にこした事はありません。
特に料理に関して重要視している男性が多いようですね。
毎日のお弁当や、仕事から帰ってきた時に用意されている暖かいご飯という楽しみがあるだけで日々の仕事を頑張る力が湧いてくるようです。
一人暮らしをしている女性なら、交際している期間に彼氏を家に招き入れる機会もあるでしょうから、その時に部屋の整理整頓が出来ていたり手料理を振る舞ったりして家事がきちんと出来る女である事をアピールするのが良いかもしれませんね。

彼氏である自分だけでなく、家族のことも大切にするタイプの女性

結婚は彼氏と彼女だけの問題ではありません。
お互いの両親とも家族になるのが結婚です。
彼氏である自分の事しか大切にしないような女性だと、結婚してからの家族付き合いに不安を抱く男性は多いようです。
また、家族を大切にするだけでなく、当然子供が好きな女性であって欲しいとも思っているようです。
子供が嫌いな女性だと子育てをきちんとしてくれるか不安に感じるでしょうし、当然と言えば当然ですよね。
結婚生活をリアルに考えている男性であればあるほど、結婚相手の女性には子供や家族を大切にする女性が良いと考えているものです。
結婚したいと思う彼氏の家族に会った時には、最低限挨拶して、出来ることなら軽く談笑出来ると彼のあなたに対するポイントも上がるはずですよ。

気付くべき所に気付いて、気配りがきちんと出来るタイプの女性

結婚する相手の女性はしっかり気配りが出来る女性がいいと思う男性は多いようです。
結婚後、友人や同僚、上司などを自宅に招いた時に気配りが出来る奥さんとそうでない奥さんとでは、彼の見る目にも響いてきます。
自宅に招いた友人や同僚、上司に「お前の奥さん、全然気配り出来てなかったね」と思わせたくないのは、男性としてのプライドなのかもしれません。
お茶を出す、仕事の話をしている時はそっと部屋を離れるなどのちょっとした気配りが出来るだけで印象は大きく違ってくるものです。
そういった状況を結婚前に作るのはなかなか難しいかもしれませんが、普段のデートでも居酒屋などへ行った時にも気配り出来る女をアピールする機会はあります。例えば彼に取り皿を取ってあげるとか彼の飲み物がなくなりそうだったら「次何飲む?」って聞いてあげながら店員さんを呼ぶとか、ちょっとした気配りで彼が好印象を持つ可能性はありますよ。

女性としての恥じらいや最低限の身だしなみを怠らないタイプの女性

結婚して毎日一緒にいると、恥じらいもなくなり身だしなみも怠ってしまいがちになると思います。
メイクをしっかりする事の大変さ、女性として恥じらいを忘れずに振る舞う事の大変さも理解は出来ますが、それでも男性は妻である女性にはいつでも綺麗でいて欲しいと願うものですし、女性としての恥じらいも忘れて欲しくないと思っているものです。
夫の前では素の自分でいたい、気を張り詰めずにいたいと思うかもしれませんが、あくまでも男性が求めているのは最低限の恥じらいと身だしなみです。
結婚する前でも、交際期間が長くなるとついつい気を許してしまってだらしない一面を見せてしまう事もあるかもしれませんが、そうならないように少し意識するだけで彼の中での結婚のハードルを一つクリアできるかもしれませんよ。

専業主婦希望ではなく、少しでも家計を助けてくれるタイプの女性

ひと昔前は逆で、専業主婦になって欲しいと願う男性が多かったのは事実です。
ですが、このご時世に男性一人の収入だけで家族を養っていく事が出来るのはほんの一握りの高収入の男性のみ。
結婚生活をリアルに想像している男性であればあるほど、子供の教育費や生活費など様々な出費や貯金の事も考えているでしょうから、奥さんにも家計を少しでいいから助けて欲しいと思うのは当然と言えば当然です。
もちろん、男性の心理としては自分一人の収入で家族を養えるようになりたいとは思っているでしょうが、難しいのが現実。
専業主婦になりたいと心の中で思っていたとしても、彼の前では口にしない方が良いかもしれませんね。
しかし結婚する上で、共働きか専業主婦かは大切な事だと思いますのでいずれはきちんと話し合ってお互いの認識をすり合わせる必要があるでしょう。

最低限の礼儀やマナー、一般常識がしっかりしているタイプの女性

男性は周りからの視線や評価を気にするものです。
夫婦となる女性に、礼儀やマナー、一般常識がないと一緒に出掛けている男性は外で恥ずかしい思いをしてしまいます。
挨拶が出来ない、お礼が言えないなどの礼儀がなっていない女性や、電車で優先座席に座ったりするなどのマナーがなっていない女性と結婚して恥をかくのは自分だと思う男性が多いので、最低限の礼儀やマナーは身につけておいた方がいいでしょう。

肝が据わっていて、いざという時に気丈に振る舞えるタイプの女性

女性にか弱さや女性らしさを求める反面、いざという時に気丈に振る舞って家族を守るたくましさを求める男性もいます。
自分が大きな病気を患ってしまって入院する事態になってしまった時や、突然の単身赴任で家をあける事になってしまった時、子供がいる家庭なら守っていけるのは妻しかいません。
普段はか弱くて男性に頼る事が多くても、そういったいざという場面では肝を据えて家族を守ってくれるタイプの女性となら、結婚してもうまくいく未来を想像しやすいのかもしれませんね。

【2】男性が交際中の彼女との結婚を考える6つの瞬間

大好きな彼女と交際していても、「結婚はしたいとは思っているけど、今はまだその時期じゃないかな」とか「結婚に対する実感が湧かない」とか、男性は色々と考えていたりするものです。
そんな風に考えている男性でも、キッカケやタイミングあるとその考えを一変させて「結婚したい」と思う瞬間が来るそうです。
ここでは、男性がどういうタイミングやキッカケで交際中の彼女との結婚を考えるのか紹介していきます。
なかなか結婚に踏み出してくれない彼の背中を後押しする事にも繋がる可能性があるので、参考にしてみてくださいね。

両親や家族からのプレッシャーを感じた時

親はいつでも子供の幸せを願っているものです。
結婚が幸せかと言われたら、そうではないと答える男性も中にはいるかもしれませんが、親世代だと結婚=幸せだと考えているもの。
ある程度の年齢になってくると、親から「結婚はまだしないのか?」とか「結婚する相手はいるのか?」とか言われたりする男性もいます。
一人っ子や家族で結婚している兄弟がまだいない場合だと「早く孫の顔が見てみたい」などとプレッシャーをかけてくる親もいたりします。
そういったプレッシャーを親からかけられる事を疎ましく思う男性もいる反面、「そろそろ結婚について真剣に考えよう」と思うキッカケになる男性もいるみたいです。
また弟や妹がいる男性に限っては、兄である自分よりも先に弟や妹が結婚すると、その事がプレッシャーとなる場合もあるそうですね。
弟や妹が結婚したのに、兄である自分がまだ結婚していないのは負けた気がするという男性特有のプライドで、「自分も早く結婚しなきゃ」と思うようになるそうです。

彼女の女友達から「いつまでも待たせていたら逃げちゃうよ」などと、彼女の気持ちを聞かされた時

交際している男性に、女性の方から結婚しようとは直接的には言いづらいものですよね。
ただ、鈍感な男性はそういう彼女の気持ちになかなか気付けないものです。
「まったく結婚を考えていないわけじゃないけど、彼女の気持ちが分からない」などと色々考えた結果、「まだ結婚はいいかな」っていう気持ちになってしまっている可能性もあります。
そういった時に彼女の女友達から「〇〇ちゃんはプロポーズされるの待ってるんだよ」とか「あまり待たせてると〇〇ちゃんは他の男に取られちゃうかもしれないよ」って聞かされると、彼女はそんな風に思っていたんだという気持ちに気付いてプロポーズをしようと決心する男性もいるそうです。
「待たせてしまっていたんだ」とか「他の男に取られてしまうのは嫌だ」という気持ちが彼の結婚への意思を駆り立てて、真剣に結婚を考えてくれるようになるわけです。
鈍感な男性に起こりがちな状況なので、彼がなかなかプロポーズしてくれなくて悩んでいるなら、共通の女友達の協力を得てあなたの本心を彼に伝えてみるといいでしょう。

何かしらの節目が迫っている時

お互いの年齢や、付き合い始めて何年といった節目が迫ってくると結婚を意識する男性は多いそうです。
一般的に女性は30歳を超えると結婚のハードルが高くなるのが現状ですよね。
高齢出産のリスクもありますし、どうしても若くて美しい女性が好みな男性が多いのも事実です。
女性全般が考える「30歳までに結婚したい」という世間一般の考えは男性も周知しています。
だから、交際している彼女の30歳の誕生日が近づいてくると結婚を意識する男性は多いそうですよ。
男としても責任を感じるそうです。
また年齢だけでなく、長く交際をしているカップルの場合だと付き合って〇年という節目が近づいてくると結婚を意識する男性も多いみたいですね。
例えば付き合い始めて3年目、5年目、10年目といった記念日に入籍する為にプロポーズの準備をしようと思い始めるようです。
彼に結婚を意識させるなら、普段のデートや会話の中で「〇歳までには結婚したい」とか「付き合って〇年って記念日に入籍出来たら幸せだよね」みたいにさり気なくアピールしておいて、彼の脳裏に焼き付けておくと節目が迫ってきたら意識してもらえるかもしれませんよ。

既婚者の友人から、結婚生活の良さを聞いた時

既婚者の友人がいる男性は、既婚者から結婚生活の良さを耳にする機会も多いでしょう。
友人宅に遊びに行く機会があれば、そこで見せつけられる幸せそうな光景を羨ましく感じたりもします。
そして友人から「妻が毎日作ってくれる手料理は最高。結婚前は食事はコンビニだったけど、今その時の生活に戻れと言われたら無理だ」とか「仕事で嫌な事があって疲れていたりしても、子供の笑顔や寝顔を見ると嫌な事も疲れも全部吹き飛ぶよ」などの話を聞くと、自分も結婚したくなってくるものです。
独身男性の場合、結婚に対するイメージは責任がつきまとうものだったり、苦労するものだったり、あまり良いイメージを持っている人は少ないと思います。結婚は人生の墓場という有名な言葉もありますし、そういった先行するイメージにとらわれて結婚を前向きに考えられない男性もいるのでしょう。
ですが、実際に結婚した友人の生活を見たり聞いたりする事で、抱いていた結婚に対する良くないイメージが良いイメージへと変わり、真剣に結婚を考えるようになるようです。
ただし、これは友人の結婚生活がうまくいっている場合に限りますので必ずしも既婚者の友人から聞く話がプラスに働くとは考えないように注意が必要です。夫婦仲が不仲な友人から愚痴を多く聞かされているようでしたら、結婚に対して億劫になるのは目に見えていますから。自分の容姿が衰えてきた時

歳を取れば取るほど、人間は老いていく生き物です。
「彼女と交際をスタートした時は痩せていたけど、最近ちょっとお腹周りが気になる」「白髪が目立つようになってきた」「髪の毛が少し薄くなってきてこのままならハゲてしまうのでは・・・」などと、自分の容姿に衰えが見え始めてきたら「彼女は何も言ってこないけどこのまま衰えていく一方ならいずれは捨てられてしまうのではないか」という不安を感じるそうです。
そういった不安を感じた時に、「完全に自分の容姿が衰えてしまう前にプロポーズしないと、いざって時にフラれてしまうかもしれない」という焦りから結婚に対して積極的になる男性もいるようですね。

交際中の彼女の結婚願望に触れた時

長く交際をしていると、どちらも結婚を考えたりはするもの。
交際している中で、彼女が結婚願望を持っている事を感じると実際に結婚を意識する男性は多いようです。
例えば彼女の家に遊びに行った時に、ゼクシィなどのウエディング雑誌があるのを発見した時とか・・・一緒にテレビを見ていてウエディング特集の番組が流れた時に、「結婚式ではあんな可愛いドレスを着てみたいな」とか・・・。
そういった彼女の結婚願望に触れた時に、「もしかして俺からのプロポーズを待ってるのかな・・・」と男性は思うようです。
ただし、結婚願望を彼に伝える時に気を付けたい方がいい事は「早くプロポーズして」とか「次の誕生日プレゼントは婚約指輪がいいな」とか直接的な言葉で伝えるのはやめた方がいいでしょう。
プロポーズしない自分を責められているように感じる男性もいますし、それで気持ちが萎えてしまう男性も中にはいますので、伝える時はあくまでも遠回しに結婚願望がある事を伝えるようにしてみてください。

【3】結婚したいと思った彼女に対して、男性がみせる6つのサイン

「この人と結婚したい」と思っているのは、女性だけではありません。
恋人として交際しているのですから、遊びでない限りは男性ももちろん付き合っている女性と結婚を視野にいれているはずです。
結婚を考えている男性は、自ずとそのサインを出していたりします。ただし男性は不器用な人が多いので、男性が出している結婚したいと思っているサインを見落とさないように注意が必要です。
実際にどのようなサインを男性が出しているのか気になりますよね。
これから紹介する具体例を参考に、彼からのサインを見逃さないようにしてみてくださいね。

将来の事を積極的に話し始める

「将来どんな家に住みたい?間取りとか・・・」とか「子供は何人欲しい?」とか将来に関する話を彼が積極的に話し始めたら、結婚を意識しているサインです。
結婚したいと思っていない相手に対して、将来の事を話すことほど無駄な事はありませんし、将来の事を話すのはその人ととの将来を考えているからに他ありません。
それが結婚を意識しての事なのか、無意識のうちに話してしまうのかはそれぞれ男性によりますが、無意識だとしても結婚を頭の中で意識している事は間違いないでしょう。
また、将来の事を彼女と話すという事は、彼女の結婚観を知りたいと思っている証拠でもあります。
自分の結婚観と合うのか、合わないのか・・・それを確かめようとしている場合もありますので、彼と結婚したいという気持ちが強いなら結婚観を合わせるのも一つの手です。
譲れない部分は自分の意見を主張してもいいですが、彼と一緒になれるならそんな些細な事は気にしないという質問が飛んできたなら「あなたはどうなの?」って質問返ししてみて「私も同じだよ」と合わせるか、「私はあなたと一緒に暮らせるならその点は気にしないかな」ってストレートに伝えるのもいいと思います。

お金に関しての価値観をすり合わせようとしてくる

結婚生活においてお金の管理はとても重要なものになってきます。
お金の価値観の違う人と結婚しても、その価値観の違いからケンカが絶えなかったり挙句の果てには離婚したりと幸せな生活が待っているとは考えにくいものです。
「今までにした衝動買いで一番高価なものって何?」とか「月にいくらくらい貯金してる?」とか遠回しな質問だったりする場合でも、お金の価値観をしっかり合わせておきたいという彼の真意がこもっています。
中には「結婚したら旦那のお小遣いは月いくらくらいで考えてる?」とか「新婚旅行とか結婚式はどのくらいお金かけてもいいって考えてる?」などの直接的な質問をしてくる男性もいます。
お金の話は生々しくて、話している時は楽しくないかもしれません。ですが、幸せな結婚生活を長く続けようと思うからこそ、彼は大切なお金の価値観をすり合わせようとしているのです。
結婚したいと思う女性でないとこのような話はしないのが普通ですし、お金に関する話をされたら彼が結婚したいと思っているサインだと受け止めて間違いないでしょう。

仕事についての理解を求めるような話し合いをしたがるようになる

このご時世、結婚しても共働きの夫婦が多いですがやはり主には男性の収入で家計をやり繰りしている場合が殆どです。
男性は結婚した後、自分の仕事で家族を守る責任が出てきますし、勤務時間が不規則な仕事であればあるほど結婚する相手に自分の仕事の事を理解していて欲しいと思うもの。
「帰りが遅くなる日に妻を不安にさせたくない」とか「急な出張になる事もあるから予め理解しておいてほしい」とか、結婚した後の生活を円満にする為にも自分の仕事の事を話しておきたいと思うのは男性としては当然なのかもしれません。
また、自分の仕事に関してだけでなく、女性側に結婚した後の仕事はどうするのかを聞いてくる男性もいます。
そういった話を彼女と話し合おうとするのも、結婚を視野に入れているからこそです。
自分の仕事に関して話し合おうとしてきたり、彼女に結婚後の仕事はどうするのかなどを聞いてきた場合は、彼の中で彼女と結婚したいと思っているサインと思って間違いないでしょう。

友人を含めた数人で遊ぶ機会を設けようとしてくる

結婚しても、友人との友情や交友関係は壊したくないと思うのが男性の心理です。
結婚する事で友人と疎遠になってしまうのは寂しいから嫌だと考えている男性は多いでしょう。
結婚して夫婦になった時に、彼女は自分の友人と仲良くしてくれるのかというのを確認したくて一緒に遊ぶ機会を作ろうとしているのです。
友人含めた数人で遊び提案をされた時は「せっかくデートするなら二人きりで会いたいのに」と思ってしまうかもしれませんが、どうして彼が自分の友人と彼女を会わせようとしているかを考えてみましょう。
ただ単に、彼女とも友人とも遊びたいから同じタイミングで遊ぶ計画をするという男性は少ないはずです。ましてや、大好きな彼女なら友人であっても他の男と引き合わせたくないと思うでしょう。それでも自分の友人と会わせようとするという事は、結婚後の友人付き合いを見据えているからなのです。
もし、彼から「今度友達を紹介する」とか「今度友達も呼んでみんなで一緒に遊びたいんだけどいい?」って言われたら、嫌な顔をせずに彼が結婚を考えているサインだと受け止めて、彼の友人と仲良くする事を考えてみましょう。

生活スタイルや家事、その他のこだわりなどを話してくるようになる

いくら仲の良いカップルとはいえ、結婚して一緒に暮らすとなればそれぞれの生活スタイルがありますし、食い違う部分から揉め事に発展しかねません。
「電気の消し忘れ」「食事後の洗い物のタイミング」「掃除の頻度」「休日の過ごし方」などなど・・・夫婦円満な生活を続けていく上で、すり合わせておかないといけない事項は山ほどあると思います。
他にも、生活する中でこれだけは絶対に譲れないこだわりなどもあるでしょう。
こだわりに関しては人それぞれなので例になってしまいますが、例えば「毎日の晩酌は絶対に欠かせない」とか「休日は目覚ましを合わせない」とか・・・。
そういった一緒に生活する上でのこだわりや生活スタイルを話し合うようになるのは、彼が結婚を考えているサインだと思って間違いないでしょう。

ウインドウショッピングで宝石店に立ち寄りやすいルートをデートコースに選ぶようになる

プロポーズの時に渡す婚約指輪は、男性にとっても女性にとってもとても重要なプレゼントですよね。
彼女との結婚を考えている男性は、指輪のプレゼントをどうしようと考えるものです。
ですが、直接彼女に指輪のサイズを聞いたり、指輪の好みを聞いたりするのは、プレゼントのサプライズ効果が減ってしまうので男性としてはどうにかして自然な流れで聞き出したいと考えるでしょう。
そこで、デートの最中に「ちょっと寄ってみる?」と言いやすいように宝石店に寄りやすいルートをデートコースに選んだりします。
男性の方から「寄ってみる?」と言ってこなかった場合、一度では気づきにくいかもしれませんが、何度かデートを重ねていて「あれ?この前も宝石店の前を通ったような・・・」と思ったら彼女の方から「寄ってみよう」って彼に言ってあげるといいですよ。
また店員さんとの会話の中でさりげなく彼に聞こえるように、自分の指輪のサイズを言ったり、指輪の好みを伝えてあげると彼の背中を後押しする結果に繋がるかもしれません。
少し分かりにくいサインかもしれませんが、彼は彼女に指輪をプレゼントしようと考えているからこのようなデートコースを練るわけですし、クリスマスや誕生日などの記念日が近いわけでないなら彼が結婚を考えている事はほぼ間違いないですよ。

【まとめ】

 

 

結婚を考えている男性がみせるサインや、男性が彼女との結婚を意識する瞬間など、既婚者さんの意見を基に紹介させて頂きました。
男性が結婚を意識するまでの足取りはスローペースな人もいるかもしれませんが、一度結婚を意識し始めるとそこからの行動は積極的になるようですね。
注意しないといけないのは、結婚したいと思う気持ちを全面に彼に押し付けてはいけないという事かもしれません。
結婚は男女双方の気持ちが一致して初めて成立するものですので、彼がその気になっていないのに無理に結婚を迫ってもうまくいくはずがありませんよね。
結婚したい気持ちがある事をアピールする事は大切かもしれませんが、自分の気持ちを優先させるあまり彼の気持ちが遠のいてしまわないように気を付けてくださいね。
大事な事は、彼が結婚したいと思って行動起こした時のサインを見逃さずにキャッチして、結婚に繋げていく事だと思いますよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事