1. HOME
  2. ブログ
  3. 【不倫体験談】経験者が教える不倫相手と綺麗に後腐れなく別れる方法&テクニック8選!!

【不倫体験談】経験者が教える不倫相手と綺麗に後腐れなく別れる方法&テクニック8選!!

別れ

今回も皆さんから寄せられた不倫経験者さんの体験談を元にしたテクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

不倫は少数の例外を除いて、実ることのない恋愛です。相手を嫌いになったわけではないけれど、表に出せないお付き合いに疲れてしまい、別れを切り出す場合もあるでしょう。どんなケースでも、男女の別れは辛いもの。せめて後腐れなく綺麗に別れて、ダメージを最小限にとどめたいものですね。

今回は不倫相手とのスマートな別れ方のコツを経験者のお話からまとめてみました。

「別れる」意志をしっかり固める

別れる意志固める女性
「いけないとわかっていてもやめられない」から不倫関係に陥るのです。不倫に悩む人は元々人に押し切られやすく、意志が強くない傾向があります。まずは別れるという強い意志を持つことが大切。

二人でリスクを冷静に話し合う

W不倫だったN.Nさんは、配偶者に「この頃帰りが遅いよな、まさか浮気でもしているんじゃないの?」と言われたそうです。
その時は「冗談でしょ」って返して終わりましたが、「もしバレたらどうなるんだろう」とその時真剣に考えたそうです。

「そんなことを言われた後、彼に会った時にその話をしました。それで、お互い今の関係が家族や周りにバレてしまったら…という話を真面目に話し合いました。会っている時はそんなこと吹っ飛んでいるのですが、実際に冷静に考えてみると、『かなり危ないことをやっているんだな…』と思いましたね。それで、別れようという結論に」

今の結婚相手と離婚してまで一緒になる覚悟があるか、そこを冷静に考えてみることが肝要です。
W不倫では、話し合いですんなり別れられるケースも結構あるみたいですよ。

未婚女性の場合は彼の言動を客観的に記録しよう

2人で別れを話し合う雰囲気にならない場合もあります。
特に未婚女性と既婚男性の不倫の場合、女性はかなり人生のリスクを負っているのに、男性の方は不倫関係に癒やしと安らぎを求めているだけで、将来について深く考えていない場合がほとんどです。
そんな場合、女性が意志を固めて関係性を動かすしかありません。

男性は言い繕って演技しても、気が緩むと必ず本心を話してしまいます。
女性はその場ではムードに流されて気に留めませんが、後から彼の言葉を思い出してムカついたりすることもあるはず。そんな出来事をしばらくメモなどに記録してみましょう。

K.Mさんは上司と不倫中です。でもこのままの関係を続けて結婚できないのは辛いと思い始めていました。
彼は「そのうち女房とは離婚する」と言っていますが、K.Mさんはあまり信用していませんでした。

「仕事や家庭の都合で約束をドタキャンすることが続いたので、スマホのスケジュール表にメモするようにしました。取引先の会食とか、妻の両親の上京とか。私は優先順位が一番最後なんだとわかって気持ちが冷めました」

K.Mさんのように相手との予定を記録しておくことで、自分が相手にとってどんな存在なのか冷静に見る機会にもなるはずですよ。

徐々に連絡と会う頻度を減らしてフェードアウトする

「別れよう」と意志を固めたら、一番円満なのはフェードアウトです。決意した側が、徐々に相手の前から姿を消すパターンですね。

毎日していたラインを3日に一度、1週間に一度、と減らします。相手からの連絡にいちいち反応せず、会いたいと言われても、会わないようにします。
やむを得ず会うことがあっても、その際は決してセックスしないこと。人目のあるレストランで食事に留めておきましょう。

頃合いを見つけて別れの言葉を切り出す

別れの言葉 ライン
男性の意見では、「別れの理由をはっきり告げてほしい」という声が大半です。
不倫関係であれば、「この関係に疲れた」「私も人並みに結婚と出産をしたい」など納得させる理由はたくさん。相手の性格に合わせて未練が残らないよう、ストーカー化してしまわないように話してみましょう。
どうしても会いたくないなら、ラインやショートメールでも良いかもしれませんね。

突然の別れはNG

忘れるのは人間特有の脳の働きだそうです。自分にとって嫌な記憶を忘れることは、動物にとって致命的ですが、人間は悲しみや不快な記憶をゆっくり脳内で処理し、忘れていきます。

ところが、突然のショッキングな出来事はなかなか処理できません。何かのタイミングで色鮮やかに蘇ってきます。PTSD(心的外傷後ストレス障害)におけるフラッシュバックがその例です。
別れ話を突然に切り出したり、突然、何の前触れもなく連絡を断つのは、そういう意味でNG。お互いにいつまでも鮮明な記憶を持ち続け、忘れることができません。メンタルに深刻なダメージを与える可能性もあります。
別れの予感を十分に漂わせてから、はっきり別れの言葉を告げ、相手の前から姿を消す…。なかなか高度なテクニックかもしれませんが、頑張ってみましょう。

別れ話は煮え切らない男性よりも女性からするのがベスト

立場的に既婚者男性と未婚女性の不倫では、男性側から「別れよう」と言い出しにくいようです。しかし、女性側から「別れましょう」と言われたら、はじめはうろたえますが、内心ほっとする場合も。
よほど本気になっている場合でなければ女性から別れを切り出すほうがスマートに別れられる可能性が大きいようです。

別れてくれそうもない不倫相手と綺麗に別れるテクニック

手切れ金
不倫関係にある男性側が別れたくなった時、相手の女性が反撃して「今までのことを奥さんにバラす」「会社に通告する」などと脅してくる可能性もあります。

お金を渡す

昔からよくある「手切れ金」です。味気ない話ですが、相手が貴方に捧げてくれた時間の大切さを思えば、お金で済むならそれに越したことはありません。
できればその際に「今後関係を断つ、事実を他言しない」などの誓約書を作り保管しておくことをおすすめします。

別れさせ屋を利用してきっぱり別れる

M.Tさんは職場の部下の女性と不倫していましたが、奥さんが妊娠したのを機に不倫関係を清算したいと思いました。

「『別れさせ屋』に工作を依頼しました。まず、女性工作員が彼女と親しくなり、女性工作員の友人ということで男性を紹介し、3人で食事をしたり飲んだりしていたそうです。次に、3人でテーマパークに出かける約束をして、当日女性工作員がドタキャン。彼女は男性工作員と2人でテーマパークに。そこに私もお腹の大きい妻と手をつないで出かけて、ばったり鉢合わせ、というシナリオでした」

結果、彼女の方から別れを切り出してきたそうです。
釈然としない思いは残りますが、不倫がバレて裁判にでもなれば、彼女は心の傷だけではない大きな代償を払うことになりますし、結果オーライということでしょうか。

昨今話題の「別れさせ屋」(某社の登録商標です)「離婚屋」は別れたい人と別かれさせる、別れさせたい人を別れさせるサービスです。探偵会社などが仕事のメニューとして提供しています。
別れ話を切り出すと彼女が逆上して泥試合になりそうな場合は利用するのも一つの方法です。

別れた後の心のケア

失恋した女性
別れた後の心のケアはその後のQOLに関わります。時間の経過がいずれすべてを洗い流してくれるはずですが、自分でできるケアをご紹介します。

物理的な距離を置く

可能ならば相手と会えないような土地に引っ越しましょう。気分一新で一番良い気分転換法です。
職場が同じなら、配置換えを希望してみるのも良いかもしれません。

相手の痕跡をすべて消す

メールアドレス、ラインのアカウント、電話番号はもちろん、今までの交信記録はすべて削除します。一緒に写った写真、相手の写真、もらったプレゼントも処分。

「彼からもらったものはプレゼントの包装紙まで捨てられなかったんです。ネットでそのバッグの値段を調べたら、数万円しましたけれど、なんだか虚しくなって。手元に置くのが嫌だから、ネットのフリマで売りました。そのお金でエステに行ってスッキリしました!」

と話すのは最近不倫を解消したK.Aさんです。
プレゼントを捨てるのはもったいないと感じたら、値段をネットで調べて売却すれば、お金にもなるので一石二鳥ですね。

まとめ

不倫に限らず、恋愛の終わりは苦しいもの。その苦しさがトラウマになって新しい恋ができない人も多いのです。
できるだけダメージを少なく、お互いに後腐れ無く別れる方法は難しいですが、綺麗に別れた恋はあなたを成長させるはずです。今の不倫に迷ったら、まずは自分の心をはっきりさせることから始めましょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事