1. HOME
  2. ブログ
  3. 潜在意識でポジティブになる!正しいアファメーションのやり方&例文20選!

潜在意識でポジティブになる!正しいアファメーションのやり方&例文20選!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回は皆さんから寄せられた体験談や報告を基に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

潜在意識は、自分自身で認識することは出来ませんが、私たち人間にとって非常に大きな影響を与えています。
日頃からネガティブな発言を繰り返していると、潜在意識にネガティブな感情やネガティブな思考が植え付けられてしまって、ネガティブな思考が植え付けられた潜在意識の影響によって、悪い現象や良くない出来事が頻繁に起こるようになるのです。
「最近、良くない出来事が頻繁に起こるな・・・」「最近、不運なことばかり起こるな・・・」といった状況は、ネガティブな感情やネガティブな思考が植え付けられた潜在意識の影響によるものだと考えて頂ければ間違いないでしょう。
そういった状況を脱する為には、ネガティブな感情やネガティブな思考が植え付けられた潜在意識に、ポジティブな感情やポジティブな思考を植え付けて、潜在意識をネガティブからポジティブに書き換える必要があります。
潜在意識をネガティブからポジティブに書き換える方法は色々とありますが、色々とある方法の中でもアファメーションが簡単に出来て、効果を期待出来る方法だと言えるでしょう。
なので、ネガティブな感情やネガティブな思考が植え付けられた潜在意識を、ポジティブな感情やポジティブな思考に書き換えたいと思った時は、アファメーションを試してみてください。
アファメーションは、一般的に成功者だと言われている人や理想的な人生を送っている人の多くが実行している方法でもありますので、非常に高い効果を期待出来るのです。
そうはいっても、これまでに潜在意識に注目した事がない人やアファメーションという言葉を初めて聞いた人にとっては、「アファメーションって何?」「アファメーションを行う為にはどうすれば良いの!?」といった考えを抱いてしまう言葉だと思います。
そこで今回は、アファメーションとは何かや潜在意識をポジティブに書き換える為の正しいアファメーションのやり方&例文を紹介していきたいと思いますので、ぜひこの機会にアファメーションについての理解を深めて、アファメーションによって潜在意識をネガティブからポジティブへと書き換える事が出来るようになりましょう。

【1】アファメーションって何?

まずは、アファメーションとは一体何なのかをまとめていきたいと思います。
アファメーションとは何なのかをしっかりと把握し、アファメーションという行為に対する理解を深めることは、アファメーションを正しいやり方で行う上でも非常に大切なことです。
アファメーションについての知識がほとんど無い状態でアファメーションを行うよりも、アファメーションについての知識をしっかりと身につけた上でアファメーションを行う方が、アファメーションによって得られる効果に差も生まれるでしょう。
アファメーションとは一体何なのかをここでしっかりと把握して、アファメーションという行為に対する理解を深めてください。

≪アファメーションとは、自分自身に肯定的な言葉を使用して断言する行為である≫

アファメーションの大前提として、自分自身に肯定的な言葉を使用して断言する行為であるという事を覚えておいてください。
私たち人間が発する言葉には、不思議なパワーが宿っていると言われています。
言霊(ことだま)という言葉があるように、発した言葉には魂が宿っていて、不思議なパワーが込められているのです。
ネガティブな言葉を発していたら、ネガティブなパワーを引き寄せますし、ポジティブな言葉を発していたら、ポジティブなパワーを引き寄せるものなのだと思ってください。
そして、私たち人間が発する言葉に不思議なパワーが宿っているからこそ、潜在意識に働きかけることが出来て、潜在意識を書き換えることが出来るのです。
もともと、ネガティブな感情やネガティブな思考が植え付けられていた潜在意識であっても、自ら意識してポジティブな言葉や肯定的な言葉を何度も繰り返し言葉にして唱えることで、徐々に潜在意識に刻み込まれていたネガティブをポジティブへと書き換えていく事が出来ます。
「口にした言葉は現実になる」という言葉を聞いたことがある人も多いかもしれませんが、この言葉には潜在意識やアファメーションが大きく関係していると言えるでしょう。
アファメーションを行うことによって、意図的に潜在意識を自分の思うがままの理想に書き換えることが出来るので、自分が望む理想を実現させる事が可能になるのです。

【2】正しいアファメーションのやり方

アファメーションとは一体何なのかということはしっかりと把握して頂けたと思いますので、次に、正しいアファメーションのやり方を紹介していきたいと思います。
アファメーションは、肯定的な言葉を使って断言する行為なので、アファメーションの文章を作る時には肯定的な言葉を使うことを意識しなければなりませんが、もちろんそれだけではありません。
アファメーションの文章を作る時のポイントや、潜在意識をネガティブからポジティブに書き換える為の大切なポイントをここでは紹介していきたいと思いますので、しっかりと把握しておきましょう。
アファメーションの文章を作る時のポイントや、潜在意識をネガティブからポジティブに書き換える為の大切なポイントを押さえることで、自然と正しいアファメーションを行えるようになりますので、ぜひ最後まで目を通してください。

≪アファメーションの文章を作る時の4つのポイント≫

(1)現在進行形で作る

アファメーションの文章を作る時のポイントその1は、「現在進行形で作る」という事です。
アファメーションの文章を作る時は、必ず現在進行形で作りましょう。
過去形で作ってしまったり、未来形で作ってしまうのはアファメーションの文章としては好ましくありません。
何故、過去形や未来形がアファメーションの文章として好ましくないのかというと、潜在意識はまだ叶っていない願いなのか、もしくは実際に叶った願いなのかを判断する事が出来ないからです。
例えば、未来形で「〇〇になりたい」「〇〇がしたい」といったような文章でアファメーションを行ってしまうと、潜在意識は「そうなっていないあなた」を引き寄せてしまうのです。
つまり、アファメーションの文章を作る時は、「〇〇になれます」「〇〇が出来ます」といったように、現在進行形で、実際に願いを叶えられる姿を想像して文章を作りましょう。

(2)必ず一人称を入れる

アファメーションの文章を作る時のポイントその2は、「必ず一人称を入れる」という事です。
アファメーションの文章を作る時は、必ず一人称を入れましょう。
基本的には、アファメーションの文章の冒頭に一人称を入れて頂ければ問題ありません。
「私は」「僕は」「自分は」といった一人称を入れていない文章だと、潜在意識が誰に対して言っている言葉なのかを認識出来ませんので、アファメーションの効果を期待出来なくなってしまう場合があります。
運良く、潜在意識が認識してくれたら効果が現れる場合もありますが、確実ではありません。
アファメーションの効果を確実に得たいなら、一人称をアファメーションの文章に入れることを忘れないようにしましょう。
潜在意識に、自分自身のことを言っているのだということを認識させないと、いくらアファメーションを繰り返し行っていても効果が現れない場合もあるという事を覚えておいてください。

(3)ポジティブな感情を入れる

アファメーションの文章を作る時のポイントその3は、「ポジティブな感情を入れる」という事です。
アファメーションの文章にはポジティブな感情を入れるということも、非常に重要なポイントです。
ポジティブな感情を入れた文章にすることによって、潜在意識がポジティブなことだと認識しやすくなるので、アファメーションの効果がより高まるのです。
「嬉しい」「楽しい」「幸せ」「感謝している」といったようなポジティブな感情が含まれた言葉をアファメーションの文章の中に組み込んでみましょう。
ポジティブな感情を入れなくても、アファメーションの効果は期待出来ますが、ポジティブな感情を入れた方がアファメーションの効果が高まるという事を覚えておいてください。

(4)ネガティブな要素は一切入れないようにする

アファメーションの文章を作る時のポイントその4は、「ネガティブな要素は一切入れないようにする」という事です。
アファメーションの文章を作る時は、ネガティブな要素は一切入れないようにしなければいけません。
ポジティブな言葉だけで構成した文章でなければ、アファメーションの文章としては相応しくないのです。
例えば、「資格試験に合格出来るように・・・」とアファメーションを行う時、「私は、資格試験に合格出来ます。」という文章と、「私は、勉強が苦手でしたが、資格試験に合格出来ます。」という文章では、「資格試験に合格出来る」という結果は同じでも、全く違う効果になってしまいます。
前者はポジティブな言葉だけで構成されていますが、後者はネガティブな言葉も含まれた文章になっていますので、前者の方がアファメーションとしては正解なのです。
「勉強が苦手でしたが」というネガティブな要素は入れる必要のない言葉で、不要な言葉です。
ネガティブな要素を入れてしまうと、潜在意識がネガティブな要素を受け取ってしまいますので、アファメーションの文章を作る時は、絶対にポジティブな言葉だけで文章を構成するようにしましょう。

≪アファメーションで潜在意識をネガティブからポジティブに書き換える為の7つのポイント≫

(1)毎日の習慣にして唱え続ける

アファメーションで潜在意識をネガティブからポジティブに書き換える為のポイントその1は、「毎日の習慣にして唱え続ける」という事です。
アファメーションは、毎日の習慣にして繰り返し唱え続けることが非常に重要なポイントです。
アファメーションの文章を作って、作ったアファメーションの文章を1度唱えただけでは、潜在意識を書き換えることなんて出来ません。
1度唱えただけでは、全く意味がないのです。
潜在意識に刻み込まれたネガティブな感情やネガティブな思考を、ポジティブな感情やポジティブな思考に書き換えていく為には、しつこいくらいに何度も何度もアファメーションの文章を唱え続ける必要があります。
「朝起きた時にアファメーションの文章を唱える」「仕事に向かう前にアファメーションの文章を唱える」「仕事から帰宅したタイミングでアファメーションの文章を唱える」「入浴中にアファメーションの文章を唱える」「就寝前にアファメーションの文章を唱える」といったように、アファメーションの文章を唱える時間帯やタイミングを自分自身の中で決めて、毎日の習慣にすると良いでしょう。
アファメーションで潜在意識を書き換えることが出来るといっても、何度も繰り返して唱え続けないと書き換えることは出来ませんので、毎日の習慣にすることが大切だという事を覚えておいてください。

(2)ポジティブ思考になった後のことを脳内でイメージする

アファメーションで潜在意識をネガティブからポジティブに書き換える為のポイントその2は、「ポジティブ思考になった後のことを脳内でイメージする」という事です。
アファメーションは、ただ文章を作成してその文章を言葉に発して唱えれば良いというわけではありません。
潜在意識に刻み込まれたネガティブをポジティブへと書き換えていく為には、ポジティブ思考になった後のことを脳内でイメージすることも非常に重要なのです。
ポジティブ思考になった後のことを脳内でしっかりとイメージすることによって、潜在意識にそのイメージを植え付けていく事が出来るのです。
イメージしやすいように、アファメーションの文章の中にポジティブ思考になった後のことを組み込んでも良いでしょう。
例えば、「私は、どんな時でもポジティブ思考だから幸せです。」と唱えてもアファメーションの効果は期待出来ますが、「私は、どんな時でもポジティブ思考でいられるから、最高の人間関係を築き上げることが出来て、毎日幸せです。」といったように、ポジティブ思考になった後、どういうことが自分の身に起こるのかを文章に組み込むことで、脳内でイメージしやすくなります。
ポジティブ思考になった後のことをイメージすることも、アファメーションで潜在意識をネガティブからポジティブに書き換える上で大切なポイントになるという事を覚えておいてください。

(3)リラックスしている状態の時に唱える

アファメーションで潜在意識をネガティブからポジティブに書き換える為のポイントその3は、「リラックスしている状態の時に唱える」という事です。
アファメーションを行うタイミングは、各自、好きなタイミングに唱えて頂ければ問題ありませんが、より高い効果やより早く効果を得たいなら、リラックスしている状態の時にアファメーションの文章を唱えるようにしましょう。
リラックスしている状態の時は、潜在意識が上書きされやすいのです。
反対に、落ち着かない雰囲気であったり、緊張感が高まっている時など、リラックス出来ていない状態の時は、自然と潜在意識にストッパーがかかってしまって、書き換えが困難になってしまいます。
アファメーションを唱えることを毎日の習慣にするのが良いと述べましたが、毎日の習慣にするなら自分がリラックス出来る時間帯を選んで習慣化すると、アファメーションの効果をより高めることが出来るという事を覚えておいてください。

(4)現在の自分やありのままの自分を受け入れる

アファメーションで潜在意識をネガティブからポジティブに書き換える為のポイントその4は、「現在の自分やありのままの自分を受け入れる」という事です。
ネガティブ思考の人の多くは、自分を認めることが出来なかったり、自分のことを否定的な目線で見ています。
たしかに、この世には完璧な人間はいないでしょうし、自分の欠点を自覚することは時として大切ですが、自分を認めることが出来なかったり、自分を好きになれなければ、誰も好きになれませんし、誰からも好きになってもらえません。
現在の自分やありのままの自分の姿を受け入れるということは、アファメーションで潜在意識をネガティブからポジティブに書き換える上で、非常に重要なのです。
自分を認めて、ありのままの自分を受け入れる心を持ちましょう。
自分を認めることが苦手な人や、自分を否定的な目線で見てしまう人は、思い切ってアファメーションの文章を「自分を認める内容」や「ありのままの自分を受け入れる内容」で作成してみても良いでしょう。

(5)嬉しくなることやワクワクするような内容をアファメーションの文章に組み込む

アファメーションで潜在意識をネガティブからポジティブに書き換える為のポイントその5は、「嬉しくなることやワクワクするような内容をアファメーションの文章に組み込む」という事です。
殆どの人が、恋人や友達から誕生日を祝ってもらったり、プレゼントをもらうと嬉しい気持ちになりますよね。
恋人や好きな人とのデートが決まればワクワクした気持ちを抱くと思いますし、お小遣いや臨時収入が手に入れば嬉しい気持ちを抱く人が多いと思います。
基本的にはネガティブ思考の人であっても、嬉しくなることやワクワクするようなことはあるはずだと思いますので、そういった内容をアファメーションの文章に組み込んでみましょう。
そうする事によって、アファメーションの文章を唱えた時に嬉しい気持ちを抱けるようになったり、ワクワクした気持ちを抱けるようになるのです。
嬉しい気持ちやワクワクした気持ちは、言い換えればポジティブな感情なので、潜在意識をネガティブからポジティブに書き換える上でプラスの効果を期待出来ます。

(6)感謝の気持ちを込める

アファメーションで潜在意識をネガティブからポジティブに書き換える為のポイントその6は、「感謝の気持ちを込める」という事です。
ネガティブ思考の人は、感謝の気持ちを忘れてしまっていることがあります。
反対に、ポジティブ思考の人は、他人や自分が置かれている環境などに感謝の気持ちを持っています。
感謝の気持ちは、ポジティブな思考を生み出しますので、ネガティブ思考の人が感謝の気持ちを忘れてしまっていると、ポジティブな思考を生みだせない悪循環に陥ってしまっているのです。
そこで、アファメーションの文章に感謝の気持ちを込めてみましょう。
実際に、文章に感謝の言葉を組み込んでも構いません。
感謝の気持ちを込めたアファメーションの文章や、感謝の言葉を組み込んだアファメーションの文章を唱えることによって、潜在意識に感謝の気持ちを植え付ける事が出来るのです。

(7)アファメーションを唱える時以外でもネガティブな発言をしないように心がける

アファメーションで潜在意識をネガティブからポジティブに書き換える為のポイントその7は、「アファメーションを唱える時以外でもネガティブな発言をしないように心がける」という事です。
いくらポジティブな言葉を並べたアファメーションの文章を作成して、毎日のように唱えていたとしても、アファメーションを唱える時以外にネガティブな発言をしてしまっていたら、意味がありません。
日常生活の中でネガティブな発言をしていると、いくらアファメーションで潜在意識をネガティブからポジティブに書き換えようとしていても、日常生活で発するネガティブな発言が邪魔をして、潜在意識を書き換えることが出来なくなってしまうのです。
アファメーションで潜在意識をネガティブからポジティブに書き換えようとしている時は、普段からネガティブな発言をしないように心がけましょう。

【3】ポジティブになるアファメーションの例文20選

最後に、ポジティブになるアファメーションの例文を紹介していきたいと思います。
ここで紹介する例文は、あくまでも例文です。
自分なりにアレンジして頂いても構いませんし、例文を参考にしながら独自のアファメーションの文章を作って頂いても構いません。
自分自身がネガティブな感情を抱かずにポジティブになれる文章を作ることがアファメーションのコツなので、例文はあくまでも例文と捉えて、例文に縛られずに自分なりの文章を作ってみましょう。

(1)「私は、現在の私自身が大好きです。」

(2)「私は、いつどんな時でもポジティブな考え方が出来ます。」

(3)「私は、どんなことでも完璧に出来ます。」

(4)「私は、ありのままの自分を受け入れることが出来ます。」

(5)「私は、他人の意見を否定せず、肯定的に受け止めることが出来ます。」

(6)「私は、自分自身のことを許すことが出来ます。」

(7)「私は、いつどんな時でも努力を欠かさずに頑張ることが出来ます。」

(8)「私は、自分自身のことを心の底から認めています。」

(9)「私は、何でも出来る凄い人間です。」

(10)「私は、実行すること全てを成功させることが出来ます。」

(11)「私は、仲の良い友達と話していることがとても楽しいです。」

(12)「私は、恋人と過ごす時間がとても好きです。」

(13)「私は、愛する恋人と一緒にいることが出来て、とても幸せです。」

(14)「私は、臨時収入を得ることが出来て、とても嬉しいです。」

(15)「私は、周りの友達や知り合いに感謝しています。」

(16)「私は、毎日不自由なく生活出来ていることにとても感謝しています。」

(17)「私は、豊かで安全な国に生まれ、沢山の友人に恵まれて、幸せでいっぱいです。」

(18)「私は、誰とでも仲良くなることが出来ます。」

(19)「私は、私自身がいるだけで周囲の人を笑顔にすることが出来ます。」

(20)「私は、どんな人にでも親切に接することが出来ます。」

【まとめ】

 

 

今回は、アファメーションとは何かや潜在意識をポジティブに書き換える為の正しいアファメーションのやり方&例文を紹介してきましたがいかがでしたか?
正しいアファメーションのポイントは、「毎日のように繰り返し唱え続けること」「ポジティブな言葉のみでアファメーションの文章を構成すること」「普段からネガティブ発言をしないように気を付けること」の3つのポイントを最低限押さえておけば問題ないでしょう。
アファメーションを上手に活用して、自分の潜在意識を思いのままに書き換えることが出来るようになれば、思い描く理想の人生を手に入れることも可能になりますので、ぜひアファメーションを試してみてくださいね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事