1. HOME
  2. ブログ
  3. 【好きな人から下ネタを言われる】脈なし?恋愛対象外?男性の本音はコレだ!

【好きな人から下ネタを言われる】脈なし?恋愛対象外?男性の本音はコレだ!

大学の飲み会

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

皆さんは男性から下ネタを言われる事をどう思いますか?
下ネタの度合いにもよるかもしれませんが、露骨な下ネタを言われると引いてしまう女性が多いと思います。
しかし、下ネタを言ってきた相手が好きな人だったらどうでしょう?
「下ネタを言うってことは脈なし?」「恋愛対象外だから平気で下ネタを言うのかな・・・?」と思ってしまう女性が多いのではないでしょうか。
好きな人から下ネタを言われてしまったら、恋愛対象外だと思われてしまっていると考えてショックを受ける女性も多いと思います。
でも一概に下ネタを言われたから恋愛対象外だと思われていると決めつけてしまうのは間違いです。
男性が女性に対して下ネタを言う時、何も恋愛対象外だから平気な顔をして下ネタを言うとは限らないのです。
では、男性が女性に対して下ネタを言う時はどんな風に思っているのでしょうか。
下ネタを言う男性の本音を知りたいと思っている女性も多いですよね。
そこで今回は、女性に対して下ネタを言う男性の心理を紐解いて紹介していきたいと思います。
また、下ネタを言われた時の本音の見抜き方や対処方法も紹介させて頂きたいと思いますので、そちらも併せて参考にしてみてください。

目次

【1】女性に対して下ネタを言う男性の心理12選

女性に対して下ネタを言う男性はどんな心理で下ネタを言ってくるのでしょうか。
「本命の女性に対して下ネタを言ってわざわざ嫌われるかもしれないリスクを犯す男性っているの?」「下ネタを言うことで引かれてしまうとは考えないの?」と思う女性も多いと思います。
しかし、男性が女性に対して下ネタを言うのは様々な理由があるのです。
どんな理由や心理を持って男性が女性に対して下ネタを言ってくるのかを見ていきたいと思いますので、好きな人から下ネタを言われたからといって恋愛対象外に思われているんだと判断を急がないようにしましょう。
人によっては、恋愛対象に見ているからこそ下ネタを言ってくる場合もあるのです。

(1)下ネタを言うことによって女性の性格を判断したいから

女性に対して下ネタを言う男性の心理その1は、下ネタを言うことによって女性の性格を判断したいからという心理が隠されていると言えるでしょう。
女性に対して下ネタを言った時に引かれるか、それとも笑って流してくれるかなどの反応を見て、その女性の性格を判断しようとしているケースがあります。
下ネタを言ったことに対して相手の女性が引いてしまえば、その女性は真面目な性格で下ネタが苦手な女性なんだと判断するでしょうし、下ネタに対して乗ってくれたり笑って返してくれたら、明るい性格で下ネタに対してもある程度の理解がある女性なんだと判断するのです。
下ネタを言った時の女性の反応を見て、性格を判断し、自分と合うか合わないかを見極めているのでしょう。
このような理由で女性に対して下ネタを言ってくる男性は基本的に明るい性格の人が多いので、相手の女性に求める性格も明るい人が良いと思っている場合が多いです。
なので、もしも好きな人から下ネタを言われた時はあからさまに嫌そうな顔をするのではなく、照れる素振りを見せるようにすると「あ、下ネタ苦手だったのかな?」と思ってもらえます。

(2)下ネタを言うことによって脈ありなのかを判断したいから

女性に対して下ネタを言う男性の心理その2は、下ネタを言うことによって脈ありなのかを判断したいからという心理が隠されていると言えるでしょう。
「好意を持っている女性に対して、どうして下ネタを言うの?その女性が下ネタが苦手なら嫌われてしまうかもしれないのに・・・」と思ってしまう女性が多いかもしれません。
しかし、男性は女性が自分と交際してくれるなら、ある程度の下ネタは許容してくれるはずだと思っている人が多いのです。
この手のタイプの男性が下ネタを言ってくる時は、大体何度かデートを重ねた後で二人の関係がある程度親しくなったタイミングで下ネタを言ってくる場合が多いと言えます。
告白するかどうか悩んでいて、その判断基準に下ネタを言ってくる男性もいることを覚えておきましょう。
女性に対して下ネタを言った時に笑って許してくれてノリ良く返してくれたら脈ありだと判断して告白する決心を固めて、下ネタに対して嫌そうな雰囲気を醸し出されたら脈なしだと判断して告白をやめようという意図が隠されているのです。

(3)下ネタに対する女性の恥ずかしがる反応を見たいから

女性に対して下ネタを言う男性の心理その3は、下ネタに対する女性の恥ずかしがる反応を見たいからという心理が隠されていると言えるでしょう。
下ネタを言われた時、大半の女性は恥ずかしがって照れた反応を見せる場合が多いと言えます。
その反応を可愛いと思う男性は多いので、女性の恥ずかしがる反応を見たいからという理由で下ネタを言ってくる男性もいるのです。
下ネタに対して引いてしまう女性もいるかもしれませんが、その反応は男性側が望んでいる反応ではありません。
嫌なことを嫌と言う事は大切な時もありますが、下ネタを言ってきた男性に対して好意を持っているなら、露骨に嫌そうな表情を見せるのではなく、恥ずかしがって照れている表情を見せる方が相手との距離を縮める事が出来るのです。
好きな人から下ネタを言われた時は、下ネタが嫌だったとしてもとりあえず恥ずかしがった反応を見せる方が無難だと言えます。
もちろん、好きな人でないなら下ネタを言われて嫌だと思った時は嫌だと伝えても何も問題ありません。

(4)下ネタを言うことによって口説き落とそうとしているから

女性に対して下ネタを言う男性の心理その4は、下ネタを言うことによって口説き落とそうとしているからという心理が隠されていると言えるでしょう。
男性が女性に対して下ネタを言う時は、その女性を口説き落とそうとしているケースも考えられます。
下ネタを言う女性に対して好意を持っていて、口説き落としたいから下ネタを言って距離を縮めようとしているのです。
この手のタイプの男性は、ギリギリのラインを攻めていることを自覚している場合が多いので、露骨な下ネタは言ってこないでしょう。
際どいラインの下ネタを言ってくる場合が殆どです。
露骨な下ネタを言ってしまうと、好意を持っている女性に引かれてしまうかもしれないという事を理解しているのです。
脈ありなのかを判断したいから下ネタを言う男性の心理と似ていますが、単純に距離を縮めたいという場合もありますので、すぐに告白してこない場合もあります。
ただし、好意を持っている事は間違いないので、距離が縮まってそろそろ告白しても良さそうだと男性が判断した時には告白してくるでしょう。

(5)下ネタを言うことによって女性慣れしていることをアピールしたいから

女性に対して下ネタを言う男性の心理その5は、下ネタを言うことによって女性慣れしていることをアピールしたいからという心理が隠されていると言えるでしょう。
女性慣れしていないと女性に対して下ネタは言えないと思っている男性も多いのです。
そういった心理があるから、あえて下ネタを言うことによって「俺は女性慣れしているんだ!」ということをアピールしようとしている男性もいます。
しかし、それは女性に慣れていないということの裏返しでもあるのです。
本当に女性慣れしている男性なら、このような目的で女性に対して下ネタを言うことは殆どありません。
そんな事をしなくても別の方法で女性慣れしていることをアピール出来るからです。
男性から下ネタを言われた時、女性慣れしていることをアピールしたいんだろうなという意図を感じ取れたら、優しく注意してあげましょう。
場合によっては乗ってあげても良いかもしれませんが、相手の男性は女性慣れしていないので調子に乗らせてしまう可能性もあります。
限度を超えてきたら、ストップをかけてあげてください。
ただし、女性慣れしていることをアピールしたいという心理の裏側にはその女性と仲良くなりたいという心理が隠されているので、その気持ちは汲み取ってあげましょう。

(6)下ネタを言うことによって場の雰囲気を盛り上げたいから

女性に対して下ネタを言う男性の心理その6は、下ネタを言うことによって場の雰囲気を盛り上げたいからという心理が隠されていると言えるでしょう。
場の雰囲気を盛り上げる為にあえて下ネタを言う男性もいるという事を覚えておきましょう。
下ネタを言うことによって、誰かがその下ネタに乗ってくれたらその場の雰囲気は盛り上がりますし、笑いも起きるでしょう。
そのような空気を作りたくて、あえて汚れ役を買って出ているのです。
この手のタイプの男性は、普段からお調子者であったり、場の雰囲気を盛り上げるスキルに長けている人が殆どだと言えます。
また、空気を読むスキルにも長けている場合が多いので、嫌がっている女性には下ネタを言わない事が多いでしょう。
下ネタを言っても引かない女性を選んで下ネタを言ってくる場合が殆どですし、親しみやすさを感じているから下ネタを言ってくる場合が殆どです。
もしも好きな人から下ネタを言われたなら、ショックを受けずに親しみやすいと思ってもらえているとプラスに捉えるようにしましょう。

(7)会話の引き出しが下ネタしかなくて下ネタしか言えないから

女性に対して下ネタを言う男性の心理その7は、会話の引き出しが下ネタしかなくて下ネタしか言えないからという心理が隠されていると言えるでしょう。
中には会話の引き出しが下ネタしかなくて下ネタしか言えないからという男性もいます。
この手のタイプの男性は、女性慣れしていない男性に多いと言えます。
普段から女性と話す機会があまりなくて、男性とばかり話しているから必然的に会話の内容が下ネタばかりになってしまっているのです。
会話の引き出しが少なくて、普通の会話をしても女性を楽しませる事が出来ないと自分で分かっているから下ネタに逃げてしまっているのでしょう。
少し痛々しいですが、その男性なりに女性を楽しませようとしている意図が隠されているので、温かい目で見守ってあげましょう。
もしも下ネタを言われるのが嫌で、相手の男性に対して好意を抱いていたなら、普通の会話でも盛り上がれるようにこちらから会話をリードしてあげると良いでしょう。
そうすれば下ネタを言ってくる頻度は下がるはずです。

(8)下ネタを言ってからかおうとしているから

女性に対して下ネタを言う男性の心理その8は、下ネタを言ってからかおうとしているからという心理が隠されていると言えるでしょう。
下ネタを言うことによってその女性をからかおうとしている男性もいます。
幼い頃、好きな女の子をついついいじってしまう男の子がいたはずです。
そういった男性が子供の頃のまま大人になってしまったパターンだと言えるでしょう。
好きな相手だからこそからかいたくなってしまう男性も中にはいるのです。
好きな女性に対して下ネタを言うことによって、その女性の反応を見て楽しんでいたり、距離を縮めようとしているのでしょう。
この手のタイプの男性に対しては、下ネタを言われた時に嫌がる素振りを見せてもエスカレートする場合が殆どだと言えます。
しかし、好意を持っていない女性に対してからかうような事はしないので、下ネタを言ってくるという事は好意を持たれている事の裏返しだと思って問題ないでしょう。

(9)仲良くなるキッカケを作りたいから

女性に対して下ネタを言う男性の心理その9は、仲良くなるキッカケを作りたいからという心理が隠されていると言えるでしょう。
仲良くなるキッカケの作り方が分からなくて、あえて下ネタを言う男性もいます。
女性と仲良くなりたくて距離を縮めたいと思っているけれど、仲良くなるキッカケを見つけられなくて下ネタに頼ってしまっているのでしょう。
下ネタなら笑ってくれるかもしれないという考えを持っている男性は多いですし、仲良くなるキッカケにしたいと思って下ネタを言ってくるのです。
笑ってもらえれば、会話は盛り上がりますし、場の空気も和んだり盛り上がったりします。
そういう雰囲気になれば自然と仲良くなりやすいので、仲良くなるキッカケ作りの為に下ネタに頼っている男性もいるという事を覚えておきましょう。
まだそこまで親しくないのに下ネタを言ってこられたら、この手のタイプの男性だと考えられます。
相手との距離を縮めたいと思っているなら、親しくない状態で下ネタを言われたとしてもある程度その下ネタに乗ってあげると相手との距離を縮められるでしょう。

(10)異性として見ていないから

女性に対して下ネタを言う男性の心理その10は、異性として見ていないからという心理が隠されていると言えるでしょう。
中には異性として見ていないから下ネタを言ってくる男性もいます。
この手のタイプの男性は、割と生々しい下ネタを言ってくる事も多いと言えます。
それはこちらのことを異性として見ていないから、同性の友達と話している感覚で下ネタを言ってくるのです。
ただし、逆に言えば親しい仲だと思ってもらえている証拠でもあります。
親しくない女性に対しては、生々しい下ネタを言う事は殆どないでしょう。
普通の神経を持っている人なら、生々しい下ネタを親しくない女性に言えば引かれてしまうと頭で理解出来ます。
相手の女性がノリ良く返してくれる事が分かっていて、自分でも親しいと思っているからこそ生々しい下ネタを言ってくるのです。
好きな人から異性として見てもらえていないのはショックかもしれませんが、親しい仲だと思ってもらえている事は間違いありませんので、今後女性を意識させていけばまだまだ挽回する手立てはあるでしょう。

(11)想像して興奮したいから

女性に対して下ネタを言う男性の心理その11は、想像して興奮したいからという心理が隠されていると言えるでしょう。
最低な理由かもしれませんが、下ネタを言うことによってその女性の反応を見たり、想像して興奮したいからという理由で下ネタを言ってくる男性もいます。
露骨な下ネタによる質問を連発してきたり、生々しい下ネタの質問をしてくる事が多ければ、この手のタイプの男性である事が考えられます。
例えば「オナニーする時はどうやってしてるの?」という下ネタの質問を男性がしてきたとします。
この質問をする事によって、相手の女性が質問に答えてくれようが答えてくれなかろうが、頭の中ではその女性のオナニーしている姿を想像しているのです。
セクハラに当たる場合もありますので、嫌だと感じているならきちんと抗議した方が良いでしょう。
もしも好きな人からこの手の下ネタを言われる事が多いなら、きちんと嫌だという事を伝えても構いませんし距離を縮めようとして話に乗っかってあげても構いませんが、残念ながら相手の男性はこちらのことを性の対象としてしか見ていない可能性が高いと言えます。

(12)セックス出来る相手かを知りたいから

女性に対して下ネタを言う男性の心理その12は、セックス出来る相手かを知りたいからという心理が隠されていると言えるでしょう。
こちらも最低な理由になりますが、セックス出来る相手か知りたいからという心理の元、下ネタを言ってくる男性もいます。
女性に対して下ネタを言った時に、ノリ良く返してくれたら性に対するハードルが低い尻軽の女だと判断して、押せばセックス出来るかもしれないと判断する男性もいるのです。
逆に、下ネタを言った時に嫌そうな表情をされたらガードが堅い女だと判断して、しつこくアプローチしてこなくなるでしょう。
この手のタイプの男性は、下ネタを言うことによってセックス出来る相手かどうかを判断しようとしているので、セックスまで持っていくのに苦労しそうだと判断した場合はしつこく下ネタを言ってこない場合が多いです。
しかし、セックス出来るかもしれないという希望を持っているうちは、徐々に下ネタのハードルを上げてどんどん生々しい下ネタへとエスカレートしていくでしょう。

【2】下ネタを言ってくる男性の本音の見抜き方3つ

 

好きな人から下ネタを言われたら、彼がどんな意図を持って下ネタを言ってきたのか見分けたいのが普通ですよね。
異性として見てくれているのか、それとも異性として見ていないから平気な顔をして下ネタを言ってきたのか・・・そこが分からないと下ネタを言われた後にモヤモヤとした気持ちになってしまうと思います。
ここでは下ネタを言ってくる男性の本音の見抜き方を紹介していきたいと思いますので、好きな人から下ネタを言われた時は以下のことに注目してみてください。
彼の本音が分かる場合があります。

(1)生々しい下ネタかどうか

下ネタを言ってくる男性の本音の見抜き方その1は、生々しい下ネタかどうかという事です。
下ネタを言われた時、その下ネタが生々しい下ネタかどうかに注目してみてください。
そうする事によって、下ネタを言ってきた男性の本音を見抜く事が出来ます。
基本的に男性が女性に対して下ネタを言う時には、何かしらの意図が隠されているので、下ネタの度合いでその意図を探る事が出来るのです。
生々しい下ネタだと異性として見られていなかったり、性の対象として見られている可能性が高いと言えますが、生々しい下ネタでなければ好意を抱かれている可能性が高いと言えます。
好意を抱いている女性に対しては、「引かれたくない・・・」という気持ちがあるので、生々しい下ネタは言ってこない場合が殆どです。
下ネタは下ネタでも、女性を思い遣った下ネタであったり可愛らしい軽度な下ネタなら好意を抱かれていると考えて大丈夫でしょう。

(2)本気で嫌がっている素振りを見せた時にやめてくれるかどうか

下ネタを言ってくる男性の本音の見抜き方その2は、本気で嫌がっている素振りを見せた時にやめてくれるかどうかという事です。
下ネタを言われた時に、本気で嫌がっている素振りを見せてみましょう。
嫌がる素振りを見せた時に「ごめん!冗談だから今の無し!」といったようにすぐフォローをしてきたなら、好意を持たれている可能性が高いと言えます。
逆に、嫌がる素振りを見せた時につまらなさそうにしたり、急に冷めた態度になったなら、好意を持たれていなかったと考えられます。
好意を持っている女性に対して下ネタを言う時は、引かれたら嫌だという気持ちを持っているので、嫌がる素振りを見せたらすぐにフォローを入れてくるのです。
ただし、あまりにも本気で嫌がりすぎると空気が読めない女だと思われてしまう可能性もありますので、適度に嫌がる素振りを見せるようにしましょう。
また、相手がすぐにフォローを入れてきてくれたら、こちらも「冗談だよ〜」と笑って流してあげましょう。
そうする事で相手との関係がギクシャクしてしまう危険はなくなります。

(3)自分以外の女性に対して下ネタを言っているかどうか

下ネタを言ってくる男性の本音の見抜き方その3は、自分以外の女性に対して下ネタを言っているかどうかという事です。
自分以外の女性に対して下ネタを言っているかどうかにも注目してみてください。
誰彼構わず下ネタを言っているようなら、その男性がそういうタイプの男性だと判断出来ます。
こちらに対して特別な好意はないでしょうし、誰に対しても下ネタを言う男性なのでしょう。
ただし、可愛い女性ばかりに下ネタを言っているようなら、その女性の気を引きたいと考えている可能性が高いので、こちらのことも可愛いと思ってもらえている可能性はあります。
また、他の女性に対して下ネタを一切言っていないようでしたら、好意を持っているか異性として見ていないかのどちらかになりますので、下ネタの度合いに注目してみてください。

【3】好きな人から下ネタを言われた時の対処方法5つ

女性に謝る男性

好きな人から下ネタを言われた時、対処に迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。
「ノリ良く返して引かれてしまったらどうしよう・・・」「嫌がっている素振りを見せたらショックを与えてしまって嫌われてしまうかな・・・」などと考えてしまって、どういう反応を見せるのが最適解なのか分からないという女性も多いかもしれません。
しかし、好きな人から下ネタを言われた時、ベストな反応をする事が出来れば相手との距離を縮める結果に繋がります。
ここでは好きな人から下ネタを言われた時の可愛い反応やベストな返し方を紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

(1)恥ずかしそうにして照れている姿を見せる

好きな人から下ネタを言われた時の対処方法その1は、恥ずかしそうにして照れている姿を見せるという方法です。
好きな人から下ネタを言われた時は、恥ずかしそうにして照れている姿を見せると殆どの場合が可愛いと思ってもらえるでしょう。
「下ネタに照れて恥ずかしそうにしていて可愛いな。」と思ってもらえる事によって、下ネタを言ってきた男性はドキっとしますし、もっと可愛い姿を見たいと思ってもらえるはずです。
ただし、その結果、稀に下ネタがエスカレートしてしまう可能性もありますので、エスカレートしてきた場合は「それ以上はダメ!」と注意しましょう。
そうする事によって男性側もどこまでなら下ネタを言っても大丈夫なのかを把握出来ますし、良い関係を築いていきやすくなります。

(2)笑いながら話を流す

好きな人から下ネタを言われた時の対処方法その2は、笑いながら話を流すという方法です。
笑いながら話を流すのもオススメの方法です。
好きな人から下ネタを言われた時に一番NGな反応は引いてしまうという事です。
出来るなら下ネタに乗ってあげて、会話を盛り上げてあげるとベストですが、中には下ネタが苦手な女性もいると思います。
下ネタが苦手な場合は、笑いながら話を流してあげましょう。
笑って流してあげる事によって、男性にショックを与えないで済むので引いてしまうよりはベストな対処方法だと言えます。
また、笑いながら話を流すことによって「下ネタ苦手な子なのかな?」と相手にも伝わる可能性があるので、次からはあまり下ネタを言われなくなる場合もありますよ。

(3)冗談っぽくカマをかけてみる

好きな人から下ネタを言われた時の対処方法その3は、冗談っぽくカマをかけてみるという方法です。
好きな人から下ネタを言われた時は、冗談で返すのも効果大だと言えます。
「またそんなエッチな話して〜。そんなに私のこと好きなの?」と冗談っぽくカマをかけてあげたら、そんな風に返された男性はドキっとしてしまう場合が多いです。
このように冗談っぽくカマをかける事で相手の男性に意識してもらえる可能性もありますし、一枚上手の返し方をされた男性は純粋に「すごい上手な返しだったな。」と見直してくれる場合もあるでしょう。
また、会話も広げていきやすいので好きな人との距離を縮めていきやすいと言えます。

(4)質問系の下ネタなら「どうだろうね?」といったように濁す

好きな人から下ネタを言われた時の対処方法その4は、質問系の下ネタなら「どうだろうね?」といったように濁すという方法です。
好きな人から質問系の下ネタを言われた時は「んー、どうだろうね?」と濁してあげる事によって、単純に拒否するよりも良い印象を持ってもらえます。
質問系の下ネタは答えるのが恥ずかしいという場合も多いでしょうから、上手にかわしつつ、相手に良い印象を持ってもらえるようにするのがベストな対処方法なのです。
また、「どうだろうね?」と有耶無耶に濁す事によってミステリアスな部分を作れますし、露骨に質問に答えたり拒否するよりも効果的な場合があります。
露骨に質問に答えてしまったら、ノリは良いと思ってもらえるかもしれませんが、恥じらいのない女性だと思われてしまう可能性もありますので、質問系の下ネタに対しては出来る限り濁して答えるようにしましょう。

(5)どうしても下ネタを言って欲しくないなら本気で嫌だと思っていることを伝える

好きな人から下ネタを言われた時の対処方法その5は、どうしても下ネタを言って欲しくないなら本気で嫌だと思っていることを伝えるという方法です。
本気で嫌だと思っていることに関しては、たとえ好きな人が相手でも嫌だという気持ちを正直に伝える事も大切だと言えます。
我慢していてはこちらばかりがストレスを溜めてしまう事になりますので、嫌な事には嫌だと言うのも大切だと覚えておきましょう。
ただし、きつい口調で言ったり、ケンカ腰で言わないようには気を付けてください。
あくまでも優しく、注意するというイメージで嫌だという事を伝えるようにしましょう。

【まとめ】

 

 

今回は、女性に対して下ネタを言う男性の心理、そして下ネタを言われた時の本音の見抜き方や対処方法を紹介してきましたがいかがでしたか?
男性が女性に対して下ネタを言う時は何かしらの心理が隠されています。
その心理をうまく読み取る事が出来れば、好きな人から下ネタを言われた時でも上手に対処出来るようになるはずですし、恋愛において有利に働く事は間違いありません。
好きな人から下ネタを言われたから脈なしだと決めつけてしまうのは早計なので、下ネタを言う相手の心理をしっかりと見抜けるように今回紹介してきた内容をぜひ参考にしてみてくださいね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事