1. HOME
  2. ブログ
  3. 《必見》運が悪い人の原因と絶対やっちゃダメな運気を下げる行動9選!

《必見》運が悪い人の原因と絶対やっちゃダメな運気を下げる行動9選!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回はブログ読者の皆さんから頂いたご報告を基に、運が悪い人の原因や運気を下げる行動をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

不運な出来事が続いている人は、「どうして私(僕)はこんなにも運が悪いんだろう・・・」と思ってしまう事もあるかもしれません。
「晴れていたのに急に雨が降り出す事が多い」「急いでいる時に限って電車やバスが遅延する」「頻繁にアクセサリーや財布を無くしてしまう」「デートの約束の日に限って仕事を押し付けられて残業になる」などなど、1つ1つは些細な不運かもしれませんが、積み重なってしまうと凹んでしまうと思いますし、不運な出来事が積み重なると「どうせ私(僕)は運が悪いから何をしてもダメだ・・・」と卑屈になってしまう事もあると思います。
しかし、世の中には運が悪い人もいれば、運が良い人がいるのも事実です。
そして、運が悪い人には、運が良い人にはない共通する特徴や原因が潜んでいる場合も多いのです。
また、運が悪い人は、運気を下げる行動を自ら取ってしまっている場合もあります。
たまたま運気が下がっていて、不運が続いているだけの可能性も考えられますが、根本的な特徴や原因が潜んでいる場合は、その特徴や原因を見直さなくては運が悪い状況はいつまでも改善されないでしょう。
運が悪い人が持つ特徴や原因を改善したり、運気を下げる行動を取らないように気を付けていけば、不運に見舞われている状況から脱却する事も十分可能ですが、「運が悪い人の特徴や原因って何!?」「運気を下げる行動ってどんな行動!?」と思う人もいますよね。
そこで今回は、運が悪い人の特徴や原因、そして運気を下げる行動を紹介していきたいと思いますので、「私(僕)は運が悪い・・・」と思っている人は自分に当てはまる特徴や原因がないか見つめ直してみましょう。
また、運気を下げる行動についてはしっかりと把握しておき、日頃から運気を下げる行動を取らないように気を付けてみてください。

【1】運が悪い人の5つの特徴

運が悪い人には、一体どんな特徴があるのでしょうか。
特徴と原因は似ていますが、特徴はその人に根付いたものだと言えるので、根底にある特徴をまずは見つめ直して改善する事が、運が悪い状況を脱却する第一歩だと言えるでしょう。
ここでは、運が悪い人の特徴を見ていきたいと思いますので、自分に当てはまる特徴があるか確認してみてください。

(1)何かにつけて言い訳をする人

運が悪い人の特徴その1は、「何かにつけて言い訳をする人」です。
運が悪い人の多くは、言い訳が多いと言えるでしょう。
「でも・・・」「だって・・・」が口癖の人は注意が必要です。
言い訳をする人の多くは、自分にとって何か良くない事が起こった時でも、その原因が自分にあるとは考えません。
自分が原因になって起こってしまった良くない出来事でも、他のせいにしてしまうのです。
そして、自分のことを棚に上げて他のせいにしてしまう人は、反省をする事がありません。
反省しない人は、進歩しませんので、いつまでも同じ事を繰り返してしまいます。
「交通機関が遅延したせいで遅刻した」場合、言い訳をする人は遅延のせいにしますが、言い訳をしない人は「もっと早く出発すれば遅延していても間に合った」と反省して、次回から対策が出来るのです。
「運が悪い・・・」と思ってしまうのも、立派な言い訳の1つだと言えるでしょう。

(2)不平不満を口に出してしまう人

運が悪い人の特徴その2は、「不平不満を口に出してしまう人」です。
不平不満を口に出してしまう人は、周りの空気を悪くしたり、人から避けられてしまいます。
運には、人が運んできてくれる人運というものがありますが、不平不満ばかり口にしていて、周囲の空気を悪くしたり、人から避けられてしまっていたら、運んできてもらえる人運が少なくなってしまいますので、運が悪くなってしまうのです。
人は、何かしらに対して不満を持っている事が多いと言えますし、不満を全く抱いていない人は少ないと言えますが、運が良い人はその不満を口には出しません。
不満を口に出す事なく、どうすれば不満を改善出来るかを自分で考え、行動に移す事が出来るので、向上心もあります。
向上心もなく、不平不満を口にするだけの人は、運が良くなる事はないと覚えておきましょう。

(3)身だしなみを整えていない人

運が悪い人の特徴その3は、「身だしなみを整えていない人」です。
人の運には、周囲の人から運んできてもらえる運もありますが、自分自身で呼び寄せる事が出来る運もあります。
しかし、身だしなみが乱れていて、整えられていないと、運を呼び寄せる力が下がってしまうのです。
「髪の毛はボサボサで寝癖がついたままの人」や「シワシワの服を着ている人」、「汚れた靴を履いている人」や「悪臭がする人」、「爪が伸びっぱなしの人」や「最低限のメイクすらしていない人」などなど、身だしなみを整えていない人と親しくなりたいと思う人はいませんよね。
周囲の人から親しくなりたいと思ってもらえなければ、当然、運んできてもらえる運も少なくなります。
つまり、自分で運を呼び寄せる力も下がり、人から運んできてもらえる運も少なくなりますので、身だしなみを整えていない人は運が悪い人が多いのです。

(4)ネガティブ思考の人

運が悪い人の特徴その4は、「ネガティブ思考の人」です。
ネガティブ思考の人も、運が悪い人の特徴だと言えるでしょう。
ネガティブ思考の人は、自分自身にとって良い事が起こったとしても、「もしかしたらこれは何か裏があるのでは・・・!?」と考えてしまう場合もあるでしょうし、好きな人と親しくなれていても「どうせ本当の私(僕)のことを知ったら幻滅される・・・」と思い込んで臆病になってしまいます。
深く考えすぎてしまって、せっかくのチャンスを無駄にしてしまう事も多く、本当は運が良い事なのに運が良い事だと思えずに勝手に自分自身で運が悪い事にすり替えてしまっているのです。
そんな事ばかりしていたら、運が悪くなっていっても仕方ありません。
慎重に物事を考える事は良い事ですが、慎重である事と悲観的である事は全くの別物だという事を覚えておきましょう。

(5)悪い事ばかり考えてしまう人

運が悪い人の特徴その5は、「悪い事ばかり考えてしまう人」です。
ネガティブ思考の人と似ていますが、悪い事ばかり考えてしまう人も運が悪い人の特徴だと言えるでしょう。
「あの人、親切にしてくれているけれど、騙そうとしているのでは!?」「私(僕)がいる時は楽しそうにしてくれているけれど、裏では私(僕)の悪口を言っているんじゃないだろうか・・・」といったように、物事を悪い方向にばかり考えてしまうと、人を信じる事が出来なくなってしまいます。
人を信じれなくなると、誰にも心を開けなくなり、人運が薄れていってしまうのです。
また、人は思考に沿った行動を取るので、場合によっては想像した悪い出来事が現実のものになってしまう事もあります。
つまり、悪い事ばかり考えてしまう人は、自分自身で悪い事を引き寄せてしまい、そして運も薄れさせてしまっているのです。

【2】運が悪い人の5つの原因

次に、運が悪い人の原因を見ていきたいと思います。
原因は、特徴とは違って不運な状況を作り出している元凶そのものだと言えるので、運が悪い人の特徴がない人でも運が悪い人の原因を持っていたら、不運に見舞われる状況に陥ってしまう事もあります。
反対に、運が悪い人の原因を消していく努力をして改善していけば、不運な状況から脱却する事も出来るのです。
ここでは、運が悪い人の原因を見ていきたいと思いますので、自分に当てはまる原因がある人はしっかりと改善していきましょう。

(1)反省しないから

運が悪い人の原因その1は、「反省しないから」という原因が考えられます。
反省をしない人は、不運な出来事が起こっても「運が悪いから・・・」という一言で片づけてしまう事が多いと言えます。
もちろん、実際に運が悪かった場合もあるでしょう。
しかし、運が悪かったわけではなく、何か原因があって不運な出来事が起こってしまった場合は、反省をしないとまた同じ事を繰り返してしまいます。
反省をしないというのは、一種の「逃げ」なのです。
反省しない人は、自分のミスや欠点に気付く事が出来ませんので、状況が改善される事はありませんが、反省出来る人はミスや欠点に気付く事が出来ますので、改善していく事が出来ます。
ミスや欠点に気付いて、向き合い、改善しようと努める事によって、運が味方をしてくれるようになるのです。
「運が悪かったから・・・」という一言で片づけ、反省をしない人は、いつまでも運に味方をしてもらえないという事を覚えておきましょう。

(2)発想の転換が出来ないから

運が悪い人の原因その2は、「発想の転換が出来ないから」という原因が考えられます。
頭が固い人や、発想の転換が出来ない人も、運が悪い人の原因となり得るでしょう。
どういう事かというと、思い込みによって運が悪くなってしまっているのです。
例えば、「スクラッチくじを買いに行ったけど、売り切れていて買えなかった」という場合、一見すれば買おうとしていたものが売り切れていて買う事が出来なかったので運が悪かったと思えるかもしれませんが、発想を変えてみると、「スクラッチくじを買ってもハズレていたかもしれないから、その分のお金が浮いた」と考える事も出来ます。
考え方1つで運が悪かった事でも、運が良かった事に視点を変える事が出来るのです。
例で挙げたものは極端かもしれませんが、人生において似たような事例は沢山あります。
発想の転換が出来ない人は、運が悪いと思い込んでしまうので、自ら運を悪くしている可能性がある事を覚えておきましょう。

(3)運が悪い事を引きずってしまうから

運が悪い人の原因その3は、「運が悪い事を引きずってしまうから」という原因が考えられます。
運が良い人でも、不運な出来事が起こってしまう事だってあります。
しかし、運が良い人は、不運な出来事が起こってもすぐに気持ちを切り替えて、前を向けるのです。
しかし、不運な出来事が起こった時にいつまでも運が悪い事を引きずってしまって、気持ちを切り替える事が出来なければ、運は良くなりませんし、悪い状態のままです。
運が悪い事が起こってしまった事を引きずって、気持ちを切り替える事が出来ない事が原因になって、いつまでも運が悪い状況から脱却出来ていない人も沢山いるのです。
気持ちを切り替える事で、運が悪い原因を排除する事が出来る場合もありますので、いつまでも悪い出来事を引きずってしまう人は出来るだけ早めに気持ちを切り替えてみましょう。

(4)コミュニケーションが苦手だから

運が悪い人の原因その4は、「コミュニケーションが苦手だから」という原因が考えられます。
人とのコミュニケーションが苦手な人も、運が悪い人の原因だと言えるでしょう。
コミュニケーションが苦手な人は、人との繋がりが希薄になりがちです。
仲の良い友達とはうまくコミュニケーションを取れるかもしれませんが、それ以外の人とうまくコミュニケーションを取る事が出来ないと、人が運んでくれる人運が少なくなってしまいますので、運が悪い人の原因になってしまうのです。
人とのコミュニケーションが苦手な人は、その人の性格面も大きく影響していると思いますので、一朝一夕で改善する事は難しいかもしれませんが、少しずつでも人とコミュニケーションを取れるように努力してみましょう。

(5)ストレスを発散する方法がないから

運が悪い人の原因その5は、「ストレスを発散する方法がないから」という原因が考えられます。
ストレスを発散する方法がない人も、運が悪い人の原因だと言えるでしょう。
ストレスをうまく発散出来ないと、人はどんどんネガティブ思考になってしまいます。
運が悪い人の特徴の項目でも述べましたが、ネガティブ思考の人は、運が悪くなってしまいますので、ストレスを溜め込んでしまうのは良くありません。
人にとって、適度にストレスを発散させる事は非常に重要なのです。
ストレスを発散する方法がないという事は、運が悪くなってしまう原因になるという事を頭に入れておき、適度にストレスを発散出来るようにしましょう。

【3】絶対にNG!!運気を下げる行動9選

最後に、運気を下げる行動を紹介していきたいと思います。
運気を下げる行動には、一見すると「それ、運気を下げる事に関係あるの!?」という行動もありますが、関係ないと思えるような行動でも巡り巡って運気を下げてしまう原因になってしまう事もありますので、注意が必要です。
どんな行動が運気を下げてしまうのか、ここでしっかりと把握しておき、以下の行動は極力取らないように普段から気を付けましょう。

(1)歩きスマホ

運気を下げる行動その1は、「歩きスマホ」という行動です。
歩きスマホは、そもそもが危険な行為なので、運気を下げる行動でなくても常日頃から歩きスマホをしないように気を付けなければいけません。
しかし、「歩きスマホしていただけで運気が下がるの!?」と思う人もいるでしょう。
何故、運気が下がるのかというと、歩きスマホにはネガティブ思考の人と同じ原因が潜んでいるのです。
ネガティブ思考の人は、常に下を向いています。
そして、歩きスマホをする時も下を向いて歩きますよね。
ネガティブ思考の人が下を向く事と、歩きスマホで下を向く事は違うように思えるかもしれませんが、本質は同じ事なので、歩きスマホをすると運気が下がってしまうのです。

(2)トイレの蓋を開けたままにする

運気を下げる行動その2は、「トイレの蓋を開けたままにする」という行動です。
トイレの便器は、下水と繋がっています。
下水は、数々の邪気が溜まっている所です。
つまり、トイレの蓋を開けたままにしていると、下水からその邪気がトイレの室内に流れ込んできて、邪気が充満してしまい、運気を下げてしまうのです。
トイレ掃除をして清潔に保つ事によって、運気を高める事が出来るという話を耳にした事がある人も多いかもしれませんが、トイレは運気を高める事が出来る場所でもあり、運気を下げる可能性もある場所だという事を覚えておきましょう。

(3)おでこや耳を隠す

運気を下げる行動その3は、「おでこや耳を隠す」という行動です。
おでこや耳を隠すという事は、情報を遮断してしまう事と同じ事だと言えます。
おでこは脳に近い場所なので、隠してしまうと脳に情報がいかなくなってしまいますし、耳は情報を仕入れる場所なので、そもそもの情報が入ってこなくなってしまいます。
そして、それは入ってくるはずの運気さえも遮断してしまう行為になってしまうのです。
おでこや耳は、極力隠さないようにしましょう。
隠していると運気は下がってしまいますが、反対におでこや耳を出していると運気が上がる可能性があると覚えておいてください。

(4)陰口を言う

運気を下げる行動その4は、「陰口を言う」という行動です。
自分が発した言葉は、自分自身に返ってくると言われています。
陰口は、基本的にネガティブな内容になりますので、ネガティブな内容が自分自身に返ってくると思ってください。
つまり、陰口を言ってしまうと、その言葉が自分自身に返ってきてしまう可能性があり、ネガティブな感情に憑りつかれてしまって、運気が下がってしまうのです。
また、陰口は運気を下げるだけでなく、自分自身の評判を落とす事にも繋がりますので、出来る限り陰口は言わないように気を付けましょう。

(5)靴を出したままにする

運気を下げる行動その5は、「靴を出したままにする」という行動です。
靴を出したままにするという行動も、運気を下げてしまう可能性があるので、気を付けなければいけません。
基本的に、脱いだ靴は靴箱にしまうのが理想的ですよね。
しかし、いちいち脱いだ靴を靴箱にしまうのは面倒に感じてしまう人も多いかもしれませんので、そのままにしてしまう人もいるでしょう。
面倒だから靴箱にしまわないのは、靴を大事にしていない事の表れです。
物を大事にしないと、運気は下がってしまいますので、脱いだ靴を出したままにしないように心がけましょう。

(6)靴のかかとを踏む

運気を下げる行動その6は、「靴のかかとを踏む」という行動です。
靴のかかとを踏むという行動も、運気を下げてしまいます。
靴は本来、かかとを踏んで履くものではありません。
つまり、靴のかかとを踏むという事は、靴を大事にしていない事と同じなのです。
靴を出したままにするという項目でも述べましたが、物を大事にしないと運気が下がってしまいますので、靴のかかとを踏む事は運気を下げてしまう事に直結してしまうと覚えておきましょう。

(7)洗面所でメイクをする

運気を下げる行動その7は、「洗面所でメイクをする」という行動です。
メイクは女性限定かもしれませんが、洗面所でメイクをすると運気が下がってしまいますので、気を付けましょう。
洗面所には基本的に鏡があると思いますので、洗面所でメイクをする人もいるかもしれませんが、洗面所は水回りという事もあり、菌が増殖しやすい場所です。
そして、歯を磨いたり、洗顔をしたりする場所なので、本来の目的は汚れを落とす場所でもあります。
反対に、メイクは整える作業なので、汚れを落とす場所で行うには適していないのです。
整える作業は、整った環境で行わないと運気を下げてしまう原因になりますので、洗面所でメイクをするのは止めましょう。

(8)財布をキッチンに置く

運気を下げる行動その8は、「財布をキッチンに置く」という行動です。
財布は、きちんと置く場所を決めておき、その場所に大切に置いていないと運気が下がってしまうと言われています。
そして、財布を置く場所は、水回りを避けた方が良いとされているのです。
中でも、キッチンに財布を置いてしまうと、運気が極端に下がってしまいますので、気を付けなければいけません。
キッチンは、水回りであると同時に、食事を終えたら毎回洗い物をする場所なので、自然と汚れが溜まりやすい場所です。
そんな場所に財布を置いてしまうと、運気がみるみるうちに下がってしまいますので、絶対にキッチンには財布を置かないようにしましょう。

(9)グレーや黒など暗い色味の服を着る

運気を下げる行動その9は、「グレーや黒など暗い色味の服を着る」という行動です。
暗い色味の服を好んで着る人は多いかもしれません。
しかし、実は暗い色味の服を着てしまうと運気を下げてしまうのです。
暗い色味の服は、重い印象が強いので、実際に行動が鈍くなったり、思考が鈍くなってしまう可能性を秘めており、それが運気を下げてしまう事に繋がってしまいます。
そうはいっても、暗い色味の服を全く着ないというのは難しいかもしれません。
暗い色味の服を着る時は、白色や明るい色の服を多めに着て、色味をバランス良く調整すれば、運気を下げる事を防ぐ事が出来ますので、全身の色味が暗くならないように上手に調整してみましょう。
全身の色味が暗くならなくて、重い印象になっていなければ問題ありません。
ただし、明るい色味や軽い印象を与える色味の服を着る方が運気を上げる事が出来ますので、極力明るい色味や軽い印象を与える色味の服を好んで着ましょう。

★まとめ★

 

 

今回は、運が悪い人の特徴や原因、そして運気を下げる行動を紹介してきましたがいかがでしたか?
運が悪い人には、運が悪い人特有の共通した特徴や原因があります。
日頃の何気ない癖や、ちょっとした思考や行動によって、運気を下げてしまって運が悪い状況に陥ってしまう可能性がありますので、気を付けなければいけません。
しかし、運が悪い人に共通する特徴や原因を把握しておき、日頃からその特徴や原因に当てはまらないように気を付けていれば、自然と改善していけるような些細な特徴や原因ばかりです。
意識すれば、すぐに改善出来る場合もありますので、「自分は運が悪い・・・」と思っている人は、まず自分を見つめ直して、運が悪い人の特徴や原因を無くしていきましょう。
そして、運気を下げる行動もしっかりと把握しておき、普段から運気を下げる行動を行わないように気を付けてみてください。
そうすれば、きっと運気が良くなり、運が悪い状況を脱却出来るはずですよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事