1. HOME
  2. ブログ
  3. 【年下彼氏のメリットとデメリット】付き合う前に知るべき10の注意点!

【年下彼氏のメリットとデメリット】付き合う前に知るべき10の注意点!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

皆さんは彼氏を作る時に、年上と年下どちらが理想だと考えているでしょうか?
少し前までは圧倒的に年上の男性が彼氏としての人気が高かったように思いますが、ここ最近は年下彼氏の人気も高まってきているのです。
「年下だから幼いんでしょう?」「頼りなさそう・・・」「甘えたい時に甘える事が出来なさそう・・・」というイメージを年下の男性に持っている方もいるかもしれませんが、そんな事はありません。
年下彼氏と付き合う事によるデメリットはもちろんありますが、デメリット以上にメリットがあるのが現実なのです。
そこで今回は、年下彼氏と付き合う事によるメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。
また、年下彼氏と付き合う前に知っておくべき注意点や、年下彼氏と上手に付き合っていく為のポイントも併せて紹介しますので、そちらも一緒に参考にしてみてください。

目次

【1】年下彼氏と付き合うデメリット5選

年下彼氏と付き合う時、いったいどのようなデメリットがあるのでしょうか。
ここでは年下彼氏と付き合う時のデメリットを見ていきたいと思います。
しかし、デメリットといっても些細なものである事の方が多いですし、後述しますがメリットの方が遥かに多いことを念頭に置いて確認していってみてください。

(1)ジェネレーションギャップを感じる事がある

年下彼氏と付き合うデメリット1つ目は、ジェネレーションギャップを感じる事があるという事です。
会話の節々に相手の若さを感じるでしょうし、考え方の違いもあったりするでしょう。
そういったジェネレーションギャップを感じる事があるのは、年下彼氏と付き合った時に避けられない一面だと言えます。
しかし、そういったジェネレーションギャップはきちんと話し合ってお互いが歩み寄れば解決出来る問題の方が多いので、そこまで深刻に考える必要はないでしょう。
放っておけば大きな溝に発展してしまうかもしれませんが、きちんと話し合う事で解決する事は簡単なので、「ん?」「ちょっと考え方違うのかな?」と感じるような事があれば、その都度きちんと話し合うようにすれば問題ないはずです。

(2)油断していると親子のような関係になってしまう事がある

年下彼氏と付き合うデメリット2つ目は、油断していると親子のような関係になってしまう事があるという事です。
年齢差もさる事ながら、こちらの方が年上なのでついつい世話を焼いたり、尽くしてしまう事の方が多くなるでしょう。
しかし、世話を焼きすぎたり、尽くしすぎてしまうと年下彼氏はこちらの事を母親のように感じてきてしまう場合があります。
年下彼氏と付き合うと世話を焼いたり尽くしたりする事が多くなってしまうのは仕方のない事かもしれませんが、尽くしすぎないように注意しましょう。
適度に尽くすくらいならきちんと男女としての仲を保てますし、リードしてくれる素敵な年上彼女として見てもらえるはずです。

(3)周囲の目線が気になる事がある

年下彼氏と付き合うデメリット3つ目は、周囲の目線が気になる事があるという事です。
年下彼氏と付き合っていると、どうしても周囲の目線が気になる時があるでしょう。
歳の差にもよりますが、ひと回りくらい年齢が離れている彼氏だとデートをしている時に、周囲の目線が気になったりする事もあるでしょうし、あなたの周りの友達が心配する事もあるでしょう。
しかし、周囲の目線がどうであれ、彼と付き合っているのはあなた自身であり、彼が付き合う事を選んだのはあなたなのです。
自信を持っても問題ありませんし、周囲の目線が気になる気持ちは分かりますが、あえて気にする必要はないと言えるでしょう。

(4)子供っぽくて頼りなく感じてしまう事がある

年下彼氏と付き合うデメリット4つ目は、子供っぽくて頼りなく感じてしまう事があるという事です。
年下である以上、どうしても子供っぽく感じてしまう一面はあるでしょうし、頼りなく感じてしまう事もあるでしょう。
それをデメリットだと言ってしまえばデメリットなのですが、裏を返せば年下彼氏の魅力だとも言えます。
子供っぽい部分は言い換えれば無邪気で可愛らしいとも言えますし、頼りないと感じる部分はこちらがリードして主導権を握れるとも言えるのです。
そして、もちろんですが年下彼氏の中にも大人びた人もいれば、頼りがいのある男性もいます。
子供っぽい人は嫌、頼りない人は嫌だと考えている女性でも、視野を広げてみれば子供っぽくなくて頼りがいのある年下男性もいるので、そこまで心配するようなデメリットではないでしょう。

(5)結婚を意識してもらえない場合がある

年下彼氏と付き合うデメリット5つ目は、結婚を意識してもらえない場合があるという事です。
これが年下彼氏と付き合う上での一番大きなデメリットだと言えるでしょう。
年齢が若いので、そこまで結婚を意識している男性が少ないのです。
しかし、きちんと交際を続けていけば自ずと結婚を意識してくれるようになるはずですし、段階を踏んでいけば結婚を考えてくれる年下彼氏ももちろんいます。
こちらから結婚を急かすような事をしてしまうと、年下彼氏は引いてしまう可能性がありますが、きちんと話をしていけば年下彼氏だって一人の男性なんですから結婚を意識してくれるようにはなるはずですよ。

【2】年下彼氏と付き合うメリット9選

年下彼氏と付き合う時のデメリットは紹介してきた通りですが、デメリット以上にメリットがあるのが現実です。
年下彼氏と付き合うと、どのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは年下彼氏と付き合う時のメリットを見ていきたいと思いますので、どんなメリットがあるのかを確認してみてください。

(1)こちらの事を尊重してくれる男性が多い

年下彼氏と付き合うメリットの1つ目は、こちらの事を尊重してくれる男性が多いという事です。
同年代や年上の男性の場合だと、たいていの人が女性を軽視して下に見てしまう人が多いのが否めません。
しかし年下彼氏の場合だと、こちらが年上だということもあって、きちんとこちらの意見を尊重してくれたり、こちらの意見に耳を傾けてくれる場合が多いのが現実です。
年下彼氏が知らない世界を年上のこちらが見せてあげる事によって、年下彼氏も満足しますし、よりこちらの事を尊重してくれるようになるでしょう。
女性を軽視する態度の男性にイラっとする事もないでしょうし、年下彼氏の場合はきちんとこちらの意見を聞いてくれるというのは大きなメリットであると言えます。

(2)こちらの色の染めやすい(コントロールしやすい)

年下彼氏と付き合うメリットの2つ目は、こちらの色の染めやすい(コントロールしやすい)という事です。
年下彼氏の場合、リードして欲しいと考えている男性が多いので、こちらの色の染めやすいのです。
同年代や年上の男性の場合だと、自分の意見をしっかりと持っている上に、その自分の意見が正しいと思っている人が多いので、なかなかこちらの意見を聞いてもらえません。
しかし、年下彼氏の場合だと、素直にこちらの意見を聞いてくれる人が多いですし、良い部分は褒めて伸ばしてあげたり、良くない部分は指摘したらきちんと耳を傾けて話を聞いてくれる場合が殆どです。
年下彼氏の場合、こちらの色の染めやすくて、コントロールしやすいという事も大きなメリットの1つでしょう。

(3)セックスにおいて同年代や年上の男性より元気がある

年下彼氏と付き合うメリットの3つ目は、セックスにおいて同年代や年上の男性より元気があるという事です。
女性は年齢を重ねるにつれて性欲が強くなってくるのに反して、男性は年齢を重ねるにつれて性欲が衰えていきます。
同年代や年上の男性の場合だと、どうしても性欲が衰えてしまっていて、満足のいくセックスが出来なくなってしまう事も考えられますが、年下彼氏の場合だと元気が有り余っているので情熱的なセックスをしてくれるはずです。
セックスは男女の交際において大切な部分でもあるので、そのセックスを楽しめるという事は大きなメリットだと言えるでしょう。
たかがセックス、されどセックスなのです。

(4)外見も内面も若返る事が出来る

年下彼氏と付き合うメリットの4つ目は、外見も内面も若返る事が出来るという事です。
年下彼氏と付き合うと、年下彼氏の若さに感化されてこちらまで若返る事が出来るのは大きなメリットでしょう。
「年下彼氏に見合うように肌の手入れや若く見えるように努力しよう」「内面も年下彼氏に見合うようにきちんと磨こう」と思える事によって、自分の魅力を高めていける事が出来るのです。
また、年下彼氏と付き合っていく内に若い話題に触れる事も多くなるはずですし、自然と若い話題についていけるようにもなるので、色々な面で同年代の女性よりも若返る事が出来るでしょう。

(5)雑念を捨てて付き合う事が出来る

年下彼氏と付き合うメリットの5つ目は、雑念を捨てて付き合う事が出来るという事です。
同年代や年上の男性の場合だと、結婚を意識しすぎてしまったり、将来の事を考えながら付き合う事も多くなってしまうでしょう。
しかし、年下彼氏の場合だと特にそういった事を考えなくても良い場合が多いです。
年下彼氏も同様に結婚を意識していない場合が多いでしょうし、将来の事も考えずに今を楽しく付き合っている場合が多いでしょう。
結婚を意識したり将来を考えながら付き合う事も大切だと言えますが、今を楽しんで付き合いを続けている内に自然と結婚は意識してくるようになるものなのです。
色々な雑念を捨てて付き合う事が出来るのも年下彼氏の大きなメリットだと言えるでしょう。

(6)何でも話し合える関係になりやすい

年下彼氏と付き合うメリットの6つ目は、何でも話し合える関係になりやすいという事です。
年下彼氏は些細な事でもこちらの話をきちんと聞いてくれるので、どんな事でも気兼ねなく話をしやすいのが特徴です。
同年代や年上の男性の場合だと、こちらの些細な話に対して「そんな事!?」と思ってしまうような事でも、年下彼氏はきちんと話を聞いてくれます。
その姿勢は、こちらからもどんどん色々な話をしやすくなりますし、気兼ねなく何でも話し合える関係になりやすいのです。
それは交際を続ける上でも大切な事なので、大きなメリットだと言えます。

(7)情熱的で刺激的な恋愛を楽しめる

年下彼氏と付き合うメリットの7つ目は、情熱的で刺激的な恋愛を楽しめるという事です。
同年代や年上の男性の場合だと、どうしても落ち着いた恋愛になってしまいがちだと言えます。
もちろん落ち着いた恋愛も良い面は沢山ありますが、情熱的で刺激的な恋愛も良い面は沢山あるのです。
そういった情熱的で刺激的な恋愛が出来るのは、同年代や年上の男性よりも圧倒的に年下彼氏の方が多いでしょう。
常に彼女の事を考えてくれたり、若い頃に戻ったようにテーマパークなどでのデートを楽しめるのは相手が若いからこそなのです。

(8)こちらの人生経験を尊敬してくれる

年下彼氏と付き合うメリットの8つ目は、こちらの人生経験を尊敬してくれるという事です。
こちらの方が年上なので、年下彼氏よりも人生経験が豊富なのは当然でしょう。
こちらのその人生経験が、年下彼氏にとって経験した事がないものであればあるほど、新鮮で刺激的なものです。
そういったこちらの経験を素直に尊敬してくれる場合が多いですし、尊敬して褒めてくれたらこちらとしても自信を持つ事が出来るはずです。
前向きになれますし、ポジティブに日常を過ごす事が出来るようになるので、そういった事も年下彼氏と付き合うメリットだと言えるでしょう。

(9)小さな欠点を許せるようになる

年下彼氏と付き合うメリットの9つ目は、小さな欠点を許せるようになるという事です。
年下彼氏と付き合っていると、どうしても彼氏の至らない部分が目についてしまう事も多いでしょう。
最初は気になるかもしれませんが、付き合っている内に小さい事は気にならなくなってきます。
年下彼氏と付き合う事によってこれまでは気になっていた小さな欠点を大らかな気持ちを持って「これくらいは気にしない」「指摘するほどの事でもないな」という風に許せるようになってくるのです。
それは揉め事を少なくする事に直結しますし、大きなメリットでしょう。

【3】年下彼氏と付き合う前に知っておくべき10の注意点

年下彼氏と付き合う前に知っておくべき注意点もいくつかあります。
ここでは、年下彼氏と付き合う前にどんな事を知っておくべきなのかをまとめていきますので、頭に入れておくようにしてくださいね。

(1)母親のような存在にならないように気を付ける

年下彼氏と付き合う前に知っておくべき注意点その1は、母親のような存在にならないように気を付けるという事です。
彼氏彼女の関係であるのに、母親のような存在になってしまうのは悲しい事だと思います。
女として見てもらえなくなってしまうと、交際に支障が出てきてしまう事もあるので気を付けるべきだと言えます。
母親のような存在にならないようにする為には、リードしすぎたり家庭的な一面を見せすぎないように気を付けましょう。
「一緒にいると落ち着く」と年下彼氏に思ってもらえる事は嬉しい事かもしれませんが、それは場合によっては母親のような存在だから落ち着くと思われてしまっている場合もあるので、時には女としての一面を見せるのを忘れないようにしてください。

(2)出来るだけ割り勘にしたり、たまには奢ってもらうようにする

年下彼氏と付き合う前に知っておくべき注意点その2は、出来るだけ割り勘にしたり、たまには奢ってもらうようにするという事です。
こちらが年上だからといって、毎回奢っていたら年下彼氏はあなたとの交際に申し訳なさを感じてしまいます。
そして、男としての不甲斐なさも感じてしまうでしょう。
男性は、たとえ年下でも女性には良い恰好をしたいものなのです。
それを年上だからといって毎回奢っていると年下彼氏のプライドを傷つけてしまう事になります。
徐々に溝が生まれてきてしまいますので、出来るだけ割り勘にしたり、こちらが奢った次は奢ってもらったりと、うまくバランスを取っていくようにしましょう。

(3)子供扱いしないように気を付ける

年下彼氏と付き合う前に知っておくべき注意点その3は、子供扱いしないように気を付けるという事です。
年下だからといって、子供扱いしてしまうと年下彼氏は良い気分になりません。
年下とはいっても男性なので、プライドを持っている人が殆どです。
子供扱いしてしまうと、そのプライドを傷つけてしまうだけでなく、喧嘩の原因にもなってしまいます。
こちらが年上であって、彼氏が年下だという事実はあるかもしれませんが、子供扱いするのではなく一人の男性として接してあげるようにしましょう。
年下だからついつい無意識の内に子供扱いしてしまう場合もあると思うので、意識的に気を付けてみてください。

(4)年齢差を引き合いに出さないようにする

年下彼氏と付き合う前に知っておくべき注意点その4は、年齢差を引き合いに出さないようにする事です。
「若いから知らなくても無理はないよー」とか「私なんてもう〇歳だから・・・」と年齢を引き合いに出した会話は控えるべきだと言えます。
こちらが年上だという事を少なからず気にしているように、彼氏の方も年下だという事を気にしている場合もあるのです。
年齢差を引き合いに出した会話をする事によって、年齢差を突きつけてしまう事になってしまいます。
せっかく楽しい雰囲気だったのに、それが原因で一気に険悪なムードになってしまう事もあるので、年齢に関する話題は極力避けるようにした方が良いでしょう。

(5)上から目線にならないように気を付ける

年下彼氏と付き合う前に知っておくべき注意点その5は、上から目線にならないように気を付けるという事です。
年上だからついつい上から目線で物を言ってしまう事もあるかもしれませんが、彼氏彼女という関係である以上、二人は対等な関係なのです。
それなのに上から目線で物を言ってしまうと、言われた方は良い気分はしないでしょう。
最悪の場合、幻滅されてしまう可能性もあるので、年下彼氏は対等な立場なのだという事を念頭に置いて接するようにしていきましょう。

(6)彼の周りにいる彼と同年代の女性に嫉妬しないようにする

年下彼氏と付き合う前に知っておくべき注意点その6は、彼の周りにいる彼と同年代の女性に嫉妬しないようにするという事です。
年下彼氏の周りには同年代の女性も沢山いるでしょう。
友達であったり、職場の同僚であったり・・・年齢が近い女性が周りにいるのは自然な事です。
その女性たちが、こちらよりも若いというだけで嫉妬をしてしまっていたらみっともありませんし、年下彼氏も「年上なのに精神年齢が幼いな」と思ってしまう場合もあります。
周りにいる同年代の女性よりも、彼氏は年上であるこちらと付き合う事を選んだのだという自信を持って、どんと構えているようにしましょう。

(7)彼の年代のファッションに合わせないようにする

年下彼氏と付き合う前に知っておくべき注意点その7は、彼の年代のファッションに合わせないようにするという事です。
年下彼氏の年代のファッションに無理矢理合わせるよりも、こちらの年代にあったファッションをして年上としての魅力を磨く事の方が大切だと言えます。
若い子のファッションを真似しても痛々しい場合もありますが、年相応のファッションを磨くと大人としての色気を醸し出せます。
年上の女性と付き合う年下彼氏は、大人の女性の魅力に惹かれて付き合う人も多いので、自分の年齢にあったファッションを心がけるようにしましょう。

(8)意見を言う時は本音でぶつかるようにする

年下彼氏と付き合う前に知っておくべき注意点その8は、意見を言う時は本音でぶつかるようにするという事です。
例えば意見のすれ違いがあったり、喧嘩をした時に「私の方が年上なんだから我慢しよう」「彼はまだ若いんだし、言っても分からないかもしれない」と考えて、自分の意見を抑え込むのは良くありません。
年下であっても彼氏なのです。
意見が食い違った時は、本音でぶつかる事が出来るのが素敵な恋人関係だと言えるでしょう。
本音でぶつかる方がより良い関係を築いていく事が出来るので、その事は忘れないようにしましょう。

(9)二人きりでいる時に、時々甘えるようにする

年下彼氏と付き合う前に知っておくべき注意点その9は、二人きりでいる時には時々甘えるようにするという事です。
年上だからといっていつもリードしなければいけないわけではありません。
むしろ、時には男として頼って甘えて欲しいと思っている年下彼氏も多いのです。
女性から甘えられる事を嫌う男性はいませんし、ましてやそれが彼女であれば、甘えて欲しいと思っている男性の方が殆どでしょう。
時々甘えてあげる事によって、二人の仲はグッと縮まるはずなので、二人きりの時くらいは彼氏に甘えてみましょう。

(10)きちんと頼りにしてあげる

年下彼氏と付き合う前に知っておくべき注意点その10は、きちんと頼りにしてあげるという事です。
「自分が年下だから頼ってもらえないのかな」と年下彼氏に思わせてしまったら、年下彼氏は男性としての威厳を失ってしまいますし、自信を無くしてしまいます。
女性から頼られて嫌な気持ちになる男性はいませんので、きちんと頼りにしてあげるようにしましょう。

【4】年下彼氏と上手に付き合っていく為の7つのポイント

他の男性とデート

年下彼氏と上手に付き合っていく為には、いくつかのポイントを押さえておくと上手に付き合っていく事が出来ます。
どんなポイントを押さえておけば良いのかをここでは見ていきますので、年下彼氏と付き合った時の参考にしてみてください。

(1)出来るだけ若さを保てるように努力を怠らない

年下彼氏と上手に付き合っていく為のポイント1つ目は、出来るだけ若さを保てるように努力を怠らないという事です。
年下と付き合っていると、どうしてもこちらの方が年上なので老いを感じてしまうようになってきてしまいます。
大人の女性としての魅力を維持する事も大切ですが、肌のツヤやハリであったり、ヘアスタイルであったり、努力でカバー出来る部分は努力を怠らないようにしましょう。
そうする事によって、年下彼氏が若い女性に目移りしてしまうリスクを減らす事が出来ます。

(2)日常に運動を取り入れて体力をつける

年下彼氏と上手に付き合っていく為のポイント2つ目は、日常に運動を取り入れて体力をつけるという事です。
年齢差があると、体力の差を感じてしまう事も度々あるでしょう。
そこで日頃から少しでも運動をして体力をつけておけば、多少の体力の差であればカバー出来るようになります。
また、運動には体力をつける事と同時にダイエット効果もあるので、魅力的なスタイルを維持する事にも繋がります。
少しでも構いませんから日常生活に運動を取り入れるようにしてみましょう。

(3)適度にリードしてあげるようにする

年下彼氏と上手に付き合っていく為のポイント3つ目は、適度にリードしてあげるようにするという事です。
リードしすぎてしまうと、「子供扱いされている」「頼りにされていない」という感情を抱かせてしまう場合もありますが、適度にリードしてあげるくらいなら、それを望んでいる年下彼氏は多いのです。
どんな事をリードしてあげたら良いのか分からないという場合は、自分の得意分野に関してリードしてあげるようにしましょう。
適度にリードしてあげる事で、「年上の女性と付き合って良かった」と年下彼氏に思ってもらえるようになるはずです。

(4)男として立ててあげるようにする

年下彼氏と上手に付き合っていく為のポイント4つ目は、男として立ててあげるようにするという事です。
年下彼氏であっても、男性である以上は男として立てて欲しいと思っているものなのです。
普段はリードしてあげていたとしても、ここぞという場面ではしっかりと男として立ててあげる事が出来ると、年下彼氏は「さすが大人の女性だな」と思うはずです。
見直してもらえるポイントでもありますし、年下彼氏からもっと愛されるようにもなるので、大事な場面では年下彼氏の事を男としてしっかりと立ててあげるようにしましょう。

(5)時にはスカートをはいて女性としての魅力を感じさせてあげる

年下彼氏と上手に付き合っていく為のポイント5つ目は、時にはスカートをはいて女性としての魅力を感じさせてあげるという事です。
普段、パンツスタイルばかりの女性が時々はくスカートにドキドキする男性は多いものです。
そして、スカートは女性らしさの象徴でもあるので、年下彼氏にあなたの事を女性として意識させる事も出来るでしょう。
女性を意識させる事は、マンネリを防ぐ事にも繋がりますので、長く交際を続けていく上でも大切な事だという事を覚えておいてくださいね。
時々魅せるギャップは大切なのです。

(6)空気をしっかりと読んであげる

年下彼氏と上手に付き合っていく為のポイント6つ目は、空気をしっかりと読んであげる事です。
これは、こちらが年上で人生経験が豊富だからこそ出来る事だと言えます。
年下彼氏が話をしたそうにしている時は聞き役に徹してあげたり、話題がなくなった時はこちらから話題を提供してあげたり、しっかりと空気を読んで上手に接してあげる事が出来ると年下彼氏はより一層あなたの虜になるでしょう。
空気を読んであげる事で、年下彼氏はあなたと一緒にいる事を居心地良く思ってくれるはずですし、交際がうまくいく可能性が高まります。

(7)「かわいい」とは言わないようにする

年下彼氏と上手に付き合っていく為のポイント7つ目は、「かわいい」とは言わないようにする事です。
年下だからついつい「かわいい」と思って、口にしてしまう事があるかもしれませんが、男性は「かわいい」と言われる事を良しとしない人が多いのです。
年下彼氏である前に男性だという事を意識しましょう。
男性は「かわいい」と言われるよりも、「かっこいい」「素敵」と言われる方が何倍も嬉しいものなのです。
年下彼氏がかわいい仕草や反応をした時は、「今の反応すごく癒される」というような言葉を変えて、褒めてあげるようにしましょう。
そんな風に言われたら嫌な気分になる男性は少ないので、素直に受け止めてもらえるでしょう。

【まとめ】

 

 

今回は、年下彼氏と付き合う事によるメリットとデメリット、そして年下彼氏と付き合う前に知っておくべき注意点や、年下彼氏と上手に付き合っていく為のポイントを紹介してきましたがいかがでしたか?
年下彼氏には、同年代や年上の男性にはない魅力が満載です。
同年代や年上の男性と付き合ってもなかなかうまくいかなくて破局してしまった女性が、年下彼氏と付き合う事によって幸せになれたケースも多々あります。
今、年下彼氏と付き合いたいと考えている女性は多いのです。
もし素敵な年下男性が現れたら今回紹介してきた注意点やポイントなどを頭において、積極的にアプローチしてみてくださいね。
その一歩が素敵な恋愛に発展するケースも大いにありますよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事