1. HOME
  2. ブログ
  3. 【潜在意識覚醒】1日5分で潜在意識を変える(変化させる)簡単な方法!

【潜在意識覚醒】1日5分で潜在意識を変える(変化させる)簡単な方法!

潜在意識を使う

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回は皆さんから寄せられた体験談や報告を基に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

「これまでに何度もダイエットに挑戦してきたけれど、一度も成功した事がない・・・」「仕事を頑張ろうという意志はあるけれど、サボってしまう・・・」「貯金しなければいけないと思っているのに、ついついお金を使ってしまう・・・」などなど、決意したはずなのに思うような結果を出せない人も多いのではないでしょうか。
決意したはずなのに、決意した事とは正反対の結果になってしまう理由には、潜在意識が大きく関わっています。
どういう事かと言うと、決意した事を成し遂げるために必要な意志を潜在意識が持っていないと、潜在意識の影響によって望む結果を得られないのです。
つまり、「ダイエットを頑張る!!」と決意しても、潜在意識が「運動はしたくない・・・」「食事制限はツライ・・・」という意志を持っていたら、運動をし始めてもすぐにやめてしまったり、食事制限が出来なかったりといった結果を生んでしまって、ダイエットが失敗に終わってしまいます。
「仕事を頑張る!!」「貯金する!!」といった決意についても同様です。
潜在意識が「仕事は面倒だ・・・」という意志を持っていたら、仕事をサボってしまう事が多くなるでしょうし、「お金を使いたい」「欲しいものが我慢出来ない」という意志を持っていたら、お金を使ってしまって貯金がうまくいきません。
決意した事を成功させたり、望む通りの結果を出したりするためには、潜在意識を変える(変化させる)必要がある場合が多々あるのです。
今回は、そんな潜在意識にフォーカスを当てて、潜在意識についてや、潜在意識を変える(変化させる)方法を紹介していきたいと思います。
この記事で紹介することをしっかりと把握すれば、誰でも簡単に潜在意識を変える(変化させる)事が出来るようになりますので、決意した事を成功させられなくて悩んでいる人や、望んだ通りの結果を出したい人は、ぜひ潜在意識についての知識を深めて、潜在意識を自在に変える(変化させる)事が出来るようになってみてください。
潜在意識を自在に変える(変化させる)事が出来るようになれば、きっと決意した事を成功させられるようになるはずですよ。

【1】潜在意識について

まずは、潜在意識について解説していきたいと思います。
潜在意識とは、簡潔に述べると、私たち人間に大きな影響を及ぼす意識だと考えてもらえれば間違いないです。
潜在意識は私たち人間に大きな影響を及ぼす意識ですが、同時に、自分自身で認識出来ない意識でもあります。
また、私たち人間には顕在意識という意識も存在しており、こちらは潜在意識とは正反対で、自分自身で認識出来る意識です。
「ダイエットを頑張る!!」「仕事を頑張る!!」「貯金する!!」という決意は、自分自身で認識出来る意識の顕在意識で決意した事だと考えてください。
なぜ、顕在意識で決意した事がうまく実現しないのかというと、顕在意識と潜在意識の力関係に起因しています。
顕在意識と潜在意識の力関係は、顕在意識が5%~10%、潜在意識が90%~95%だと言われていますので、顕在意識でいくら決意をしても、その決意と正反対の意志を潜在意識が持っていたら、決意した事をうまく実現させられないのです。
ここでは、私たち人間に大きな影響を及ぼす潜在意識についてを掘り下げて解説していきますので、潜在意識を自在に変える(変化させる)事が出来るようになるためにも、まずはしっかりと潜在意識についての知識を深めていきましょう。

(1)潜在意識は、私たち人間の体の機能を動かす役割を持っている

潜在意識は、自分自身で認識出来ない意識ですが、常に私たち人間のために動いてくれています。
具体的にどういった動きをしてくれているのかと言うと、潜在意識には私たち人間の体の機能を動かす役割があります。
例えば、運動をした時や暑さを感じた時は、ほとんどの人が汗をかきますよね。
汗をかくのは体温調節の一環ですが、「体温調節をしなければいけないから汗をかこう。」といったような考えは抱かないと思います。
これは、自分自身で認識出来ない意識の潜在意識が動いてくれていて、汗をかく必要があると判断したから無意識で汗をかくのです。
他にも、スマートフォンの画面をスクロールする時の指の動きや、本を読んでいて次のページをめくる時の指の動きなど、無意識で自然に体が動いている事のほとんどは、潜在意識の働きによるものだと理解しておきましょう。

(2)潜在意識は、変化を嫌う

私たち人間に大きな影響を及ぼす潜在意識ですが、潜在意識は変化を嫌います。
潜在意識は、「今の状態をキープする事が正しい」という認識を持っています。
なぜかと言うと、「今の状態をキープしているからこそ、これまで安全に生きてこれた。」という事実があるからです。
つまり、「今の状態をキープしていれば、これからも安全だ。」という認識を持っているので、潜在意識は変化を極端に嫌います。
変わってしまうと、安全を放棄してしまうかもしれないと考えているのです。
変化を嫌う潜在意識を変えていくためには、顕在意識で決意するだけでは困難ですが、潜在意識を変える(変化させる)方法を用いれば、変化を嫌う潜在意識を変える(変化させる)事ができます。
潜在意識を変える(変化させる)方法については、次項で紹介しますので、そちらを参照してみてください。

【2】潜在意識を変える(変化させる)方法2つ

次は、潜在意識を変える(変化させる)方法を紹介していきたいと思います。
潜在意識を変える(変化させる)方法は、大きく分けて2つの方法があります。
どのような方法を用いれば、潜在意識を変える(変化させる)事が出来るのかを、ここでしっかりと把握しておきましょう。
紹介する2つの方法のどちらを用いても問題ないですし、同時に2つの方法を行ってもらっても構いません。
自分に合った方法で、潜在意識を変える(変化させる)事が出来るようになりましょう。

(1)アファメーション

潜在意識を変える(変化させる)方法その1は、「アファメーション」という方法です。
アファメーションとは、簡潔に述べると、自分自身にポジティブな言葉や肯定的な言葉を投げかけ続けることで、潜在意識にポジティブな思考や自分の願いを植え付けていく手法です。
つまり、潜在意識に自分の思うがままの願いや思考を植え付けていけますので、潜在意識を自在に変える(変化させる)事が出来るのです。
アファメーションのやり方については後述しますので、そちらを参照してもらえればと思いますが、アファメーションという方法を用いれば潜在意識を変える(変化させる)事が出来るという事を頭に入れておきましょう。

(2)イメージング

潜在意識を変える(変化させる)方法その2は、「イメージング」という方法です。
イメージングとは、自分の理想的な姿をイメージする事で、潜在意識に理想の姿になった自分のイメージを植え付けていく手法です。
例えば、ダイエットに成功した自分のイメージを潜在意識に植え付ければ、ダイエットに成功するようになっていきます。
つまり、自分の思い通りに潜在意識を変える(変化させる)事が出来るのです。
イメージングのやり方についても後述しますので、そちらを参照してみてください。

【3】正しいアファメーションのやり方

潜在意識を変える(変化させる)方法のひとつであるアファメーションですが、正しくアファメーションを行えていないと潜在意識を変える(変化させる)事はできません。
ここでは、正しいアファメーションのやり方を紹介していきたいと思います。
確実に潜在意識を変える(変化させる)事が出来るようになるためにも、正しいアファメーションのやり方をしっかりと把握しておき、正しいやり方でアファメーションを行えるようになりましょう。

≪アファメーションの文章を作成する≫

アファメーションを行うためには、まず、アファメーションの文章を作成する必要があります。
アファメーションとは、自分自身にポジティブな言葉や肯定的な言葉を使って断言する事で潜在意識を変える(変化させる)方法ですが、ただ単にポジティブな言葉や肯定的な言葉を並べれば良いというわけではありません。
アファメーションの文章を作成する時の決まり事を守って文章を作らないと、正しくアファメーションを行えませんので、当然、アファメーションの効果も得られないのです。
ここでは、アファメーションの文章を作成する時の決まり事を紹介していきますので、以下の決まり事をしっかりと守って、正しくアファメーションの文章を作成出来るようになりましょう。

(1)一人称を入れて文章を作成する

アファメーションの文章を作成する時の決まり事その1は、「一人称を入れて文章を作成する」という事です。
アファメーションの文章を作成する時は、必ず一人称を入れて文章を作成しましょう。
潜在意識は、自分と他人との区別をつけられません。
つまり、アファメーションで自分のことを言っているのは当然だという自覚を持っていても、一人称を入れた文章でアファメーションを行っていなければ、潜在意識が自分のことを言っているのだと理解してくれないのです。
潜在意識が自分のことを言っているのだと理解してくれなければ、当然、潜在意識を変える(変化させる)事はできませんので、必ず一人称を入れて文章を作成してください。

(2)ポジティブな言葉のみを使用して文章を作成する

アファメーションの文章を作成する時の決まり事その2は、「ポジティブな言葉のみを使用して文章を作成する」という事です。
アファメーションの文章を作成する時は、必ずポジティブな言葉のみを使用して文章を作ってください。
アファメーションの文章には、決してネガティブな言葉を使ってはいけません。
ネガティブな言葉を使ってしまうと、潜在意識にネガティブな情報が植え付けられてしまいますので、潜在意識を変える(変化させる)事が出来ないばかりか、逆効果になってしまうのです。
ネガティブな意味を含む言葉、ネガティブな表現、否定的な言い回しも同様です。
アファメーションの文章は、必ずポジティブな言葉のみで構成する必要があるという事を覚えておきましょう。

(3)現在進行形or完了形で文章を作成する

アファメーションの文章を作成する時の決まり事その3は、「現在進行形or完了形で文章を作成する」という事です。
アファメーションの文章を作成する時は、現在進行形or完了形で文章を作成してください。
なぜかと言うと、潜在意識はどんな事でも「今の状態」だと認識してしまうからです。
つまり、願望を込めた表現や未来形で文章を作ってしまうと、「願望が叶っていない自分」「まだそうなっていない自分」を潜在意識が認識してしまいます。
反対に、まだ実現していない事でも、今起こっている出来事や既に起こった出来事のような表現、つまり、現在進行形や完了形で文章を作ると、まだ実現していないのに潜在意識は実現しているものだという認識を持つのです。
アファメーションの文章は、現在進行形or完了形で作るという事を覚えておいてください。

≪作成した文章でアファメーションを実践する≫

アファメーションの文章を作成したら、あとは作成した文章を使って、アファメーションを実践していくだけです。
アファメーションの実践方法には、「声に出して唱える」「紙に書き出す」「目視する」「耳で聴く」といった方法があります。
4つの実践方法のうち、どの方法でアファメーションを実践しても効果は得られますので、お好きな方法でアファメーションを実践してもらえれば構いません。
ただし、正しくアファメーションを行って、アファメーションの効果を正しく得るためには、アファメーションを実践する時の注意点を守ってアファメーションを実践する必要があります。
ここではアファメーションを実践する時の注意点を紹介していきますので、以下の注意点を守ってアファメーションを実践していきましょう。

(1)何度も繰り返し実践する

アファメーションを実践する時の注意点その1は、「何度も繰り返し実践する」という事です。
潜在意識は、変化を嫌いますので、アファメーションで潜在意識を変える(変化させる)ためには、何度も繰り返し実践する必要があります。
何度も繰り返し実践しないと、潜在意識を変える(変化させる)事はできません。
アファメーションの文章を作成し、1度や2度アファメーションを実践しただけでは、潜在意識を変える(変化させる)事は不可能だと考えてください。
アファメーションによって潜在意識を変える(変化させる)ためには、毎日の習慣にして、何度も繰り返し実践する必要があるという事を覚えておきましょう。

(2)日常生活でもネガティブな発言をしないようにする

アファメーションを実践する時の注意点その2は、「日常生活でもネガティブな発言をしないようにする」という事です。
アファメーションを実践する時は、日常生活でもネガティブな発言をしないように気を付けましょう。
潜在意識を変える(変化させる)ために、アファメーションを実践している時は、基本的にポジティブな情報を潜在意識に植え付けようとしているはずです。
それにもかかわらず、日常生活でネガティブな発言をしてしまうと、そのネガティブな発言によって、潜在意識を変える(変化させる)効力が打ち消されてしまうのです。
場合によっては、ネガティブな情報を植え付けてしまうリスクもありますので、基本的にネガティブな発言はしないようにしましょう。

(3)アファメーションの力を信じて、実践する

アファメーションを実践する時の注意点その3は、「アファメーションの力を信じて、実践する」という事です。
アファメーションを実践する時は、アファメーションの力を信じて実践してください。
「本当に潜在意識を変える(変化させる)事ができるの・・・!?」「どうせ効果なんて現れないわよね・・・」といったような疑いの気持ちを持ちながら、アファメーションを実践しても効果は得られません。
なぜかと言うと、疑う気持ちはネガティブな気持ちだからです。
ネガティブな気持ちを抱きながらアファメーションを実践していても、当然、効果は得られませんので、潜在意識を変える(変化させる)事はできないという事を頭に入れておきましょう。

【4】正しいイメージングのやり方

イメージする女性

次に、正しいイメージングのやり方を紹介していきたいと思います。
イメージングもアファメーションと同様に、潜在意識を変える(変化させる)方法のひとつですが、こちらも正しいやり方で行えていないと潜在意識を変える(変化させる)事はできません。
ここで紹介する正しいイメージングのやり方をしっかりと把握しておき、正しいやり方でイメージングを行えるようになりましょう。

≪イメージングを行う前にやるべき事≫

イメージングとは、その名の通り、イメージする事ですが、ただ単にイメージすれば良いというものではありません。
イメージングを行う前に、やるべき事があるのです。
事前準備をしっかりと行わずに、闇雲にイメージングを始めても、正しくイメージングを行えない可能性の方が高いので、まずはしっかりとイメージングを行うための準備を整えましょう。
どのような事を事前準備すれば良いのかを紹介していきますので、以下の準備を終えてから、イメージングに取り掛かるようにしてください。

(1)自分の理想の姿を鮮明に思い描く

イメージングを行う前にやるべき事その1は、「自分の理想の姿を鮮明に思い描く」という事です。
イメージングを行う前には、自分の理想の姿を鮮明に思い描いてください。
自分の理想の姿を鮮明に思い描けていないと、イメージングを行った時に、イメージする理想の姿がブレてしまう可能性が生じます。
イメージする理想の姿がブレてしまうと、当然、潜在意識に植え付けられるイメージもブレた姿になってしまいますので、イメージングの効果が正常に現れなくなってしまうのです。
イメージングを行う前に、自分の理想の姿を鮮明に思い描くことは非常に重要な事だと覚えておきましょう。

(2)集中出来る環境を作る

イメージングを行う前にやるべき事その2は、「集中出来る環境を作る」という事です。
イメージングを行う前に、集中出来る環境を作りましょう。
集中出来る環境下でイメージングを行わないと、イメージングを行っている最中に雑念が入ってしまうリスクがありますし、場合によっては、自分の理想の姿をうまくイメージ出来ない事もあります。
集中出来る環境は、人によって異なると思いますが、イメージングを行う前に自分自身にとっての集中出来る環境を作るようにしてください。

(3)ネガティブな気持ちを捨てる

イメージングを行う前にやるべき事その3は、「ネガティブな気持ちを捨てる」という事です。
イメージングを行う前には、ネガティブな気持ちを捨てるようにしましょう。
もし、ネガティブな気持ちを抱いてしまっているようであれば、気分転換をして、気持ちをリフレッシュさせてからイメージングを行うようにしてください。
ネガティブな気持ちを抱いたままイメージングを行ってしまうと、ほぼ確実にイメージングがうまくいきませんので、必ずネガティブな気持ちを捨ててからイメージングを行うようにしましょう。

≪イメージングを行う時のポイント≫

次に、イメージングを行う時のポイントを紹介していきたいと思います。
イメージングを行う時のポイントを把握しておく事は、正しくイメージングを行う事に直結します。
ポイントを押さえずにイメージングを行うよりも、ポイントを押さえてイメージングを行った方が、イメージングの効果が高まる事は必然なので、ぜひここで紹介するポイントを押さえた上でイメージングを行ってみてください。

(1)継続する

イメージングを行う時のポイントその1は、「継続する」という事です。
イメージングもアファメーションと同様に、継続して行わなければ潜在意識を変える(変化させる)事はできません。
これは、潜在意識が変化を嫌うためなので、仕方のない事なのです。
潜在意識が持っていなかった新しい認識を、潜在意識に植え付けていくためには、何度も繰り返し反復して、潜在意識に届けていく必要があります。
イメージングによって潜在意識を変える(変化させる)ためには、継続する事がポイントだと覚えておいてください。

(2)イメージする姿は、徐々にハードルを上げていく

イメージングを行う時のポイントその2は、「イメージする姿は、徐々にハードルを上げていく」という事です。
イメージする姿は、徐々にハードルを上げていきましょう。
いきなり、理想の高い姿をイメージするよりも、順を追ってハードルを上げていく方が、潜在意識を変える(変化させる)スピードも速まるのです。
イメージする姿のハードルを少しずつ上げていき、理想の自分に近づけていく事がポイントだと覚えておきましょう。

(3)うまくイメージングが出来ない時は五感を使ってみる

イメージングを行う時のポイントその3は、「うまくイメージングが出来ない時は五感を使ってみる」という事です。
うまくイメージングが出来ない時は、五感を使ってみましょう。
私たち人間には、「視覚」「味覚」「聴覚」「嗅覚」「触覚」の5つの感覚が備わっています。
五感を使ってみる事によって、イメージしやすくなる場合もありますので、うまくイメージングが出来ない時は、五感をフルに活用してみてください。

【まとめ】

 

 

今回は、潜在意識にフォーカスを当てて、潜在意識についてや、潜在意識を変える(変化させる)方法を紹介してきましたがいかがでしたか?
潜在意識を変える(変化させる)方法であるアファメーションもイメージングも、どちらも1日5分もあれば実践が可能な、とても簡単な方法です。
しかし、どちらの方法にも言えることは、「継続して行う」という事が非常に大切な事だと言えるでしょう。
「継続は力なり」という言葉がありますが、潜在意識を変える(変化させる)ためには、まさにその言葉の通り、継続する事が非常に大切なのです。
潜在意識を変える(変化させる)方法は、この記事で把握してもらえたと思いますので、ぜひ一度試してみてくださいね。
潜在意識を自在に変える(変化させる)事に成功すれば、きっと今までよりもステキな人生を歩めるようになるはずですよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事