1. HOME
  2. ブログ
  3. 【不倫体験談】旦那・妻と離婚したいけど離婚出来ない人にオススメ。円満に離婚する5つの方法!

【不倫体験談】旦那・妻と離婚したいけど離婚出来ない人にオススメ。円満に離婚する5つの方法!

離婚準備

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた不倫経験者さんの体験談を元にしたテクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

不倫関係が深まって、お互いに現在の配偶者との結婚生活が苦痛に感じてくるケースはよくあることです。
不倫をしている本人の心は、自分に正直に振る舞いたい気持ちの強さとともに、配偶者や家族に対する罪悪感で引き裂かれるような思いでしょう。また、離婚後の生活が激変することへの恐れもあるのではないでしょうか。
今回は、旦那・妻と離婚したいけど離婚出来ない人におすすめする円満離婚のコツをご紹介いたします。

円満離婚とは協議離婚のこと

円満離婚というのは、調停や裁判に持ち込まず、双方が話し合いで離婚に合意することです。
調停は第三者が公平に提案を行い、裁判には強制力がありますが、知られたくないことも調べ上げられる恐れがあります。そのため、何の問題もなく離婚をするには協議離婚がベストなのです。

不倫をしている側は「有責配偶者」と言い、自分から離婚を求める事ができず、何かと不利。ところが、協議離婚は「当事者同士が納得していること」なので、法律は干渉しません。
不倫から離婚を望む場合、協議離婚にしてしまうのが絶対におすすめです。

別居から離婚へ

別居 荷造り
喧嘩の勢いならともかく、冷静に「離婚しましょう」と切り出す前にはある程度の準備が必要です。只今離婚に向けて別居中のF.Yさんの例を見てみましょう。

「結婚当初から口が悪い人でしたが、年々エスカレートして私の自尊心はズタズタだったんです。料理も一度も褒めてくれたことはなく、何かにつけて、お袋にはかなわないな、って。おしゃれをしても『馬子にも衣装だな』とか、お前のような器量で結婚できたのは奇跡だな、とか」
そんなことが高じてF.Yさんはうつ気味になり、メンタルクリニックに通うことに。

「友人に相談しても、人前ではちょっとブラックユーモアの効いた面白い人と思われているので、取り合ってもらえません。彼とは以前から知り合いでしたが、彼だけが 『それは辛かったね』と言ってくれました」
こうした経緯でF.Yさんは彼と不倫関係になりました。

「彼は、私のことを『かわいい』と何度も言ってくれます。自分に自信が持てたのは彼のおかげなのだと思っています」

少し自信を持てたF.Yさんは、珍しく夫に言い返したのをきっかけに、家を出ました。一時実家に身を寄せ、今は一人暮らしをしています。住民票も移しました。
そのうち帰ってくるだろうと思っていた夫は慌てているようですが、今の所何も言ってこないとのことでした。

離婚したい人がやっておくべき4つのポイントをご紹介

別居 準備
F.Yさんのように離婚したくてもなかなか踏み切れない人は、以下のポイントを参考にしてみましょう。
別居の準備、住民票の移動、第三者に取り持ってもらうなど計画を立てておくと円滑に進んでいくでしょう。

いつでも別居できるように準備をする

F.Yさんは彼との仲が深まるにつれて、夫の言動に嫌気がさしていました。別居を考え始めてから、少しずつ準備を進めたそうです。
さしあたって必要なものはなんと言ってもお金。また、衝動的に家を出て、後から必要なものを取りに戻るのも嫌なので、非常持ち出し品をさり気なくまとめて置くようにしたそうです。

別居する

いきなり離婚届を出してすんなり話が通ることは滅多にありません。
まず、物理的に距離を作るのはおすすめの方法です。自分自身に気持ちの余裕ができることと、相手に「もしかしたら?」という心の準備をさせるのにも役立ちます。
別居の理由は「貴方との生活に疲れたから少し離れたい」と告げるだけで十分です。相手の言うことに取り合わず、とにかく家を出ましょう。
しかし、何も言わずに家出はNG。とにかく「理由」をつけることが大切になります。
また、不倫相手の家などに同居するのもいけません。裁判になった場合「不倫相手のもとに走った」と見なされて不利になります。

実家が近くて、両親と仲がよい場合は「今の生活に疲れた」と話してしばらく身を寄せるのが一番負担の少ない方法でしょう。
実家が遠くて自分の仕事に差し支える場合などは、ウイークリーマンション、マンスリーマンションなどの長期滞在型の宿泊施設に移ってから賃貸物件を探して引っ越します。
このように、別居決行には何かとお金がかかるものです。そのためにも入念な準備が必要なのです。

住民票を移す

住民移動届
別居したらなるべく早く住民票を移してしまいましょう。諸手続きはいろいろと大変ですが、ここは「本気度」を示す大切なプロセスです。自分宛ての郵便物も転送してもらえるように郵便局に転送届も出します。
住民票を移すことが大切なのは、一時的にではなく、「長期的に別居する意志がある」証拠になるからです。衝動的に夫婦喧嘩で家を飛び出したようなレベルでない、という証拠です。

今後離婚を切り出して、夫がすんなり認めてくれるかどうか、F.Yさんは心配しています。
別居して5年以上ならば夫婦関係は破綻していると法的にも認められるので、気長に待つという方法もありますが、別居中だからこそ注意したい点もあります。

自分の不倫がバレないように注意する

もしも裁判に持ち込まれた場合、相手方の弁護士は貴方の身辺調査をするでしょう。貴方が不倫中だったことがバレたら明らかに不利になります。
別居中でも法的には婚姻関係は継続していますから、長期別居でない限り別居中も不倫は厳禁。
別居したら気が緩んで堂々と付き合ってしまう人もいますが、今まで通り神経を張り巡らせること。もしかしたら配偶者側が探偵を使う恐れもあります。

裁判で「不貞行為」と見なされるのは、「性的交渉」の有無です。
同じ宿泊施設の個室に2人だけで長時間滞在すること(特にラブホテルなど)は目的がはっきりしていますから、宿泊の証拠を握られたら「性的交渉」があった、と認定されてしまいます。
一緒に食事をしている程度では不倫の証拠にはなりませんが、泥沼の争いにならないためにも慎重に行動しましょう。

第三者を間に入れる

第三者を入れて冷静に離婚の話を進めることも考えて良いでしょう。共通の友人や先輩、弁護士に間に入ってもらいお互いに納得できるところに収まるようにします。
同じ第三者でも最近は「離婚屋」や「別れさせ屋」という第三者を雇って離婚に進む手助けを頼む人もいます。

「別れさせ屋」を使って離婚に持ち込む

別れさせ屋
「別れさせ屋」という呼び方はある探偵会社の登録商標なんだそう。ここでは離婚のサポートをする会社の一般的な名称として「別れさせ屋」と呼びますね。
別れさせ屋は探偵会社がその独自の調査技術を駆使し、時には工作員を使ってターゲット(離婚したい配偶者)に浮気をさせ、愛人や配偶者と別れさせる証拠を作ります。

T.Oさんは実際に別れさせ屋に依頼して夫から離婚話を出させることに成功しました。
「まず男性工作員が主人に近づいて親しくなったのです。十分に親しくなって、主人の口から私への文句が出始めた頃に、男性工作員の友人ということで、女性工作員が登場し、3人で会うことが多くなったようです」

「いいタイミングで男性工作員が飲み会をドタキャンし、主人と女性工作員が2人きりに。それからしばらくして主人から離婚の話が持ち出されたのです。私は工作員のアドバイスに従って何度か離婚を拒む演技をしつつ、主人と離婚することができました」

元々あった夫婦の亀裂を大きくする工夫をすれば、自然に壊れるもの。そんな手助けをするのが別れさせ屋なのですね。

まとめ

 

 

離婚するには大変なエネルギーが必要だとよく言われます。
最近は事実婚の人も増えていますが、共に暮らした男女が別れるにはそれ相当の代償が必要となるようです。ダメージをお互い最小限に抑えるためにも、円満離婚に収まる工夫が大切ですね。
そのためには衝動的な行動は避け、気持ちとお金の準備をしてから別居という冷却期間を置いてから段階的に離婚に進むのが良いようです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事