1. HOME
  2. ブログ
  3. 《本当に効く》不調続きの体調を回復!健康を取り戻すおまじない5選!

《本当に効く》不調続きの体調を回復!健康を取り戻すおまじない5選!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回はブログ読者の皆さんからご報告頂いた、実際試して不調続きの体調を回復させる事に効果があった、健康を取り戻すおまじないをシェアさせて頂きます。

忙しい日々を送っていたら、「どれだけ寝ても疲れが取れない・・・」「ずっと身体が怠い・・・」「咳が止まらない・・・」「頭痛がする・・・」といったように身体の不調を感じる時もあると思います。
特に忙しくなくても季節の変わり目で気温差が激しい時にも、体調を崩してしまう人もいるでしょう。
「身体が資本」という言葉があるように、体調不良が続いていると仕事や勉強にも身が入らずに集中出来ないでしょうし、恋愛や遊びに真剣に向き合う余裕も生まれてこないと思います。
仕事や勉強を頑張れたり、恋愛や遊びを真剣に楽しむ事が出来るのは、健康な身体があってこそなのです。
身体の不調を感じたら、病院に行って診察してもらったり、薬を処方してもらう人も多いかもしれませんが、処方された薬を服用していてもなかなか体調が回復せずに不調が続いてしまう事もありますよね。
「病は気から」という言葉があるように、気持ちの面で不調が続いてしまっている可能性もありますが、身体のどこかに深刻な問題がある場合もあると思います。
どちらにしても、身体の不調が続いていたら「早く治して健康な身体を取り戻したい・・・!!」と思う人が殆どでしょう。
不調を治す為には病院に通うのが一番理想ですが、忙しければ病院に通う時間すら取れない場合もあるかもしれません。
そんな時は、ぜひ不調続きの体調を回復させる事に効果がある健康を取り戻すおまじないに頼ってみてください。
実際に、ブログ読者の方々からも「ずっと身体が怠くて倦怠感を感じていたんだけど、忙しくて病院に行く暇をなかなか作れなかったの。だから不調続きの体調を回復させる事に効果がある健康を取り戻すおまじないを試してみたんだけど、すごく効果があって身体の倦怠感が消えて健康を取り戻す事が出来たわ。」「病院で処方された薬をちゃんと飲んでいてもなかなか治らなかったけど、不調続きの体調を回復させる事に効果がある健康を取り戻すおまじないのおかげで、身体の不調を回復させる事が出来た!!」という体験談や報告を沢山頂いています。
そこで今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、不調続きの体調を回復させる事に効果がある健康を取り戻すおまじないを紹介していきたいと思いますので、不調続きに悩んでいる人や身体のどこかに異常を感じていて健康を取り戻したい人は、ぜひ今回紹介するおまじないを試してみてください。
ただ、おまじないの効果には相性があります。
今回、いくつか不調続きの体調を回復させる事に効果がある健康を取り戻すおまじないをご紹介しますので、試してみたおまじないの効果を実感出来なかった場合でも諦めずに、掲載されている他のおまじないも試してみましょう。

【新月の力で健康な身体を取り戻そう!!不調続きの体調を回復させる事に効果抜群なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)白色の紙

(2)黒色のペン

(3)白色のろうそく

(4)ライターorマッチ

(5)灰皿

(6)塩

★おまじないの方法★

(1)このおまじないは新月の日の夜に行う必要がありますので、新月になる日を調べて、新月の日の夜を待ちましょう。

(2)新月の日の夜になったら、まず白色の紙と黒色のペンを用意してください。

(3)白色の紙と黒色のペンを用意したら、白色の紙に黒色のペンで人体のイラストを描きましょう。
髪の毛や服装などは描かなくて構いませんが、性別の特徴は捉えて、あなたの性別と同じ性別の人体のイラストを描いてください。

(4)白色の紙に黒色のペンで人体のイラストを描いたら、あなたが不調を感じている部分に「×」の印をつけましょう。
頭痛が続いているなら頭の部分に「×」の印をつけて、身体の倦怠感が続いているなら胴体の部分に「×」の印をつけて頂ければ問題ありません。
どこが不調なのか分からない人は、身体全体に「×」の印をつけてください。

(5)白色の紙に描いた人体の、あなたが不調を感じている部分に「×」の印をつけたら、塩を用意しましょう。

(6)そして、「×」の印をつけた部分に塩をひとつまみ振りかけてください。

(7)「×」の印をつけた部分に塩をひとつまみ振りかけたら、白色の紙をくしゃくしゃと丸めましょう。

(8)次に、白色のろうそくとライターorマッチを用意して、ライターorマッチで白色のろうそくに火を灯してください。

(9)白色のろうそくに火を灯したら、ろうそくの火を見つめながら、「私の身体を蝕む原因を取り除いてください。」と念じてから、先ほど丸めた紙をろうそくの火につけて燃やしましょう。

(10)丸めた紙に火がついて燃え始めたら、灰皿の上に置いて完全に灰になるまで待ってください。

(11)丸めた紙が燃え切って灰になったら、灰皿を持って外に出て、灰皿の灰を撒きましょう。

(12)灰皿の灰を撒き終えたら、この日はなるべく早めに就寝するようにしてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)新月には、物事をリセットする力があります。
このおまじないは、新月のリセットする力を借りて、不調の原因を取り除くおまじないになっていますので、必ず新月の日におまじないを行いましょう。
新月以外の日におまじないを行っても、おまじないの効果は半減してしまいます。

(2)白色の紙に黒色のペンで人体のイラストを描く時は、性別の特徴さえしっかりと捉えていれば問題ありません。
ただし、不調を感じている部分に「×」の印をつける時は正確な位置に「×」の印をつけるようにしましょう。
不調を感じている部分が複数ある場合は、「×」の印を複数つけて頂いても構いません。

(3)「×」の印をつけた部分に塩をひとつまみ振りかける時は、不調を取り除きたいという気持ちを強く持ちながら塩を振りかけましょう。

(4)ろうそくの火を見つめながら、「私の身体を蝕む原因を取り除いてください。」と念じる時も、強い気持ちを持って念じてください。
あなたの念を込める事が重要なポイントです。
また、丸めた紙をろうそくの火につけるのは、必ず念じ終えてからろうそくの火につけましょう。
念じる前にろうそくの火につけて燃やしてしまったら、おまじないの効果が正常に現れなくなってしまいますので気を付けてください。

(5)おまじないの全ての工程を終えた後は、早めに就寝してください。
最低でも2時間以内には眠りにつくようにしましょう。

【眠りの質を向上させて体調を回復させる!!スリープマスクを使った健康を取り戻す強力なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)スリープマスク

(2)青色の折り紙

(3)黒色のペン

(4)セロハンテープ

(5)あなたの好きな香りのお香

(6)お香立て

(7)ライターorマッチ

★おまじないの方法★

(1)まず、青色の折り紙と黒色のペンを用意しましょう。

(2)青色の折り紙と黒色のペンを用意したら、青色の折り紙の裏面に黒色のペンで羊のイラストを描いてください。
パッと見て羊だと分かれば、イラストの上手下手は問いません。

(3)青色の折り紙の裏面に羊のイラストを描き終えたら、青色の折り紙を出来るだけ小さく折りたたみましょう。

(4)青色の折り紙を小さく折りたたんだら、スリープマスクとセロハンテープを用意してください。

(5)スリープマスクとセロハンテープを用意したら、先ほど小さく折りたたんだ青色の折り紙を、スリープマスクの外側(直接目に触れない方)にセロハンテープで貼り付けましょう。

(6)スリープマスクの外側に小さく折りたたんだ青色の折り紙をセロハンテープで貼り付けたら、次にあなたの好きな香りのお香とお香立てを用意して、お香立てにお香を立ててください。

(7)お香立てにお香を立てたら、ライターorマッチでお香に火をつけましょう。

(8)そして、お香の煙を手で扇いで、あなたの身体にかけてください。
お香の煙を手で扇いで、身体にかける時はリラックスしながら健康を取り戻したいと心の中で祈りつつ、煙を手で扇いで身体にかけましょう。

(9)お香の煙を手で扇いで身体にかけたら、お香は焚いたままの状態で、スリープマスクをして眠りについてください。

(10)翌日以降も、あなたの好きな香りのお香をお香立てに立てて、火をつけ、お香の煙を手で扇いで身体にかけてから、スリープマスクをして眠りにつくという工程を1週間続けましょう。
スリープマスクに貼り付けた折り紙はそのままにしておいて頂いて構いません。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用するスリープマスクは、どんなものでも構いません。
アイマスクでも構いませんし、マットレス専門会社によるしっかりとした作りのスリープマスクを用意して頂いても構いませんので、あなたが気に入ったものを選びましょう。

(2)青色の折り紙の裏面に黒色のペンで羊のイラストを描く時は、上手に描けなくても構いません。
誰が見ても羊だと分かるイラストであれば問題ありませんので、絵に自信がない人でも頑張って羊のイラストを描きましょう。

(3)お気に入りの香りのお香は、あなたの直感で選んで頂ければ問題ありません。
強いて言えば、あなたがリラックス出来るような香りのお香を選ぶのがオススメです。

(4)お香の煙を手で扇いで身体にかける時は、必ず健康を取り戻したいと心の中で祈りながら煙を手で扇いで身体にかけるようにしましょう。
リラックスしながら行う事も重要なポイントです。
ここでしっかりとリラックスしながら、健康を取り戻したいと心の中で祈る事が出来ていないとおまじないの効果が弱まってしまいますので注意しましょう。

(5)このおまじないをスタートさせてから1週間は、必ず毎日続けるようにしてください。
寝る前の習慣にして、毎日忘れないように行いましょう。
1日でも忘れてしまうとおまじないの効果を期待出来なくなってしまいますので、また最初からやり直しとなってしまいます。

【入浴の時間にちょっとした工夫で不調続きの体調を回復させる!!健康を取り戻す即効性のあるおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)少量の塩

(2)おちょこ一杯分の日本酒

(3)入浴出来る環境

(4)入浴時に使用するシャンプーやボディーソープ

(5)お気に入りの香りのアロマキャンドル

(6)ライターorマッチ

★おまじないの方法★

(1)このおまじないは、寝る前の入浴時間に行うおまじないになりますので、ある程度の寝る準備を整えてからおまじないを行いましょう。

(2)ある程度の寝る準備を整えたら、まずはお風呂の湯舟にお湯を溜めて、入浴する準備を整えてください。

(3)お風呂の湯舟にお湯を溜めて、入浴する準備を整えたら、塩をひとつまみとおちょこ一杯分の日本酒を湯舟のお湯に入れて、湯舟のお湯を良く混ぜましょう。

(4)湯舟のお湯に塩をひとつまみとおちょこ一杯分の日本酒を入れて混ぜ合わせたら、まずシャワーで身体や髪の毛を綺麗に洗ってください。
また、後にお気に入りの香りのアロマキャンドルを使用する事になりますので、お風呂の脱衣場にアロマキャンドルとライターorマッチを用意しておきましょう。

(5)身体や髪の毛を洗い終わったら、脱衣場に用意しておいたお気に入りのアロマキャンドルにライターorマッチで火を灯してください。

(6)そして、火を灯したアロマキャンドルをお風呂場に持ち込んで、湯舟に浸かりましょう。

(7)湯舟に浸かったら、アロマキャンドルの香りを感じながら、ゆっくりと目を閉じてください。

(8)湯舟に浸かってアロマキャンドルの香りを感じながら目を閉じたら、不調な部分を頭に思い浮かべながら「健康を取り戻したい・・・」と心の中で強く念じましょう。

(9)不調な部分を頭に思い浮かべながら「健康を取り戻したい・・・」と心の中で強く念じ終えたら、あとは満足するまでゆっくりと湯舟に浸かってください。

(10)満足するまでゆっくりと湯舟に浸かったら、シャワーを浴びずにお風呂から上がりましょう。

(11)お風呂から上がったら、普段通りにタオルで身体を拭いたり、ドライヤーで髪の毛を乾かして、出来るだけ他のことをせずに早めに就寝してください。

(12)このおまじないを3日間続けて行いましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないに使用する塩と日本酒は、どんなものでも構いません。
日本酒は安物でも構いませんので、おちょこと一緒に日本酒を用意しましょう。
また、湯舟に入れる日本酒は必ずおちょこ一杯分だけにしてください。
量を沢山入れたらおまじないの効果が増すというわけではありません。
おちょこ一杯分以上の日本酒を入れてしまうと、逆効果になってしまいますので、湯舟に入れる日本酒の分量は守りましょう。

(2)湯舟に浸かる前に、必ずシャワーで身体や髪の毛を洗ってください。
身を清める意味も込められていますので、身体と髪の毛を洗うのは先に済ませましょう。

(3)アロマキャンドルは、あなたの好みの香りのアロマキャンドルを使用してください。
リラックス出来る香りのアロマキャンドルがベストです。
普段、アロマキャンドルに触れる機会がないという人は、この機に好きな香りのアロマキャンドルを探してみましょう。
好きな香りのアロマキャンドルを探す時は、あなたの直感で好みの香りを選んで頂ければ構いません。

(4)不調な部分を頭に思い浮かべながら「健康を取り戻したい・・・」と心の中で強く念じる時は、健康を取り戻した時の自分を想像しながら念じましょう。
そうする事によって、おまじないの効果が更に高まります。

(5)このおまじないは、3日間連続で行う事を忘れないようにしましょう。
1日だけでは効果を期待出来ません。
3日間連続で行わないとおまじないの効果が正常に現れませんので、必ず続けるようにしてください。

【お守りの力で健康を取り戻す!!不調続きの体調を回復させる事に効果抜群なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)書道セット

(2)半紙

(3)朱色の墨汁

(4)赤色の巾着袋

(5)グリーンアメジストのパワーストーン

★おまじないの方法★

(1)まず、書道セットを用意しましょう。
文鎮や筆など、書道を行う上で必要なものを揃えてください。
墨に関しては、朱色の墨汁を使いますので揃えなくても構いません。

(2)書道セットを用意したら、書道をする準備をして、半紙を用意しましょう。

(3)書道をする準備をして、半紙を用意したら、硯に朱色の墨汁を入れてください。

(4)そして、筆を朱色の墨汁につけて、半紙に「健康」という文字を丁寧に書きましょう。

(5)半紙に「健康」という文字を丁寧に書いたら、半紙の左端にあなたの名前をフルネームで書いてください。

(6)次に、グリーンアメジストのパワーストーンを用意して、グリーンアメジストのパワーストーンを両手で包み込むように持って、目を閉じ、「不調の原因を癒やし、私に健康を与えてください。」と心の中で強く念じましょう。

(7)念じ終えたら、グリーンアメジストのパワーストーンを先ほどの半紙の上に置いて、半紙で包んでください。

(8)グリーンアメジストのパワーストーンを半紙で包んだら、赤色の巾着袋の中に入れましょう。

(9)あとは、赤色の巾着袋をお守りとして普段から持ち歩いてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)グリーンアメジストのパワーストーンは、心と身体を癒やす石だと言われています。
つまり、あなたが身体の不調を感じている部分を癒やしてくれる効果を期待出来ますので、このおまじないには必ずグリーンアメジストのパワーストーンを使いましょう。

(2)書道セットを用意して、朱色の墨汁で半紙に「健康」という文字を書く時は、健康な身体を取り戻したいという気持ちを込めて書いてください。
あなたの念を込める事が重要なポイントです。

(3)グリーンアメジストのパワーストーンを両手で包み込むように持って、目を閉じ、「不調の原因を癒やし、私に健康を与えてください。」と心の中で強く念じる時も、強い気持ちを込めましょう。
健康になりたいというあなたの強い気持ちを込めれば込めるほど、おまじないの効果が高まります。

(4)グリーンアメジストのパワーストーンを半紙で包む時は、丁寧に包みましょう。

(5)半紙で包んだグリーンアメジストのパワーストーンを入れた赤色の巾着袋は、必ず普段から持ち歩いてください。
お守りとして常に持ち歩かないとおまじないの効果を期待出来ませんので、忘れないように持ち歩きましょう。
カバンに入れておくだけでも構いません。

【超簡単!!毎朝飲むだけで健康を取り戻す事が出来る強力なおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)マグカップ

(2)ミネラルウォーター

(3)電子レンジ

(4)塩

★おまじないの方法★

(1)このおまじないは朝に行う必要がありますので、朝におまじないを行う時間を作りましょう。

(2)まず、マグカップとミネラルウォーターを用意してください。

(3)マグカップとミネラルウォーターを用意したら、マグカップにミネラルウォーターを注ぎましょう。

(4)マグカップにミネラルウォーターを注いだら、マグカップを電子レンジに入れ、1分30秒から2分ほど温めて、白湯を作ってください。

(5)白湯を作ったら、塩を用意しましょう。

(6)塩を用意したら、「不調続きの体調を回復させたい」と心の中で念じながら、マグカップの白湯の中にひとつまみの塩を入れてください。

(7)塩をマグカップの白湯に入れたら、「私の身体を蝕む病魔よ、消え去りなさい!!」と声に出して唱えてから、マグカップの白湯を飲みましょう。
身体全体に染み渡らせるイメージを持って、白湯を飲んでください。

(8)毎朝、ここまでの工程を行いましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)このおまじないは、毎朝行う必要があります。
続けないとおまじないの効果を実感出来ませんので、必ず毎朝続けるようにしましょう。
ほんの数分時間を取れれば、簡単に行えるおまじないなので朝の数分の時間をおまじないの為に確保するようにしてください。

(2)もしも電子レンジが無ければ、やかん等を使って白湯を作って頂いても構いません。
ただし、白湯を作る水は水道水ではなく、必ずミネラルウォーターを使用するようにしましょう。
水道水でおまじないを行っても、高い効果は期待出来ませんので気を付けてください。

(3)白湯の中に塩を入れる時は、「不調続きの体調を回復させたい」と強く念じながら塩を入れましょう。
不調に感じている原因を浄化させるイメージで塩を入れると、おまじないの効果が高まります。

(4)白湯を飲むのは、「私の身体を蝕む病魔よ、消え去りなさい!!」と声に出して唱えてから飲むようにしましょう。
唱える前に飲んでしまうと、おまじないの効果が正常に現れませんので気を付けてください。
また、飲んだ白湯が身体全体に染み渡るのをしっかりとイメージしましょう。
そうする事によって、おまじないの効果が更に高まります。

★まとめ★

 

 

今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、不調続きの体調を回復させる事に効果がある健康を取り戻すおまじないを紹介してきましたがいかがでしたか?
体調が悪くて不調が続いていると、ただでさえ身体の怠さや辛さもあるのに、注意力も散漫になってしまって仕事や学業に身が入らない事も多いと思います。
「早く体調を回復させないと・・・」と思って、薬を飲んだり、早めに就寝して身体を休めようと努めても、なかなか体調が回復しない場合もあるでしょう。
身体の不調が続いている時は、病院に行くのが一番の解決策ですが、病院に行く暇がないという人も中にはいますよね。
忙しくて病院に行く暇がない人や、病院に通っていてもなかなか体調が良くならない人は、不調続きの体調を回復させる事に効果がある健康を取り戻すおまじないに頼ってみましょう。
今回紹介してきたおまじないは、どれもリスクなしで気軽に試せるおまじないばかりなので、気軽な気持ちで試してみてくださいね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事