1. HOME
  2. ブログ
  3. 《本当に効く》100人以上が復縁した元恋人と付き合えるおまじない6選!

《本当に効く》100人以上が復縁した元恋人と付き合えるおまじない6選!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回はブログ読者の皆さんからご報告頂いた、実際試して復縁に効果があった、復縁のおまじないをシェアさせて頂きます。

皆さんは別れた元恋人と復縁をしたいと思った事はあるでしょうか。
相手のことが大好きな状態で振られてしまってなかなか相手に対する想いを消す事が出来なければ「復縁したい・・・」と思う人は多いでしょうし、自分から振ったとしても別れてから相手の大切さに気付いた場合は振ってしまった事を後悔して「復縁したい・・・」と思う人もいると思います。
しかし、復縁を目指して元恋人にアプローチをしても、そう簡単に復縁には結び付きませんし、相手にされないケースも多いでしょう。
復縁を目指したアプローチがうまくいかないと「やっぱりもう振り向いてもらうのは無理なのかも・・・」とショックを受けて凹んでしまう事もありますよね。
相手の態度を見て、復縁出来る可能性がゼロだと感じてしまったら復縁を諦めてしまう事もあるかもしれません。
そんな時は、ぜひ復縁のおまじないを頼ってみてください。
実際に、ブログ読者の方々からも「元恋人には冷たくされていて復縁が絶望的だったけど、復縁のおまじないを試してみたら元恋人と復縁出来た!!」「半信半疑だったけど、復縁に効果的なおまじないを試してみたら元恋人との復縁が叶った!!」という体験談や報告を沢山頂いています。
そこで今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、100人以上が復縁したと言われる元恋人と付き合える復縁のおまじないを紹介していきたいと思いますので、元恋人との復縁を目指している人はぜひ今回紹介するおまじないを試してみてください。
ただ、おまじないの効果には相性があります。
ブログ読者の方々に頂いたおまじないの中から、今回は復縁のおまじないを厳選していくつかご紹介しますので、試してみたおまじないの効果を実感出来なかった場合でも諦めずに、掲載されている他のおまじないも試してみましょう。

【元恋人の気持ちをもう一度引き寄せる!!人形を使った復縁のおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)男性だと分かる人形(布製のもの)

(2)女性だと分かる人形(布製のもの)

(3)赤色の糸

(4)縫い針

(5)赤色のフェルト

(6)裁ちばさみ

★おまじないの方法★

(1)まずは、男性だと分かる人形と女性だと分かる人形をそれぞれ1体ずつ用意しましょう。
性別が分かって、布製の人形であればどのような人形でも構いません。

(2)それぞれの人形を用意したら、次に赤色のフェルトと裁ちばさみを用意してください。

(3)赤色のフェルトと裁ちばさみを用意したら、裁ちばさみで赤色のフェルトをハート型に切りましょう。
この時、用意した人形に縫い付ける事が出来る大きさで切ってください。
また、ハート型は2体分作りましょう。

(4)赤色のフェルトを裁ちばさみで切ってハート型を2つ作ったら、片方のハート型にはあなたのイニシャルを赤色の糸と縫い針で刺繍してください。

(5)そして、もう片方のハート型には復縁したい元恋人のイニシャルを赤色の糸と縫い針で刺繍しましょう。

(6)ハート型に切ったフェルトそれぞれに、あなたのイニシャルと復縁したい元恋人のイニシャルを刺繍したら、あなたのイニシャルを刺繍したハート型のフェルトをあなたの性別ではない方の人形に縫い付けてください。
あなたが女性であれば男性の人形に、あなたが男性であれば女性の人形に縫い付ければ問題ありません。

(7)次に、復縁したい元恋人のイニシャルを刺繍したハート型のフェルトをもう片方の人形に縫い付けましょう。

(8)ここまでの工程を終えたら、赤色の糸でそれぞれの人形を結んでください。

(9)赤色の糸でそれぞれの人形を結んだら、その人形を寝室に飾りましょう。

(10)そして、毎日寝る前に人形を見つめながら「私たちは赤い糸で結ばれているから、必ずまた元通りになれます。」と心の中で念じてから眠るようにしてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)男性だと分かる人形と女性だと分かる人形は、必ず布製のものを用意するようにしましょう。
フェルトを縫い付けたり、赤色の糸で結び付ける事になりますのでプラスチック製の人形だとおまじないを行えません。

(2)それぞれのイニシャルを刺繍したハート型のフェルトを縫い付ける時は、縫い付ける人形を間違えないようにしましょう。
あなたが女性だった場合、あなたのイニシャルを刺繍したフェルトは男性の人形に、元恋人のイニシャルを刺繍したフェルトは女性の人形に縫い付けてください。
あなたが男性だった場合は、その逆です。
縫い付ける人形を間違えてしまったら、おまじないの効果が現れなくなってしまいますので、気を付けましょう。

(3)赤色の糸でそれぞれの人形を結ぶ時は、赤色の糸の長さは短めにしましょう。
糸の長さが長ければ、それだけ復縁のおまじないの効果が現れるまでの時間が長くなってしまいます。
また、結び付けた後は絶対に糸を切らないようにしてください。
糸を切ってしまうとあなたと元恋人の縁が完全に切れてしまいます。

(4)人形を寝室に飾ったら、必ず毎日「私たちは赤い糸で結ばれているから、必ずまた元通りになれます。」と念じてから眠るようにしましょう。
1日でも忘れてしまうと、おまじないの効果が弱まってしまいますので毎日忘れず行ってください。

【一度切れた縁を再び繋ぎ合わせる!!元恋人との復縁が叶う写真を使ったおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)元恋人とのツーショットの写真1枚

(2)はさみ

(3)ピンク色のハートマークのシール

(4)写真立て

(5)赤色のペン

★おまじないの方法★

(1)まず、元恋人とのツーショットの写真1枚とはさみを用意しましょう。

(2)元恋人とのツーショットの写真1枚とはさみを用意したら、その写真をはさみで半分に切ってください。
この時、あなたと元恋人との間を引き離すように切りましょう。

(3)元恋人とのツーショットの写真をはさみで切ったら、目を閉じて心の中で「今、私たちはこの写真のように離れ離れになっているけど、これは本来の私たちの姿ではありません。」と唱えてください。

(4)唱え終わったら、切り離した写真の裏面にピンク色のハートマークのシールを貼って、写真を繋ぎ合わせましょう。

(5)ピンク色のハートマークのシールで切り離した写真を繋ぎ合わせたら、赤色のペンを用意してください。

(6)赤色のペンを用意したら、繋ぎ合わせた写真の裏面に赤色のペンでハートマークのシールを囲むように大きくハートマークを書きましょう。

(7)ここまでの工程を終えたら、繋ぎ合わせた写真を写真立てに入れてください。

(8)写真立てに元恋人とのツーショットの写真を入れたら、写真立てを自宅の南東の方角に飾りましょう。

(9)そして、毎日朝と夜に写真立てに飾った写真に向かって、「メルプール・ラブラプール・ドンフォイ」という呪文を3回連続で唱えるようにしてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)別れた後、写真や思い出の品を全て処分してしまっていて元恋人とのツーショットの写真がない場合は、写真サイズの紙に元恋人とあなたのイラストを描いたもので代用して頂いても構いません。
似顔絵やイラストが苦手な人は、人型のイラストを描いてその中にあなたの名前と元恋人の名前を書いたものでも代用出来ます。
写真がない場合は、その方法でおまじないを行いましょう。

(2)写真をはさみで切る時は、必ず2人の仲を引き裂くようにはさみで切ってください。
ここで2人の仲を引き裂くように切らないとおまじないの効果が現れませんので、注意しましょう。

(3)写真を切り離した後に「今、私たちはこの写真のように離れ離れになっているけど、これは本来の私たちの姿ではありません。」と唱える時や、写真立てに向かって毎日朝と夜に「メルプール・ラブラプール・ドンフォイ」という呪文を唱える時は、心を込めて唱えましょう。
適当に唱えていたのではおまじないの効果を期待出来ませんので、しっかりと元恋人と復縁したいというあなたの気持ちを込めて唱えてください。

(4)写真立ては、必ず南東の方角に飾りましょう。
南東の方角以外に飾ってしまうと、おまじないの効果が正常に現れなくなってしまいますので、自宅の南東の方角を調べておいてください。

(5)南東の方角に飾った後の写真立ては常に綺麗にしておきましょう。
埃が被ってしまわないようになるべく毎日掃除を行ってください。
また、写真立ての周辺にはなるべく他のものを置かないようにしましょう。

【元恋人と復縁出来る!!思い出の品を使った復縁のおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)元恋人と付き合っていた時の思い出が詰まっている品

(2)赤色の布

(3)箱(蓋が出来るタイプのもの)

(4)真っ白の紙

(5)赤色のペン

★おまじないの方法★

(1)まず、真っ白の紙と赤色のペンを用意しましょう。

(2)真っ白の紙と赤色のペンを用意したら、真っ白の紙に赤色のペンで元恋人に対するあなたの想いを書き綴ってください。
元恋人の好きな所や、どれだけ復縁したいと強く思っているのかなど、思い付く限りのことを全て書きましょう。

(3)元恋人に対するあなたの想いを真っ白の紙に書き終わったら、次に元恋人と付き合っていた時の思い出が詰まっている品と赤色の布を用意してください。

(4)元恋人と付き合っていた時の思い出が詰まっている品と赤色の布を用意したら、その思い出の品を赤色の布で丁寧に包みましょう。
包む時には、元恋人との楽しかった思い出などを頭に思い浮かべながら包んでください。

(5)思い出の品を赤色の布で包み終えたら、箱を用意しましょう。

(6)箱を用意したら、その箱の中に赤色の布で包んだ思い出の品と、先ほど元恋人に対する想いを書き綴った紙を一緒に入れてください。

(7)そして、箱の中を見つめながら、あなたが元恋人とどれだけ復縁したいと思っているのかを言葉にして声に出しましょう。
長くなっても構いませんので、想いの丈の全てをぶちまけるつもりで言葉にしてください。

(8)ここまでの工程を終えたら、箱に蓋をしましょう。

(9)そして、蓋をした箱を自宅の押し入れやクローゼットの奥の方など、誰の目にも触れないような場所に置いて保管しておいてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)元恋人と付き合っていた時の思い出が詰まっている品は、どのようなものでも構いません。
旅行に行った時にお揃いで買ったものでも構いませんし、クリスマスや誕生日などに元恋人からプレゼントされたものでも構いません。
元恋人との思い出が詰まっていれば、どんなものでも構いませんので用意しましょう。
ただし、元恋人との思い出が薄いものだとおまじないの効果が現れない場合もありますので、きちんと元恋人との思い出が詰まっているものを用意してください。

(2)真っ白の紙に元恋人に対するあなたの想いを書き綴る時は、全て書き出す事が重要です。
どんな些細な事でも構いませんので、全て書き出しましょう。

(3)赤色の布は、思い出の品を包める大きさであれば問題ありません。
ただし、思い出の品を包む時は丁寧に包みましょう。
また、しっかりと元恋人との楽しかった思い出を頭に思い浮かべながら包む事が重要です。
この時、ネガティブな思い出を頭に思い浮かべないように注意しましょう。

(4)箱を見つめながら元恋人とどれだけ復縁したいと思っているのかを言葉にして声に出す時は、箱の中にあなたの念を詰め込むイメージで言葉を発していきましょう。

(5)箱に蓋をした後は、箱の蓋を開けないように気を付けてください。
元恋人と復縁したいというあなたの念を箱の中に詰め込んでいますので、蓋を開けると詰め込んだあなたの念が逃げてしまい、おまじないの効果が現れなくなってしまいます。

【喧嘩別れをした元恋人と復縁出来る!!卵を使った復縁のおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)卵7つ

(2)ピンク色のマジック

(3)適切な調理器具

(4)大きめのビニール袋

(5)スコップ

★おまじないの方法★

(1)まず、卵7つとピンク色のマジックを用意しましょう。

(2)卵7つとピンク色のマジックを用意したら、卵1つ1つにピンク色のマジックでハートマークを書いてください。
この時、元恋人と復縁したいという気持ちをしっかりと込めて書いていきましょう。
また、力を込めすぎて卵を割らないように気を付けてください。

(3)7つの卵1つ1つにハートマークを書き終わったら、冷蔵庫に戻しましょう。

(4)そして、この日から7日間かけて1日1つずつ卵を調理して食べてください。
調理方法は何でも構いません。
目玉焼きにしても構いませんし、ゆで卵や卵かけご飯にしても構いませんので、1日1つずつ卵を食べましょう。
また、卵の殻は洗って大きめにビニール袋にまとめておいてください。

(5)7日間かけて7つの卵を1日1つずつ食べたら、ビニール袋には卵の殻が卵7つ分集まっていると思いますので、そのビニール袋とスコップを持って、近くの公園に足を運びましょう。

(6)公園に到着したら、公園の隅っこの方にスコップで穴を掘ってください。

(7)穴を掘ったら、その穴に卵の殻を入れましょう。

(8)そして、「〇〇(元恋人の名前)と仲直りして復縁したいです。私の願いを叶えてください。」と心の中で念じてから、穴を埋めてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)7日間かけて卵を1日1つずつ食べていくおまじないになりますので、卵は賞味期限が先のものを購入しましょう。

(2)卵にハートマークを書く時は、元恋人と復縁したいという気持ちをしっかりと込めながら書いてください。
ここであなたの念がきちんと卵に込められていないとおまじないの効果が現れませんので、復縁したいという気持ちを強く持って書きましょう。

(3)卵の調理がゆで卵の場合は関係ありませんが、目玉焼きや卵かけご飯など、生卵を割って調理する場合は卵の殻はしっかりと洗ってからビニール袋に入れるようにしましょう。
また、卵を割る時には、元恋人があなたの元に戻ってきてくれる未来を想像しながら割りましょう。
そうする事によって、おまじないの効果が高まります。

(4)近くの公園に卵の殻を埋める時は、出来るだけ人に見られないように気を付けましょう。
また、「〇〇(元恋人の名前)と仲直りして復縁したいです。私の願いを叶えてください。」としっかり心の中で念じてから埋めるようにしてください。

【即効性大!!元恋人との復縁が叶う髪の毛を使った復縁のおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)元恋人の髪の毛1本

(2)あなたの髪の毛1本

(3)赤色のテープ

(4)赤色の折り紙

(5)赤色のペン

(6)布製の赤色の袋

★おまじないの方法★

(1)このおまじないには、元恋人の髪の毛が1本必要になりますので、元恋人の髪の毛を入手してから行いましょう。
間違っても違う人の髪の毛は使用しないでください。

(2)元恋人の髪の毛を1本手に入れる事が出来たら、まずは赤色の折り紙と赤色のペンを用意しましょう。

(3)赤色の折り紙と赤色のペンを用意したら、赤色の折り紙の裏面に赤色のペンで、「〇〇(元恋人の名前)と〇〇(あなたの名前)は最終的に必ず結ばれる運命にあります。」と書いてください。

(4)折り紙の裏面に「〇〇(元恋人の名前)と〇〇(あなたの名前)は最終的に必ず結ばれる運命にあります。」と書き終わったら、あなたの髪の毛を1本抜きましょう。

(5)そして、元恋人の髪の毛とあなたの髪の毛を赤色のテープで繋ぎ合わせてください。

(6)元恋人の髪の毛とあなたの髪の毛を赤色のテープで繋ぎ合わせたら、その髪の毛を赤色の折り紙に貼り付けましょう。

(7)赤色の折り紙に髪の毛を貼り付けたら、その折り紙をハート型に折っていってください。

(8)折り紙をハート型に折ったら、布製の赤色の袋に入れましょう。

(9)そして、布製の赤色の袋をカバンの中などに入れて常に持ち歩くようにしてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)おまじないには、必ず元恋人の髪の毛を使用してください。
他の人の髪の毛を使用してしまうと、その人との関係が親密になってしまう可能性がありますので、元恋人との復縁が遠のいてしまうだけでなく、思いもよらぬ人に付き纏われてしまう可能性があります。

(2)赤色の折り紙の裏面に「〇〇(元恋人の名前)と〇〇(あなたの名前)は最終的に必ず結ばれる運命にあります。」と書く時は、元恋人の姿を思い浮かべながら、復縁したいという気持ちをしっかりと込めましょう。

(3)折り紙でハート型を折る方法が分からないという人は、Googleなどで調べれば折り方が出てきますので、そちらを参考にハート型に折り紙を折りましょう。
ハート型に折っている時も、元恋人の姿を思い浮かべて復縁したいという気持ちをしっかりと込めながら折り紙をハート型に折っていってください。
復縁したいという気持ちを折り紙に込める事によって、おまじないの効果が高まります。

(4)布製の赤色の袋を持ち歩く際は、あまり他人に袋を見られないようにしましょう。
また、無くさないように気を付けてください。
頻繁に他人に袋を見られてしまったり、無くしてしまったりするとおまじないの効果が消えてしまいますので注意しましょう。

【メールするだけ!!復縁出来る未来を手に入れるメールを使った復縁のおまじない】

メールを送る女性

★おまじないに必要なもの★

(1)普段使用しているスマートフォン

★おまじないの方法★

(1)まず、あなたが使用しているスマートフォンを手元に用意して、メール作成画面を開いてください。

(2)メール作成画面を開いたら、あて先にあなた自身のメールアドレスを入力しましょう。

(3)その次に、タイトルの部分に「願いを叶えてください。」と入力してください。

(4)その後、本文に「〇月〇日に〇〇(元恋人の名前)とデートをして復縁出来ました。」といったように、日付、復縁したい元恋人の名前、復縁出来たという未来の出来事、この3点を入力しましょう。

(5)入力を終えたら、そのままメールを送信してください。

(6)あなた自身の受信ボックスにメールが届くと思いますので、受信ボックスに届いたメールは開封せずに保護しておきましょう。

(7)そして、送信ボックスにある送信メールは削除してください。

(8)復縁を予想した日になったら、保護した受信メールを開封して、願いが叶っていたら「願いが叶いました。ありがとうございます。」と返信しましょう。
願いが叶っていなければ、「次こそ、願いを叶えてください。」と返信して、再度同じ手順でおまじないを繰り返しましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)本文に日付、復縁したい元恋人の名前、復縁出来たという未来の出来事を入力する時は、必ず「復縁出来た」「〇〇した」といったように過去系で書きましょう。
日付に関しては、予想でも構いませんし、その日に復縁したいという日があればその日でも構いません。

(2)受信ボックスのメールは、予想した日になるまでは開封しないようにしましょう。
途中で開封してしまうとおまじないの効果が消えてしまいますので、注意してください。

★まとめ★

 

 

今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、100人以上が復縁した元恋人と付き合える復縁のおまじないを紹介してきましたがいかがでしたか?
復縁を成功させる為にはタイミングや相手の気持ちも重要になってきますので、こちらがいくら「復縁したい!!」と強く願ってアプローチを続けてもうまくいかない場合もあります。
そんな時は、ぜひ今回紹介してきた復縁のおまじないを試してみてください。
元恋人の気持ちを考えずに闇雲に復縁のアプローチをし続けるよりも、おまじないを試してみた事によって自然と元恋人との復縁が実現へと進む可能性も大いにありますので、行き詰ったらおまじないを試してみるのも一つの手段ですよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事