1. HOME
  2. ブログ
  3. 《復縁に即効性有》元彼や元カノ、昔の恋人と再会するおまじない7選!

《復縁に即効性有》元彼や元カノ、昔の恋人と再会するおまじない7選!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回はブログ読者の皆さんからご報告頂いた、実際試して元恋人との再会に効果があった、元恋人との再会を出来るおまじないをシェアさせて頂きます。

大好きだった恋人に振られたら、「悲しい・・・」「辛い・・・」「諦められない・・・」という気持ちを抱く人が殆どだと思います。
そして、諦められない人の多くが「元彼or元カノと復縁したいな・・・」と、元恋人との復縁を考えますよね。
元恋人との復縁を目指すならば、冷却期間を設けてからアプローチする人が殆どだと思いますが、冷却期間中に本当に音信不通になってしまうケースもあると思います。
また、別れてから何年経っても忘れられなくて、数年後に「やっぱり元彼or元カノのことが好きだから復縁したい!!」と思った場合だと、長年連絡を取っていなくて相手の連絡先が変わっていたから音信不通になってしまっていたというケースもありますよね。
連絡が取れなくなってしまっていると、復縁を実現させるのは難しくなってしまいますが、再会さえ出来れば復縁のチャンスも巡ってくるはずです。
しかし、「音信不通になっているのにどうやって再会するの!?」と思う人が殆どでしょうし、音信不通になっていなかったとしても長い期間会っていなかったなら「今更再会するなんて現実的じゃないよね・・・」と思う人もいるかもしれません。
そんな時は、ぜひおまじないに頼ってみてください。
実際に、ブログ読者の方々からも「昔の恋人と再会出来るおまじないを試してみたら、本当に効果があって再会出来た!!」「元恋人とは音信不通だったけど、おまじないを試したら再会出来た!!」という体験談や報告を沢山もらっています。
そこで今回は、ブログ読者の方々から沢山頂いた体験談や報告を基に「本当に効果があった」「おまじないのおかげで昔の恋人と再会出来た」という元彼や元カノ、昔の恋人との再会が叶うおまじないを紹介していきたいと思います。
再会したい元恋人がいる人は、ぜひ今回紹介する昔の恋人と再会出来るおまじないを試してみてください。
また、おまじないの効果には個人差がありますので、あるおまじないを試して効果がなかった場合でも、別のおまじないを試したら効果がある場合があります。
ブログ読者の方々に報告頂いた再会のおまじないの中から効果の高いおまじないを厳選して紹介していきますので、自分に合うおまじないを探してみてくださいね。

【昔の恋人と再会出来る傘を使ったおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)傘

(2)赤色のテープ

(3)白色の紙

(4)赤色のペン

(5)はさみ

★おまじないの方法★

(1)まず、白色の紙とはさみと赤色のテープ、そして赤色のペンを用意しましょう。

(2)白色の紙とはさみと赤色のテープ、そして赤色のペンを用意したら、白色の紙を赤色のテープの幅にはさみで切ってください。

(3)白色の紙を赤色のテープの幅にはさみで切ったら、白色の紙に左側から「あなたの名前のイニシャル」「ハートマーク」「元恋人の名前のイニシャル」の順に赤色のペンで書きましょう。

(4)白色の紙に「あなたの名前のイニシャル」「ハートマーク」「元恋人の名前のイニシャル」の順に赤色のペンで書いたら、その紙を傘の柄の部分に赤色のテープで貼り付けてください。
この時、赤色のテープで白色の紙を完全に隠すようにテープを貼りましょう。

(5)「あなたの名前のイニシャル」「ハートマーク」「元恋人の名前のイニシャル」の順に赤色のペンで書いた紙を、赤色のテープで傘の柄に貼り付けたら、「〇〇(元恋人の名前)と再会出来ますように・・・」と心の中で3回唱えてください。

(6)あとは、雨の日になれば必ずその傘を使用するようにしましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)傘は、相合傘という言葉もあるように恋愛において非常に強力な力を発揮する事があります。
このおまじないに使用する傘は、出来る事なら元恋人と付き合っている時に使用していた傘をおまじないに使うようにしましょう。
もし、「付き合っていた頃に使っていた傘はもう手元にない」という人は、新しく新調した傘でも問題ありませんが、付き合っていた頃の傘があるなら必ずそちらを使ってください。
そうする事によって、おまじないの効果がアップします。

(2)白色の紙に、「あなたの名前のイニシャル」「ハートマーク」「元恋人の名前のイニシャル」の順に赤色のペンで書く時は、元恋人と再会したいという気持ちを強く込めるようにしましょう。
気持ちが込められていないとおまじないの効果が現れない可能性があります。

(3)傘を使用する回数が増えてきたら、赤色のテープが剥がれかけてくる事もあるかもしれません。
その時は、貼り付けてあるテープの上から再度赤色のテープを貼り付けて補強するようにしましょう。
剥がれかけているテープは剥がさないように注意してください。

【元恋人と何度でも会えるようになる封筒を使ったおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)白色の封筒

(2)赤色の糸

(3)白色の糸

(4)白色の紙

(5)赤色の絵の具

(6)白色の絵の具

(7)筆

(8)はさみ

★おまじないの方法★

(1)まず、白色の紙と赤色の絵の具、白色の絵の具を用意しましょう。

(2)赤色の絵の具と白色の絵の具を混ぜて、薄いピンク色を作ってください。

(3)薄いピンク色の絵の具を作ったら、筆で白色の紙にあなたの名前と元恋人の名前を書きましょう。
この時、左側にあなたの名前、右側に元恋人の名前を書いてください。

(4)白色の紙にお互いの名前を書き終えたら、名前を書いた方が内側になるように白色の封筒に入るサイズに折りましょう。

(5)そして、白色の封筒の中に紙を入れてください。

(6)次に、赤色の糸と白色の糸とはさみを用意しましょう。

(7)赤色の糸と白色の糸とはさみを用意したら、赤色の糸と白色の糸それぞれで封筒の周りを5周させてから、糸の先端を少し長めにしてはさみで切ってください。

(8)そして、赤色の糸と白色の糸のそれぞれの先端で蝶々結びを作りましょう。
ご祝儀袋の水引のようなイメージで作ってください。

(9)赤色の糸と白色の糸で蝶々結びを作ったら、部屋のなるべく高い位置に置いて保管しておきましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)赤色の絵の具と白色の絵の具で薄いピンク色を作る時は、なるべく薄い色になるように作りましょう。
ただし、白が多すぎて紙に書いた時に文字が読めないくらいに薄いとおまじないの効果が現れない可能性がありますので、紙に書いた時に文字は読める程度の薄さで作ってください。

(2)白色の紙にお互いの名前を書く時は、フルネームで書くようにしましょう。
また、漢字を使って正しく書いてください。
お互いに呼び合っていた愛称や平仮名、カタカナで書いてしまうとおまじないの効果が薄れてしまいます。

(3)赤色の糸と白色の糸は、必ず封筒の周りを5周させましょう。
また、蝶々結びにした後、先端ははさみで切らないようにしてください。
そのままにしておきましょう。

(4)封筒の中に紙を入れた後は、決して途中で紙を取り出さないようにしましょう。
途中で取り出してしまったら、おまじないの効果が消えてしまいます。

(5)おまじないを行っている最中は、常に元恋人と再会したいという気持ちを強く持ちながら作業しましょう。
そうする事によって、おまじないの効果がアップします。

【元恋人と再会したいという願いを眠っている間に叶えるおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)普段使っている枕

(2)白色の紙

(3)赤色のペン

(4)元恋人と行った思い出の場所の写真

(5)封筒

★おまじないの方法★

(1)まず、白色の紙と赤色のペンを用意しましょう。

(2)白色の紙と赤色のペンを用意したら、白色の紙に赤色のペンであなたの名前と元恋人の名前を書いてください。
名前は、フルネームで書くようにしましょう。

(3)次に、元恋人と行った思い出の場所の写真の裏面に、「再会」と赤色のペンで書いてください。

(4)ここまでの工程を終えたら、用意した封筒の中にお互いの名前を書いた白色の紙と、元恋人と行った思い出の場所の写真を入れましょう。

(5)そして、普段使用している枕の枕カバーの中に封筒を入れてください。

(6)枕カバーの中に封筒を入れたら、眠る前に元恋人のことを頭に思い浮かべながら「〇〇(元恋人の名前)と再会出来ますように・・・」と心の中で唱えてから眠りにつきましょう。

(7)枕カバーの中の封筒はそのままにしておいて構いませんが、おまじないを行った日からは毎晩同じように、眠る前に元恋人のことを頭に思い浮かべながら「〇〇(元恋人の名前)と再会出来ますように・・・」と心の中で唱えてから眠りにつくようにしましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)このおまじないは、元恋人と行った思い出の場所の写真が必須になります。
ただし、元恋人と一緒に写っている必要はないので、もし写真は全て処分してしまっていて手元にないという方は、思い出の場所に出掛けて写真を撮ってきましょう。
それでもおまじないの効果を期待出来ます。

(2)白色の紙に赤色のペンでお互いの名前を書く時は、必ずフルネームで書くようにしましょう。
また、名前以外の他のことは書かないようにしてください。
フルネームで書かなかったり、他のことを書いてしまったらおまじないの効果が薄れてしまいます。

(3)元恋人のことを頭に思い浮かべながら「〇〇(元恋人の名前)と再会出来ますように・・・」と心の中で唱える時は、再会したいという気持ちを強く持って唱えるようにしましょう。
強い気持ちを持って唱えるほど、おまじないの効果がアップします。
また、毎晩唱えてから眠りにつくという行動を忘れないようにしましょう。
1日でも忘れてしまうと、おまじないの効果が現れるのが遅れてしまいます。

【元恋人との再会が叶う折り紙を使ったおまじない】

 

★おまじないに必要なもの★

(1)あなたと元恋人の誕生月の色の折り紙1枚ずつ

(1月生まれ)赤、(2月生まれ)紫、(3月生まれ)水色、(4月生まれ)白、(5月生まれ)緑、(6月生まれ)ベージュ、(7月生まれ)ピンク、(8月生まれ)黄緑、(9月生まれ)青、(10月生まれ)オレンジ、(11月生まれ)黄色、(12月生まれ)紺

(2)赤色のペン

(3)赤色の糸

(4)ボンド

(5)画用紙

★おまじないの方法★

(1)まず、あなたと元恋人の誕生月の色の折り紙を1枚ずつ用意しましょう。

(2)あなたと元恋人の誕生月の色の折り紙を1枚ずつ用意したら、その折り紙の裏面に赤色のペンでお互いの名前のイニシャルを書いてください。
あなたのイニシャルがN.Uで、元恋人のイニシャルがT.Kだったなら、あなたの誕生月の折り紙の裏面には「NUTK」と、元恋人の誕生月の折り紙の裏面には「TKNU」と書きましょう。

(3)折り紙の裏面にお互いのイニシャルを書き終えたら、その折り紙で折り鶴を折ってください。

(4)次に、画用紙とボンドと赤色の糸を用意しましょう。

(5)画用紙とボンドと赤色の糸を用意したら、画用紙の上に円を描くような形で赤色の糸を置きましょう。
置いたら、ボンドで画用紙の上に固定してください。

(6)画用紙の上に赤色の糸で円を作り終えたら、その中に先ほど作った折り鶴を置きましょう。

(7)折り鶴を置いた画用紙は、元恋人が暮らしている方角に飾っておいてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)このおまじないには、必ずお互いの誕生月の色の折り紙を使用するようにしましょう。
もし誕生月の折り紙が見つからなければ、近い色の折り紙でも代用は出来ますが、出来る限り誕生月の色の折り紙を探してください。

(2)折り紙の裏面にお互いのイニシャルを書く時は、書く順番を間違えないようにしましょう。
あなたの誕生月の折り紙の裏面には「あなたのイニシャル」「元恋人のイニシャル」の順、元恋人の誕生月の折り紙の裏面には「元恋人のイニシャル」「あなたのイニシャル」の順で書いてください。
この順番を間違えてしまうと、おまじないの効果が正常に現れない場合があります。

(3)折り鶴を折っている時は、元恋人と再会出来るシーンを具体的に想像しながら折り鶴を折りましょう。
そうする事によって、おまじないの効果がアップします。

(4)飾った後の画用紙と折り鶴は、定期的に埃を払うなど手入れを行ってください。
埃が被っているのにそのままにしていたら、おまじないの効果が薄れてしまいます。

【昆布茶を使った再会のおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)昆布茶の素(粉末状のもの)

(2)茶飲み茶碗

(3)小さめのスプーン

(4)赤色の糸

(5)昆布茶に入れる用のあられ

★おまじないの方法★

(1)まず、小さめのスプーンと赤色の糸を用意しましょう。

(2)小さめのスプーンと赤色の糸を用意したら、小さめのスプーンの持ち手の部分に赤色の糸を巻き付けて蝶々結びをしてください。

(3)小さめのスプーンの持ち手の部分に赤色の糸を巻き付けて蝶々結びにしたら、次に昆布茶の素と茶飲み茶碗を用意しましょう。

(4)昆布茶の素と茶飲み茶碗を用意したら、小さめのスプーンで元恋人の名前の文字数の分だけ昆布茶の素をすくって茶飲み茶碗に入れてください。
「たくや」であれば3杯、「かな」であれば2杯といったように画数ではなく文字数で考えましょう。

(5)茶飲み茶碗に元恋人の名前の文字数の分だけ昆布茶の素を入れたら、お湯を注ぎましょう。

(6)そして、元恋人の名前の文字数とあなたの名前の文字数を足した分だけ時計回りにスプーンを回して混ぜてください。

(7)元恋人の名前の文字数とあなたの名前の文字数を足した分だけ時計回りに混ぜたら、次は反時計回りに先ほどと同じ回数だけ混ぜましょう。

(8)混ぜ終わったら、元恋人の名前の文字数とあなたの名前の文字数の合計の数のあられを昆布茶の中に入れてください。

(9)そして、「〇〇(元恋人の名前)との再会を待っています」と心の中で唱えてから、昆布茶を飲み干しましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)用意する昆布茶の素は、どのメーカーのものでも構いません。
好みの昆布茶の素を用意しましょう。
ただし、おまじないに使用する昆布茶の素は必ず新品のものを使用してください。

(2)小さめのスプーンに赤色の糸を巻き付けている時は、元恋人の姿を思い浮かべながら作業しましょう。

(3)昆布茶の素を入れるのは、元恋人の名前の文字数分だけです。
それ以上は入れないようにしましょう。
また、お湯を注いで混ぜる時は、最初が時計回りで次が反時計回りの順です。
この順番を間違えてしまうとおまじないの効果が現れなくなってしまいますので、気を付けましょう。

(4)昆布茶を飲み干す時は、あられまで必ず全て飲み干しましょう。
あられが茶飲み茶碗の中に残ってしまった場合は、スプーンですくって構いません。

【元恋人の写真と財布を使った再会のおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)元恋人が写っている写真1枚

(2)あなたが普段使用している財布

(3)はさみ

(4)5円玉

(5)赤色のテープ

★おまじないの方法★

(1)まずは、元恋人が写っている写真1枚とはさみを用意しましょう。

(2)元恋人が写っている写真1枚とはさみを用意したら、はさみで元恋人の部分だけを綺麗に切り抜いてください。

(3)元恋人が写っている写真から、元恋人の部分だけを綺麗に切り抜いたら、次は5円玉と赤色のテープを用意しましょう。

(4)5円玉と赤色のテープを用意したら、元恋人が写っている写真から切り抜いた写真の裏面に、5円玉を赤色のテープで貼り付けてください。

(5)写真全体から切り抜いた元恋人の写真の裏面に5円玉を貼り付けたら、目を閉じましょう。

(6)そして、「〇〇(元恋人の名前)は私の元に戻ってきます」と心の中で5回唱えてください。

(7)目を閉じて「〇〇(元恋人の名前)は私の元に戻ってきます」と心の中で5回唱えたら、目を開いてあなたが普段使用している財布を用意しましょう。

(8)そして、財布の中に元恋人の写真を入れてください。
この時、元恋人の頭が下になるように写真を逆さまに入れましょう。

(9)後は、普段通りに財布を持ち歩くようにしてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)元恋人が写っている写真は、元恋人が出来るだけ大きく写っている写真を用意しましょう。
切り抜いた後に、裏面に5円玉が貼り付けられない大きさであれば、おまじないに使用出来ませんのでその点は注意してください。
また、切り抜いた後に財布の中に入れる事が出来ないとおまじないが成立しませんので、あなたが普段使用している財布の大きさも考えて、切り抜いた後に財布の中に入る大きさで写っている写真にしましょう。

(2)写真を切り抜いている時、5円玉を赤色のテープで貼り付けている時は、常に元恋人のことを頭の中に思い浮かべて作業しましょう。
そうする事によって、おまじないの効果がアップします。

(3)財布の中に写真を入れる時は、必ず逆さまになるように入れましょう。
逆さまにして財布の中に入れないと、おまじないの効果が現れないばかりか逆効果になってしまって元恋人との再会が遠のいてしまいます。

【みかんを使った再会のおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)みかん1つ

(2)串

(3)砂糖

(4)赤色のキャンドル

(5)ライターorマッチ

★おまじないの方法★

(1)まず、みかん1つと串を用意しましょう。

(2)みかん1つと串を用意したら、みかんのお尻の方から串を刺して、穴を開けてください。
串は刺したままにしておきましょう。

(3)みかんに串を刺したら、次は赤色のキャンドルに火を灯してください。

(4)赤色のキャンドルに火を灯したら、その火を見つめながらみかんに砂糖をまぶしましょう。
砂糖の量は、少量で構いません。

(5)串刺しにしたみかんに砂糖をまぶしたら、キャンドルの火で軽くみかんを炙ってください。

(6)キャンドルの火でみかんを炙っている最中は、元恋人のことを頭に思い浮かべながら、再会する未来をイメージしましょう。

(7)ある程度みかんをキャンドルの火で炙ったら、キャンドルの火を消して、串をみかんから抜き、みかんの皮を剥いてください。

(8)そして、「これで〇〇(元恋人の名前)と私は再会出来ます。」と声に出してから、みかんを全て食べきってください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)みかんを串刺しにする時は、必ずみかんのお尻の方から刺してください。
頭の方から刺してしまうとおまじないの効果を期待出来なくなってしまいます。
お尻はヘタのある方なので、間違えないようにしましょう。

(2)みかんにまぶす砂糖の量は、少量で構いません。
多くまぶしたからといって、おまじないの効果がアップするわけではありません。

(3)みかんを炙る時は、必ず元恋人のことを頭に思い浮かべて、再会出来る未来をイメージしながら炙りましょう。
もし他のことを考えながら炙ってしまうと、おまじないの効果が現れません。

(4)みかんの皮は、そのままでは食べにくいと思いますが何かの料理に使って食べきると、おまじないの効果がアップします。
出来ればみかんの皮も捨てずに、何か料理に使用して食べるようにしましょう。

★まとめ★

 

 

今回は、ブログ読者の方々から沢山頂いた体験談や報告を基に「本当に効果があった」「おまじないのおかげで昔の恋人と再会出来た」という元彼や元カノ、昔の恋人との再会が叶うおまじないを紹介してきましたが、いかがでしたか?
昔の恋人と別れてから期間が経っていたら音信不通になっている事もあるでしょうし、喧嘩別れをしたせいで再会の連絡を入れづらくなってしまっている場合もあるでしょう。
そんな時は、元彼や元カノ、昔の恋人との再会が叶うおまじないをぜひ試してみてください。
おまじないの効果には個人差がありますが、今回紹介してきた再会が叶うおまじないはどれも高い効果を期待出来るおまじないになっていますので、想像以上の効果をもたらしてくれる可能性もあります。
行動しなければ何も状況は変わりませんが、おまじないを試してみるという行動を起こした事で状況が好転する可能性は大いにありますよ。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事