1. HOME
  2. ブログ
  3. 《黒魔術》超強力!許せない相手に不幸や災いを与える呪いの呪文5選

《黒魔術》超強力!許せない相手に不幸や災いを与える呪いの呪文5選

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回はブログ読者の皆さんからご報告頂いた、実際試して許せない相手に不幸や災いを与える事に効果があった、呪いの呪文をシェアさせて頂きます。

皆さんは、これまでの人生の中で許せない相手はいたでしょうか。
学生時代だとクラスのいじめっ子であったり、社会に出た後だと嫌味な同僚やパワハラやセクハラをしてくる上司などなど・・・思い返してみると許せない相手の1人や2人はいたかもしれません。
クラスのいじめっ子や会社の上司以外にも、元彼や元カノとの別れの原因が相手の浮気であったり、付き合っている恋人のことを他の誰かに寝取られてしまった場合でも、相手のことを許せないと思ってしまう事もあるでしょう。
許せない相手がいたら、その相手に対して何かしらの報復をしたいと考える人もいるかもしれません。
しかし、何かしら報復をしたいと考えても、実際に行動に移して直接相手に報復をする人は多くありませんよね。
それは、実際に行動に移してしまうと、相手との関係が更に悪化してしまう可能性がありますし、クラスメイトや会社の上司であれば大問題に発展してしまう事もあるという事を頭で理解しているからだと思います。
そうはいっても、相手が身近にいる以上は、許せない相手に対する憎悪や許せないという気持ちは増していくばかりのはずです。
そして、憎悪や許せない気持ちが増していくと、「不幸になってしまえばいいのに・・・」「許せないアイツに災いが訪れないかな・・・」と考え始める人もいるのではないでしょうか。
そんな時は、ぜひ許せない相手に不幸や災いを与える呪いの呪文に頼ってみてください。
実際に、ブログ読者の方々からも「パワハラが酷い上司がいて、その上司のことが許せなかったから不幸や災いを与える呪いの呪文を試してみたら、本当に効果があってその上司に不幸が訪れた!!」「浮気されて別れた元彼のことが許せなくて、不幸や災いを与える呪いの呪文を試してみたの。そのおかげで元彼に災いが訪れて大変な目に遭ったらしいわ!!」という体験談や報告を沢山頂いています。
そこで今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、許せない相手に不幸や災いを与える呪いの呪文を紹介していきたいと思いますので、許せない相手がいる人はぜひ今回紹介する呪いの呪文を試してみてください。
ただ、呪いの呪文の効果には相性があります。
今回、いくつか許せない相手に不幸や災いを与える呪いの呪文をご紹介しますので、試してみた呪いの呪文の効果を実感出来なかった場合でも諦めずに、掲載されている他の呪いの呪文も試してみましょう。

【許せない相手に不幸や災いを!!ぬいぐるみを使った強力な呪いの呪文】

★呪文に必要なもの★

(1)人の形のぬいぐるみ

(2)五寸釘2本

(3)紙

(4)黒色のペン

(5)スコップ

★呪文の方法★

(1)まず、紙と黒色のペンを用意しましょう。

(2)紙と黒色のペンを用意したら、紙に黒色のペンで許せない相手の名前を書いてください。
フルネームを覚えていればフルネームで、フルネームを覚えていなければ苗字や下の名前だけでも構いませんので、漢字などを使って正しく書きましょう。

(3)紙に黒色のペンで許せない相手の名前を書いたら、人の形のぬいぐるみと五寸釘1本を用意してください。

(4)人の形のぬいぐるみと五寸釘1本を用意したら、先ほど許せない相手の名前を書いた紙に五寸釘を刺しましょう。

(5)許せない相手の名前を書いた紙に五寸釘を刺したら、そのまま人の形のぬいぐるみの腹部にその五寸釘を刺してください。

(6)ここまでの工程を終えたら、人の形のぬいぐるみを目の前に置いて、「ネルベーゼドルン、ネルベーゼドルン、ネルベーゼドルン、〇〇(許せない相手の名前)に天の裁きを!!〇〇(許せない相手の名前)に不幸や災いをもたらしたまえ!!ネルベーゼドルン、ネルベーゼドルン、ネルベーゼドルン!!」という呪いの呪文を声に出して唱えましょう。

(7)呪いの呪文を唱え終わったら、もう1本の五寸釘を人の形のぬいぐるみの頭部に刺してください。

(8)人の形のぬいぐるみの頭部に五寸釘を刺したら、そのままの状態でスコップとぬいぐるみを持ち、自宅の庭or近所の公園まで、足を運びましょう。

(9)そして、自宅の庭or近所の公園に、釘を刺したままの人の形のぬいぐるみを埋めてください。
これでこの呪いの呪文は終了です。

★呪文のコツ★

(1)呪文に使用する人の形のぬいぐるみは、人の形であればどんなぬいぐるみでも構いません。
100均に売っているような安物のぬいぐるみで構いませんので、人の形のぬいぐるみを用意してください。

(2)紙に黒色のペンで許せない相手の名前を書く時は、正しい漢字を使って正確に書いてください。
間違えてしまっていると呪文の効果が正常に現れなくなってしまいますので気を付けましょう。

(3)呪文に使用する五寸釘は、もしも五寸釘が見つからなければある程度の長さがある釘であれば、そちらで代用して頂いても構いません。
ただし、しっかりとぬいぐるみに刺せる長さの釘を用意しましょう。

(4)「ネルベーゼドルン、ネルベーゼドルン、ネルベーゼドルン、〇〇(許せない相手の名前)に天の裁きを!!〇〇(許せない相手の名前)に不幸や災いをもたらしたまえ!!ネルベーゼドルン、ネルベーゼドルン、ネルベーゼドルン!!」という呪いの呪文を声に出して唱える時は、許せない相手にどんな不幸や災いを与えたいのかを具体的にイメージしましょう。
具体的なイメージを持って、呪いの呪文を唱える事によって、効果が高まります。

(5)釘を刺したぬいぐるみを自宅の庭or近所の公園に埋める時は、誰にも見られないように気を付けましょう。
誰かに見られてしまうと呪文の効果が自分自身に返ってきてしまうリスクがありますので、気を付けてください。

【許せない相手に怨念を飛ばして災いをもたらす!!即効性のある呪いの呪文】

★呪文に必要なもの★

(1)黒色の折り紙2枚

(2)黒色のペン

(3)黒色のビニール袋

(4)黒色のゴムor紐

(5)はさみ

★呪文の方法★

(1)まず、黒色の折り紙2枚と黒色のペンとはさみを用意しましょう。

(2)黒色の折り紙2枚と黒色のペンとはさみを用意したら、黒色の折り紙1枚を人の形に切ってください。

(3)黒色の折り紙1枚を人の形に切ったら、その折り紙に許せない相手の名前を書きましょう。

(4)次に、もう1枚の黒色の折り紙の裏面に、許せない相手のどんな所が許せないのかや、憎悪や恨みを書いて、先ほど人の形に切って許せない相手の名前を書いた折り紙を包んでください。

(5)ここまでの工程を終えたら、次に黒色のビニール袋と黒色のゴムor紐を用意しましょう。

(6)黒色のビニール袋と黒色のゴムor紐を用意したら、黒色のビニール袋を口元に当てて、「ドゥルドルダ・ハミル・コッペルニーベン、ドゥルドルダ・ハミル・コッペルニーベン、ドゥルドルダ・ハミル・コッペルニーベン!!」という呪いの呪文を声に出して唱えてください。
黒色のビニール袋の中に許せない相手に対する怨念を閉じ込めるイメージで唱えましょう。

(7)呪いの呪文を唱え終わったら、先ほどの折り紙を素早くビニール袋の中に入れて、黒色のゴムor紐でビニール袋の口を縛って密閉してください。

(8)黒色のビニール袋を密閉したら、許せない相手が住んでいる方角にそのビニール袋を置いておきましょう。
これでこの呪いの呪文は終了です。

★呪文のコツ★

(1)黒色の折り紙を人の形にはさみで切る時は、出来るだけ許せない相手の体型に似せて切りましょう。
許せない相手の体型に似せて切る事によって、呪文の効果が高まります。
また、人の形に切った折り紙を、許せない相手だというイメージをしっかり持ってください。

(2)もう1枚の黒色の折り紙の裏面に、許せない相手のどんな所が許せないのかや、憎悪や恨みを書く時は、思い付く限りの事を全て書き出しましょう。
多ければ多いほど、呪いの呪文の効果が強まります。
ただし、虚偽の内容は書かないように気を付けてください。

(3)黒色のビニール袋を口元に当てて、「ドゥルドルダ・ハミル・コッペルニーベン、ドゥルドルダ・ハミル・コッペルニーベン、ドゥルドルダ・ハミル・コッペルニーベン!!」という呪いの呪文を唱える時は、必ず声に出して唱えましょう。
許せない相手が不幸や災いに見舞われる光景をイメージしながら、あなたの怨念をビニール袋の中に閉じ込めるイメージで唱えて頂ければ間違いありません。

(4)呪いの呪文を唱えた後、ビニール袋に折り紙を入れる時や、ビニール袋の口をゴムor紐で縛る時は、出来るだけ素早く行いましょう。
時間をかけてしまうとビニール袋の中に込めたあなたの怨念が漏れてしまいますので、呪文の効果が弱まってしまいます。

(5)密閉したビニール袋は、許せない相手が住んでいる方角に置いたままにしておきましょう。
また、もしも許せない相手が住んでいる方角が分からない場合は、相手と関係が深い方角に置いてください。
同僚や上司であれば会社の方角、クラスメイトであれば学校の方角に置いて頂ければ問題ありません。

【悪魔の力を借りて許せない相手に不幸や災いを与える!!許せない相手を不幸にする効果抜群な呪いの呪文】

★呪文に必要なもの★

(1)許せない相手が写っている写真(持っていない場合は、紙に許せない相手の似顔絵を描いたものでも代用可能です。)

(2)黒色のマジック

(3)中身が見えないビニール袋

(4)黒色のビニールテープ

★呪文の方法★

(1)まず、許せない相手が写っている写真を1枚用意しましょう。
出来るだけ、他の人が写っていない写真を選んでください。
どうしても他の人が写り込んでしまっている写真しか持っていなければ、はさみ等で許せない相手が写っている部分だけを切り抜きましょう。
また、写真を持っていない場合は紙にペンで許せない相手の似顔絵を描いてください。
そちらでも代用は可能です。

(2)許せない相手が写っている写真を用意したら、次に黒色のマジックを用意しましょう。

(3)黒色のマジックを用意したら、許せない相手の顔の周りに四角く線を書いて、許せない相手の顔の周りを囲ってください。
遺影をイメージして頂ければ間違いありません。

(4)許せない相手の顔の周りを黒色のマジックで四角く囲ったら、写真を床に置きましょう。

(5)写真を床に置いたら、その写真を足で踏みつけてください。
この時、許せない相手に対する憎しみを込めて踏みつけましょう。

(6)写真を足で踏みつけたら、踏みつけたままの状態で「マルファス!!ジッジブーブル・ブルネリアンヌ・ヘル!!マルファス!!」という呪いの呪文を声に出して唱えてください。

(7)呪いの呪文を唱え終わったら、踏みつけていた写真を手に取り、手でビリビリに破りましょう。

(8)写真をビリビリに破ったら、中身の見えないビニール袋に入れて、ビニール袋に黒色のビニールテープを巻き付けて密閉してください。

(9)中身の見えないビニール袋を密閉したら、ゴミとして捨ててしまいましょう。
これでこの呪いの呪文は終了です。

★呪文のコツ★

(1)許せない相手が写っている写真は、他の人が写っている場合は必ず許せない相手だけをはさみ等で切り抜いてから呪文に使用しましょう。
他の人が写り込んでしまっていると、呪文の効果が写り込んでいる人に影響を及ぼしてしまう可能性もありますし、的確に許せない相手に対して呪文の効果を及ぼす事が出来なくなってしまいます。

(2)許せない相手の顔を黒色のマジックで四角く囲む時は、遺影をイメージして丁寧に囲みましょう。

(3)写真を床に置いて踏みつける時は、許せない相手に対する憎しみを込めて、力強く踏みつけましょう。
そうする事によって、あなたの怨念をより強く込める事が出来ますので、呪文の効果が高まります。

(4)「マルファス!!ジッジブーブル・ブルネリアンヌ・ヘル!!マルファス!!」という呪いの呪文を声に出して唱える時は、力強く唱えましょう。
また、善の心は捨てて唱えてください。
悪魔は善の心を嫌いますので、善の心が少しでも垣間見えてしまうと力を貸してくれない可能性もあります。
また、呪文の「マルファス!!」という部分は、悪魔の名になりますので、敬意の気持ちを込めて唱えましょう。

(5)写真をビリビリに破る時は、必ず手で破いてください。
手で破く事によって、あなたの怨念を込める事が出来ますので、呪文の効果が更に高まります。
また、ビニール袋の中にはビリビリに破いた写真以外のものは入れないようにしましょう。

【許せない相手を不幸のどん底に叩き落す!!強力な呪いの呪文】

★呪文に必要なもの★

(1)ろうそく6本

(2)ろうそく立て6つ

(3)ライターorマッチ

(4)小石(多めに)

(5)あなたの髪の毛6本

★呪文の方法★

(1)まず、小石を多めに用意しましょう。

(2)小石を多めに用意したら、その小石を並べて五芒星の形を描いていってください。

(3)小石を並べて、五芒星の形を描いたら、ろうそく立て6つに6本のろうそくを立てていきましょう。

(4)ろうそく立て6つに6本のろうそくを立てたら、小石を並べて描いた五芒星のそれぞれの角にろうそく立てを立てて、残りの1つのろうそく立ては五芒星の中心に立ててください。

(5)ろうそく立てを立て終えたら、ライターorマッチでそれぞれのろうそくに火を灯して、あなたの髪の毛を6本用意しましょう。

(6)火を灯して髪の毛を6本用意したら、燃えるろうそくの火を見つめながら、「エルドール・デルテッセン、エルドール・デルテッセン!!贄(にえ)を糧に〇〇(許せない相手の名前)に不幸を与えたまえ!!エルドール・デルテッセン、エルドール・デルテッセン!!」という呪いの呪文を唱えながら、髪の毛を1本ずつ、6本のろうそくそれぞれの火で燃やしてください。
髪の毛をろうそくの火にくべる順番は、五芒星の周囲のろうそくから順に火にくべていき、五芒星の中心に立てたろうそくの火にくべるのは最後にしましょう。

(7)呪いの呪文を唱えながら、髪の毛6本を6本のろうそくそれぞれで燃やしたら、それぞれのろうそくに力強く息を吹きかけて、火を消してください。
許せない相手への憎しみを込めて、息を吹きかけましょう。

(8)全てのろうそくの火を消したら、小石やろうそく、ろうそく立てをゴミ袋にまとめて処分してください。
これでこの呪いの呪文は終了です。

★呪文のコツ★

(1)小石を並べて五芒星の形を描く場所は、自宅でも構いませんし、外で行って頂いても構いません。
ただし、外で行う場合は、誰にも見られないように気を付けましょう。
また、呪文を唱える時も他人に聞かれないように気を付けてください。

(2)「エルドール・デルテッセン、エルドール・デルテッセン!!贄(にえ)を糧に〇〇(許せない相手の名前)に不幸を与えたまえ!!エルドール・デルテッセン、エルドール・デルテッセン!!」という呪いの呪文を唱えながら、6本の髪の毛を6本のろうそくで燃やしていく時は、1本1本ごとに呪文を唱えて、合計6回唱えるようにしましょう。
また、ろうそくの火に髪の毛をくべる順番も間違えないように気を付けてください。
五芒星のそれぞれの角に立てたろうそくのどこから髪の毛を燃やして頂いても構いませんが、五芒星の中心に立てたろうそくで燃やすのは必ず最後にしましょう。

(3)6本の髪の毛を燃やし終わった後、6本のろうそくの火に息を吹きかけて火を消す時は、許せない相手に対する憎しみを込めてください。
重要なポイントなので忘れないようにしましょう。

(4)呪文に使ったろうそくやろうそく立て、小石は呪文を唱え終わったら、早めに処分してください。
いつまでも手元に残しておくと、呪文の効果が自分自身に返ってきてしまうリスクがあります。
出来るだけ当日のうちにゴミ捨て場に捨ててしまいましょう。

【月の力で許せない相手に不幸や災いをもたらす!!血を使った強力で即効性のある呪いの呪文】

★呪文に必要なもの★

(1)針

(2)白ワイン

(3)ワイングラス

(4)消毒液

(5)絆創膏

★呪文の方法★

(1)この呪いの呪文は、月が綺麗に見えている日に行う必要がありますので、晴れていて月が雲に隠れていない日に行うようにしましょう。

(2)月が綺麗に見えている日の夜になったら、ワイングラスと白ワインを用意してください。

(3)ワイングラスと白ワインを用意したら、ワイングラスの中に白ワインを注ぎましょう。
注ぐ量は、ワイングラスの半分くらいまでにしておいてください。

(4)ワイングラスに白ワインを注いだら、針を用意しましょう。

(5)針を用意したら、利き手の中指に針を刺して、血を出してください。
深く刺す必要はありませんので、針を刺すのは血がにじみ出る程度にしておきましょう。

(6)針を刺して血を出したら、その指をワイングラスの中の白ワインに突っ込んで、白ワインの中にあなたの血をにじませてください。
この時、許せない相手に対する憎悪を込めましょう。

(7)ここまでの工程を終えたら、ワイングラスを持って玄関先に出て、月を見上げながら、「コヨルシャウキ、コヨルシャウキ!!ヘカ・ヘテ・ヘカトール、〇〇(許せない相手の名前)、グロモッサ・グリゴーリ、コヨルシャウキ、コヨルシャウキ!!」という呪いの呪文を声に出して唱えてください。

(8)呪いの呪文を唱え終わったら、ワイングラスの白ワインを一口だけ口に含み、飲んだ後、許せない相手が住んでいる方角に向かってワイングラスの白ワインを撒きましょう。

(9)最後に、針を刺して血を出した箇所を消毒液で消毒し、絆創膏を貼っておいてください。
これでこの呪いの呪文は終了です。

★呪文のコツ★

(1)この呪いの呪文に使用する針は、指から血を出せるものであれば、針でなくても構いません。
カッターナイフやはさみ等の刃物でも構いませんが、刃物を使って指を切り、血を出す時は深く切らないように気を付けましょう。
大怪我に繋がってしまったら元も子もありません。
出す血の量は少量で構いませんので、針で刺す場合であっても刃物で切る場合であっても、自分自身でうまく調節しましょう。

(2)ワイングラスに注いだ白ワインに血をにじませている時は、許せない相手に対する憎悪をしっかりと込めてください。
ここであなたの怨念を込める事が重要なポイントです。

(3)コヨルシャウキは月の神様の1人だと言われています。
その力を借りた呪いの呪文になりますので、月の神様に対する敬意を持ちながら、呪文を唱えるようにしましょう。
そして、呪文の〇〇(許せない相手の名前)の部分は、例え上司や先輩であっても敬称はつけずに呼び捨てで唱えてください。
また、少し長い呪文になっていますので、間違えないように気を付けましょう。

(4)呪いの呪文を唱え終わった後、ワイングラスの中の白ワインを一口だけ口に含んで飲む工程ですが、未成年の人はこの工程を飛ばしてください。
許せない相手が住んでいる方角に白ワインを撒くだけで構いません。
また、住んでいる方角が分からない場合は、許せない相手と縁がある方角に撒いてください。
上司なら会社の方角、クラスメイトなら学校の方角に撒いて頂ければ問題ありません。

(5)玄関先に出て、呪文を唱える時や白ワインを撒く時は、誰にも見られないように気を付けましょう。

★まとめ★

 

 

今回は、ブログ読者の方々から頂いた体験談や報告を基に、許せない相手に不幸や災いを与える呪いの呪文を紹介してきましたがいかがでしたか?
許せない相手がいても、その相手との関わりが完全に絶たれているなら、自然と時間が恨みを解決してくれるかもしれません。
しかし、許せない相手が身近な存在で、関わりが絶たれていない相手なら、日に日に恨みは募っていくでしょうし、我慢しているとストレスにもなってしまって自分自身に悪影響を及ぼしてしまう事もあるでしょう。
そんな時は、ぜひ今回紹介してきた許せない相手に不幸や災いを与える呪いの呪文を試してみてください。
ただし、どの呪いの呪文も強力なものになっていますので、決して遊び半分では試さないように気を付けましょう。
どうしても許せない相手にだけ試すようにしてください。
また、方法や手順を間違えてしまうと自分自身に呪いが返ってきてしまう可能性もありますので、十分に注意してくださいね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事