1. HOME
  2. ブログ
  3. 【昔好きだった人(彼)が忘れられない】音信不通の彼と再会する7つの方法!

【昔好きだった人(彼)が忘れられない】音信不通の彼と再会する7つの方法!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

昔好きだった人が忘れられない時、皆さんはどうしますか?
連絡を取り合える仲だったなら再度アプローチする人もいるかもしれませんが、音信不通になってしまっていたら諦めてしまう人もいるかもしれません。
しかし、諦めようと思ってもなかなか自分の気持ちを整理出来ずに、好きな人に対する好意を引きずってしまう人もいると思います。
そして、好きな人に対する好意を引きずってしまっている状態が長く続くと音信不通でも何とかして再会を果たしたいと考えるようになってくる人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、音信不通になってしまっている昔好きだった人と再会する方法を紹介していきたいと思います。
また、音信不通になってしまう一般的な原因や、音信不通の彼に連絡を入れる時の心構えも紹介したいと思いますので、そちらも併せて参考にしてみてください。

【1】音信不通になってしまう一般的な原因7つ

音信不通になってしまう原因は一体何がキッカケなのでしょうか。
人それぞれだとは思いますが、一般的に考えられる原因はいくつかに絞られます。
その時の感情に任せて連絡を絶ってしまったという事もあれば、年月の経過によって自然に連絡を取り合わなくなったという事もあるでしょう。
ここでは音信不通になってしまう一般的な原因を見ていきたいと思いますので、あなたが音信不通になっている彼とはどの原因に当てはまるのかを確認してみてください。

(1)大喧嘩をしてしまったから

音信不通になってしまう一般的な原因の1つ目は、大喧嘩をしてしまったからという理由が考えられます。
音信不通になってしまう原因として考えられるのは、大前提として相手との仲が険悪になったからという理由が大きいでしょう。
仲が険悪になるのは喧嘩をしてしまったからという理由が真っ先に挙がるはずです。
最初は音信不通になろうとは思っていなくても、大きな喧嘩をキッカケに気まずくなって連絡を取らなくなり、時間が経過する事によって余計に連絡を取りづらくなってしまってそのまま音信不通になってしまったというケースも多いと思います。
喧嘩した直後にどちらかがきちんと謝って、仲直りが出来れば音信不通にはならなかったかもしれませんが、喧嘩した時の感情のままに意地になって謝ることをしなければ、二人の関係が悪化してしまって仲直りのキッカケを掴めなくなってしまう場合が殆どです。
恋人関係であればそのまま別れてしまうケースもありますし、友人関係であれば絶交状態になってしまうでしょう。
その状態のまま時間だけ経過してしまうと、気まずくなってしまうのは必然でしょうし、お互いに連絡を取りづらくなってそのまま音信不通になってしまうのです。

(2)些細な勘違いから気持ちのすれ違いが生じたから

音信不通になってしまう一般的な原因の2つ目は、些細な勘違いから気持ちのすれ違いが生じたからという理由が考えられます。
お互いの仲が険悪になる原因として、喧嘩以外にも些細な勘違いから気持ちのすれ違いが生じたからという理由も考えられるでしょう。
勘違いしてしまった事によって、相手を不快な気持ちにさせてしまって、仲が険悪になってしまうというケースもあると思います。
勘違いされた方は「何でそんな大事なことを勘違いするの?」と怒りの感情を抱くでしょうし、勘違いして怒りの感情を向けられてしまった方は「些細な勘違いをしてしまっただけなのに何でそこまで怒る必要があるの?」と意固地になってしまう場合もあるでしょう。
そういった気持ちのすれ違いによって、喧嘩とまではいかないまでも相手に対してお互いに許せないという気持ちを抱いてしまう事もあると思います。
そういった状態のまま、時間だけが経過すると謝るキッカケを見失ってしまい、お互いに気まずくなって連絡を取らなくなり、気付いたら音信不通になってしまっていたというケースも多いと言えるでしょう。

(3)相手のことが嫌いになったから

音信不通になってしまう一般的な原因の3つ目は、相手のことが嫌いになったからという理由が考えられます。
恋人関係であったとしても友人関係であったとしても、接していく中で相手のことを嫌いになってしまう事もあるでしょう。
時間にルーズであったり、小言が多かったり、口を開けば陰口や不平不満ばかりだったら、その相手のことを嫌いになってしまうのも無理はありません。
そして嫌いになってしまったら、その人とは関わりたくないという気持ちが強く芽生えてくるはずです。
恋人関係であれば、別れに発展してそれっきりになってしまうケースが多いと思いますので、終わりはハッキリとしているかもしれませんが、友人関係であればハッキリと終わりは迎えないので音信不通という手段で関りを絶とうとする人もいます。
嫌いになった相手から連絡がきても、無視をしたり、冷たくあしらって徐々に音信不通に持っていこうとする人も多いのです。
場合によっては連絡先を変更したり、LINEをブロックしたり、関りを一切遮断する人もいます。

(4)心配させたくてわざと連絡を絶った事がキッカケで気まずくなったから

音信不通になってしまう一般的な原因の4つ目は、心配させたくてわざと連絡を絶った事がキッカケで気まずくなったからという理由が考えられます。
この原因は、相手を嫌いになったり喧嘩したりという理由とは少し違って、相手から心配してもらいたくて意図的に少しの間連絡を絶った事によって、気まずくなってしまって音信不通になってしまったというケースです。
これまで普通に連絡を取り合っていたり、仲良くしていたのに急に連絡が取れなくなってしまうと相手が心配するのは当然だと思います。
それを利用して、相手の気を引こうとしたのは良いけれど、連絡を絶ってしまった事が原因になって相手との関係が気まずくなってしまう事も大いに考えられるでしょう。
相手が心配して連絡をくれたとしても、駆け引きをしてなかなか連絡を返さない状態を続けて、こちらから連絡を返すタイミングを見失ってしまって気まずくなってしまうのです。
また、心配して欲しくて・・・という事を相手に正直に伝えてしまった事で怒らせてしまって気まずくなったというケースもあるでしょう。
場合によっては、相手から愛想をつかされてしまって険悪になってしまうというケースもあります。

(5)自暴自棄になって人間関係をリセットしたくなったから

音信不通になってしまう一般的な原因の5つ目は、自暴自棄になって人間関係をリセットしたくなったからという理由が考えられます。
嫌なことが繰り返し起こって、精神的に疲れてしまい、自暴自棄になってしまって人間関係をリセットしたくなる事もあるでしょう。
そういった事が原因になって、これまで関りがあった全ての人との関係をリセットしてしまう人も中にはいます。
「人間関係に疲れたから一度リセットしよう・・・」と思って、今まで連絡を取り合っていた人も含め、全ての人との連絡を一切遮断してしまう人もいるのです。
自分自身がそういった原因で相手と音信不通にする事を選んでしまったら、再び連絡を取り合いたくなっても気まずくてなかなか連絡を取り合えない場合が殆どでしょう。
逆に、相手がこのような原因で音信不通になってしまったら、音信不通になった理由が分からずに困惑してしまう事が多いと思います。
自分で音信不通にしてしまっていたなら、連絡を取り合いたいと思える人がいれば勇気を出して連絡を取るしかありませんが、相手が勝手に人間関係をリセットしたくて音信不通にしてしまったならこちらからはどうしようもないですし、相手の気持ちが変わるのを待つ以外に方法はないでしょう。

(6)面倒になって自然消滅を狙っているから

音信不通になってしまう一般的な原因の6つ目は、面倒になって自然消滅を狙っているからという理由が考えられます。
相手との関係が面倒になって自然消滅を狙って音信不通になる人もいます。
相手のことを嫌いになったのか、それとも他に理由があるのかはその人次第だと言えますが、急に相手との関係が面倒になってしまって、関係を終わらせたいと思う人もいるのです。
そういう人は、面倒になってしまったから自然消滅を狙おうとして、意図的に連絡を返さない事を徹底して音信不通になろうと考えます。
音信不通になってしまえば、関係を終わらせようとしている人との関りを絶てますし、いちいち関係を終わらせたいという宣言を相手にしなくても自然消滅を狙えるからです。
勝手な理由だと思う人が多いでしょうが、こういう人が一定数いるという事も頭に入れておいた方が良いでしょう。
こういった理由で音信不通になる人は、相手の気持ちが変わるのを待つしかありません。

(7)年月の経過によって自然と連絡しなくなったから

音信不通になってしまう一般的な原因の7つ目は、年月の経過によって自然と連絡しなくなったからという理由が考えられます。
音信不通になってしまう理由として割と多いのが、年月の経過によって自然と連絡をしなくなったからという理由もあるでしょう。
相手のことを嫌いになったわけでもなく、音信不通になりたいと思っているわけでもないのがこのケースです。
単純に環境の変化や、その時に置かれている状況によって連絡を取り合わなくなって、疎遠になってしまっただけの状態だと言えます。
主に学生から社会人になったタイミングで起こりやすい現象です。
学生から社会人になった事によって環境は大きく変化しますし、日々忙しくなって学生時代の友人と連絡を取らなくなってしまい、関係が疎遠になってしまうケースは大いにあると言えます。
関係が疎遠になってしまうと、久しぶりに連絡を取ろうと思っても気まずくなってしまって、結局そのまま音信不通の状況が続くというケースも考えられます。
この手の理由で音信不通になっている場合だと、何かのキッカケがあれば再び連絡を取り合う仲に戻りやすいと言えますので、もしも音信不通になっている相手と連絡を取りたいと思った時は勇気を出して連絡してみると普通にやり取りを再開出来る場合もあるでしょう。

【2】音信不通になってしまっている昔好きだった人と再会する方法7つ

「音信不通になってしまっている人と再会する方法なんてあるの?」と思う人もいると思います。
確かに連絡も取れなくなってしまっている状態だと、再会するのは運命的な出会いに賭けるしか方法がないと思う人がいても仕方ないかもしれません。
しかし、運命的な出会いに賭ける以外にも、音信不通になってしまっている人と再会する方法はあるのです。
ただ、音信不通だから手段がないと諦めてしまって何も行動しなければ運命的な出会いに賭けるしか方法がなくなってしまいます。
まずは連絡を取り合える仲に復活させる事が先決だと言えるでしょう。
具体的にどのような方法を取れば良いのかをここで見ていきたいと思いますので、音信不通になってしまっている人と再会したいと思った時は、以下の方法の中から自分に出来ることを選択して実行に移してみてください。
行動しなければ状況は変わりませんし、音信不通の状況は改善されませんので、まずは行動することが第一です。

(1)共通の友人や知人に頼む

音信不通になってしまっている昔好きだった人と再会する方法の1つ目は、共通の友人や知人に頼むという方法です。
音信不通になってしまっている人と再会したいと思った時は、思い切って共通の友人や知人を頼ってみましょう。
「あの人ともう一度会いたいんだけど、最近の彼の動向とか彼の近況を知ってたら教えて欲しいな。」と頼めば教えてくれる事もあるでしょうし、場合によっては再会する機会をセッティングしてくれる可能性もあるでしょう。
友人や知人に頼むのは恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんが、そこで躊躇してしまっていても状況は前に進みません。
今でも忘れられないという気持ちを抱いている好きな人と本気で再会をしたいと思っているなら、躊躇わずに共通の友人や知人を頼ってみましょう。
必ずしも共通の友人や知人が相手の近況や動向を知っているとは限りませんし、共通の友人や知人もその人と音信不通になってしまっている可能性もありますが、頼んでみない事には分からないのです。
もしも音信不通になってしまっている原因が、険悪な仲になってしまったからという理由だったとしても、共通の友人や知人から「〇〇(あなた)が会いたがっていたよ。」と言われた相手は考えを改める可能性もあります。
共通の友人や知人を頼る事によって、音信不通だった状況が好転する可能性は大いにありますので、共通の友人や知人がいるなら迷わず頼ってみましょう。

(2)連絡先が残っているなら勇気を出して連絡を入れてみる

音信不通になってしまっている昔好きだった人と再会する方法の2つ目は、連絡先が残っているなら勇気を出して連絡を入れてみるという方法です。
再会したいと思っている相手の連絡先がまだ残っているなら、勇気を出して連絡を入れてみましょう。
もちろん、連絡を入れたからといって相手と繋がれるとは限りませんし、音信不通になっている間に相手は連絡先を変更していたり、LINEだとブロックしていてこちらから連絡を入れても繋がれない場合もあります。
しかし、連絡を入れてみない事にはそういう状況になっているのかすらも分からないのです。
勇気を出して連絡を入れてみる事によって、連絡が繋がらなければ他の方法を考えていかなければいけないという事が判断出来ますし、運よく連絡が繋がって相手と連絡を取り合えたなら状況は大きく前進するでしょう。
連絡を入れる時は、音信不通になった原因や状況にもよりますが、「久しぶり!元気?」といったように普通に連絡を入れるのが無難でしょう。
気まずい雰囲気を出すと相手も気まずくなってしまいますし、返信を貰える可能性も下がってしまいます。
ただし、音信不通になった原因がもしこちらに非があったなら少しは下手に出て連絡を入れた方が良い場合もあります。

(3)SNSをチェックしてみる

音信不通になってしまっている昔好きだった人と再会する方法の3つ目は、SNSをチェックしてみるという方法です。
SNSをチェックしてみる事によって、思わぬところで音信不通になっている人を発見出来る可能性があります。
TwitterやInstagramだと本名でやっている人の方が少ないでしょうから、まずはFacebookで相手の本名を使って検索してみるのが良いかもしれません。
SNS上で相手のことを発見出来たら、最近の動向や近況を把握出来る場合がありますし、最近の動向や近況を把握することで連絡を入れる糸口やキッカケが見つかる可能性もあります。
相手の連絡先が消えてしまっていて、メールやLINEが出来ないとしてもSNSを発見出来た事によってSNS経由でDMを送る事も出来るようになりますので、接点を持てるようにもなるでしょう。
もちろん、SNS経由で連絡を入れたとしても返信がもらえるとは限りませんので、SNSを発見出来てSNS経由で連絡を入れても返信がもらえなかった場合は、素直に諦めるか別の手段を考えるようにしましょう。
間違っても、SNSを発見出来た事に浮かれてしまって返信が来ない状態でしつこく何度も連絡を入れてしまわないように気を付けましょう。

(4)相手の行きそうな場所に出掛けてみる

音信不通になってしまっている昔好きだった人と再会する方法の4つ目は、相手の行きそうな場所に出掛けてみるという方法です。
相手の行きそうな場所に出掛けてみるというのもオススメの方法だと言えます。
音信不通になってから長く時間が経っていたなら、相手の好みも変わっているでしょうし、近くに住んでいない可能性もありますので、共通の友人や知人に相手の近況を聞いてみたり、SNSを探してみて近況を探ってみる事から始めてみてください。
もしも近場に住んでて、相手が良く出向いているような場所が分かれば、そこに足を運んでみると偶然の再会を装う事が出来ます。
何度か足を運んでみないと再会出来ない可能性の方が高いですし、タイミングが噛み合わなければすれ違いになって再会出来ない可能性もありますが、うまくタイミングが噛み合えば偶然再会出来る事もあるでしょう。
再会したら、勇気を出して相手に話しかけてみれば、そこから関係を再度スタートさせる事が出来る場合もあります。
ただし、何度も何度も足を運び過ぎてしまうとストーカー行為になってしまう事もありますので、何度か足を運んでみて再会出来なければ別の方法を考えた方が良いでしょう。

(5)相手の自宅に行ってみる

音信不通になってしまっている昔好きだった人と再会する方法の5つ目は、相手の自宅に行ってみるという方法です。
少し強硬手段ですが、相手の自宅が分かっているなら相手の自宅に行ってみるというのも一つの手段だと言えるでしょう。
ただし、この方法を取る場合は再会した相手にきちんと事情を話したり気持ちを伝えないと、迷惑に思われてしまう可能性もあります。
場合によっては、「いきなり家まで来られて怖い・・・」と思われてしまう事もあるでしょう。
そして、一度相手の自宅に行ってみて、嫌な顔をされたならそれっきりにしないといけません。
何度もしつこく相手の自宅に押し寄せてしまうと完全にストーカーになってしまいますし、相手に被害届けを出されてしまったら罪に問われてしまう事もあるでしょう。
一度だけならストーカーにはならないでしょうし、「会いたかった」という気持ちをストレートに相手に伝えて、相手が受け止めてくれたら関係を再度やり直す事が出来る可能性もあります。

(6)手紙を書いて送ってみる

音信不通になってしまっている昔好きだった人と再会する方法の6つ目は、手紙を書いて送ってみるという方法です。
相手の自宅が分かっているなら、直接相手の自宅に行く前に一度手紙を書いて送ってみるという方法も有効だと言えるでしょう。
手紙が届けば、きっと相手はその手紙を読んでくれるでしょうし、手紙にこちらの連絡先を記載しておけば、手紙を読んでくれた相手から連絡を入れてきてくれる可能性もあります。
直接相手の自宅に出向くよりも、相手にとっても迷惑にはならないでしょうし、手紙を送られた程度で「怖い・・・」と思う人は少ないと言えます。
共通の友人や知人がいるなら、手紙の中に「どうしても連絡取りたくて〇〇さん(共通の友人や知人)から住所教えてもらいました。」と一言書き綴れば、相手に違和感を与える事もありません。
また、手紙は手書きで書いて送る方が良いでしょう。
パソコンなどでプリントアウトした手紙よりも、手書きで書き綴った手紙の方が気持ちが伝わりやすいですし、相手も心を揺さぶられるはずです。

(7)探偵を頼ってみる

音信不通になってしまっている昔好きだった人と再会する方法の7つ目は、探偵を頼ってみるという方法です。
最終手段になりますが、探偵を頼ってみるというのも一つの手段だと言えるでしょう。
「相手と連絡を取り合いたい」「再会したい」と思って、共通の友人や知人を頼っても成果がなく、相手の自宅も知らない、SNSも発見出来ない・・・などの八方ふさがりの時は、探偵に依頼して相手を探してもらうという方法もあるのです。
探偵に依頼したら、高確率で相手のことを探し出してくれるでしょう。
ただし、相手のことを探し出してもらえたとしても確実にその相手と連絡を取り合える仲に復活したり、再会出来るとは限りません。
そして当然ですが、依頼には費用も掛かってしまいますので、それ相応の代価は支払わないといけないでしょう。
それでも音信不通の相手と繋がれるチャンスがあるならそれに賭けてみたいという気持ちがあれば、探偵に依頼をしてみてください。
何もしないで後悔するよりも、行動して後悔した方が気持ち的にはスッキリする場合もあります。

【3】音信不通の彼に連絡を入れる時の心構え

音信不通になってしまっていた彼と連絡を取り合える状況になったら、浮かれてしまう人もいるかもしれません。
しかし、浮かれてしまって何も考え無しに連絡を入れてしまうとせっかくのチャンスを無駄にしてしまう可能性もあるので、気を付けなければいけません。
ここでは音信不通の彼に連絡を入れる時の心構えを見ていきたいと思いますので、しっかりと頭に入れておくようにしましょう。
せっかくのチャンスを無駄にせず、失敗しない為にも大切なことです。

(1)不平不満は口にしないようにする

音信不通の彼に連絡を入れる時の心構えその1は、不平不満は口にしないようにするという事です。
音信不通にされてしまっていた期間に対する不満はあるかもしれません。
一方的に音信不通にされてしまっていたら尚更でしょう。
しかし、その不平不満を相手に言ってしまえば、音信不通の状況を脱却するせっかくのチャンスを逃してしまいます。
たとえ、相手の一方的な理由で音信不通にされていたとしても、相手は自分なりに考えて音信不通にしていたので、それに対する不平不満を言ってしまえば、相手は「こっちにだって色々考えはあったし、理由があって音信不通にしていたんだよ・・・」と思ってしまう可能性が高くなります。
そんな風に相手に思われてしまったら、せっかく連絡取り合えたとしてもまたすぐに音信不通になってしまう可能性もあります。
音信不通だった状況に不満があったとしても、その不満を相手に対して言わないように気を付けましょう。

(2)プラス思考になってポジティブに考えることを忘れないようにする

音信不通の彼に連絡を入れる時の心構えその2は、プラス思考になってポジティブに考えることを忘れないようにするという事です。
音信不通だった相手に連絡を入れる時はプラス思考に考えるようにしましょう。
くれぐれもネガティブな感情を持って連絡しないように気を付けてください。
ネガティブな感情を持って連絡を入れてしまうと、相手にそのネガティブな感情が伝わってしまう可能性もあります。
ネガティブな感情が相手に伝われば、面倒だと思われてしまう事もあるのです。
「音信不通だったからまた前みたいに普通にやり取り出来るようになるのは無理かもしれない・・・」とネガティブに考えて連絡を入れるよりも、「きっとまた前みたいにやり取り出来るようになる!」とポジティブに考えて連絡を入れる方が良い結果に結び付く可能性が高くなるのです。
音信不通だった相手に連絡を入れる時は、プラス思考になってポジティブに考える事を忘れないようにしましょう。

(3)しつこくしない

音信不通の彼に連絡を入れる時の心構えその3は、しつこくしないという事です。
音信不通だった相手に連絡を入れる時、必ずしもすぐに返信がくるとは限りません。
音信不通だったのは相手も同じですし、気まずいと思っている場合もあるので、返信する意志はあっても良く考えた上で返信をしてくる人もいます。
それにも関わらず、なかなか返信がこないからといってこちらから催促するような連絡を入れてしまうと相手を焦らせてしまう事になってしまいます。
しつこく返信を求める連絡を入れると、相手もだんだん面倒に感じてきてしまう可能性もありますので、「相手から返信があればいいな〜」くらいの気持ちで連絡を入れるようにしましょう。
決してしつこくしてはいけません。

(4)感情的にならないようにする

音信不通の彼に連絡を入れる時の心構えその4は、感情的にならないようにするという事です。
感情的になってしまうのもNGだと言えるでしょう。
こちらは相手と何とかして連絡を取りたいという気持ちを強く持っているでしょうが、相手がそうだとは限りません。
お互いの気持ちに温度差がある事によって、うまくいかない事もあるでしょう。
「私はこんなに必死になっているのにどうして?」と感情的になってしまう事もあるかもしれませんが、その感情を相手にぶつけてしまうのは良くありません。
自分の思い通りにならないからといって、感情的になって相手にその感情をぶつけてしまったら、相手は嫌な気持ちになってしまうのは当然だと言えるでしょう。
そもそも一度音信不通になっていた相手と再度関係を築けることが奇跡にも近い事なので、期待しすぎてうまくいかないからといって感情的にはならないように気を付けてください。

【まとめ】

 

 

今回は、音信不通になってしまっている昔好きだった人と再会する方法を紹介してきました。
また、音信不通になってしまう一般的な原因や、音信不通の彼に連絡を入れる時の心構えも併せて紹介してきましたがいかがでしたか?
音信不通の相手と再会する為には、偶然の奇跡的な再会に期待する以外にも方法があるのです。
ただし、もともと音信不通になっている状態なので、しつこくしたりストーカー行為になってしまうような事はしてはいけません。
相手の気持ちを第一に考えた上で、再度繋がりあえるように出来る限りの努力をしてみましょう。
こちらの気持ちが相手に伝われば、受け入れてくれる可能性も大いにありますし、やり直せる可能性も十分ありますよ。
諦めて行動しなければそれまでになってしまいますが、行動すれば活路が開ける可能性もありますので、諦める前にまずは行動してみてくださいね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事