1. HOME
  2. ブログ
  3. 【失恋】元彼が許せない!憎い!殺したいの復讐心を抑える7つの方法

【失恋】元彼が許せない!憎い!殺したいの復讐心を抑える7つの方法

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

皆さんは別れた元カレのことを憎いと思った事はあるでしょうか。
これまでの恋愛で酷い別れ方をした経験がある人なら、「絶対に許せない!」「殺したいほど憎い・・・!」と元カレのことを憎んだ事がある人もいますよね。
また、これまでの恋愛ではそういった経験がなくても、今後の恋愛で酷い別れ方をしてしまった場合は元カレのことを憎んでしまう事もあるかもしれません。
そして、殺したいほど元カレのことを憎んでしまったら「絶対に許せないから元カレも酷い目に遭わせてやる!」「絶対に復讐してやるんだ!」と復讐心を燃やす人もいるでしょう。
しかし、復讐はしない方が自分自身の為です。
復讐が成功した瞬間は晴れ晴れとした気持ちになるかもしれませんが、結果的には虚しくなってしまうだけですし、場合によっては自分自身も不幸になってしまって幸せが遠のいてしまう可能性もあります。
酷い別れ方をしたなら、元カレに対して復讐したいほどの憎しみを持つ気持ちは分かりますが、自分自身の為にも復讐は実行しない方が良いでしょう。
ただ、復讐はしない方が自分自身の為とはいっても、「復讐心に燃えてしまった気持ちはどうしたらいいの?」「憎い気持ちのやりどころがない・・・」と悩んでしまう人もいると思います。
そこで今回は、元カレに対する復讐心を抑える方法を紹介していきたいと思います。
元カレに対する復讐心に燃えてしまった時は、ぜひ今回紹介する内容を参考にして復讐心を抑えるようにしてみてください。
また、元カレのことを憎いと感じてしまう理由や、元カレに復讐する事によるデメリットも併せて紹介したいと思いますので、そちらにも目を通してみてくださいね。

目次

【1】元カレのことを憎いと感じてしまう理由

仕事を失った女性

元カレのことを憎いと感じてしまう理由は人それぞれだと思いますが、浮気や嘘などの酷い裏切り行為をされて別れた場合は元カレのことを憎んでしまっても仕方ないかもしれません。
しかし、場合によっては酷い別れ方をしたわけでもないのに憎んでしまっている事もあります。
浮気や嘘などの酷い裏切り行為をされた場合は、元カレのことを憎む理由は明白ですが、そういった酷い別れ方をしたわけでもないのに元カレのことを憎んでしまうのは何故なのでしょうか。
ここでは、元カレのことを憎いと感じてしまう理由を見ていきたいと思いますので、自分自身に思い当たる節がないか確認の意味も込めて目を通してみてください。

(1)幸せそうな元カレに嫉妬してしまっているから

元カレのことを憎いと感じてしまう理由その1は、幸せそうな元カレに嫉妬してしまっているからという理由が考えられます。
別れた直後は、当然幸せは感じられないでしょうし、自分は不幸のどん底にいると思う人が殆どだと思います。
そんな心境の時に、自分と別れて幸せそうにしている元カレの姿を見たら、嫉妬してしまっても仕方ないでしょう。
そういった嫉妬心から元カレのことを憎いと感じてしまう事もあるのです。

(2)自分のことを傷つけた元カレのことが許せないから

元カレのことを憎いと感じてしまう理由その2は、自分のことを傷つけた元カレのことが許せないからという理由が考えられます。
別れ話を切り出されたら、当然ショックを受けるでしょうし、相手のことが好きであればあるほど傷つくと思います。
別れ話によって自分のことを傷つけた元カレに対して、許せないという気持ちを抱いてしまったら、その気持ちが徐々に憎しみに変わっていく事もあるでしょう。

(3)大好きだったからこそ尽くしていたのに裏切られたから

元カレのことを憎いと感じてしまう理由その3は、大好きだったからこそ尽くしていたのに裏切られたからという理由が考えられます。
「私はこれだけ尽くしていたのに別れる時は一瞬・・・」と思ってしまったら、裏切られたという気持ちを抱いてしまう気持ちも分かります。
そして、「付き合っている時に精一杯尽くしたのにその見返りがコレなの?」という感情を抱いてしまったら、それが元カレに対する憎しみに変わっていってしまうのです。

(4)失恋して何もかもうまくいかない現状を元カレのせいにしてしまっているから

元カレのことを憎いと感じてしまう理由その4は、失恋して何もかもうまくいかない現状を元カレのせいにしてしまっているからという理由が考えられます。
失恋したら、精神的に落ち込んでしまって仕事もプライベートも何もかもうまくいかないという状況に陥ってしまうケースもあると思います。
そんな状況を「元カレが私のことを裏切って振ったからだ!」と思ってしまったら、憎しみに変わってしまう場合もあります。
うまくいかないのを元カレのせいにしてしまって、責任転嫁をしてしまっているのです。

(5)元カレに対する気持ちを忘れられずに未練を憎しみにすり替えているから

元カレのことを憎いと感じてしまう理由その5は、元カレに対する気持ちを忘れられずに未練を憎しみにすり替えているからという理由が考えられます。
元カレと別れた事に対して未練がある場合も、元カレのことを憎いと思ってしまう可能性があります。
「こんなにもまだ私は好きなのに・・・振り向いてくれない彼が憎い・・・」といったように、未練を憎しみにすり替えてしまっているのです。

【2】元カレに復讐する事による8つのデメリット

冒頭で元カレに対して復讐はしない方が自分自身の為だとお話しましたが、実際に元カレに復讐した事によってどのようなデメリットがあるのか想像出来ないという人もいるかもしれません。
そこで、ここでは元カレに復讐する事によるデメリットをまとめて紹介していきたいと思います。
復讐する事によるデメリットを知れば、復讐したいという気持ちを抑える事に繋がる場合もありますし、「やっぱり復讐するのはやめておこう・・・」と考えを改めるキッカケにもなるはずです。
復讐心を抑える為にもしっかりと元カレに復讐する事によるデメリットを把握しましょう。

(1)復讐したところで何も変わらない可能性がある

元カレに復讐する事によるデメリットその1は、復讐したところで何も変わらない可能性があるというデメリットです。
復讐するからには、元カレのことを苦しめたいと思っている人が殆どでしょう。
しかし、復讐したとしても元カレが何とも思わない可能性も大いにあります。
何とも思わないばかりか「別れたのにいつまでも粘着していて鬱陶しい・・・!」と思われてしまう可能性の方が高いと言えるでしょう。
そんな風に思われてしまったら、せっかく計画を立てて元カレに対して復讐を決行したのに、無意味に終わってしまいます。
結果的に何も変わりませんし、無駄な時間と労力を使わされてしまっただけに終わるのです。
元カレがこちらの復讐に対して何とも思わずに動じなければ非常に虚しいですし、復讐したところで何も変わらない可能性があるという事は大きなデメリットの一つだと言えるでしょう。

(2)時間の無駄になるケースが殆ど

元カレに復讐する事によるデメリットその2は、時間の無駄になるケースが殆どというデメリットです。
基本的に、復讐は時間の無駄になります。
復讐が成功したその瞬間は元カレに対する憎い気持ちが晴れてスッキリするかもしれませんが、その一瞬だけです。
その一瞬の為だけに復讐を決行するというなら、それは個人の自由ですが、復讐の為に時間を費やしている間に他に出来る事があるのではないでしょうか。
元カレとの恋愛は終わった恋愛なのです。
終わった恋愛にいつまでも執着して復讐心を燃やして自分の時間を費やすよりも、次の恋愛に目を向けて自分自身の為になる事に時間を費やした方がよっぽど建設的ではないでしょうか。
場合によっては、復讐に燃えている間に次の恋愛のキッカケを逃してしまっている可能性もあります。
復讐が成功したとしても結果的に時間の無駄になってしまうケースが殆どだというデメリットを、復讐を計画する前に良く考えてみてください。

(3)後に後悔してしまう事もある

元カレに復讐する事によるデメリットその3は、後に後悔してしまう事もあるというデメリットです。
復讐が成功した瞬間は「やってやった!」という達成感に満たされて、スッキリするかもしれません。
しかし、後々になって後悔してしまう可能性も大いにあります。
「あの時は元カレに復讐したいという気持ちだけで周りが見えていなかったけど、何で私はあんな事をしてしまったんだろう・・・」「ちょっとやりすぎてしまったかもしれない・・・」と後々に後悔しても、してしまった事は取り返しがつきません。
自分がしてしまった元カレへの復讐には、しっかりと自分で向き合わないといけないのです。
後悔しても実際に復讐を決行してしまった後であれば遅いですし、復讐した事によって失ってしまったものがあったとしても取り返せません。
復讐をする事によって友達を失う可能性もありますし、自分自身の評価を下げる事もあるので、後々になって後悔してしまう事もあると理解しておきましょう。

(4)復讐したことで復讐されるリスクもある

元カレに復讐する事によるデメリットその4は、復讐したことで復讐されるリスクもあるというデメリットです。
復讐をする事によって、復讐された側も憎しみを持って復讐をやり返してくる可能性もあります。
とある漫画の一コマに「ピストルを抜いて良いのは撃たれる覚悟のあるやつだけだ」というようなセリフがありますが、復讐に関しても同じ事が言えます。
復讐をして良いのは復讐される覚悟のある人だけなのです。
しかし、復讐をした事によって復讐をやり返される事は誰も望みませんよね。
復讐をやり返された事によって、またこちらも復讐心を抱いてしまう可能性だってあります。
そうなってしまうと、永遠に続く負の連鎖に陥ってしまいますし、いつまで経っても元カレに対する憎しみは消えないでしょう。
また、元カレがやり返してくる復讐によっては、こちらが復讐した以上の酷い事をされてしまう可能性もあり、危険もあるのです。

(5)復讐の仕方に問題があると自分が悪者になる

元カレに復讐する事によるデメリットその5は、復讐の仕方に問題があると自分が悪者になるというデメリットです。
復讐心に囚われてしまっていると、冷静な判断が出来なくなってしまうケースもあるでしょう。
ついつい度が過ぎる復讐をしてしまう事もあるかもしれません。
しかし、度が過ぎる復讐は、たとえこちらが被害者で始めた復讐劇だったとしても最終的にこちらが悪者になってしまいます。
具体的な例を挙げると、執拗に復讐を繰り返して元カレを苦しめていた行為がストーカーだと認定されてしまう事もあります。
また、物理的に元カレにダメージを与えてしまったら傷害罪になってしまうケースもありますし、元カレの所有物を壊したり捨てたりしたら器物破損の罪に問われてしまう事もあるでしょう。
復讐の仕方に問題があると、一気にこちらが悪者になってしまい、最悪の場合は罪に問われてしまう可能性もあるのです。

(6)良かった思い出も全て悪いものになってしまう

元カレに復讐する事によるデメリットその6は、良かった思い出も全て悪いものになってしまうというデメリットです。
元カレと別れた時は、酷い裏切り行為をされて別れる事になったかもしれません。
しかし、付き合っていた頃は幸せを感じられていた瞬間もあったはずです。
復讐をする事によって、そういった幸せな思い出や良かった思い出も全て悪いものに変わってしまうのです。
復讐心に囚われてしまっている時は、元カレに対しての憎しみが勝っている状態だと思いますので、幸せな思い出は心の奥の方に追いやってしまっています。
そういった状態で復讐をする事によって、幸せな思い出の上に憎しみを上書きしてしまうのです。
自分自身の思い出も悪いものになってしまうだけでなく、元カレの中でのあなたに対する思い出も最悪なものになってしまうのは大きなデメリットだと言えるでしょう。

(7)相手を追い込んでしまうリスクがある

元カレに復讐する事によるデメリットその7は、相手を追い込んでしまうリスクがあるというデメリットです。
場合によっては相手を追い込んでしまうリスクも大きなデメリットの一つだと言えます。
元カレもあなたに対して酷い裏切りをしてしまった事を後悔している可能性もあるのです。
後悔しているのに、元カノから復讐をされた元カレはどう思うでしょうか。
「俺がしてしまった事による報いだから仕方ない・・・」と思うかもしれませんが、そういった自責の念は徐々に元カレ自身を追い込んでしまう可能性もあります。
精神的に追い込まれてしまって鬱になってしまうケースもあるでしょう。
「そんなつもりはなかった・・・」と思っても、あなたの復讐が原因になって元カレが追い込まれてしまったなら、あなたに責任があります。
復讐する事によってそうなってしまうリスクもある事を念頭に置いておきましょう。

(8)復讐する姿が本性だと思われてしまう

元カレに復讐する事によるデメリットその8は、復讐する姿が本性だと思われてしまうというデメリットです。
復讐をする事によって、復讐する時の姿が本性だと元カレに思われてしまう可能性が高いと言えます。
復讐を考えるほど憎んでいた元カレにどう思われても関係ないと思う女性もいるかもしれませんが、少し視野を広げてみましょう。
復讐する姿があなたの本性だと思った元カレが、周りの知人や友人にその事を言いふらしたとします。
当然、噂は広まりますし、あなたに対する周りの印象は悪くなってしまうでしょう。
元カレの知人や友人と全く関わりがなければ、関係ないかもしれませんが、共通の友人や知人がいた場合は元カレだけでなく友人や知人にも復讐する姿が本性だと思われてしまって、性格が悪い女というレッテルを貼られてしまうのです。

【3】元カレに対する復讐心を抑える7つの方法

デメリットを知ったとしても、まだ復讐心に燃える気持ちが収まっていない可能性もありますよね。
それは、それほどまでに元カレのことを憎んでいるという証拠かもしれません。
しかし、何度もお話しているように復讐は自分自身の為にならないので、どれだけ憎んでいたとしても復讐はしない方が良いでしょう。
実際に元カレに対する復讐心を抑える方法を紹介していきますので、復讐心に燃える気持ちが収まらない時はぜひ以下の方法を取ってみてください。
きっと復讐心が抑えられるはずです。

(1)自分自身が幸せになる

元カレに対する復讐心を抑える方法その1は、自分自身が幸せになるという方法です。
自分自身が幸せになるという方法は、復讐も兼ねています。
別れた元カノが幸せそうにしていたら、悔しく感じる元カレもいますし、「元カノと別れたのは失敗だったかもしれない・・・」と後悔する元カレもいます。
しかし、後悔しても既に別の幸せを手に入れたあなたにとっては、元カレの後悔なんて知った事ではないはずですし、興味もないでしょう。
自分自身が幸せになるという事は、立派な復讐でもあるのです。
もちろん、元カレが後悔しなかったり、心から元カノの幸せを祝福出来るくらい余裕があれば、復讐にならない場合もありますが、既にあなたが別の幸せを手に入れられているならそんな事はどうでも良いと思えるようになっているはずです。
ただ、幸せになるとはいっても別れた直後であったり、元カレに対する憎しみや復讐心を引きずっている状況では、すぐに別の幸せを掴む事は難しいかもしれません。
そういった場合は、幸せになる努力をしていきましょう。
新しく別の幸せを手に入れる為には自分磨きは必須でしょうし、過去の自分よりも綺麗になる努力も必要になってくる場合もあると思います。
意識的に幸せになる為の努力をしていけば、気持ちはその方向を向きますので、自然と復讐心は薄れていくはずなのです。

(2)復讐したいという気持ちを別のベクトルに向ける

元カレに対する復讐心を抑える方法その2は、復讐したいという気持ちを別のベクトルに向けるという方法です。
復讐したいという気持ちを別のベクトルに向けるというのも簡単に出来るので、オススメの方法だと言えるでしょう。
元カレに復讐したいという気持ちが芽生えた時に、あなたの好きな事を思い浮かべてみてください。
趣味であったり、今やりたい事です。
頭の中で今やりたい事が思い浮かんだら、「復讐したい!」という気持ちを「(今やりたい事)をしたい!」と考えるようにすれば良いのです。
例えば、アニメを見る事が好きなら「〇〇(好きなアニメ)を一気見したい!」と考えるようにしたり、ゲームが好きなら「一日中ゲームしたい!」と考えるようにすれば、自然と復讐したいという気持ちは薄れていきます。
自分自身が好きな事であれば、誰でも夢中になれるはずですし、自分の好きな事に夢中になっていれば、復讐したいという気持ちは抑えられるはずなのです。
一度だけでは自分の好きな事に夢中になり終えた後、また復讐心が燃え上がってくる可能性はありますが、復讐心が燃え上がってくる度に何度でも繰り返していけば、気付いた時には「元カレに復讐したい!」という気持ちは消え去っているはずですよ。

(3)気持ちを落ち着かせてリラックスする

元カレに対する復讐心を抑える方法その3は、気持ちを落ち着かせてリラックスするという方法です。
元カレに対する復讐心が燃え上がってきたら、気持ちを落ち着かせてリラックスしてみましょう。
人はリラックスしている時は、憎しみや負の感情が消え去ります。
リラックスする方法は人それぞれだと思いますので、あなた自身がリラックス出来る方法で構いません。
エステに行ったり、ヘッドスパに行ったりする事でリラックス出来る人はエステやヘッドスパを予約して出掛けてみましょう。
ゆっくりお風呂に入る事でリラックス出来る人は湯舟にお湯を溜めてお風呂に浸かっても良いでしょうし、スーパー銭湯に出掛けてみても良いかもしれません。
他にもアロマを焚いたり、ヒーリングミュージックを聴いても良いでしょう。
独自のリラックス出来る方法で、ゆっくりと気持ちを落ち着かせてみてください。
そうすれば自然と復讐心は薄れていくはずです。
場合によっては、リラックスする事で涙が溢れてくる事もあるかもしれませんが、その場合は思い切り涙を流しましょう。
涙を流す事でスッキリ出来る場合もあります。

(4)友人や知人に相談する

元カレに対する復讐心を抑える方法その4は、友人や知人に相談するという方法です。
元カレに対する復讐心が燃え上がってきたら、友人や知人に相談してみるのもオススメの方法だと言えます。
友人や知人に相談する事によって、復讐を止めてもらえる場合もあります。
また、復讐に燃えている時に友人や知人に相談をすると殆どの場合が元カレに対する愚痴になるでしょう。
元カレに対する愚痴を友人や知人に話す事によって、自分自身の気持ちがスッキリする場合もあるのです。
「元カレに復讐を考えているんだ・・・」と友人や知人に相談をしたら、大抵の場合が「どうして?」「何で復讐したいの?」といったように理由を聞かれる場合が多いと思います。
理由を聞かれる事によって、復讐したいと思った経緯を順を追って話す事になると思いますので、自分自身で「何故元カレに復讐をしたいのか・・・」という事を見つめ直すキッカケにもなります。
そして、元カレに対する愚痴には、友人や知人であれば同調してくれる事の方が多いでしょう。
同調してもらえれば、それだけで少しは気持ちが晴れるはずです。
ひとしきり相談をし終えた後、冷静に考えてみれば「復讐なんてどうでも良いかも・・・」と思えるようになっている可能性も大いにあるでしょう。
ただし、相談する友人や知人は自分が信頼出来る人にしましょう。

(5)元カレのことを考えないようにする

元カレに対する復讐心を抑える方法その5は、元カレのことを考えないようにするという方法です。
意識的に元カレのことを考えないようにするという方法もオススメだと言えるでしょう。
元カレのことを考えてしまっているから、憎しみが込み上げてきて復讐したいという気持ちが燃え上がってきてしまうのです。
抱いてしまった復讐心は仕方ありませんから、その瞬間から出来るだけ元カレのことを考えないようにしてみましょう。
とはいっても、人は「〇〇について考えないようにしなければいけない!」と思ってしまうと余計にその事について考えてしまうという心理を持っています。
なので、「元カレのことを考えないようにする!」とは思わないようにしましょう。
「じゃあどうすれば元カレのことを考えないように出来るの?」と疑問を感じる人も多いと思います。
元カレのことを考えないようにする為には、全く別のことを考えるようにすれば良いのです。
別のことであれば、何でも構いません。
自分の好きな事でも構いませんし、仕事や学業でやらなければいけない事でも構いません。
別のことを考えるようにしていけば、自然と元カレのことを考えないようになるのです。
意識的に別のことを考えるようにしていけば、そのうち元カレのことを全く考えなくなりますし、復讐心も消え去るでしょう。

(6)復讐を考えている時間が勿体ないと思うようにする

元カレに対する復讐心を抑える方法その6は、復讐を考えている時間が勿体ないと思うようにするという方法です。
元カレに復讐したいと思った時は、「どうやって復讐しようかな?」「何をされたら元カレは精神的ダメージを受けるだろう?」などと色々考えると思います。
様々な思考を巡らせるはずですし、復讐心が強ければ強いほど、入念に復讐の計画を立てるはずですよね。
単純に「復讐したい!」と思い立ったからすぐに行動に移して実際に復讐を決行する人は殆どいないと思います。
つまり、復讐を実行に移す為には色々と考える時間も必要になってきますし、計画も立てなければいけないのです。
その時間を勿体ないと思うようにしましょう。
復讐心に燃えて、復讐の為に色々と思考を巡らせたり計画を立てる時間は、実際に勿体ないです。
そんな暇があるなら、次の幸せの為に行動した方がよっぽど建設的ですし、自分自身の為にもなります。
そして、ただでさえ憎んでいる相手なのに、復讐を考えている時間は元カレのことを考えてしまっているという矛盾にも気付きましょう。
本来なら憎んでいる相手のことなんて考えたくないはずですし、忘れたいはずです。
冷静に考える事が出来れば、復讐の為に時間を費やすのは勿体ないと思えるはずなので、そのように思えたら自然と復讐心を消し去っていく事が出来るでしょう。

(7)復讐は何も生み出さないという事を知る

元カレに対する復讐心を抑える方法その7は、復讐は何も生み出さないという事を知るという方法です。
元カレに復讐したいという気持ちが芽生えた時は、復讐を題材にしている映画やドラマ、小説などを見てみましょう。
復讐を題材にしている映画やドラマ、小説などの殆どが復讐は何も生み出さないという結末になっているはずです。
復讐した瞬間はスッキリとした描写で描かれているかもしれませんが、その後、新たな復讐劇へと発展したり、復讐をした側が不幸になる結末になっていると思います。
そういった復讐を題材にしている映画やドラマ、小説などから「復讐は何も生み出さない」という事を学ぶことが出来るのです。
映画やドラマ、小説はフィクションだと割り切ってしまえばそれまでですが、フィクションだとしても現実の話をモチーフにしている作品もあります。
また、フィクションの世界ですら不幸な結末になる事が多いのに、ノンフィクションの現実だけ復讐してもうまくいって幸せになれるなんて事は殆どないと言えるでしょう。
このように復讐を題材にした映画やドラマ、小説などを見る事によって、復讐は何も生み出さないという事を知る事が出来れば、自然と「元カレに復讐するのはやめておこう・・・」と考えを改めて気持ちを抑えられるケースが多いです。

【まとめ】

 

 

今回は、元カレに対する復讐心を抑える方法を紹介してきました。
また、元カレのことを憎いと感じてしまう理由や、元カレに復讐する事によるデメリットも併せて紹介してきましたがいかがでしたか?
裏切られて酷い別れ方をしたなら、元カレのことを憎んでしまう気持ちは良く分かります。
しかし、いくら「許せない・・・!」「殺したいほど元カレのことが憎い・・・!」と思って復讐心を燃やしても、自分自身の為にならないのです。
復讐した瞬間は晴れ晴れとした気持ちになってスッキリするかもしれませんが、復讐するメリットはそのほんの一瞬だけです。
逆に復讐する事によるデメリットの方が多いですし、復讐しても自分の為になる事は何一つありません。
復讐心に囚われてしまって終わった恋愛に時間と労力を費やすよりも、前を向いて次の恋愛に向けて時間と労力を費やす方が建設的である事は誰が見ても明白です。
酷い別れ方をして、元カレに対して憎しみを抱いて復讐心に燃えてしまったら、ぜひ今回紹介してきた内容を参考にして復讐心を抑えるように努力してみてください。
再度言いますが、復讐はあなた自身の為にならないのです。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事