1. HOME
  2. ブログ
  3. 《本当に効く!》復縁に効果絶大!満月にやる強力なおまじない7選!

《本当に効く!》復縁に効果絶大!満月にやる強力なおまじない7選!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回はブログ読者の皆さんからご報告頂いた、実際試して復縁に効果があった、復縁のおまじないをシェアさせて頂きます。

別れた元恋人との復縁を成功させる為の方法は、色々とあると思います。
別れる事になった原因を改善して元恋人にアプローチしたり、別れた頃よりも成長して魅力的になる事で元恋人の気持ちを再度引き寄せたり・・・復縁を成功させる為の方法やテクニックは少し調べれば沢山出てくるでしょう。
ただし、復縁を成功させる為の方法やテクニックを駆使したからといって、必ずしも元恋人と復縁出来るわけではないですよね。
復縁を目指して元恋人にアプローチしていてもうまくいかなかったり、元恋人のリアクションがいまいちという場合もあると思います。
そんな時は、ぜひおまじないに頼ってみてください。
実際に、ブログ読者の方々からは「復縁のアプローチがうまくいっていない時におまじないを試してみたら効果があった!!」「おまじないに頼った事で不可能だと思っていた復縁が叶った!!」という体験談や報告を沢山もらっています。
そこで今回は、ブログ読者の方々から沢山頂いた体験談や報告を基に「本当に効果があった」「おまじないのおかげで復縁出来た」という満月に行う復縁に効果絶大のおまじないを紹介していきたいと思います。
元恋人との復縁を目指しているけどアプローチがうまくいっていない人や、復縁を目指し始めた人は、ぜひ今回紹介する満月に行うおまじないを試してみてください。
また、おまじないの効果には個人差がありますので、ひとつのおまじないを試して効果が現れなかったとしても別のおまじないを試したら効果が現れる場合もあります。
ブログ読者からは様々な方法のおまじないを報告頂いていますので、そのおまじないの中から厳選していくつか紹介していきますから自分にピッタリのおまじないを探してみてくださいね。

【満月と六芒星の力を借りた復縁のおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)赤色のペン

(2)せっけん

(3)ハンドクリーム

★おまじないの方法★

(1)満月になる日を調べて、満月の日になるのを待ちましょう。

(2)満月の日になったら、用意した赤色のペンで手の甲に六芒星を書いてください。
この時、一筆書きで書くのではなくて、上向きの三角形と下向きの三角形を二筆で書いて交わらせるのがポイントです。
六芒星の中は塗りつぶさないようにしましょう。

(3)手の甲に赤色のペンで六芒星を書いたら、六つの角の部分に小さく丸印を書いてください。
丸印の中は塗りつぶしても塗りつぶさなくてもどちらでも構いません。

(4)ここまでの工程を終えたら、窓を開けて満月を見上げましょう。
ベランダがあるなら、ベランダに出て満月を見上げても構いません。

(5)満月を見上げたら、六芒星を書いた手を満月に掲げて、「〇〇(元恋人の名前)との復縁を叶えてください。」と強く念じてください。

(6)自分自身が満足するまで念じたら、赤色のペンで手の甲に書いた六芒星をせっけんで綺麗に洗い流して、手荒れしないようにハンドクリームを塗ってしっかりとケアをしておきましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)手の甲に赤色のペンで六芒星を書く時は、出来るだけ綺麗に六芒星を書くようにしましょう。
線がブレブレだったり、形が崩れた六芒星ではおまじないの効果を期待出来なくなってしまいます。

(2)六芒星の上向きの三角形は男性、下向きの三角形は女性を象徴していますので、復縁したい元恋人と自分の姿をしっかりと頭に思い浮かべながら六芒星を書くようにしましょう。

(3)満月に手を掲げて、「〇〇(元恋人の名前)との復縁を叶えてください。」と念じる時も同様に、元恋人のことを思い浮かべながら、復縁出来るという気持ちを強く持って念じるようにしましょう。
「もしかしたら復縁出来ないかもしれない・・・」というネガティブな気持ちを持ちながら念じれば、おまじないの効果が現れない可能性があります。

(4)もし満月の日が悪天候だった場合は、次の満月の日を待ちましょう。
満月が雲に隠れてしまっている状態では、おまじないの効果を期待出来ません。

【復縁したい元恋人と一緒に写っている写真を使った復縁のおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)あなたと復縁したい元恋人が写っている写真1枚

(2)赤色の紙

(3)のり

(4)ペン

(5)普段寝る時に使っている枕

(6)ライターorマッチ

★おまじないの方法★

(1)満月の日を調べて、満月の日になるのを待ちましょう。

(2)満月の日になったら、あなたと復縁したい元恋人が写っている写真の裏側と、赤色の紙にペンで大きくハートマークを書きましょう。
ペンの色は何色でも構いませんが、ハートマークは出来る限り大きく書いてください。

(3)写真の裏側と、赤色の紙に大きくハートマークを書いたら、赤色の紙で写真を包んで、写真が赤色の紙から出てこないようにのりで赤色の紙をとめてください。

(4)写真を赤色の紙で包んで、のりでとめたら満月に掲げて満月の光を吸わせましょう。
満月に掲げて満月の光を吸わせるのは1分程度で構いません。

(5)写真を包んだ赤色の紙に満月の光を吸わせたら、普段寝る時に使っている枕カバーの中に、写真を包んだ赤色の紙を入れましょう。

(6)そして、次の満月の日まで毎晩眠る前に目を閉じて「〇〇(元恋人の名前)と復縁出来ますように・・・」と心の中で3回唱えてから眠りについてください。

(7)次の満月の日になったら、写真を包んだ赤色の紙を枕カバーの中から取り出して、元恋人と復縁出来るという未来を強く思い描きながらライターorマッチで火をつけて燃やしましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)あなたと元恋人が写っている写真は、最終的に燃やす事になってしまいますので、大事な写真は使わないようにしましょう。
しかし、あまり思い出がない写真であったり、他の人も写っているような写真であれば、おまじないの効果を期待出来なくなってしまいますので、元恋人とツーショットで写っている写真で尚且つある程度思い出が詰まっている写真を使うようにしてください。

(2)ハートマークを書くペンの色は何色でも構いませんが、ハートマークは丁寧に気持ちを込めて書くようにしましょう。

(3)満月の光を吸わせている間は、元恋人との復縁を信じて疑わないようにしましょう。
「復縁出来ないかもしれない」という気持ちが少しでもあれば、満月の力がうまく宿らなくなってしまいます。

(4)次の満月まで毎晩眠る前に目を閉じて「〇〇(元恋人の名前)と復縁出来ますように・・・」と心の中で3回唱えるという工程は、必ず忘れないようにしましょう。
1日でも忘れてしまうと、おまじないの効果が現れなくなってしまいます。

(5)写真を包んだ赤色の紙に火をつけて燃やす時は、他の誰かに見られないように気を付けてください。
そして、当然ですが火災にも気を付けましょう。

【元恋人と別れた原因を解消する復縁のおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)白色の長方形の紙

(2)青色のペン

(3)はさみ

(4)大きめの灰皿

(5)ライターorマッチ

★おまじないの方法★

(1)満月の日を調べて、満月の日になるのを待ちましょう。

(2)満月の日になったら、まず白色の長方形の紙にあなたの名前と復縁したい元恋人の名前をフルネームで書いてください。

(3)あなたと元恋人の名前をフルネームで書き終えたら、次はあなたと元恋人が別れる事になってしまった原因を思いつく限り、全て事細かく書き出しましょう。
出来る限り細かく詳細に書き出すようにしてください。
別れる事になってしまった原因は、いくつ書き出しても構いません。
思いあたる節があるものを全て書き出しましょう。

(4)別れる事になってしまった原因を書き出したら、その紙をはさみで細かく切り刻んでください。
切り刻んだ紙は、大きめの灰皿の中に入れておくようにしましょう。

(5)切り刻んだ紙を灰皿の中に全て入れたら、次はその灰皿と切り刻んだ紙に満月の光を当てましょう。
そして、満月の光に当てながら、別れる事になった原因が解消される事を強くイメージしてください。
満月の光に当てている時間は、約5分くらいで構いません。

(6)切り刻んだ紙と灰皿を満月の光に当てたら、最後にライターorマッチで紙に火をつけて燃やしましょう。

(7)完全に燃えて、火が消えたら「私と〇〇(元恋人の名前)は復縁出来ます。」と心の中で5回唱えましょう。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)あなたと元恋人が別れる事になってしまった原因は、思いつく限り全ての原因を書き出しましょう。
「これは些細な事だから書き出さなくても良いかな?」と自己判断して書き出さないと、その原因が解消されない事で復縁が実現しない可能性があります。
思いつく限りの原因全てを余すことなく書き出すようにしてください。

(2)別れる事になってしまった原因を考えるのは、満月の日までに考えておくよりも、当日になってからその場で考えた方がより高い効果を期待出来ますので、出来る事なら当日に考えるようにしましょう。

(3)別れる事になってしまった原因を書き出した紙を切り刻む時は、「この原因が解消されますように・・・」と心の中で思いながら切り刻むようにしましょう。

(4)灰皿の中で紙に火をつけて燃やしている時は、別れる事になった原因が解消されて元恋人と復縁出来る未来を想像しながら燃えている火を見つめておきましょう。
この時に他のことを考えてしまっていたら、おまじないの効果が期待出来なくなってしまいます。

(5)燃えきった紙の灰は、ティッシュなどに包んでごみ箱に捨てて頂いて構いませんが、捨てる時には「これで別れる事になった原因は解消された」という気持ちを強く持ちましょう。

【香水と紙を使った復縁のおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)あなたが普段使っている香水(普段、香水をつけない人であれば自分の好みの香りがする香水を購入して用意しましょう。)

(2)白色の紙

(3)ペン

(4)はさみ

★おまじないの方法★

(1)満月の日を調べて、満月の日になるのを待ちましょう。

(2)満月の日になったら、白色の紙をはさみで人型に切ってください。
頭と手足がはっきりとしていたら、多少いびつな人型でも構いません。

(3)白色の紙を人型に切ったら、片方の面に復縁したい元恋人の名前を縦にフルネームで書いてください。

(4)もう片方の面には、あなたの名前を縦にフルネームで書きましょう。

(5)人型に切った白色の紙の片面に元恋人の名前、もう片面にあなたの名前を書いたら、その人型の紙を縦に二つ折りにして、その後、横に二つ折りにしてください。

(6)そして、その人型に切って折りたたんだ紙に、あなたが普段使っている香水をワンプッシュだけ吹きかけましょう。
満月の日に行う工程はここまでです。

(7)翌日は、香水を吹きかけた紙を一日肌身離さず持ち歩きましょう。

(8)さらにその翌日、香水をもうワンプッシュだけ吹きかけてから、近所の川に人型に切った紙を流してください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)このおまじないは満月の日から三日間にかけて行うおまじないになりますが、途中でやめてしまわないように気を付けましょう。
途中でやめてしまうと、おまじないの効果がマイナスな働きをしてしまって復縁出来なくなってしまう可能性が高まってしまいます。

(2)白色の紙を人型に切っている時、そして、人型に切った白色の紙にあなたと元恋人の名前を書いている時、そのどちらも元恋人との思い出を頭に思い浮かべながら作業をしましょう。

(3)香水に関しては、普段使っていない人であれば自分の好みの香りの香水を選んでください。
この時、直感で選ぶようにしましょう。
どうしても決められないという人は、元恋人が好きそうな香りをイメージして、その香りの香水を選ぶようにしましょう。

(4)おまじないの最後に、人型に切った紙を近所の川に流す必要がありますが、もしも近所に川がなければ、最寄り駅のゴミ箱に捨ててもらえれば構いません。

【黒ゴマを使った復縁のおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)黒ゴマ

(2)黒ゴマを入れる小皿

(3)ライターorチャッカマン

(4)白色の紙

(5)ペン

★おまじないの方法★

(1)満月の日を調べて、満月の日になるのを待ちましょう。

(2)満月の日になったら、まずはあなたの名前と復縁したい元恋人の名前を漢字で書いた時に合計の画数が何画になるのかを計算してください。

(3)そして、計算した画数の分だけ黒ゴマを小皿に移しましょう。

(4)次に、元恋人に気付いてもらいたいあなたの魅力や別れてから成長した部分を白色の紙に書き出してください。
思いつく限りのことを書き出しましょう。

(5)ここまで準備が出来たら、小皿に入れてある黒ゴマをライターorチャッカマンで軽く炙ってください。
燃えてしまったり焦げてしまわないように、火が黒ゴマに届かないように気を付けながら炙りましょう。

(6)炙ったら、黒ゴマを紙の上に移してください。

(7)そして、満月を見上げながらその黒ゴマを紙の上から一粒ずつゆっくりと口の中に入れて食べきりましょう。

(8)黒ゴマを全て食べきったら、「〇〇(元恋人の名前)は私の魅力に気付いて夢中になってくれます。」と心の中で5回唱えてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)あなたの名前と、復縁したい元恋人の名前の漢字の画数を計算する時は、正しい漢字の書き方を調べて正確な画数を調べるようにしましょう。
ひとつでもズレてしまっていたら、おまじないの効果を期待出来なくなってしまいますので注意が必要です。

(2)元恋人に気付いてもらいたいあなたの魅力を紙に書き出す時は、些細な事でも構いません。
あなたが元恋人に気付いてもらいたいと思っている魅力であれば、どんな事でも構いませんので遠慮せずに書き出しましょう。

(3)黒ゴマを口の中に入れて食べる時、無味だと食べられないという人は塩などで味付けしても構いません。
ただし、黒ゴマを食べている間は元恋人のことを頭の中でしっかりと考えながら、黒ゴマを食べるようにしましょう。
元恋人のこと以外を考えながら食べてしまうと、おまじないの効果が現れない可能性が出てきてしまいます。

【鏡と写真を使った復縁のおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)手鏡2枚

(2)あなたの笑顔の写真(可能であれば上半身も写っているもの)

(3)復縁したい元恋人の笑顔の写真(可能であれば上半身も写っているもの)

(4)ペン

(5)テープ

★おまじないの方法★

(1)満月の日を調べて、満月の日になるのを待ちましょう。

(2)満月の日になったら、まずはあなたの写真の裏面に復縁したい元恋人の名前を、そして復縁したい元恋人の写真の裏面にあなたの名前を書いて、ハートマークで囲ってください。

(3)次に、その写真を向かい合わせにして手鏡で挟みましょう。
この時、手鏡の鏡面は外を向くようにしてください。

(4)手鏡と写真を重ね合わせたものをテープで固定しましょう。

(5)手鏡と写真を重ね合わせたものをテープで固定したら、窓を開けて満月の位置を確認してください。

(6)そして、手鏡を満月に向けて掲げましょう。
ある程度、手鏡が満月の光を吸収したら、次は裏返してもう反対側の鏡面にも満月の光を吸収させてください。

(7)手鏡が満月の光を十分に吸収したら、「二人の愛は永遠です。」と心の中で3回唱えましょう。

(8)後は、次の満月の日まで毎晩、手鏡に月の光を吸収させて「二人の愛は永遠です。」と心の中で3回唱えるようにしてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)用意する写真は、笑顔で上半身も写っている写真がベストですが、もしもその写真が無ければあなたと元恋人が写っている写真でも構いません。
別々の写真がなければ、二人で写っている写真をはさみで切ったりして二つに分けても問題ないです。

(2)写真の裏面に名前を書く時は、あなたの写真の方に元恋人の名前、元恋人の写真の方にあなたの名前を書くという点を間違えないようにしましょう。
あなたの写真の方にあなたの名前を書いて、元恋人の写真の方に元恋人の名前を書いてしまったら、おまじないの効果を期待出来なくなってしまいます。

(3)手鏡に満月の光を吸収させている時は、頭の中で元恋人との復縁が必ず成功するという気持ちを強く持つようにしましょう。
雑念が入らないように注意してください。

(4)次の満月の日まで、毎晩月の光を手鏡に吸収させるという工程は、必ず忘れないようにしましょう。
1日でも忘れてしまうと、おまじないの効果を期待出来なくなってしまいます。

【アロマキャンドルを使った復縁のおまじない】

★おまじないに必要なもの★

(1)好きな香りのアロマキャンドル(出来れば小さめのものがオススメです。)

(2)普段使っているハンカチ

(3)ライターorマッチ

★おまじないの方法★

(1)満月の日を調べて、満月の日になるのを待ちましょう。

(2)満月の日になったら、用意していた好きな香りのアロマキャンドルを取り出して、アロマキャンドルに火を灯してください。

(3)アロマキャンドルに日を灯したら、部屋の電気を消しましょう。

(4)そして、アロマキャンドルの上にハンカチをかざしてください。
この時、アロマキャンドルとハンカチの距離が近すぎるとハンカチに火が燃え移ってしまう危険がありますので、アロマキャンドルとハンカチの距離には気を付けましょう。
アロマキャンドルの香りをハンカチに染み込ませるイメージを持って頂ければ大丈夫です。

(5)ハンカチにアロマキャンドルの香りを染み込ませながら、復縁したい元恋人のことを思い浮かべながらゆっくりとアロマキャンドルの火が消えるまでリラックスした気持ちで過ごしてください。

(6)アロマキャンドルの火が消えるか、ハンカチにしっかりとアロマキャンドルの香りが染み込んだと感じられたら火を消して頂いて構いません。

(7)翌日は、そのハンカチを持ち歩いて出来る限り頻繁に使用するように心がけてください。
これでこのおまじないは終了です。

★おまじないのコツ★

(1)このおまじないには、アロマキャンドルを使用するのがベストですが、もし身近にアロマキャンドルを購入出来るお店がなければ、お香でも代用出来ます。

(2)ハンカチは、翌日使用する事になりますので洗濯済みの清潔なハンカチを使うようにしましょう。

(3)アロマキャンドルの香りをハンカチに染み込ませている時に、元恋人のことを思い浮かべる必要がありますが、この時は出来るだけ具体的なイメージを思い浮かべるようにしましょう。
「復縁したい」という漠然としたイメージではなく、「復縁する為に具体的にどうしたいのか」や「どのように距離を縮めていきたいのか」を出来るだけ詳しくイメージするようにしてください。
その方がおまじないの効果を期待出来ます。

★まとめ★

 

 

今回は、ブログ読者の方々から沢山頂いた体験談や報告を基に「本当に効果があった」「おまじないのおかげで復縁出来た」という満月に行う復縁に効果絶大のおまじないを紹介してきましたが、いかがでしたか?
満月に行う復縁のおまじないを試す時、ひとつだけ気を付けて頂きたい事は、ボイドタイムは避けるようにするという事です。
ボイドタイムとは月が太陽系のどの惑星とも関りを持たなくなる時間帯の事で、ボイドタイム中は人とのコミュニケーションがうまくいかなかったり、何をしても良い結果にならない時間帯だと言われています。
つまり、おまじないの効果が期待出来なくなってしまうのです。
ボイドタイムに関しては、Googleなどで「ボイドタイム」と検索すれば調べる事が出来ますので、調べた上でおまじないを行うようにしましょう。
その点にさえ注意すれば、どのおまじないも比較的簡単に出来るものばかりを厳選して紹介してきましたので、元恋人との復縁を目指している人はぜひ今回紹介してきたおまじないを試してみてくださいね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事