1. HOME
  2. ブログ
  3. 【別れて2ヶ月】元彼と復縁したいならやるべき4つの行動と注意点!

【別れて2ヶ月】元彼と復縁したいならやるべき4つの行動と注意点!

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

大好きだった彼から別れ話を切り出されて、別れる事になってしまった後しばらくの間はショックで凹んでしまう女性が殆どだと思います。
しかし、ショックな気持ちや別れて辛いという気持ちは時間が解決してくれる場合が大半です。
別れてから1ヶ月は毎日泣いていたとしても、2ヶ月経つ頃には辛い気持ちは薄れてきている人が多いのではないでしょうか。
ただ、気持ちに整理がついてきて別れを受け止められるようになったからこそ、「やっぱり彼のことが好きだから復縁したい!!」と思う人もいますよね。
別れ方や元彼の気持ち次第にはなってしまいますが、別れて2ヶ月後から復縁に向けて行動を開始すれば復縁を成功させる事は十分可能だと言えます。
もちろん、復縁に繋がる正しい行動を取らなければ復縁出来る可能性は大幅に下がってしまいますが、正しい行動さえ取れれば冷却期間2ヶ月での復縁は不可能ではないのです。
元彼と復縁したいと思っている女性の殆どが「復縁に繋がる正しい行動って何?」と具体的にどんな行動をすれば良いのかを知りたいと思うはずですよね。
そこで今回は、元彼と復縁したいなら別れて2ヶ月後にやるべき行動と注意点を紹介していきたいと思います。
また、別れて2ヶ月後の男性心理も紹介していきたいと思いますので、そちらも併せて参考にしてみてください。

【1】別れて2ヶ月後の男性心理

付き合っていた彼女に別れを告げて、別れてから2ヶ月経った時の男性は一体どのような気持ちを抱いているのでしょうか。
振られた側の女性は、「悲しい。」「復縁したい。」「許せない。」といったように人によって様々な気持ちを抱いているでしょうが、振った側の男性がどのような気持ちなのか分からないという人も多いかもしれません。
別れて2ヶ月経った頃の振った側の男性心理を知っておく事によって、復縁にもプラスに働く場合もあると思いますので、この機会に別れて2ヶ月経った頃の男性はどのような心理になっているのかを把握しておきましょう。

(1)別れた事を実感している

別れて2ヶ月後の男性心理その1は、別れた事を実感している場合があります。
自分から彼女を振った側の男性は、別れた直後だと解放感に満たされている人が多いですが、2ヶ月も経つとその解放感が薄れてくる人が殆どだと言えるでしょう。
そして、別れた事を実感し始めるのです。
別れた事を実感した事によって、今までは居るのが当たり前の存在だった元カノの大切さに改めて気付く男性もいるでしょう。
別れた事を実感していない時に元カノから復縁を迫られても、「今はそんな気になれない!!」「考えたくもない!!」と思うのが男性心理ですが、別れた事を実感しているタイミングであれば復縁に関しても前向きに考えてくれる場合もあります。

(2)寂しさを感じている

別れて2ヶ月後の男性心理その2は、寂しさを感じている場合があります。
別れて2ヶ月経つと、寂しさを感じる男性も割と多いです。
自分から彼女を振って独り身になったのだとしても、彼女がいないという事に寂しさを感じてしまうのです。
別れてすぐの頃は、解放感に満たされているので寂しさを感じる事は滅多にありませんし、自分の自由を満喫している男性が多いですが、落ち着いた頃に独り身である事を痛感して寂しくなってしまうのが男性心理だと言えるでしょう。
ただし、寂しさを感じたからといって必ずしも元カノと復縁したいと思うとは限りません。
新しい女性との出会いを積極的に求める場合もあるのです。

(3)そろそろ彼女が欲しいと思い始めている

別れて2ヶ月後の男性心理その3は、そろそろ彼女が欲しいと思い始めている場合があります。
別れて2ヶ月という期間は、自分の自由に使える時間を満喫している事に飽きてくるタイミングでもあります。
自分の自由に使える時間を満喫して、それに飽きた後は「そろそろ彼女が欲しいな~」と思い始めるのがごく一般的な男性心理だと言えるでしょう。
新しい出会いを求めて積極的に出会いの場に足を運ぶ男性も多いですが、元彼に復縁のことを意識してもらうならこのタイミングがベストです。
元彼自身も彼女が欲しいと思っているので、別れた原因を改善した事をうまく元彼に知ってもらえたら、「元カノと復縁してもいいかな~」と思ってもらえる可能性があります。

(4)元カノに対する悪印象が薄れている

別れて2ヶ月後の男性心理その4は、元カノに対する悪印象が薄れている場合があります。
別れた直後は、元カノに対する不満が強く残っていて悪印象を持たれている事が殆どですが、2ヶ月も経てばその悪印象はかなり薄れてきているでしょう。
女性は時間の経過によって好印象が薄れて、悪印象が強く残ると言われていますが、男性は逆なのです。
時間の経過によって好印象が強く残り、悪印象が薄れていくのが男性の心理だと言われています。
復縁に冷却期間が必要だと言われているのは、悪印象を薄れさせて好印象を強くさせる為でもあるのです。
別れてから2ヶ月も経つと、「別れる直前は色々あったけど、楽しかった思い出もいっぱいあるな~」という気持ちを抱いている男性も割と多いでしょう。

【2】別れて2ヶ月後から復縁するまでの大まかな流れ

別れて2ヶ月後から復縁を実現させるまでには大まかな流れがあります。
必ずしもこの流れの通りになるとは限りませんが、以下の流れで復縁まで進めると比較的高い確率で復縁の成功を実現させる事が出来ます。
元彼との復縁を目指している女性は、ぜひ以下の流れを参考にしてみてください。

(1)要件を明確にして連絡を入れる

別れて2ヶ月後から復縁するまでの大まかな流れその1は、要件を明確にして連絡を入れるという事です。
まずは要件を明確にして連絡を入れるようにしましょう。
別れてからの2ヶ月間、殆ど連絡を取り合っていなかったなら、ある程度は要件を明確にした内容の連絡でないと元彼は警戒をしてしまう可能性があります。
「元気?」といったような内容だと、「突然何!?」と警戒してしまう男性も多いのです。
元彼に連絡しなければいけない要件を何か作って、連絡を入れた方がスムーズに返信してもらいやすいと言えるでしょう。
そして、返信がもらえたら元彼のテンションを良く見極めてください。
良い反応であれば、そのまま要件の話を進めていきつつ世間話に切り替えていくと良いですが、微妙な反応であればもう少し冷却期間が必要だという事になりますので、その見極めはしっかりと行うようにしましょう。

(2)返信がきたら徐々に他愛のない世間話に繋げていく

別れて2ヶ月後から復縁するまでの大まかな流れその2は、返信がきたら徐々に他愛のない世間話に繋げていくという事です。
流れその1で微妙な反応の返信であった場合は、もう少し冷却期間を設けてから再度流れその1に戻る必要がありますが、良い反応の返信をもらえた場合は次のステップに繋げていきましょう。
要件の連絡から世間話に繋げる事が出来たら、ひたすら元彼とやり取りを繰り返して、距離を縮めていってください。
別れてから2ヶ月の間にお互い何をしていたかなどの近況報告も織り交ぜつつ、世間話を広げていくとうまく元彼との距離を縮めていく事が出来るでしょう。
また、距離を縮めようとしている際は元カノアピールをしないようにしましょう。
あくまでも一から関係を築き上げていくという事を意識してみてください。

(3)世間話のような他愛のない話が出来るようになったら食事に誘う

別れて2ヶ月後から復縁するまでの大まかな流れその3は、世間話のような他愛のない話が出来るようになったら食事に誘うという事です。
ある程度、世間話のような他愛のない話が出来るようになったら次のステップに進む時だと言えます。
最低でも1ヶ月くらいはやり取りを続けるようにしましょう。
そうしなければ、別れた事によって生まれてしまっていた溝が埋まる事は殆どありません。
しかし、いつまでもやり取りだけ繰り返していても、それ以上は前に進まなくなってしまいますので、元彼があなたとのやり取りを自然に繰り返してくれるようになったタイミングを見計らって食事に誘ってみましょう。
しっかりと距離が縮まっていたら、殆どの場合、食事の誘いをOKしてもらえます。
もし断られてしまったら、その時は「わかった!また今度ね!」と明るく返すようにしましょう。
機会を改めて誘ってみれば次はOKしてもらえる可能性も大いにありますので、「何で?」「いつならいいの?」といったようにしつこくするのは良くありません。

(4)再会した時に別れる事になった原因は改善出来たとアピールする

別れて2ヶ月後から復縁するまでの大まかな流れその4は、再会した時に別れる事になった原因は改善出来たとアピールするという事です。
食事の誘いをOKしてもらえて無事再会する事が出来たなら、別れる事になった原因を改善した事をさりげなくアピールしていきましょう。
あくまでもさりげなくという部分が重要です。
外見の変化であれば、再会した瞬間に気付いてもらえるでしょうが、内面の変化であれば会話の中で上手に伝えていくしかありませんので、うまく振る舞えるようにしましょう。
別れる事になった原因を改善したという事に元彼が気付いてくれたなら、「俺と復縁したいから改善したのかな?」と思いますし、ドキっとしてくれるはずです。
女性が自分の為に何かをしてくれたという事に喜ぶのは、男性心理なのです。
元彼にドキっとしてもらえたら、復縁を前向きに考えてくれる可能性も高まります。

(5)元彼との距離がしっかり縮まってから告白する

別れて2ヶ月後から復縁するまでの大まかな流れその5は、元彼との距離がしっかり縮まってから告白するという事です。
食事の誘いをOKしてもらって、再会した時は舞い上がってしまってその勢いで復縁を迫ってしまう女性もいるかもしれませんが、少し落ち着きましょう。
勢いに任せて告白しても復縁出来る場合もありますが、より確実に復縁する為にはしっかりと距離を縮めていく必要があります。
再会のタイミングで、別れた原因を改善したという事に元彼が気付いてくれたとしても「本当に変わったのかな?」と半信半疑である可能性もあります。
あなたの変化に対して元彼に確信を持ってもらった方が復縁の成功率が高くなる事は間違いありませんので、何度か食事やデートに出掛けて焦らずに距離を縮めてから告白しましょう。

【3】元彼と復縁したいなら別れて2ヶ月後にやるべき行動と注意点

自分を変えた女性

紹介した流れの通りに復縁を目指す事によって、復縁の成功率が上がる事は間違いありませんが、別れて2ヶ月後にやるべき行動ももちろん存在しています。
一体どのような行動をすれば、復縁の成功率を高める事が出来るのかを注意点と共に紹介していきたいと思います。
以下の行動を取れば、復縁の成功率を高める事が出来ますので、ぜひ実行してみてください。

(1)別れた後に変わった事をアピールする

元彼と復縁したいなら別れて2ヶ月後にやるべき行動その1は、別れた後に変わった事をアピールするという事です。
別れて2ヶ月経っていれば、別れた頃から成長出来ている人も多いと思います。
自分磨きをしようと積極的に行動していた人なら、ほぼ100%別れた頃のあなたよりも成長出来ているでしょう。
自分磨きをしてこなかった人でも、元彼との別れの経験があなたを強くしたはずですし、自分のダメな部分に気付くキッカケにもなったはずです。
別れてからの2ヶ月で、あなた自身が変われた事を精一杯元彼にアピールしていきましょう。
元彼があなたの変化に気付いてくれて、「俺と別れた頃よりも格段に良い女になったな。」という風に思ってくれたなら「元カノと復縁したい。」と思ってくれる可能性も高まります。

≪注意点≫

元彼にあなた自身が変わった事をアピールする時の注意点は、さりげなくアピールしていくという事です。
直接元彼にLINEやメールを入れて、「私、別れた後でこんなにも変わったよ!!」と伝えるのは避けましょう。
あからさますぎますし、元カノから変わった事を直接的にアピールされた元彼は「自分で言うほどの事なの!?」と思ってしまって素直に受け止められなくなってしまいます。
それが男性心理なのです。
アピールする時は、SNSに投稿したり友人や知人に話題に出してもらうなどの方法を取る方が良いでしょう。
そうすれば、元彼は自分自身で元カノの変化に気付く事が出来ますので、自分で気付いた事であれば素直に受け止める事が出来るのです。
ちなみに、間接的なアピールであれば元彼との会話の中でさりげなくアピールしても良いでしょう。
また、当然ですが別れた時からの変化は良い部分をアピールするようにしましょう。
「痩せていたのに太ってしまった」「明るい性格だったのに暗くなってしまった」「ずぼらになってしまった」といったような悪い変化はアピールしても逆効果ですし、元彼に悪印象を与えてしまうだけです。

(2)精一杯自分磨きをする

元彼と復縁したいなら別れて2ヶ月後にやるべき行動その2は、精一杯自分磨きをするという事です。
別れてから2ヶ月というのは、元彼にとってもあなた自身にとっても冷却期間としては十分な期間だと言えるでしょう。
冷却期間を終えて、復縁を視野に入れて元彼にアプローチを仕掛ける人も多いと思います。
そして、冷却期間中に自分磨きに精を出していた人も多いでしょう。
ただし、冷却期間を終えて復縁のアプローチを開始したからといって、そこで自分磨きをやめてしまったら中途半端になってしまう場合が大半です。
2ヶ月間の自分磨きで成長出来た点もあれば、まだまだ不十分な点もあるでしょう。
復縁のアプローチを開始したとしても、自分磨きはそのまま継続する方が復縁の成功率は高まりますので、2ヶ月間の冷却期間を終えたからといって自分磨きをやめないようにしましょう。
また、別れてから2ヶ月の間に全く自分磨きをしてこなかった人もいるかもしれません。
別れたショックから立ち直れなくてうじうじしていたけど、2ヶ月経ってやっと気持ちに整理がついて「復縁したい!!」と思い始めたばかりなら、仕方ないでしょう。
その場合は、今からでも遅くないので自分磨きを開始しましょう。
自分磨きに遅いも早いもありません。
「もう遅いかも・・・」と考えてしまって、自分磨きをしなければ復縁出来る可能性が上がる事はありませんので、元彼と復縁したいと思うなら今からでも自分磨きをすべきなのです。

≪注意点≫

精一杯自分磨きをする時の注意点は、元彼が何を求めていたのかをしっかりと考えるという事です。
見当違いな自分磨きをしていても復縁には全く効果がない場合もあります。
例えば、元彼があなたの内面に不満を持って別れを切り出してきたのに、あなたは外見ばかり自分磨きしていたとしましょう。
確かに外見を自分磨きしてきたあなたは別れた頃よりも綺麗になれたかもしれません。
しかし、それは元彼が求めている事とは違う部分なのです。
内面に不満を持って別れ話を切り出してきたのに、いくら綺麗になったとしても不満を持たれていた内面が成長していなかったら元彼が復縁をしたいと思わないのは当然です。
もちろん、その逆も然りでしょう。
元彼が何に対して不満を持って別れ話を切り出してきたのかを良く考えて、元彼が求めている部分を自分磨きで成長させるようにしましょう。

(3)元彼に別れた事を後悔させる

元彼と復縁したいなら別れて2ヶ月後にやるべき行動その3は、元彼に別れた事を後悔させるという事です。
2ヶ月間の冷却期間後、復縁を目指して元彼にアプローチする際には、元彼に別れた事を後悔させるというのも非常に重要だと言えます。
元彼が別れた事を後悔する事によって、それが「元カノと復縁したいな~」と思うキッカケになる可能性が高まるのです。
後悔させる為には、あなた自身が別れた頃よりもひと回りもふた回りも魅力的な女性になる事が手っ取り早いでしょう。
別れた頃よりもあなたが魅力的な女性になっていれば、元彼は「あんなに魅力的な女性になるなんて思わなかった・・・別れたのは失敗だったかな。」と思う可能性があるのです。
別れた頃よりも魅力的になるという事以外にも、他の男性からモテている様子を知ったり、あなたのプライベートが充実している事を知っても、別れた事を後悔する男性もいます。
別れた元カノが他の男性と親密になっていたり、自分がいなくてもプライベートが充実している元カノの姿を見たら、別れた事を後悔してしまうのが男性心理なのです。

≪注意点≫

元彼に別れた事を後悔させる上での注意点は、仕返しにならないように気を付けるという事です。
「後悔させる」=「別れた事に対する復讐」と考えてしまう女性もいるかもしれませんが、そういった意味ではありません。
「元カノからこんな仕打ちをされるなら、別れなかったら良かった・・・」という後悔では意味がないのです。
また、他の男性からモテている様子を元彼に知ってもらうという方法を選択する場合は、あくまでもモテているだけというテイにした方が無難です。
他の男性からモテていて、チヤホヤされている事を喜んでいる素振りを見せてしまうと元彼は「俺じゃなくても良いんだ。」と思ってしまいます。
そして、あなたもその男性に対して好意を持っているような素振りを見せてしまったら、元彼は「別れたのは勿体なかったかもしれないけど、振ったのは俺だからな・・・」と後悔したとしても身を引いてしまう可能性があります。

(4)元彼に寂しい気持ちを抱かせるようにする

元彼と復縁したいなら別れて2ヶ月後にやるべき行動その4は、元彼に寂しい気持ちを抱かせるようにするという事です。
元彼に寂しい気持ちを抱かせるようにするという事も復縁の成功を目指す上で大切な事だと言えます。
別れて2ヶ月も経っていれば、元彼の方から振ったとしても彼女がいない事に寂しさを感じている男性もいるでしょう。
元彼が「彼女いなくて寂しいな~」と思っているなら、復縁を成功させるチャンスです。
寂しいと感じている時に元カノから連絡がきて、「久しぶりにご飯でも行かない?」と誘われたらOKしてくれる元彼が殆どですし、再会にも結び付けやすくなります。
ただし、その先が重要です。
再会した時には、こちらが復縁を狙っているという事を悟られないようにしましょう。
「もうあなたに対して未練はないのよ。」といった態度でサバサバとした振る舞いが出来るように心がけると、元彼は「もしかしたら・・・って期待してたのに寂しい。」と思う可能性が高くなります。
元彼がそんな風に思ったなら、元彼自身が別れた事に対しての未練を持ち始めて、「元カノと復縁したい!!」と思うようになるのです。
また、元カノから追いかけられなかった事によって、元彼の方から追いかけたくなるという心理を抱く可能性もあるでしょう。
男性は一度手に入ったものが自分の手元から離れるのを恐れますし、離れて行こうとするものを追いかけたくなる心理を持っているのです。

≪注意点≫

元彼に寂しい気持ちを抱かせるようにする上での最大の注意点は、あなたの気持ちを悟られないようにするという事です。
食事に誘ったのがあなたである上に、復縁したいと思っている事を元彼に悟られてしまったら、元彼は寂しさを感じずに余裕を持ってしまいます。
復縁したいという気持ちが全面に出てしまっていたら元彼にあなたの気持ちを悟られてしまっても仕方ありませんので、上手に振る舞うようにしましょう。
また、気持ちを悟られないようにするあまり、極端に冷たくするのも良くありません。
あくまでも自然に振る舞うのがベストです。
「あなたと私はもう恋人じゃないのよ。」「ただの友達だよ。」といったスタンスで接するようにしましょう。
そうすれば、元彼は「俺との関係はその程度のものだったの?」と寂しさを感じる可能性が高くなります。

【まとめ】

 

 

今回は、元彼と復縁したいなら別れて2ヶ月後にやるべき行動と注意点を紹介してきました。
また、別れて2ヶ月後の男性心理も併せて紹介してきましたが、いかがでしたか?
別れて2ヶ月という時間は、復縁を目指す上での冷却期間として十分な時間だと言えますが、元彼の気持ちや別れ方によってはまだ不十分である可能性もあります。
その場合は、もう少し冷却期間を設けるべきなので、元彼の反応がイマイチだったらしつこく追わないようにしましょう。
今回紹介してきたやるべき行動や注意点をしっかりと頭に入れて、復縁に向けたアプローチをしていけば別れて2ヶ月からでも復縁を成功させる事は十分可能なので、ぜひ前向きに考えて行動してみてくださいね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事