• HOME
  • BLOG
  • 浮気
  • 【妊娠中は旦那が浮気し易い時期】経験者が教える不倫防止対策3選!

【妊娠中は旦那が浮気し易い時期】経験者が教える不倫防止対策3選!

懐妊カップル

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回は皆さんから寄せられた体験談や報告を基に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

「妊娠している期間は、旦那が浮気や不倫をしやすい時期である。」という話を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
実際にその通りで、奥さんの妊娠中に浮気や不倫に走ってしまう男性は多いと言われています。
「私が妊娠していて大変な時に、他の女性と浮気をするなんて許せない・・・!!」「これから二人の子供が産まれてくるという時に、浮気なんて最低な裏切り行為をして、何とも思わないの!?」といったような気持ちを抱く女性も多いと思いますが、奥さんの妊娠中に浮気や不倫をしてしまう男性が多いのは事実なのです。
妊娠中に浮気や不倫をされた女性は、浮気や不倫をした旦那のことが許せないという気持ちを抱く人がほとんどでしょうし、これから子供が産まれてきて幸せな家族を築いていく予定だったはずなのに離婚をしてしまう人もいるでしょう。
産まれてくる子供のことを第一に考えて離婚をしない人もいるかもしれませんが、離婚しない場合でも、本来手に入れられるはずだった幸せな家族とは程遠い生活を強いられる事になってしまうと思います。
理由はどうあれ、婚姻している状態での浮気や不倫は不貞行為とみなされますので、証拠が十分に集まっていれば慰謝料を請求することも可能ですが、慰謝料うんぬんよりも「妊娠中に旦那が浮気や不倫をした」という事実によって、想像もつかないほどの精神的ショックを受けてしまう女性も多いでしょう。
なぜ、妊娠中は旦那が浮気や不倫をしやすい時期なのでしょうか。
女性からしてみれば、「これから二人の子供が産まれてくるという時期に、わざわざその幸せを壊すような行いをするなんて考えられない・・・」と思うでしょうが、男性が奥さんの妊娠中に浮気や不倫に走ってしまうのは、妊娠についての考え方や感じ方が女性とは違うからなのです。
男性が奥さんの妊娠中に浮気や不倫に走ってしまう理由を把握しておけば、妊娠中に旦那が浮気や不倫をしないようにするための不倫防止対策を講じることも可能となってきます。
そこで今回は、妊娠中に旦那が浮気や不倫をしてしまう理由や、旦那に浮気や不倫をさせないための妊娠中の不倫防止対策を紹介していきたいと思いますので、妊娠中の女性やこれから妊活をするという女性は、妊娠している期間に旦那が浮気や不倫をしてしまうのを防ぐためにも、ぜひこの記事で紹介する内容を参考にして、不倫防止対策を講じてみましょう。
また、妊娠中に不倫防止対策を実践して、旦那の浮気や不倫を防いだ経験者の成功体験談も紹介したいと思いますので、そちらも併せて参考にしてみてください。

【1】妊娠中に旦那が浮気や不倫をしてしまう4つの理由

喧嘩をする男女

早速、妊娠中に旦那が浮気や不倫をしてしまう理由を紹介していきたいと思います。
いかなる理由があろうと、自分が妊娠している時に旦那が浮気や不倫をしたら許せないという気持ちを抱く女性が多いと思いますが、男性が奥さんの妊娠中に浮気や不倫をしてしまう理由を知っておくことで、その理由を作らせないようにしていくことが可能となります。
つまり、妊娠中に旦那が浮気や不倫に走らないようにするための対策を講じることにつながってくるのです。
具体的な不倫防止対策は次項で紹介しますので、奥さんの妊娠中に男性が他の女性と浮気や不倫をしてしまう理由を、ここでしっかりと把握しておきましょう。

(1)セックスレスに陥ってしまいがちだから

妊娠中に旦那が浮気や不倫をしてしまう理由その1は、「セックスレスに陥ってしまいがちだから」という理由が考えられます。
妊娠中のセックスは、お腹の中に赤ちゃんを宿している女性にとって、負担が大きいため、セックスレスに陥ってしまいがちです。
妊娠の経過が良好である場合はセックスをすることも可能だとはいえ、激しいセックスはできませんし、体に負担がかかるようなセックスをしてしまうと、お腹の中に宿している赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまうこともあるので、男性が満足のいくセックスをすることは難しいケースがほとんどでしょう。
こういった理由で妊娠中はセックスレスに陥ってしまいがちな事に加えて、妊娠中の女性は体調が優れない時もありますし、つわりや体型の変化などもありますので、旦那からセックスを求められても拒んでしまう女性が多いのが現実だと思います。
しかし、妊娠が発覚してから出産するまで、奥さんとセックスをする機会が激減した男性は性欲を溜めてしまいます。
「奥さんが妊娠している期間はセックス出来なくても仕方がない・・・」と我慢出来る男性は、浮気や不倫に走ることはないでしょうが、そういった男性ばかりではありません。
性欲を我慢出来ない男性は、自分の性欲を発散させるために浮気や不倫に走りやすくなってしまうのです。

(2)情緒不安定になりがちな奥さんに対してストレスを感じてしまうから

妊娠中に旦那が浮気や不倫をしてしまう理由その2は、「情緒不安定になりがちな奥さんに対してストレスを感じてしまうから」という理由が考えられます。
妊娠中は、ホルモンバランスが乱れますので、情緒不安定になってしまう女性が大半です。
中にはホルモンバランスが乱れても情緒不安定にならない女性もいるでしょうが、妊婦さんの約8割が情緒不安定になってしまうと言われています。
ささいな事で落ち込んでしまったり、塞ぎこんでしまったり、旦那に対してイライラしてついつい当たってしまったりする女性が多いので、そんな状態の奥さんと一緒に暮らすことによって、ストレスを感じてしまう男性も多いのです。
そして、多くの男性は、奥さんがなぜ落ち込んでいるのかやイライラしているのかが分かりません。
知識のある男性であれば、妊娠によるホルモンバランスの乱れで情緒不安定になっているだけだと理解してくれる男性もいるでしょうが、理不尽に当たられた事によってストレスを感じてしまうのは避けられないでしょう。
こうしてストレスを感じた男性は、そのストレスを外で発散しようとします。
そんな状態の時に、妊娠中のセックスレスで性欲が溜まっていると、他の女性に目移りしやすくなり、浮気や不倫に走る可能性が高くなってしまうのです。

(3)奥さんに構ってもらえなくなるから

妊娠中に旦那が浮気や不倫をしてしまう理由その3は、「奥さんに構ってもらえなくなるから」という理由が考えられます。
妊娠中の女性は、これから産まれてくる赤ちゃんのためにさまざまな準備が必要になってきます。
定期的に産婦人科に通うのはもちろんの事、お腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼさないために自分自身の体調を管理したり、赤ちゃんが産まれてきた後のことを考えたりと、意識しなければいけない事がたくさんあるのです。
そんな状態だからこそ、旦那さんのことを構ってあげる余裕がなくなってしまう妊婦さんも多いと言えるでしょう。
妊娠中だから仕方ないとはいえ、奥さんに構ってもらえなくなった旦那は、寂しさを感じてしまいます。
妊娠するまでは、結婚して二人きりの生活を送ってきたと思いますし、奥さんにはいつでも構っていてもらえていた旦那が多いはずなので、妊娠後に構ってもらえなくなって寂しさを感じてしまうのは、当然といえば当然でしょう。
そして、その寂しさを紛らわせるために、他の女性に目移りして浮気や不倫に走る男性が多くなってしまうのです。

(4)父親になるというプレッシャーを紛らわせたいから

妊娠中に旦那が浮気や不倫をしてしまう理由その4は、「父親になるというプレッシャーを紛らわせたいから」という理由が考えられます。
奥さんが妊娠すると、「自分は父親になるんだ・・・」という実感を得て、父親になることに対してプレッシャーを感じてしまう男性も多いです。
一般的に男性は、赤ちゃんが産まれてから父親としての実感を得ると言われていますが、妊娠中であっても、「自分は立派な父親になれるのだろうか・・・」「産まれてくる赤ちゃんと奥さんのことを守れるくらいの力が、俺にはあるのだろうか・・・」といったような事を考える男性も多いと言えるでしょう。
奥さんや周りの人から「もうすぐ父親になるんだから、しっかりしてね。」といったようなことを言われると、余計にプレッシャーを感じて、ストレスになってしまう男性もいます。
そして、父親になるという現実から目を背け、少しでもプレッシャーを紛らわせようとして、外で浮気や不倫に走ってしまう男性もいるのです。

【2】旦那に浮気や不倫をさせないための妊娠中の不倫防止対策3つ

では次に、旦那に浮気や不倫をさせないための妊娠中の不倫防止対策を紹介していきたいと思います。
前項で紹介した、妊娠中に旦那が浮気や不倫をしてしまう理由を作らせないようにすることが不倫防止対策につながりますが、具体的にどうすれば良いのかが分からないという人も多いかもしれません。
そんな方々は、ここで紹介する方法を意識して実践してみてください。
そうすれば、妊娠中に旦那が他の女性と浮気や不倫をしてしまう確率を大幅に下げられるはずです。

(1)旦那としっかりコミュニケーションをとる

旦那に浮気や不倫をさせないための妊娠中の不倫防止対策その1は、「旦那としっかりコミュニケーションをとる」という方法です。
奥さんの妊娠中に浮気や不倫に走ってしまう男性の多くは、妊娠中のセックスレスや奥さんの情緒不安定によって、不満を抱えています。
旦那が抱えている不満を、コミュニケーションをとり、しっかりと解消してあげることで、妊娠中に旦那が浮気や不倫に走るリスクを大幅に軽減することが可能です。
ホルモンバランスが乱れて情緒不安定になっている時は、旦那と会話をしたくない時もあるでしょう。
しかし、そこはグッと堪えて、旦那としっかりコミュニケーションをとってみてください。
妊娠中だからこそ感じている不安を伝えても良いでしょうし、旦那が感じている不安や不満を聞き出しても構いません。
しっかりとコミュニケーションをとることによって、お互いへの理解や愛情を深められるのです。
そして、大切なことは、旦那のことを愛しているという気持ちを伝えることです。
旦那は、奥さんに構ってもらえなくなった事によって「自分よりもお腹の中の赤ちゃんの方が優先されている・・・」と感じている場合もあります。
その不満を解消してあげることも大切なので、旦那が一番だという事を伝えてあげましょう。
旦那の好物の手料理を作ってあげたり、仕事で疲れている旦那のことを気遣ってあげたりする事も、立派な不倫防止対策となります。

(2)セックスを求められた時に突っぱねないようにする

旦那に浮気や不倫をさせないための妊娠中の不倫防止対策その2は、「セックスを求められた時に突っぱねないようにする」という方法です。
妊娠中にセックスを求めてくる男性も多いでしょう。
たとえ奥さんが妊娠中であろうと、奥さん以外の女性とセックスをしてしまうと浮気や不倫になってしまう事は男性も分かっているので、性欲が溜まった時には奥さんにセックスを求めてくるのは普通の事です。
とはいえ、妊娠中であれば、旦那からセックスを求められても応じられない場合も多いでしょう。
そんな時に、「妊娠中だという事は知ってるでしょ!?無理よ!!」といったように、突っぱねてしまってはいけません。
突っぱねられた旦那は、性欲を発散できなかった事に対して不満を感じるだけでなく、奥さんの態度にも不満を感じてしまいます。
そして、その不満が浮気や不倫を助長してしまうのです。
旦那からセックスを求められた時に、体調が悪かったり、医師からセックスを止められていたりする場合は、断るべきですが、言い方に気を付けましょう。
「体の調子が悪くて、今日は無理そうなの。数日したら落ち着くかもしれないけど、我慢させちゃってごめんね。」「今、お医者さんから止められているの。次の検診で聞いてみるから、それまで待ってくれる?」といったように、旦那が納得できる理由を優しい言葉を選んで伝えてあげてください。
そうすれば、旦那も納得してくれるはずですし、不満も抱かないはずです。
求められたセックスを断る時の言い方を工夫するだけで、旦那の不倫防止対策になるという事を覚えておきましょう。

(3)自分自身のストレスを溜めないようにする

旦那に浮気や不倫をさせないための妊娠中の不倫防止対策その3は、「自分自身のストレスを溜めないようにする」という方法です。
自分自身のストレスを溜めないようにする事も、妊娠中の旦那の不倫防止対策となります。
ホルモンバランスの乱れによって情緒不安定になっていると、知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまいがちです。
そして、ストレスが溜まっていると、ささいな事でイライラして旦那に当たってしまったり、理不尽な不満をぶつけたりしやすくなってしまいます。
このような、いわゆるマタニティーブルーによって、旦那との関係が不仲になってしまうと、それが原因になって旦那が浮気や不倫に走ってしまうリスクが増してしまいますので、自分自身のストレスを発散して旦那との関係を良好に保つことが不倫防止対策となるのです。
旦那に迷惑をかけずにストレスを発散できる方法であれば、どんな方法でも構いません。
カラオケで歌ったり、好きな映画を見たりと、自分なりの方法でストレスを発散して溜め込まないようにしましょう。

【3】妊娠中に不倫防止対策を実践して、旦那の浮気や不倫を防いだ3人の成功体験談

最後に、妊娠中に不倫防止対策を実践して、旦那の浮気や不倫を防いだ経験者3人の成功体験談を紹介していきたいと思います。
彼女たちの成功体験談を知ることによって、「こんな方法で、妊娠中の旦那の浮気を防止できるのね!」「この方法、私の旦那に効果的かも!」といったような新しい発見があるかもしれません。
経験者の成功体験談は貴重ですし、参考になる部分も多いと思いますので、ぜひこの機会に目を通してみてください。

≪旦那の性欲を上手に発散させて不倫防止対策を実践したK.Nさんの成功体験談≫

私は、旦那が他の男性よりも性欲が強いことを実感していたので、妊娠した時に旦那の性欲が溜まって、不倫をしないかどうかが心配でした。
「妊娠中に浮気や不倫をする男性が多い。」という話を耳にしていた事もあって、特に警戒していたんです。
だから、結婚後、私の妊娠が発覚した後からは、旦那に浮気心を抱かせないようにするために不倫防止対策を実践しました。
具体的にどのような方法で旦那の不倫を防止したのかと言うと、旦那の性欲が溜まらないように努力していったんです。
妊娠後に旦那からセックスを求められた時は、自分の体調と相談して、できるだけお腹の赤ちゃんの負担にならないようにセックスをすることもありました。
とはいえ、妊娠中なので体調が悪い時や医師から止められている時もありましたので、そういった時は、セックスできない事情を旦那に優しく説明して、納得をしてもらっていたんです。
そして、体調不良や医師に止められていてセックスできない時は、お口でしてあげたり、手でしてあげたりと、その時の私にできる事で旦那の性欲を発散させてあげていました。
そうする事で、旦那の性欲が溜まらないようにし、浮気心を抱かせないようにしていったんです。
その結果、私の妊娠中に旦那が不倫をする事はありませんでした。
無事、元気な赤ちゃんを産んで、産後の経過も落ち着いた頃、私は旦那に対して「妊娠中、いろいろと我慢させてごめんね。浮気しようと思ったことはある?」と聞いてみました。
そしたら旦那は「〇〇(私の名前)が妊娠していて大変なことは知っていたし、尽くしてくれていたから浮気しようと思ったことなんて1度もないよ。」と言っていました。
旦那本人からその言葉が聞けた時は、私がやってきた努力が間違いではなかったと実感出来た瞬間でもあります。

≪旦那と密にコミュニケーションをとって不倫防止対策を実践したJ.Mさんの成功体験談≫

妊娠中に旦那が浮気をしたことが原因で、離婚や慰謝料請求にまで発展した友達が周りにいたので、実際に自分が妊娠した時には、「私の旦那も浮気したらどうしよう・・・」という不安がありました。
だから、あらかじめ友達に相談をし、友達の旦那が浮気をした原因を聞いて、対策をしようと考えたんです。
友達は、「私の場合、旦那とのコミュニケーション不足が原因だったのかも・・・」と言っていたので、その話を聞いた私は、とにかく旦那とのコミュニケーションを大切にしようと考えました。
具体的にどのようなコミュニケーションをとっていったのかと言うと、たくさんありすぎて全部は思い出せませんが、妊娠中だからこそ感じている不安を旦那に伝えることもありましたし、旦那が感じている不安や不満なども正直に話してもらうこともありました。
そして、旦那には感謝している事や、愛している事、幸せな家庭を築いていきたいという事などなど、旦那のプレッシャーにならないよう気を付けながら私の正直な気持ちも伝えていったんです。
このように旦那とは密にコミュニケーションをとっていたので、妊娠中に旦那との絆が深まっていくのを感じていました。
また、コミュニケーションをとっていたからこそ、性欲が溜まっている時には旦那の方から正直に言ってくれたので、セックス以外の方法で性欲を発散させてあげるお手伝いもできました。
結果的に、私の妊娠中に旦那が不倫をすることはありませんでしたし、私も無事、赤ちゃんを出産して、今では家族3人で幸せな家庭を築けています。
それもこれも全て、妊娠中に旦那としっかりコミュニケーションをとっていたおかげだと思っています。

≪旦那の気持ちに寄り添ってあげることで不倫防止対策を実践したY.Sさんの成功体験談≫

私は、旦那の気持ちに寄り添うことで、不倫防止対策を行いました。
妊娠した直後は、マタニティーブルーになってしまっていたので、旦那につらく当たってしまう事もあったんです。
だから、旦那が不満やストレスを感じていることは、何となく察していました。
そして、旦那がこのまま不満やストレスを溜めてしまうと、最悪の場合、不倫に走ってしまい離婚に発展して、幸せを壊されてしまうのではないかという不安を抱き始めたんです。
そんな不安を抱いた私は、自分のこれまでの態度を反省し、少しでも旦那との夫婦関係を良好に保てるように努力していきました。
具体的にどうしたのかと言うと、旦那の気持ちに寄り添うことを第一に考えて、旦那に尽くしていったんです。
晩御飯を旦那の好物で固めたり、仕事で疲れている旦那を気遣ってあげたり、私にできる事を全力で行って、尽くしていきました。
そういった行いを自然に出来るように、私自身がストレスを溜めないようにする事も意識していきました。
その結果、旦那との夫婦関係は以前よりも良くなり、旦那も妊娠している私に尽くしてくれるようになっていったんです。
おかげで、私の妊娠中に旦那が不倫に走ることはありませんでした。
今では元気な赤ちゃんを出産し、家族3人で幸せな生活を送っています。
不倫防止対策を実践したことで、旦那との絆が深まりましたし、以前よりもラブラブになれたので、妊娠中に旦那の気持ちに寄り添って尽くして本当に良かったです。

【まとめ】

 

 

今回は、妊娠中に旦那が浮気や不倫をしてしまう理由や、旦那に浮気や不倫をさせないための妊娠中の不倫防止対策を紹介してきました。
また、妊娠中に不倫防止対策を実践して、旦那の浮気や不倫を防いだ経験者の成功体験談も併せて紹介してきましたがいかがでしたか?
妊娠中は、旦那が浮気や不倫をしやすい時期であることは間違いありません。
しかし、男性が奥さんの妊娠中に浮気や不倫に走ってしまう原因は、不満や性欲が溜まってしまったからという理由が大半です。
なので、ちょっとした工夫や努力で、妊娠中に旦那が浮気や不倫に走ってしまうリスクを軽減出来るのです。
妊娠中に旦那が浮気や不倫をしてしまうかもしれないという不安を感じている女性の方は、ぜひこの記事で紹介してきた内容を参考にして、不倫防止対策を実践してみてください。
きっと、旦那の浮気や不倫を防止出来るはずですよ。

関連記事