【潜在意識】幸せを引き寄せるアファメーションのやり方と例文20選!

幸福な女性

 

 

恋バナ編集部のケイコです。

今回は皆さんから寄せられた体験談や報告を基に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。

多くの人が「幸せになりたい・・・!!」と考えているはずだと思います。
「たくさんお金を持っている事が幸せだ!!」「自分の好きな仕事に就けている事が幸せだ!!」「愛する人と一緒にいられる事が幸せだ!!」「たくさんの時間を趣味に費やせる事が幸せだ!!」「無病息災で健康体でいられる事が幸せだ!!」「素晴らしい友人関係に恵まれている事が幸せだ!!」などなど、人によって幸せの定義は違うと思いますが、「幸せになりたい」という気持ちを持っている事はみんな一緒ですよね。
自分が思い描く幸せを手に入れるために、必死に努力したり、試行錯誤したりする人は多いと思いますが、求める幸せが大きければ大きいほど、実現させるのは困難になってくると思います。
どれだけ努力したり、試行錯誤したりしても幸せを手に入れられない場合もあるでしょう。
しかし、潜在意識の力をうまく利用出来れば、自分が望む幸せを引き寄せられるのです。
潜在意識は、自分自身では認識出来ない意識ですが、私たち人間に大きな影響を及ぼす意識なので、潜在意識に「自分は幸せだ」という認識を植え付けていけば、植え付けられた幸せを実現させるために潜在意識が動いてくれて、幸せを引き寄せてくれます。
どうやって潜在意識に「自分は幸せだ」という認識を植え付けていけば良いのかと言うと、アファメーションを行えば潜在意識を自在に書き換えていく事ができます。
アファメーションとは、自分自身にポジティブな言葉や肯定的な言葉を投げかけ続ける事によって潜在意識にアプローチをかけて、自分の思うがままの認識を潜在意識に植え付けていく事が出来る方法です。
そうはいっても、これまで潜在意識の事を気にせずに人生を歩んできた人の多くは、「アファメーションを行うためにはどうすれば良いの!?」「アファメーションのやり方が分からないわ・・・」といった疑問を抱いてしまうと思います。
そこで今回は、潜在意識を書き換えて幸せを引き寄せるアファメーションのやり方や例文を紹介していきたいと思いますので、この機会にぜひアファメーションのやり方を把握して、自分の思い描く幸せを引き寄せられるようになりましょう。

【1】幸せを引き寄せるアファメーションの文章を作る上での4つのルール

引き寄せノートに書き込みする女性

幸せを引き寄せるアファメーションを行うためには、アファメーションの文章を作らなくてはいけません。
アファメーションとは、自分自身にポジティブな言葉や肯定的な言葉を投げかけ続ける事ですが、ただ単にポジティブな言葉や肯定的な言葉を並べれば良いというわけではないのです。
アファメーションの文章を作る上でのルールがありますので、そのルールから逸れた内容で文章を作って、繰り返しアファメーションを行っていたとしても効果は得られません。
場合によっては、逆効果になってしまう事もありますので、きちんとルールに沿ってアファメーションの文章を作る必要があります。
ここでは、幸せを引き寄せるアファメーションの文章を作る上でのルールを紹介していきたいと思いますので、アファメーションの基礎として、しっかりと把握しておき、正しくアファメーションを行えるようになりましょう。

(1)一人称を入れて文章を作る

幸せを引き寄せるアファメーションの文章を作る上でのルールその1は、「一人称を入れて文章を作る」という事です。
幸せを引き寄せるアファメーションの文章を作る時は、必ず一人称を入れて文章を作成しましょう。
アファメーションは、自分自身にポジティブな言葉や肯定的な言葉を投げかけ続けて潜在意識を書き換えていく行いですが、一人称を入れていない文章でアファメーションを行ってしまうと、誰に対して言っている事なのかを潜在意識は理解してくれません。
潜在意識が誰に対して言っている事なのかを理解してくれないという事は、アファメーションを繰り返して潜在意識に自分の願いを植え付けようとしていても、植え付けられないのです。
一人称を入れた文章にするだけで、潜在意識は自分自身の事を言っているのだと理解してくれるようになりますので、アファメーションの文章を作る時は必ず一人称を入れて文章を作りましょう。

(2)現在進行形or完了形で文章を作る

幸せを引き寄せるアファメーションの文章を作る上でのルールその2は、「現在進行形or完了形で文章を作る」という事です。
幸せを引き寄せるアファメーションの文章を作る時は、現在進行形or完了形で文章を作ってください。
潜在意識は、既に起こった事なのか、まだ起こっていない事なのかの区別を付けられません。
つまり、未来形で「将来、私は〇〇になるでしょう。」という文章にしたり、願望を込めた形で「私は〇〇になりたいです。」という文章にしてしまうと、「まだそうなっていない状態」を断言している事になり、潜在意識には「まだそうなっていない状態」が植え付けられてしまいます。
反対に、現在進行形や完了形で「〇〇をしています。」「〇〇になれました。」という文章にすると、潜在意識には「そうなっている状態」を植え付けていけます。
現在進行形or完了形でアファメーションの文章を作る事は大切なルールだという事を覚えておきましょう。

(3)肯定文で文章を作る

幸せを引き寄せるアファメーションの文章を作る上でのルールその3は、「肯定文で文章を作る」という事です。
幸せを引き寄せるアファメーションの文章を作る時は、必ず肯定文で文章を作りましょう。
否定文で作ってはいけません。
なぜかと言うと、潜在意識は否定文を理解出来ないからです。
例えば、「私は不幸ではありません。」という文章でアファメーションを行った場合、意味としては「不幸ではない=幸せだ」と解釈できますが、否定文を理解出来ない潜在意識は「不幸だ」という認識を持ってしまうのです。
否定文でアファメーションの文章を作ってしまうと、逆効果になってしまうという事を覚えておき、文章を作る時は必ず肯定文で作るようにしましょう。

(4)ネガティブな意味を含む言葉や表現を使わないようにする

幸せを引き寄せるアファメーションの文章を作る上でのルールその4は、「ネガティブな意味を含む言葉や表現を使わないようにする」という事です。
幸せを引き寄せるアファメーションの文章を作る時は、ネガティブな意味を含む言葉や表現を使わないように気を付けましょう。
基本的に、アファメーションにはポジティブな言葉しか使用してはいけません。
ネガティブな意味を含む言葉や表現を使ってしまうと、潜在意識にネガティブな思考が植え付けられてしまうのです。
悪い例を挙げると、「私は、不幸とは無縁の生活を手に入れて幸せになりました。」というアファメーションの文章は、不適切だと考えてください。
どこが悪いのかというと、「不幸」という単語がネガティブな意味を含む言葉だからです。
他にも、ネガティブな事を連想させる言葉も使わないようにしてください。
アファメーションの文章は、ポジティブな言葉のみで構成する必要があるという事を覚えておきましょう。

【2】幸せを引き寄せるアファメーションの実践方法

次に、幸せを引き寄せるアファメーションの実践方法を紹介していきたいと思います。
これまでにアファメーションを行ったことがない人の中には、「どうすればアファメーションを実践出来るのかが分からない・・・」という人もいると思いますので、ここで紹介する実践方法を参考にして、自分に合った方法でアファメーションを行ってみてください。
もちろん、ひとつの方法にこだわる必要はありませんし、状況に応じて実践方法を使い分けてもらっても構いません。
アファメーションにおいて重要な事は、可能な限り何度も繰り返し行う事なので、アファメーションを行う時間があれば積極的にアファメーションを行いましょう。

(1)声に出して唱える

幸せを引き寄せるアファメーションの実践方法その1は、「声に出して唱える」という方法です。
声に出して唱えるという方法は、最も一般的なアファメーションの実践方法だと言えるでしょう。
アファメーションを行っている多くの人が、声に出して唱えるという方法でアファメーションを実践しています。
私たち人間が発する言葉には、不思議な力が宿ると言われていますし、声に出して唱える事によって、実現させたい願いを潜在意識にしっかりと植え付けていけるでしょう。

(2)紙に書き出す

幸せを引き寄せるアファメーションの実践方法その2は、「紙に書き出す」という方法です。
紙に書き出すという方法も、アファメーションの実践方法として有効な手段だと言えます。
アファメーションの文章を紙に書き出す時、自然と脳でアファメーションの文章を意識します。
そして、紙に書き出した時に目でもアファメーションの文章を見ますので、一度で二度もアファメーションの文章を意識出来るのです。
専用のメモ帳やノートなどを用意しておき、時間があればアファメーションの文章を書き出せる環境を作っておくと良いでしょう。

(3)目視する

幸せを引き寄せるアファメーションの実践方法その3は、「目視する」という方法です。
目視するという方法も、アファメーションの実践方法のひとつです。
もちろん、一度目視しただけではアファメーションの効果は得られませんが、アファメーションの文章を書き出した紙を自宅の中で頻繁に目をやる場所に貼っておき、無意識のうちに何度もアファメーションの文章を目視出来るようにしておけば、この方法でもアファメーションを実践出来ます。
ただし、頻繁に目をやる場所、かつ無意識に目をやる場所というのが条件なので、この方法でアファメーションを実践する場合は、その点を守りましょう。

(4)耳で聴く

幸せを引き寄せるアファメーションの実践方法その4は、「耳で聴く」という方法です。
耳で聴くという方法も立派なアファメーションの実践方法だと言えます。
ボイスレコーダーやスマートフォンの録音機能で、アファメーションの文章を読み上げた声を録音しておき、暇があればその録音を聴く事で、アファメーションを実践する事も可能です。
ただし、この方法でアファメーションを実践する場合は、自分の声で録音したものでないと効果は得られませんので、必ず自分の声で録音したものを聴くようにしましょう。

【3】幸せを引き寄せるアファメーションの効果を最大限に引き出すための5つのポイント

次は、幸せを引き寄せるアファメーションの効果を最大限に引き出すためのポイントを紹介していきたいと思います。
効果を最大限に引き出すためのポイントを把握しておけば、当然、アファメーションによって得られる効果を最大限まで引き出せます。
ポイントを押さえずにアファメーションを行うのと、ポイントを押さえた上でアファメーションを行うのとでは、得られる効果に雲泥の差が生まれますので、幸せを引き寄せるアファメーションの効果を最大限に引き出すためにも、ポイントをしっかりと把握しておきましょう。

(1)他人と比較しないように気を付け、自身が本当に実現させたい内容でアファメーションを行う

幸せを引き寄せるアファメーションの効果を最大限に引き出すためのポイントその1は、「他人と比較しないように気を付け、自身が本当に実現させたい内容でアファメーションを行う」という事です。
幸せを引き寄せるアファメーションの効果を最大限に引き出したいならば、他人と比較しないように気を付けなければいけません。
「〇〇さんよりも幸せになりたい!!」「〇〇さんは幸せそうにしているから、私はそれ以上の幸せを手に入れる!!」といったように、誰かと比較してしまうと、実現させたい本来の願いを見失ってしまいます。
実現させたい願いを見失ってしまうと、当然、願いが実現することはありませんし、幸せも訪れません。
また、他人と比較してしまうと、そこには必ず優劣が生まれますので、ネガティブな感情も抱きやすくなってしまいます。
ネガティブな感情を抱いてしまうと、潜在意識にはネガティブな感情が植え付けられてしまいますので、アファメーションの効果を得られなくなってしまう事もあるでしょう。

(2)上から目線や受け身になる表現は避けてアファメーションを行う

幸せを引き寄せるアファメーションの効果を最大限に引き出すためのポイントその2は、「上から目線や受け身になる表現は避けてアファメーションを行う」という事です。
幸せを引き寄せるアファメーションの効果を最大限に引き出すためには、上から目線や受け身になる表現でアファメーションの文章を作るのは避けましょう。
具体的にどういった表現が悪い例なのかと言うと、「〇〇してもらえる」という表現です。
「〇〇してもらえる」という表現は、物事を受け身に捉えている表現になってしまうのです。
つまり、「〇〇してもらわなければ願いは実現しない」という状態になってしまい、他人の行動に左右されてしまいます。
また、人によっては、「〇〇してもらうのは当然」という認識を潜在意識に植え付けてしまうリスクもあります。
こういった認識は上から目線に当てはまりますので、上から目線の認識を潜在意識に植え付けてしまうと幸せを引き寄せる上での障害になってしまい、幸せの実現が遠のくと覚えておきましょう。

(3)可能な限り、シンプルな文章でアファメーションを行う

幸せを引き寄せるアファメーションの効果を最大限に引き出すためのポイントその3は、「可能な限り、シンプルな文章でアファメーションを行う」という事です。
幸せを引き寄せるアファメーションの効果を最大限に引き出すためには、可能な限り、シンプルな文章でアファメーションを行う方が効果的だという事を覚えておきましょう。
アファメーションは、何度も繰り返し行う必要があります。
それなのに、複雑な文章でアファメーションを行っていると、言い間違いをしてしまうリスクも高くなりますし、潜在意識がどの願いを優先したら良いのか分からなくなり混乱してしまう可能性も生まれてしまいます。
実現させたい願いが複数だった場合、アファメーションの文章が長くなってしまったり、複雑になってしまったりする事もあるかもしれませんが、その場合は、願い毎にアファメーションの文章を分けて、ひとつのアファメーションの文章はシンプルにしましょう。
その方が、結果的に全ての願いを実現させるのが早くなるのです。

(4)可能な限り、具体的な内容でアファメーションを行う

幸せを引き寄せるアファメーションの効果を最大限に引き出すためのポイントその4は、「可能な限り、具体的な内容でアファメーションを行う」という事です。
幸せを引き寄せるアファメーションの効果を最大限に引き出すためには、可能な限り、具体的な内容でアファメーションを行うことが大切だという事も覚えておきましょう。
シンプルな文章でアファメーションを行うことも大切ですが、内容が漠然とした内容であれば、効果が現れたとしても実感出来ない可能性があります。
つまり、願いが実現したのか実現していないのかを自分で感じ取る事が出来なくなってしまうのです。
漠然とした内容でアファメーションを行っていたなら、漠然とした結果になってしまうのも当然と言えば当然でしょう。
なので、可能な限り、具体的な内容でアファメーションを行うようにしてください。
具体的であればあるほど、アファメーションによって得られる効果は高まります。

(5)身近にある願いから、段階を踏んでアファメーションを行う

幸せを引き寄せるアファメーションの効果を最大限に引き出すためのポイントその5は、「身近にある願いから、段階を踏んでアファメーションを行う」という事です。
幸せを引き寄せるアファメーションの効果を最大限に引き出すためには、身近にある願いから段階を踏んでアファメーションを行っていきましょう。
いきなり、大きな願いを実現させようとするよりも、徐々に願いのハードルを上げていく方が最終的に大きな願いを実現させるのも早くなります。
仕事でも、目の前の片付けなければいけない事から順を追って片付けていくと思いますが、願いの実現も同じです。
身近にある願いから順を追って実現させていく方が、実現させるまでのスピードが速いですし、実現させた事によって自分自身もステップアップ出来ますので、次の願いを実現させるスピードも速くなるのです。
いきなり大きな願いを実現させようとするのではなく、身近にある簡単な願いから段階を踏んで実現させていきましょう。
それが大きな願いを実現させる近道になるという事を覚えておいてください。

【4】幸せを引き寄せるアファメーションの例文20選

最後に、幸せを引き寄せるアファメーションの例文をいくつか紹介していきたいと思います。
「良い文章が思い浮かばない・・・」「とりあえず文章を作ってみたけど、これで合っているのかな・・・?」といった人は、紹介する例文の中にしっくりくるものがあれば、その例文をそのまま使ってもらっても構いません。
ただし、しっくりくるもの限定にしましょう。
しっくりこない文章でアファメーションを行っていても効果は得られませんので、気を付けてください。
また、自分で文章を作る方が、細かい部分まで自分の願望に沿った文章を作れますので、慣れてきたら例文をアレンジしても良いですし、自分なりのアファメーションの文章を作ってみましょう。

(1)「私は、ステキな人間関係に恵まれて、とても幸せです。」

(2)「私は、たくさんのお金を得ることができて、とても幸せです。」

(3)「私は、愛しい恋人と常に一緒にいられて、とても幸せです。」

(4)「私は、趣味を楽しむ時間をたっぷりと確保出来る生活をしているので、とても幸せです。」

(5)「私は、自分の好きなことを仕事に出来ているので、幸せな日々を送っています。」

(6)「私は、ステキな出会いに恵まれているので、幸せな毎日を過ごせています。」

(7)「私は、健康な身体を維持出来ていて、楽しく毎日を過ごせているので、とても幸せです。」

(8)「私は、常に幸せを感じながら生活しているので、毎日笑顔で過ごせています。」

(9)「私は、毎日ペットの犬に癒されて、幸せを感じています。」

(10)「私は、常に幸せを感じられる自分を誇りに思っています。」

(11)「私は、完璧な人間なので、幸せな日々を送っています。」

(12)「私は、恋人と結婚して、とても幸せな日々を送っています。」

(13)「私は、家族と一緒にいられることが幸せなので、家族をとても大切にしています。」

(14)「私は、とても美しい容姿をしているので、異性からモテて幸せな生活を送っています。」

(15)「私は、健康的なスタイルを維持出来ている自分が大好きで、毎日が幸せです。」

(16)「私は、日々、幸せを手に入れることが出来ています。」

(17)「私は、あらゆる事に恵まれていて、幸せ者です。」

(18)「私は、私の幸せに必要なもの全てを持っています。」

(19)「私は、チャンスに恵まれているので、とても幸せです。」

(20)「私は、日々、豊かになっている事に幸せを感じ、感謝しています。」

【まとめ】

 

 

今回は、潜在意識を書き換えて幸せを引き寄せるアファメーションのやり方や例文を紹介してきましたがいかがでしたか?
自分自身が思い描く幸せを手に入れるために、必死になって努力する事や試行錯誤する事は、決して悪い事ではありませんが必ずしもうまくいくとは限りません。
努力が実らずに幸せを手に入れられない場合や、試行錯誤した結果、手段を間違えていたら幸せが遠のいてしまう場合もあるでしょう。
しかし、潜在意識の力を信じて、幸せを引き寄せるアファメーションを行えば、自分が思い描く幸せをほぼ確実に手に入れられます。
もちろん、正しくアファメーションを行えているという事は前提ですが、この記事で紹介してきた内容をしっかりと把握してもらえたなら、誰でも簡単に正しくアファメーションを行えますので、ぜひ一度、幸せを引き寄せるアファメーションを試してみてください。
きっと、自分が思い描く幸せを手に入れられるようになるはずですよ。

関連記事